サンシャインクリエイション2018.SPRINGに出ます

さて、今回も告知な訳ですが……、あ、そうそう。たぶん今期はアニソンカバーやらないかな……一曲アルバムに追加されて、リリースに向けてアルバムの大詰めが3月頃ってな感じなんです。そうするとまぁポプリホールとかビッグ?なイベントもある訳ですから、アニソンカバーをしてる時間があるならば練習をしなさい……というのが必然かと思うんです。なんせね、ステージの広さがスタジオノア学芸大店クラス(ステージの横幅10m超え)みたいなんですよねwwチビるわwww

3月下旬に打ち合わせが行われるようなので、それに合わせて舞台用のシールドを購入したりしておきたいですね。なので、このサークル発足以来、初めてのアニソンカバー無しでございます。丸3年間って感じなのかな?もう3年経つんだもんなぁ……カバーを楽しみにしていた人、居たらゴメンナサイ!(居るだろうかは疑問である)

今後ももしかしたら、アニソンカバーはやらないかもしれませんね。まぁ色々忙しいのは良い事ですよ。いやはや…でも前期にアップしたサウンドクラウドは(LiSAのお陰で)伸びてたから、最後に見れて良かった……って!いや、もしかしたらやるかもしれないけどね!保留という事です。

で、告知。3/11(日)に池袋サンシャインシティで行われるサンシャインクリエイションに参加します
初参加です。で、しかも20周年アニバーサリーなのかな?記念すべき時に参加できたようで。
サークル番号は

【A23ホール、M21a】

です!!
今回は一人参加かもしれないなぁ。一人で死んでると思うので、もし見かけたら声をかけてください。あ、新譜はまだです。なので「出てみる」要素が強いんですけど。3月は暇になる可能性があったので、それを見越して昨年11月、申し込んでおきましたよ。(結果、申し込んだのを忘れて当落通知が来ててビビる)

あと余談だが、その一週間前3月4日に川崎の方で行われる狐オンリーイベント「コンコンコンフェデレーション(コンカイノウタゲ)」に顔を出してみようかなと。サークル関係ないんだけど、狐フェチなので何か面白そうなのが無いか見て回りたい。

雑記

4枚目のフルアルバムが出る訳ですが……昔を振り返ってみる。リリース順に列挙してみたいと思う。まずアルバムの概要から。

1stミニ「The book of black magic into the abyss1」
事故。事故以外の何物でもない。
5曲入り(正確には6トラック)のミニアルバムなのに制作費120,000円以上(ファ!?)。内緒だぞ!ちゃんと調べずに素人が業者に発注するとこうなるんだぞ!皆気をつけるんだぞ!

1stアルバム「The book of black magic into the abyss2」
ミニアルバムが「abyss1」だったので、ナンバリング的にフルアルバムが「2」になった訳だけど、概要としては「おっしゃ!サークル出来たから曲いっぱい作ったぜ!」っていう猥褻物陳列アルバムだなwwwwwwマーケティングもクソもない、いや今も割りとそうなんだけど。でも後述だけど反響は今よりあった??気がするんだよなぁ。基本メロスピだった。でもプログレ要素はこの頃からある。

2ndミニ「LOST WORLD」
楽曲のセンスを上げ、少数精鋭的な感じだったな。と言ってもやりたい事をやってた。LOST WORLDはスーパードンキーコング2が好きなので、その辺りをイメージして。安かったのでそこそこ売れてた。いや、でも身内(や知り合いの方々)が買ってくれたのが大きいのか。

3rdミニ「requiem of the Apocalypse」
内外の評価的に、曲の完成度というか「聞き所」があるのはこのアルバムらしい。確かに粒が揃ってるとは思う。疾走あり、メロあり、キャッチーあり、でも作ったのが2015年夏~2016年春だからちょっとクオリティ的には甘いところがあるんだよなぁ。邦題「黙示録の鎮魂歌」。誰かが死んだ時はこれらの曲を流してくれ…っていうちょっと漠然とした作品なんだけど。

2ndアルバム「PERFECT DARK」
クオリティはマシになった。アルバム名は任天堂で昔パーフェクトダークっていうゲームがあったんだけど、いや別にパクリではないでござるよ。「完全な夜」っていう意味です。メロスピとかのメタルって言うと「ジャケットに月=夜」みたいな固定概念があるんだよね。今作はまぁある程度、「自主制作としては一人前くらいのものが出来たんじゃないか」という意味を込めて、完全な夜。つまり「PERFECT DARK」となりました。あ、今考えました。
楽曲や、イラストをコラボして、更にリメイク版の楽曲を多数収録。歌詞カードも付属!なんて、書き下ろすととても豪華に聞こえてくるけど「ファンじゃなきゃ買わない」よねぇ。あばばばば

3rdアルバム「Demonic Force」
聞かせ所は増えたけど、かなり落ち着いた感じ。と同時にプログレ要素もリリースに連れてどんどん、どんどん強くなってきました。ここらがメロパワの限界な気がする。特筆すべきは1トラック目などに見られる散らかり具合、2トラック目の超絶ハイトーンhihiC#(ただし聞こえづらい)、アダルティな落ち着き具合の楽曲達、後はえーとえーと、じゃ、ジャケットが良い!(え?)。
コンセプトアルバムでもあるからね、順を追って聞いていくアルバムなのかな??お、俺にも分からなくなってきたぞ。更に辛辣に言うと、まだ若干ミックスが甘い。

4thアルバム「Verzweiflung(予定)」
これはね…完成形ですよ。(←毎回言ってる)
まず各方々とのコラボもあるんですが「Free As Birds式のメロディックパワーメタルとはこうだ!!」というイメージを押し広げました。(速さで誤魔化さない。聞かせる。素直すぎる展開は皆やってる。あくまでそれらも良いけど、FAB式はこう!という事で)
で、
コンセプトアルバムとなっております。人間にとっての幸せとは何か?を考察しつつ、喜悦と対比となる哀苦とのコントラストを楽曲で描きました。人間の死、すなわち閉眼という終着点までのストーリーが、アルバムを通して収録されています。
正直ね、「何言ってんだコイツ?」となる可能性は90%といったところでしょうかwwwwwwwwまぁね、なんで普通に「フルアルバムできました」じゃなくて、そんな変な題材作ってコンセプトアルバムにしてんだ、って思うだろう。でもアルバムで聞くのなら、「アルバムになってる意味」とか「アルバムで聞くメリット」とかがあった方がアルバムとしての質が高いと思うんだ。アルバムを一つの作品として見て欲しいって所かな。だってさ、「曲がいっぱい出来たのでアルバムにしました」、ってそりゃあ……消化試合みたいなものじゃないか、と思う。勿論、それでカッコイイアルバムもあるし、売れてるし。でも拘りかなぁ、俺の勝手なw

楽曲の方向性について。1枚目のアルバムはメロスピ路線なんだよね。「こんな感じのをやりたかった!」っていう、ただ単に色んなテンポ、色んな色味を詰め込んだアルバムって感じで、今聞いてもまぁ面白い楽曲はあるんだけど、一言で言い表すと「甘い」。歌が甘い。コード進行とか理論が甘い。打ち込みが甘い。ミックスが甘いかな(ボロクソ)。でも「サインください」って言われたのは後にも先にもあのアルバムだけだwwwwリスナーが求めている物と、クリエイター側がやりたい物の認識のズレなんだろう。あるある。
で2枚目くらいからメロスピ要素が減ってくる。3枚目もそう、落ち着いてるのかな。(激しさよりも、落ち着いて聞かせる感じだろうか)
で、4枚目という事ですが。うーん、王道からは外れて行ってるのかな?あれ、マズイかこれ。

ポップでロックなサウンドをサイクリングロードとすると、自転車で砂利道を走りだしたと思ったら竹林に入り始めたのかもしれない。あ!前方に死体だ!

FURIAZU FANTASY II – 優雅な大地 –

前回のあらすじ。不老不死となった竜王ドラグーン・エグゾダスとの大決戦。瀕死に追い込まれたティアーナ王女をかばい、「滅竜吐息<ドラグーン・ブレス>」を受けてしまうリュウイチ。ペンダントの本当の秘密をジロウに託すと、静かに息を引き取った――
http://www.freeasbirds.biz/?p=1350

で、スタジオノア学芸大店でMVの撮影でしたね。前回の記事(上記URL)は、前日の用意からスタジオに入るまででした。今回は、スタジオの設営、撮影の様子を書いて行きます。
余談だが、こういう撮影を行う時は絶対に進行表を書いていく事。当たり前だろうけど、大まかなスケジューリングを定めて、〇〇時に設営開始、××時に撮影終了、△△時に片付け開始……など見積もっておかないとグダリます。当たり前だけどねw
それも踏まえて今回のタイムテーブルの見本をざっくりと説明すると下記みたいな感じじゃ。

11:00 0.吟味する時間。イレギュラーがある場合、それを踏まえた上で
     修正する段取りやシーンがある場合、ペンで加筆していく
    1.撮影にジャマなものはどかす。(アンプはそのままでいい)
    2.布をクリップしてから立てようとすると同時に6箇所上げられないので、
     先にスタンドとポール組み立て、椅子か何か乗って端から布留めていく。
     ずり落ちないよう裾を誰か持ってる。
     椅子とか6個あって高さを上げられるなら上げる。無理なら垂れた布を裏へ捲っておく
     (しわがあるとクロマキー合成に支障)
    3.楽器セッティング。ドラムは布から十分離す。
     アンプは布近くでOK。全員はなるべく密集。必要なら延長ケーブル使って
     照明があるならライティングを。布の左右からドラムへ向かってがベスト
    4.立ち位置にガムテでバミる。
11:45 流れ確認。暗転とか説明
12:00 撮影開始 
14:20 片付け。楽器を先に出し、布、ポールを外へ。動かした機材は戻す。
15:00 完全撤収

イレギュラーは付き物です。町田市で人身事故が起きて小田急線がほぼ運休になったり、想像以上に機材のセッティングに手間取ったり。。。実は撮影開始が20分ほど遅れました。
だけど今回、MV撮影が皆2回目なのでテキパキと個々人で動いて、スムーズに進められたなと。ある程度余裕を持ったスケジューリングになってるからね。最後は5分前に完全撤収。完璧よ!
あとは、暇を持て余してる人間(バイトのやる気の無い新人みたいに、何か言われるまでボーっとしてるみたいな)が居らず、全員が作業している様を見てちょっと感動したっていう。全員がエリート!
で、写真付きで説明してくと


グリーンバック設営。今回はポールスタンドを買ったので、スタンドをマックスまで伸ばして、更にイスに乗せて高さを調整しました。布はクリップで留めていきます。
お値段とかは以前、どこかで書いた記事を参照してください!(投げ槍)


グリーンバックやったら、今度は楽器のセッティングですね。アンプとかもこちらのスタジオはレンタル料掛かります。で、PAデッキは端にあるんですが、挿しこまれているケーブルの都合上、あまり遠くへは動かせません。なので長いシールドは多少自分で持っておくといいですね。延長ケーブルはスタジオにいっぱいあったよ!
なお、広いから楽器隊の音量調整若干ムズイ。左右のモニターが遠いから聞こえづらかったり。

で、撮影開始ですよ。アングル決めるのも、当日決めるのではなく、事前に絵コンテ描いておくとスムーズですよ。

で、今回暗転させるシーンがある。それも撮った。投光器の出番。こんな感じで光る。光るっていうか眩しい。

こんな感じですね。
カメラの種類によって雰囲気も変わる。

今回は写真が多くなったけど、こんな撮影でした。残すはドラマシーンの撮影だな。ブログで書くとしたらFURIAZU FANTASYⅢ……来るか。分からないけど!

FURIAZU FANTASY 1 – 遥かなる旅 –

あばばばば忙しいよ漫画読みたいよアニメ観たいよ一日10時間は寝たいよさて始まりました。撮ってきましたミュージックビデオ。死んできましたプロユーススタジオ。まだ他にも撮らなければならないシーンがあるんですが、ハードディスク開放という使命を元に、静止画は早く捨てたいんです。なので迅速に記事を書き下ろし、前日から当日まで何が起きて行ったかを記述したいと思います。撮るMVが2作目ですから、命名するとしたら「スーパーフリーアズバーズ2」、決戦はキングクルール、もといキャプテンクルールですね。

題してFF1。「1」と冠しているのはシリーズが続くからです。今日書くのは序章前日の用意から、当日スタジオに入るまでを書きます。次回、スタジオでの設営、撮影について書きます。長いね!

じゃあ前日の準備を。

今回はレコーディングでしか使ってないJupiter-80持って行きます。重いし死ねる。なのに何故持って行くかって言うと、「見映え」かな。


ケースに入れるとこう。柴犬が並列で3匹くらい入ります。JP-80が20kgくらいで、ハードケースが10kg。計30kg。ケースはGATOR?だっけ。忘れちゃったけど1~2万円くらいしたかな?
これを昔は電車乗り継いで転がしてライブしてた俺、頑張ってたなぁ。。。


んで機材。これに映ってないのも多数あるけど、んーと列挙すると
・衣装
・MTR
・クロマキー布(6×3m) ×2
・カメラ ×3
・三脚 ×2
・ガムテ(バミる、補修用)
・進行表、ボールペン
・ポールスタンド ×3
・専用クリップ(布を留める)
・キーボード
・PC(不測の事態に備え)
・延長ケーブル(予備)
・投光器 ×3
・電工ドラム(予備)
・ドラムマット(予備)

ですな!MTRは同期演奏用にね。後説明が必要なのは…投光器っていうのはこれ↓

建設会社で働いてる特権で借りてきた。ちなみに電工ドラムっていうのは工事現場で使う「コンセント付きの、長い延長ケーブルが巻いてあるヤツ」ってイメージでいいと思う。今回出番は無かったけど。巻いたまま使用すると発火するから、スタジオが火事になるね!

で日付が変わって当日。
これらを機材車に載せて行きました。撮影場所はスタジオノア学芸大店。都内屈指の広さの60帖、80帖のスタジオがある。

環七通りから直結。地下が駐車場(予約制、1時間400円。スタジオ利用者でも有料なんだな……)で、1Fがスタジオ2Fが受付。3Fから上は演劇用スタジオかな?そう、受付とスタジオが別のフロアなんだよね。エレベーターは設置されてるけど環七通りから見えるガラス張りが「1Fロビー」に繋がってる。あ、2Fにもロビーというか座れる空間はあります。


1Fロビー内。トイレ、喫煙所完備。それから後述になるけど、キッチンもあるのよ。後、あのね、トイレがすげぇ奇麗。手を乾かすあのブィィィィン!ってヤツもある。(どうでもいい)

で、1Bスタジオだったっけ…?何も覚えてないなwwwwww確か1Bスタジオ。そう、入りますとこんな感じ。

まずね、マイクとスタンドが柱の裏に置いてあるんだけど、量が半端じゃない。剣山みたいになってた。で、スタジオ内部には別の扉が幾つかあって、開けると1Bスタジオ専用の倉庫だったり、サブルームだったりに繋がっている。サブルームは、つまるところミーティングルームとか休憩所だな。

サブルーム内部。そう、キッチンもあるし、出前が取れるようにリストフォルダもある。それからスタジオをモニターできる画面もある。やべぇ!えっ、1時間10,000円!? ヤベェ!!

やべぇ!全然書き切れねえ! – 続く

続きはこちらでhttp://www.freeasbirds.biz/?p=1356

フェス参加のお知らせ

さて、2月1日のライブで暫くライブはお休みとなっております。3月は暫定ではありますがライブはありません!
そういえば昨年も2月26日にライブを行ってサポートメンバー脱退、半年間ライブがありませんでした。既視感がありますね。ですが、今回は違います。5月に一つ控えているというのもありますが、とうとうFree As Birdsもフェスに参加するようです。
4月21日(土)、4月22日(日)の二日間に渡って、東京都町田市、鶴川にある和光大学ポプリホールで開催される「BAND FES. TSURUKAWA -2018」に参加致します!

0421
打ち合わせがまだなんですが……ざっとこんな感じのようです。

心を亡くすと書いて「忙しい」だけど適度な忙しさは割りと好き

とか何とか言ってますが、ね!
さて……12月に年末バンド会議を開いて様々な議案が出て……あれをやる、これをやる、幾つか決まりました。んで目下我々が直面しているイベント事は。。。あっ、サークルとバンド両方混ぜて書きますけど

・スタジオアルバムの制作
・MV→動画編集
・BGM作曲ご依頼(もうすぐ終わる)
・4thアルバム(サークル)制作
・吉祥寺クレッシェンドに行く準備

こんな所でしょう。MV今度また撮ります。昨年の7月にMV第一弾撮りましたが、その時の失敗を活かして今度は更に良いものを撮りたいですね。前回の失敗は…前にも書いたけどシンバルスタンドに布の緑色が映り込んで、クロマキー合成するとドラムが消える遠距離のアングルが26帖でも撮れない。ポール代が捻出できなかった為、ガムテで布を固定したから生地が弛み、動画で合成時に不具合が生じる、など。
そう、クロマキー合成用の布3×6mを2セット用意して計12,000~14,000円でした。スタジオはいつもより広い部屋に入ったのでそれも少し値段はつきましたね。そこに更にポール代……いや、資金もないっすから……。ファンティアやったって1銭も入らないでしょうよ。

だがしかし!(あ、アニメ今二期やってるね)

0
買いました。

1
大きさの目安として、A4クリアファイルを置いてみた。これを3対買った。一対で4,000円します。

……俺はこういう時、こういう時にね。小さい声で言いたい。「あいつは金を使いたがらない」とか、「付き合いが悪い」とか言われますけど、こういう時の為に溜めてるのだ、と。いいんです、例え美味しい物を食べるお金が無くても、遊びに行くお金が無くても、欲しいおもちゃが買えなくても。遠くを見据えているのに、眼前の幸せに満足する為に苦しい思いで集めた金を……いや、単に物欲が無いのもあるし、付き合いは悪いなwwwww学生の頃は何でも買うし、すぐ遊ぶし、マジのウェーイ系だったけど。働いてきた環境からか、ガメつくなってる。
お菓子が食えれば嬉しいし、漫画とアニメがあれば幸せだ。まぁ今後者の時間はあまり無いのだが……。ああイカン脱線した。

で、ポール買ったよ、と。後はスタジオですね。通常練習スタジオは30帖超えてくると「大型」らしいのかな。で、そのクラスならば中野サンプラザにあるなんだっけ…なんとかスタジオとか、スタジオノアの野方店、高田馬場店、池袋とか三軒茶屋店もそうだったかな……。が在る。
で視察に行ったんだけど存外狭小に感じるんだよね。何でかって考えると間取りがさ。例えば関東の通常の「36帖」って確か9×9mぐらい…(微妙に違うかも)なんだけど、間取りとか建物の造りの都合上、部屋が台形だったり三角形だったりする訳よ。そうすると引きのアングルが撮れなかったり、撮りたい絵が撮れなかったりしちゃうじゃん。
なので更に大規模……今回は60帖のスタジオノア学芸大店を借りました。値段も高いっすねぇ(平日昼間、4時間で4万円ほど。ライブのノルマ一回分くらいと考えるとまぁリーズナブルではある)。
まずギターアンプとか常設じゃなくて、オプションとして金をむしり取られるのが普通のスタジオとは違うな、と。後、電話したらそのお店ノイズがすげぇ!!ちゃんと予約できてるかすげぇ不安!!地下にあるのかな……

都内のスタジオ色々ありますけど、レンタルスタジオとか撮影スタジオとか。音出し不可なんてのもあるけど、ちゃんとした所…もしくは中堅~大御所バンドがよくやってる「業者」を介入しての撮影。例えばメタル界隈がよくMV撮ってる埼玉の加須市とかで展開してる業者さん。後は、大槻ケンヂがPV撮ってたプロのレコーディングスタジオとか。クラシック系のスタジオとか。。。ネットで探すと色々出てくるんだけど、値段が高い。ただ金はまぁいい。
勿論そこは守銭奴の私、カードで払ってやりますよ!溜めてますから!ようはさ……、今その業者を使う必要性って何?と思うのよね。それってもうちょっと有名になってからでも良くない?と。色々な要素が噛み合って「今やろう!」っていうタイミングがあると思うんだよね。いや、分からん。正確に言うと、一度に動く金が大きすぎて、考えちゃう。って感じか。でかい買い物する時もそうじゃん。「あー、今買わなくてもいいか」みたいな。
あとは、俺が色々自分でやりたいフェチだからかな。DIYとか防音室製作とか、エアコンの分解清掃とかもそうだけど、自分でやりたいんだよね。完全に専門的で、職人や業者じゃないと無理なら預けるけど。

そう、で、下記の話に繋がって来るんだけど、鍵盤ぶっ壊れました

2
「ソ」が死んだ。2/1、木曜日のライブで
ステージが終わって片付けてる最中パージした。

3
寿命もある。
買ったのが7、8年前で、前に組んでたバンドで破天荒なギターが、立てかけてあったショルキーを事故で張り倒しちゃって、その時からヒビが入ってた。

で、すぐにメーカーに電話すればよかったんだけど、土日で営業日終わっちゃったんだよね。参った、リハも来週あるし、MVも控えてるぞ…、てゆうか今修理出して、返って来るのはいつだよ?という事で

5
何でも自分でやってみたい。師匠が昔言ってた。「なんでも問い合わせようという甘えが自らの怠惰に繋がり、知識経験の育成を阻むのだ」と。もっと言いたいが、い、言わない!
防音室を自作した時も世話になった強力接着剤。

本来なら割と良い金額を払って鍵盤だけを取り替えるか、そもそも「この機種は生産完了品で部品が無いから直せません」とか、そんな感じだったと思う。セメダインでとりあえず接着できたわ。打鍵しても大丈夫だったけど、ダメージが蓄積したら分からないけどね。

★やり方
1.セメダインを薄く塗布する。接着剤の種類は自分で調べてね(何でも問い合わせようという甘えがry)
2.10分~15分放置し、接着面に粘り気が出てきたらすぐ貼り合せ、強く押さえる
3.24時間~48時間放置して完成。

ですな。接着剤の正しい使い方、子供の頃なんて全く分かってなかったんだよな。塗ってすぐ貼るもんだと思ってたけど、種類によって違う。数日放置するのも知らなかったし。
ていうか使おうとしたら大体チューブが固まってて出てこないとかザラだったな。この類は湿気で固まるらしいから、ちゃんと箱に入れて、ビニールか何かで包んで、乾燥した所に入れておけばいいみたい。ウチのは機材用にオートドライ(自動乾燥機)があるのでそこに突っ込んでおいたけど、1年経った今でも使える。