「雑記(普通)」カテゴリーアーカイブ

運とウ〇コとファ〇リーマート

前回、ブログで「アーティストが売れるには運とコネだ!」って言った。ぶっちゃけ暴言だと思う。
まぁ勿論、これは技術や楽曲、ビジュアル、個性、人間性、エトセトラの必要なもの全てが揃っていても売れないのなら……という条件付きの話なのだが。
コネクションに関しては前回少し述べたので、今回は「」について書きたい。

あ、初めに言っておきます。今回超長いです。
そして大した話は一切しません。ゴメンナサイ。

……さて、突然だが俺は運が良い方だろうか。
一年に4度の風邪をお召しになり、数々の奇病にかかり、ウンコを漏らした、この俺。
Windowsがクラッシュし、部屋にカビが生え、ブラックバイトで心と体を蹂躙され、
フリーアズバーズというバンドを結成しようものなら曰く付きの錚々たるメンバー(クレイジー界の重鎮たち)が集まり……
エアーバンドで、ギターソロの最中にローションを顔面から被るという最高の初ライブを終えたのが5年前。
繰り返し問うが、運は良い方だろうか……?

話が逸れるが、子供の頃から、俺は多汗症だった。
で、握手とかすると「うわー!お前の手、ベトベトで気持ちわるい!!」とかよく言われてた。
まぁ、確かに気持ち悪いと思う。何でこんな汗出てんの?ってくらい手から汗が出る。
真冬でもメッチャ出るから季節とか関係ないし。テストの答案が湿ってビリビリィ!って破けるし、
鉛筆で書いたそばから文字が滲んで消えてゆくという……。
「あれ?なんかお前のキャンパスノート、和紙みたいになってねぇ?」とかザラだった。

でも深刻に悩んだ事は無かったような。理解のある奴等ばっかだし、何か多汗症のヤツ結構居たし。
あとラグビー部に「キム」って呼ばれてる巨漢が居たんだけど、そいつは運動すると全身から蒸気をあげててルフィのギアセカンドみたいだったし、とにかく汗で差別的な扱いは受けた事がなかった。

一応説明すると、緊張したり運動したりすると汗は出るもんだけど、その度合いが強い人……みたいなのが多汗症で。
個人差があって、俺みたいにヌチャ……ってしてるヤツも居れば、コイツ、この後死ぬのかな?っていうレベルで
手から滝のように出してるヤツも居る。ちなみに後者は同級生に居た。(掌をグッと握ると、水溜まりが出来るレベル)

ニュースで性犯罪がたまに取り上げられてて。「男が体液を女性のコートにかけた」とか「体液の入ったビンを投げつけた」とか。そういう話を聞くじゃない。それでまぁ「体液」ってアレなんだろうけど……。
この場合の罪状は器物損壊になるらしくて。汚した結果修復というか、クリーニングなのか捨てるのかは分からないけど、
「汚破損」って言葉があるくらいだから、この罪状で合ってるんだと思う。

例えばの話、だ。俺がめっちゃ汗ばんだ手で女性のコートに触ったとするじゃないですか。体液が付着しますよね。
……これって器物損壊になるの?

休日の深夜、デトックスを過信して全身から水蒸気を上げてマラソンしてて、辺り一帯が霧に包まれるレベルで悪臭を漂わせていたとするじゃないですか。
その状態でたまたま入ったコンビニで棚から商品を取ろうとしたら触ってしまって。「あ、すみませ――」「きゃあああああああ!!!」みたいな。
従業員が駆けつけて「今、セコム呼びました!!」

テンテン♪、テンテン♪、テンテン♪
《こちら、警備会社のセコムです。現在、遠隔監視システム作動中です》

プルルルル……プルルルル……!

……みたいな可能性はあるよね?
体液、汚す、精神的ダメージを負わせる……ここまで一致してるわけですよ。これは……無罪なんですかね?

仮に。じゃあ仮に真冬の空の下……ツイッターで二次エロ画像をいいねしながら歩いてたとして。
近所の幼稚園の曲がり角でケータイでシャミモモの百合画像を見てニヤニヤしながら、出会い頭に女性とぶつかりそうになって
コートに触れてしまったとするじゃないですか。
……まぁ冗談はさておき、スマホの画面を見られなかったとしてもアウトではなかろうか。
染みになってたら「うわ!何これ!染みになってる!!さっき幼稚園の角で女児を目で舐め回していたタイ人みたいな顔した不潔でダサい服のロン毛の仕業ね!?」
みたいになるわけじゃん。
そう考えると、器物損壊が成り立つんじゃないかなって。

触れるだけで損壊させる力。イマジンブレイカー。科学と魔術が交差する時、物語が始まって俺は電気を操る美少女やベクトルを操る白髪頭のヤベェ奴に絡まれながら
壮大なストーリーに巻き込まれていく事になるのかな……。

そう、中ニ病の始まりですよ。あと精神鑑定も……。

ちなみに多汗症のヤツって多いし、芸能人でも居るし、ね?いや俺はそこまで気にしてないんだけど、例えばクラスで一番の美少女とフォークダンスで手を握ろうものなら、恐らく次の日殺されてるわけじゃん。
そう考えると、運が良かったな、と。俺は運が良い方かもしれない。

頭のネジがぶっ飛んだメンバーが居たからこそ「まずい……俺が何とかしなきゃ!」と頑張れたし、出来る事から優先して実行した。
今の俺があるのは過去の経験のお陰だし、捉え方で運が良いとも悪いとも言える訳だが、ポジティブに考えていきたい所だ。
うん、きっと俺は運がそこそこ良い。

話を戻すが、運ってのは巡り合わせ。幸運、不運、そして運命。そういった物の事を指す。
大多数の人の意見としては「人間の力では左右できない、非科学的な力・はたらき。でも運が良い方が嬉しい」だと思う。
まぁ深く掘り下げると、只でさえ長い文章が更に長くなるので……ある程度割愛させて貰う。

運ってのは確率であり、日頃の行いを良くしたからといって確率が上昇する事は無い。
ただし、敬虔な信仰者やその筋の人達からすると「意志(気持ち)の力で運は変えられる」らしい。うちの母親もそうなんだが。

まぁ、俺はそう思わない。とは言え、だ。
直接の関係はないと思うんだが、意志や気の持ちようで結果が変わってくる事はある。何かって言うと、善行が後々響いてくる可能性があるって事だ。
誰がどこで見ているか分からない。良い行動を取った結果人に好かれるとか、良い話が回ってくるとか、「ちゃんとしよう!」と心がける。そういった言動の積み重ねが運、すなわち結果に繋がってくる事はあるんじゃないだろうか。
それを信仰者は直接のイコールで結び付けているから「意志の力で運は変えられる。信仰の結果だ!」と捉えているに過ぎない。
……異端だろうか?まぁ日本は神様いっぱい居るし、何がしかを(ほぼ無意識レベルで)信仰している人は多い。
体・環境の変化が起きやすい時期に何かトラブルが起きやすいけど、昔の人は原因がよく分からないから「厄年」って言ってたんだろう。ずっとそう思ってたけど、やっぱそうらしいじゃんね。結局、突き詰めれば理由はあるって事だな。

つまり、だ。すげぇ雑にまとめるけど、運を良くする方法。それは「良い行いをする」のと「ポジティブに考える」だろう。
風邪を四度引くのは運が悪いからではない。体が弱っているから。
ウンコを漏らすのは……まぁ肛門括約筋の衰えか体調不良か「ん?おならかな?ああッ!行っちゃったァァァ!!!!」だ。俺は後者だ。
あと、悪い事が続く事も普通にある。「嫌な事があったら次、良い事があるさ」なんて無責任なことは俺は言わない。どちらかと言うと「やまない雨は無い」理論に近い。
確率も綺麗に良い事→悪い事→良い事→悪い事……と交互には起きない。
実際は偏りが生じるのが普通らしい。言ってしまえば、これが「運の流れ」の正体とも言える。良い事が続く時がある。
逆に、悪い事が続く事もあるんだが、これを「ああ、俺は運が悪い」と錯覚してしまう。これらはクラスター錯覚って呼ばれる奴で、実際は均等なのに偏りがあるように感じられ、規則性を見出してしまうらしい。
ともかく、そこで心が折れてしまったり、やらかしてしまったりすると……どん底へと落ちていくのではないだろうか。

「運はどうしようもない」と俺はよく言うし、言葉の通りではあると思うんだけど。
それが出来ないから、間接的に関係するであろう努力と善意を蔑ろにしてはいけない、と思う。

そして、そんな善意を蔑ろにして早10年。
笑顔、やる気、職能。3つの大事なファクターをドブにかなぐり捨てて、ファ〇リーマートで勤続10年を迎えました。
だってコンビになれないような頭のおかしい客がいっぱい来るんだもの。
え?でもクソ客が来る確率は変わらないからどうしようもないって?
しかもそれは善行を怠った結果、お前に降り掛かってきた結果(運)だって?

ぐうの音も出ねぇじゃんよ。
クッソ!勤続10年のミュージシャンはファミラジに出演とか、ないのかよ!
俺はまだファミリーじゃないのか!?
ファミリーってなんだ!?

思うに、これは運ってより「コネクション」なんだろうなぁ……。
ちなみにファミラジってのは店内で流れてるラジオ放送の事ね。

餅は餅屋。広報はパブリシスト、メタルは北欧。CDはディスクユニオンで

歳なのかな。
いや、まだ耄碌するような年齢じゃないし、二十代。性の乱れと共に若年化しつつある人間の精神年齢を鑑みると、言わばまだ思春期。青春まっしぐらの筈なんだけど。
これTwitterでもちょっと呟いたんだけど企業さんからのメールをやり取りしてたら、ふとした瞬間
ピチャピチャ…チュル、ジュバ!ジュババ!っていう音が聞こえてくるのよ?
え、何?ネズミ…?とか思ってドアを開けてみたり窓を開けてみたり。隣の部屋かと思って聞き耳を立てたり……
そしたらさ、ヘッドホンから漏れ出たASMR、耳舐めボイスの音だったんだよね。

聴いてる途中で放置して、そのまま垂れ流しになってたようで……奇行、というか怖くね?
ASMRを聞き漁る無職童貞28歳の行く末も恐ろしいけど、ネズミだと思ってその辺を軽く索敵し始める俺の駄目人間っぷりが。
歳、とは思いたくない。

あと、この前バイトの休憩中にケータイ弄りながらシュークリームを食べてて。食ってる途中で後輩に呼び出されて、一旦離れて、また戻ってきたのね。
そしたら「ケータイなくした!?」と思って。
ポケットにいつもケータイを入れてるんだけど、帰ってきたら無くなってるのよ。
え、そんな短期間で?どこで?レジ行って戻ってきて…、まさかポケットに穴空いた?とか思ってゴミ箱見たら、ケータイが捨ててあんの。
何かシュークリームと一緒に捨てたみたいなんだよね。そんな事ある?って思ったけど、様子から見るにそうらしいんだよね。

スタジオで「あれ!?マイクから音出ない!!」とか思ったらミキサーのボリュームがゼロになってたり。
何なの?いや、分かってる。分かってるんだ。言わないでくれ……バカは馬鹿って言われるの気にしてるんだ。あっ、バカって言っちゃった!!

まぁ、そんなワケで本題に移ります。パブリシストの導入案でしたね。
(前回の記事に関してはこちらhttp://www.freeasbirds.biz/?p=2495
前回、ちゃんと説明しなかったので軽く触れますけど「パブリシスト」ってのは広報のエキスパートみたいな人材の事を言います。
広報担当みたいなイメージなんだけど、具体的にどう売り出すか、戦略的なプロデュースも含めて、メディアに向けてPRを行う人達だ。
そして、ここが一番大事なんだけど、この人達は独自の人脈をメディア業界に持っている。そのコネクションを活かして広報やプレスリリースを行う……と俺は勝手に思ってるんだけど、当たらずとも遠からずなんじゃないかな。

今、フリアズが欲しいのは運とコネなのよ。自論ではあるけど。音楽良し、見た目良し、人間性良し、個性良し……それでも売れないアーティストは星の数ほど居る。運はどうしようも無いから、じゃあコネクションをどうにか出来ないかな、と。
実際、ここ数年「ああ、やっぱこの業界コネクションだな」と思う事がたくさんあった。
誤解がないように言うと、決して「俺はイケメンだから、あとはコネクションだけだな」って言ってるワケではない。それに技術やサウンドだってまだ良く出来る部分はある。でも、売れるように日々努力しているアーティストの諸兄らは思う時がある筈だ。
え?こんなヤツが売れたの……?」って。僻んでる訳でもないし、貶めるつもりもないし、実例を挙げるつもりもないけど、そういう事例ってあると思う。
アーティスト然り、アイドル然り、どの界隈でもある筈だし、その人達も別にコネだけでのし上がってきた訳ではない。ただ、コネがあった結果……という事だ。
まぁそんな訳でコネクションが欲しかった。偉い人に媚びを売ってゴマを擂って、靴を舐め回して俺はWACKENに行くぜ!……そう考えた。ハハッ、冗談だよ。

まぁパブリシストに関して、詳しくは前回の渡辺謙さんの動画見て欲しい。長いけど、タメに成る筈。ようはそういう担当を、海外では売り出したい個人につけて戦略を手伝わせているという事だ。
で、以前からウチもパブリシストを雇おうという動きがあったんだけど、探しても探しても見つからない。そう、日本にそもそもパブリシストが殆ど居なかったのよ。
ならば自分で体当たりだ!と思って博報堂などのPR会社に自らメールを飛ばしてみたりしたけど、掠りもしない。総スカンという……。
一応今、某有名メタル雑誌にコンタクトを図ってはいるけど、恐らく無理だろうなぁ……。

ちなみに、得体の知れない零細PR会社(広報会社)に依頼したとして……まぁそれも試してみてもいいんだが、本当に効果が得られるのか心配だったのと、案外高くつくという事がネックで毎度お馴染の得意技「問題の先送り」となっていた。

ちょっと話が逸れるけどフリーペーパー、海外のレビューサイト、日本のレビューサイト、それから海外のメタル版ウィキみたいなサイト、動画サイト。そういう所でフリアズが載りつつはあった。最近で言うと悶絶メタルのページにレビューが載ったようで、地味に嬉しい。(出来ればラスト・カンパネラをレビューして頂きたかった……!)
あとはNAVERにまとめて頂いたり、宣伝ツイートをして貰ったり。この二つは、お金を払ってそれぞれ別の方々に依頼したのだけど、
今回はプレスリリースの代行をcoconalaで依頼させてもらった。〇万円で、約1,000社に広報を行ってくれたそうだ。
数日後、エゴサしてたらネットニュースに掲載されていた。財経新聞さん、デイリーニュースさん、マピオンさん等々……。
どれくらいの人に(そしてメタルファンに)届いているかは分からないが、それなりに良い結果を生んだのではないかと思う。これはありがたい。

そう考えると、「パブリシスト導入」という当初の予定とは違えど、プレスリリースの代行を依頼したことで同様の結果を得られたのではないかと言える。今後も、こういった方々にお世話になっていくべきかもしれない。

本題はここまで。実は映画を見てきた。これもね、宣伝活動の一環なんですよ。
どういう事?って人。Twitterで著名人にリツイートやいいねして貰えれば売名になるのは、皆もご存知の通りだと思う。
で、ヘヴィ・トリップっていう北欧メタルバンドが題材のコメディ映画があるんだけど、映画に関する内容を呟くと公式アカウントが引用リツイートをしてくれるという……いや!
本当に見たかったんです!10年振りよ!? 映画館に行くなんて。これは後付けの理由で、ずっと見たかった。ただブログの今回のネタに合わせるにあたって、やや強引に内容を統一したかっただけ!

ちなみにあらすじをサラっと。12年もやってるのにライブを一回もした事がないデスメタルバンドが、ノーザンダムネーションというノルウェーのメタルフェスに出るまでのストーリー。
コメディに寄った内容だって事と、音楽はストラトヴァリウスのベース「ラウリ」がやってて映画館の大音量で聴くと良いって事。
それからゲロ、クソ、クリ〇リス……俺の大好きな下ネタを散りばめた挙句、「え!?死んでんじゃん!!これハッピーエンドじゃないよね!?」という、まさかの人死にが出るブラックジョーク満載の作品だって事ですね。
トナカイの畜殺場から物語が始まって血まみれの肉がいっぱい出てくるのはさておき、ユンキのバン奪還から頭のイカれた国境防衛隊のやり取り、あとはやっぱアー写がスピードカメラっていうのは……面白かった。
まぁ「実際、こう上手くは行かないよね」という展開はあったが、メタルバンドは犯罪者くらいの方が箔がつくよねってのは、恐らく俺だけではなく(一部の)北欧の意見なのかもしれない。

余談だが、池袋シネマロサは2020年1月16日で上映終了。終映していく映画館も多い(というか上映してない所が多い)ので、見る方はお早めに。


P.S.

「ラスト・カンパネラ」
ディスクユニオンでの委託販売、開始しました!!

https://diskunion.net/portal/ct/detail/HMHR200115-200

今作も置いていただきました。大事な告知だけどページの最後に少しだけになってしまった……。
本日1/16(木)からですね。新宿に置いてあるみたいです。あとはオンラインでも勿論購入できます!

一番難しい事は、継続させる事

さて、そろそろ年の瀬の挨拶を書こうと思う。
ちなみに、過去の年の瀬の挨拶を抜き出してみた。毎回ちゃんと書いてたんだな……

2014年度
http://www.freeasbirds.biz/?p=110

2015年度
http://www.freeasbirds.biz/?p=374

2016年度
http://www.freeasbirds.biz/?p=732

2017年度
http://www.freeasbirds.biz/?p=1255

2018年度
http://www.freeasbirds.biz/?p=2045

読んでみると分かるのだが、2014年の文章は、今読んでも心にグッとくるものがあって、自分で書いたクセして(しかも2015年にも同様に読んでいるのに)少し感動してしまう。
そこから2015年、2016年……と続くにつれて段々とテンションというか、知性が欠落している気はする。
バンド内で災難や騒動があると一旦冷静になり、今一度感謝の念を思い起こすのだろう。つまりフザけられているって事は安定しているとも言えるから……良いのかな?

で、ちょっと真面目に本題。
フリアズは発足してから今年で5年目を迎えた。振り返ってみて悪い事も少なからずあったが、良い事もあったと思う。
当初の予定では「10年」を目処に考えていた。10年経った頃には有名になっている、とか。満足の行く結果が出せている、とか。

曖昧なゴールを設定し、適当にコースを進み、達成する為にとりあえず一個ずつタスクを消化していった気がする。
それから時折後ろを振り返りつつ、今日まで歩いてきて。そして昔の文章を読み直して、俺は思う。
――やる気の炎はまだ燃えているのだろうか? と。
色々と失ったあの頃、再出発したあの時、万感の思いを胸に秘めて一歩一歩進んでいった。
だけど、歳月を重ねるにつれ、その思いは薄れ、蔑ろにしてしまっているのではないだろうか。易きに流され、堕落した生活を送り、逃げてはいないだろうか。
過去の自分に面と向かって「ああ、俺はまだ頑張れているぞ!」と、言えるだろうか。

ふと振り返った今、ハッキリとは答えられない自分が居る。
考えたつもりになって、適当な理由をつけて……。口触りの良い言葉で誤魔化し、責任を転嫁し、人には色々と物を言うクセに、自分では実行できていない。
そんな口だけの屑になっているのではないかと不安になる。いいや、きっともう、成りかけているんだと思う。

繰り返し言う。五年が経過した。これは決して小さくない。
結果が出せているのかは分からない。
きっと音源が少し売れて、小さな実績が出来て、浮かれていたんだ。
このままで良い筈なんてない。そんなんじゃ、これからの五年後だって簡単に想像がつく。
10年で行けるだろうか。メジャーデビュー、テレビ主題歌のタイアップ、壮大なステージでのライブ演奏……。どれか一つでいい。道は同じ方向の筈なんだ。初めは自分一人だった。自分の為に夢を叶えられれば良かった。だけど、いつの間にか周りに人が増えて、協力してくれる人が現れ始めた。
支えてくれる人達、応援してくれる人達の為にも、俺は高みへと登りたい。そしてその景色をメンバーに見せてあげたい。
自分勝手だ、上から目線だ、と冷笑されるかもしれないけど。
あの時と違ってフリーアズバーズは一人じゃない。俺の自己満足だけじゃなくて、折り返し地点、これからの後半戦は懸命に(賢明に)歩んで行きたい。

それから、やっぱりこれは言いたい。
普段も言ってるけど、皆ありがとう(ありがとうございます)。皆のお陰でフリアズは存続できている。
この「皆」ってのはバンドメンバーも勿論そうなんだけど、先輩後輩、友人知人、お客さん、関係を持った全員の事を指している。
身内にはいつも感謝の念を述べているつもりなので、残りの文章はCDを買って頂いた方、そして音源などを購入して頂いた方に向けて書きたい。

本当に、お買い上げありがとうございます。
即売会に初めて参加した2015年。(その時はソロプロジェクトとはいえ)自分で作ったCDが初めて売れた時の驚き、戸惑い、そして喜び。
こういう感情は有名になって行くと段々薄れていくのかな、なんて思ってますが、現状では一切薄れていません。
購入通知メールが届くたび毎回ビビるし、歓喜しながら心の中で御礼を申し上げています。
五年という節目で、どんな文章を書いたらいいか悩んでたんだけど……
らしくないな。ぶっちゃけ、いつも書きたい事はココで書いてるし。

同人方面、バンド方面、それ以外の方面、多角的に今後とも活動していく所存です。
今年もありがとうございました。そして、来年もFree As Birdsをよろしくお願い致します!

……と、まぁお会いする方は一先ずコミケで!


2019年12月22日 坂倉(兼、ロイド)

人を殺すことができる国

こんばんは。28歳ひきニートです。
真人間になるべく生活習慣を改善したところ、病気になりましたよ。クリーンすぎる環境が免疫力低下を招くように、ホワイトすぎる企業は労働力が低下する。同様に、正しすぎる生活リズムは人体に悪影響が出るのだな。いや、うん。案外間違ってないからね?

水清無魚……清すぎる心の人間の周りには人が集まりにくい。俺は必要悪。ダークヒーロー。そんな美少女になりたい。俺の周りに人が居るかはさておき、そういった「程ほどに汚れた人間」になりたい。勿論程度は弁えた上でね。

……んで、ちょっとだけ物申したい。最近色々ありますね。吉本の闇営業問題京アニ放火殺人。レペゼン地球とホルモンの件。ドラゴンアッシュの大麻。音楽関連も中々に多い。一個ずつ書くと文章がヤベェ事になるから割愛するけど、点々と言う。

まず「殺人は駄目」。何故か。ルールで決まってるから?されたら困るから?人の命は尊いから?
ぶっちゃけ、100人中100人が納得できる答えなんてのはないと思う。でも……。
なぜ人を殺してはいけないのか。もしこれが決められていなかった場合、人を殺しても良い世界が訪れる。すると世界はたちまちバトルロワイヤルになり、人類は滅亡すると思う。
だから人を殺してはいけないというルールは、設けざるを得なかったといえる。

人を殺してはいけない理由を納得が行くまで説明できる世の中ではないと思う。だけど、殺人という手段に出るのは明らかな悪手だと思う。激情に駆られて人を殺めるのは理解できる。その場合罪を償って生きていくしかない。
だけど、主義主張があって殺人する場合、その殺めてしまう瞬間まで、計画を練ったり材料を調達したり、どっかしらで冷静になれるタイミングがあると思う。そこで「あれ?本当にこの方法じゃないと解決できないのか?」って、気付けなかったのかな……。
アニメ好きの人間として、この話は絶対触れたかった。こんな事言ったら批判されるかもしれないけど、身内以外の人間が死んで涙が出たのは初めてだ。それくらい京都アニメーションの存在は大きかったと思う。あらゆる分野において、ね。
本当に悲しい。何て言ったらいいだろうね。分からん。

殺意が芽生えたとき、殺人以外で筋を通す方法も考えられると俺は思う。
犯罪ってのは犯罪者の中で葛藤の末起きる(と俺は思う)から。その葛藤に負けてしまうのは、心が弱いからだろう。でも、葛藤する時間があればもっと良い結果を生み出せると思う。刹那的、私欲的な人間は増えているかもしれないけど、俺も褌を締め直していきたい。
今までたくさんの京アニ作品を見ました。一番好きなのは甘城ブリリアントパークです。お亡くなりになられた方、天国で安らかにお眠りください。


それで、次の話だ。お笑い芸人の闇営業問題。全く関係の無い立場で言うけど。
複数の立場の人間の思惑が重なり、解決が難しくなった。今となってだからそう結論できる話だけど「もうちょっとうまく解決できたんじゃないかな」と思う。
冒頭で言ったように、水清ければ魚無し。少々の誤りや行き過ぎは看過するべきだと俺は思っているのよ。殺人は論外だけど。

小さな事でもバッシングを受ける世の中になってさ。正当な裁きを受けるようになった事に関しては「良い世界になったな」と思うけど、ミスをするとえらく叩かれてボコボコにされて、子供の頃テレビで見ていた人達がボロクソに泣きながら謝っている姿なんて、見たくないのよ……。なんでそこまでさせるのよ。
全ての罪を許せとは言わない。だけど、もうちょっと寛容になっても良いんじゃないかと思う。
島田伸助が芸能界を引退した時、スゲェ残念だった。残念ってのは、黒い繋がりがあった事にじゃない。頭の回転が早くて話術に長けてそれでいて面白い島田伸助が(ただの一視聴者として)好きだったから。
勿論、そういった反社会的勢力と知ってて関係を持つのは駄目だと思うけど。

労働のさせすぎで、労働法が見直されるようになった。
便利を追求していたコンビニがとうとう24時間営業廃止を視野に入れ始めた。
物事を善悪で二分化し、「悪」を徹底的に批判するこの世の中も、今後少しずつ緩和していくことを祈る。

……それからレペゼン地球とかマキシマムザホルモンとか、ドラゴンアッシュ。うーん。既に意見が出尽くしてるだろう。
とりあえず言うとだな。DJ社長が炎上してても、ヤバそうなKenKenが大麻やってても、そんなに「こちらとしては」問題ない。
だけど、ファンに対して「申し訳ないな」とか思わないのかな?両者とも色々と取り組んでいる事がたくさんあって、その人達全員に迷惑がかかるって事を理解してないのかよ?とは思う。俺だって色々ヤベェ事やりたいのに我慢してんだぞッ!

DJ社長は動画見たことあって、前に所属していたギタリストがファンだったのもあって知ってたんだけど。
バンドがのし上がる手段として炎上商法も一例ではある。ただし、東京ドームやテレビに出る程を目指してるなら、クリーンさが無いと出れないと思う。一度失敗すると遠のくんじゃないかなぁ。
炎上商法にも二つあって、キレイな炎上商法と悪い炎上商法があると思うんだよね。あとホルモンは仕事……というか相手を選ぶべきかと。あなた方も狙ってやったのなら別にいいんだけど。

まぁそんな訳で色々喋りたい事が多かった。あ、そうそう。

ドラムのレコーディングに参加してきました。

今回もクラウドナイン町田店へお世話になりました。先程クォンタイズが終わり、ドラムのラフミックスが終わりました。

うん……本題が数行で終わるっていうね。
現在アルバムを制作中です。メタルとか言わない。ジャンルに縛られず、ロック好きやバンド好きに聞いてほしい。

絶望すると滑舌にも影響が出る。今の俺はオンドゥルよろしく剣崎一真。

肉体の脆弱性に定評のある俺。今まで色んな病気に罹ってきた。
この界隈、やはり常人より無理をしてる人が多いからなのか、早死にする人は多い。きっと俺もそう。きっと……

死を覚悟した事は多いが、死んだ方がマシだと思う事は今まで無かったように思う。
……ああ、安心して。このブログ、遺書とかじゃないから。あと最初に言っておきます。今回は告知も何もありません。精神のバランスが毎度の事崩れてしまったため、つらつら書いているだけです。ふぇ……

えっと、不屈不撓と言いますか。なまじ病気や事故、ケガが多かったので、耐久度は高かったんだと思う。
メンタルが強い、とはちょっと違うんだけど。潜ってきた修羅場の数が違うというか、慣れているというか、ね。
いや、勿論人間生きていれば色々あるし、俺みたいな若僧が語ってんじゃねえよ!みたいな意見もあると思う。
でも、そう豪語するウチの祖母は戦争経験者。マジの話なんだけど空襲の時「お空がきれいね」とか言っていたらしい規格外の人間で、
車のドアに挟まって指が吹っ飛んだけど、平然と「指、取れたんだけど?」みたいなノリで病院に行って見事癒着させてくるっていうね。
いやー、平成初期の医学にも驚きだけど、格が違うからね……ウチのババァは。そんな人外と比べるのもどうかと。

申し送れました。ロイドです。こんばんは。
まぁそんなクレイジーな祖先の血を引いているだけあって、俺も中々のタフガイには仕上がっているとは思う。
だがここ一週間、悪い事が重なるというか、やろうと思った事が悉く失敗するというか。流石の俺もメンタルをへし折られそうになっている。
まず歯痛だ。歯医者に今年の始めから通ってて、半年かけてようやく治療が終わったと思ったら謎の激痛に苛まれた。
「今回で治療は最後ですね。良かったですね」なんて話をしてから一週間も経たずに、だ。
……ウルトラマンでもターミネーターでももうちょっと間を置くだろ。帰ってくるまで。
気が早ぇよ、病魔の奴。もう少し泳がすだろ普通。ワンクッションを置け、この野郎!

とにかく、これがスゲェ痛い。夜寝れない所か、呻くわ涙は出るわ……それが数日続いた。このまま続くんだったら死んだ方がマシ、マジでそう思った。
不幸中の幸いというか、すぐに歯医者の予約が取れたので、神経を抜いてもらった。ひとまず痛みは治まったが、また治療が再開した訳だな。

そんで、まだある。今度は部屋の除湿機が壊れた。コンセントに挿して除湿するような電動式のヤツなんだけど。
電源ボタンを押してもオフに出来ない。オンには出来るんだが……。しかも、たまに除湿出来ていない事がある。
購入から一年しか経ってないし結構丁寧に扱ってた(俺は物持ちがすごい良いぞ!)んだけど、なんで? 中国製だから?
お陰でまたムシが湧き始めたぞ!最高か、この野郎!

次に、ビルボードに送るデモテープを作ろうとしたらCDが焼けなくなった。光学ドライブは寿命だから仕方が無いとも言えるが、正直タイミングが悪い。突然だったし。
その日は夕方からスタジオだったので、気を取り直して向かった。レコーディングしに行ったんだけど、そしたらPCの音量バランスが急におかしくなった
ヘッドホンがおかしいのかと思って代替品を借りたが直らず、再起動。タイムロスを喰らう。
んで、今度はインターフェイスの調子がおかしい。今までそんな事は無かったのだが、マイクを認識しなくなった。
暫く試行錯誤して何とか直ったが、これまたタイムロス。なんでよ……

で、だ。レコーディングを終えてラーメン屋に行こうと思ったら、行こうと思ってたラーメン屋が潰れてた。それも三軒も。
しかもその内の一軒は臨時休業なのか、GoogleMapでは「営業中」と書いてある。行ったら店閉まってんだけど。
それで違う店に行ってみたら座ってから料理が出てくるまで20分以上……まぁこれはいい。
住宅街にあって、家族連れが丁度来るタイミングで混んでたとか、店主が一人で回してるとか、知らなかったから仕方が無い。
それより、他の客がね。子供がウルサイのは俺気にしないんだけど、親がね……なんなのかね。
常連ヅラするのは全然いいんだけど、自分の家かママ友の交流場だと思ってんのかね。他にもお客さん居るんだけどねぇ……

まぁそんな事があって次の日。防音扉の補修をしようと思って、隙間テープを購入。んで貼ったら剥がれてくるのよ……。
前に買ったのと同じ製品だし、同じ素材なんだけど。今までそんな事無かったんだけど、うまく行かないわ……。

で、翌日。週一で歯医者に通ってるので、昼から歯医者だった。
施術後、また歯が痛いッ……!!
我慢できない痛みじゃないけど、ただただストレス。
病気ってさ、詳しい訳じゃないから医者を信用するしかないじゃない。でもなんの病気なのか分からない恐怖、もしかしたらヤバイ病気なんじゃないかっていう恐怖、通っている病院が駄目なんじゃないかっていう恐怖。
そういうのが頭の中にあって正直元気が出ない。でも寝たら少し良くなった。

俺は予てより美少女になりたいと公言している。俺みたいな気持ちの悪い奴等は、自分を美少女に置き換えてほくそ笑んでたりする訳だが……考えてみ?
歯がボロボロで常に歯医者に通っていて、除湿機が壊れて部屋にムシが湧く美少女なんて居ないだろ?
っていうか想像できないわ。しかも、だ。
ビルボードにデモテープ送ろうとしたらパソコンがぶっ壊れてラーメン食おうと思ったらラーメン屋が三軒も潰れてる。そんな美少女居る?
居ないだろボケがぁぁぁッ!!!ヒロインとしてありえねーだろ畜生ォォォォ!!

こんなん、死体蹴りじゃんか。サバゲーだったら。
もしくはアレ、遊戯王のバーサーカーソウル。俺のライフはもうゼロなの。そっとしておいて欲しいの。
とりあえずここ一週間ヤバイ。こんなのがずっと続くのか? マジで? 
オデノカラダハボドボドダ!

神よ。困った時だけは必ずあなた様を頼る、敬虔な信仰者の私をお救いください……

町田の評価とおすすめ観光スポット。(書いてる途中で思った。――前半いらなくね、と)

こんばんは。カフェインに弱いのに何でコーヒー飲んじゃうんだろうね。
最近またカフェイン中毒になりつつあります、ロイドです。

ああ~!ちょっとアレです。町田の良い所について、観光スポットについてはページの中部からになります。
中段まで飛ばしていただく事を推奨します。

さて。今年でフリアズ5周年。色々お世話になりましたし、お陰さまで知名度や実績を少しずつ積むことが出来たと思います。
こちらに関してはまた別の機会に書かせていただくとして。
5年か……そんなに経つのか。
考えてみたらコンビニのバイトも今年で9年目ですよ。ほぼ10年。
これだけ長くやっても、惰性で受動的なアルバイトでは得られる物は何も無い。だけどさ、

そろそろファミラジ出てもいいんじゃねえかな。

勤続10年だとグランドスタッフっていうバッジが貰えるんだけど、10年やってバッジ一個って……。
鉄十字章くらい欲しいわ。

まぁね。あなたとコンビにファ〇リーマートなんていうけど、どう考えたっててめぇとコンビになんかなれる訳ねーだろうが!
みたいな珍客がたまに来る。まぁ実例を書くと……また延々と余計な文章まで書き始めるから割愛させてもらうが。

でも最近減ってきてるのよね、そういう人。十年前のコンビニはスラム街みたいなもので。いや、本当。
土下座事件、金品要求事件、過度なサービス要求、クレーム、暴力。
カスタマーハラスメントという言葉が使われるようになる以前から割と酷い扱いを受けていたと思う。……実際に体験したし。
これって、まぁイメージというか。コンビニエンスストアに対する理解の低さが招いていた結果はあると思うんだよね。
「こういうサービスはやってません」「それは出来ません」「そこまでの過剰なサービスは実施してません」と。
分かっていれば起きなかった惨劇は少なくないだろうよ。
最近では「ああ、コンビニはこんなもんなのね」という考え方が普及し、根付いてきたと思う。
それから、小さな事にバッシングを受ける世の中になったじゃん。萎縮している状態。これが逆に功を奏していて、コンビニ界隈でイキろうとする人も減ったっぽい。

利便性やお客様本位の過剰とも言えるサービスを発展・継続させようとした結果、誤解させてしまった面は否めない。
日本に最初にコンビニが出来たのは60年代らしくて、宅配サービスを開始したのが80年代。まぁ理解はあったんだろうけど、
急激なその進化(進化と言っていいかは物議を醸す)が客の意識を変な方向に向かわせたんだろうね。
まぁこの「変な方向に進んでいる」というのはコンビニだけではなくて日本そのものが戦後から……折に触れて俺が唱えている意見だけど、脱線するからやめておく。

あと補足。冒頭で「てめぇとはコンビになれねー」と書いた件で。
いろんな方に、どんなお客様にも支持されるようなブランドというか取り組みを企業は心掛けているんだろうけどさ。
言わせて貰うと「色んな(どんな)方」と言った時点で、人間をより分けているよね。じゃあ聞くと「色んな」って何ですか?と。
老若男女?いや、それだけじゃない筈。国籍の違い、宗教の違い、職の違い……ひいては考え方の違いである筈。
その中には自分と相容れない考え方の人も絶対に居る。
誤解が無いように言うと、そういうのもひっ包めて「いや、もう分かったからとりあえず普通に接客(仕事)しなさい!」というのが恐らく上層部の考え方であって、
俺もそれがベターだと思う。別に喧嘩を売りたい訳ではないし、仕事もちゃんとしてますよ。その証拠が勤続10年ですね。

ともかく。バイトを始め9年。フリアズが出来て5年。時間の流れが早くて結構ビビってる。
まぁ、なんでそんな事を考えていたかって言うと、建設会社で働いてた時期が懐かしいなぁ……と思ってね。
うん。察しの良い方は気付いたと思うけど、まだこの話、前置きなんだよねwwwwww
さっきまでのは冒頭。話はこっからです。
自主退学的な感じで出てきた建設会社だけど、退職して約半年くらい経つ。実に懐かしい。色々あったが、後を引いちゃってる事があって。
出てくる時、自信満々に「俺、メジャーデビューしてくるんで。ちょっと待っててくださいっす」みたいな感じで出てきておいてさ。
もう既に半年経つのよ。で、5年が経過でしょ。「あれ?ちょっと待って。時間の流れがおかしい。今はまだ平成24年の筈。牛角のバイトの面接に行こうとしたら手足口病になってベッドから動けなくなっちゃってた時の筈」みたいな感覚なのよ。
あっちも「期待してるから頑張ってねっ」なんて。激励までされちゃったのに、ヤベェ。全然まだなんだけど!みたいな。

いや、勿論色々そのために取り組んではいるんだけど。宣伝や諸事情を鑑みて、なるべく多くの人を巻き込んで大きな波にしたくてね。
一人で取り組める作業はさっさとやるけど、人が集まれば集まった分、それぞれの生活や日程が絡んでくるから迅速な活動というのは出来ない訳よ。
という訳で、暇があるんだよね。お仕事募集中です。音楽制作、バンド演奏、ヒットマン、ママさんバレーの助っ人。何でもやります。
嘘です。冗談が好きなクリエイターです。よろしくお願いします。

ここから本題【町田の良い所について】

さて。ようやく本題に入ります。
仕事探し中の俺。町田市在住を活かして、町田の大きなイベントとかでバンド演奏できたらなぁとか思ってました。行く行くは観光大使に任命されたりしちゃったら……(無いか)。
その時の為に、町田を紹介しよう、というのが今回の題目。
町田は「魔界」とか「東の新宿、西の町田」とか呼ばれたり。
パトカーのサイレンが鳴り止まない町――町田」とか呼ばれたり。
神奈川県、町田市」とか「町田はわるいまちだ」なんて呼ばれたりしている。
……ちなみにこれ、『町田はいいまちだ』っていう公式キャッチコピーがあるんだが、住民の間では暗黒街として扱われているというジョークね。
そんな悪評轟く町田だが、逆に町田の良い所を書いてみたい。町田市在住、二十年以上の俺がね。

ぶっちゃけ、色々言われたり、事件はある。でもそれって、分母が増えているだけなのよ。
人口が増えればそれだけ犯罪者や事件も多くなるし、悪い部分も目立ちやすくなる。
だから悪い面があるのは否定しない。でもそれって、どこも一緒よ?ぶっちゃけ。
ほんじゃ、早速。

■住みやすい
移住者が多いのと外国人が多いのと、イキっている輩が多いのと不良が多い。
何故かって言うと住みやすいから。土地の値段がそこそこ安く、主要都市へのアクセスもいい。横浜や新宿までも電車1本で行ける。快速急行に乗れば30分くらいか。
それから後述にかかる内容だけど、食品、日用品、生活用品、嗜好品、電化製品、趣味・娯楽……栄えているから尚更住みやすい。
割高だが、バスも神奈川中央交通が出ている。
あと最初の一文、どこも一緒です。

■何でも揃う
路地裏に行けば薄汚いババァが露店を開いていてさ、スタンド能力を引き出す矢も手に入るし、七つ集めると願いが叶う玉も手に入る。
それからありし日の思い出、失った道徳心、サイボーグとなって蘇生した祖母、エトセトラ、エトセトラ……何でも手に入る。
まぁそれは嘘だ。何でも揃うと言ったが、何でもは揃わない。当たり前だけどね。
でも、欲しいものは割りと手に入るのよ。ジョルナ、ルミネ、マルイ、ツインズ、109、モディ、SEIYU。駅近くには大型のショッピング施設が屹立している。
東急ハンズ、ロフト、ドンキホーテ、小田急百貨店……あと色々。電気屋ならヨドバシ、ビックカメラ。書店なら有隣堂、久美堂、ブックオフ、他多数。
サブカルならアニメイト、とらのあな、ゲーマーズ、らしんばん、ヴィレッジヴァンガードもあるな。
ゲームセンターはラウンドワン、アドアーズ、タイトー、セガ、あとゲームUFO(駅から遠いが)。カラオケ屋も多い。
それからタワーレコード、ディスクユニオン(駅から割りと遠いが)。
専門的なものはやはり難しいが、俺が保障しよう。割と何でも手に入る。――ただし町田駅周辺に限る。一つ隣の駅に移ると、住宅街だ。

※自称ミュージシャン目線で一つ言わせてもらうと、楽器屋が少ないんだよね。町田駅周辺にはクロサワ楽器、島村楽器、石橋楽器が一応ある。
だけど店舗が縮小化したし、品揃えがちょっと……ね。駅からも若干歩く。で、一つでも隣の駅に行くと、楽器屋なんてありませんよ!
まぁ今時ネットで買うのが主流だからいいんだけど。昔は「ちょっと楽器店に寄っていこうぜ」って感じのひと時があった。
高校生の時、楽器を買いに行ったり、新作を試奏したりね。今は、無い……。

あと補足。ネットカフェや音楽スタジオ、ライブハウスもそこそこある。

■ラーメン激戦区(食が充実)
これに関しては前に記事を書いたな。http://www.freeasbirds.biz/?p=1750
ラーメン屋だけでなく、料理屋の数もハンパじゃねえ。一生かけても制覇できない。断言する。
で、駅周辺以外にも良い店がいっぱいあるから、暇を見つけては足を運ぶと良い。居酒屋も多い。

■余談(観光地としてはどうか?)
町田の主な観光要所は自然だろう。薬師池公園、野津田公園、リス園。……でも考えてみ?
リスなんか見てどうするのよ。いや!決してリス園をディスってる訳ではないんだけどね!行くのは良いと思う。料金も安いしリスは可愛いし。
でもそれは町田に住んだらとか、子供が居たらでいいと思う。駅から結構離れてるし。
(そもそも、観光スポットランキングにローソンが載ってくるあたり終わってるだろ!)

だったら、一見の観光客はどうするべきか?
――町田駅周辺で食い倒れツアーが良いと思う。幸いトイレはあちこちにある。五臓六腑が爆散するまで食べるといい。
オススメは仲見世商店街。狭い通路にテナントが詰め込まれてる一画だが、個人的にはリス園よりも有名な町田の観光スポットだと思う。
小籠包、和風スイーツ、クレープ。一品ずつ注文して、色々食べてみると良いだろう。
色んな人のブログでも書かれてる通り、仲見世商店街は俺もオススメする。だから、アレだな。駅からここに向かって食いながら進んでいけばいいんだな。

あと富澤商店っていう食品の材料や器具を売っている店があるんだけど、ドライ系の果実や菓子とかウマイものを置いている。
本来は材料を買うような店なんだけど、珍味みたいな面白い食べ物がある。町田が本店って事もあって、俺は勝手に好いているね。
あとは2019年夏、今のブームで言うならタピオカミルクティーの店「CoCo都可」なんかもいいかもね。近くにもう一軒タピオカの店があるし。でも、他所でも食えるか。

思い描く未来と、そのズレ。

俺は決断を迫られているのかもしれない。
いや、「かもしれない」というか、迫られていると断言できる。
フリアズの良い所だと自負しているのだが、ライブ演奏やバンドの音源制作、その他の音源制作、小説(これはまだ未公開)など。
あれやこれやと色々なプロジェクトを並行して進行している。及び、これから始めようと思っている。

最初に言っておくと、今回はぶっちゃけ何の告知も無いし、面白いハナシも一切無い。期待していた方には申し訳ないが、今回は『いつか言い訳をする時の為の備忘録』のようなモノだ。
話を戻すと、そう言った複数のプロジェクトを走らせる上で、二つの大きな問題が浮上していた。言ってしまうと制作の進行と、ライブのクオリティだ。

まず後者から述べると、ウチは目下キーボードとボーカルを兼任しているのだが、歌唱力に重きを置いてボーカルをピンにすると、キーボードが無くなってハモリやキーボードの良さが消失する。同時に、バンドとしての個性が失われる。そして、ギタリストの負担が増え、演奏の練度が下がる。(現在、ギタリストは多忙の身)
逆にキーボードとボーカルを兼任にすると、上手く歌えず、アーティストとして必要な歌唱力が最低以下に落ちる。あくまで俺の主観だが。
そして、歌う(もしくは弾く)楽しさが減少する。荷量が増える為、物販の量も制約が出来る。……楽しさはまぁいい。有名になれるなら、割り切ってもいいとさえ思える。
それから、仲の良いメンバーでやりたいという感情の割合も大きい。

キーボードを弾きながら俺が上手く歌えればまた話は変わってくるのだろうが、二年間兼任を試してみて、そして3月10日のライブで分かった。――俺は二つ以上の事は同時にできねえ、と。
「努力が足りないから」とも言える。が、これ以上の努力をするならば、その時間を別に費やした方が有意義だと思う。目下、企んでいる事は多いし。
ブラインドガーディアンやソナタ。兼任していたメンバーがボーカルに専任する例は少なくない。そもそも、歌いながら弾く事が想像以上にカンタンであれば、世界にはもっと『売れている』ギタボやベースボーカルが蔓延り、逆にピンボーカルは減少していると、勝手ながら思う。まぁ、それは置いておく。

んで、前者は主に制作の遅延だ。良い物を作るためにディスカッションして、トライアンドエラーを繰り返し、時間を掛けるのは当たり前だ。それは問題無い。
その結果生じる遅延ではなく、問題は「皆が皆、俺のように時間があるのではない」という事。人が集まれば、集まった分だけタイムロスする可能性と結果が出てくる。
それは仕方の無い事だ。

これらの問題(特にライブ演奏に関して)があった。ここでは書けない問題点もあるから、全容を把握する事は俺ないし身内以外の人間にとっては難しいだろうが、幾つかの問題が絡み合っていて、詰まるところ一個を除去してキレイに片付くものではなかった。だから絡まった状態で観察し、暫く俯瞰していたのだが。
――あれ、と。盤上から一つのピースを抜き出すと、全てが同時に解決する……気がしてならない。いや、解決する事に気づいた。いや、多分以前から気付いていたけど、見て見ぬフリをしていたのだと思う。
(俺の脳内ビジョンでは『絡まった太めの白い糸があって、一箇所を摘み出すと、絡まっていた部分が根こそぎ取れる』イメージ。どうでもいい)

さて、決断するのは俺だ。俺にとって大切な事は何なのか。何が重要なのか。ではその為に、どうした方が良いのか。
感情もあるが、感情を除けばベストの方法は、ある。毎度言っている事だが、俺は一応の代表としてFABにとっての最善を選択しなければならないと常々思っている。

一つのピースを抜き出すと言ったが、他にも方法はある。逆にピースを一個足す方法だ。これは主に「カネ」である。カネに余裕が出来れば、時間が生まれる。
だが、そこまでしても、変わらない可能性はある……。

うん、いや。割り切ろう。何の為、誰の為に戦うのか。その結果失うものがあっても、ゼロにはならない。またリスタートすればいい。
そして、上手いやり方はある。俺は結構信仰心が強い。神はこの世に居ないかもしれないが、居ないとは言い切れない。無形だとしても祈る対象があるのならば、神はそこに存在して居る。そして、今回は神ではなく自分を信じる。信じる力は強さになると信じて。(何か、アニメっぽい台詞だな)

俺の妹が転生したら変な所にタネを撒いてた件が間違っている

俺に出来る事はなんだろうと、もう何年も考えている。
有名になるという目的の為に、自分の長所をどう活かすか……という話なんだけど。

例えばバンドのWacken Open Airへの出場、これを目的として標榜する場合、
方法が、ないし長所のジャンルがなんであれ、最終的には音楽業界に収束させるべきだろう。
そこで有名になって、プロモーターやイベンター、レーベルにコンタクトを取り、そこから見事出場できると考える。
……俺は色々と種を蒔いているのだが、芽が出る事は少ない。いや、まだ全然有名になってないから芽は出てないとも言える。

まぁそれはさておき、音楽業界へ収束させるにあたって、最も効率が良いのは「音楽関連の長所を活かす事」だろう。
同じ業界内だから、最終的に繋げやすい。俺で言えば、長所になり得るものは歌、キーボード、作曲&DTM、この辺か。
客観的な評価で言うと、歌よりもキーボードプレイのスキルを評価される事の方が多いから、ちょっとキーボーディストとしてまず有名になろう!という事を考えたとする。
その際にまずオサライしたいのが、キーボードには何が求められるか?どんな要素が必要かを、自分で現状を再確認する為にもまとめてみた。

①演奏技術
上手く弾けるか

②表現力
音色の特性を理解し、表現できるか

③対応力
アレンジ(応用)、即興、複数のジャンルの演奏が可能か
(ポップスもハードロックも弾ける。ジャズも弾ければ◎)

④読譜能力
楽譜が読める。その場で譜面を見ながら弾けるか

大きく分けてこんな所か。「いや違う!バカヤロウ、死ね!」という方はメッセージをくださいww俺はこうかな?と思ったよ。
ちなみに言うとキーボーディストは不遇のパートであり、更に、求められるものも複雑。――俺はそういう認識なんだけど。
まず最初から残念なお知らせだが、俺が得意とする速弾きはキーボーディストに必要ない能力なんだよね。無い!と断言すると過言になるが、無くても不便はしない。絶対

①は最低限あればいい。どっかのソロ特化バカみたいに毎日ピロピロピロピロ出来るよりは、
突出した能力は無いけど、幅広いジャンルにそつなく対応できて、両手でプレイ出来る方がいい。……って言うとどの楽器でも同じ話になりそうだけど。

まぁ、つまり重視されているのは②と③だろう、と思う。
二つは密接に絡んでくるんだけど、キーボーディストに求められる要素を複雑にしている理由でもある。
例えばエレキをスタジオや現場に持って行って「ねぇ、アコギ弾いてよ」なんて言われる事はない。言ってきたとしたらそいつはサイコ野郎だ。もしくはギターを知らない素人だろう。だけどキーボードを持って行くと、音色でオルガン、エレピ、ブラス、ストリングス、リード、ハープ…全部入ってる。だから

〇〇の音色で、~~のフレーズを弾いてよ

みたいな注文が出る。
例えばオルガンを使った、ディープパープルみたいなフレーズとか
エレピを使った、両手で跳ねるジャズフレーズとか
ブラスを使った、オープンボイシングのポップスとか。
ハープを使った、アルペジオのアンビエントとか
……

多いんじゃあああああああああ!!!!!
ジャンルと、楽器の数だけ存在するんじゃね? とさえ思う。
あ、そう、今思い出したけど音楽理論も特に必要になってくる。コードは全パート必須だけど、ボイシングとか。更に、ブラスやストリングスでのアレンジが求められてくる。③のアレンジ能力の部分だな。
ってことはさ。現場でアレンジが出来るって事は、即興が出来るって事にほぼ等しい。残念ながらそんな能力は無い。
逆に、「これ弾いて!」と、あらかじめ決まったものを弾くんだったら、まぁ出来るけど。現場ではイレギュラーも多いし、臨機応変さが必要だと感じる。「ここ半音下げで、あとダルセーニョの所が~~でリディアンの所は~~」。うん、日本語でおk

あと俺は楽譜が読めない。「マジかよ」って方。マジです。笑ってくれ。
演奏する時は暗譜だ。コピーする時はMIDIのピアノロールを見るのが大体だ。耳コピは苦手なので。ピアノロールを見ながらだったら、カンタンなフレーズはその場で弾けるけど、MIDIがあるとは限らないからな。

つまり、③と④で詰んでいる。いくら暗譜が出来たとしても、譜面を見ながら弾ける奏者の方が重宝されるらしい。これはYAMAHAの音楽講師募集の要項からも窺える事実っぽい。
そして、ピロピロできたとしても、超一部のメタルでしか通用しない。
そう考えると、バンドプレイヤーかデモプレイヤーとして有名になって行くくらいしか思いつかない。ただ、④が出来ないのでサポートプレイヤーの道は無い。

なんでこんな事を考えていたかと言うと、冒頭で言った「種を蒔いてる」の一環でネット小説を投稿してたんだ。一月末からずっとね。
これに関しては過去の記事をhttp://www.freeasbirds.biz/?p=2134

これも、最終的には音楽業界(Wacken Open Air)へ還元させる気だったんだけど。
甘い見通しだが……売れ筋と、読者を惹きつける手法を勉強し、1~2年集中して熱心に執筆する、ぐらいやれば書籍化まで行けるかもしれない。
そこからメディア化し、強引にねじ込んで主題歌をウチで担当する。そこでヒット&人気にさせる。……そんな寸法だったんだが、
オイ、ちょっと待て? 最低でも二年は掛かるぞ!? だったら今日営業した方が早いぞ、と。

音楽から離れて行ってるのよ。なんか知らないけど、漫画化も視野に入れてネームまで書こうとしてたからねwwww
成功したとして何年掛かるんだ、と。気付かないウチに、最良の策から外れて行ってたのよね。
もし書籍化したら嬉しいと思う。だけど、小説家になろうって訳じゃないんだ。あ、いや“小説家になろう”に投稿してたケド!

ちょっと言い方悪いけど、小説家になってちょっと人気が出るラノベくらいは書けるかもしれない。だけど、その未来と
リーマンになって週末はアニメと漫画を漁るオタク満喫の未来と、それからバンドで結果が出るかは分からないけど邁進する未来を比較した時、小説家はなんか違う。凄いんだろうけど、俺にとっては違った。野望……って程じゃないけど、やはり音楽で進みたい。その先の未来が欲しい。
大学を捨てた。友人を捨てた。安定した未来を捨てた。娯楽も……そこそこは捨てた。
両親が元バンドマンだったんだけど、バンドは蒸発したオヤジの夢だった。それを俺が叶える為にも、今まで捨てて来た物の為にも
音楽関連の長所、活かしていきたい。久々の更新だったけど真面目になっちゃったな。バランスを戻そう。
チ〇コ、チ〇コチ〇コ!ウェーイ!!

ギロッポン・ノスタルジア

生まれ変わったらけもみみ美少女になりたい。しっぽモフモフで毛量も多めの超絶美少女に。それは間違いない、揺るぎない。B’zの41作目のシングルに誓ってもいい。
最近バイト先で、女の子の後輩が食事休憩に入るときに、売れ残りの弁当を抱えながら嬉しそうに「いってきます!」とか言う訳ですよ。ああ、もし俺に娘が居たら、朝こんな感じでお父さんである俺に挨拶をして学校に行くのだろうか、フフ……フフッヒ
それからアレですね。一応こう見えて、信じがたい事実ではありますが私はバンマスなので、サポートメンバーの方にギャラをお支払いしたりするんですが、「ギャラください」って言われればああ、ハイって渡すんですけど
ロイさんお金ちょうだい (※最近はロイドではなく“ロイさん”、と呼ばれる事が多い)」
とか言われるとね、全ッッッッッ然関係無いけど、小さな女の子に「おじちゃん、お金ちょうだい?」と言われるシチュエーションを瞬時に連想する訳ですよ。駆け寄って来て上目遣いで俺を見ながらお小遣いを無心する少女、グフッ、いくら欲しいんだい? お嬢ちゃん……グフフ、プヒュー……ああ、いけないいけない。
こうやって夢想してはその度に現実へと戻って来る訳ですが、そうすると大体ちょっとだけ股間がフィーバーしてるんですね。あれ? なにこれ。何の話だっけ。バイト中に俺のチ〇コが立ってる話?

こんばんは、ロイドです。3月10日は、六本木のライブハウス「新世界」でライブ演奏でした。当日お世話になった方々、本当にありがとうございました。
感想としては「え、これがフリーアズバーズ……? か、かっこよすぎ……」でしたね。自分で言うのもなんだけどさ。
え!? これが、あのずっとボロボロだったフリーアズバーズ!? これは……ッ、時代が来るでえ!! みたいな感じですよマジで。語彙力すんません。

このライブハウスではスラッシュメタルで有名なALICE IN HELLのハマダイさんが働いてまして、店長さんやPAさん、皆が親切でした。
え、「何、その月並みの感想は」って? いやいや、確かにライブハウス界隈は良い方々で溢れてますけどね、ずっとTバックがパンチラしてるフロアスタッフとか、開演から終演まで終始「ハァ~」って溜め息ついているコンサートスタッフとか。あとなんか知らんがずっとカリカリしてる人とかね……意外と、いや何でもないっす。改めて人の優しさに触れられて感動したんです。結構マジで。
ってゆうのも、そもそもライブ自体が半年振り以上なんですよね。だから小さな事の一つずつにセンシティブに反応しちゃって。あ、勿論音響も良いし、ステージがカッコイイ。

ゲスト(というかスタッフ)で6ft.downのリョウさんがまた来てくれまして、当日カメラで撮影をしてくれました。画像の4枚目とか見ると、このライブハウスのステージの格好良さがよく分かると思う。リョウさん本当にいつもありがとうございます。

見てくださいコレ。国際文化賞取りましたッ!!みたいな風体じゃないっすか。全然そんな事ないっていうね。客観的に(まぁ色目はあるけど)見て、全てが格段に良くなったフリアズですが、こういう有名になる雰囲気というか大御所オーラというか、そんな感じのが漂っているような気がするんです。

まだ良く出来る部分はあるけど、演奏は上手い。曲も良い。音も良い。見た目も良い。ようやく手札が揃ったように感じるライブでした。何より、演者として楽しめました。そんな楽しめたライブは今まで――もしかしたら無かったのでは? と思う程楽しめました。出演者も楽しむ、というのは大事な要素でしょうね。それに終わった後、見ていた方に「かっこよかったよ!」なんて言って貰えれば演者冥利に尽きるってもんですよ(すんごい久々に言われた気がする)。これからも頑張ろう、そう思います。
楽しめた要因の一つに歌のルーティングがありますが……これは文章が長くなりそうだし、機会があれば書き出したい。

ちなみに今回、ライブ会場限定でノベルティ(メンソール成分配合のウェットティッシュ)を無料でお配りしてました。入場料やドリンク代もなんだかんだ高くつきますから、ライブへご来場頂いた方にはサービスしてもいいのでは? と思って、そうさせて貰いました。

ともあれ、良いライブだった! そう思う!

次回のイベントは即売会、M3への参加です。
詳細は以前書いたコチラの記事→http://www.freeasbirds.biz/?p=2153

という事をトイレで考えていた

チッス。

コンビニ業界のバイトによる不祥事が相次いでますね。ぶっちゃけそんなん、今更でしょうよ。随分前、ローソンで、店員がアイスのケースに入って寝ていた時代……が元祖、だろうか。後はバーガーキングでパンの山にバイトがダイヴしている奴とか。いや、もっとずっと前からあっただろうよ。
これらの事件の背景には二つ、原因があるんじゃね。一つはブラックバイトが減り、多くの企業でバイト一人に対する労働量が減ったと思う。その結果、時間的にも精神的にも余裕が出てきた事があげられる。またしても、住み易い世の中を目指した結果、悪い因子を助長する結果になったと言える。企業(というか政治)の対策としては、労働量を激減せず賃金を上げる事で、勤務人数はそのまま、とかの方が良かったのでは?
でもアレだな、その場合、過労死とかは寧ろ増えるかもしれないしな……。とすると、最善の選択だったのかもしれない。

んで、二個目は超カンタンな理由。「テンションが上がっちゃう」んだよねwwwwwwww
気持ちは分かる。少年のように真っ直ぐで、それでいて茶目っ気とエンターテイメントの塊である俺には、君達の心はとてもよく分かる! ああ! 分かるとも! でもやらないケドな!
友達がバイト先に来たら、「何かしてやろう~w」とも思う。友達と一緒にバイトをしてたのなら、楽しくてテンションも上がると思う。陽気でモラルの無いロイドさんだ! 今まで何度もやらかして来たからな!
これに関しては、罪の意識の低さを直してやらねばイカンからなぁ。雇用するときに、脅しを掛ける……って訳じゃないけど、しっかりと教えなければならないと思う。って、俺が言える立場かね……。
勘違いしないでほしいのは、決して犯罪者を味方している訳じゃないからね? 勤務中に行った結果、ブランドに対してダメージがある訳だから、その辺は理解しなければならない。一時の悦楽に身を任せず、「これをやると、どうなるか?」。未来を先読み出来るようになってほしい。君も、そして俺も。そうすりゃ、後はニャル子さんが言っていた通りだ。そうすれば大抵の諸問題の種は回避できる。(え?

 ◇◇◇

で、本題。ちょっと思った事があるので言及してみる。
「即売会に出ます」という告知をするタイミングは、いつ頃やるのが適切なのか。
一ヶ月前? 二週間前? 前日?
ライブの場合、一ヶ月前~三週間前がベストって、元XECSNOIN、現Ciel Nocturneのベース、JUNさんのブログか何かで読んだ気がする。

まぁベストなのは、「たくさん告知する事」だと思う。
でもさ、タイムラインに「〇月〇日、出ます!」とか同じ情報を何回も垂れ流してたら、
「いや、もう分かったよタイムライン荒らすなよ、見にくいだろ!」とか思われそうで。気にしちゃうんだよね。俺は。
だから一ヶ月前か、それ以前にチョロっと宣伝するぐらいならアリだ、と思う。

そもそも。
なんで告知するかって言うと、お客さんに知ってもらう為、来てもらう為じゃん。
そうすると、例えばTwitterで宣伝するとして。告知するタイミングが早すぎると、俺が告知した後に投稿された、知らない人達のツイートでどんどん埋もれてっちゃうんだよね。情報に埋没する感じ。
そうすると検索しても埋もれちゃってて、気付いて貰えないかもしれない。遡らないと見れないから。

逆に、即売会の前日くらいに告知するとする。でももうその時点では、どのサークル見に行くか、お客さんがチェックし終えてる可能性がある。俺が告知する前にチェックをし終わっちゃってるから、お客さんは俺が出るのは知らない。
気が早い人は随分前にチェックして、誰が出るか、どこを見て回るか、目星をつけておくじゃんね。

じゃあいつやるのよ?って訳だが。

こういう時は消費者の目線に立って、いつ告知があると目に留まりやすいか考えようとか。自分が客だったならば、いつ調べるかを考えてみよう……っていう方法で決めるのが妥当なんだろうけど。
考えてみ?俺らって普通の人間か?クリエイティブな奴等はゼッタイどっかずれてると思うんだよね。
そんなサイコパスどもの主観で考えて、一般的な客の目線になれるのか?と疑問に思った。

なので、独自の考えで語らせて貰うのだけど。まずその前に説明しておきたい持論がある。
「興味があればあるほど、人間は早く調べる」という原理だな。
いや、原理なのかは分からないけど、例えば、買いたい新作ゲームソフトの発売日。――半年前、少なくとも数ヶ月前には絶対知ってるよね?
逆に明日、スーパーで買う(買いたい)食品のリストは……どう考えても、前日とか数日前とかにリストアップすると思う。
必要性とか、欲望の大小に置き換えてもいいんだけど。まぁ上の例はちょっと事情が異なる。動いている市場や規模も違うし。
でも、あながち間違いとも言い切れないと思うんだよね。これは主観になっちゃうけど、例えばコミケを見に行くとする。
俺ならば何ヶ月も前にはチェックしない。お気に入りのサークルがたくさん居る訳でもないし、数日前にでも調べればできるし。まぁこれは俺の事情。人によって違うけどさ。

これを踏まえて話していくと。ここでポイントなのは、ゲームの発売日を何ヶ月も前から知っているような奴等は、俺が積極的に告知しなくても、どっかから情報を仕入れてくる。だから、宣伝対象から外してもいい、という事だ。勝手に知ってくれるからだな。こいつ等は「ガチ勢」とする
で、宣伝しなきゃいけない対象は、当日にサークルをチェックする「見切り発車勢」と、
一週間前~前日あたりでチェックする「ゆとり勢」である。一ヶ月前に言ってくれないと休みが取れない!とか言う人はこの際置いておく。即売会は大体日曜日だし。日曜日に働いてる人も居るけど。
二週間前とか、三週間前という妙な時期に調べているヤツも置いておく。たぶん、近くなったらそいつ等はまた調べる、そんな気がする。
尚、「ゆとり」と言うと差別的発言に捉えられる場合があるが、安心してください。俺はゆとり世代です。君とはマブダチです。

まず、見切り発車勢。
当日の電車の中で見ている可能性がある。とすると、当日早朝か、前日に告知するのがベストだろう。

次に、ゆとり勢。大雑把な見解になるが
一週間前に調べる……そいつの行動全てを推測はできないが、昼か夜に調べるだろう。じゃあ一週間前の昼に告知すると良いな。
で、調べるという動作。音源を聞いたり、知らないサークルなんかも探したりするとなると、これはサッと終わる作業ではない。長い通勤時間か、自宅でゆっくり調べると思う。
前々日、つまり金曜日ならば平日なので働いている人も多い。調べるとしたら退社する夕方以降だろう。それまでに告知してあればいい。
前日の土曜日。この日も休みの人が多いと考えて、昼か夜に調べるとする。その前に告知してあればいい。じゃあ前日(金曜日)に告知があれば十分だな。

これらを考慮すると、まず一ヶ月前くらいに軽くジャブ。
で、一週間前の昼前に一回。
前々日である金曜の夕方前にも一回。

……にしようかな。誰か効果的なタイミング知ってたら教えてください。