「一般告知」カテゴリーアーカイブ

①路上演奏の許可②ギタリスト脱退

①路上演奏の許可

柏市まで行って来ました。町田駅から片道1時間半。代々木上原を通り、常磐線直通の電車に乗りました。自宅からはバスで30分、町田駅まで掛かるので片道2時間ですね。遠いなオイ!あとエスニック系の料理屋がやけに多いな!

ビラを近隣のスタジオに置かせていただきました。ご対応ありがとうございました。サウンドスタジオMパート2、ダグアウト、ゲートウェイ。この行いが、3週間後の未来においてどのような収束を見せるのか、良い結果を期待しているが……。うーむ。。。

で、今回柏まで行ってきたのはビラ設置の為だけではなく、路上演奏の許可申請も兼ねてだったんですよ。それのメモ要素と、実際の状況を書いて行きます。
路上演奏のため、管轄の警察署(交通規制課)に許可を申請する場合、個人単位だとほぼ許可が下りない。
なのでしっっっっかりと申請書を作成し、柏警察署まで赴いて相談(実際はゴリ押し)と交渉に行って来ました。

あ、まず申請する際はネットで「道路使用許可申請書」というPDFファイルをダウンロードするか、使用予定の場所を管轄する署まで行って紙をもらいます。申請書はこんなん。↓

・名前(個人名、社名、代表者名)、住所、印鑑、申請した日
・使用の目的
・場所もしくは区画
・期間(〇月〇日、〇時~〇時まで)
・方法または形態(詳細を書いた別紙があるなら「別紙に記載」と記入)
・添付書類(資料、現場見取り図など)
・責任者の名前・住所・連絡先など

で、↑の欄があるので書きます。下半分は警察の人が書く所ね。別途で現場見取り図(具体的にどの道路の、どの場所にどう設置するか等を図で)と
資料(現場をマークした広域の地図や、使用機材やどのように行うかの方法や、使用面積などが書かれた紙)を用意するとベターのようです。

が……まぁー、駄目だったよw
許可を申請する場合、何故そこ(道路)でやるのか?敷地内や屋内じゃなくて、そこでやる理由は?という相応の理由と、歩行者の誘導や、通路の確保など(勿論騒音とならないよう周囲への配慮も)を自分達で対策出来る事が、許諾の条件の様子。
この場合法人や団体などの場合、ある程度容易に申請が通りそう。例えば、近隣で行われる行事、祭事に合わせた興行の一環として……など。原則NGではあるけど、特例として出してるみたい。

まぁ前述のとおり許可が下りないので無許可でやるバンドマン、ミュージシャンが多い訳だが。
施設内なら、施設管理者に許可を求めればいい。駅前でやってる連中とかはそれが多いのでは?
あとは、そういう駅前の演奏を統括している市の団体(墨田区や柏市、その他)もあるので、そこに加入してる場合もある。但しドラム不可。アンプ不可だったりする所もある。勿論そういう機材のNG指定が無い所もあるけど、ターゲットの区画でお望みの演奏が出来るとは限らない。

んで、許可を出さない場合、路上で勝手にまぁやってもいいんだけど、演奏中止や退去を求められたらすぐに撤退すればいいのかな。

警察の場合、行政指導として任意での中止を求められるが、即時演奏をやめれば法律上の問題はほぼ無い。
無許可でやったからと言って即刻捕まるわけではなく
演奏を続けたり、再三に渡って注意してるのに毎回やってる場合が罰せられるのかな。具体的には法律詳しくないけど不退去罪とか道路交通法違反(物が置かれたり、人が集まったりした結果、通行の妨げになる為)だと思う。
あと大阪のアイドルと芸人がこの前捕まってたな。でもそれは再三の注意を無視し続けたからだろう。

違法か合法かと言うと、警察的には曖昧の様子で、係員の言い分としても「原則は禁止」であるとの事。上記を満たすような特別な事情があれば許可も下りるが。憲法の「表現の自由」という項目があるし、割とグレーという印象だった。
ただし、条例で禁止している場合もある為、注意は必要だろう。

まぁあとは公園とか。公園の場合は市が管理してるのかね?管理課に問い合わせてみるのもいいだろうけど……、

実は、路上が駄目だったので今回公園を画策してて。狙っている公園はHPを見たら原則的に自由な利用が可能ということ、団体の場合や、占有・独占の場合は許可申請をお願いします(俺らは個人だ)ということ、周囲への配慮は重んじているが、音量の出る行為が禁止されている訳ではないこと(特筆してスケートボードは車輪音が大きいため早朝と深夜はご遠慮くださいという項目。つまり禁止はされていない)等から、まぁ~~!配慮もあって音量も絞ってやってて、ルール違反もねえ!住宅からは50m以上離れてて、おめぇ何がいけねーんだ!?という理屈で演奏否、楽器を練習してみたいと思います。勿論サツが来たら俺ぁ立ち去る!

聞けばボール投げも禁止していたり、子供が大声を出すのも禁止したりする公園も増えてるそうで。実際、バット振るの駄目って書いてある公園は見たことがある。何にもできねえじゃねえか!苦情が来たり安全の為だったり、皆に支持されるように、ってのは分かるけどさ!

ギタリスト脱退~さらば美尻戦士、君の尻は忘れない~

さて、前回で薄っすらと触れましたが、世田谷のマラキアンことギタリストのKちゃんが9/22で脱退します。詳細は前回を参照してください。
1年半ありがとう、そしてこれからもよろしく。

それに伴いギタリストを募集し始めているのですが……、えっと、今はまだちょっと不確定すぎて何も言えません。これも予定調和なのか。どうなるのかは分かりません。でも、ライブはめっきり減る予定です。
俺が思っててKちゃんも思ってた事のひとつに「ライブをする意味って何」があって、FABに関して言えば尚更、バンドオンリーではないのでライブをする意味、何の為にライブをするのか、という疑問が出てきます。場数を踏む為、繋がりの為、集客(対バンから得る)の為、宣伝の為、あとは楽しむ為、色々あるとは思います。あ、動員が少ないので「ファンと接する為」「売上からお金を得る為」という項目はありませんよ…?アマチュアの場合多そうだが……

近いジャンル枠内で言うとデンカレエミルの愛した(略)など、ライブしてなくても有名な団体は居ます。今挙げた二つは嬢メタルだし、前者は妖精帝國を主点とした繋がりがあるけど(FABはゼロからのスタートや…)。前進バンドや、前に組んでたバンド・他の音楽活動などがあると良いよねぇ。

ようは上を目指すにあたって、何の為にライブをするのか?という問いは我々にずっとあった。メリットはあるけど、、、どうなのよ?というね。

じゃあライブを止めるかと言うと、ただその場合、FABに当てはめると。――随分昔にホムペで書いた通り、六弦アリスやサンホラなど、どんなに凄い能力を秘めていたとしても個人サークルとして売り出すと時間が掛かります。ドラゴンガーディアンだって、裏にはIRONさんの影があるようだし。。。だからFABはバンドを勿論やります。ただライブに固執はしません
(どうしても「バンド=ライブを積極的にやる」と考えてしまいがちですが、目下バンドが飽和した戦国時代、それは盲点のようにも感じられます。動員・人気が少ないバンドは尚更)

バンドでライブをするというより、バンド形式であり続ける事に意義を感じています。FABにとっては広告する人間、繋がれる人間、働く人間が人数分増えるという事が主ですね。1人の力は弱い。この場合サークルメンバーでもいいんですが、居りませんwwww後はバンドブームに乗っかる所も大きい。

上を目指すFABの現状で言うと、圧倒的に不足しているのは人気ですね。これをどう得ていくか、そこが今後の鍵だと睨んでいます。他に必要なものはまぁ、大体どうすれば良いか把握しているつもりなので。ええ、方向はまとまり始めました。ご期待!

予定調和。ターニングポイントへと収束する世界線

おっざまああああああぁぁぁっす!!!!!!

連日の睡眠不足はあれどコーヒーとスニッカーズで精力絶倫の俺です。
今日の午前中はバイトの面接でした。これからMTRの差し替えや溜まったタスクの消化に移るのですが、何のバイトかというと、

いいですねぇwwかねてより性犯罪者予備軍として定評のある俺です。一コマ90分、ずっとチ〇コ突っ立ってる可能性もあります。
やめた方が、まぁ……結果は火を見るよりも明らかでしょうけど、今日はそんな粗末な事を報告するつもりはなくて。今日の本題は

まだ超、超超超未定ではありますが「近々、バンドメンバーの入れ替えがまた起きる可能性が高い」という事です。薄々お互いに気付いていたし、今年の春頃からその空気はありました。言葉に出しませんでしたが、ずっとお互いに相手の心中を察しており、理解し合っていたようにも感じます。無論エスパーじゃないので全部が全部、って訳にはいきませんが!
これねぇ、悪い事じゃないのよ?ケースバイケースですが今回のケースは悪い事だとは思ってなくて、ただ一般的に「バンドメンバー脱退」と聞くとマイナスのイメージが沸きますけども。
悪いと思う人は多いだろうけど、いつも俺が心掛けてるポリシーとして「FABにとっての最善を選択する」という意志があって。円満に別れたなら、繋がっていけるのよ。後述の内容に掛かってくるけど、そこにメリットは生まれるし、利用できるんです。

このブログを見てる酔狂な人はそもそも少ないですが、更に言えばフリーアズバーズのメンバーの事情、機微に知悉している人は身内を除けばゼロだと思います。なるべく分かりやすく簡潔に書けるよう尽力しますが、個人間での綿密なやり取りが基本だった(正規メンバーが少ないから、やり取りが広がりにくく共有されづらい)ので、上手く書けるかどうか……ご容赦を。理解はしてるが文言で説明するのは、ムズイw

FABのメンバーっていうのは、それぞれが若干異なる夢(目標)を持ち、それに向かって進んでる(進んでいた)んですね。でもその場合、経過地点でもゴールでも、統一されたビジョンを共有できなければ、お互いに力を合わせ協力し進む事は……途中から容易では無くなっていきます。最初はよくてもね。
例えば個人の目標として「俺はプロを目指してる」とか「アーティストとして月〇〇万円稼げるようになる」とか「メジャーデビューする」とか「音楽で食っていく」とか。似ているようで実は似てないじゃないですか。本質的には。(流石に分かりますよね……?)
分かりやすい目標があった方がいいだろうってな訳で、ウチの場合は「Wacken Open Air」を統一の目標として掲げています。以前も現在も。(俺自身の明確な目標というのも、実は微妙に異なります。FABに固執している訳ではなく俺が有名で人気になれれば良いと思う。誰だってそうでしょう?でもこの状態、つまりFABは使える。それにFABはバンドもあればサークルもあり、1人でも上へと進むことが出来る)

その目標の為にお互いを利用し合う、利用できるものは何でも利用するというスタイルは(人情はありますが)定石ですよね?
FABも当初から勿論それを推奨・実施してて、つまり例えメンバー間であっても、利己的に、打算的に利用するのはOKだよという事でやってきました。ようは自らの目標に対してのメリットを追求しましょうって事です。(ある意味では、こっちが統一のビジョンだったのかな?でも結果はオーライ)

この状態は一枚岩じゃないとも言えますが、それは多くの団体・集合体では珍しい事じゃないし、ことフリアズに至っては(というか大体皆がそうですが)上記から分かるように各の進行方面が一緒なんですよ。FABが船で、一緒の船に乗っている仲間、そんな感じです。(仲が悪い訳では一切ありませんが呉越同舟に近い)
それゆえ例えば「急にメジャーアーティストに加入する事になった!」となれば、俺はフリアズを活動休止にする事もあるだろうし、逆にメンバーの誰かがそうなった場合、全く止めません。(元メンバーがメジャーへ行った、という事実も活かせる訳だし)そこにお互いの信頼を感じ合ってました。今居るメンバーは全員そういう思想の下、タッグを組んでいます。俺、好きだなこういうの。バトル漫画でライバル、もしくは敵同士が一時休戦して共闘するみたいで。あっこれ微妙に違うなww
逆に「おっしゃこのバンドで天下とったるぞお前ら!マイフレンズ!一心同体だ!」みたいな結束の固い状態、友情、熱意、体育会系!みたいなのも良いとは思います。でもそういう人間の場合恐らく考える事は苦手なんじゃないかなと思います。考えなくてもバンドが有名になれれば別にいいんですけどね。(今の時代どうかなぁ)。いずれにせよ良識がある人間なのが前提ですけど。

なので今回、両者同意の上、納得ではあるですけど、ああ、そういや常識と良識は違いますからね。あれ?文章が散らかり始めたな……。ようはそういう心持で(見る人から見たら多少歪かもしれませんが)、お互いに結託して励んできた。これは間違いない。
口頭でもLINEでも話して来たお互いの何十時間の考えを文章でまとめるのは至難の業ではあるけど、
ようはそのメンバーが入ってから暫くして、昨年の末ぐらいから何となく……いや、明確になり始めるのは一年が経った今年の4月末の時点で、脱退を視野に入れつつ活動しているんだなというのは分かっていた。理由は……本人じゃないし奇麗には表現できないが、自分の目標を達成するには今のFABでは不十分なものが多数ある、みたいな感じがしっくり来ると思う。
で逆にこちらとしてもメンバーチェンジについては同じ頃から考えていた。理由はまぁ……まず先にメリットを述べると彼が居るメリットは色々あって、一番はなんせ「考えられる人」である事。学生の時以来、そんな人には会ってない。意見を出してくれる、知識もある、議論をできる、が一番のメリットだろうか。ただデメリットもあり、理由についてはそのデメリットに他ならない。
お互いになんとな~く、そんな相手の心中を察したままで、時には濁しつつ、それを口に出したのもつい2日前だ。大きく動いたのは先日だけど、メンバーチェンジというこの選択肢は俺の中にもずっとあったし、彼の中にも脱退もしくは……という選択肢がずっとあった。その思いが決断となり、もしかしたら9/22以降「脱退するのか兼任するのか、それともソロになるのか。」という事が起こるかもしれません、と先んじてここに記しておきたい。
急にそんな事が起きたら皆びっくりしちゃうものね。何があったの!とか、何したの!とか。ましてや「あの時言ったじゃん。そんなんじゃ彼、辞めるよって」とか咎められたら俺はぶっちゃけ辛い。「違うねん!既にその時、そういう感情、選択肢があったから俺はあえて〇〇してたんじゃ~~!!うにゃ~~っ!!!」みたいなww

たぶん俺は周りから色々言われるんだろう……。それは中心としての責務だろう。でも一つ、「続けてもいいし辞めてもいい、どちらでもいい」と俺は常々メンバー皆に嘯いてきたけど、勿論彼らが居てくれるFABの未来は嬉しいし、楽しい。大歓迎だ。それにお互いに、こいつは利用できるヤツだとメリットを感じられたのなら、繋がりまでは消えないものだと思ってる。勿論口で今まで言ってきた事、まだ言ってない事、裏表はまだあるだろうけど、何だかそんな事を漠然と予期している。

まぁ、まぁあれです。マイナスのイメージを浮かべるだろうけど、俺は決してそうは思ってません。失うものはあれど、今後得るものも大きい。得たものも多い。もっと早く失っていたらまた別の何かを得ていただろうけど、二つの価値が分からないので天秤で量ることはできない。ましてや起きなかった事象だ。知る由も無い。でもね、どっちが良かった、正しかったなんて――そんなもん”こっち”に決まっている!間違いなくこの1年半で加速した。間違いなくだ。

思えば、ほどけた糸が一点で交錯して一本の束になるように、2017年4月に再始動してから2018年のその”エックス・デイ”まで、まるで世界線が収束していったかのようにも感じる。多少先延ばしになったような感覚は否めないが、最初からこうなるべくして、進んで行ったんじゃないかな。人為的な部分もあるだろうけど、見えざる力を感じずには居られない。だって最初に入ったのが4/21で、次の分岐点が翌年の同じ4/21って、気持ち悪いわ!まるで運命じゃないか!西東京の神様ですかね!またいつかそちらに行きます!

言ってもすべては未定の話。今日はここまでで。

射精
(敬具、みたいな意味で)

クラウドファンディングでオリエント工業のラブドールが手に入る世界へ、

ズドラーストヴィチェ!こんにちは!
8月に入りました。個人的なものも含め、既に色々なイベントが盛り沢山の兆しがございます。ホットライン、コミケ、免許試験、セッション、それからお盆休み……他にも!

で!個人的な事は書かず、役に立つ情報と、サークルの報告事項を書いちゃいましょうかね。

ぐへへ、アンタも情報が欲しいんだろう……?
美少女の唾液、コップ1杯分、いやチェキ3枚と交換でどうだ……。

【①イベント時のお支払い方法に、pixivPAYを導入】

今まで現金払いのみだったんですが。当フリアズでも支払い方法にバリエーションが増えました。pixivPAYでもお支払いが可能です。
でもSuicaとかはまだ使えないんです、すいません。
他のサークル(大体は大手サークル)でグッズや同人誌買った時に「電子マネー対応」とか見かけるじゃないですか。Suica対応とか、最近徐々に増え始めているんですね。別段ウチみたいな弱小サークルでやる必要なんて無いんだけどさ、気にはなってて、だって面白そうじゃん?話題にもなりそうだし。
Air Payとかの導入は考案してたんだけど、申請してから認可が下りるまで時間が掛かるのと、まず認可されるか分からないので保留にしていました。
Air payっていうのは専用の電子端末とスマホ?を利用して、電子マネー・クレジットカードでのお支払いを可能にする機械・サービスで、まぁお店、団体、ようは売り手側に向けたサービスかな。売り物が現金以外でも支払えれば、買ってくれる人も増える(可能性はある)。
まぁ気になる方はhttps://airregi.jp/payment/でも見ていただき、ね。

そんな折、お世話になってる委託先のBOOTHからpixivPAYのご案内が来まして、導入しました。インストール済みの方は、お会計の際に提示されるQRコードを読み取るだけで、簡単にお支払いできちゃいます。小銭の用意は要りません
詳細はhttps://pay.pixiv.net/

ちなみに、今回のコミケ期間中はpixivPAYで支払うと、ポイントが10%バックされるそうです。例えば1000円の同人誌を買えば、100円分のポイントが手に入るんですね。フリアズの900円のCDを一枚買えば、90円分のポイントが付与されます。
つまりサークルを渡り歩き、何冊か買うような人は絶対お得なんです。三日間行くぞ!って人も導入しておいた方が良いでしょう。

◆購入者向けの案内
1. アプリをインストールする
 [iOSの方はこちら]https://goo.gl/YpFzfg
 [Androidの方はこちら]https://goo.gl/ExpJJq

 インストール済の方も最新版にアップデートをお忘れなく!

2. ログインしてお支払い方法を登録する
 お支払い方法は「クレジットカード」「PayPal」「ポイント購入」が選べます。
 クレカをお持ちでない方は「ポイント購入(コンビニ店頭にて)」をご利用ください。

3. 当日お支払いをするたびポイントGET!
 お支払いをしたタイミングで、お会計金額の「10%」のポイントがもらえます。
 次のサークルでお支払いをすると、そのポイントが消費され、オトクにお買い物ができます。

pixiv PAY対応サークルはアプリの「カタログ」画面やTwitterで「pixiv PAY」と検索すると確認できます

【②ノベルティ来ました】

コミケでCDを買っていただいた方には、特典でこちらの冷んやりウェットティッシュをプレゼント!
なんでウェットティッシュかって?
だって暑いでしょ!これで汗を拭いてリフレッシュしてください!

スースーする成分が入ってるようなので、爽快間違いなし。10枚入りです。ノベルティですが、バラで売ってほしい方は1個200円予定です

イラストは白峰かな様に描いていただきました。超唐突なご依頼でしたが、本当にありがとうございました。感無量です。

第29話「童貞を殺すトイレ」

男の名はタイラと言った。
痩身ながらも不思議と最低限の膂力はありそうな体躯に、
肩甲骨辺りまで伸びた髪を後ろで束ねているのがトレードマークである。
顔はどこか中東じみていて、浅黒い。
齢は二十代後半程であろうが、その風格のせいか
年齢相応の日本人男性には見えなかった。

目下働いている職場は、数年前ハローワークで斡旋を受け、就労したものだった。
インターネットで商品を出品する「EC事業」という職種らしいが、近代的な響きとは裏腹に職場は築五十年のボロ家。
鉄骨造りの為、俄然倒壊するような事は無いと思われたが、手すりは錆び、階段は朽ち果て、廃屋と言っても過言ではなかった。
建物の敷地は広く、その内部も広かった。しかし放埓な従業員の仕業か、辺りには商品や作業具など雑多なものが乱雑に置かれ、
部屋の中央は大きな作業台が占有し、人が作業するには余りにも狭隘であった。

その中でもタイラが最も忌避していたのは、清掃を一切しないが故の埃やカビ、匂いであった。
換気の出来るような窓や出口は少なく、五十年前にしつらえたであろうエアコンは当然空気を清浄できず、微風を吐き出すばかりで、
悪辣な環境の中で働く日々もままあったのだった。だが、それ以外に衝撃的な部分もあった。

――時は遡り、数年前。就労して間もなく、案内役の部長に作業場の説明を受けていた彼は驚嘆する事となる。
「ごめんね、トイレは男女共用なんだ」

折りしもその職場には妙齢の女性が数人働いていた。当人の同僚達は、その事実に対して一切の感情を持ち得ていないようであった。
だがしかしタイラは違った。中学の時に同級生の女子の体操着をトイレで穿いていたタイラは違ったのだった。
(なん、だと……ッ?!)
女性が用を足した後に、同じ個室、同じ空間に入り、同じ便座に座り、同じトイレットペーパー、フレーバー……便座に残る太腿から臀部にかけての体温――様々な真実が波のように押し寄せ、彼の頭に白波を立てた。

古い建築物が引き起こした問題だった。建築当時など戦後から十数年しか経過しておらず、あまり重要視されていなかったのだろう。
トイレを男女別で設けられている事が常識であろう現代日本から鑑みると完全な悪習であり
実は労働安全衛生法に基づく労働安全衛生規則、および事務所衛生基準規則に抵触する虞がある事案なのだが、
改修予算が無いのか、はたまた不要と判断されているのか、タイラが入った空間にはアルカイックな景観が眼前に広がっていた。

人間には個体差がある。思惟、常識、性癖。森羅万象全て。――女子の体操着を着てしまった人。男女共用を気にしない人。トイレを改修しない人。
近年、「童貞を殺すセーター」という概念の衣装が立案された。
何が童貞を殺すのかと問われれば、それは恐らくセーターではない。刺激が童貞を殺すのだ。
タイラは童貞だ。埃だらけの職場で働く、誇り高き童貞だ。その高潔さはヴラド・ツェペシュにも負けないつもりだ。

――この日、タイラはトイレに殺された。

どうもこんばんは!新規の告知事項をお持ちしました!

すみません。。。何を告知しようか大半忘れてしまったのですが、覚えてる限りだと

10/28の即売会M3。今回も参加しますが、いつもと違い第一展示場のF-04で生演奏します!オリジナル曲のソロ部分をキーボードで弾く予定なので是非、見に来てください!見るのは無料ですから!

SKREAM!というロックマガジン(及びポータルサイト)の特別号、「skream! × BIG UP! SPECIAL ISSUE Vol.2」にLloyd名義でフリアズが掲載されるようです。8月1日刊行予定で、全国1500箇所以上、38000部が配布されるようです。配布場所は全国のタワレコやHMV、TSUTAYA、その他ライブハウスやスタジオ等だそうです。
こちらも続報を掴み次第、後日告知したいと思います。

バンドメンバーが変わります

一日に2回も記事を書くのは何だか…他にやるべき事があるんじゃないか?と勘繰ってしまいますね。でもkろえは書かねb!!!

ベースのカッカさんが、明日のライブで一旦ベンチに下がります。
それに伴い、暫くの間は知り合いのベーシスト、東出さんにサポートで入っていただきます。

SNSでは後日告知しようと思ってますが、ライブでは言わないみたいです。「みたいです」というのは、今回のライブはMCを全部ピル佐藤にお任せだからで。…というのも今回の企画自体、ピル佐藤が運んできてくれたもの(ありがとうございます)であり、Ghost Cries先輩とは(軽く打ち合わせ?打ち上げ?をしましたが)つい最近までワタシはコンタクトが無かったんですねw(微妙にあったとも言えるけど、無かったとも言えるような)

推測というか勝手な解釈ですが、どうやらまぁ「あんまりそういう事情はMCで言わない方がいい」との事みたいで。俺はよく分かってませんが、機微というかまぁ……そう言われると、かな?
聞いた側からすると、表面的にはメンバーの脱退と捉えられちゃいますから、そういうのはバンド・音楽やってる人からするとセンシティブな問題なのは周知の事実だと思います。アンニュイな事を喋るのは避けたほうが…的な解釈ですかねぇ。

というか、まぁ脱退じゃないんです。パーマネントメンバーってヤツだと思います。だからこの日はベーシストA、その日はベーシストBみたいな。個人個人の思う所はあるでしょうけど、暴論で言うと何人メンバーが居てもいいと思ってます
ていうのも、人数が増えるっていうのは集合体にとってのアドバンテージですから。規模が大きくなるってことは拡散力や、アイデア性、選択性、様々なメリットが生まれるかと。ただ、人数が増えると団体自体が不安定になる可能性はあるけどww

なのでね、個人的にはこれからも研鑽を積んでもらって……とは思ってて。それも本人とは話をしました。マルチプレイヤーである事や音学歴、音楽センス、相対音感、感覚・直感的な能力。この辺は一朝一夕では身につかないギフトですからね。忙しい時は下がって、準備ができたらまた戻ってきてほしいです。ワタシは!就職で一度去ったあと、2015年に音楽界へ舞い戻ってきたように、ね!

夏コミ出ます。メタル系に限り、サークル委託を承ります。

6/15(金)、7/1(土)のライブの後は……ひとまず決定済みのイベントはコミックマーケット94です。出ます。

1日目(金曜日) 西地区ひ-12b

で出展予定です。8/10(金)ですね。
で、あれです。委託販売を承ります。落選したサークルや出てみたいサークル、バンド。小部数でよければスペースに置かせてください。但しメタルに限ります。出来ればメロディックパワーメタル…いや正直言うと、ネームバリューをお互い利用しましょ?って魂胆です。アナタにもメリットがあるし、我々にもメリットがある!
で、代表で1人は当日来てください。詳細は連絡ください。(結構緩くやります。必要事項、伝え漏らしたらすみませんwwwww)

夏コミのサークル参加は初めてです。2016年の冬以来、久々のコミケですが……、M3を超す大型の即売会イベント。規模が縮小したとはいえ、一日に10万人以上は来るだろう。そこでやはり、立ち寄ってもらう人を増やすべくノベルティなどは充実させてみたい。例えば購入者特典でクリアファイルとか、もしくは無料音源でもいい。うちわを配ってもいい。大勢にアピールできるこの機会を有効に活用したい所だ。前回のコミケはあまりその辺、力を入れられず、まぁ…確かに多くの人に買って、見てもらえたけど何というか……販促など、もっと出来た事は多いだろうし。

実の所、アルバム次回作のメドは一切立ってない。先ほどM3から、次回参加の案内がメールで届いていた。
M3は好きだし、良い空間で、よく出来た即売会だと思う。けど、7回出展した今、一度参加すると「まぁこれぐらい売れる(=これぐらいの人に見てもらえる)」というボーダーが見え始めた。そうすると、バンドを、サークルを前へ進めるにはもっと良いイベントがあるのではないかと思案してしまう。
M3自体、というか即売会というもの自体「趣味」でやっているサークルが殆どだし、好きでやっているというのが前提だろう。それを多くの人に見て欲しい、知って欲しいという理念の下に集まり活動して、それに対する需要や興味、時には広報を胸に、一般参加者が集っているもんだと思う。
だけど、ウチみたいに志を高く持ち、戦略の一環として参加しているサークルも勿論居る。そういう人達にとって、やはり参加するのであればそれなりの意義を見出し、参加した結果を反響や数字(売れ高)で見たいところだ。
闇雲に出るのも良いとは言えないし、惰性で続けるのも良くない。――M3は次回出るかは分からない、というのが現状だ。出るのは悪くないけど、同じアルバムを毎回出しても多くの反響は得られないのは経験済みだし、かといって新作や、アイデア性に富んだ方法が浮かぶ訳でもない。保留である。。。自分のスペースでCDが売れるのを待つより、「こんな事やってまーす」とビラを片手に街中を練り歩いたほうが余程宣伝にはなるだろうし。後は、開催される10月頃、英会話が始まり、海外流通がスタートしてから暫く経つ頃でもある。何か見えてくるモノもあるかもしれないから、参加を決定することができない。

だからこそ、夏コミでしっかり宣伝、販売したいね。なので、コミケ落ちたサークルとか、バンドでメタルやっててCD出展したいって人、声かけてみてください。委託しますよ。でも当日できれば来てね!サークル証渡すので!(金銭の受け渡しや在庫の管理が発生するので)

夏コミのあの感じ、暑くて臭い感じ……正直言って俺はキライじゃない。

委託要項というか、メモ

小部数。CDでもなんでも。ただしメタル
当日来れる(なるべく)
新作なら見本誌で提出するので、一部ずつ提出用もらいます

反省はするけど後悔はしねぇ(By 冒険王ビィト)

バンドのオーディション自体初めてではあるんですが、当日の顛末はオーディションっぽくない雰囲気、心持ちのままだったように思えます。
審査がライブ形式であるというのはつまり、やる事はいつものライブ演奏と同じだという事で、そりゃあ当然「ライブ演奏+オーディションなのだから、いつもより動かなきゃ」とか思っちゃった訳ですね。そうすると、勢いが空回り、焦り、冷静ではなくなり……さながらスターフォックス64で単機突入して撃墜されたお荷物ムードメイカースリッピーのように、良くない事態に陥るんです。メンバーに「今日はオーディションだ。冷静にな」とか抜かしておいてこのザマだと、カス呼ばわりされても否定できません。言い訳したって何も変わりません。原因と分析はまぁ終わった後には出来てたので、この話を引き摺っても良い事は無さそうですし終わりにします。(でもイイ経験になった。いつも通りやらなきゃ駄目、というのは俺も同じ…)

だったら普段のライブはもっと上手く立ち回れるんだよね?

……という事で、そうさ!いつもは(もうちょっとだけ)ドラマティックでメロディックでプログレッシヴで、エキサイティングさ!!ステージングや演出、セットリストも変えてきたぜ!!!
次回、次々回のライブは吉祥寺CRESCENDO6/15(金)7/1(日)

■6/15(Fri)
「Ghost of Romance vol.37」
BLIND GRAPH/Mask a Laid/Bandit Revolver/Area Leg Stand/Free As Birds

Open 18:00 / Start 18:30
Adv.2500yen+ 1Drink

■7/1(Sun)
「Ghost’s Sabbath vol.11 – Regenerated Arrow Shoot -」
Ghost Cries/S.T.R.G/Free As Birds/CAPTURED(札幌)/兀突骨

Open 17:00 / Start 17:30
Adv.3000yen+ 1Drink

本日発売「プレイ!プレイ!プレイ!GO!」

アダルトゲームブランド「わるきゅ~れ」様より、とうとう発売されました!!
株式会社オーディン様、U様、本当にありがとうございました……!

と、いう訳で早速買ってきました。改めて自分の作った楽曲が作中で流れてると「あぁ、俺が作ったBGMが使われてるんだ」と聞いてみてようやく、実感が遅々として湧いてきました。
あぁ…市販されているものはやはりクオリティが違いますね。フルボイス、溜まらん!これ全部収録するの大変なんだろうなぁ……。
何より驚きなのが、「凌辱系」というものを誤解していました。ゲーム中の文章が凄いしっかりしてるんですよね。素人ながらもノベルゲームは一作だけ製作してましたし、学生の頃には趣味で小説を書いてましたから、これが如何に時間と労力が掛かることは周知しているつもりです。凄いなぁ…プロだなぁ。プログラミングだって、俺が作ってたゲームなんかと比べたら比較にならないレベルで大変なんだろうなぁ。。。全部の楽曲ではないのですが、一部担当させていただきました。よろしくお願いします!

スタッフ募集&ルーティング

4月末のゴールデンウィークから2週間と数日。M3、COMIC1、ライブ、ライブ…と言った形でイベントが続き、その間、勿論練習は行い、お金を稼ぐ為に働きつつ、企画者やCDショップや、ライブハウスの方やお客様……様々な方とのメールをしながら日々が過ぎて行きました。
「で?何が」と聞かれますと、つまり「ようやく一段落着いたよ」という事でして、
基本僕のライフスタイルは繁忙と過疎の繰り返しなんですが、少しの間また落ち着いた日々に戻りそうです。(だからこうして書いている訳ですね。)

スタッフ募集

ライブの日に、各メンバーが自身のウォーミングアップやルーティングに入れるように、
また、繁忙期のメール対応を手伝ってもらう為に、スタッフを募集し始めました。
募集の記事をメン募サイトでも出したんです。集まるとは思っていませんが、お互いにメリットを感じられたら入って来る可能性は割と低くはないのではないかな、と思ってます。
だってそうでしょう、実質タダでライブハウスに出入りができて、たくさんのバンドのステージが見られるし、裏側も見られる
募集しているターゲット層は今バンド活動をしている人だけにフォーカスしてる訳ではなく、この界隈に興味があるけど何も出来ていない人とか、お金が無い学生とか、そういった人には十分、加入する価値があるでしょう。まぁライブではロック・メタル限定になりますけどw

とまぁ、こういう訳で募集してます。東京近辺でお住まいの方、ギャラや交通費は出ませんが、上記のメリットに賛同できる人種の場合、どうでしょう。
性別年齢は問いません。但し、信頼できる方にお任せしたいとは考えています。
(よろしく頼みます)

歌のルーティング

「ルーティン」、「ルーチン」とも言いますね。分かりやすい例で言うと、よくあるのがスポーツでの話。本番当日も、普段と同じ時間に起床し、同じ時間にご飯を食べるとか。
必ずマッサージを行うとか、必ずカレーを食べるとか。人によって違うけど
つまりアスリートが本番前必ずする事。もしくは大勝負の前に行う事。羽生選手や五郎丸選手で言うと、指のポーズで軸と中心を測って確認する、というルーティングを本番前に行ってる。
(カレーは俺も以前、可能性を見出してた。カレーのスパイスが働きかけるのか、上手く歌える気がしてた。気が、する)

ルーティングをする理由は、いつも通りの力を本番で発揮する為。普段の練習と同じ状態に持っていく為です。その日のコンディションを知る為にも重要ですね。
そんな大御所が行ってる凄いルーティングもあれば、深呼吸なんてのも簡単なルーティングの一つだ。
国民的スターと比べるのは適当とは呼べないけど、ライブという本番で実力を出し切る為にやはりバンドマンもルーティングを持ってた方がいいと思う。
いくら練習で超絶ハイトーンが出せても、レコーディングで素晴らしいテイクが出せても、ライブやスタジオ練習でそれが出来なければ
ピッチ補正ソフトで、出ない音域を誤魔化してるんだろ
なんて疑われてしまう。それは本当悔しい。

昨年の夏からずっとそのルーティングを探してきてたが、未だに明確なものを見つけられずにいる。その原因の一端には、キーボード演奏とそれに伴う運搬や練習、集中力の分散、それから曲の難易度の上昇などがあり、殊更ルーティングが難しくなっているのは否めない。
ハイトーンもhiC、Dくらいまでならそこまでルーティングに気を使う必要は無いだろう。
でもその上の音域のhiE辺りからまた、発声が変わってくる。ここからは本当、その日のコンディションによって可能か不可能かが左右されてくるとみて間違いない。
ハイトーン発声は「針の穴を通すようなものだ」なんて言われてるけど、確かにそうで、上の音域に行けば行くほど本番で失敗する可能性が増してくる。

昔は力任せに発声してたので、筋肉の締め付けによって強引に全音域を出してた。そうすると換声点で綺麗にチェンジできないし、且つ声質もあまり綺麗ではない。それに数曲歌ったらバテてた。
今は脱力も上手くできるようになり、綺麗にヘッドボイスまで持っていくのも可能となり、声色を変える事もできるようになり、スタミナも増えた。良い事尽くめだ。
その代わり、使う筋肉の量が最小限になった為か、コンディションによって左右される事が増えた気がする。いや、そもそもカラオケや自宅でしか上手く歌えてなかったような気がする。

そう、気付いたんだけど、ライブハウス以前にスタジオでも正直hiFのハイトーンが出てないんですよね。

カラオケですら調子の悪い日はあった。そういう時、毎回その日何を食べたか、何をしたか。例えば栄養ドリンクを飲んでみたとか、硬水を飲んでみたとか、
歌う前に5kmほど歩いてみたとか、食事は2時間前におにぎりを食べてみたとか。そして、その結果のコンディションを明記するようにしていた。
もう10年近く、ノートに書き続けている。昔歌ってた曲なら確かにそれで上手く行くし、カラオケではそれで上手く歌えるようになった。けど歌う曲の難易度もそうだけど、状況も環境も変化して行ってる。

それら経験を踏まえ、スタジオ練習や本番と、それ以外の場所。何が違うのか、何が原因なのかを探していた。
虱潰しに色々行ってきたから、もうここまで来ると下記ぐらいしか思いつかない。
・当日、オンステージに至るまでの会話、喋ること
・エアコンならびに、乾燥。喉の湿度
・常温の水(いつも出先だと買えない)
・精神的部分からくる肉体への影響

 (例:緊張で呼吸が浅くなっている。もしくはその他、俺が推測できていない体への影響)

ルーティングの一環で本番前、僕はウォーミングアップがてら特定の2曲を歌うことにしてるんだけど、歌ってみた瞬間その日の様子が分かる。
大体、ミドル寄りのコンディションになってしまっている。この場合、J-POPとかKamelotくらいなら歌えるんだけど、その上は正直出にくい。
しかも転換で10分~15分経つ間に、またウォームで温めた喉が冷めていく。自分のセッティング以外にもMTRの設定もやらなきゃいけないので、場を離れる事も出来ない。
自分のタイミングでスタート出来たら……そう思う。

レコーディングの時はエアコンの音がジャマになるから切ってるんだけど、これによってもしかしたら湿度を得られて、上手く歌えてるのではなかろうか。
自宅練習も、防音室にエアコンが付いてないので、潤沢な水分が得られている。
水は、もう家から持っていくしかない。次回からそうしてみよう。
後は精神的な部分は……集中、気を紛らわす為の時間を貰えれば、何とかなるだろうか。オンステージまでの会話も、喋らない時間を貰えれば解決する。

そう、だからこそスタッフ募集をしてみた。どうしてもリハーサルでは誰かに指示を出したり、PAやライブハウスの人と会話したりが必ずある。
転換でも同じだ。

誰か入る事によって、状況が一変して最上級のパフォーマンスになるかもしれないし、もしかしたら入らずとも、ルーティングを完成させる事が出来るかもしれない。
正直時間が解決してくれる問題ではあるけど、本番で実力が出せたら、俺は嬉しいし楽しい。それが視聴する側にも必ず良い影響を与えてくれる。だから早く解決する事を願っているし、努力したく思う。

話は全然変わるが、メロデスをあまり聞かない俺だけどIn Flamesを改めてアルバム単位で幾つか聞いてみた。一番良いなぁと思ったアルバムのリンクを貼って、今回は幕引きとしよう。あとはアレ、Colonyも良かったかな?
Inflamesはバンドの中で、音楽性の路線変更が顕著なほうだと思う。最近のより昔の方が好きだなぁ。チルボドみたいに難しいフレーズではなく、どちらかと言うと俺好みな音楽性を感じる。でも2006年のアルバムだから古くはないね、だとしたらこれくらいのサウンドが程よいブレンドだったって事になる。――ツインギターみたいだけど

BAND FES. TSURUKAWA 2018の詳細!

先に告知を。フェスの詳細です

■TSURUKAWA BAND FES.2018
日時:4/21(土)、22日(日)
場所:和光大学ポプリホール ※最寄駅:小田急線鶴川駅
開場:OPEN 16:30 / START 17:00
料金:¥500(前日も当日も同じ料金)

コンサートホールですので、全館禁煙、酒もご遠慮…とのこと。飲み物も客席で…まぁつまりはアレだ。ライブハウスみたいにドリンク買ったりは無い、ですね。カフェは附属してますけど、営業時間は10時~20時までなのかな。ホールから出たフロアは広々としててくつろげるスペースがあります。市民ホールですからね!

我々の出番は21日、土曜日の20:00から。トリです。ソロの方とかサックスバンドとか、色々あるんですけど……決して悪く言うつもりは無く、角が立たないか心配ですけど「一番バンドっぽい」かなとは思ってます。ある意味一日目にして妥当なトリ、かも。。トリ=Birdsだし!
っていうのも、まぁ若い人的な視点から見ると、「バンド」と想像して思い浮かべる体制に一番近いかなっていうのと、後は今回の条件で「プロアマ問わず!」と掲げている訳で、バンドらしさ、アマチュアらしさ(超絶クソ上手いバンドよりは、少し荒い方がバンドっぽい?リアリティ=その辺で活動してるバンドらしさ)が合った方がいいと思うんです。ウチにはそれがあります……あまり誇れないけど。ましてや500円ですからね。これで、もしもDream Theaterクラスがトリで出てきてみてくださいよ。500円なら僕は失禁します。感動に声を震わせながら失禁します。

ただ、打ち合わせの際に思った事が幾つかあったんですけど、一つだけ書きますとね。担当者の方、「何故くじで出順を決められたんですかね?」
持ち込みの機材やステージの内容、その辺りを考慮してブッキングしていくのが定石なんじゃないかなぁ…と、あ、いや僕はブッキングなんかした事ないですけど、も。
なんと言いますか、例えば普通にフェスでもライブでも、開場から色んなバンドが演奏して「じゃあ次が最後!最後の大トリです!どんなバンドだ?!」って順繰りで最後に「ソロです、歌います!」だったら拍子抜けしてしまうと思うんです。決して!ソロを悪く言ってるのでなく、技術や一人でやる力量、バンドよりも凄いんですよカッコイイですよ!ただ!ただこの場合、BAND FESと銘打っている中、抽選で出番を決めて下手したら――と、ね
……あわわわ誰か見てて炎上しないかしら?怖いわねぇ……。
何かこう…事前の説明においても不思議な所が。恐らくお忙しいんだと思います。担当者が前任のギターに似てたのはさておき、顔色も若干悪かったし。。。
というのも「ドラムセットの型番しか載ってない※しかも検索しても出てこない…?」とか「アンプの場所やゲストパス、スタッフの可否、肝心な事が書いてない」とか――あれ?これ悪口になってます?(すみません。)
あ、一言ではありませんでしたね。
もしも「手伝って!」なんて言っていただければね、勿論我々はそういった準備から手伝いますし、対バンの方々見た感じ、人の良さそうな方々も多そうでした。頼っていただければ嬉しい限りですね。人助けは趣味です。

なんか後半滅茶苦茶なこと書いてる気がしますけど。こう気分が濁っているのはですね、朝、打ち合わせの前に小田急マルシェでう〇こしたくなりまして、トイレ借りようとしたんですよ。
で、個室が埋まってて、ようやく出てきたと思ったらね、便器の中にエロDVDがジャケットごと捨ててあるんですよ。
――兄ちゃん、君か?もしかしたらその前の人かもしれないけど。トイレで「擦るな」とは言わない。けど、便器の中に物を捨てるな!脱糞しそうな俺がどれだけの憎しみを抱きながらDVDをサルベージしたか、お前には分からないだろうけど!あのな、流れていく穴に平面で張り付くからな、指が引っ掛からねえんだぞ。この野郎。陰惨たる思いで日曜の朝からマルシェで排便する羽目になったじゃねえか。
しかもその余計な作業のせいで打ち合わせに遅刻しそうになるからいつもより多く肛門括約筋に力を入れて、「まずい間に合わない」と、春風がそよぐ晴天の下を汗かきながら走った。どうなると思う?気持ち悪くなったんだ。この野郎。
会議室の最前列で萎れていて、きっと対バンの奴等からマナーの悪いロン毛だと思われたに違いない。最悪のファーストコンタクトだ。

ログホライズン9巻だったかな?ようやく読み終わって、ああやっぱ「全力」っていうのは気持ちがいいな、と、そう思う今日でございます。万年帰宅部でしたが。
バンドフェス当日、相応しいステージになるよう全力で挑むのみです。よろしくお願いいたします。