アダルトゲームブランド「わるきゅ~れ」の新作でBGMを担当させていただきます!

こんばんは!ツイッターでは大々的に今度告知する予定ですが、HPをご愛読していただいてる方の為に、先行して告知しちゃいます!

この度、株式会社オーディン様運営のアダルトゲームブランド「わるきゅ~れ」で発売予定の新作において、Free As BirdsがBGMを担当させていただく事になりました

まだ詳細は確認中なのでちゃんとした告知が出来ないのですが、はい、BGMは鋭意制作中です。ちなみに半分くらい終わりました。

今や多くのアダルトゲームブランドが乱立してる時代ですよ。同人サークルから大手まで、最早戦国時代のようなもの。(過言?)
そんな中こちらのブランド様、「わるきゅ~れ」というと私個人のイメージとしては老舗ブランドですね。2010年代から設立されて有名になっている会社もありますが、実態不明や活動停止……と言った状況に置かれている所も多いようです。長く続くというのは、やはり凄い事ですね。Free As Birdsもそう在りたい。。。

やはり「レイプ!レイプ!レイプ!」のイメージが強いですね。OVAも出てますし。後は魔法少女えれな、吸尻鬼などが。エロさを追求、と言いますか一言で言うと「ディープ」かもしれません。

詳細をご期待ください!

わるきゅ~れ様HP
http://www.ordin-soft.com/
※18歳未満の方はご遠慮ください

タイトルが見にくいです!タイトルで内容が分かるようにしてください!

そうだよね。。。そう思ってた。【ゆゆ式のおっぱいが~】とか【恵方巻×素股】とか。記事の内容が全然わからねえww
あ、でも【少年サンデーの乳首描写について】はいいんだよ。タイトルと中身が一致してるもん。

まぁ、そう。HPの記事、カテゴリーで分けて整理してたんだけど、たまーに役に立つ情報があるんだよね。
そうすると何か調べモノをしようとして記事を探してる時、「えー?このタイトルじゃ中身何書いてんだか分かんないよ」って自分でも思う。なのでちょっと整理しましたって話で、今日はお役立ち情報を書きます。

――今問題がおきましたね。そう、またタイトルと内容が一致しなくなったんです、今この瞬間に。まぁいっか!今日は夜光塗料について書きます!

ライブ演奏時、暗いステージで手元見えないじゃん。楽器演奏はまぁ手元見えなくても弾けるくらいだとして、問題ないけど。
真っ暗の中MTRを操作する人は機械のボタンが見えないと困るよね。そこで光る塗料を塗ろうって話。

光る塗料には幾つかあって、蛍光塗料反射塗料夜光(蓄光)塗料。らしいよ。

素人目線で掻い摘んで話すけど(専門的なのはわからんww)、蛍光塗料は基本的には光らない。光るっていうか、明るい。学校とかでノートによく使ってた蛍光ペンと同じ。目立つし、明度?が通常よりも高いから光ってるように感じるけど、光を出してる訳ではない。だから完全に真っ暗になると、光りません

で次、反射塗料。これは光を反射するらしい。だから光を照射すれば光るけど、それ自体は光っていない。(厳密に言うと光ってはいないのか?光を反射してペカー!ってなるだけだと思う)
靴とか自転車についてるアレとかだな。光源があれば目立つけど、真っ暗の中では光らない。

で、夜光塗料。蓄光塗料とも言うらしい。難しい事は良く分からんが、放射性物質が入っていて、明るい所に置いておくと光を溜め込むらしい。で、暗くなると、溜め込んだ光を一定時間、持続して放出。つまり光る。時計の針とかリモコンとか、部屋の電気を消すと光るヤツ無い?あれと同じだ。

201801092

塗った。雑イけど

放射性物質と聞くと危険なイメージがあるんだけど、最近の塗料は比較的安全な物質が使われてるらしい。でも指で触ったり、匂いを吸い込んだりはしないように(と言いつつ俺は結構吸ってしまった)。換気しながらやろう。

201801091

アサヒペンの夜光塗料。キャップに刷毛がついてる。値段は4mLで600~800円くらい。カラーバリエーションは他に赤、青とか。プラスチックや鉄、アクリル、コンクリート、硬質塩ビなんかは全然行けるらしい。
で、使い方なんだけど、塗布と乾燥を繰り返します!(最低でも二度塗り以上?)ちょろっと塗っただけでは光らないみたいだよ!
あと塗る部分が白くないと効果は半減らしい。もし可能なら先に白く塗ってからという手もある。
①まずは薄く塗る。
②で乾燥させる。(乾燥時間は割愛)
③塗布した上から、また重ねて塗る
④乾燥させる
⑤繰り返し。数回重ねていくと光ってくる。

ようは皮膜を作って、その上からまた塗って厚くしていく事で、光をより多く溜め込めるようにする……といった所だろうか。実際にやってみて、そりゃすげえ光るって訳じゃないけど、暗闇でボヤーっと青白く光ってるね。まぁこんなものだろう!

AX-synthを入れるケースあったのかよ!

RolandからAX-synthを購入して早7年。そんなに経つのか!そりゃあ生産終了にもなるよ!
まぁね、ずっと問題視されてたのがこのショルキー、専用のケースと呼べるものが無かったのよね。一応言うとメーカーからは「AXも入るケースがこれです」という事で、
CB-61RLhttps://www.roland.com/jp/products/cb-61rl/
という品番のがある。これは普通のキーボードケースで、手で持つか肩に掛けて運搬するというタイプ。勿論背負う事はできないし、キーボード弾く人は皆知ってると思うけど、ケース自体が存外重いんだよね。しかも嵩張る。61鍵用というありふれたケースでさえ、電車でスタジオやライブハウスへ向かう人には結構しんどい。
じゃあ何に入れてるかと言うと、たぶん皆…と言っても最近ショルキー使ってる人があまり居ないし、KorgのRK-100sとかだったり、そもそも生産終了品の話なんだけど、そう、たぶん皆76鍵用か、61鍵盤用に入れてると思う。購入当時、楽器屋の禿げた壮年男性の店員さんに「これは76鍵用のケースじゃないと入りませんね…」って言われてハードケースを6000円くらいで買わされたんだけど、そんな事は無い。てめっ、ソフトケース、セミハードなら普通に61鍵用でも入るじゃねえか。ちょっとキツイけど。なんてのは随分初期段階で気付いて使ってた。

で最近は機材が増えて、軽量なショルキーでさえ運搬がダルイ、嫌だ、疲れる……そう思い、また入りそうなケースを探してた。あわよくば背負えるタイプがいいな、なんて。ずっとだよ!何年も探してたよ!オーダーメイドも考えてたよ!で、この前ベース用のケースを見てた時、商品サイズを見てて思った。「あれ?このケースなら入るんじゃね?」と。でペイントソフトで合成すると
1

ああ、これ入るわ……。7年前に気付きたかったわ。

2

3

こんな感じで入る。EF-100BというESPのケース。ちなみに前後反対で入れようとすると、入りません。ケースの幅と、AXの厚みの関係なのかな。(ようはAXの鍵盤側を手前に持ってこないとチャックが閉まらないのよ)

あと気になるのが背負った感じどう?って所ですが

4

全然不快じゃない。どっかのサードパーティ製品よろしく、無駄に縦に長いケースが歩く度に膝裏にボンボンぶつかって歩けないとか、背負うとキーボードの重みでケースが後ろに反って行って不愉快とか、全然ありません!何これ本当……。今までの俺のヒットポイント全部返せよ、そしてESPありがとう。流石バンドリでも推してるだけあるわ。いや、Rolandは好きだよ。Jupiter-80もJunoもウチにあるからね。有咲ちゃんも使ってたな、そういや。べ、別にバンドリ!が好きな訳じゃないからね!てゆうか写真キメ顔みたいになっちゃったな。だってどういう顔したらいいか分からないじゃない。あっ、170cmの痩せ型の人間で写真みたいな塩梅になります。

そりゃあね、Rolandさんも恐らく知らなかったんだろうけど、例え知ってても「ああ、ESPのケースに入りますよそれ。他社のですけど、ハハ!」なんて言えないからね。それに楽器屋もそこまで詳しくは無いだろうし。

自動車持ってる人も居るだろうけど。そうじゃない人の苦労を俺は凄い知っている。渋谷サイクロン運搬ストレス爆発事件という歴史が……。今は軽量のキーボードもあるし、KorgのRK-100sとかYAMAHAのMX49とか。専用ケースがスリムで最高じゃん。まぁ両方とも試奏したし、使ってみたけど、なんだかんだAX-synth使ってるんだよね。オモチャだ何だって皆言うけど

それにしても本当歩きやすい。キーボードケース特有の無駄な厚み(ほら、厚揚げみたいな形してんじゃん。もっとシュッとしてくれないと歩きづらいんだよね。)が無いからね。ベース用だし。

まぁ以上、たまにはタメになるレビューでした。

挨拶は薄っぺらになりゆく。そう感じるだけで、実際は100年後も同じ希釈度

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします!(儀礼に則って一応…)

HPのレイアウトを一新しました。見やすくなった、かな!
ついでに言うとTwitterも今年からは、なるべく総合アカウントとして稼動させるようにします。今のアカウントを総合アカウントにして、別に個人用を設立するのが良いのか、はたまた今の「兼用」という塩梅が良いのかは分かりかねますが、
今の状態でまぁ、フォロワーさん方に付いて来ていただいてるという様子を見ると、改変して下手するよりも、「兼用」として、且つ個人のツイートは抑えるというのがベターなのではと思います。なので政界でよく見かける「現状維持」としつつ、細かい所で修正って感じですかね。

はい告知終わり。サークルもバンドも水面下で色々動いてますので、後は告知をお待ちください。今年の抱負?そうですね、僕個人で言えば「本番で歌の実力を出せるようにする」、もうこれ以外ありません。これも早々、4月くらいまでには解決したい問題ですね。

さて、2018年が始まりました。朝はお雑煮、昼は天ぷら。昨日の大晦日は大掃除をし、夜はガキつかを見ながらお酒を飲んでおりました。従って胃腸はボロボロです。毎度恒例と言えば大した響きはしませんが、なんでしょうね……一度体を壊してると、こういう瑣末なダメージでも拭いきれない不安感に苛まれるんですよ。ええ。
思うにクリスマスからの流れが良くありません。12月に入ると忘年会、イブにバイト先のマネージャーからケーキを貰い食べ、クリスマスにケーキを食べ、年末は酒、年始はおせち。終わらぬフードファイト。そりゃ体にガタが来ます。言いたいのは、「そりゃ外国の文化取り入れてイベント増やして通年パーティしてりゃあね、胃腸もやられますよ」って事。「日本人は胃腸が弱い」んじゃなくて、「日本人は胃腸を弱くさせている」んです。飲み食いのイベントを外国から輸入しすぎて胃腸をやられてるんですよ。尤も元々精神が弱い民族だからストレスですぐ胃腸をやられるのと、農耕種族だから最適な食生活は野菜と穀物、魚……つまり日本食なのに、外国の食事、日本人の体に合ってないものを摂食してるから胃腸をやられるとか多々ありますが。昔はなかった病気、日本で増えてってるのが証拠でしょうね。そんな俺も病人だけどなァ!!

決して悪い事ではないですが、12月からの行事が集中しすぎてるんです。クリスマスを祝うな!とは言いませんが、お祭り好きな日本人と、企業らの経営戦略、飲食物の流通、それからグローバル化……それがマッチしてハロウィーンだクリスマスだバレンタインらを形成している訳で。
元々胃腸が弱い上での四季のイベント、だいぶ簡略化しますが花見、夏祭り、月見、年末年始という形を作っていてやってきたのに、飲み食いのイベントを増やして「年末年始は胃腸に気をつけましょう」なんてキャッチフレーズを掲げてるのを見ると、後手に回って健康に気を使ってる感が半端じゃないんです。
逆に、海外では「日本の文化を取り入れよう。俺たちも正月に酒を飲もう」とか、国土単位でやってるのは聞いたことないんです。
ね、なんなんすかね。これが「和の心」なんですかね。筆舌に尽くしがたい。勿論良い部分もたくさんあるんだろうけど

で、

去る2017年は建て直し、準備の期間だったようにも感じます。2014年に発足とは言いますが、活動はほぼゼロでした。2015年が始動、小さく動いてた時期で、2016年が本格スタート、で昨年が軌道修正、下準備、そんな感じでしょうか。なので、今年は行動に移す、そして結果に残していく年にしたいですね。

話変わりますが、僕は2016年までは歌の練習はヒトカラで練習してたんです。週1回くらいか。後は個人練習でスタジオ入って歌うみたいな感じでした。
毎年年末になるとね、カラオケのルーム料金が跳ね上がるんですよね。で、冬休みシーズンだから学生で込んじゃって、フラっと訪れた俺は練習できず……という記憶をよく覚えています。だからカラオケに一人で行って「ただいま満室でして、1時間待ちとなっております……」とか言われるとああ、年末だなぁと実感したものです。2017年は部屋に防音室が出来ました。毎日歌えます。なので、気付いたら晦日、大晦日、そんな感じでした。

喉も筋肉ですから、やはり毎日歌ってると持久力は違うと思います。まぁ実力は出せてませんが。ルーティングはほぼ分かったような気がします。後は、以前から問題視はしていた「バンドの爆音の中だと、環境が違って歌えない(どれくらいの声量を普段出していたか分からなくなって、発声が滅茶苦茶になってしまう)」という現象ですかね。元々カラオケで歌ってて、発声練習は音の反響の強い防音室。本番やリハーサルではイヤモニから声が聞こえてくる。――これを何とか打ち破れれば、後は早いでしょう。ウキウキボーカリストライフが待っていますよ。たぶん……。

何はともあれ、今年もよろしくお願い申し上げます!- Lloyd Scarlet