青海と付け焼刃のノスタルジア

こんばんは、ロイドです。今日は真面目にブログを書きたいと思います。
……初めてこの記事を読む方は「そんな事言って、普段はマジメじゃないみたいな言い方してるけど、いつも割りとマジメなんでしょ?」と思う事でしょう。気になった方はブログのアーカイブを是非読んでみてください。引くぐらいのインパクトは保証します(そんな保証はいらねえw)

さておき、今日はデザインフェスタという即売会に参加して来ました。

「即売会とは?デザフェスとは何なのか?」は軽く割愛して、まぁこのデザフェスは皆アクセサリーとか衣服・雑貨を売っているんですね。雰囲気はコミケみたいな感じですが、大抵の即売会がイラスト、漫画、同人誌をメインに扱っているのに対し、こちらは云わばファッション系です。
特徴としては開催時間が夜7時までやってたり、参加するのに必要な料金が結構高かったりします。
んで、あとはざっと見た感じ、来場者の9割が女性でしたね。そりゃあファッションがメインだもの。そうなりますよ。コミケ、M3、その他の即売会と比べ女性の比率が高かったですね。

そんな中、徹夜と迷子でボディへの深刻なダメージを負った結果「コイツ、薬やってんじゃね?」みたいな只者ならぬ雰囲気のロン毛が、青白い顔で「無料でお配りしてます……」とか言って怪しげな物品をバラ撒いてるんですよ。
それを見越して、ですかね。フリアズのスペース。一番奥の一番端っこなんですよ。トイレの前。……ハハハ、分かってらっしゃる。汚いものは一箇所にまとめようって事ですね?(臭いものには蓋をしないといけませんからね)

まぁ設営はこんな感じでした。
結局。人は来ないだろう。CDも(ここに来た人は皆、音楽を求めてないから)売れないだろう。そう思っていましたが、存外多くの方に来ていただきまして、ノベルティは持っていった在庫がゼロになる程でした。
ウェットティッシュ(メンソール)を保冷剤でキンキンに冷やして配布していたのですが、これが中々好評で……。Vell’zFireのマイキーさんのアイデアですが、多くの方に喜んでもらえたようで何より。お隣のサークルさんにも良くしていただき、良い一日になりました。

それからもう一個。

応募していたコンテストで、優秀賞を受賞しました。
うん……、あのね……付け焼刃で見切り発車して応募したから、俺自身よく分かってないんだけど、お世話になっているローランドさんのコンテストが開催されてて、その中に「パフォーマンス・ステージ」部門っていうのがあったのね。で、「やったろ」とか思ったわけよ。

使用する楽器はRoland製品なら何でもよくて、それを演奏した動画を送って見事勝ち抜くと、京都の大きいステージで演奏する権利が貰えるっていうイベント(コンテスト?)だったんだけど。
審査基準は楽器を弾く楽しさが伝わってくるか。パフォーマンスは良いか。技術はあるか。楽器の特性を活かしてナイスなプレイをしているか。……って所か。個人的に「ああ、落ちただろうな……」と思ってたから、ビビったよね。
AX-Synth(ショルキー)で演奏してて、まずショルキーなのに背負わないっていう。
しかもイスに鎮座してパフォーマンスを放棄した上、唯一の動きと言ったら「表情」っていうあの動画がまさか受賞するとはね……。結構プレイも荒かったんだけど、俺のパッシブでナイーブな思いが審査員に伝わったのか……それとも俺の顔がそもそも面白かったのか……。社長のハンコが押してあったから、少なくとも「坂倉という小汚い男が居る」という事は認知されたって事なのかな?

ともかく、やっぱりこういうのって嬉しいよね。これからも頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です