酒が入ってる時に電波ソングを聞くとヘヴン状態

おざます。

最近「早くWackenに連れて行け」という新手の脅迫を立て続けに受けている、どうも改めましてこんばんは、ロイドです。
はい、行きますんでお待ちください。(でもすぐには無理だよなぁ……)

9月でバンドが大きく動きましたが。まぁやれる事にそこまで変化は無く、今まで口頭や文章でネチネチと記してきたような事柄を消化していく……という形になりますが、
うーん。差し当たって大きなイベントはクリエイター交流会やM3になるのかな?それに続いて新作の制作やら多方面に顔を出すやら、そんな感じかな。
当日の様子はこちらでも書いていこうと思います。

じゃあ今日は何を書くのかな?何か用があるから書いているんでしょ?とお思いの方。

すんません、何も無いんです……

ってゆうのもたまーにお酒を飲みたくなるんですけど、酒は弱いんです。んで飲んじゃったんすね。飲んだら作業効率、パフォーマンス性が低下し、脳の回転も遅くなる。それに眠くなる。――俺にとって素晴らしい効果が満載なんですけど、月桂冠……あぁ^~度数が強いんじゃあぁ^~。

アア、そういえば個人的な報告なんですけど。あの~、あれです。11月末で会社を退職します。「梱包作業・軽作業のみ」とハローワークに紹介され、いざ出勤したらExcellで取引先のデータ表を作らされ、管理ソフトとクラウドサービスを弄らされ、二日目の生理よりも重い60kgを超えるような建設資材を運ばされ、電話対応と営業の相手と近所のジジイのお守り(言い方ひでぇなww)

言われた仕事はちゃんとやってきました。
周囲からは真面目な人間だという評価ですが、スリッパでチンコをしごく悪鬼と成り果てた今、本当にそう言えるのでしょうか?
会社から帰宅する前、女性が座っていたイスの匂いを嗅いで大きく深呼吸して「素晴らしい!」などと頭のイカれたソムリエのような感想を述べると恍惚とした表情で帰路に着くような男です。
女性社員の口紅の着いたティッシュをゴミ箱から拾い上げ、とりあえず匂いを嗅ぐような男です……アァ、なんてこった……きっと人間じゃない。妖怪です。百鬼夜行の後続の方、見てください。たぶん俺が居ます。
これ以上は……言えない。深淵へと続くエピソードが多すぎる。

真面目かどうかはさておき、まぁそんな職場だったんですが、大きく金銭的負担のかかるイベント(ライブ)が減った今、勤務時間を減らして音楽活動の時間を増やすべきだと思うんです。

ここが勝負所かなと思うんです。
このまま慢性的に遅々として進めるよりも、動ける今、一旦でも大きく動いてみるべきでは無いでしょうか。周りからの助言もありますが、生活環境の変化、病気、自他問わずの事故や不幸、不確定要素が今後増えていく一方ならそれを避けるべきだし、使える時間とお金が今あるなら、いつやるか?――今でしょ!いや林修さん関係ないっすよ!ww
確かにと思う。この前バイト中、酔っ払いのジジイにも言われました。うるせぇタコ!!!!んな事ぁ分かってらぁ!!!!
逆に、ここで勝負して駄目だったら「ああ、あれが不足してたのかな」とか「こうすれば次はいけそうだな」と次回勝負するときの算段が打てるじゃない。別に今回勝負して駄目だったら引退、なんて考えてませんけど、そしたら自分のペースでまた進めばいいと思うんですね。偶然が重なった結果でもありましょうが、どうやら時間やお金、生活環境に恵まれているようなので、ね。

あとはまぁ~同僚のBBAが気に食わないし。「男手が必要だから」という都合の良い解釈で通常よりも多くの業務を俺に押し付けてるようにしか思えないし、アレをやれコレをやれだ、そのくせ自分らは談笑してるしスマホでLINE弄ってるし、足の不自由な五十路の婆さんや女子高生と明らかに労働量、作業スピードに差があるのに賃金の是正が図られないし、ねぇ。あらヤダ、愚痴こぼしちゃった。

あとは音楽活動に限った話じゃあないですけど、日曜日ってイベントが多いでしょ?我々は参加するし、体も脳も使って精根尽き果てるじゃん。んで翌日の月曜日ッ!……死んでるじゃん。
これまぁ皆そうだろうし普遍的だと思うんだけど、作業の効率とパフォーマンス性を考えた時に、月曜日に死んでて作業が出来ない、もしくはその疲労を火曜日、水曜日と引き摺る。――これって良くないよね。これはずっと思ってた!マジで。ああ!月桂冠から醒めてきた!よっしゃ!

まぁ森羅万象の事由としてもそうなんですが「1個」じゃないんですよ。これもまた、複数の退職希望の理由があるんですね。まぁ……あとはバイトから得られる知識や経験というメリットを鑑みると、もうあそこから得られる物はあまり……と思うし。

何か話したかった内容とは違うんですが、まぁそんな訳で10月を過ごしています。新しいアニメが始まってます。程ほどに視聴します。

で見てると思うのが、アニソンのジャンルや趣向も段々と変化してると思うんですね。
今から言う考察は、アニオタみんなの意見って訳じゃなく、アニメや漫画、サブカルもそれなりに理解しているけどミュージシャン兼一般オタの意見ですが
20年前は昭和感丸出しの歌と平成初期って感じの曲調でした。カードキャプターさくらとか、ポケモンとかデジモンとか、魔法陣グルグルとか。
10年前はザ・アニソンって感じじゃないですかね。電波ソングも増え、多様性も生まれつつあった。灼眼のシャナ、魔法少女リリカルなのは……日本のアニソン(特筆して俺の好きなアニソンの時代)っていうのと、この辺の時代がまず代表的なイメージです。エロゲやラノベ。その辺の普及や進化も大きく伸び、サブカルの飽和という臨界点まで急激に成長しているような?
じゃあ最近はと言うと、アニソン界も恐らくネタ切れなんです。飽和しているのは間違いないでしょうね。具体的にどうなるかと言うと、曲の複雑化、プログレ化するんですね。キャッチーなモノ、ストレートなモノもありますけどね。じゃあとりあえず最近視聴した中で実例を紹介してみると。。。

邪神ちゃんドロップキック

OVERLORD 1期

ガヴリールドロップアウト

ひなこのーと

アニソンプログレッシヴランキングだと上から5位、4位、3位……と、個人的にはね。あれ?でもキャピキャピしてるのばっかだな。見てるジャンルが偏ってるな!

もっと「なんじゃこれは!」って曲があると思います。知ってる方、是非教えて下さい。
1位はね、Youtubeになかったんだけどドラゴンクライシス!っていうラノベ原作のアニメのImmoralistって曲。これが間違いなく首位。ほっちゃんが歌ってるんだけど超カオス。好きです。
時系列的にサンホラの台頭とか関係してるのかな。ドラクラの曲は。俺は好きだけど、そんなに評価されてる印象は無い。
え、オマエSound Horizon聞くの?って方、答えは「いや、全然聞きません」です。大学一年生の時、まだメタルバンドに入る前、作曲もしていなかった時、シンフォニック・メロディックも一切知り得なかった時。女友達にサンホラのCDを強く奨められて、貸してもらって聞いてたぐらいです。
でもやっぱ当時の印象は強かったなぁ。「こんな音楽があるんだ!」っていう。物語形式もいいよね。

Sound Horizon宵闇の唄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です