楽曲の買取あり、なしについて

楽曲を使用していただく上では、楽曲権利の「買取」と「買取なし」の二種があります。
簡潔に述べると→著作権の譲渡を行うか、行わないかという二択です。

■概要

買い取りは、独占的に楽曲を使用する権利を買い取る事。作曲者の許可を得ず自由に使用できます。→独占的に使用可能
買取なしなら「作曲者が自由に扱える」。「楽曲使用の用途、範囲を提示してその範囲だけ作曲者が使用を許可する」。→部分的に使用可能

買い取られた作曲者は許可を得ずにその楽曲を使用、演奏出来なくなります。その為、料金設定が「買取なし」よりも高くなります。他社でも多いようです。
なお、企業によっては別途で使用料が発生する事があります(「楽曲制作費と使用料は別だ!」という会社も少なくありません)が、Free As Birdsでは別途料金は頂戴しておりません
具体的な内容を下記にまとめました。
—————————————-

■買取ありの場合

・ご自由にお使いいただけます。「作編曲:Free As Birds」の提示のみお願いしています。

■買取なしの場合

・使用用途、範囲の設定 例:発売されるこの作品の、エンディング主題歌として使う!
 →他の作品では使用不可。その作品(及び作品に準ずる媒体で)の製作・販売・配信・放送でのみ使えます。ただし特例として、Free As Birdsでは「シリーズの続編での使用は可能」としています。
 →上記を超える使用、加工の場合はご連絡、ご確認ください。
・使用される作品の内容の確認
・作編曲Free As Birdsの提示をお願いします
・楽曲の大きな加工、編曲、楽曲そのものの販売は不可
・著作権をクライアント様がもたないので、Free As Birdsから「楽曲を利用した公共での配信、放送、上映、演奏も可能」と許諾いたします。

上記以外のことは事前に連絡、ご確認いただきますようお願いいたします。ex:楽曲が使用されたサウンドトラックの販売、貸与。他のコンテンツでの使用……など。お気軽にご連絡ください!
—————————————-

■買取なし、ありどちらがいい?

買取なしの場合、クライアント様からすれば作曲者に権利を色々奪われてしまうのではないか?というイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません!
出来上がったものをお互いに有効に活用しましょう!という、双方にメリットがあるイメージを持って頂ければ幸いです。
作曲家の方でも使用できるようにしたほうが制作費も安く済み、宣伝もお互いが出来て、両方の利益となります。多少契約内容が複雑かもしれませんが…

勿論買取にすれば楽曲・権利を独占でき、好きに使えます。他社で使われることはありません。
例えば今後、メディアミックスや他コンテンツ化の展開が進んだ時に権利を独占していればクライアント以外の他社が楽曲の使用で儲けることは無くなるでしょう。
—————————————-
■以下、著作権(買い取りの場合、譲渡される権利)となります。
複製権
著作物を印刷や写真、複写、録音、録画などによって有形的に再製する権利

上演権・演奏権
著作物を公共で上演したり、演奏したりする権利

上映権
著作物を公共で上映する権利

公衆送信権・公の伝達権
著作物を自動公衆送信したり、放送したり、またそれらの送信された著作物を受信装置を使って公共に伝達する権利

口述権
言語の著作物を朗読などの方法により、口で公共に伝える権利

展示権
美術の著作物と未発行の写真著作物の原作品を展示する権利

頒布権
映画の著作物の複製物を頒布(販売もしくは貸与など)する権利

譲渡権
映画以外の著作物の原作品又は複製物を公衆へ譲渡する権利

貸与権
映画以外の著作物の複製物を公衆へ貸し与える権利

翻訳権・翻案権など
著作物を翻訳、編曲、変形、翻案等する権利(二次創作の制作に関係する権利)

二次的著作物の利用権
著作物から二次創作されたものに関して、その二次創作の著作権者が持つ権利と同じ、権利
※例、二次創作を利用する場合二次創作者の許諾だけでなく、一次創作者の許諾も必要

– フリーアズバーズ –