「雑記(普通)」カテゴリーアーカイブ

追憶の渋谷aube

おはようございます。私普段、弱音ばかりを吐露しているような人間ですが今日は殊更、斜に構えてみたいと思います。―――疲れたよ。

さて、昨日渋谷aubeでライブをして参りました。企画はSOUND CASTLE様「渋谷雷音」ということで数年続いた雷音企画のラスト、終幕を飾るイベントに若輩者のフリーアズバーズは(何故か)出演していました。対バンの方々、年期が入っただけあってとんでもない上手さとグルーヴ感でしたね。

今回オリジナル2曲と、カバー2曲を演奏しました。恐らく思う人は居るでしょう――「カバーばっかりやるんじゃねえ」、「ライブはオナニーじゃねえんだぞ」と。
いえね、「カバー多め」という邪道を強行したのにはしっかりとした理由があります。見ず知らずのアマチュアバンドのライブを観に行って、一番記憶に残る曲ってオリジナルじゃないと思うんです。余程の実力が無い限り、どうせ覚えてないんですよ、挙句名前すら。だって俺がそうだったから。幾つものライブで幾つもの対バンの演奏を見て、聴いてきたけど、何一つ覚えてねえ。第一、それが出来たらこんな底辺で埋没してねえ。でも不思議とカバーやったバンドの演奏は覚えてるんですよ。

上の方を目指す我々としても、何となく見に来たお客さんとしても、知らない曲やられるよりは知ってる曲やってくれた方が見に来た甲斐があるってもんでしょうよ。金払って貰ってるんだからさ、オリジナルにどれだけ自信があるのか知らないけど、そんなのどこのバンドだって自信があるに決まってるだろうよ。じゃなきゃライブなんかやんねえ。
コピーやカバー不可なイベントならともかく、そもそも著作権が~とか言われるならともかく、例え邪道だとチンコいじりだと甘いと言われようと、カバーは決行しますよ。

色々語りましたが、別に何かを風刺したい訳でも、怒りを露にしている訳でもありません。結局の所何一つ俺からは文句などありません。無いんです。乱暴な文章になっていたとしたらそれは最近観たアニメの影響でしょう。HellsingとかBlack Lagoonとか。ええ。思春期なもので……。ただ、カバーが大半ということに対して多少の後ろめたさを感じているのだと思います。でも盛り上がってたでしょ?
フリアズのオリジナル聞いて「いいな」って思ってくれた酔狂な人も居ると思います。でも俺だったらカバーやってくれたら嬉しいから……そう思うし、何より演奏中のお客さんの顔、終わった後多人数からの「カバー良かったよ」という一言、完全撤収後に感じた“飲み込んでやった感”、それらがある以上決して、この選択は不正解では無かったと思う。

最後に謝辞。誘っていただいた企画者さん、懇切丁寧な渋谷aubeさん、対バンの方々、今年から急遽ベーシストとなって3ヶ月でライブの閣下、俺が世界に誇れるサポートメンバー、息子に機材車として振り回された母、そしてネパールやアルゼンチン含め、ご来場いただいた多国籍のお客さん皆々様、誠にありがとうございました。もしも次、この同じ場所でライブをするときは、

俺らの番になったら3階のMilky wayに行きましょう。Thank you so much

ゲームも作っちゃったよ!年の瀬の一言!

 以下記載のURLは2014年末に書いた、年の瀬の文章。
 あれから丸一年後、綴った自らの心を揺さぶるものがあったと言うのは内緒である。
 →http://www.freeasbirds.biz/?m=201412
 以前にも述べたが、2014年は呪われていたと言って良いほど、アクシデントが続いた。それ故か、少しばかり筆者である私に心の闇というか、薄汚れた部分を感じる。それに関しては上記のリンクに記載されているから、ここで改めて喋る必要は無いと判断した為に省略する。
 さて――

 どうだろうか、去る2015年、ひつじ年。応援してくださる方が増え、CDも少しずつ、本当に少しずつではあるが売れて、たった1枚だけではあるが海外でも売れて、サポートとは言えメンバーも半分ほど集まった。昨年の師走は未だにメンバーは私だけだった。
 同人イベントに参加し、0回目と呼称されるほど凄惨たる出来とは言えライブをしてステージに立ち、アニメのカバーも毎クール進め、ネット上とは言え何千人もしかしたら何万人もの人々が我々の事を知ってくれたのではないだろうか。
 無論バンドでそれぞれメンバーが楽器を演奏しているような、ちゃんとした人達や大御所と比べれば底の知れた知名力で、瑣末で、路傍の石のような存在だと思う。だとしても、そうだとしても小さな一歩を踏みしめて今一歩、二歩、三歩と、今年は前に進めたのではなかろうか。中途な文脈ではあるが、ここで言わせて欲しい。私には全ての方を列挙してお礼を申し上げることは出来ない。だから次のように頭を下げることにする。

 ――関係して下さった皆々様、今年もありがとうございました。去る2015年、たくさんお世話になりました。またご迷惑をお掛けすると思うのですが、私共としましては善処し、努力し、皆様の笑顔の源となれますよう邁進していく所存ですので、来たる2016年も何卒、どうかよろしくお願い申し上げます。
 Lloyd・Scarletoloid

 実は年の始め頃から事務所を探していた。――列挙してみようか。なお親会社や子会社等、レーベルが所属する位置づけ部分は色々あると思うが、自宅のメモ書きに載っているものだけを挙げる。

 ・Evilline Records (キングレコード)
 ・ワーナー
 ・日本コロムビア(名前変わったっけ?)
 ・ソニー
 ・ジェネオン/ポニーキャニオン/フライングドッグ/VAP.
  →募集していなかった気がする?
 ・ユニバーサル
 ・RADTONE MUSIC(メディファク)
 ・A-Sketch
 ・他、幾つかのメタル系国内レーベル

 メジャーレーベルでは随時アーティストの募集が行われている。「もしかしたら行けんじゃね?」という淡い期待と、不思議なことに何処からか湧いてくる自信を胸に、両手では数え切れない程のレーベルに売り込みをしてみた。如何せん、本社に乗り込む勇気など持ち合わせておらず、全てネットで開かれていた募集案件、そしてデモを会社へ郵送する等により行ったが、結果は全て撃沈否、轟沈であった。勿論今思えば、最初の頃に作ったCDはベースの音が小さかったり、ハイハットをスティックのチップで叩いていたり等、自覚出来る程の至らない点があった。ミックスも甘々で、マスタリングも適当だっただろう。
 2015年12月末日の現在、製作されているCDに関して主観的な感覚を述べると、自己で発見した、校正可能な部分は大方改善されたと思う。マスタリング値に関してはいまいちテンプレートではあるが、音圧がある程度出ていて、全パートが聞こえているから良いのでは?と思っている。
 海外ではあるが、先輩方の立派な作品達と聞き比べてみて、自分の“駄耳”には演奏レベルを除けば遜色が無いのではないかと思える程のクオリティには仕上がっている、そう自負している訳である。
 実際メジャーレーベルは即戦力や余程に将来有望なもの、もしくは何か可能性を秘めたものしか受け付けないだろう。それはそうだ、全てにおいて金銭の循環が発生しているのだから、金にならないものは門前払いだ。自覚の有無に関わらず、至らない部分があるから、蔑ろになっている部分があるから、それ相応の結末が待っている。――私はそれで良いと思う。実にシンプルで。森羅万象の殆どが、そう成り立っているのだから。

 閑話休題、ネットでの委託先であるDigiket様より、厚木市にあるシェ ヒロコのシンドウ氏が作った高級スイーツを頂きました(抽選ではあるのだが……)。ありがとうございます。
頂いたと言えば、他にデモや音源、ライブ写真等、そして明日また頑張ろうという元気を大勢の方に今まで頂いてきた。
高級スイーツ

 ここで一つ、ようやくサークル(と言うよりも云わば集合体)らしくなってきた事もあり、私ロイド(Vo.&Key.)以外のメンバーから挨拶を預かったものがある。それを以下に載せる。

 閣下(Key.&Ba.)
 「今年は出会い、スタートに向けて準備の年でした。来年はメタラーとして一皮剥けた男に成長出来たらと思います。あと今年は一回も乳を揉んでいないので、来年一回は揉めるよう勤めます。2016年もよろしくお願いします。以上」

 ピル佐藤(SleepingChild:サポートDr.)
 「すいません年末でゴタゴタしていた故明日くらいに送ります」

 真面目な話に戻ることにする。詳細は未定なのだが、2016年の4月始めの土曜日。渋谷でライブをする手筈である。0回目とは違い、メンバーを揃えてのライブである。
 昔とある爺さんに言われた言葉を思い出す。あれはバイト先で「今日キーボードでライブするんです」と言った時の事なのだが、爺さんは「へぇ、そうか。○○(本名)は人に聞かせるくらい上手いのか……」、そう言った。凄く引っ掛かる言葉だと思う。
 自己満足の為にライブをやる奴が居て、バンドのリーダーがライブのブッキングを持ってきたから何となくライブをやる奴が居て、アマチュアだけど見ている人に何か、客に何か伝えたいものがあるからライブをやる奴が居て、プロとしてライブする奴が居て、そしてライブだから「特別な日だ。ライブだからステージで何かしなきゃ」と慌てふためくロン毛の24歳、職歴無しの童貞が居る。私は、いや俺は思う。――人に聞かせるレベルでありたいと。
 歌が歌えます、ドラム叩けます、ギター弾けますというのは大前提であり、素人でも出来て一般人でも出来て、会社員でも出来る。ライブってのは、きっとそうじゃないと思う。
「人に聞かせるものなのか」、そこが境界線であり、大事にしたいと思う。
 確かにそこへ技術面が加わってくるが、下手で聞かせるなら、何か独特のものを持っていなければならないだろう。ノリなのかパフォーマンスなのか、この辺りは省くことにするが、客に何かを伝えられるようになったらプロなんだと。「すごい」や「うまい」という感想にしろ、邪道でも破天荒な演出やステージングでも、そういった全ての要因を含めて、人に聞かせられるライブにしたい。「ああ、今日来て良かったな」と。そう思えるような。お金を払って見てもらっているんだから。

 最後に。全ての事柄とは言わないけど、大体のものはバランスで成り立っている。そしてバランスで成り立っていないと思われる内の半分程は「成り立っていない」と自他含めが、錯覚しているだけなんだと思う。努力の実る、実らないの話ではなく、物事っていうのは為し得た分それ相応の結果しか返って来ない。逆に言えば、相応の結果は得られる(可能性がある)のだと思う。同人活動をやっていてそう思う。まずは4月のライブだろうか。悔いの無いよう心掛けたい。では来年。

P.S.
RPGの自作ゲームを作ったので、暇な人は遊ぶといいだろう。なおPC用である。下記リンクはダウンロードページ

https://freeasbirds.booth.pm/items/181546(BOOTHに飛びます。ダウンロードは無料だけどアカウント作る必要あり)

ライブお疲れ様でした!

下北沢CLUB251で行われたサウンドキャッスル企画「下北雷音」。
そのオープニングアクトとして、Free As Birdsやって参りました。

演奏の面からするとちょっと……。あまりお世辞にも「良かった!」と言える出来ではないと思うのですが、あの真夏のような暑さの日曜日、ただでさえ暑い会場を更に温めることは出来たと思います。なので前座、としての役割を考えると花丸ですね!ww笑い声もよく聞こえてきたし!うんっ!

初ライブ、と言うこともありますが個人的にはもっとクオリティを上げてから挑みたかったの一言。但しそれもそのはず。メンバーと出会って全体で合わせたのは一度、数時間だけですからね!その状態でよくライブしたなと思いますよ。ええ、4~5万ほど飛びましたが「アレ?これライブしなかったら女子高生とHなこと出来たんじゃねえの?童貞卒業してたんじゃねえの?」みたいな思想が過ぎったのは内緒ですね。ええ。無念

Highlight
写真は対バンのArchangelのVo.夜ノ字さんに撮っていただきました!Thank you!

生まれて初めてローションを頭から被りました。あとコープスペイントも初めて間近で見ましたよ。
Z’Nってバンドのボーカルはモンスターボーカルでした。超うめえの。
ArchangelさんEagle fly freeありがとう!
アポロガイストさんはお久しぶり、新宿Wild side tokyoぶりって感じかな。俺の顔覚えてないだろうけどw

さて文量が膨大になって参りましたのでここらで締めの一言。企画者様、対バンの皆様ありがとうございました!それと

申し訳ありませんでした!!!!!!!!!!!!!!

年の瀬に向けて

2014年まとめ(ちょっと早いですが)
 今年のおみくじを引いた時「停滞期」とあった。振り返ってみて、停滞期だったのかは分からない。ただ絶え間なく放送されるアニメを見て、アルバイトをこなし、
適当に音楽を作り、このままで良いのかどうか、ふと考えてみると「停滞」していたのかもしれない。丁度、未確認で進行形!が放送されていた頃だろう。
当時、まだメロデスバンドに所属。自分の生き方に疑問を抱きながらもソロプロジェクトは水面下で進行していた。

 半年で約4回もの風邪にかかり、2月になると祖母がどこからか牡蠣を運び出し、一家全員ノロウィルスに罹病した。そして夏になればパソコンがクラッシュした。バンドも脱退した。
呪われているのではないかと錯覚するほどに、自分にとっての不運が続いた。
 色々あったと言えばそれに尽きるのだが、とりあえず自主制作のCDまで漕ぎ着けたのは、意外な展開だったかもしれない。まさか自分でジャケットまで描くことになるとは思いもしなかったが。
そうした中で、別のバンドに加入することになる。こちらはパンクロックらしいのだが、ボーカルとしての技術を磨くには良い環境だと思う。来年には横浜でライブをするそうなのだが…、プロもやる箱だと聞いている。
ちょっとだけプレッシャーを感じる。ちょっとだけだ。そう、ちょっとだけ。以前もそういう箱では演奏していた、キーボーディストとして。

 ああ、キーボードで思い出した。今年一番楽しかった出来事と言えば、元バンドメンバーと3月頃に行った撮影ロケだろう。あれは良かった。あれ以来、誰かと遊ぶなど全くしていない。寂しいという感情がどういう具合なのかさえ、最近では忘れてしまった。アニメを見ていると、そういったことでさえ、日々淡々と薄れていくようで怖い。――このまま腐っていて良い訳がない。そう思う。

 来年は事m……いや、あまり公言するのは好きではない。ここで言うのは止めておくことにする。今言えることは「来年からは精力的に活動する」ということだけだ。差し出がましい程にヒントを出すとしたら、「ワーナーか、キングか」。
どちらかに行ってみたい。その辺は運命に身を委ねる。第三の選択も十分ありうる。その傍ら、多くのイベントに参加したいと思っている。

 日本人はキリのよい数字が好き。2015という数字が果たして「キリのよい数字」かどうかは分からないが、縁起の良い年にしたい。くすぶっていた自分とはここでお別れ、新しい道へと、去る本年は進めた。
来年からはFree As Birds、メタル好きな皆様の元へ、サークル名すら知らない方々へ響くように、邁進して行きたいと思っております。この文章を読んでくれた人なんて居ないかもしれない。いいんだ、今はそれでも良い。
目標に向かって進む。そうすればいずれ、誰かが、誰かの目に、耳に……。

では、最後に謝辞を。本人達に自覚はないかもしれないけどソロプロジェクト発足の際、ミキシングの知識など陰ながら支えてくれました。
元バンドメンバーの4人。恥ずかしいから文面でしか書かないけど、本当にありがとう。そして急に脱退して本当に御免。僕が抜けたり忙しい男性器が居たりでライブは今のところ難しいようだけど、
演奏のうまい貴殿達なら、この程度、瑣末な問題だと思う。だってうまいもの。技術があれば高みなんてものはすぐ登れる。俺にはその技術を磨くだけの意欲が無かった。生まれつきを除き、人間にとって才能ってのはやる気次第なんだから。
あと金銭的な援助をしてくれた脇君、どうもありがとう。酒代、衣服代、様々な出費に消えました。皆頑張って下さい。近々飲みに行きたいです。

 年内の予定ですが、年末は今年の整理と、来年の準備といった塩梅だろう。予定よりもスケジュールが巻き気味になってしまった。この空いた半月を見事に、奇麗に、有意義に使いたい。
来年こそ、Free As Birdsをどうか皆様宜しくお願い致します。

Lloyd Scarletoloid