Poisonous Wonderland


Poisonous Wonderland(4th EP)特設ページへようこそ

準備中です。パスワード保護されていましたが、一時的に開放してあります。

※注ジャケット案(仮)←差替え後、文は削除

 ◆概要
  西暦2518年……宇宙への航海が容易になり、民間企業でもシャトル船が運行されるようになった頃、銀河系観測システム”GOM”に、
 地球へと接近する天体”オメガ”が観測される。――地球への衝突は不可避であった。
 人々が絶望し各国が対策に翻弄される最中、当時地球圏外に娯楽・観光用としてGT社が開発・管理していた
 居住可能な空間型プラットフォーム”G3”を、人類は急拵えの移住先として定め、一部の人間が先んじて移住を開始した。

  暫くしてオメガは地球へと衝突。
 同時に、混沌をあざ笑うかのように地球外生命体と思われる生物種”グリード”が突如として多数現れる。
 呆気に取られた先住民たちに、その黒々とした異形の生物達は牙を剥いた。
 まるで自分達の新たな住処を掃除するかのように、人々を蹂躙してゆく。
 取り残された人間の多くは死亡。同時に生命が存在を維持する上で致命的な損害を、地球に与えた。
  残存した一部の他国同士では世界大戦が勃発し、民衆らは我先にと略奪や殺戮、犯罪行為を繰り返す程に治安が悪化してゆく。
 復興は困難を極め、「もはや不可能」という判断に同意した各国は、G3へと次々と移送船を送り始める。

  アリアは13歳の少女。ごく平凡でありながらも、幸せな家庭に生まれ、愛され育ってきた。
 しかし天体が衝突した”終末の日”から災禍へと巻き込まれてゆく。そして全てが狂い、全てを憎んでいた。
 グリードとは何か。幸せとは何か。なぜこんな目に遭うのか。
 ――そして、なぜ移送船は私を残して行ったのか。

 ◆Track List
  1.Good bye, Eden 仮

  2.Poisonous Wonderland1 仮

  3.Poisonous Wonderland2

 ◆Guests
  〇〇様(ジャケットイラスト)
  〇〇様(ナレーション)
  〇〇様(アリア役)
  〇〇様

 ◆タイトル:Poisonous Wonderland (4thミニアルバム)
  制作:Free As Birds
  仕様:WAVE/44.1kHz/16bit
  価格:
  発売日:

「Poisonous Wonderland」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。

– フリーアズバーズ –