次回ライブのお知らせ

こんにちは、ロイドです。
……唐突ですが、ライブをやる事になりました。

日時は3月29日(日曜日)、オープンは18時からですね。下北沢BREATHという、ビートルズの企画で有名なライブハウス(バー)で行います。
会場アクセスはこちら

しかもイベント名が「Free as a bird」って、まるでウチが主役のような素敵な名称になってますが、主催ライブでもありませんし、ワンマンライブでもありませんのでご注意ください。「なんだよ、コロナウィルスが蔓延る中こっちは来てやったのに……とんだ期待外れだよ!」とか言われても謝罪と狼狽しか出来ませんので……。普通にブッキングのライブで、対バン形式のイベントですね。

そう、コロナウィルス……。ただでさえイベント自粛が相次ぐ中、そしてライブハウスが槍玉にあげられる最中での決行になるん……ですかね。勿論政府からの方針やライブハウス側からの判断によっては中止になります。が、現在は開催の方向で進んでいます。「ライブするぜ」って言ったらウチの母親と冷戦状態になりました。

これ、言っておきます。
確かに、ですよ? 確かに、ライブをやるよりも、家で自粛していた方が感染リスクは低いです。
色んな人がライブハウスを敵視し、それに対しての反論や意見もたくさん出ていますので多くは私から言いませんが(と言いつつ長文ですが)……
確かに密閉された空間であったり、人が多く集まったりすれば感染の可能性は上がります。
でも、見てください。自粛や休校、フレックスタイム出勤を取り入れたにも関わらず、毎日街中や電車、バスで大勢の人を見かけます。無論、建物の中という閉鎖的空間で、大勢の人達が未だに居ますよね。

――それなのに、ライブをやっちゃダメ? 何で? だって、中止じゃなくて自粛でしょ? 勿論こっちだって防除は徹底するよ?
確率の問題であって、どこに居たって大して変わらないでしょ? 勿論、さっきも言った通り「やるよりもやらない方が、確かに感染の可能性は低い」けど。どこで感染したかだって、結局分からないじゃないですか。

ショッピングや仕事が許されて、不必要な外出も許されてるのに。メディアではライブ演奏やライブハウスだけが袋叩きにされてるように見える……というか叩かれている。それを鵜呑みにした人間が、ウチの母親も含めて盲目的な意見を述べてはいませんか?(だからトイレットペーパーのデマに騙される。目先の情報に飛びついて、真偽も確かめずに行動してしまう)

大物や売れてる人間はそりゃ自粛すると思います。色んな企業やスポンサーも付いてるし。今回の機会を逃しても次がありますから。
でも、ですよ。そうじゃない奴等、必死な奴等、そういう人達も居る。ウチみたいに1年に2回しかライブをやらないただの集団が、良いイベントに出るっていう機会はそうそう無いんです。私だって矢鱈にライブやるぜ!って言ってる訳じゃないんです。
そんな人達の思いだけが踏みにじられる世の中ではあって欲しくないですね。
……批判などもあると思います。でも4月12日以降まで待っていただきたい。もしフリーアズバーズの誰かが、この二週間の間で発症したなら、ライブで感染した可能性もありますから。

という訳でライブをやります。鳥のように自由に
そんな我々を応援、賛同して下さる方々、チケットご予約は……今回はあまりお待ちしておりません。何故かと言うと、外出する事で感染リスクは上がるからです。
私はそれでもライブをやりたいと、歌いたいと思っています。その根本には、バンドをやりたい、上を目指したいという我が儘もあります。
でも、それを押し付ける訳にも行きませんからね。

ただ、ロックの精神、ひいてはバンドやってる人間らしいんじゃないかなとも思っています。
最後に……無法者と思われるとマズいので補足ですが、鳥達にもルールはあります。ルールを守って、我々はライブをやるって事を忘れないでください。
自由と無秩序は違うんです。

Postscript
相模原町田経済新聞さんの取材を受けました!
3月9日に掲載されるようです。ありがとうございました。