バカは好きだ。なぜなら、俺もバカだから。

シャッス!!俺だぜ!!最近は真面目な投稿が続いてて皆さん勘違いしてるかもしれないが、俺は町田の冒険王ロイドさんだぜ?
確かに真面目だろうさ。だがその本質は花畑を土足で踏み荒らす悪いサイボーグで、空気をブチ壊し、不謹慎ネタと下ネタを呼吸するように投下し、地雷原でマンボを踊るような男なのだ!
そんな俺だが、今回は久々のフリアズちゃんねる――つまりスタントロケに行ってきた。
あ、あー、初めに一つ言っておく。俺が育った大学の農学部には二種類の人間しか居なかった。……脳筋と、オタクだ。そして随分昔にも言ったが、俺は脳筋だ!
小学生の時、空手を習ってたけど師範がめっちゃ下段蹴りを入れてくるから辞めてしまって。大学では毎日農耕作業に勤しんでたが、エンターテイナーになる道を選んで退学した。だから脳筋だけどガリガリという、歪な人間なのさ、俺は。
だから……許せサスケ、また今度だ。うん、免罪符にならないのは知っている。

04151

今回、茨城県つくば市まで行ってきた。俺の数少ないマブダチに助力を請う為、ね。敢行したのは動画2本分のロケ。LLOYD’Sキッチンと、デスソースカラオケだ。
双方とも、デスソースを使った。上の写真に写っている5本ほどのビンがそうなのだが……。デスソースって言うのはホットソース、激辛ソースの事だと思ってくれれば問題ない。アメリカにあるブレアっていうブランドから出ているのが本家で、4種類入りのビンがセットで販売されているから興味がある人は購入してもいいと思う。amazonで買える。ラインナップは

・オリジナルデスソース(10,000スコヴィル)
・サルサデスソース(15,000スコヴィル)
・アフターデスソース(50,000スコヴィル)
・サドンデスソース(100,000スコヴィル)

このスコヴィルっていうのは、唐辛子の辛さを数値化した時の単位だな。唐辛子を使っている激辛系は大体、この単位を用いて表される。タバスコが2,500から5,000スコヴィルって言われてるらしいね。
オリジナルデスソースはタバスコの4倍くらいの辛さらしい。俺は辛いのが得意ではないけど、好きだ。そんな俺だが、オリジナルデスソースは美味しく頂けたね。サルサデスソースも。今日もカルボナーラに混ぜて食った。ブレアさん、ウマイっすよ。

04150

ロケの様子はこんなカンジだったっす。正面から見るとDisarmonia mundiのエットレ・リゴッティがパスタ食ってるようにしか見えない。ちなみにLLOYD’Sキッチンっていうのは速水もこみちが出演している「MOCO’Sキッチン」のパロディ企画で……まぁ動画の出来上がりを待ってほしい。細工は流々なのだよ。

で、順調に思われたロケだったが、2本目のデスソースカラオケで突如として空気が一変した。

04152

これはウルトラデスソース。同じくブレアから出ている。これは洒落にならねえ!!
俺はスプーンでこれを一杯、いっちまった!!

・ウルトラデスソース(1160,000スコヴィル) 4,800円

こんな殺戮兵器がamazonで売られている事自体、どうかしてる!!
まず最初、鼻腔へと駆け抜ける死臭あぁ……やばい。ヤバイ。これは絶対にヤバイ、と思った。だけどカメラが回っているからスタント根性で飲み込んだ。するとどうだ。咽頭から食道にかけて、焼けるような激痛が走った。猛烈な痛みと痺れるような感覚は治まる事が無く、水で洗い流さなくては、と咄嗟に思った。だけど声が出ない!!ジェスチャーでアシスタントに

何か飲み物!

やばいよやばいよマジでヤバイよ!!

と合図を送って水を持ってきて貰って流し込む。流し込むけど、喉の痛みが全ッッッッッッッ然、引かないのよ!!水を飲み込んだコンマ数秒、痛みが緩和するだけですぐに焼けるような痛みと熱が戻って来る。だとしたら断続的に水を呑み続けるしかねえ!!
そう思ってチビチビ飲んでると、喉の痛みが耐えられるくらいになってきてさ。余裕が出てきたからか、今度は腹部に違和感を覚えた。「え?あっ……腹が痛い……」と。下痢の時とか、胃腸炎の時とほぼ一緒。胃の中が荒れ狂ってるのよねwwwwwwwww

時間にして20分~30分くらいかな。ダウンしてしまった。勿論、カラオケはそこで中止になった。「上手く撮れていなかったら、テイク2も行こうかっ!」なんて最初話してたが、バカヤロウ。本当に死ぬ。冗談じゃなくて、マジで。
その後暫くして……任天堂SWITCHでスマブラやるくらいには回復したが、あとちょっとでもデスソースの量が多かったらヤバかったかもしれない。そう思う理由が他にもあって、
終電で帰宅(終電になっちゃったよ)してからシャワーを浴びたのよ。――そしたら両手に激痛が走るのよね。え!?何が!?エエエエエッ!!ナンデ、忍者ナンデ!?みたいな
耐えられるけど、グオオオアアア……ッ!みたいな。ジュワアアァ~~……ッ!って感じの痛みだったな。

これ、火傷らしい。手を見ても外傷なんて無いんだけど。ベーシストの東出さんに言われて「あ、やっぱりそうか」と思った。人体に大ダメージを与えるような凶悪な唐辛子があって、デスソースはそれらがベースに使われてるのよね。“収穫する時は手袋をしないと火傷を負う”って言われてて、それがロケの時、俺の指とか手に付着してたみたいなんだよね。まるで三代目火影に呪いを掛けられた大蛇丸の如く、暫くシャワーを浴びながら俺は苦しんだよ。日光を浴びて浄化するゾンビとか、聖水で焼け死ぬドラキュラとか、ああ……あいつらこんな感覚なのかな、とか想像しつつ、密かに思った。――二度とやりたくねえ、と。

~補足~

昔から時々聞くような話だけど、YouTuberなんかが危険な行為に挑んで、死亡する例が増えてきている。一気食いで死んじゃったり、車に轢かれちゃったり。ギリギリ死なないだろうと楽観視した結果(もしくは危険だなんて思ってなかった結果)、死ぬのだと思う。
他人事だと思った事なんて今まで無いし、俺は安全面には注意を払っているつもりだ。だけど、彼らの気持ちはとても分かる。エンターテイメント業界も音楽と同じで、コンテンツが飽和しているんだよね。だから面白い動画やアイデアの為、無茶をする。理解できるし納得できる。有名・人気になりたくて、それで有名になる例もあるだろう。
決して「俺はタフだから大丈夫だぜ」とか「俺は丈夫だけど“皆さんは”気をつけてね」なんて思い上がるつもりも無いし、慢心するつもりも無い。だけど二つだけ、言っておきたい。一つ目に「死んだら終わりだから気をつけよう。キミも、俺も」。それから二つ目、

辛いのが苦手な人は絶対にマネしないで下さい。きっと死にます
(デスソースの名は伊達じゃねえ!!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です