俺はハッピーか? ~SAMとキムチとTK~

おざます。
束の間の休息です。生存報告がてらブログを更新します。

あ、今回は何の話もございませんっす。山なしオチなし、意味なし。
勿論BLではございません。俺の事、髪が長いだけでホモ扱いしていたバイト先の客の厨房は許さねぇ。

たまたま見たテレビCMでSAMが踊っていて。最後に「キムチ」って言うんだけど、その疲れきったSAMの「キムチ……」が凄い好きで、繰り返し見てた。何回かテイク重ねたんだろうな……。

その後、SAMが気になってウィキペディアに行き、そこから何故か小室哲哉のページに行き……。SAMが寒がりで「SAM」って呼ばれだしたのと、ウチの母親と歳が一緒って事にビビリつつ……。
俺ちゃんと知らなかったんだけど凄いね、あの人。化けモンだよ。幼少期から大人や学校を掌握し、利用するその手練手管。そして数手先を見据えて、確信を持ってゴールへと辿り着く。
格が違うわ。音楽的知識・技術、それから体力と努力、そういった側面も凄いけど、思考回路そのものというか、純粋な地頭の良さが怖いと思った。

なぁ……。
そういう人達をいっぱい見ちゃうと自分がチンケな存在だって気付いてしまうからなぁ……。小室さん、俺どうしたらいいですかね?(思考放棄は良くない)

とりあえず、カッコイイ曲作ってます。MVももうすぐ出ます。
アルバムも……また、そのうちリリースしたいなと思ってます。来年に出せたら……いやー、無理か?

俺だけの都合じゃないからね。俺はさっきも言ったけど、チンケな存在だから。矮小で世俗的な人間で、誰かの力を借りて大きな物を作らないと、大きな波にならないと分かってるから。
これがコネも「数打ちゃ当たる戦法」も無い俺の、今出来る唯一“マトモな”やり方かなと思う。

あと、今となっては通説かもしれないけど、ホリエモンが「職種は二つ以上やった方がいい」って前に言ってて。俺もそう思ってるんだけど小室さんも言ってんのね……。
来年は転職するつもりだったけど、またバイト掛け持ちにしようかな。

で、だ。

話は変わるけど、今期もアニメを観ています。
でも、じっくり観る時間が無いから、以前よりもタイトに観ている。
まぁ見なくても死にはしないけど。精神的な安寧の為にリフレッシュタイムは必要だよね。

ちなみに無能なナナゴールデンカムイ魔王城でおやすみ呪術廻戦。それからおちこぼれフルーツタルトまえせつ!ひぐらしの鳴く頃にを観ている。
前半の方は少年誌系だよな。まぁ俺と同じ人種はオススメ。あと、フルーツタルトは何か卑猥(だがそれが良い)

で、まえせつ!の原案が美水かがみなんだよね。
10年前「らき☆すた」に凄いはまってて、OPのダンスを完コピして友人のバースデーメッセージに動画で送りつけていた俺としては、超視聴してみたかったのよ。(後で知ったんだけど、誕生日じゃなかったっていう……)

そしたら吉本興業が協力で、作中にお笑い芸人本人が出てくる。しかも、よくある「芸人をアニメ化させたら、イマイチ表現出来なくてスベる」という現象もなく。いやー、面白い。

お笑いもクリエイティヴの一種じゃん。だから音楽界に通じるところがある。
作中に出てくるキャラの心情がリアルでさ。学生の時の将来の夢、進路、友達。そういった葛藤。それからお笑いライブをやってみたら居ないお客さん、売れないチケット……失敗する本番。
自分達と重なる部分があって、俺は心を痛めました!ホアアアッ!!??

でも、高校生からしっかりと考えて取り組んでいる彼女達を見ると、情けなくなるわな。
俺は当時、将来も夢も何も考えていなかった。毎日楽しかったし。
で、二十代半ばでようやく彼女達に思考が追いついた感じ。その差、約5歳。何だかな。
さっきから連発しているけど、俺がちっぽけな存在で、俗物だって事を再認識させられてしまうわ……。

OP一つとっても「ピッピッピハッピー」だっけか。神前暁はスゲェ。あれだけ曲作って、まだ無尽蔵に出てくる引き出しがヤベェ。それからミックスとかも参考になるわ……。カッティング、パクろうかな。

今言った人達、皆キーボード弾けたりする人だけど……あ、SAMは違うよ?
どこでそんなに差が付くのか。俺はやはりキーボーディストではない。スタントマン、いやエンターテイナーかね。

とりま、バトル物が(も)好きな俺としては呪術廻戦がオススメですねぇ。作者の芥見さん、同い年なんですって。
どこで差がついた……。

皆さん、相当の努力をしてるんだろうな……。