「雑記(普通)」カテゴリーアーカイブ

~ニート始めました~

チャオ。愛なんか要らない、右腕とチンコがあればいい。
――そんな不健全青年の代表、ロイドです。

今日からニートだ!イヤッフゥゥゥゥウウウウウウ!!!!
え?いや漫画のタイトルのパロディって訳じゃなくてガチニート、リアルニートですよ。
晴れてニート生活の幕開けとなりました、が……。あまり軽やかな心情ではないんですよね。

まず、まぁ半年振りのカバーはHPの方でもあちこち動画投稿サイトでも見れると思うんで
割愛して(雑だなオイ)、まぁそう。時間が出来た訳です。時間が出来たのでカバーとかやってた訳ですが。

えっと、次回のスタジオ練習はセンターボーカルなんです。
つまりリード兼用だった今までとは変わり、ボーカルオンリーになるんです。これが暫定的なのが永続的なのかは分かりませんが、暫時、ようは楽器練習に要していた時間が無くなり、余剰分が出たんですな、これは。

んで、何が起きるかと言うと……時間が出来るって事は、精神的な余裕、安堵に繋がるんですよね。悪い意味で言うと「油断」ですよ。ええ、油断しました。風邪引いちゃいました。畜生
美少女は体が弱いんです。俺も心は清廉潔白な乙女だから……やだ、風邪引いちゃったわ。
美人薄命なんて言いますが、どうなんですかね?実際の所。まぁそれは置いといて、

裏方の職場を辞め、まぁ音楽の仕事は継続的に募集&請負つつ、収入が足りないので以前からやっていた接客業のバイトをするハメになるじゃないですか。
……働くのは嫌いじゃないし人と話すのが嫌いでもないんだけど、俺の基本的な理念って良くも悪くも「目には目を、歯には歯を」なんですよね。優しくされたら優しくする。丁寧に接されたら丁寧に接し返す。
前にどこかで「来るもの拒まず去るもの追わず、な人間です」って言ってた気がするけど、この語句だって決して「来たきゃ来い。気に入らないならどっか行け。好きにしろよ」みたいな突き放した考えでは無いんです、俺にとって。内側に入った人間は手厚くもてなし歓迎します。身内に優しく、外の人間には塩対応、もといビジネスライクな対応が基本的な行動基準のようです。

だからこそ、納得できないことで怒られたら反論するし、殴られたらきっと殴り返します。そういう人間です、俺は。
接客をある程度長くやってれば分かると思うんだけど、話し合いで解決できる人も多いですが、この世界、自分が正しいと思って(もしくは後に退けなくなって)相手の意見を聞き入れない人間が居ます。中年以降に多いです。理不尽な事でキレたり、相手の意見を聞かずにまくし立てたり、ぶっちゃけ思うんだけどそれで良く働けてるな、アンタら?
まぁ店と店員を下に見てるからなんだろうけど、お前が話してるのは人だぞ?だったら話し方ってもんがあるでしょう。
客だったら何やっても良いわけじゃないし、クレームだっつうんなら本来名前も電話番号も店側に伝えなきゃならない。そこまでの覚悟と意識があって言ってるのかよ?違うだろう?怒りを撒き散らしたいだけだろう?

幸い、今まで殴り合いの喧嘩になった事はありません。暴力……って言うと聞こえが悪いけど、中学生くらいまではまぁ、取るに足りないレベルでの乱暴はありました。それ以降ありません。でもねぇ、その内起こると思う。決定的な何かが。そう思い2年前、回避すべく一度接客を離れました。しかし現在また戻る事になりました。――勤続8年目。大きな事件は今の所ありません。(小さな事件は腐るほどあったが)

バンドをやってるような人間だからとか、大学中退してるフリーターだからとか、建設会社で働いてた人間だからとか。万が一事件が起きた際、俺は色目で見られるんだろうけど、そこじゃない。まるで俺が傲慢で短気な人間に映るかもしれない。知らない人からしたら、もしかしたらね?
でも屈しては駄目だ。抗っていいんだと。そう思う。勿論相手を尊重し、理解した上でだ。それでも納得できないなら俺はそうしていいと思ってる。
それに、肝の小ささは俺にとって欠点でもあるし。大物になっていくのだとしたらメンタルの太さも必要だと思う。

去年の暮れぐらいからかなぁ。そんな事を胸に行動するようにしてます。人は子供だと笑うだろうか?
でもだとしたら貴方達の言う「大人」を5年続けてみた。少なくとも。このまま演じ続けてもいいんだけど、辟易としてきた。ただ日々の生活の為、仕事に勤しみ休日は趣味に費やし、もしくは結婚して、永遠と繰り返される人々の営みに身を置くというなら、この辟易も受け入れるけど。考えてみたら「全部オレ」だし。ハーゲンダッツ食べて嬉しそうな俺も、ガストでブチ切れ寸前の俺も全て俺、そういう人間なんだと。自分を偽ったり飾ろうとしたりするとボロが出る。変に着飾ったり猫を被ったりして失敗してきた。分かってた事だけど、

だから……
いつかそんな日が来るかもしれない。その時の為に、ここに俺の考えを記しておきたい。願わくば安寧があらんことを。
でもその時は、周りに迷惑が掛かる事を決して忘れてはいけないね。それに言い返す、殴り返すという事はつまり、相手と同じ土俵に立つという事。そいつが自分と同じ人間だと認めるって事だから。そんな事しなくていい。

頭では分かってるんだけどなぁ。

11/28追記
①HPのブログのカテゴリーを整理しました。分類しづらいがこんなもんかと。
②業務請負の料金設定を見直しました。更に細分化が進みましたので、「ピッチ補正だけお願いしたい」とか「簡単でいいからマスタリングしてほしい」などお気軽にどうぞ!

謙遜と卑下の境界――ホライゾンとウンコ

こんばんは、ウンコです。喋れます。喋る野糞です。人型で、音楽をやってるウンコです。
異世界に転生してもスライムにも美麗なアバターにもなれない――きっとウンコかアンデッド系モンスターになるのだな、と朧げながらも感じております。
あっ、最初に断わっておきますけど、今回の内容はなんも無いんです。申し訳ナイトウィッシュ

火の無い所に煙は立たぬ、と言う言葉がありますね。「煙が出てるって事は、そこに火がある筈だ」と。つまり根拠がある筈だ、という言葉ですが……

俺が痴漢冤罪で捕まったとして、周囲の人間は皆口を揃えて言うでしょう。
ロイド君? いつかやると思ってましたね~」と。
怖いですね。その信頼感は。

まぁ俺の場合、着火した”歴”がもしかしたらあるかもしれないけど、いや!痴漢なんかしてませんよマジで、マジで!
歴って、ようはそういう、良い意味で”性的に面白いエピソード”が盛り沢山なので、疑われる道理はあるじゃん。
それって「火の無い所には~」に例えると着火点は別、もしくは無いけど、煙が出てるって事なのかなって。

そう。
俺の周りは煙だらけなんです。何にもしてないです。何にもしてないのに煙まみれなんです。
バイトから帰宅する道中、近所の小学校の近くを、スマートフォンを見てニヤニヤしながら歩いてたらパトカーが後ろからゆっくりと近づいてきて
スミマセーン、お兄さんこの辺の人かな?〇〇って場所分かる?
「俺:いや、分からないですね……
そうかぁ。ゴメンネー。(と言って窓を閉めて去っていく)」
なんて事があって。小学校の方を見たら、児童と保護者?の方がジロリとこちらを睨んでいるじゃあありませんか。
オイオイ、何もしてねえだろ?ただ、この”二次元エロ画像ブログ”の今日の分のエロ画像を見てただけだろう?

まぁこれは半分冗談ですが、職質は多く受けました。最近はめっきり受けませんが。
そんな感じで、実際は無実だったとしても、煙まみれですから即座に捕まりますね? 最高ですね!!

冒頭の転生してもウンコか醜悪なアバターという”煙”も、ようは火(根拠)があるだろうという事。
今回の場合はまぁ、俺のこの現世がこれだけ小汚く歪んでいる事が火になる、のかな?
あれ、合ってる?まぁいいや。へッ!今日もOLの椅子のニオイを嗅いでトリップしてきたぜ!ヒーハーッ!!!
そんな!wwゴミを見るような目で見ないでください!wwデュフフ!デュフフフ!!興奮するでござるwwwwww

えっと、

お知らせ。

Poisonous Wonderlandの特設ページはまた準備中(パスワードでロック)とさせていただきました
出来上がっていく様子を見れるようにしたら面白いかな、とも考えたんだけど、SNSと連動して告知するにあたって非公開のものが先に出たり、タイミングが崩れたりするのを避けようと判断しました。一旦情報を伏せた事もあって。
現在公開されている情報はジャケットがcoa.さん。そしてアリア役は狛茉璃奈さん。セラ役はまだ未公開!んで、冒頭ナレーションもまだ未公開!ですね。いつ公開しようか……?いつがベストなんだ?すげぇ悩む。
発売は来年の4月ですが、作品の公開は12月には行われます。作曲コンテストにこの曲を応募するので。

それで今、声優さんの音声トラックを弄ってるんですけど。
笑っている状態から、表情が真顔になっていく現象ってあるじゃん。
例えば友人と凄い楽しく昨日見たアニメの話をしてたら急に実家から電話がかかってきて、受話器ごしに「助けてェ!ッ殺される!助けッ…ツーツー」ってなったら段々、笑顔から真顔になっていくでしょ?表情筋がキレ~イに左右両方、脱力してくでしょ?
その現象が起きました。
いやぁ~ww幾ら声優さんとはいえね?サンプル音源を聞いてて実力を知ってるとしてもさww
俺の脳内のアリアちゃんのイメージを超え……られるとは、限らない……
……、…………
…………やべぇなこれ。

みたいなwwwwwwそれくらい現実から物語の世界に引き込まれました。
まぁ公開をご期待ください!マジで!是非聞いて、あらすじを読んで、色々と作品への想像を膨らませてもらえたら嬉しいっすね!

あと、
私事ですが、新しいDAW”REAPER”を導入しました。感想としては「やるなコイツ」です。
日本語化パッチを入れたので使い勝手も悪くはありません。まだ弄りきれては無いですけど。
そしてプラグインを弄りまくりたい人向けという認識も、なんとなく実感しました。ようは色んなエフェクトが入ってる訳じゃなくて、外枠だけ用意して、あとは自分でカスタマイズしていくDAWという感じなんですね。住宅の建設で言ったら、骨組だけです。
でもだから動作は軽いです。今まではAudacity、Domino、SONAR、Abletonを主に使ってたんですけど後半二つはライトエディションという事もあり(そしてバージョンも古く)、充分な機能は足りてなかったと思います。それでも今までそこそこのクオリティのミックスで作って来ましたが。
――というのも、DAWは古いけど、プラグインは市販のちゃんとした奴を入れているからね。

REAPERを入れたらアナライザーは普通に付いてるし、リバーブの残響だけPanを振れるし。この二つが超ビックリ。
今の普通のDAWだったらデフォルトで搭載されてて当然なのかもしれないけどね。捗る。
そしてWavesのHorizon(知らない人の為にカンタンに言うと”ミックスに大活躍するプロユースのエフェクト集”みたいなもん……の上から二番目に良い奴)も買いました。
――もういっそ買ってしまおうと。12月から俺はニートだ、だったらあわよくば、勉強してHorizonを使いこなして仕事として受注できるようになろうと。そういう魂胆もありつつ、購入。
なんで最上位のMercuryじゃないかって?色々調べてみて、Mercuryは必要ないという判断に至ったのと、内容物一覧表を見てこれくらいあれば充分だろうと思ったのと、あとは名前がカッコ良かったから!ホライゾン……Sound Horizon、Lost Horizon、ログ・ホライズン……最後は”ズン”だけど、何となく良さげだったので。(適当)

でも既にミックスが一つ上の次元へと昇華したのを体感しています。弄りまくりたい!ああバイト行きたくない!

夜勤やってた頃のあだ名は”ギャング”

おっざまぁーっす!おざぁっす!おざっ……

ああこれ相当ウザイな……。おはようございます、ロイドです。
昔、バイト先の店長に「挨拶しないのは人間じゃねぇ」と言われました。どうもこんばんは人外です。ええ、挨拶は苦手です。
「おはようございます」と言おうとすると「お、おぁ、おはっ、おは よ…うございます」ってなっちゃう。あら~病気かしら。「オス!!」なら言えるんだけど。
現在ガリガリなのに中学のときに毎日筋トレし過ぎて脳みそだけ脳筋になったか、小学生の時ちょっとだけ空手を習ってたけど師範の蹴りが頭に入りすぎたのか。言語中枢をやられちゃったのかな? ハハッ!

考えてみたら頭に重傷を三度負ってるんですよ。(一度目は幼稚園に入る前。姉貴のタックルでぶっ飛び、室内の角に頭をぶつけ重傷。正月で病院に行けず)
これも関係あるかもしれないし、あとはさ、接客バイトで一日に百回、何百回って「いらっしゃいませ、こんにちは」って言ってるとさ、段々「いぃ……っせぇー、knにちわー」になってくるじゃん!しょうがないじゃん!そういうのを揶揄したのが「しゃあせ~」っていう表現な訳じゃん!バカにするなよ!俺なんか「せー」と「ちゃー」しか言わねえぞ!!セーチャーセーチャー言ってたら客に「あっ今日の店員”チャー”じゃんww」とか言われてんだぞこの野郎!!あ、あの野郎!!畜生!!

畜生ッ!!

ええ冗談です。(冗談ですよ?)
苦手ですが挨拶はします。してます。唐突ですが、先日銀座に行って来ました。すんごい唐突ですがハナシこっから本題です。
えーっと。と言うのも、DLsiteさんとJNCA協会さんが共催するネットクリエイター交流会に参加していたからですね!
時系列的には楽器フェアの前週なんですが。銀座のとあるビルの貸し部屋に入ると、

こんな感じのお食事も用意されており。素晴らしいですね。ビュッフェ!
ともかく酒と食いもんと美人ウェイターでドンジャラホイ!でした。(え?)

いや、ウェイターさんは美人でしたよ。え?どうでもいい?
あ、ちなみにちゃんと撮影の許可撮ってます。

イラスト、漫画、プログラム、作曲、音声、ゲーム、シナリオ、小説などあらゆる各方面のクリエイターがこの交流会に参加していました。何をするかと言うとまぁ交流な訳ですけど。一歩踏み込んで営業する人も居れば、同業者としてアドバイスを請うたり相談したり。世間話に花を咲かせるも良し、みたいな感じでしょうか?
主催側の意図としても、「皆さんの繋がりや交流のお役に立てれば幸いです」との事でした。これで確か参加費2000円だったかな。

クリエイター交流会というもの自体は、企業や団体以外にも企画・開催していて、個人でやっている所も多いと思う。箔付きの団体様が主催してくださっているので企画への不安は無かったんですが、今回交流会に初参加で、しかも知り合いも居らず緊張してました。でも色んな方と名刺を交換し、お話し、繋がり――結果的に、色々学べて良かったです。ただリクエストを一つ出すなら、乾杯の音頭だけ取ってあとは放置、皆さん勝手にどうぞ!……というよりも、もうちょっと企画側が「じゃあサウンドクリエイターの方はこちらで一旦集まってみましょうか」とか「アナタさっきから独りぼっちですね。あっちにもぼっちが居るんで私が仲介して一緒に話しましょう(超失礼)」とか、何がしかの企画側のエスコートがあっても良かったなぁと。え?甘えるなって?www
でもネットクリエイターのような、ネットで活躍する人ってクラスで言ったら大人しい、目立つタイプではない人が多いじゃない。「今日初めて銀座に来て、右も左も分からないけど、何か自分の為になると思って参加しました!えっ、何したらいいんすか…?てゆうか何があるんですか?!」みたいな……。それぞれの軽い自己紹介みたいなのがあれば、それはまた話のキッカケになりますしねぇ。
勿論、自由時間はあって良いと思いますが。
まぁそんなこんなで、良い時間と人に巡りあえました。今後に活かしたいですね。

それからPoisonous Wonderland(略:PW)の件、シナリオや細かい仕様の変更まで出来上がって来ています。ワクワクしてます。
今回のイラストはCoa.さんにお願いしてます。ラフはもう出来て、色塗りに入ってらっしゃるようです。Tシャツも作ります。うん、製作理由の半分は俺が着たいっていう、自らの欲を満たす為だけにお願いしました。
声優さんも凄い多くの方々からメッセージを頂いてビックリしています。それに伴い仕様も若干変更しました(特設ぺージは再びパスをかけてます。【fab008】で見れますが、工事中ですのでご了承をば)

アリア・フィオーレとセラ・リュシオス。そう、アリアはメインの女の子ですが、セラ――登場人物が1人増えました。さてこの物語はどう進んで行くのか。
私の想像したシナリオ(云わば正規ルート?)はあるんですが、あえて物語の結末は濁して終わろうと思います。その方がリスナーの想像を掻き立てるじゃないっすか。なので声優さんの語りも、それだけでは物語の全容を掴めないようにしています。
死んじゃったのか。生きてるのか。どうなったのか。そういうのが気になるような、興奮していただけるような作品になるよう努める次第です。

勿論、シナリオに矛盾が生じないようには作られてます。作品を応募して結果も出て全てが終わった後は、どうなったのか聞きたい方とかには恐らく「実はこういうオチでね?」みたいなのをコッソリ話すかもしれないw
いやぁ~正規ルートって言ってもそもそもが悲壮感MAXだからなぁ。。ただただ何というか。。。てゆうかアニメ化したい。

予定調和。ターニングポイントへと収束する世界線

おっざまああああああぁぁぁっす!!!!!!

連日の睡眠不足はあれどコーヒーとスニッカーズで精力絶倫の俺です。
今日の午前中はバイトの面接でした。これからMTRの差し替えや溜まったタスクの消化に移るのですが、何のバイトかというと、

いいですねぇwwかねてより性犯罪者予備軍として定評のある俺です。一コマ90分、ずっとチ〇コ突っ立ってる可能性もあります。
やめた方が、まぁ……結果は火を見るよりも明らかでしょうけど、今日はそんな粗末な事を報告するつもりはなくて。今日の本題は

まだ超、超超超未定ではありますが「近々、バンドメンバーの入れ替えがまた起きる可能性が高い」という事です。薄々お互いに気付いていたし、今年の春頃からその空気はありました。言葉に出しませんでしたが、ずっとお互いに相手の心中を察しており、理解し合っていたようにも感じます。無論エスパーじゃないので全部が全部、って訳にはいきませんが!
これねぇ、悪い事じゃないのよ?ケースバイケースですが今回のケースは悪い事だとは思ってなくて、ただ一般的に「バンドメンバー脱退」と聞くとマイナスのイメージが沸きますけども。
悪いと思う人は多いだろうけど、いつも俺が心掛けてるポリシーとして「FABにとっての最善を選択する」という意志があって。円満に別れたなら、繋がっていけるのよ。後述の内容に掛かってくるけど、そこにメリットは生まれるし、利用できるんです。

このブログを見てる酔狂な人はそもそも少ないですが、更に言えばフリーアズバーズのメンバーの事情、機微に知悉している人は身内を除けばゼロだと思います。なるべく分かりやすく簡潔に書けるよう尽力しますが、個人間での綿密なやり取りが基本だった(正規メンバーが少ないから、やり取りが広がりにくく共有されづらい)ので、上手く書けるかどうか……ご容赦を。理解はしてるが文言で説明するのは、ムズイw

FABのメンバーっていうのは、それぞれが若干異なる夢(目標)を持ち、それに向かって進んでる(進んでいた)んですね。でもその場合、経過地点でもゴールでも、統一されたビジョンを共有できなければ、お互いに力を合わせ協力し進む事は……途中から容易では無くなっていきます。最初はよくてもね。
例えば個人の目標として「俺はプロを目指してる」とか「アーティストとして月〇〇万円稼げるようになる」とか「メジャーデビューする」とか「音楽で食っていく」とか。似ているようで実は似てないじゃないですか。本質的には。(流石に分かりますよね……?)
分かりやすい目標があった方がいいだろうってな訳で、ウチの場合は「Wacken Open Air」を統一の目標として掲げています。以前も現在も。(俺自身の明確な目標というのも、実は微妙に異なります。FABに固執している訳ではなく俺が有名で人気になれれば良いと思う。誰だってそうでしょう?でもこの状態、つまりFABは使える。それにFABはバンドもあればサークルもあり、1人でも上へと進むことが出来る)

その目標の為にお互いを利用し合う、利用できるものは何でも利用するというスタイルは(人情はありますが)定石ですよね?
FABも当初から勿論それを推奨・実施してて、つまり例えメンバー間であっても、利己的に、打算的に利用するのはOKだよという事でやってきました。ようは自らの目標に対してのメリットを追求しましょうって事です。(ある意味では、こっちが統一のビジョンだったのかな?でも結果はオーライ)

この状態は一枚岩じゃないとも言えますが、それは多くの団体・集合体では珍しい事じゃないし、ことフリアズに至っては(というか大体皆がそうですが)上記から分かるように各の進行方面が一緒なんですよ。FABが船で、一緒の船に乗っている仲間、そんな感じです。(仲が悪い訳では一切ありませんが呉越同舟に近い)
それゆえ例えば「急にメジャーアーティストに加入する事になった!」となれば、俺はフリアズを活動休止にする事もあるだろうし、逆にメンバーの誰かがそうなった場合、全く止めません。(元メンバーがメジャーへ行った、という事実も活かせる訳だし)そこにお互いの信頼を感じ合ってました。今居るメンバーは全員そういう思想の下、タッグを組んでいます。俺、好きだなこういうの。バトル漫画でライバル、もしくは敵同士が一時休戦して共闘するみたいで。あっこれ微妙に違うなww
逆に「おっしゃこのバンドで天下とったるぞお前ら!マイフレンズ!一心同体だ!」みたいな結束の固い状態、友情、熱意、体育会系!みたいなのも良いとは思います。でもそういう人間の場合恐らく考える事は苦手なんじゃないかなと思います。考えなくてもバンドが有名になれれば別にいいんですけどね。(今の時代どうかなぁ)。いずれにせよ良識がある人間なのが前提ですけど。

なので今回、両者同意の上、納得ではあるですけど、ああ、そういや常識と良識は違いますからね。あれ?文章が散らかり始めたな……。ようはそういう心持で(見る人から見たら多少歪かもしれませんが)、お互いに結託して励んできた。これは間違いない。
口頭でもLINEでも話して来たお互いの何十時間の考えを文章でまとめるのは至難の業ではあるけど、
ようはそのメンバーが入ってから暫くして、昨年の末ぐらいから何となく……いや、明確になり始めるのは一年が経った今年の4月末の時点で、脱退を視野に入れつつ活動しているんだなというのは分かっていた。理由は……本人じゃないし奇麗には表現できないが、自分の目標を達成するには今のFABでは不十分なものが多数ある、みたいな感じがしっくり来ると思う。
で逆にこちらとしてもメンバーチェンジについては同じ頃から考えていた。理由はまぁ……まず先にメリットを述べると彼が居るメリットは色々あって、一番はなんせ「考えられる人」である事。学生の時以来、そんな人には会ってない。意見を出してくれる、知識もある、議論をできる、が一番のメリットだろうか。ただデメリットもあり、理由についてはそのデメリットに他ならない。
お互いになんとな~く、そんな相手の心中を察したままで、時には濁しつつ、それを口に出したのもつい2日前だ。大きく動いたのは先日だけど、メンバーチェンジというこの選択肢は俺の中にもずっとあったし、彼の中にも脱退もしくは……という選択肢がずっとあった。その思いが決断となり、もしかしたら9/22以降「脱退するのか兼任するのか、それともソロになるのか。」という事が起こるかもしれません、と先んじてここに記しておきたい。
急にそんな事が起きたら皆びっくりしちゃうものね。何があったの!とか、何したの!とか。ましてや「あの時言ったじゃん。そんなんじゃ彼、辞めるよって」とか咎められたら俺はぶっちゃけ辛い。「違うねん!既にその時、そういう感情、選択肢があったから俺はあえて〇〇してたんじゃ~~!!うにゃ~~っ!!!」みたいなww

たぶん俺は周りから色々言われるんだろう……。それは中心としての責務だろう。でも一つ、「続けてもいいし辞めてもいい、どちらでもいい」と俺は常々メンバー皆に嘯いてきたけど、勿論彼らが居てくれるFABの未来は嬉しいし、楽しい。大歓迎だ。それにお互いに、こいつは利用できるヤツだとメリットを感じられたのなら、繋がりまでは消えないものだと思ってる。勿論口で今まで言ってきた事、まだ言ってない事、裏表はまだあるだろうけど、何だかそんな事を漠然と予期している。

まぁ、まぁあれです。マイナスのイメージを浮かべるだろうけど、俺は決してそうは思ってません。失うものはあれど、今後得るものも大きい。得たものも多い。もっと早く失っていたらまた別の何かを得ていただろうけど、二つの価値が分からないので天秤で量ることはできない。ましてや起きなかった事象だ。知る由も無い。でもね、どっちが良かった、正しかったなんて――そんなもん”こっち”に決まっている!間違いなくこの1年半で加速した。間違いなくだ。

思えば、ほどけた糸が一点で交錯して一本の束になるように、2017年4月に再始動してから2018年のその”エックス・デイ”まで、まるで世界線が収束していったかのようにも感じる。多少先延ばしになったような感覚は否めないが、最初からこうなるべくして、進んで行ったんじゃないかな。人為的な部分もあるだろうけど、見えざる力を感じずには居られない。だって最初に入ったのが4/21で、次の分岐点が翌年の同じ4/21って、気持ち悪いわ!まるで運命じゃないか!西東京の神様ですかね!またいつかそちらに行きます!

言ってもすべては未定の話。今日はここまでで。

射精
(敬具、みたいな意味で)

ファミマのコーヒーはトッピングが好き、セブンのコーヒーは純粋に風味が好き

音楽活動をしていれば、まぁそれなりに普段やるべき事はある。やるべき事とは別に「やってみよう」というものが数多あり、俺はこれが物凄く多い。アイデア性に富んでいると言うと聞こえはいいが、ようは脳内が散らかっているのである。
直近でやりたい事其の一。VRですね。これはVR配信を音楽活動の一環として行うので、決してVR空間でHな事をしたいとか、VR空間でスカートの中を覗いてみたいとか、VR空間の中でバーチャルイチャラブセックスを

まぁ本当は其の二、其の三と書いてもいいのだが、まぁそれは今後の活動を見てくりゃれ。省略する。
いやぁ、また睡眠不足の生活が続いてまして。基本4~5時間寝ればまぁ翌日、それなりには行動が出来る人間らしいんですけど、とは言っても勤務中にパソコンの前で白目は剥くし、体調が優れない時もある。この状態は2日までにしておきたいですね。40時間起きてた経験はありますが、あんなのね、ただの中二。これだけ起きてられました!凄いだろう!という自慢に他なりません。一度寝た方が効率が良いし、無理して起きてるとミスを誘発するし。
数年前に病気でカフェインが一切取れなくなった時は、死んだように毎日過ごしておりましたが、こうしてコーヒーを飲みながら夜更かししていると、「あぁやっぱコーヒー飲めないのは悲しかったな」とか、「いや、寝ろよ」とか色々思う訳ですが……!

今月は先月と違い、CDがちょろちょろ売れてまして、嬉しいですね。コミケと委託してるサイトと、それから先ほどBandcampでも。料金を上増しして支払ってくれた方もいらっしゃったようで。ありがとうございます。ご購入された皆様、本当にありがとうございます。こればかりは、いつになっても初心を忘れられませんね……。
ちなみに、Bandcampで売れたのは初めてでした。複数のサイトで委託販売しているのですが……うん、よっしゃ、教えましょう。どこが賑わっているかを
※勿論販売してるもの、販売の仕方、ジャンルによるだろうけど。元同人、海外系メロパワメロスピ、プログメタル、ジャパメタ~と言った感じの当サークルの印象に基づく、と。敬称略です。

BOOTHでは割と見てくれている、聞いてくれている方々が居らっしゃるようですね。同人系クリエイティブの前線って感じがします。お世話になっております。
DLsiteやメロブ、Digiketなどは……。有名・老舗ですが、音楽関連はBOOTHには劣ってしまいますね(BOOTHでは音楽即売会も定期的に開催してますからねぇ)。最近は新アルバム出してないので、リアクションはありません。
BIG UP!は以前まとまった金額が入ってきまして、ストリーミングサービスの収入?でしょうか。よく分かりませんが、いつの間にか結構な額になってました。(今は云わば、小康状態)
TuneCoreは……簡単に様々な所へ配信できますが、正直に申しますとレスポンスはあるんですけど、収入が「一銭二銭」の世界だって事を理解してもらえれば(濁した表現ですみません)。後は、事情により細かには書けませんが、メタル、インディーズ界隈は少なくとも賑わってないような気がします。
Bandcampは完全に海外向けですね。海外のミュージックファンがチェックはしてるみたいで、たまにフリアズのページがURL貼られてたりします。けど売れたのは初めてでした。
他にも色々ありますけど……ね、眠い。ダメだ、カフェインが……足りない。。。。

え?タイトル?
その場で挽いて入れる、あのコーヒーですね。あれ、やっぱ好きっす。コーヒーの味の違いが分かるほど通ではないですが。
セブンの方が香りがいい気がします(たんに、セブンの豆の方が好きなだけかw)。
まぁでもファミリマート贔屓の人間なので宣伝しますと、FMはトッピング(置いてない所もあるけど)がいいです。へーゼルナッツとか来キャラメルとか。ファミコレの缶コーヒー買うんだったら、同じ100円でコーヒーマシンの方がいいですね。

暑さでパフォーマンス性が下がる結果、更に忙しくなる。のじゃ!

のじゃ!ってなんじゃ!
ジジイ言葉のロリババァの狐娘とか獣娘とか人外が好きです。いや、そんな話をしに来た訳ではないのじゃ

一寸先は闇って言葉、度々使う程には好きなんですけどね。実際に堕ちるとね、
――いいですよねwwwww闇というか、渾沌の渦中におります。どうもこんばんは。これブログ書いてる場合じゃなくて、寝ないとマズイんです。いつぞやも嘯いたように、精神の安寧の為に書いているのかな?俺にも分かりません。今日、バイト行って帰ってきた後、色々ありんした(錯乱)

・お誘いいただいたメタルセッション参加のやり取り(Facebookがよく分からん!時代錯誤!)
・島村HOT LINEの電話確認(間延びした声のお姉さんが出て和む!デュフ)
・次回スタジオの確認事項、今後の流れなどを思索。書き出す。(これはいつも通り)
・スタジオ練習の音源をPCに取り込み、上の事柄を踏まえつつ音源の選別及びアップロード(呆けておった!幾つか音源を消してしまったのじゃ!!)
・コミケ用イラストをお願いしていた絵師の方が熱中症で倒れた!新しく公募かけ、人選!メール!メール!(業者の発注期日が切迫!!FOOOOOOOO)

なん、……だとッ?

(致死)

イラストは……いや、本当熱中症は死ぬ可能性もありますから、体をお大事になさってください。
でもね、テンパリました。不測の事態。テン・パリ……?なんだろう、ワインの銘柄かな?

まぁリハの予約とか普段の練習とかバイトとか、そんなのはまぁ余裕ですよ。全然楽勝。チンコチンコ
毎度の事なんですけど、繁忙と過疎が交互にやってくるのは良いとして。二つの事を同時にやるくらいがギリなんです。俺は。
でもね、暇をもて余してるミュージシャンなんて、口にするだけ恐ろしい事でしょう。もうヴォルデモート、ハリーポッターで言ったらヴォルデモート級ですよ。あれヴォルデモー「ド」?ヴォルテ?ヴォルデ?ホオオオオオオオオオオオアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!!!
ましてや「小人閑居して不善をなす」なんて言いますからね。下らない事してますよ、きっと暇になってたら。だからこれも都度言ってますけど、良い事なんです。で俺も半ば楽しんでは居る。てゆうか、結局アニメは観た。時間あるのよね。嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたいっていうアニメ観ました。いいですね、最高です。俺にも誰かパンツ見せてください。今期はオーバーロード、邪神ちゃん、ヒロアカ、異世界魔王、シュタゲ、ああいけない。話が脱線してる。レムっていう豹人族の女の子の乳首が、ああ!!!

8月上旬までで、色々ある。
セッションでHelloweenを歌わせてもらえるようなので歌詞を思い出し、
危険物取扱免許の試験が迫っているので勉強をし、
グッズを業者に発注し、ライブのフライヤーを作成し、MTRの同期音源を入れ直し、コミケとリハとHOT LINEか。マグナカートも買わないと。
ああ、そうです。まだ詳細分かってないんですけど、ライブも決まってます。ライブは後日正式に告知すると思いますが、メロスピの大先輩UNDHIFEAT、それからラウパにも出てたFury of Fearが対バンに居ます!凄いですね!場所は柏Thumb Upで、9月22日予定です。フリアズは新体制、新曲、凄いですね!(凄いですね!)

多分ね、天才って奴はこの一見たくさんあるように見える事柄を、簡単に考えるんだろうね(凄いですね!)。
うん無理。(と言いつつ頑張る)

頑張る努力の天才、ロック・リーを目指してみようか。

裏蓮華ッッッ!!!!

変態は自称しない

更新が遅れました。。。こんばんはロイドです。7月1日、最高に盛り上がったライブでした。
来て頂いた方、クレッシェンド様、共演したS.T.R.GCAPTURED兀突骨Ghost Cries……(敬称略)今回、本当に!ありがとうございました!!!

なんで更新が遅れたかと言いますと、記事は翌日の深夜には書いてあったんですが、「えぇっと、最前列でベースが見ていた所、Anyさんの汗が飛んできて嬉し、――あれ? これ書かない方がいい奴か!」と思い至り、「あぁ、そうするとこの冒頭の《中学の時にトイレで女子の体操着を着ていた事で有名になりつつあるボーカル》という単語は消した方がいいな……」と改変していた次第です。大学生の卒業論文ばりの枚数になっていた所を、ガッツリ削りました。つまり、99%無駄な文章だったんすね!

後はバンドの今後の予定をドロップボックスに移したり、新曲の準備、コード表の作成などに時間が掛かっておりました。差し入れで余ったレッドブルは全部貰って帰り、昨日と今日それを飲み、寝たい!!寝たいぞおおお!!!
――半死半生の状態で生き永らえてるのはエナジードリンクのお陰と言っても過言ではありませんね。一段落着きましたが、まだスタジオの電話予約とか、レンタル変更とか、後は市役所に行って手続きを、あばっ あばばばb

Ghost Criesさんは事前打ち合わせ(という名の打ち上げ)に参加させていただいて、色々お話してたんです。音源は聞いた事があったのでものっそい上手く、曲がシンフォニック且つダイナミックさがあり、そしてバンドの経歴が長く、ウィキペディアにも載ってて、海外でも有名・人気……なのは知ってたんですが、会ってみると半数の方が「あれ?一般…ヲタ?あ、あれ?」ぐらいのディープな日本のオタクの方々、もといステージとのギャップが激しい方々でした。プロだなぁ。。。
いずれ新体制で準備が整ったらまた誘っていただきたいですね。

個人の話ですが、歌のルーティングは良い塩梅じゃあないでしょうか。ライブで「2ヶ月前の、スタジオリハの80%程」が出せるようになって来ました、後はもうちょい。二日前がリハだったり、他想定外があってボロボロになってた割には頑張ってたと思いますよ。ジワジワ来てます。後は全体の演奏力も上げて行きたい。
曲の入れ替え、メンバー変更。。。前者なんて、5年、10年やってるようなバンドが取り組むような事だとも思います。とすると、前に進んでるのかはさておき、かなりスピードは出てるんでしょうね。。これが事故に繋がらないように注意して運転しなきゃいけません。
ただ、それでも着いてきてくれてる人の為にも今度御礼を、モチベーション提供をしたいですね。かなり乱雑な運転をしている俺には、その義務があると思う。

一朝一夕で身につく事なんて、簡単な結果しか生まないんだなぁ

我ながらこの表題、今考え付いたけどその通りだな…。だとしたら長いスパンを掛けて出来上がったものは、大きな結果を生み出すんだろうね。音楽もバンドもそうだよなぁ。。。

まず最近の様子から。
観るアニメが徐々に減っている為、一日のうち空き時間が少し多く取れるようになった。
バンドに活かせないかなぁと、独自通貨や投資信託について外枠だけ勉強してました。
その有意義な時間の半分くらいはゴールデンカムイを読んでしまっている訳だが…。ええ、

いや大丈夫っす。何が大丈夫かって言うと、勿論バンドのほうは色々と手を打っていますし、日々の練習も欠かしません。
数ヶ月、ないし年単位の計画なので不鮮明にビジョンが見えている部分は否めませんが、「今後どう攻めるか」という取っ掛かりは掴んだ感じです。
それについては後述するとして。。。

あ、ヤングジャンプ連載のゴールデンカムイ。作者は野田サトル。面白いですよ。
フィクションとは謳っているものの、明治時代末期の北海道を舞台に、実在したであろう登場人物達が大暴れしてます。
個人的には「アイヌ人と兵隊、侍たちが織り成す三つ巴ドタバタバトルコメディ」って感じですが。

殺人犯の囚人が何処かに埋蔵したアイヌの金塊を巡る話で、網走監獄から脱獄した凶悪な囚人達の体に彫ってある刺青、
それが金塊の隠し場所の「地図」になってたんです。(殺して皮を剥ぐ事を前提で、胴体にパズルのように彫られているので、殺し合いになります)

それを軍隊や主人公たち、それから新撰組の生き残りである土方歳三ら、様々な勢力が狙い、時には殺し合い、協力し合い、というのが根幹ですかね。
それぞれの勢力も一枚岩ではなく、内部で騙しあったり謀反したりという駆け引きがあり、そこに物語の眼目「アイヌ人」が絡んでくるんです。
あとは北海道に生息する屈強な野生動物を引き込んで話は膨れ上がっていきます。ヒグマに殺されたり、ヒグマを殺したり、ヒグマを食べたり……。
ああ、あとヒロインのアシリパちゃんが良い味ですね。萌え要素は少ないですが、ヒロイン兼、作中屈指のギャグ要員であり、あとはインカラマツという妙齢の女性が、ああ…ああぁッ!インカラマツお姉さんが谷垣とせ、セックスしてしまった!!あああああああ!!!!!!!
まぁあれです、読みやすいテイストに仕上がっていると感じました。

いけねぇ、脱線した。

前回のオーディションライブはまぁ何処かで触れたかもしれませんが、俺がとても酷いレベルだったんですね。

マイクスタンドのポジションを下げすぎて、しゃがんだ状態では力む事ができず、高音をよく外し

オーディションや!と必死に動きすぎて、テンパり

作詞者なのに歌詞を間違え(普段は間違えた事ない)、、、

原因や言い訳は幾らでも思いつくんですが、でもお客さんやリスナー、殊更言えばメンバーにもそんな事は関係ないですからね
それが実力だと思われてしまうし、多方向から色々言われました。かなり落ち込んではいましたがゴールデンカムイを読んで克己心を奮い立たせます。
今回の一件は胸に刻んでおこう。。。

でも俺、吹っ切れた。ステージングは「良いに越したことは無い」んだろうけど、もう動かないよ(全く動かないという意味ではなく)
ステージングがまだまだだ」だと言って来る先輩方や企画者、そもそもの通説として「ステージング・パフォーマンスはせねば」という固定概念、
そう言った考えが(今の俺にとって)逆にジャマしてるのかなって。そういう先輩方がメジャーデビューや大御所にならずに先の方で行き詰ってるのを考えると、
ステージングに重点を置くよりは、やっぱもっと別のモノを改善してかなきゃならないでしょ。確かにそれらは大事ですけど!
メタル界隈で有名なバンド、メロパワ系に限っても、そんなに動いてないバンドも多い気がするんだよね。

後はまぁ、先輩方の言ってたアドバイスを履き違えて理解してた節もあるし。要訣はガムシャラに動くんじゃなくて…!って事でしょうから
棒立ちも良くないし、窮屈そうに演者が演奏してるのも良くない。統一感も欲しい。ちょっとしたアクセントも欲しい。
ただ、だからと言って、動こうと躍起になるのも違う
。しかもそれで演奏に支障が出てるなら尚更。
勿論「動き、演奏が両立できないのは、そりゃあお前の練習不足だろ」と言われる可能性も承知の上で。

生意気な事を申し上げました。すみません

冒頭で述べた件ですが、今後の動き・作戦として。当初から視野に入れていた海外にやはり移ろうと思います。「なんで?」という質問は……
なんかゴールデンカムイいっぱい書いちゃったから省略しますが、「日本よりそっちでやるべき」という一文で終えるとして、
その為にはまず準備ですね。で、「準備の準備」くらいの段階でまず英語が話せないといけません。通訳を雇うのもありですが、雇う人数も1人だろうし、
一から十まで通訳に任せられるとは到底思えない。なので英語を習います。そうすると話せるレベルになるまで、まぁ…年単位かかるでしょうね。
あと、「海外なんて幾らかかると思ってるんだ!バカじゃないの!」という方。補助金制度が受けられるの知らないでしょ?フフン
(と言いつつ俺も最近知った。条件が揃わないと難しいみたいだけど)

それまでの間は、今まで計画してきた事をしつつ、且つ新たに取り入れようと思ってるのが野外ライブです。
一番良いのは大型の野外フェスに参加する事ですが。オーディションでの対バンのジャンル、審査通過したバンドのジャンル、そういうのを見る限り
メタルっていうのはまだ逆風が吹いてる。小さいフェスでもメタルフェスに出れれば嬉しいけど、メタルバンドもそれなりに数は多い。出れるか分からない
だったら、自分で企画してしまおうというのが一つの発端であり。
後は、路上ライブを検討してた時、「大音量だからドラムが駄目」っていう所が多いんです。で、ドラムOKの野外の企画に出ると今度は「ALLジャンル」だったり。

やる場所が限られるけど、人が多くて人目につく場所…且つ、時間も気にせず、それに企画がちゃんとしてる場所。うーん…無いぞ?
だったらやっぱ自主的に、宣伝や企画をきちんとして、人が集まる場所を設定して許可を取り、集まりやすい時期を選び、やってしまおう、というのが理由です。

この企画自体は数年前から持ち上がってたんですね。で、そのために何が必要か→発電機とか→小型発電機レンタル、もしくは発電車――
と言うわけで、ガソリンを使った小型発電機の使用を考えています。そこで危険物取扱の免許を取るため、目下勉強中であります。
前に花火大会の屋台でガソリンが引火して大爆発した大惨事がありましたね。こうなっちまったら最悪ですよwwww
これでバンドが有名になるというのは悪手中の悪手……いや!炎上商法だって邪道だけど立派なやり方ですけど!
人死にが出るのは本当に最悪のケースですから。免許取ります!安全が大事です。(事件概要が気になる人は下記リンクを)
→福知山花火大会露店爆発事故(Wikipedia)
まぁ話を戻すと、
定例化するのも面白いし、これならメタルバンドを呼ぶ事だってできる。まぁ…第1回の前に入念なゲネプロが必要となるし、半分素人がやるから責任が取れないという意味で
何かあっても別にいいよ!」ぐらいの気概があるバンドにしか声を掛けづらいのだけど。

余談ですが、海外で日本人がライブやると「演奏がすげー上手い(もしくは、曲がすげー良い)」と驚かれるらしいですね。
こっちから外国へ行くバンドの場合、有名(長くやってる)だったり事務所に所属してたり、
そもそもスペックが高いでしょうから当たり前とも言えますが、でも日本にツアーに来た外タレと去年対バンした時、演奏が「?」
だったのを見ると、ちょっと納得しかける所はあります。
どっかのサイトで見たバンドマンが言うには
10年前、20年前はともかく今の日本、特に東京はライブハウスがひしめき合ってる状態で。
そこでライブやろうとなると、ライバルが多く、倍率が高く、動員もできず。そうなるともっと良い曲にしなきゃ!もっと演奏技術を高めなきゃ!ってなるじゃん
そこで鍛え上げられてから海外へ行くから、いつの間にかハイレベルになってて、驚かれる

らしいですね。成程ね~と。そうなのかな。

相変わらず文章なっが!!!次回ライブ、気合は入れません!空回るから!
いつも通りにね……そう言ってる人間が最も意味を理解してなかったのかもしれないなぁ。。。

フェスのあとがき/レビューを書いていただきました

TSURUKAWA BAND FES.のあとがき

こんにちは、こんばんは。初となるフェス参加を体験し、次はスタジオ練習(と会議)を一度挟んでから、29日に浜松町のM3で新譜を売り、翌日はビッグサイトのCOMIC1で新譜を売り、5/5は新宿FNVでライブですね。そして5/11は吉祥寺クレッシェンドでもライブという――バーサーカーソウル然としたスケジュール。もうやめて!とっくに坂倉のライフはゼロよ!遊戯王?いいえ、もうこの歳になると杏子のおっぱいしか覚えていません。ああ、あとブラックマジシャンガール。

フェスの様子が4/25(水)18:00放送のJ:COMの番組「デイリーニュース」で流れるらしいので、御覧になってみてください。もしかしたら我々も映る……いや、映らないかなぁ?

フェスの感想は……。僕個人で言えばですが、学祭で弾いたり、コンクールで弾いたりという経験が実は無かったんです。(小さい発表会みたいなのはあるけど)
なので中規模のコンサートホールでお客さん方の前で弾く、というのは良い経験になりました。本番はさておき、リハの時客席で聞いた外音、ちょっと鳥肌立ちました。「うわぁ、ストリングスってホールだとこんなに化けるんだ!」とか、全体のバランスと演奏聞いてて「ガチじゃん!」とね。全体の感想を言うとギターアンプがリハーサルに間に合わない機材トラブルはありましたが、でもそれは僕らの出番の時には解消されてて、もっと別の色々な事が、ねwwwwwwwwちょっとねwwwwwww

結果だけ言うとフリアズ史上、最悪のライブを見事更新しましてねwwwwそれは次回の会議で少し話し合うつもりです。はい、皆様大変失礼いたしました。(最後まで残って観てくれていた方々、本当に頭が下がります)代表してお詫び申し上げます。すみません。
最後出番が終わったあと話が出来たのですが、財団や舞台の方々に言っていただいた優しいお言葉、ありがとうございます……。それから町田ミュージックパーク広報宣伝パートナーのMさん、お騒がせしました。メールさせていただいた通りでお願いいたします。

大体の事柄は暫くすると笑い話にできるんです。客席から撮ってたカメラには一部始終が録画されていました。見て、笑いましたw
音声に入った「ふふ、元気が出るわぁ~」という祖母の笑い声(祖母は気宇壮大)。名刺いただいた局長さんが「パワフルなステージ」と、表現をオブラートに包んでくれたように、一部の方には元気を出していただいたようなので、一先ず今回の出来事は頭の片隅に追いやりたいと思います。

レビューを書いていただきました!

R3Magazine様
https://r3magazine.info/
同人などのインディーズ音楽にフォーカスしてレビューやコラムを扱っている企画様で、発行もしているようです。今回その、R3Magazine様にフリアズの新譜「Verzweiflung」のレビューを掲載していただきました。

https://r3magazine.info/free-as-birds-verzweiflung/
こちらのページですね。文章はR3Magazine、タチやん様によるものです。ありがとうございます!

この、的確な文語表現、作品に対する理解、ジャンルへの理解。造詣の深さが伺えます……。文章を書いたり読むのは僕は嫌いじゃあないんですが、こう……専門には敵わないな、と素直に思いました。辞書引いちゃいましたよ「あれ、デカダンスって何だったっけ。あ、荒廃的、そう!そうなんですよ!この部分はこれから起こる冒険(=旅)の始まりと静かな決意を表しつつ、不穏さ、儚さをですねぇ!」みたいなw本人が分かってないっていうww
そう、メタラーにも勿論オススメしたいんですけど、デス系ではないのでロック好き、洋楽好きなんて方にも、あと海外の方々にも是非お手に取っていただいて聞いていただければ嬉しいですね。藤堂れんげさんによる「劇場版バトルアニメのイントロばりに続きが気になるような語り」も、なたーちゃ*さんによる「Epicaのシモーネを彷彿とさせるクリアな歌声」も必聴なので。コストを抑えて売価も安いし。

P.S.
「…」←リーダっていう記号らしいんですが、随分昔に僕が自作の小説を書いていたとき「このリーダは続けて2回書くのが基本なんだ」っていうのを何処かで学んだ記憶があります。つまり「うんこ…」ではなく、「うんこ……」と書いて使うんですね。まぁ僕がやってたのは本当趣味で、商業でも仕事でもなんでも無かったんですけど、そういった文章ルールみたいなものがあるらしいんです。「」の使い方とかも、ね。全て忘れましたがww
執筆されている方でこのルール(ルールなのか?忘れた)を貫いている方々を見ると、「あ、この人はちゃんとやってる人なんだなぁ」と、思ってしまうというか、そういう畑に居た人なのかなぁなんて、推測したりしてました。
久々にリーダを「……」と使っている方を見て、そんな事を思い出してました。
イカン!練習して寝ないと!!あ、アニメ見てねえ……

全人類の思考を統一できたら

正しさってなんだろう。

先に謝っておきます。本当無礼で不快な文章になります。すみません。

育ってきた環境も違うし、働いてきた職場も違う。「常識」という漠然的で不明瞭なラインは各自が有しているのだけど、
それも一人一人違う。だから衝突する。俺の思う「常識」は他人から見たとき「自分とは違う考え方」で、場合によっては理解できない事も多い。
「常識」と言うと、また抽象的で掴みどころの無い話だから、「これは駄目、それは良いよ、っていう一つ一つの事柄に対するこの世界でのルール
に置き換えてみるけど。やっぱ人によって違うんだよね。
バイトでも仕事でも「なにコイツ!はぁ!?」って思う時、絶対あるじゃん。くだらないクレームでも、非効率的な作業している同僚でもなんでも……悪意や意図的にやられてるなら理解できるんだけど、そいつ自身が「これは正しい行為だ」と思って行動している場合、こちらは対立するか、一歩下がるか、どちらかしかない。
それが最近、堪らなく歯痒い。バンドの話ではなく、バイトや仕事の話なんだけど(ただし音楽にも同じ事が言える)ね。
「ああ、そういう考え方もあるよね。成程ね」と思うようにしてても、それでも、理解は出来るけど納得いかない時ってあるじゃん。

納得できないけど、例えば一歩下がるとして。一歩なら下がれるけど。仮に俺が中高生だったとして、「それはおかしいだろ!お前が間違ってる!」
って真っ向から対立するなら分かる。でも一応大人、「一歩下がれるのが大人」みたいな考え方あるじゃん。それは正しいと思ってて、
社会でやって行けば自分と違う考えなんて山ほど出てくるから、そこで一々対立していく訳にもいかないだろ、という一解釈で俺は腑に落ちている。
だから一歩下がったとして。それで、また別の機会に考え方の相違から一歩下がって、で合計二歩下がって。
三歩下がって、四歩……あれ?おかしくない?って。

「そんなに下がる?」と。「え、じゃあ俺が間違ってんの?」と、思う訳よ。確かにその可能性はある。自分が正しいと思ってて、結果で言えば間違ってました、なんて事は誰にでもある。だから俺にも起こり得る。けどさ。もう8年もやってるバイトで未だに頭のおかしい利用客が出てくるからここでひっそりと対立させてもらうけど

外のベンチに人が座ってて使えないんだけど→ブチ切れ」とか
上の階を利用しているモンなんだけど、お前の店、灰皿あるだろ。タバコ臭くてたまらねえ。ブチ切れ」とか
○○っていう喫茶店の営業時間を教えて→分かりかねます→ブチ切れ」とか

え、何?俺が間違ってるの?
他にもたくさんあるけど、あえてここ1年だけくらいで纏めさせてもらったよ。前者は他の利用客がずっと座ってるからどかせ、って意味だったようだけど、俺が外に行ったらベンチ普通に空いてるし。
まぁそれはさっきまで座ってたんだろうし、店員に文句つけた手前、もう後に引けなくなったからブチ切れ…っていう推測はできる。だから理解はできる。
二個目はさ、クレームの電話だったんだけど、それ電話してなんとかなると思ってるの?灰皿の位置変えたって、風が吹いてれば煙は行くし、分煙つったって無理だろ?囲いなんか設置
してるコンビニ見たことねえ。それに「上」に囲いなんか出来るわけねえ。それに2階のテナントが「後から入ってきた」んだし、対策とるなら2階にも問題あるよな。そのテナントから苦情が来るならまだ分かるけど何でお前が言うんだ?
利用してないんだから客でもねえ。それに言い方も気に入らねえ。ずいぶんと声を荒げてくれたよな?(まぁ怒り心頭って割には敬語で、威力業務妨害とか脅迫のレベルには達してなかったけど)
最後のは、というか共通してあるのが「コン○ニはなんでも出来る(やってくれる)と思ってる」ってのが無性に、ね。特に、若い店員になら無理を言ってもいい、みたいな意識が無いかね。

一個思い出したぞ、「引越しがキャンセルになったんだけど、サカイ引越センターにとりあえず荷物を送ってくれって言われてて。どうしたらいい?」ってヤツ。逆にすげえよ、頭が下がる。
相談所でもねえし案内所でもねえし。何?お前は孤児か何かか?誰か聞くなりネットで調べるなり、ていうかサカイに聞けよ。まぁそれは丁寧に対応した。クレームでも無かったし。
ウチは代理でサービスを受けてるだけだ!って言いたいんだけど。まぁ大体、そう言うと食い下がって切れてくるヤツ等が多い。特に中高年。
ちなみに言うと、俺の態度は一切悪くないからね?勤務態度が悪いならそちらにも問題はあるけど。というか、態度良くしている時の方が面倒ごとが増える傾向があるのは気のせいか。

まぁ…テレビでも話題のクレーマー。カスタマーハラスメントも多いですよ。カスタマーですら無いヤツも居るけど。
今更テレビで放送って、遅すぎる。それだけ被害者の声っていうのはちゃんと届いていなかったって事だよな。
店側は客を選べるから、出入り禁止にだって出来る(現に何人かの悪質な客は出禁だった)し、クレームもブチ切れも大声出したら威力業務妨害や恫喝、レジの下蹴ったら暴力、器物損壊、脅迫、金品要求なら脅迫、土下座要求なら強要罪、今まで散々それで訴訟とかテレビとか、ネットで話題になってる事を分かってるよね?分かっててそれでも、って事だよね。
あと馬鹿とかボケも侮辱、事実の摘示があれば名誉毀損……だっけか?

なんなのかなぁ。バイトなんて嫌ならやめればいい話なんだけど、やめたって、また違う職場で「自分と違う考え方」とかち合う事になる。そればっかりはやめても根本の解決にはならないじゃん。
もう一つの職場で、「そうそう。価値観は人それぞれ違うからねー。その辺まで相手と話すと面倒だよー」っていう話をしてたんだけど。話してる社員のTさん。あんただ、あんたwwwwこの職場での俺のストレスは40%あんただよ。
退職、転職理由の原因一位が「人間関係」の日本。まず大々的なルールを作ろうよ。そのルールが無いから意見が散らかる。一個一個は細かすぎて手に負えないかもしれないけどさ、
学校のカリキュラムに組み込んでいけば今から10年後、20年後絶対違うと思うんだよ。今居る大人は駄目でも、子供の教育をしっかりすればいずれ、流れは断ち切れるだろ。

上の例で言えば、接客業を学校のカリキュラムに導入すれば、躾のなってない店員は減るだろうし、クレーム入れる側も、クレームする前にその店について少し状況を考えるようになる、きっと。
勿論学校でなんでもかんでも教えとけ、とは思っちゃいないさ。親の環境もあるから。でも馬鹿が馬鹿を生んで連鎖していくんだったら、どこかで流れを断ち切らないといけない。どこかで気付かなきゃいけない。
言い方悪いけど。。。
教育に関してもう一つ言えば、フィンランドは教育の質が高いらしくて、日本では「みんな同じ人間です。仲良くしましょう」と教えている所を「みんな違う人間だから仲良くしましょう」と教えている。
これだよこれ。皆同じ人間だ、なんていわれるから「アイツは違う」とか不平等だとかイジメ問題とか、繋がっていくんじゃないか?日本が抱えている諸問題の根底には教育があるんじゃないか?

もう日本が駄目なのかなぁ(こういう思想の人間も、だけど)。より良い社会を目指した結果、優しさとか丁寧さとか、色んなものを履き違えてる。だからちょっとした発言ですぐ炎上する。
確かに1人1人の意見は違う。だから、「そういう意見もあるのか」と理解する。それは分かるし良い事だよ。
でもさ、言わない方が良い事もたくさんあるだろうけど、でも
今、漠然としたルールに基づいて各自が自分の良識の下行動してて。「こうするべき」「ああした方がいい」という部分がある訳じゃない。そこからズレちゃってるのに、
謙虚とか奥ゆかしさとか、配慮とかから「言わないでおく」っていうのは放置だよ。「和の心」でもなんでもない。それは優しさなんかじゃない。

そろそろ時間がヤベェ。練習しないと。。。まとめると、何が正しいかって。全部正しいんだと思う。でも、場面場面での結末として、どちらか片方が正しい結果として幕を下ろすことがあるじゃん。それは、悔しい。
正しい事を求めるあまり、自分が思う「正しさ」とはかけ離れているものに対して、「正しくない」と思ってしまう。その結果悔しいからって、腹が立つからって、憤っているならば俺は「正しくない」のだろうな。怒りという感情は
悪い事、悪い行動、悪い結果を引き起こす。つまり、正しくないんだよ。怒る、というプロセスが正しいか間違ってるかの話ではなく、だ。
だけどこんな話、お偉方は当たり前に気付いていて、だけど何かが問題で実現できていないんだと思う。

部分的にではあるかもしれないけど、トップが腐ってるのかもしれないし、国民も腐ってるのかもしれない。もしかしたら世界も。
生まれたのは90年代だから何も知らないけど、日本は戦後から変な方向に向かっちゃってる気がしてならない。あー、余計な文章めっちゃ書いた。

サイコパス方面に行っちゃってたな、今回。タイトルを回収すると、答えは「面白くない社会は出来上がる」なのかな。平和で、ただしつまらない世界。個性が必要な「音楽」っていうものをやる人間にとっちゃ難しい世界だな。つまり…、今のままでいいのかも?