長寿と健康。その要訣は、きっと精神

どもっす。ロイドです。
いやー、少しばかり胃炎が良くなりました。まちカドまぞく(芳文社/まんがタイムきらら)の
アニメ2期が始まったお陰……ではありません。
クスリを飲み、食事と睡眠を改善した結果ではあります。約一ヶ月苦しみました。

だけど、一番効いたのは考え方だと思ってて、病気にならない考え方ってのがあると思う。
端的に言えばポジティヴシンキングだ。

ストレスで胃をやってしまった場合、原因であるストレスを排除したい所だ。だけど、そんな簡単に
排除できますか、という話なんだよね。例えば仕事の悩み、人間関係、騒音問題、過去のトラウマ、
トラブル。そんな簡単に払拭できたら精神科や心療内科は必要ない。
人間って、そんな単純には出来ていない。

ではどうするかと言うと、考え方を変える。
日常の9割の事柄を「ま、いっか」で済ます事だ。仕事でミスをしたらどうしよう。あの人に嫌われ
たらどうしよう。また酷い目に遭ったらどうしよう。——ま、いっか、と。

それから隣人トラブル。上の階がうるさい。趣味やプライベートでうまく行かない。思い通りに行か
ない。アイツが嫌い。ムカつく。そういう怒りや憎しみは、許す。許す事で精神の安寧を保っていく
のはどうだろうか。
ちょっとストレスを抱えたからって、胃炎や食道炎になったりはしない。溜め込んで、一つ一つでは
大したことのなかったダメージが蓄積して発症するのだ。
病気になって苦しんでいくうちに俺は吹っ切れた。それが、効いたような気がする。

思えばうちの婆ちゃんは内蔵の病気にかかった事が無い。食事に異物が入ってても、ゴキブリが飛び
回ってても眉一つ動かさない。一切の感情を喪失してしまった機械人形かと思いきや、年の離れた友
人をたくさん持つ、気さくなババァだ。楽観的(?)な性格が無病息災を実現しているのだろう。
ベンツの扉に手を挟んで人差し指が吹っ飛んでしまっても(そんなに)気にしない豪傑であり、戦国
武将のようなババァ。戦争経験者ってのは皆こうなのかと思ったほどだが、その健康の秘訣は、人間
性にもあると俺は見ている。それこそ、心は鳥のように自由であるべきかもしれない。もっとも鳥類
の場合、人間の飼育環境下であった方が長生きするらしく、ハトが20年以上も生きたという研究結
果が出ているようだ。人間による飼育という束縛された不自由な状態であった方が健康だとも取れな
くない。だがしかしこれは間違いで、飛行によるエネルギーが不要となった結果、寿命が延びるので
はないかと考えられる。それを裏付けるエビデンスとして、オウムが居る。飼育環境であまり飛ぶこ
とがなく、生命活動にエネルギーを殆ど使わない結果、鳥類としての本来の寿命を大幅に超える事に
成功しているのではないだろうか?


さて、本題です。
ドラムのレコーディングに行ってきました。「また?」とお思いの方、ええ、そうです。またです。

※爆音注意


ちなみに、アルバム制作も徐々に進んでいる。

これはラフミックスなので今後、色々直したりするんだけど。
もしも親戚や近所にこんな音楽をやっているおじさんが居たら……正直、カッコイイなと俺は思う。

「メジャーデビューしてる〇〇ってバンドだよ」って言われたら、へぇ、そうなんだ~って信じちゃ
うくらい、クオリティの上昇を実感している。
もっとも、これは俺の書いた曲じゃなくて、ピル佐藤が昔書いた曲なんだけど。



最後に全然関係ないけど、グッチ裕三の動画を貼って終わります。
グッチ裕三は、歌がウマイと思う。ピッチの正確さ、ビブラートの綺麗さ、そういった点ではなく、
表現力にフォーカスした時の話だ。未だに現役なのは恐れ入る。


この歳になっても楽しそうに歌ったり音楽をやったり、活動を出来るのは素晴らしい事だ。
ってゆうか、コレで70歳ってマジか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です