全てはエロスに帰結する

職場で女子高生と一緒にバイトをしたりすると……まぁ、一緒の空間に居るだけで結構「ヒーハー!」なんだけど、
何が良いって、帰るときに制服着てたりするんだよね。
「エェ!? 女子高生ってマジだったんッ!!?? ウッホホーイ!! ウッホホーイ!!!!」みたいな。
制服の可愛さに8割くらい自我が吹っ飛んじゃうっていうね。
んで……日曜日に一緒のシフトに入ったりすると、帰るときに普段着を着てたりするのよ。いやこれ当たり前だけどさ。
「私服、そういうの着てるんだ……グフフ、グフ」みたいな。
今なんか真夏で暑いから女の子も薄着な訳よ。ヤバイよヤバイよ(股間が)。まぁそんな感じでデュ、デュフ……衣服ってのはエロ、もとい、素晴らしいですね。

ところでエロスって何だろう。感情?欲望?
学術的な面からフォーカスすれば動物の生殖本能とも言えるだろう。
小難しい言い方をすればエロスとは「性的活動に対する期待感」と言える。だが、今回はシンプルに「性的興奮」に基づいて話を進めていく。

人間の生理現象、性的興奮、生殖本能により、人は「エロい!」と感じる事がある。これがつまり、エロスだな。
で、エロスにおいて、最もエロいのは「性(性差)」そのものだとする。性差があるから、人はエロスを感じる。エロスをエロスたらしめているのは性差だから、これが当然一位だ。何回エロスって言ってんだよ
では、ここで問題。「三番目にエロイものって、なーんだ?

二番目にエロイと感じるのは、何を隠そう「身体」だろう。髪、顔、上半身、下半身……髪の毛から足先まで、そこにはエロスがある。
じゃあ三番目は何かと言うと……

答えは「衣服」だ。これ、最初から最後まで持論バリバリで行かせてもらうけどwwwwwwwwww
究極的には二位の「身体ありき」なのよ。その身体が布で隠されていて、それが露になるからエロスを感じる。肌が露出するからエロスを感じる。
これは「パンチラ理論」だな。普段見えないパンティーが何がしかの要因によって見えてしまうのがエロイのと同じ理論。最初から無限パンチラしているのはエロくないのだ。そこには確かにエロが内包されているが、それは「性差と身体」、二つだけのエロスが保持しているエロさである。
同様に、最初から全裸ではイマイチ萌えないのだ。そういう意味では、衣服はエロスを増長させる役割を果たしている、と言える。
だがそれはあくまで二次的なもので、衣服そのものにエロさがある。(また、これも女性用衣服という「性差」に繋がってくるのだが)
だから下着泥棒が居る。服フェチが居る。女子の体操着をトイレで穿いている奴が居るのだな。うん。

「制服はエロイ」という概念は賛同いただけると思う。ちなみに、この制服が指すのは「学校の制服」ね。
何故エロイと感じるかと言うと、これは旧世代の日本がそうさせて来てしまったのだと思っている。何かと言うと、インターネットの普及から令和に至る現代まで、ほぼ全てのエロ動画サイトでは「制服(もしくは女子高生)」というジャンルが一大ムーブメントになっている。それを見て育ち、それを普通だと思い込み、それで股間を叱咤激励し、世の男性諸君は育ってきたのではないか。
そういう動画を漁り始める思春期の頃、その「制服」は学校という日常でリアリティを増し、オカズとなり、身近なエロスとして感じさせるのだ。
互いが補完的に作用し合って、制服というエロスを築き上げてしまったのだと。俺は思う。

そこで気になるのは、じゃあ一番最初に制服にエロスを見出した奴は誰だったのか?という疑問なんだが……。
いや、制服だけではない。ナース、OL、教師、コスプレ。やはり人は潜在的に「衣服」に対してエロスを感じているのかもしれない。

……

オイオイ、やっちまったよ。
気付いたらエロスで文章が終わりかけてんじゃねえかよ。どうすんだよ。読者が帰って来ねーよ。

おはようございます。フェティシズム界の人間国宝、フェティシズムに祝福されし男、ロイドです。
ここから本題です。着衣フェチの俺の中で、今最もアツいアニメを紹介するぜ!!
……うん、こんだけ引っ張ってアニメの話っていうね。ただ!良い作品は色んな人に薦めてぇんだ!オラの熱いパトスを受け取ってくれェ!!

裏サンデーで連載中の「ダンベル何キロ持てる?」だ。作品は前から知ってたけど、アニメを見て、漫画も買っちまったぜ!!
まぁザックリ説明すると、女の子のキャラクター、萌えやエロスを大事にしながら、筋トレにフォーカスした漫画だ。筋トレの内容はかなり掘り下げてあって、タメになるのも良いが、ギャグとしても中々面白い。で、ここが重要なんだが「たくさんのエロスがある」んだよね。

読者を惹きつける萌え要素を、出し惜しみにしない姿勢が良い。可愛いキャラ、萌え、エロ。
金髪ツインテ、褐色肌、腹ペコ系ヒロイン、八重歯。清楚系黒髪ロングの筋肉フェチ……エトセトラ。
そういうキャラの書き分けも流石なんだけど、一々描き方がツボなんすよ。三頭身のチビキャラも魅力的っす。
最近のトレンドである(と俺が勝手に思ってる)キャラの瞳孔の白抜きや、お団子ヘアーのキャラを投入してるのも
「成程、もしかしたら商業的に考えてその辺も導入したのかな?」なんて思う訳だけど、もう一度言う。俺、着衣フェチやねん……。
この作品、勿論制服姿も見れるんだけど、女子達のトレーニングウェアが見れるねん……。これがまたエロイねん……。
主人公は紗倉ひびきという女の子なんだけど。あ、これ↓ね。

ひびきちゃん!可愛いよ!ホーヒーッ!!
よく食べる女の子は可愛い!セイバー然り、インデックス然り、森野きりん然り!

んで、これは私服姿。ヒロインの私服のデザインがしっかりしている作品って、すげぇ好きなんだよね。
ドラえもんとかそうだけど「こいつまた同じ服着てるよ」とか「コイツ、この服しか持ってないのか…?」みたいな作品は多い。
それで良い(それが良い)作品もあるんだけど、シナリオで私生活にアプローチするのであれば、衣服……ようはファッションにも拘りをもって描いてほしいなぁ、と。フェチの俺は思う訳ですよ。
特に、女子高生だったら色々ファッションにも気を使っているでしょうし。ね。

少し話を脱線して、そのまま終わろうと思う。
作中で動的ストレッチっていう話が出てきて、これが結構勉強になった。どうやら最新の研究においては、スポーツをする前の入念なストレッチというのは、寧ろパフォーマンスの妨げになっているというデータがあるらしい。それで、じゃあ代わりにどういう動きをしたらいいのか、という事を細かに説明してくれるのだが。
「あ、やっぱり?」って印象だったな。俺は一応ボーカルをやってますから、歌う前に結構ストレッチをするんだけど、やってると逆に疲れちゃう時があるのよね。しかも、そんなにストレッチしなくても調子が良い時は多々ある訳だから、そうすると「このストレッチ、これだけやる意味があるのか?」という疑念はあった。お陰で少し視界が拓けたように思える。
サンドロビッチさん、MAAMさん、ありがとう!

……まぁそんな訳で、萌えブタ以外にも、スポーツなんかをやる人も視聴してみると良いかも。(歌う事はスポーツだもんね)

人を殺すことができる国

こんばんは。28歳ひきニートです。
真人間になるべく生活習慣を改善したところ、病気になりましたよ。クリーンすぎる環境が免疫力低下を招くように、ホワイトすぎる企業は労働力が低下する。同様に、正しすぎる生活リズムは人体に悪影響が出るのだな。いや、うん。案外間違ってないからね?

水清無魚……清すぎる心の人間の周りには人が集まりにくい。俺は必要悪。ダークヒーロー。そんな美少女になりたい。俺の周りに人が居るかはさておき、そういった「程ほどに汚れた人間」になりたい。勿論程度は弁えた上でね。

……んで、ちょっとだけ物申したい。最近色々ありますね。吉本の闇営業問題京アニ放火殺人。レペゼン地球とホルモンの件。ドラゴンアッシュの大麻。音楽関連も中々に多い。一個ずつ書くと文章がヤベェ事になるから割愛するけど、点々と言う。

まず「殺人は駄目」。何故か。ルールで決まってるから?されたら困るから?人の命は尊いから?
ぶっちゃけ、100人中100人が納得できる答えなんてのはないと思う。でも……。
なぜ人を殺してはいけないのか。もしこれが決められていなかった場合、人を殺しても良い世界が訪れる。すると世界はたちまちバトルロワイヤルになり、人類は滅亡すると思う。
だから人を殺してはいけないというルールは、設けざるを得なかったといえる。

人を殺してはいけない理由を納得が行くまで説明できる世の中ではないと思う。だけど、殺人という手段に出るのは明らかな悪手だと思う。激情に駆られて人を殺めるのは理解できる。その場合罪を償って生きていくしかない。
だけど、主義主張があって殺人する場合、その殺めてしまう瞬間まで、計画を練ったり材料を調達したり、どっかしらで冷静になれるタイミングがあると思う。そこで「あれ?本当にこの方法じゃないと解決できないのか?」って、気付けなかったのかな……。
アニメ好きの人間として、この話は絶対触れたかった。こんな事言ったら批判されるかもしれないけど、身内以外の人間が死んで涙が出たのは初めてだ。それくらい京都アニメーションの存在は大きかったと思う。あらゆる分野において、ね。
本当に悲しい。何て言ったらいいだろうね。分からん。

殺意が芽生えたとき、殺人以外で筋を通す方法も考えられると俺は思う。
犯罪ってのは犯罪者の中で葛藤の末起きる(と俺は思う)から。その葛藤に負けてしまうのは、心が弱いからだろう。でも、葛藤する時間があればもっと良い結果を生み出せると思う。刹那的、私欲的な人間は増えているかもしれないけど、俺も褌を締め直していきたい。
今までたくさんの京アニ作品を見ました。一番好きなのは甘城ブリリアントパークです。お亡くなりになられた方、天国で安らかにお眠りください。


それで、次の話だ。お笑い芸人の闇営業問題。全く関係の無い立場で言うけど。
複数の立場の人間の思惑が重なり、解決が難しくなった。今となってだからそう結論できる話だけど「もうちょっとうまく解決できたんじゃないかな」と思う。
冒頭で言ったように、水清ければ魚無し。少々の誤りや行き過ぎは看過するべきだと俺は思っているのよ。殺人は論外だけど。

小さな事でもバッシングを受ける世の中になってさ。正当な裁きを受けるようになった事に関しては「良い世界になったな」と思うけど、ミスをするとえらく叩かれてボコボコにされて、子供の頃テレビで見ていた人達がボロクソに泣きながら謝っている姿なんて、見たくないのよ……。なんでそこまでさせるのよ。
全ての罪を許せとは言わない。だけど、もうちょっと寛容になっても良いんじゃないかと思う。
島田伸助が芸能界を引退した時、スゲェ残念だった。残念ってのは、黒い繋がりがあった事にじゃない。頭の回転が早くて話術に長けてそれでいて面白い島田伸助が(ただの一視聴者として)好きだったから。
勿論、そういった反社会的勢力と知ってて関係を持つのは駄目だと思うけど。

労働のさせすぎで、労働法が見直されるようになった。
便利を追求していたコンビニがとうとう24時間営業廃止を視野に入れ始めた。
物事を善悪で二分化し、「悪」を徹底的に批判するこの世の中も、今後少しずつ緩和していくことを祈る。

……それからレペゼン地球とかマキシマムザホルモンとか、ドラゴンアッシュ。うーん。既に意見が出尽くしてるだろう。
とりあえず言うとだな。DJ社長が炎上してても、ヤバそうなKenKenが大麻やってても、そんなに「こちらとしては」問題ない。
だけど、ファンに対して「申し訳ないな」とか思わないのかな?両者とも色々と取り組んでいる事がたくさんあって、その人達全員に迷惑がかかるって事を理解してないのかよ?とは思う。俺だって色々ヤベェ事やりたいのに我慢してんだぞッ!

DJ社長は動画見たことあって、前に所属していたギタリストがファンだったのもあって知ってたんだけど。
バンドがのし上がる手段として炎上商法も一例ではある。ただし、東京ドームやテレビに出る程を目指してるなら、クリーンさが無いと出れないと思う。一度失敗すると遠のくんじゃないかなぁ。
炎上商法にも二つあって、キレイな炎上商法と悪い炎上商法があると思うんだよね。あとホルモンは仕事……というか相手を選ぶべきかと。あなた方も狙ってやったのなら別にいいんだけど。

まぁそんな訳で色々喋りたい事が多かった。あ、そうそう。

ドラムのレコーディングに参加してきました。

今回もクラウドナイン町田店へお世話になりました。先程クォンタイズが終わり、ドラムのラフミックスが終わりました。

うん……本題が数行で終わるっていうね。
現在アルバムを制作中です。メタルとか言わない。ジャンルに縛られず、ロック好きやバンド好きに聞いてほしい。

仕入れる

オレオレ、俺だよ。
実は女学院に忍び込んでプールの水を持ち帰って「聖水」として販売してたら足がついちまって……示談金が今すぐ必要なんだ。口座に振り込んでほしい。口座番号は

ちわ。ロイドです。久々の投稿だな……。忙しかった?いいえ、アニメをずっと見てました。
そういや最近、美味い魚介にありつける機会が増えている。

これは町田のいまがわ食堂というお店。行ってみたかったのでこの前食べに行った。超絶うまし。サバってこんなウマイの?と思った。
写真は炙りサバ定食と刺身の盛り合わせで、知る人ぞ知る町田の海鮮料理店、なのかな?

で、こちらはAllegiance reignの葉瀬川さんにご馳走になった鰻。登亭というお店だ。空前絶後のうまし。(ありがとうございます)

……ちょくちょくこういう感じで先輩や仲間と会う機会があって、意見や情報を交換したり議論したり。今までもあったけど、そんな機会が徐々に増えている気がする。――ピル佐藤経由で、ね。
なんだ……神か?最近の俺の周り、あいつの作ったパイプラインしかねぇぞ。

まぁ、いつも思うのは「俺の周りには凄い人間がいっぱい居る」って事で。何が凄いって技術やコネクション、経歴、まぁ何でも。何かに長けている人達がたくさん居て、そのお陰で俺も手札が増え、戦略を練ったり実行したりする事が出来る。
なんだろうね、俺は器用貧乏で犯罪者予備軍の自称音楽家なだけなのに。俺を中心として集まってくるなら人徳だろうけど、俺の周りを中心に集まっているこの状態は、どう表現したら良いのか分からないな。
さておき。それで色々な情報をインプットして、思う所も色々ある訳だが。文章がまた散らかるのでやめておく。

一昨日はセッションに参加してた。セッション自体は何回か経験があるけど、毎回勉強になる。普段やってるメンバーとは違う人と演奏するから、変な話「やり辛い」のよね。勿論、スタジオも違う。
これは悪い意味ではなくて、上達するという意味で経験した方がいい。ドラマーが違えばリズムも違うし、ギタリストが違えば音作りも違う。環境が違えば「返し」も違う。しかもセッションなんて(場合によるけど)ちゃんとしたリハーサルも無いし、転換も短いからね。よく分からんまま曲がスタートして、「あ!ちょっと待っておかしい!なんかおかしいよ!? 一旦曲を――」というまま、気付いたら曲が終了してる事もあると思う。

それから上手い人の演奏やセッティングはタメになるし、話を聞く事も出来る。ここでもまた、情報を仕入れたり交換できたりする訳だな。
一つ直近の例を出すと、ボーカルとして変な意地がずっとあって「ボーカリストだったら、どんなマイクでも歌えなければならないだろ」と思ってた。だから自分のマイクを買ってスタジオに持って行くなんて事は絶対しなかったんだけど、セッションで皆「あれ?皆マイマイク持ってきてんじゃん。え?……ゼンハイザー多くね?……え?なんかクリアじゃね?」とか思った日には「ゼンハイザー良いですか?」と聞かない訳には行かんのだよ。(で、結局ネットで買った)

ネットで多くの情報が得られるけど、「インディーズに居たあのバンドがどのようにして売れたか」とか、具体的に「CDが売れないと呼ばれる昨今、メジャーデビューするには何枚CDが売れれば良いか」とか。そういうヤラしい話はネットには出回りにくい。
そういや去年エイベックスのワークショップに参加した時も、具体的な数字とか例を挙げて話をしていたっけね。
※ちなみにその時の記事はこちら(http://www.freeasbirds.biz/?p=1797

まぁ、そういった情報を整理し、上手くこちらに取り込めれば……或いは。
いや、ムズイよ。やるだけはやってみるけど。
という訳で、俺が思いつく簡単な広報活動!それはイベント参加!

次回イベントは↓

デザインフェスタ公式HP
https://designfesta.com/

間に合えば新譜を持っていきます。バンドメンバーによるデモ、3曲入りです。バックで鳴っているストリングスとかピアノとかのキーボードは勿論、この俺ッ!俺が弾いているZE!!☆
ミックスも俺だぜ!

Vo. Lloyd Scarlet
Gt. Higaxi
Ba. Hiroki Higashide
Dr. Pill Sato

という訳で、蛇足ですが作曲や楽曲制作、キーボード関連のお仕事も募集中です。
キーボードは……MIDIが頂ければなんとかなるような気はします。お気軽にご連絡ください。