「雑記(下品)」カテゴリーアーカイブ

ぼっち」という概念

どうも。お先に簡単な紹介を。

ゲーム配布します!!

コミケね、初めて出展しますので見かけた方、お立ち寄りになられる方々、よろしくお願いします。我がサークル製作の「THE・村長」に続くフリーアズバーズの同人ゲーム企画第二段と題しまして、購入特典で枚数限定の同人ゲーム黒部ダム第一旅館殺人事件簿」を配布します。

これは主人公「守人航」が温泉宿に宿泊する中で、他の旅客たちと共に事件の渦中へと巻き込まれていく……というもので、基本的にノベルゲーム式に進んでいくのですが、途中で簡単なRPG方式の操作があります。ゲームクリア自体は然程難易度が高くないのですが、クリアルートは3種用意してあり、「True END」を観るのはちょっとコツが要ります。今の子ども達は体験しなかったような、スーパーファミコンのスーパードンキーコングシリーズの隠しアイテムとかやりこみ要素で「え?こんな所に隠されてるの? 絶対分からないよ!」という、ゲーム戦歴の浅い少年たちがこぞって「無理ゲー」と評する、あのクオリティです。

バンジョーとカズーイの大冒険なんかもそうでしたね。人生にゆとりがある暇人ゲームプレイヤーしか達成できないような隠し要素、裏、「ボタン連打」という人体の限界に挑むかのようなムズゲー。いやはや、懐かしいものでございますな。老兵の高橋名人の「16連射」に及ばずとも、私はそういった長いゲーム歴において「1秒間に15連打」という技術まで登り詰めることが出来ました。当時大人たちは「そんな技術、社会に出てもクソの役にも立たないぞ」と、わが子を憮然とした態度で眺めていましたが、本当にそうでしょうか。

ムズゲーで培った、壁にブチ当たっても挫けない不屈の精神。

1秒間に15連打という、敏捷性。加えて物事を速く処理する能力。音楽においては速弾きの基礎。

十分に役立っていると感じますww逆に、マイナスに作用した部分もあって、人間性は歪んじゃったのかなぁwwなんてね。

話が逸れましたが、つまり先着限定で買ってくれた人にはPCゲームが入ったデータCDをプレゼントしますよ、ということです。勿論、コミケが終わった後にもネットでは配布予定ですが、ディスク版で貰えるのとかさ、後でダウンロードに時間を浪費せずに済むっていうのは楽なモンでしょ?

ぼっちという概念

こっからは音楽とかバンドの関連は一切ありません。ツイッターのタイムラインを見てて、あとファミリーマートで「クリぼっち」なる、お一人様向けのクリスマス商品を話題にあげていたのを目にして、思ったことを淡々と書き連ねます。

ぼっち」という言葉自体新しいものだと思うのですが、その「ぼっち」という単語に耳目が集まり始めたのも、最近な気がします。別に私自身ね、学生時代はそれなりに友達は居ましたし、大学でも自宅に十数人ほど呼んでパーティしたりね、ガールフレンドと楽しく過ごしたり、それなりに「ぼっち」とは正反対のポジションにあったとは思うんです。四捨五入で三十路を迎えた今も童貞ですけど
そんな僕もね、ああぁ一人称が安定しないなw まぁ一度だけ便所飯を味わったことがあって、そう。「ぼっち」の片鱗ですよww あれは大学に入る少し前ね、「成績の良い生徒は高校の授業に参加せず、大学生の授業を先立って受けてもらう」みたいなカリキュラムがあって大学生たちと混ざって講義を受けていたんです。えーまぁ、悪いことはいっぱいしましたが成績だけは学年でトップの方だったみたいでね……ある意味それらの天罰なのか、同じように集められた全く親しくない成績優秀者(大半が女子)と、全く親しくない大学生らの最中に放り込まれまして、そんでね、カリキュラムに参加した高校生全員が同じ講義を受けている訳もなく各自がバラバラになったんです。そうするとね、どうなったかは想像に難くないと思います。ある時、本当に一回きりでしたが浮遊感というか孤立感というか、腹に鈍い重みがあるような居心地の悪さを感じて、便所で昼飯を食いましたwwwwwww
でも「これはアカン!」と思ってね、危機感を募らせて翌日からは親しくないけど「一緒にメシ食わせてー」と、どっかに入りましたけど。ええ、いざとなったら出来る子なんです。(しかし現在職歴なし、無職)

そんな訳で、一度だけ「ぼっち」を体験した筆者の甘酸っぱい奇譚でしたw あれは凄い気分が悪い。悪口を言われてる訳でも、ハミってる訳でもないんです。ただスケジュールの都合上、偶々運が悪く全く知らない女子たちが楽しそうに輪になって飯を食ってて、そこから数メートル離れた場所で、独りぼっちで飯を食う(食えなかった)俺っていう。。。

まぁそういうイレギュラーはさておき、僕自身ね、別に一人で居ることが苦にならないタイプなんです。独りでラーメン屋も行くし、独りで渋谷のガストでサラダも食うし、一人で小旅行にも出かけますし、一人でイベントにも参加します。そういう人間って増えてると思うんです。原因って程のモンじゃないでしょうけど、一つは「室内での娯楽増加」とかが背景にあるのかね。外で友達と遊ばなくても家でゲームは出来るし、ネットがあれば家で他の場所の友達とも遊べる!みたいな。あとは漫画だったりアニメだったり、室内遊戯というか「一人プレイ可能な遊戯」が今の時代どんどん増えてるじゃないっすか。僕は少年時代、勿論友達とよく遊んだけど、そういう根底があるからか今ね、不思議。一人で居ても全然寂しくない!w 多分そういう人達なんだと思う。「ぼっち」って。

だけど世間一般ではイメージが悪い。なんっつうかアレだ。昭和で言ったら「酒も飲めんのか」とか「タバコの一本も吸えねえのか」とか、「女との遊び方も知らねえのか」とかそういうある種の凝り固まった先入観……いや違うな。皆がそれが「常識」だと、「普通」だと思ってしまっているが故に悪いイメージが貼り付いているんだと思う。【クリスマスは家族(彼氏彼女)と過ごすのが当然】と同じようにね。固定概念、不特定多数の人間が抱えているイメージではあるんだろうけど、クリスマスを一人で過ごすのは寂しいとか、やれ「リア充」だとか、「性夜」だとか、くだらねえ。本当ね、クソ喰らえですよ。これは嫉妬じゃない。いいや嫉妬も一握りくらいあるのかもしれないけど、そうじゃない。大衆の踏み固められた意見に惑わされて物事を一方向からしか見れないクソ馬鹿野郎になって恥ずかしくねえのか?って思ってる。怒っているんじゃない、呆れているんだよ。可哀相だなと。
まぁ「恋は人を盲目にする」なんて言うからさ、そんな取り上げるほどのトピックでもないんだけど、「ぼっち側」に居る人間から観ると、アンタら滑稽だなって。なんだろう、童貞のまま過ごしすぎて思考が明後日の方向に進み始めているのかもしれないww不快に思った人申し訳ない……組成の半分は妬みみたいなもんっす…。

ここまで来ると「童貞で居ることは変だ」っていうのも、ある意味偏見だと思うね。そりゃあ生物的に考えれば異常だよ! ミュータントだよ!ww 繁殖行動を行わないからww 生物じゃないとも言えるしwww
でもいつだって生物の進化って、突然変異個体から生まれるものじゃない。それが適応して、広まって、てな具合に。まぁ大体の突然変異体は適応できずに死んじゃうんだけど(一応大学で生物学も履修してた)。

だからオレのようなミュータントが新たな時代を切り拓く存在になるかも、なんてことを提唱してみたり。個性は強みだよね。それを個性と捉えれば、という話はこの際溝に捨て置くとして。「クリスマスは特別な日だから誰かと一緒に過ごしたい」っていう思考到達は分かる。クリスマスっていうイベントを前にして経済的な商売的な戦略背景があるのも分かる。それは理解してる。でもお前ら日本人じゃんクリスマスって日本の風習じゃなくね?
まぁ今はグローバルな世の中だけどさ。されどもなんつーか、日本の昔からある風情とか考えとか、和の心とか、そういったものが蔑ろにされがちな現代だから、「クリスマス? あー海外では特別な日らしいね。いいんじゃない、一人で過ごしても。何か他にやりたい事、優先することがあるならさ」ぐらいに考えようぜ。物事を違う側面からも見れるような、さ。……なーんて、自分の時代と比較して「昔は良かった」なんて懐古する時代錯誤の老害ジジィみたいなことを述べてみるww

こういうことが胸を張って発言できる世界が広まればいいっすね。メリークリスマス!\m/

少年サンデーの乳首描写について

そもそも少年サンデー自体、元々乳首描写の制限を設けていなかったような気がする。「らんま1/2」の90年代前後ではらんまの乳首が出ていたような気がする。メルヘブンや烈火の炎でも乳首が出ていたという目撃情報がある。
しかし暫くの間、ここ最近まで少年サンデーで乳首が描かれることは無かったような気がしてならない。というのも、一部の性犯罪事件などの背景に二次元美少女などのサブカルチャーの存在があり、「重度のオタク=犯罪者予備軍」というイメージが植え付けられ、責任の擦り付けや、問題及び原因の早急な解決に躍起になったお偉方(「非オタク」)が性的描写に対する批判や警鐘を鳴らし、恐らく性的画像の規制について世俗が敏感になっていたことも要因の一つだろう。
そうして暫時休憩をおいてから乳首の露出が見られたものだから、我々のような若い世代は「サンデーが乳首を解禁したww」と誤った結論に至ったのである。
が、今回はその長い休養期間からの復活を敢えて「乳首解禁」と判断させてもらう。

少年サンデーの「乳首解禁」について、噂で以前聞いたことがあった。しかしすっかりと忘却しており、今回競女の単行本を買って、宮田ちゃんの乳首が筆者である私の網膜に焼き付き、サンデーで乳首が解禁されたことを思い出した。
我々読者の眼前に露となってしまったヒロイン、宮田ちゃんや神無のぞみの乳首の件について、私は喜ぶべきなのかどうか分からないでいる。
正直なところ、見れなくても良かった。そこは読者の想像力に任せて欲しかった。「宮田ちゃんどんなおっぱいしてはるんやろ?(注:筆者、乱心中)」と想像を膨らませるところが、少年時代に享受された一つの楽しみ方である気がしてならない。比喩するならば乳首隠しは【パンドラの箱】だろうと、私は提唱したい。箱の中身に価値などないのだ。「宝箱の中身はなんだろう?」と考えるプロセスに幸福的価値があるのだ。内容ではなく蜃気楼のように実体を持たないその過程という部分に我々は価値を見出だしているのだと。
虚像を追い求めて走る、その時間が要訣なのだよと、ありし日の少年ジャンプは我々に語りかけていた。

ジャンプの主な読者層は小中学生、対してサンデーの主な読者層は高校生という統計結果をネットの記事で目にしたことがある。これを踏まえればジャンプでは乳首が規制され、サンデーでは解禁されているのも得心がいく。しかしそれで良いのかニッポンと、私は問いたい。否、サンデーよ。宮田ちゃんの少女然とした凹凸の少ないなだらか胸部と控え目な乳頭を私は最早網膜に複写してしまったぞ。恐らくDNAが複製されるのと同様、宮田ちゃんの乳首が俺の遺伝子に刻み込まれ、金輪際ずっと塩基配列として転写され続けるぞ。なぜ読者にそのような悩みの種を与えるのか。私には分からない。

性器の描写が規制対象というのは事実だ。だとするならば、乳首は性器ではないのか? 否私はそれを性器だと思う。「性の器=うつわ」と書くからには、その物(所有者ないし本体)を、それ(即ち器=乳首)によって性たらしめるものを「性器」と命名するならば、乳首は性器と呼べるのではないのか? 仮に男女双方にあるから性器ではないのだとしたら、何故女性は乳首を隠すのか? 形や大きさにおいて男女間で発達に差があるから隠すのだと言うならば、それは「性器」ではないのか? 何をもって性器というものをより分けているのか? 元理系の大学に籍をおき、生物学に軽く触れていた私は疑の一石を投じたい。加えて言及するならば、生殖の際に主用でないにせよ乳首を用いられ、生殖後の育児に必要とされるのならば、乳首とは広義で「生殖器」だと、そう声を高らかに述べても良いのではなかろうか?
であるならば、そうであれば、なぜ少年サンデーは局部だけは頑なに守っているのか。それが最終防衛ラインだ、とでも言うかのように。

私は「乳首NG、局部NG」という方針を固持した出版社が正解だと感じられる。「局部は駄目で、なんで乳首はいいんだ」と。据え膳食わぬは男の恥とまでは言わないが、馳走を目前にたった一口しか味見させないなら最初から出すな、と。私論ではあるが、やがてこういう見解に到達した。
何を境界としてOKとNGを線引きしているのか。それが不明瞭では我々漫画愛好家、変態紳士、一愛読者は靄の掛かった疑問に答えを見つけることが出来ないままだ。
しかしそれは「知ってしまった現実を無かった事にしたい」という逃避の一部分なのかもしれない。

全然関係ないけど来年もFree As Birdsをよろしくお願いいたします。
Lloyd Scarlet

タイトルっていつも考えるの面倒だなって思う。

お久しぶりです。ロイドです。もうすぐ2016年が終わろうとしておりますので、早いですが忘れないうちに色々書かなければならないことを書いておこうと思います。

謝辞

まずは、サポートで2015年後半くらいからギターを弾いてくれていたヒガキシですが、今年いっぱいで脱退となります。今まで本当にありがとう。前のバンドの時から世話になってましたが、良き人間でありプレイヤーです。そして友でもあります。それ故居なくなってしまうのが誠に遺憾ですが、ええいそれを言ったところで何も変わらぬわ!
一年間のライブを支えてくれました。本当にありがとうございました。またどこかで……我々は更に上へと登るつもりです。見といてくれよ

次に、今年一年あらゆる所でお呼びいただいた、及びお招きいただいた企画者様、即売会様、イベンター様、その他にも数え切れませんが皆々様ありがとうございました。またお世話になることもあると思いますが、その時は何卒よろしくお願いいたします。

四方山話

今年は後厄でした。体がブッ壊れたり、転職したり、西東京市で蘇生したり。
音楽は変わらずな感じだったり、少しずつ成長したり成長してなかったり……。
後厄と呼ぶには、中々たくさんの音楽関連の出来事、イベントに携われた気がします。(まぁ前厄で色々あったしww)
順調とも言えるのではなかろうか。「今年は昨年よりももっと良い年になりますように」なんて神社でお参りするけれど、そうすると必然的に来る年来る年でどんどん良くなって行って、死ぬときは最高の状態で死ぬなんてオイオイそれは流石にないだろう、とは思うんだけど
やはりね、「来年は今年を超えなければならない」って思う。そうすると今年よりも多くの企画に参加することになる。出来るかな……なんて尻込みしているのは駄目だと思うけど、頑張らなくてはなぁ。
まずはやはり地道なライブ活動は大事だよね。折角軌道に乗って来てるから。

あぁ、余談ですが今年25歳だったんですけど、節目というか、キリの良い歳だなと思って、病院とか行って来ました。いや、その言い方は語弊があるな。どこかしらで不調になって、眼科、歯医者、耳鼻咽喉科、それから消化器系上部……行って来たんです。フルコンプし掛かってます。遊戯王だったらもう少しでオベリスクの巨神兵出てます。
冗談はさておき、バンドマンって就職してない場合が多いじゃない。そうすると会社の健康診断とか無いから、病気の発見が遅れる可能性があるんですよね。ライブなんかやったら打ち上げで味付けのすんげえ濃い料理とか出てきて高血圧に一直線ですからね。皆さん、不調だと感じる前に、少しでも違和感を覚えたら行きましょう。

話を戻すと、来る2017年ですが、平成で表すと29年、ですね。私、どうも29っていう数字には縁があるみたい(な気がして)で、何か良い事が起きるのではないか、と思っております。ええ、またYoutubeで耳かきボイスを聞きながら、今ね。

こうやって呆けてばかり居ると「あいつは全然歌の練習しねえ」とか思われるのですが、……そうですw してませんw(例えしてても「してる」って言うより、「してない」って言ってライブとかで凄い所見せた方が天才肌っぽくてカッコイイ気がするので言わない)

で、レコーディング行ってきたんだけど、ふと思ったことがある。
練習してなくても歌が上手いことはあるよ。だけどね、「筋肉」は別だなって。スタミナに言い換えてもいい。

ビブラートでもロングトーンでも表現力でもそうだけど、それらの上手さは練習とは関係ないんだよね。勿論練習してきた結果身につけた技術ではあるんだけど、身につけた先は別。長年培ってきたノウハウがあれば普段練習してなくても、本番である程度それらは上手く出来ちゃうものだと思う。だけど、それらに使う筋肉は練習で鍛えられるものだから、持続力、スタミナが付属しない。上手いけど、すぐバテる。みたいな。
最近それが顕著になってきた気がする。出だしは上手いけど、みたいな。竜頭蛇尾みたいな。
ってな訳でレコーディングは玉砕してきたんだけど、こういう時「次回こそは!」って燃えてくるのが自分の取り得。どうしたらその壁を乗り越えられるか、今不敵な笑みを浮かべて作戦を練っている最中。
Kamelot聞くと「やっぱロイカーンはhiB♭辺りをキレイにエロく出すなぁ」とか、いやいや他も参考にしようと聖飢魔Ⅱを聞いてみたら「やっぱこっちもキレイに柔らかく出すなぁ」とか。
ってゆうのも、自分で作った曲が難しすぎてね……w 偉大な先輩方を参考にしてるって訳で。Hibriaは好きだけど声質がメロパワには向かないから今回は参考にしない。Sonataも地声過ぎるからちょっと。Helloweenも今回だとキンキンしすぎる(キスクのほうね)、とか考えてる。ピッチとリズムがあってても声質とかニュアンスが違うのはイヤだからさ。色々聞いて「あー、ここはこういう声の出し方をした方がカッコイイな」とかを参考にしてるんだよね。え? 今更? 違うよ! 曲によって声質を使い分けてるの! 出すだけだったら簡単なんだよ。大事なのはその先。

まぁ頑張ってます。意識があって立ち上がれるのならば、人間はまだやれるってリンネちゃん(vivid strike)が言ってたから。オレも頑張る。

追想2016秋M3~肛門括約筋の凋落~

ロイドです。昨日は「M3」に参加させていただいてました。今回は4度目となります。
前回の失敗を活かし、今回は衣装以外フル装備で臨ませていただきました。販促ポスター、試聴用ヘッドホン(ヘンなメーカーではない)、パソコン、全てOK!
――即売会というものに身を投じて、初めての「黒字」でした。それも決して少なくない額である交通費やらの細かい支出すらを差し引いての黒字、です。
利益を望んでいる訳ではありませんが、やはり人間というものは金銭に敏感な生き物でして、綴ってしまう、若しくは考えてしまうものなんだと思います。赤字だったら「別に利益目的じゃないし。宣伝とか趣味とかだし」、なんて。でも黒字だったら……やはり純粋に嬉しいですよね。

ええと、まずはここでいつも通り感謝の言葉を。買ってくださった皆さん、M3準備会の皆さん、スタッフさんそしてお隣の方々(特に困った時に両替していただいた紳士な方)、朝から壮大に遅刻して迷惑をかけたサークルメンバー。ありがとうございました。今回の黒字分は「全額寄付」か「サークル/バンド貯金」の狭間で揺れています。今現在、私の自室の金庫で丁重に預からせていただいております。さて……

でね。タイトルで「追想」なんて書いてあるのは理由があるんです。それはあの日、予期せぬ事態が幾つか起きたからなんですけど。
まず朝、浜松町へと向かう道中なんだけど、

「一年に一度起きるか起きないか」という災厄レベルの下痢に見舞われたんですね。

新宿に着いた頃、瑣末な便意を鋭敏に感じ取っていたオレなんだけど、トイレが混んでいるようだったので、すぐに山手線に乗っちゃったんだよね。
――若い頃から下痢便を我慢することに慣れていたオレ。(我慢できずに漏らしたこともあるオレ)
――高校の期末テスト、辛抱溜まらず数学の解答を断念し、血便を噴射したオレ。
そんなオレだけどもうね、乗車後すぐに「え、あっ、これマズイわ」って狼狽してしまった。久々に。
排泄の騎士と称えられたオレだけど。肛門界の貴族として、鉄十字章を授与されたオレだけど。

前に組んでたバンドで、メンバーから「うんこさん」と揶揄されていたオレだけど。
……バカにされてんじゃねぇか。

兎も角、脂汗がにじみ出てきて、原宿で途中下車したんだよ。下痢で「ぶらり途中下車」、これは初めての経験だった。もしかすると歳を重ねることで、鉄壁を誇っていた肛門括約筋に綻びが生じ始めているのかもしれない。そう思ったね。
で、閑話休題。ここでオレは原宿駅に一言、物申したい。「なんでトイレ近くにねぇの?」と。
駅の片側にしかトイレが設置されていないことを、目を白黒させたオレが察知できる筈もなくて、反対側から出て「トイレを探す亡者」と化していた矢先、駅員の「トイレはこの改札にはありません。そこの坂を真っ直ぐ上って行って右に曲がって、駅の反対側に出てください。そこから改札を……」っていう死刑宣告? 天皇陛下バンザアアアアアアアアアアイイイイィィイィィィイイィィィ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

駅員さんは悪くない。けど言う。あの後、オレが生と死の狭間でリンボーダンスをしながら、どんな気持ちで表参道口の坂を踏みしめていたか! 「これから俺は漏らすかもしれない……お洒落の町、原宿で。その場合オレは人間としての尊厳を守れるのだろうか」とか! 「漏らしたらM3はどうなるんだろう。あ、通行証を持ってるの俺だから、閣下さん入れないや」とか!
そんで、やっとのこと入ったら個室用が2部屋しかねえし。原宿なのに。しかも満員だし。そもそも俺の前に既に一人待ってるし。

で、まぁなんとかそれで一時的に復活したけどその後、モノレールでもまた下痢に見舞われたよ。車外のキレイな海の白い波頭と、太陽を反射して光輝をまとった高層建築。それに対する、オレの下痢便を堪える表情と冷や汗っていう対比! あと「最悪のケースだとそのキラキラした秀麗な背景をバックにオレ、脱糞すんだなぁ……」とか考えちゃってて。流通センター到着後はまさに疾風迅雷。1940年代のナチスのフランス進行のような勢いで第二展示場2Fのトイレへと進撃して行ったね。いや、ほんと申し訳ないし朝からメチャクチャだし遅刻したのも体調管理できてないとか責任はオレにあるとかであああああああああ

これで第一幕「2016年秋M3、下痢便の乱~原宿の陣~」が終了。

その後はね、まぁ色々あったんだけど既に凄い長文になってるから省くわwww
でも一つだけその概要を紹介するんだけど。

音楽好きな人なのかな……「いろんなサークルのCDを買ったからもう、一万円札しかないや。小銭がない」っていうのは。
何かって言うと、こういう即売会って基本、売り手は勿論「おつり」用に両替金を用意してくるもんだけど、参加者の人達も結構その辺気を使ってくれてるじゃない? 「買う前にお金、崩しとくか」みたいな。
だからおつり用に五千円札、千円札っていうのは殆ど用意してなかったんだけど、今回1万円札を出す人が複数居らっしゃったからさ、途中両替金が底を尽きちゃって。こんなことも初めての経験だった。別に一万円でも全然構わないんだけど、全然いいんです! むしろ買っていただいて嬉しいんです! ただ案外あるものだなぁと。
で、「やべぇ崩してくるわ!」とか立ち上がろうと思ったら、隣の有名所っぽいサークルの人がね、「細かいの、ありますよ」なんて、万券を千円札に両替してくれたっていうね……。いやホント、これも初めての経験。本当ありがとうございましたCD聞きましたカッコイイです。ピコピコとV系の歌唱っていう新しい感じが。
ようは千円札とかの両替金も、まとまった額を用意しておいたほうがいいんだなぁ、とね。

で、M3に関してはここまで!!!!
ここで重要告知!

フリーアズバーズが遂に、コミケに出場します

コミックマーケット91
日付:12月31日(土)
スペース:国際展示場 西ら-22a

です。大晦日。来年は更に邁進したい活躍したい! そんな我々の年内最後のイベントです。よろしくお願いします。

ライブお知らせ、今期は何をカバーするか……

さて、今ですね。FM川崎79.1MHzで放送中の「カフェインボンバー」さんのラジオを聞きながら綴っておりました。
「ラジオ持ってない」なんて方はPCを用意してサイマルラジオさん(飛びます)から聞けます。スマホならアプリで聞けちゃいます。便利ですね!
いかがでしたか? お聞きくださった方、いらっしゃったでしょうか。ラジオ中に「お便りのコーナー」を設けていますので、何か意見でも質問でも、話して欲しい内容でもあればこのHPからでもツイッターからでも連絡をいただけたら嬉しいです。最低限ペンネーム(紹介されるときの名前)があると紹介しやすいです! あと住所と電話番号とクレジットカードの番号も忘れずにね!

前回のラブライブ!あらすじ

さて、前回の手記でちょっと好評だった「同人CDの制作ってどれくらい費用がかかるの?~フリアズ編~」ですが、折角ご好評いただいたのでバックナンバーをこのページから飛べるようにしておきます。
http://www.freeasbirds.biz/?p=671

ね、基本赤字なんですけどねww 好きでやってるだけですし、マイナスになった出費が少しでも平行線になってくれるだけで我々は嬉しいものです。むしろお金より「応援してます」の一言がどれだけ胸に染みるか。こればっかりは直接売り手に回ってみないと実感できない体験ですよ。2016年秋のM3にも勿論参加させていただきます。CD版の2ndフルアルバムPERFECT DARKも持っていく予定です。

さーて来週のフリーアズバーズは?

・マツタケを求めて~私有地アポ無し冒険編~
・間違って米軍キャンプでドタバタ銃撃戦、の秋
・コインランドリーの中にこっそりとポケットティッシュを入れる

の3本……ではなく、ライブの告知次回は10/16(日)、渋谷CRAWL昼の部に出ます。
■イベント名
カフェインボンバー
■チケット
前売り2000円 当日2500円 drink別500円

我々の出番は正午ちょっと前くらい……かなぁ。メタル限定ではありません、色々なジャンルが混合されていますが、どなたも実力者達です。我々も飲まれぬよう邁進して当日に望みます。
行き方は下記公式サイトを。
http://bighitcompany.com/crawl/access/

今期カバーはナニを?

ズバリ宣言します。我々独自のソースから得た情報によると、最も注目されている作品は……なんだかなぁ。「刀剣乱舞-花丸-」でした。数の暴力とでも言いましょうか。ファンが多いものね。

そして次に注目されている作品は「響け!ユーフォニアム二期」。これは平常通り「京アニ」という看板と、一期の内容の良さ、映画化などが三位一体となっての順位ですかね。私はね、このアニメで何が良かったって、……作中のオーケストラBGMを実在する楽団がやっているだけでなく、登場人物たちのレベルに合わせるかの如く、実際の奏者たち楽団の年齢も高校生だか大学一年生だかが演奏しているっていう点に拘りを感じたところですね。あとはアレ、レイナちゃんが可愛いいや違うそれだけではなくクミコとの超ソフトな百合プレイ否、マイルドな女の子同士の友情というものを安定した作画、アニメーションで楽しめたのがデカくてああ!あああああッ!! レイナちゃんのかわいいおみ足でオチ〇ポ踏み踏みされて逝っちゃいたいのおおおぉぉぉぉぉ!!!!!!キ〇タマからクッサイザー〇ンピュッピュしたいのおおおおおおおぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!

で、その次がね。「ドリフターズ」。来ましたよ。HELLSINGのヒラコー。イェーイ、チンコチンコの平野先生。これは期待値が上がってしまうのは摂理ってものです。PVでほんの少しばかり流れた主題歌も「あれ? カッコイイんじゃね? これフリーアズバーズ乗っかっちゃうんじゃね?」みたいな。失礼千万なほどに、他人の築き上げた地位にロッククライミングする私です。

この辺りですねー、カバーするとしたら。
あとは私の聖書、バイブル「まんがタイムきらら」枠で「ステラのまほう」がありますね。ED主題歌いいです好きです。内容はなんでも同人ゲームを制作する高校生の部活の話だとか。冴えカノをちょっと思い出した。このあたりから決めていこうと思います。では、良い10月を。

最後に体が資本なミュージシャンへ

バカなことばかり書き綴っているとマズイと思ったのでちょっとタメになることを書き、皆からの支持を得たいと思います。10月ですね! 台風18号が来てます。なんでも国内史上最大の台風だとか、50年以上前の記録を更新したとかで。ケガ、事故には注意したいものですね。てゆうかこの文章は最初に書くべきだったな! 挨拶として!

さておき、ボーカリストである我々は尚更の話ですが、この時期は季節の節目です。急に気温が下がったり、気圧や湿度が変化したりと体調が崩れやすい季節です。ミュージシャンは超絶華麗に自己管理を徹底する必要があります。これは適当な定型文の挨拶じゃあないんです。体験に基づいてアナタへ警鐘を鳴らしています。
私の場合、昨年の秋のM3の時に「いっぱい売れたから新宿で飲んで帰ろーっと!」なんて言って、カッカと「いらっしゃいませ」を何度聞いても「いせませ」としか発音できないベトナム人が働いている居酒屋で床に落ちたモロキュウを「あ、勿体ね」なんて食べただけで、たったそれだけで! 気管支炎祭りですよ! 信じらんねえ! 丁度そのときワンパンマンのOPのカバーをやってて、声が出なくて絶賛日本列島ダーツの旅~ただし東尋坊オンリー縛り~でしたよ。だから、調子が良いからとか過ごしやすいからで油断したらダメですね。秋~冬にかけてが一番人間油断していると思います。調子が良いから。過ごしやすいから。あと、やっぱ床に一旦落ちたモロキュウはやめよう。きたねぇ。

美少女になって解脱

今日は宣伝とか特にありません。なんとなく思ったことを書き連ねて行くつもりです。

さきほどNEW GAME!の第四巻を読んでおりました。ある程度長くオタクやってる人間なら共感していただけると思うのですが、美少女キャラにのめり込み過ぎると、萌え過ぎると、愛しすぎると、……その分だけ悲しくなるんです。切なくなるんです。何故ならこの世界にその女の子は存在しないから。萌えると同時に我々は悲しいんです。悔しくて、やるせない。そして淡い幻想を抱く者達が現われます。「あぁ、俺も美少女になりたいな」と。なりたかったなと。生まれ変わったらなりたいな、と。
これは断じて女装癖だとか変態だとか、そんな代物ではないんです。太陽に手を伸ばしても届かない。太陽に恋焦がれた結果、ならばいっそ太陽になってしまおう。こういった対象に「近づきたい」、「模倣したい」というリスペクトなんですこれは。少しオーバーに言えば、孫悟空にあこがれた少年がカメハメ波を出そうとひたすら庭で練習するのと一緒であり、女児がプリキュアに憧れを抱き、オモチャの魔法のステッキを振り呪文を唱える(デュフフ……)のと一緒であり、リスペクトなんです。美少女への。ただ、性別を超越してしまっているから誤解が生じ、悪いものだと感じてしまうんです。

ここまでは割りと皆が、同士諸君なら分かってくれることだと思う。その通りだ、と。ロイドよ、お前は間違っていないぞ、と。
だけどね、ここからはメタラーの持論です。メタルやってる人間だからこそ、だからこそ尚更、可愛くて美しくて、華奢でキレイな美少女に惹かれるのだと。そういう原理に気付いたんです。
それは「対極にあるものって、引かれ合う(=惹かれ合う)」んです。どういうことかと言うと、ヒーローと悪役が居て、悪役はヒーローが羨ましい、妬ましい、俺も実はヒーローになりたかったんだ。けどなれなかった、だからヒーロー、お前の邪魔をしてやるぜ! みたいな。これはいずれ味方になるパターンですね。こういうシナリオ、漫画とかアニメで見たことありません?
ようはね、反対のポジションに居る立場、存在っていうのは気になるんですよ。美女が野獣に惹かれるように、逆に野獣が美女に惹かれるように。男が女に惹かれるように、女が男に惹かれるように。分かりますか? 反対側にはね、自分に無いものを持っている存在があるんです。無いものは気になるんです、人間は強欲だから。だから惹かれる。ムサ苦しくてイカツイ禿げ散らかしたメタルのオッサンが、美少女へ惹かれるんです。ガリガリがマッチョに憧れるのもしかり。ただし必ずしも両者が対極へ惹かれるわけではないのがこの話のポイント。一方通行なんです。マッチョはガリガリに憧れないし、美少女はハゲのオッサンには憧れない。

だからね、私は生まれ変わったらまんがタイムきららに出てくる美少女になりたい。その為に、現世はメタルバンドの一、大物アーティストにならねばならないんです。何故なら、「美」を知ることは「醜」を知ることだから。法を知るということは、同時に「罪」を知るということと同じ。何か一方向を知ることはつまり、その対極に位置する事柄、「反対」を知ることなんです。だから現世で「醜」を知り極めることで来世、「美」に生まれ変わるんです。何故生まれ変われるのかと言えば、すなわち「世界はバランスで出来ている」から。何かが「1」増えれば、反対の何かが「1」減るんです。酸素と二酸化炭素が分かりやすいかな。有限である地球は、いや宇宙は、そうやって100%のバランスを保っているんです。だからきっと、醜を極めた先に、美の極みが待っている、そう考えるんです。
だから、今なら言える。例えばオーディション(落っこちた)で審査員に「なぜバンドで大物になりたいんですか?」と聞かれたら、俺は胸を張り、声高らかにこう答える
「生まれ変わったら美少女になりたいからです」、と
Fin

ああ、でも夢は語るものだ。語るだけ自由だ。だから言ってもいいよね。あわよくば美少女になってバンドをやって大物になって解脱したい。こんな事を真面目な顔で言っているとロイドの頭が暑さでとうとうお釈迦になったと思う人も居るだろう、けどね。最初からお釈迦だったんだよ。生まれたとき、頭の大事なビスを落っことして来ちまったんだ。分娩室に。それが、なんというかあれだ。小学校高学年になってテメェのチ〇コのいじり方をマスターした頃には出来上がってたね。完全体だ。後にも前にも、俺の周りで大変な事件がたくさん起きているんだけど、残念ながら公序良俗の都合上それをここでは言えない。

ハリウッドで映画化されたら困るからね。

5/5は子供の日。今日は大事な話をしちゃおっかな

実は私、5月29日誕生日なのです。生まれは1991年、そう、何を隠そうあの早見沙織と生年月日が一緒。人生光あれば闇あり、はやみんが表舞台でチヤホヤと祝われる裏側で、私は膝を抱えながら唇を強く噛み締め、血涙を流し、独り25本立てられた蝋燭の火を吹き消すんですねwwww

あ、そうそう。暫くどうでもいい話が続きます。

子供の日で思い出したのですが、つい先日ノーパンで暮らしていました。

「目覚めたのか!」というそこのアナタ、何を言う。目ならとっくに覚めているさ! むしろ朝飯を食い終わったぐらいだ!!! 小4の時には既に下半身を人前で露にして遊んでいたくらいだ!
――ええとですね、順を追って説明しますと10年以上前、まるで蝉が脱皮するかのように白ブリーフからトランクスに皆が衣替えする時期、僕はボクサーパンツが限界でした。あのキャンタマの浮遊感が僕にはハードルが高すぎました。

あ、そうそう。ここ自分ちのブログだし伏字とか一切使わないからね? イェーイ、チンコチンコ。ピース

そう、キャンタマ、もといタマンキャ・タマタのハードルが高かったんです。で購入し選んだボクサー型ですが、スーパー等で売っているような下着で「G.T.ホーキンス」という品名だったんですね。それがボロボロに破れるまで穿き続けました。10年以上。もうヨレッヨレのシワッシワで、もう一生消えないウンスジでも付いてるんじゃねえの?ってくらいのアンティークさで、エジプトのギザのクフ王のピラミッドから出てきたら一瞬思考が停止して「あ、クフ王ってボクサーパンツ派だったんだ」って思っちゃうレベルの。
ところがある日、それを祖母に捨てられてしまって、僕は声を大にして唱える訳です。「おいババァ、てめえ。まだ穿けるだろうが。尻が見えるまで穿き古させろ」と。
しかし代えのパンツは全てG.T.ホーキンス。全てヨレッヨレのシワッシワに穿き古したやつ。するとバアさんが言う訳です。「その種類は全部捨てた」と。
「パンツを買いに行くためのパンツが無い」状態ですよ。一休さんの次に「口の減らない」かの有名なマリー・アントワネットでも黙ります。選択肢であるはずのパンも、お菓子も無い状態ですからねw まぁ一休さんならあるいは? 屏風からボクサーパンツが出てくるかもしんねえけど? もしくは一休さんが穿いているボクサーパンツを脱ぎ下ろし、あ!なんか想像しちゃった!ダメだ。坊主頭!

まぁそんな訳で暫くの間、ノーパンの上にジーパンを穿くっていう感じでしたね。ノーパンジーパンだよ、略してパンジー

で、アレです。重大な告知、何言おうとしたか忘れちゃいました……。

3rdミニアルバム全曲完成ですっ!

こんばんは、現在「大家さんは思春期!」に熱中しているスポブラとキャミソールをこよなく愛する未熟な果実の伝道師、ロイド・スカーレットです。

作中で大家さんを務め上げる中学生の里中チエちゃん、そしてフェアリーテイルで最近ご無沙汰のウェンディ。どちらも13歳――そう、青い果実。

我ながらキーボードを走らせている内に気持ちが悪くなって参りましたので、ここらで引き上げさせていただきます。

昨今、性の乱れが危ぶまれている中、こうした「如何にも」なフェティシズムを大々的に掲げているのは如何なものでしょうか?

この私、その昔に騎士の称号を与えられた猛者ではありますが、やはり節度をわきまえて言動を慎むよう励んでいく所存です。

しかし書き綴ってしまいました。だって可愛いんだもん。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ライブまで一ヶ月を切りましたが、依然バンド内はゴチャゴチャと整理が付いていない状態です。しかしライブ当日には!

夏セミが羽化するように、

少女がスポブラから普通のブラへと衣替えするように、

少年が白ブリーフからトランクスへと穿き替えるように。

私、白ブリーフを真っ茶色に染め上げた経験がありますが、

至極当然といった様子で、物語が必ず終幕へと帰結するように、平然と何事も無かったかのように、ライブ終了まで駆け抜けたいですね。一迅の風として、春風と共に。無病息災。これに限ります。

ではまた何か連絡があればここか、Twitterなどで、告知して行きたいと思います。ウィ

あ、3rdミニアルバム全曲完成しましたので