歌をアライブに

手足口病って知ってる?
赤ん坊がかかる病気で、手足に斑点みたいなのがめっちゃ出て、痺れて動けなくなっちゃうんだけど。まれに抗体を持たない大人が発症する事もあるらしいんだよね。
まぁ、放っておけば治るんだけどさ。
21歳の時に俺の姉貴がその病気になって。暫くしたら俺まで感染したんだよ。
いやぁ……足が痺れて牛角の面接に行けなくなっちゃってさwwwwwwwベッドから1ミリも動けないっていう。せっかく牛角で活き活きと働くバラ色のアルバイト生活に期待を膨らましていたのに、台無しじゃねえか。

それからノロウィルス。婆ちゃんが買ってきた生牡蠣で一家全員罹病するっていう……。ゲロと人糞にまみれ「神よ、私は何か悪いことをしましたか?」と、己の人生を振り返っていたね。まぁ思い当たる節がありすぎて分からなかったんだが。
これは23歳くらいの時。云わばパンデミック。
しかもダウンした次の日、バイト先に無理矢理出勤させられたからね。そんな状態で「いらっしゃいませ」なんて言える訳ねぇだろ!ゼリーしか食ってねぇんだぞ!こっちは!

俺がいくら危機管理をしていても、実家で暮らしてると他の家族が病原菌を運んでくる訳で。何だろう。「俺が病気になる」という未来に向かって必ず収束するというか。
どんなに病気を回避しようとしても、予定調和で誰かに病気をうつされ、病床に伏す、みたいな。呪われてると言ってもいい。

あと、話が少し変わるけど、大学生の時農業を専攻してて、そこに「ニコニコおばけ」っていうあだ名の同級生が居たんだよ。いつもニコニコしてて、出来た人間だなぁなんて思ってたんだけど。
農作業の時、俺の横でソイツがしゃがんで雑草を抜いてて。俺はというと、地面にスコップが全然入らないから、スコップに乗っかって体重を載せて耕してたのよ。そしたら汗で手が滑っちゃって。
足を中心に弧を描いて、ニコニコおばけの痩せ細った背中に、金属製スコップが思い切りぶち当たったのよ。あれは俺の全体重が掛かってた。
……修羅みたいな顔してたね、あいつ。

何が言いたいかって言うと、どれも全部「アライブ」じゃないって事だな。
※あっ、コミックアライブ好きです。一番好きなのはディーふらぐ!です。

心身の健康と言いますか、安寧と言いますか。そういった要素はやはり大事にしていかなければならない。
歌も同じで、気持ちよく歌いたい、なるべく歌いやすい状態で歌いたい。これはボーカリストであれば、皆そうだと思う。

そんな訳で、今回は歌をアライブにする素晴らしいアイテムをご紹介したいと思います。
マイクや歌の話なので、興味の無い方は過去ログでも読んでいてほしい。申し遅れました、ロイドです。

Sennheiser e935」のレビューでござい。値段は18,000円くらいだったかな。
レコーディング用のコンデンサーマイクは幾つか持ってんだけど、スタジオやライブで使うダイナミックマイクは持ってなかった。で、スタジオで歌う時に「58」の限界を感じていて。ライブの時も大体「58」じゃん。
知らない方の為に説明すると、「58」っていうのはスタジオやライブハウスでほぼ必ずと言って良い程使われているマイクで、SHUREという会社の奴だな。
ダイナミックマイク(ようは現場用のマイク)で、まぁ別に「これ使っとけば問題ないっしょ?」みたいな汎用的なマイクだと思う。耐久性も高いからブン投げてもいいし、可愛い女性ボーカルが歌ったあとはグリル(先端の丸い部分)をべろべろ舐め回してもいい。そんなんだから世界中で愛用されてるらしい。

俺はマイクを選ばない主義だったんだけど、前述したように最近アライブじゃなかったのよ。バンマスとして荷物が増え、作業が増え、負担が増え……いえ、いいんです。
ただ、少しでも歌いやすい状況になれば、と。そう思ってマイクの導入を考えてた矢先の事。

この前セッションに参加した時、KUNIさん(HELL FIRE)から良いマイクを教えてもらって、試しに買ってみたのよ。――目からウロコ、いや……目からカウパーだね。
劇的に変化があった。特にウチみたいな、やってるジャンルがメタルで、父の仇と言わんばかりに爆音で演奏するメンバーが居るバンド。あとはキーボードが居たり同期が流れてたりで音数が多いバンドには革命をもたらします。素直に射精ですよ
58って少しシャリシャリしてる印象がある。それをミキサーのEQで下げようとすると、ほら……一般的なスタジオなんて「HIGH、MID、LOW」ぐらいしか付いてないじゃない。
HIGHを下げてもいいんだけど、全体的に音がこもる。MIDは上げるけど、そもそも細かな設定なんか無理なんすよ。
で、指向性が案外広くて周りの音も拾っちゃうから、マイクを近づけたり遠ざけたりで「手動コンプ」みたいなマネは出来ないのよね。(マイキングにも限界がある)

結局58は「歌にもギターにも使えます」みたいな製品だから、歌に特化してないワケ。
だけどe935は違う。
簡単な話、「何にでも使えますよ」って言ってるマイクと、「これはボーカル用マイクです」って言ってるマイク。歌に適しているのはどっちかって……答えは明白じゃないっすか。それくらいの差があった。
まず、中域が抜ける。58だと聞こえづらかった帯域が、聞こえてくる。特定の帯域をブーストしてくれてるからだろう。

ハイトーンだったり声を前に飛ばしたりすれば、そりゃあどんなマイクでも歌が聞こえてきます。でもさ、メタルでスタジオ練習に何時間も入って、ずっと声を飛ばしっぱなし……死ぬじゃん。そりゃあね、「でもプロの声楽家は凄い声量出せるからお前の力不足」とか「肺活量や筋力が足りてないからお前の力不足」とか
歌の技術でカバーできるからお前の力不足」とか、そういう意見はあるでしょう。
いや「うるせぇ」と。正論かもしれないが、今回は黙りなさい、と。そう、今回は「なるべく歌いやすい環境に」というテーマで謳ってるんだ、バーロー!

やってるジャンルも違うし、歌のスタイルや拘りも違う。当然発声法も違うし、性別も違う場合がある。
そんな中で、(特に専門的なPAミキサーもなく、色々と弄れないし時間も費やせないスタジオ練習の場合)声が埋もれたり、抜けなかったりするバンドは絶対居る。
技量でカバーできる事も多いけど、もっと簡単に歌を抜けさせる方法がある。それが、やっぱボーカル用マイクの導入だと思ったね。
「今までの苦労は何だったんだ?」ってなる筈。イヤモニを導入した時もそうだったけど。

それからe935の特徴として、指向性が狭い事が挙げられる。このお陰で、歌以外の音声を拾いにくくなってる。だから、さっき言ってた「マイキングによる手動コンプ」も効きやすいと感じた。

あと、このマイクだと歌詞が聞こえやすい。どういう事かと言うと、五十音のサ行とかタ行とか。ミキシングする人は分かると思うんだけど、子音って特定の周波数帯に限られるじゃん。
「サ行の子音だと〇kHz」とか。そういう帯域をピンポイントで持ち上げてくれているっぽい。だから聞こえてくる。
よく歌のレッスンで習うみたいに「子音は強く、力強く!」なんて、もう……いいんだ。無理しなくていいんだ!お前は頑張った!

っちゅうワケで、ミキサーと睨めっこをする必要もない。(そもそも、簡易的なスタジオのミキサーじゃ無理な場合が多い。補足として、ウチはMTRとかイヤモニとかもミキサーに繋げるから、グラフィックイコライザとか設定できないのよ。全部のパートに反映されちゃうから)

すげぇ雑だけど、比較してみたので下記動画でも見てほしい。場所はバズーカというスタジオだな。
全く同じ状況での比較は出来なかったんだけど、たぶんこれが分かりやすいかな。歌の技術やバンドの棲み分け、ミキサー……で、色々補填は出来るけども、
さっきも言ったとおり、リハという現場で、パートが多かったり、爆音だったり、限界はある。
なんだか歌いづらいだよなぁ。聞こえづらいんだよなぁ。気持ちよく歌えないんだよなぁ」って人はボーカルマイクの導入を検討するといいと思う。俺が買ったのはゼンハイザーe935でした。
歌モノ系のメタルはこれが良いのかもなぁ。現場で使ってる人ちょくちょく見かけるし。

◆導入前↓(マイクがこもりがち。他のパートを抑えれば聞こえるけど…)

◆導入後↓
マイクが抜けるので、他のパートの音量も上げられる。(それでも歌が一応聞こえてくる)

(↑これは高田馬場ノアFst。少し広め。同期の音量がちょっと小さいのと、スピーカーまん前だから歌がデカイとは思うが)

そういや、今月発売したバンドのCD。ディスクユニオンに委託させてもらってたんだけど、発売から二週間経たずに売り切れたっぽいんだよね。
お世話になっている営業部のNさんから追加のオーダーが来てたし……。
いや、本当ありがとうございます。再入荷したようなので、買えなかった方は是非、ネットでもお店でも、購入なさってください。

んで。次はフルアルバムをリリースしようとしてる訳ですが。これは現在鋭意制作中です。レコーディングしたり、作曲したり、メンバー同士で議論したり。
良い作品になる匂いがプンプンしてますねぇ。これはくんかくんかです。
ハァハァ、クンカクンカ!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!クンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!

恐らく俺らは何かを勘違いしている(だから皆売れない)

こんばんは、落語家の人糞亭クソ丸です。
さて、いきなり宣伝をかまして恐縮ですが、Free As Birdsのニューリリースは聞いてもらえたかな?

メロパワ&メロスピが好きな人。それで洋楽メタルばかりを聞く人。どうよ?
HPでも販売してますけど、ディスクユニオンでも購入可能となる予定ですので、何かを買うついでで良いんです。
〇〇〇の新譜買おうっと。……そういやフリーアズバーズってのが何か出してたな。すみません!NEW ERAっていうタイトルなんですけど、置いてますか?」と。無ければきっと仕入れてくれる筈です。
置いてなければ……HPからどうぞご購入してください。カーッコイイですよ。あとはM3とかの即売会でも販売してますから、何かの機会にお立ち寄りください。いつでもウェルカムです。

で……。挨拶はこの辺で。度々このブログで扱っている「バンドが売れる為にはどうしたらいいか?」という戦略。
今回はその話をちょろっとしましょうか。

これ、自分の事ないし自分のバンドを客観的に見れている事が前提条件になるんだけど。
最近、「バンドメンバーすり替えゲーム」っていう遊びを思いついて、実践してた。これを実践すると、自分のバンドが売れる為には何が足りないかを発見できるという……
ツクダオリジナルから発売されている超エキサイティングなゲームなんだけど。
※注 個人差があります

どういうゲームかと言うと、売れている特定のバンドに所属してるメンバーを一人、自分のバンドメンバーと入れ替えてみるというものだ。
特定のバンドっていうのは自分のバンドとジャンルや音楽性が似ているものがいいだろう。

具体例はそうだな……皆大好き、Sonata Arcticaでやってみよう。つまり…
・売れているバンドをソナタ・アークティカとする
・自分のバンドはフリーアズバーズ(うちのバンド)とする

sonata

まぁこれ、ある程度フリアズの事情(特にライブなどの生演奏)を知っていないと分かりにくい内容だとは思うんだけど、早速行きます。

フリーアズバーズのキーボード「ロイド」をクビにして
 代わりにソナタのヘンカが加入しました。

想像してみてください。売れると思いますか?
……俺はそうは思わない。尚、演奏している曲はフリアズの曲だ。確かにあのヘンカがキーボードで弾いているのだけど、
キーボーディストが代わった所でこのバンドが売れるとは思えない。まぁこんな感じで、現メンバーの技術やルックス、何がしかの因子をひっくるめて「売れるのに関係しているか、していないか」をチェックできると思って貰えればいい…のかな。
つまり今回の場合、「ロイドのキーボードが原因で売れていない訳ではない」と言える。
(逆に、最初からソナタ・アークティカにロイドが居たなら、馴染んでいて問題なくデビューしていたように思える)

では次に

■フリーアズバーズのボーカルである俺をクビにして
 代わりにソナタのトニー・カッコを加入させてみたら

想像してみよう。あの声質とルックスを。それで、フリアズの曲を歌っている訳だ。
……ひょっとすると人気出るんじゃないか?
おいおい、って事はフリーアズバーズはボーカルが駄目ってことじゃねえか。だ、だって、俺……色々あれなんだもん。いや、言い訳はとりあえず置いておこう。こんな感じでバンドの「何がイマイチか?」を探ることが出来るのよね。
※補足すると、ボーカルが上位クラスにチェンジすると格段に良くなるって事。つまり、演奏や曲自体は良いとも言える。

で、逆パターンもやってみると。

■フリーアズバーズのボーカルである俺をソナタに加入させ、
 トニー・カッコを脱退させてみたら

今度は俺をソナタに加入させたバージョンだな。尚、やっている曲はソナタの曲だ。
……なーんか微妙じゃね?パッとしないと言うか、いや先入観はあるかもしれないけどさ。
こう考えると、やはりフリーアズバーズが売れるにはボーカルの質の向上が課題とも言える。
もう少し具体的に言うとキャラクター性と、(欲を言えば)声質の良さとかだな。

うーん。声質はなぁ……。トニーのように、少し鼻にかかってるけどかっこよくて聞きやすい声は出ないからなぁ。
それに色々な手法は取れるけど、なるべく正統派メロディックメタル路線で行きたいんだよなぁ……
とか言いつつ、生粋のエンターテイナーであるせいか色物っぽさ、コミック感が滲み出ているのは否めない。


だが、問題なのはここでは無くて。ここから本題。
物が良いのは当たり前。曲良し、演奏良し、パフォーマンス良し、人間良し……エトセトラ。そんなの当たり前の世界なんです。あっでも俺はクソ野郎だ駄目だ。恥の多い人生を送ってきました。
それでも売れていないバンドが居て。多くはマーケティングの失敗ではないか?……と昨今は思う次第なのよね。本当に良いモノは見てもらえるとは思うけど、良いモノはいっぱいあるのよ。
それに、本当に、本当に本当に本当にとびきり良かったらさ、とっくにデビューしてんじゃん
隣のアイツだって良いモノだし、売れてないあの先輩バンドだって良いモノを持っているし、メジャーデビューしてるアイツは当然良いモノを売っている。良くて当たり前ってのはそういう事。
じゃあどうしたらいいか。ここだ。売り出し方。マーケティングに関しては多くのバンドも(俺達も)皆考えている。だけど、自分のことを棚に上げてあえて言わせてもらう。絶対に上っ面しか理解してねえ、と。
まず、俺も含め多くのバンドマンは音源を売るとき(売り出すとき)に「良い曲なんです」とか「カッコイイ曲なんです」と絶対に売り出すと思う。
それは間違ってないけど、さっきも言ったけど当たり前の事なのよね。俺、冒頭で言っちゃったけど。
肉屋さんが「この肉おいしいんです」って言ってたとして……いや、不味かったら買わんがな。こっちも他に買う物、買いたい物あんだよ、みたいな。(まぁでも必死に売ってたら買うかもしれないけどね)
買ってくれて美味かったとして、また買うとは限らない。つまり、この時点で売り出す方法を間違ってると言っても過言じゃない。
曲を売り出すのか、人間性を売り出すのか、社会的側面を取り上げて売り出すのか。ほら、この時点で「社会的側面って?」ってなる訳よ。
どの層にみてもらうか、ターゲットはどこなのか?
その作品はどういう価値を持っているのか?
良い商品だけど、どうやって売ったらいいか?
どうやって推すか?どうやって客にフックをかけるか?
商品であれば、全部一緒。音楽、イラスト、小説。クリエイティブだけじゃない。食品、サービス、全部そうなんだ。そこには売り出し方がある。この言葉を、俺達は理解した気になっているんだ。絶対に。
マネージャーや事務所が頼れないなら、そういうのを専門的に扱う人達にお願いするべきなのかもしれない。
そのマーケティングの一環としてPR(Public Relation)がある訳だが……

んまぁ、これ以上は「売れてから言えよ」ってなるし、俺も勉強中だ。最後に動画のリンク貼って終わろう。

京都大学で行われた渡辺謙の講義の動画なんだが、パブリシストという概念(人物)について語られている。再確認のような部分は多いが、渡辺謙が海外で映画を製作して売り出す時の話である。最初の30分くらいがそれについて、ね。
今後、こういった人材を起用して…………

青海と付け焼刃のノスタルジア

こんばんは、ロイドです。今日は真面目にブログを書きたいと思います。
……初めてこの記事を読む方は「そんな事言って、普段はマジメじゃないみたいな言い方してるけど、いつも割りとマジメなんでしょ?」と思う事でしょう。気になった方はブログのアーカイブを是非読んでみてください。引くぐらいのインパクトは保証します(そんな保証はいらねえw)

さておき、今日はデザインフェスタという即売会に参加して来ました。

「即売会とは?デザフェスとは何なのか?」は軽く割愛して、まぁこのデザフェスは皆アクセサリーとか衣服・雑貨を売っているんですね。雰囲気はコミケみたいな感じですが、大抵の即売会がイラスト、漫画、同人誌をメインに扱っているのに対し、こちらは云わばファッション系です。
特徴としては開催時間が夜7時までやってたり、参加するのに必要な料金が結構高かったりします。
んで、あとはざっと見た感じ、来場者の9割が女性でしたね。そりゃあファッションがメインだもの。そうなりますよ。コミケ、M3、その他の即売会と比べ女性の比率が高かったですね。

そんな中、徹夜と迷子でボディへの深刻なダメージを負った結果「コイツ、薬やってんじゃね?」みたいな只者ならぬ雰囲気のロン毛が、青白い顔で「無料でお配りしてます……」とか言って怪しげな物品をバラ撒いてるんですよ。
それを見越して、ですかね。フリアズのスペース。一番奥の一番端っこなんですよ。トイレの前。……ハハハ、分かってらっしゃる。汚いものは一箇所にまとめようって事ですね?(臭いものには蓋をしないといけませんからね)

まぁ設営はこんな感じでした。
結局。人は来ないだろう。CDも(ここに来た人は皆、音楽を求めてないから)売れないだろう。そう思っていましたが、存外多くの方に来ていただきまして、ノベルティは持っていった在庫がゼロになる程でした。
ウェットティッシュ(メンソール)を保冷剤でキンキンに冷やして配布していたのですが、これが中々好評で……。Vell’zFireのマイキーさんのアイデアですが、多くの方に喜んでもらえたようで何より。お隣のサークルさんにも良くしていただき、良い一日になりました。

それからもう一個。

応募していたコンテストで、優秀賞を受賞しました。
うん……、あのね……付け焼刃で見切り発車して応募したから、俺自身よく分かってないんだけど、お世話になっているローランドさんのコンテストが開催されてて、その中に「パフォーマンス・ステージ」部門っていうのがあったのね。で、「やったろ」とか思ったわけよ。

使用する楽器はRoland製品なら何でもよくて、それを演奏した動画を送って見事勝ち抜くと、京都の大きいステージで演奏する権利が貰えるっていうイベント(コンテスト?)だったんだけど。
審査基準は楽器を弾く楽しさが伝わってくるか。パフォーマンスは良いか。技術はあるか。楽器の特性を活かしてナイスなプレイをしているか。……って所か。個人的に「ああ、落ちただろうな……」と思ってたから、ビビったよね。
AX-Synth(ショルキー)で演奏してて、まずショルキーなのに背負わないっていう。
しかもイスに鎮座してパフォーマンスを放棄した上、唯一の動きと言ったら「表情」っていうあの動画がまさか受賞するとはね……。結構プレイも荒かったんだけど、俺のパッシブでナイーブな思いが審査員に伝わったのか……それとも俺の顔がそもそも面白かったのか……。社長のハンコが押してあったから、少なくとも「坂倉という小汚い男が居る」という事は認知されたって事なのかな?

ともかく、やっぱりこういうのって嬉しいよね。これからも頑張ります!