冷やかし、はじめました

とんでもない事に気付いてしまった。ハガレンで言ったら真理の扉が観音開きでパカァ……っていうイメージ。あれが俺の脳内で起きている。

まずね……。あ、まずは挨拶か。アリーヴェデルチ(さよなら)。今日は俺の28年間の人生で最速のご乱心です。おはようございます。謝謝

以前すんごい昔に「どうでもいい事」の比喩表現で「もりそば」と「かけそば」を提示した事があったと思うんですけど、
これキャミソールとブラトップでもいいな、と。
まぁ、そう思うくらいに俺の中では女性用の肌着とかそういうのに対して、興味が沸々と湧いている状態だった。

そんな中、ああイカンと。時間を浪費している場合じゃないぞ、と。メールチェックしてた時の話なんですが。
……ヤフオク!は優秀ですね。ちょっとチラ見しただけなのに、ここぞとばかりにキャミソールやブラトップをオススメしてくるんですよ!
ジニエ、グラマーシェイププレミアム 三枚入りだと?
ユニクロブラ、キャミソールエアリズム Mサイズだと?

FOOOOOOOOOOOO!!!!!!!!
フンッ!どうやら俺が何故『着衣フェチの化身』と呼ばれているのか、知りたいようだな……!
バサリッ(服を脱いでピッチピチのレオタードが白日の下に晒される)

まぁ、つまりもうこの時点で結構昂ってたんですけど、説明文を見て更にビビる訳ですよ。
美品 試着1回』とか書いてあるんですよ。
……え?それって1回着たって事?女性が1回その身に纏って逆に価値が上がってしまったゴッズ・アーティファクトをヤフーオークションで購入できるって事?

その手があったか!!世の変態青少年!!聞くのだ!!
中古は、ヤフーオークションで買えるぞ!!イェアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!

ちなみに冒頭で説明したイメージ。観音開きでパカァ……ってヤツだが、扉の先に待っているのは燦然と輝くキャミソールだ。
あと、この事実に気付いたとき、股間のマイクタイソンが産声を上げた。客席からも大喝采だったね。
いや、もう本当。現在価格1,000円(送料290円)だってさ。買っていいですか?人として駄目ですか?

……え、駄目なの?
いや、アレだ。購入したとか言わなければいいんだな。んで。
なんでこんな駄文書いているかって言うと、またちょっと暇になったんですね。
先週までは忙しかった。毎度同じく繁忙と過疎が繰り返しやってくるのが俺のライフスタイルなんですけど、今は「過疎」です。
で、何をしているかと言うとですね……。

改めましてこんばんは、ロイドです。以前から書いていたんですけど、ネットでファンタジー小説を書いているんですね。ブログを遡った場合ちょっと腹黒い部分が見えてくるかと思いますが、ほぼ「趣味」で楽しく書いています。
音楽をやっていますが、文章書くのも好きなんです。……ええ、こうやって好き勝手に文章を書くのはとても楽しいですから。
いかんせん素人が書いているので小説の「しょ」の字も分からずやってる部分がありますが、気になる方、お時間ある方、それから小説が好きな方は閲覧頂ければ嬉しいです。
アドバイスやご意見、ご感想なんかもお待ちしてます。気楽に、気軽にどうぞb

ちなみに。こう、低俗な下ネタを書くのは得意なんですが、割と王道の異世界転移モノを書いています。時折俺の趣味で卑猥な文言はあると思いますが、
内訳はファンタジー、バトル、ギャグ……と、そんな感じでしょうか。よろしゅうお願いします。最初は匿名でやっていたので、名義は変えてますが。

カクヨム
https://kakuyomu.jp/works/1177354054889040954

小説家になろう
https://ncode.syosetu.com/n2917fk/

それと余談だが、ロイドって普段マジメでクールな印象なのに、ド変態だったのね!最低! という方。
それはそれで嬉しいんだが、例えばの話、初対面の相手やまだどんな人なのかが掴めていない相手に、アクセル全開で踏み込む訳がないじゃないですか。
随分前に書いた記事(http://www.freeasbirds.biz/?p=1673)でも言っていますが、「真の変態は自称しない」というのが俺の中の名言です。
「俺って変態なんだよね~」とか言う奴。なんだ、お前は会社のOLが履いてたスリッパでチ〇コをしごいて事務所でフィーバーした後、帰りにローソンで野菜ジュースを買って帰ってから自らの犯した過ちを神に懺悔するような男なのか?
自分のケツに指突っ込んでウ〇コの味見をした後、暫くケツの穴がおかしくなって排便できなくなって頭を抱えた事があるのか?と問いたい。
ふぃ、フィクションですよ~。怖くないよ~。あくまで例えの話ですからね、ね……?

それから、一流の変態は外では真人間のフリをしているものだよ、ワトソン君。

そんな訳で、変態かどうかはさておき、俺は真面目で紳士な人間だと自負しています。
まぁ、真面目なのも俺だし、変なのも俺だ。
誤解しないで頂きたいのは、仕事も音楽も小説も対人関係も真面目……というか己を弁えて行動しているつもりだ。相手が嫌がる事はしないし、礼節も理解している。ルパンダイブだってした事が無いし、襲い掛かったことも無い。ああ、俺はヘタレ野郎さ。(勿論、暴力事件も無い)
ただ、このブログを読んで嫌いになる人も居るかもしれないと思う。だけど、ありのままの俺を、(ある程度)見て欲しいと思った。
――自分を偽る事なかれ。真島ヒロさんのフェアリーテイルでも出てきた言葉だな。

……まぁそう思うのと、こんな変態が書いているのか~と楽しんで貰えれば、と思う。
お目汚し失礼しました。よろしくお願い致します。

思い描く未来と、そのズレ。

俺は決断を迫られているのかもしれない。
いや、「かもしれない」というか、迫られていると断言できる。
フリアズの良い所だと自負しているのだが、ライブ演奏やバンドの音源制作、その他の音源制作、小説(これはまだ未公開)など。
あれやこれやと色々なプロジェクトを並行して進行している。及び、これから始めようと思っている。

最初に言っておくと、今回はぶっちゃけ何の告知も無いし、面白いハナシも一切無い。期待していた方には申し訳ないが、今回は『いつか言い訳をする時の為の備忘録』のようなモノだ。
話を戻すと、そう言った複数のプロジェクトを走らせる上で、二つの大きな問題が浮上していた。言ってしまうと制作の進行と、ライブのクオリティだ。

まず後者から述べると、ウチは目下キーボードとボーカルを兼任しているのだが、歌唱力に重きを置いてボーカルをピンにすると、キーボードが無くなってハモリやキーボードの良さが消失する。同時に、バンドとしての個性が失われる。そして、ギタリストの負担が増え、演奏の練度が下がる。(現在、ギタリストは多忙の身)
逆にキーボードとボーカルを兼任にすると、上手く歌えず、アーティストとして必要な歌唱力が最低以下に落ちる。あくまで俺の主観だが。
そして、歌う(もしくは弾く)楽しさが減少する。荷量が増える為、物販の量も制約が出来る。……楽しさはまぁいい。有名になれるなら、割り切ってもいいとさえ思える。
それから、仲の良いメンバーでやりたいという感情の割合も大きい。

キーボードを弾きながら俺が上手く歌えればまた話は変わってくるのだろうが、二年間兼任を試してみて、そして3月10日のライブで分かった。――俺は二つ以上の事は同時にできねえ、と。
「努力が足りないから」とも言える。が、これ以上の努力をするならば、その時間を別に費やした方が有意義だと思う。目下、企んでいる事は多いし。
ブラインドガーディアンやソナタ。兼任していたメンバーがボーカルに専任する例は少なくない。そもそも、歌いながら弾く事が想像以上にカンタンであれば、世界にはもっと『売れている』ギタボやベースボーカルが蔓延り、逆にピンボーカルは減少していると、勝手ながら思う。まぁ、それは置いておく。

んで、前者は主に制作の遅延だ。良い物を作るためにディスカッションして、トライアンドエラーを繰り返し、時間を掛けるのは当たり前だ。それは問題無い。
その結果生じる遅延ではなく、問題は「皆が皆、俺のように時間があるのではない」という事。人が集まれば、集まった分だけタイムロスする可能性と結果が出てくる。
それは仕方の無い事だ。

これらの問題(特にライブ演奏に関して)があった。ここでは書けない問題点もあるから、全容を把握する事は俺ないし身内以外の人間にとっては難しいだろうが、幾つかの問題が絡み合っていて、詰まるところ一個を除去してキレイに片付くものではなかった。だから絡まった状態で観察し、暫く俯瞰していたのだが。
――あれ、と。盤上から一つのピースを抜き出すと、全てが同時に解決する……気がしてならない。いや、解決する事に気づいた。いや、多分以前から気付いていたけど、見て見ぬフリをしていたのだと思う。
(俺の脳内ビジョンでは『絡まった太めの白い糸があって、一箇所を摘み出すと、絡まっていた部分が根こそぎ取れる』イメージ。どうでもいい)

さて、決断するのは俺だ。俺にとって大切な事は何なのか。何が重要なのか。ではその為に、どうした方が良いのか。
感情もあるが、感情を除けばベストの方法は、ある。毎度言っている事だが、俺は一応の代表としてFABにとっての最善を選択しなければならないと常々思っている。

一つのピースを抜き出すと言ったが、他にも方法はある。逆にピースを一個足す方法だ。これは主に「カネ」である。カネに余裕が出来れば、時間が生まれる。
だが、そこまでしても、変わらない可能性はある……。

うん、いや。割り切ろう。何の為、誰の為に戦うのか。その結果失うものがあっても、ゼロにはならない。またリスタートすればいい。
そして、上手いやり方はある。俺は結構信仰心が強い。神はこの世に居ないかもしれないが、居ないとは言い切れない。無形だとしても祈る対象があるのならば、神はそこに存在して居る。そして、今回は神ではなく自分を信じる。信じる力は強さになると信じて。(何か、アニメっぽい台詞だな)

誰かが言った――公式が病気だ、と

どうもこんばんは。町田のベルゼバブ、ロイドです。

いやぁ、一段落着きました。爽快感というか解放感というか。
まるで一世一代の宿便がケツから解き放たれたかのような、そんな気分でございます。
と言うのも、ライブが終わったんですね。
様子はコチラ。省略させて頂きますが、皆様ありがとうございました!

さて、ハナシは変わるけど。
日常会話の中では、言える事と言えない事がある。
言っても問題ない事もあれば、言わない方がいい事もある。

同じように、このブログで書ける事と書けない事がある。それを踏まえて書きますが、インディーズのライブではお客さんがガラガラなんて事はよくある話です。その辺の原因や問題提起、解決策について掘り下げると話が長くなるのと、たけしのTVタックルよろしく大変な議論になってしまうので割愛。チ〇チンが酸っぱくなる程言っているので置いておきます。(それに、界隈でよく議論されてるし)

何が言いたいかと言えば、有名になっていこうという戦略において(これも角が立たないレベルで言えてる信じて)俺はライブハウス界隈に活路を見出していないんですね。
えっと、若干話を濁しながらになるのはご容赦頂きたいのだが、ライブをやるメリットとデメリットを考えての行動って事ですね。特にウチのようにジャンルがマイノリティで殆どがサポートメンバーの場合。
ライブに出るメリットは何か?と。逆にデメリットは何か?と。そのメリットは、デメリットと天秤にかけた時にどっちに傾くのか?と。そう考えて、日常的にライブを行うのは現在極力避けている(尤も、内容を鑑みて参加する場合もあるのだが)状態なんですね。
んで、そのライブが一個終わった訳ですね。なんか一安心な訳ですよ。別にライブから逃げてる訳でも毛嫌いしている訳でもないし、今日も楽しめました。が……
秋頃までライブ演奏が無いので、さっき述べたようにケツから大便がイジェクトされたような気分な訳ですよ。

うん、書かなくていい事をバリバリ書いてるっていうね。

ちなみに千葉県辺りの人は、9月頃は要チェックですね。国産インディーズのメロスピ&メロパワのイベントがあるかもしれません。そこにウチも出るかもしれません。尤もこれもライブハウスでのイベントですが……
一見の価値はあると思います。(ベテランや大御所ももしかしたら出演……だし)そこでCDを買うも良し。色々話をしてみるも良し。そもそも千葉なんてピーナッツとディズニーランドしか無いクセに、イキったパーリーピーポーと娯楽に餓えたマザーファッカーで溢れ返っているのですから、インディーズとは言えメタルのイベントに足を運んでみて大音量で生の演奏を聴くという、

話が逸れたが、次回のイベントはサンシャインクリエイションに出る……のかな。ちょっと分かっておりませんが、デザインフェスタという大規模な即売会にも出展します。こちらは8月3日ですね、デザフェスは初めて出ます。
あとは俺の個人的なアレですが、7月13日にはソナタ・アークティカのカバーセッションにキーボードで参加予定です。ちゃんとしたキーボーディストとして活動するのは5年ぶりなんだけど大丈夫かな。
初めてやる事は心配です。スゲェ心配。「戦争はいぐね」と言っていた爺ちゃんがXboxでバトルフィールドやってる……ぐらい心配。
もしくはマナーモードの振動音を察知するたびに「ゼロ戦!?ゼロ戦ね!?べ、米兵が攻めてきたわよォッ!!」と発狂するアルツハイマーの婆ちゃん並みに心配。

今後としては、音源制作に主眼を置いて、活動していきます。よろしくお願いします。

性差と複製。進化に必要だった。バンドにも女性が居ると強いんだけどね

性別って何だろう。

……今年の始めからずっと歯医者に通っているんですね。虫歯が治れば次の虫歯が見つかり。合計で四箇所も治療した。
んで全部治ったと思ったら「うーん、ここ。歯が溶けてますねぇ」。

金が掛かるし、時間も掛かる。あとね、歯科助手の女の人の胸がちょっと頭に当たるんだよね。

一応言うが、胸に当たりたくて虫歯になってる訳ではない。歯も磨いてるし、注意はしている。四年くらい前に別の歯医者にかかってた時は
アナタは口の中の良い菌が多いので、虫歯ってよりは歳を取ってからの歯周病とかを気にされた方がいいと思いますね」とか言ってたのに、クソ。あの野郎。

おっと、いけない。まぁ、虫歯は今回は置いておく。結局は自己責任だろうし。俺が悪い。だが、フヨンというかフワッというか。そういうのは駄目だって。
高校生の時は美容院で女の人にシャンプーしてもらってずっとチンコ立ってたような人間なんだって。胸が当たったらニヤけちゃうんだって!テント張っちゃうんだって!!
テント禁止のキャンプ場でテント張っちゃうんだって!キャンプ場に異変が起きちゃうんだって!ロバート・ベーデン=パウエルもビックリのボーイスカウトなんだって!!

ニヤけると口の形が変わる。大事な治療中なのに、手元が狂ったら面倒だ。いや、もしかしたらその結果、治療が長引いているのか……?

なんだっけ。そう、性別が何故あるのか。二次元エロ画像、もとい資料を見ながら思う訳ですよ。
結論から言うと進化の結果、合理的だったから生まれたシステムなんだろうけど。

アブラムシのように単為生殖(メス一匹だけで増える)、つまり性別の差など必要ない場合もある。状況によって性別が変わるヤツも居る。ミジンコが確かそう。
後は、両性具有で、場合によってオスになったりメスになったりというヤツも居る。
単為生殖を例に取ると、この場合、遺伝的な多様性は得られず、体が大きく、知的で強い生命体へは進化しづらい。種として同じ構造という事は、個体Aが滅ぶ環境では個体Bも、というか全個体が滅ぶに等しい。
あ、ちなみに突然変異とか、学問的な掘り下げた話はやめておく。俺も大学を捨てて今年で7年。ゼルダだったら可愛いショタリンクもハイラルを救うぐらいの年月が経過しているのだし。ぶっちゃけ詳しい事は忘れたし。ね。

話を戻す。上記のような繁殖方法の場合、1つの情報から1個の生命を生み出す事になる。すると遺伝子の構造上、複雑なものが作れないのではないだろうか。
大きく、そして知能が発達した生命体が誕生するには、異なる情報を交差させていき、より複雑な情報へと置換していき、進化させなければならないのではないだろうか。その上で性を結びつける為に性欲と言うものが備わっている。と解釈できる。
でも、遺伝子情報を交換するだけなら、オスとメスに分かれる必要は無い。と思うんだよね。雌雄分化ってヤツだが、これはカンブリア紀以前くらい(?)からあった。

ちなみにキノコは四極と言って、性別が4つあるらしい。原生動物なんかではそういう種も存在する。
生物の進化を紐解いていくと、有性生殖の有意性については理解できるし、雌雄分化の(恐らく)尤もらしい説明もつく。
だけど、オスとメス……今のこのチ〇コがあるのが男で~、みたいなシステムでは無くてもいい気がする。代替があっても良かったと思う。
ってことは、古代生物が進化していった先に、この雌雄というシステムがたまたま適合していて嵌ったからオスとメスという、つまりここで言う「性別」が広がっただけなんじゃね、と。
だとしたら、別の展開も十分に可能性があったワケだ。うーん、例えばオスメスの代わりに「ロイド」と「ロイデ」みたいな。……まぁどういう遺伝子情報の交換をするのかは想像にお任せする。

結局の所、進化なんて言ってるけど「進化」じゃないのよ。尋常じゃない時間をかけて、ある種の生物は滅び、ある種の生物は生き残り。そして、
生き残った中のある種が更に滅び、別の種が生き残り……地球上に現在居る生物はそうやって誕生してきただけなのよね。つまり、進化じゃなくて生き残っただけ。他が淘汰されただけ。俺はそう思う。

クリエイティブで考えてみよう。「ハッカドール」っていうスマホのアプリが今年でサービスを終了する。フリアズが出来た2014年の秋ぐらいにサービス開始して、当時かなり画期的だったシステムで数々のユーザーに愛され、メディアミックスされ、そして……終えるらしい。実は俺もユーザーの1人なんだよね。
同期とも呼べる(失礼だが)存在が消えていくのを考えると、なんとも名状しがたい。

バンドでも、同期……ではないけど、仲の良かった同世代のバンドや先輩バンドが活動休止や解散するのを時折見かける。
なんだろうね、人間の集まりだから難しいものがあるよね。
ましてや、それで成功しようぜ!とか有名になろうとしている俺(俺達)なんかは、阿呆と言ってもいい。
だけど、進化論的な考え方をするならば、生き残ればいいんじゃね?それこそ、皆が散って行く中、淘汰されて行く中、生き残ればいい。とも思う。

無論、生き残るだけでは駄目だと思う。それでは売れてない先輩になるだけだ。
だから策を弄さなくてはね。俺の場合、今実行しているアイデア、腹案、色々あるけど今後もそれを実践してみて、駄目だったら次の策……という繰り返しだ。
ただ、俺に考えられることなんて大概ですよ。半分は力技。何年掛かるのかね。気付いたらジジイなんて事も想像できる。それに、段々策が減ってきた。いや、あるのだけど、進行中の作戦がマンネリ化していて、切るべきなのか。まだ走らせておくべきなのか。そう言った決断に迫られていると言える状態だ。

人手不足もある。人間をコピーできたら、……流石にそれは無理だな。でも、自らで制作した音源をCDに焼くぐらいなら、簡単に出来る。それも、デュプリケーターを使えばもっと早く出来る。時は金だ!

……という訳でデュプリケーターは購入した。

うん、タグで【役立つアイテム紹介】と銘打っておきながら全ッ然紹介してないね。一応説明すると、このデュプリケーターっていうのは、CDやDVDをコピーする機械。パソコンで焼いている人が多いと思うけど、その焼く機能だけに特化したマシーンと思って貰えればいい。
「え、PCでよくね?」って思うだろう。そうなんだけど、PCで使い続けてたら焼けなくなっちゃったのよね。光学部品(レーザー)でディスクに書き込んでいるらしいんだけど、その部品は消耗品なんだよね。二機目のレーザーも駄目になっちゃったから買ったという訳だ。
それに、同時に3枚焼けるとか、5枚焼けるなんていう種類もある。値段は高いけど。