ドラゴンクエストモンスター ~栄養バランスという概念の失墜と堕落の童貞王~

日清食品は犯罪だと思う。

スープは言わずもがな、長年に渡って頂点に君臨し続けたその革命的な技術から分かる通り、麺の美味さが違う。
エースコックやマルちゃんがダメとは言わない。
(今知ったけど、マルちゃんって東洋水産って会社が作ってんだね)

ざっと調べた所、創業したのはどこもそんなに変わらない。戦後だ。ただし、日清食品が一番早かったみたい。
それに、エースコックは当初パンやお菓子も作っていたり、マルちゃんが他の加工食品なども扱っていたりした中で、日清食品だけはインスタントラーメンを追求し、重きを置いて開発していたようである。
結果出来たのが、この味だ。
この美味さは、犯罪だ。カップヌードル、どん兵衛……俺のようなジャンクをこよなく愛する町田(ジャンク)に生まれしジャンクマンは、日清食品を敬愛する。

え?バンドの話をしろって?
ハハッ……何を今更……。このブログは公式だけど病気だって事くらい、知ってるだろ?

この前、お仕事を頂いた先方にお呼ばれして色々と話をしていたら「君は闇堕ちしやすいタイプだね」なんて話があった。
俺もそう思う。「俺ってメンタル弱ぇな……」と思う時が結構ある。
アニメを観ていて急に泣き出したり、歌っていて急に涙がこみ上げてきたり。一人枕を濡らし……あながち嘘じゃないのが怖い。
極めつけは高校生の時の、ドラマを見て感動して泣きながらシコるという曲芸が、俺という人間の不安定さを雄弁に物語っている。
まぁ、だから闇堕ちしやすいっていうか、もう堕ちてんだろうね。ドブ沼に。
で、たまに地上に浮上しているだけなのかもしれない。

こんばんは、ロイドです。今回は日清食品へのラヴ・レターです。

ちなみにカップヌードルで一番好きな味はカレーとチリトマトで、19歳の時に初めてチリトマトを食した時からそれはずっと変わらない。
そして敬虔な信者である私は新商品が出るたびに買っている。どれも美味いよね。
さておき。そんな俺だが、どん兵衛を食べていると優しい気持ちになれる。
どん兵衛にはそばとうどん。大きく分けて二種類あって、恐らく大抵の人間は「どちらでもいい」とか「別に、拘りはない」みたいな意見を言うだろう。
これ……余談だけどアサウラさんって人が書いているベン・トーというラノベがあって、そこでも結構語られている。俺がベントーを好きな理由の一つでもある。
実際はそれぞれに良さがあり、日清食品の技術が感じられる。少なくとも俺はそう感じている。

麺の食感やテイストが美味いのは間違いないから、何も言わない。企業の純粋な努力の結晶だと思う。論点は中身だ。
お揚げの甘さをジャマしないよう、シンプルに魚介(鰹か)の濃いめのつゆで仕上げた、うどん。言わばカップ麺界のアイアンメイデンもしくはジューダスプリースト。
ストレートな中に光る至高の味が、そこにはある。お揚げの厚さも丁度良い。
うどんに関して、多くを語る必要は無い。日清食品がシェア一位だという事を、試食する事で分からせるからだ。

逆にシンプル路線ではなく、かき揚げが入っている事と、そばの風味を考慮して(恐らく若干)うどんよりも味をマイルドに仕上げているそば
しかもそのかき揚げは後乗せでサクサク……いや、かなり硬めに仕上げられている。浸してからも暫く食感が楽しめるように、だ。
しかも、かき揚げ自体、上層に桜えびを固めつつ、中に空洞を作る事で軽量化し、立体的に作られている。これが何を意味するかと言うと、
完全に漬かってふやけるまで、時間がかかるという事だ。その分、長く食感を楽しめる。多分、このギミックに気付いたのは俺だけなんじゃないか?
そして、つゆを吸収して完全にふやけたその時でさえ、ふわりと口の中に広がって美味い。
一体どれ程の研鑽を積んできたというのか。メロディカルさと確かな技術が光る、カップ麺界のハロウィン、いやストラトヴァリウスかもしれない。
公式で生卵をトッピングするのも良いと記載されているのだが、そんな事しなくてもこの時点でピカイチだ。
ただし、割ってもいい。卵を。そうすればシンフォニーX、キャメロット……きっとパワーメタルからシンフォニックメタルやプログレ感を味わう事が出来るから。

うん、分かっている。この記事を読んでいる奴なんてほぼゼロだって事を。
余程の暇人か、インスタントラーメンの開発チームだろう。あとは幾ばくか、僕を応援してくれている心優しき人達。
でも最後に。どん兵衛が凄いのは味だけじゃないのよ。
カップを持った時、安いサードパーティ製品だと容器が薄くてお湯の熱が辛辣に伝わってくる事がある。どん兵衛にはそれがない。
俺の敏感な手の平では、一番程よく温かさを感じた。「美少女DD系DTMerDT」と名高い、DTの柔肌で、だ。
きっと俺のような童貞が……いや企業努力の一つだな、これは。
購入して、5分待って、食って終わり。でもたかがそれだけに、身命を費やして製作(いや、もはや芸術だから「制作」か)をしている人間が居る。
即席麺なんて言われている。何も感じ無い人も居る。企業の努力にだって気付かないだろう。……だけど!!

何だか、どこかに親近感を感じるんだよね。音楽をやってて、「バンド?良い歳して何してんの」なんて言われている。
見向きもされない。努力も評価されない。だけど、真剣に取り組んでいる人間がそこには居る。
最近、そういう、小さな技術・変化に気付くようになった気がする。
市場に出回っている物は、そうやって皆努力しているんだと思うと、「俺は闇堕ちしてる、既に」なんて自嘲する自分に対して情けなくなってくる。

長く続けば色んな事が起きるし、迷うこともなる。カップ麺だって伸びて味がよく分からなくなってくる。
でも、求めていたものは、見たかった景色は、その先にしかない。
どん兵衛の「どん」はうどんという意味と、「どん臭い」から来ているらしい。スマートからは程遠いけど、ほのぼのとした温かさと頑固さや実直さを表現しているのだとか。だとしたら正解だよなぁ。少なくとも一人、そのネーミングを知る前に、温かさ、優しさを感じた俺が居るのだから。
どん臭くてもいい。ドブに堕ちたっていい。それで先へ進めるなら。
うん。何を言ってるんだろうね、オレは。

ドラマCD「グランツアー」にて楽曲制作を担当しました

いやぁ、実りの秋ですかね。
努力していた物事が結実する頃合なのかもしれません。という訳で……今回も告知です。

サークル「Gungnir over rev」様で制作中のドラマCD「グランツアー」にて、楽曲制作を担当させていただきました。BGMと主題歌の担当、ですね。
コミックマーケット97にて頒布される模様です。四日目(12/31火曜日)です!で、スペース番号は

西地区“B”ブロック58a

だそうです。

気になる内容については……ん、はっ、ああッ!ほげぇ!
げほげほ、ちょっと言えないんですけど……壮大なストーリーのファンタジーという事は間違いありません。

どういう事かと言うと、数分聞いてハイ、終了というシナリオではなく、じっくりと物語の世界観や設定、キャストによる演技を楽しむタイプのドラマという事です。

ドラマCDって言うと、若干インスタントな作りの作品が多いじゃないですか。それはそれで良いんですが、こちらは全く異なる種類ですね。例えるなら小五の家庭科の授業で作った児戯に等しいクリームシチューとクレアおばさんが作った本格派クリームシチュー。それくらい違うんです。
アニメ、ラノベ、漫画を好む俺としても「すげぇ。作り込まれてる。しかも、ちゃんとしている」と思う作品だと思います。ざっくりで申し訳ないですが、「ファンタジー作品でシリーズ物のラノベを、耳で読む」って印象ですかね。しかも市販の。
その作中のBGMと主題歌、それから歌の男声パートもロイド(このオレだ!)が担当させていただきましたので、是非チェックしていただければ幸甚でございます。
サークルさん自体も2000年代初期から活動している老舗であり、そこに集っている方々もまた、やはり熟練され、そしてウチと違って若いながらも素質と技量を兼ね備えた人が居り……ええ、凄いです。よろしくお願いします。

C97にて、ゲキアツの新アルバムをリリース

こんにちは、ロイドです。
今回は純然たる告知です。来る12/31(火)コミックマーケット97(C97、冬コミ)に出展致します。

今回のコミケは四日間の開催なので12/28(土)から12/31(火)まで。
つまり我々は四日目、大晦日という事になります。ちなみに音楽系のサークルは大体この日に集約されているようですね。
で、スペース番号は【西地区“H”ブロック20a】。……なので

12/31(火)西H20a!!

で、覚えておいてください!いいですね!?
覚悟しておいてください!!(ジョルノ・ジョバァーナの声で)

さて、そして重要なお知らせが二つ程。まずはその一。


大晦日のこの日、ニュー・アルバム「LAST CAMPANELLA」をリリースします!

lc gazou

 →詳しくはhttp://www.freeasbirds.biz/?page_id=2528(特設ページ)

5枚目のフルアルバムにして、実質ベストアルバム。そして、なんたってバンドメンバーによるスタジオアルバムでございます。
超かっけぇし、激アツだし、値段も素晴らしいし!(※後述)
昨今の日本の若手メロスピバンドにおいて圧倒的に一位だ!マジで!!
まず見てみろ!このジャケ!オレは素晴らしすぎて失禁した!!ああそうだ、サイコパスだ!!オレは!!
(イラストは函丞蒸汽さんに描いていただきました。本当にありがとうございます)

勿論、収録内容も充実。至極のメロスピアルバムだ。海外のメロスピ&メロパワ、シンフォニックメタルなんかを聞く人は是非聞いてほしい。
ヘヴィメタル色は抑えているからロックバンドを聞く人にもオススメだ。
試聴動画は暫しお待ちを。後日、アップロード&告知させていただきます。
……さて、紹介はこの辺にしておき、次の告知。


ニュー・アルバム、過去の作品をお持ちの方は割引します。

フリーアズバーズ、実は今年で5周年なんです。だから何かやりたかった。俺(ロイド)のブロマイド写真(略してブロイド)のエアドロップ無差別テロ。
バンドTシャツの押し売r、もとい訪問販売。それからCDによる洗脳。……いや、冗談ですからね?

えっと、なので<5周年ありがとうキャンペーン>と銘打って、フリアズの過去作をお持ちの方はニューアルバム「LAST CAMPANELLA」を500円引きにさせていただく事にしました。
アルバムの写真か実物をお見せ頂ければ割引します。デジタル版をお持ちの方は、音源ファイルをご持参ください。
ちなみに、過去作をその場で買う場合も割引となります。ただ、補足として過去のは僕のソロアルバム(つまりバンド演奏ではない)という事、収録されている曲がニューアルバムと重複する可能性がある事を記しておきます。
それから、割引が適用されるのは今回の冬コミと、来春のM3だけです。他のイベントや委託販売では適用されない事をご注意ください。



告知は以上です。
ここからは俺の勝手な後書き。↑の告知とは一切関係ありません。
このアルバムは、バンドメンバーと創り上げた最強のパワーメタルだと思っている。フリアズはライブバンドではないから、作品の発表っていうこの機会を大切にしたい。
アルバム名は直訳で「ラストカンパネラ(=最後の鐘)」って意味なんだけど、それはつまり最後かもしれないって事なんだ。
次はこのクオリティを超えられないかもしれない。それくらい十全な打ち合わせ、ブラッシュアップをし、何度も何度も意見を交わし、より良い物が完成するよう励んだ。
制作は勿論、それ以外の広報や根回しも現在奔走中だ。決して自己満足や、一人の主観で終わらないよう、時間と手間を掛けて臨めていると思う。

で、……ライナーノーツなんて気取ったものを書くつもりはないけど、まずは御礼を忘れずここに書きたい。まだ完成はしてないけどね。
最初にドラムのピル佐藤。初期からフリアズを手伝って貰ってました。気心の知れた仲だけど、感謝は述べたい。
音源を作りたい気持ちはずっとあったけど、ようやく作れたよ。演奏だけじゃなくて良い曲も作って貰った。本当にありがとう。
それからギターのヒガキシ、長年に渡って支えて貰ってます。君と同じバンドでまたやれて良かった。ありがとう。これからもよろしく。体には気をつけてください。
最後に東出さん。ホームページには載ってないけど、去年の夏からずっとお世話になりっぱなしです。立場上俺がメンバーに言いづらい事や、何かを迷ってる時、あなたのお陰で
このチームは円滑に回って行ってます。ありがとうございます。
そして、フリアズメンバーではないけど、気にかけて下さった先輩方、いつもありがとうございます。

全員に言いたい事だけど、俺は普段から皆にたくさん迷惑を掛けている筈だ。制作中も色々あったと思う。だから「ゴメン」とも言いたいけど、許してくれるその寛大さに、ありがとうと言いたい。
でもゴメン(すみません)。そしてこれからも一緒にやって行きたい。重ね重ねになるけど、ありがとうございます。

かなり長くなった。次に……。
話を戻すけど、4thアルバムまでは自分一人で作っていて、ゲストをお招きしたり、ゲームに収録されたり、自分が納得できるクオリティの物は出来たと思う。だけど、違う。
俺の中ではずっとあった。技巧が求められるメタルだからこそ、生演奏でやりたい、と。そう思っていた。
大きな物を作るという事は、大きな波を巻き込んでいく事。個々の人間が合わさっていく事で、素晴らしい物が出来上がる。それ故、出来たときの喜びも大きい。
同時に、チームで作る難しさも痛感した。全員に妥協がなく、真剣に考えているから。それぞれの思いがあったと思う。

評価されるかは分からないし、もしかしたら全然売れないかもしれない。でも、俺の目には最高傑作に映ってる。俺は自分のやりたい事を捻じ曲げてまで夢を叶えようとするほど、生き方の上手い人間じゃない。
だからこそ……手に取っていただけたらこれに勝る幸せはありません。何卒、よろしくお願い致します。
「LAST CAMPANELLA」、12月31日に発売予定です。

P.S.
そういえば丁度「除夜の鐘」が鳴る日に発売なんだな。