即売会のお知らせ、その紹介(春M3)

4月28日(日)に行われる音系・メディアミックス即売会M3に、参加します。

我等は新しいEPを発売します。告知しまくっているPoisonous Wonderlandですね。あと限定Tシャツも販売予定
http://www.freeasbirds.biz/?page_id=1881

……あれ、俺、今までちゃんと告知した事無かったんじゃないか?
そりゃあADHDだなんだと言われる訳ですよ。いや、たぶん俺はどっか狂ってる。小学四年生の辺りで大事な何かがどっかへ行った。そう思う。

それはさておき、今回は「M3って何?」って人にも分かりやすいよう、そして簡潔に告知していくよう心掛けマス。まずは日程のオサライだ。

日程:4/28(日)
時間:11:00~16:00
会場:東京流通センター
 東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分 〒143-0006 東京都大田区平和島6-1-1
 アクセス→https://www.trc-event.jp/access/
スペース番号:第一展示場M-02b

じゃあ注意事項やポイントを踏まえつつ、概要を書いて終わりましょう。M3っていうのは年に二度、四月と十月に東京流通センターで行われる即売会の一種で、音楽を専門のジャンルとして開催しているイベントです。コミケの音楽版だと思えば分かりやすい。
即売会っていうのはフリーマーケットみたいなもんで、会場内に並べられた机の上で、アマチュアやインディーズが自分の作品を披露、販売するようなものだな。企業や有名な人も出展してる。音楽専門なので、M3では皆が自作のCDやデモを売っているね。試聴も大体出来る。参加者による演奏コーナーもある。
参加者は多い。理由は幾つかある。音楽専門の即売会は少ないのと、大きなイベントはM3が筆頭だって事。それから、安く色んなものが買える事。あとは昨今、アマチュアでもクオリティの高いCDが多い事。これらが理由かな?
扱っているジャンルはポップス、ロック、クラシック、EDM、メタル、ボカロ、東方、物語音楽、ドラマCD、BGM……まぁ、ありとあらゆるジャンルがある。けど人気なのは女性ボーカル、ボカロ、東方、ドラマCDなど、かな。(メタルは実は微妙なんだよね)

概要は終わり。んで、流れやポイント。
①東京流通センターに向かう。朝から電車は混むので注意。(途中、コンビニとかで一万円札や五千円札は崩しておくように。理由は後述)
 開催時間は11時からだけど、時間前から、外で並んでますね。お目当てのサークルが有名だと、早く並ばないと売り切れたりするからね(ウチは大丈夫)。
②係りの人の指示に従って、列に並ぶ。
イベントの入場にはカタログが必要。入る時にカタログを見せると、入れます。事前にどこか(とらのあなとか売ってたっけか)で買っておくか、当日なら現地で買えます。千円だったかな……? まぁイベント終了間際になると、入場無料で入れるようになるけど、その時にお目当てが残ってるかは不明だな。なので買うべきだろうね。

販売している販売元、というか団体の事をサークルって言います。どのサークルがどこに出展しているかはスぺース番号で探せます。カタログを見て探したり、ツイッターのハッシュタグで探したり。フリアズならスペース番号はM-02bね。
M3の場合は、第一展示場と第二展示場がある。一階と二階もあるから、探す時に迷わないように注意。(ちなみに番号の小文字のアルファベットがaだったりbだったり、x、y、zだったりするけど、これは机の並び順ね。机が二等分されている場合、それぞれ二つのサークルがaとbに割り当てられているっていう。三つならx、y、zだけど、あまり気にしなくてOK)
サークルによっては無料音源を出している所もあるけど、金額はCD一枚で数百円から二千円くらいを目安に考えると良いと思う。でも企業や有名なサークルやバンド、アーティストなんかも居るから値段はもっと高い場合もある。
あと、参加者は言わば有志であって、お店ではない。なので、なるべく小銭を用意してあげてください。と言うのも、お釣りを用意するのも以外に面倒、もとい大変であって、一万円札を出されても、お釣りが渡せないなんて事は自他共によく見かける。なので会場に向かう前に崩しておくと良いね。

まぁそんなこんなで、あちこち見て回ると良いと思う。即売会ではそれぞれサークルが自作物を頒布している他に、催し物があったりするんだけど、M3だと企業の出展コーナー映像上映コーナー試聴コーナー、参加者による演奏コーナーっていうのがある。
映像上映コーナーっていうのは、サークルが申し込んだ映像(音楽つき)がスクリーンに映し出されている一角の事。色んなのが放送されている。まぁサークルの紹介PVが流れている場所だと思って貰えれば、かな。
試聴コーナーは、参加サークルの音源が聞ける。でもサークルが見本のCDを提出してない場合、設置されてないから聞けないね。でも大体のサークルスペースを覗くと、PCやらスマホやらで、その場で試聴できるように環境を調えているし、ここは行かなくてもいいかもね。イヤホンやヘッドホンを貸してくれるサークルも多いし。
演奏コーナーは、サークルが楽器を演奏している一角だな。一角に集められた結果、それぞれのサークルがそれぞれの音楽を奏でているので、混じりあって滅茶苦茶な音楽が聞けるね。これは以前、参加したので苦言を呈させていただくケド……、演奏を聞けるとは思わない方が良いかも。音出しが許可されている一角の視察、と期待せずに行くならまだ、まぁパフォーマンスとして見れるかな……。

ちなみに、会場が混むのは11時から13時くらいが一番混雑する。帰る時は、15時過ぎから駅がスゲェ混むので、それまでに帰る準備しておくとベスト。まぁ残っててもいいけど。
余談だが、昼飯をイベント会場で食べるか、という問題がある。M3の場合、なんせコンビニが二つとカフェがあったかどうか、くらいなんだよね。激混みなのは言わずもがな。ぶっちゃけ時間が勿体無いと思う。なので会場に向かう途中でお金を崩すついでに、軽食も買っておくと良いと思う。会場には外に広場があるので、晴れていれば春の陽気の下、友達と昼ご飯……なんてのも良さそう。

まとめるとそんな感じですね。
日時は4月28日の日曜日だけど、次の日は月曜日祝日だったから、ゆっくり出来る人も居ると思う。興味があれば見て回っても良いと思う。なんせ参加サークルは皆、自分の音楽を聞いてもらいたくてウズウズしている訳だから、お話してみるだけでも面白いだろうし、当人も喜ぶと思う。俺もね。人の多さは保証する。そこで良い作品があれば買っても良し、試聴してみるも良し。ですね。

あっ、フリアズはM-02bなんで、勿論来ていただいてOKなんですよ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です