「告知(一般)」カテゴリーアーカイブ

餅は餅屋。広報はパブリシスト、メタルは北欧。CDはディスクユニオンで

歳なのかな。
いや、まだ耄碌するような年齢じゃないし、二十代。性の乱れと共に若年化しつつある人間の精神年齢を鑑みると、言わばまだ思春期。青春まっしぐらの筈なんだけど。
これTwitterでもちょっと呟いたんだけど企業さんからのメールをやり取りしてたら、ふとした瞬間
ピチャピチャ…チュル、ジュバ!ジュババ!っていう音が聞こえてくるのよ?
え、何?ネズミ…?とか思ってドアを開けてみたり窓を開けてみたり。隣の部屋かと思って聞き耳を立てたり……
そしたらさ、ヘッドホンから漏れ出たASMR、耳舐めボイスの音だったんだよね。

聴いてる途中で放置して、そのまま垂れ流しになってたようで……奇行、というか怖くね?
ASMRを聞き漁る無職童貞28歳の行く末も恐ろしいけど、ネズミだと思ってその辺を軽く索敵し始める俺の駄目人間っぷりが。
歳、とは思いたくない。

あと、この前バイトの休憩中にケータイ弄りながらシュークリームを食べてて。食ってる途中で後輩に呼び出されて、一旦離れて、また戻ってきたのね。
そしたら「ケータイなくした!?」と思って。
ポケットにいつもケータイを入れてるんだけど、帰ってきたら無くなってるのよ。
え、そんな短期間で?どこで?レジ行って戻ってきて…、まさかポケットに穴空いた?とか思ってゴミ箱見たら、ケータイが捨ててあんの。
何かシュークリームと一緒に捨てたみたいなんだよね。そんな事ある?って思ったけど、様子から見るにそうらしいんだよね。

スタジオで「あれ!?マイクから音出ない!!」とか思ったらミキサーのボリュームがゼロになってたり。
何なの?いや、分かってる。分かってるんだ。言わないでくれ……バカは馬鹿って言われるの気にしてるんだ。あっ、バカって言っちゃった!!

まぁ、そんなワケで本題に移ります。パブリシストの導入案でしたね。
(前回の記事に関してはこちらhttp://www.freeasbirds.biz/?p=2495
前回、ちゃんと説明しなかったので軽く触れますけど「パブリシスト」ってのは広報のエキスパートみたいな人材の事を言います。
広報担当みたいなイメージなんだけど、具体的にどう売り出すか、戦略的なプロデュースも含めて、メディアに向けてPRを行う人達だ。
そして、ここが一番大事なんだけど、この人達は独自の人脈をメディア業界に持っている。そのコネクションを活かして広報やプレスリリースを行う……と俺は勝手に思ってるんだけど、当たらずとも遠からずなんじゃないかな。

今、フリアズが欲しいのは運とコネなのよ。自論ではあるけど。音楽良し、見た目良し、人間性良し、個性良し……それでも売れないアーティストは星の数ほど居る。運はどうしようも無いから、じゃあコネクションをどうにか出来ないかな、と。
実際、ここ数年「ああ、やっぱこの業界コネクションだな」と思う事がたくさんあった。
誤解がないように言うと、決して「俺はイケメンだから、あとはコネクションだけだな」って言ってるワケではない。それに技術やサウンドだってまだ良く出来る部分はある。でも、売れるように日々努力しているアーティストの諸兄らは思う時がある筈だ。
え?こんなヤツが売れたの……?」って。僻んでる訳でもないし、貶めるつもりもないし、実例を挙げるつもりもないけど、そういう事例ってあると思う。
アーティスト然り、アイドル然り、どの界隈でもある筈だし、その人達も別にコネだけでのし上がってきた訳ではない。ただ、コネがあった結果……という事だ。
まぁそんな訳でコネクションが欲しかった。偉い人に媚びを売ってゴマを擂って、靴を舐め回して俺はWACKENに行くぜ!……そう考えた。ハハッ、冗談だよ。

まぁパブリシストに関して、詳しくは前回の渡辺謙さんの動画見て欲しい。長いけど、タメに成る筈。ようはそういう担当を、海外では売り出したい個人につけて戦略を手伝わせているという事だ。
で、以前からウチもパブリシストを雇おうという動きがあったんだけど、探しても探しても見つからない。そう、日本にそもそもパブリシストが殆ど居なかったのよ。
ならば自分で体当たりだ!と思って博報堂などのPR会社に自らメールを飛ばしてみたりしたけど、掠りもしない。総スカンという……。
一応今、某有名メタル雑誌にコンタクトを図ってはいるけど、恐らく無理だろうなぁ……。

ちなみに、得体の知れない零細PR会社(広報会社)に依頼したとして……まぁそれも試してみてもいいんだが、本当に効果が得られるのか心配だったのと、案外高くつくという事がネックで毎度お馴染の得意技「問題の先送り」となっていた。

ちょっと話が逸れるけどフリーペーパー、海外のレビューサイト、日本のレビューサイト、それから海外のメタル版ウィキみたいなサイト、動画サイト。そういう所でフリアズが載りつつはあった。最近で言うと悶絶メタルのページにレビューが載ったようで、地味に嬉しい。(出来ればラスト・カンパネラをレビューして頂きたかった……!)
あとはNAVERにまとめて頂いたり、宣伝ツイートをして貰ったり。この二つは、お金を払ってそれぞれ別の方々に依頼したのだけど、
今回はプレスリリースの代行をcoconalaで依頼させてもらった。〇万円で、約1,000社に広報を行ってくれたそうだ。
数日後、エゴサしてたらネットニュースに掲載されていた。財経新聞さん、デイリーニュースさん、マピオンさん等々……。
どれくらいの人に(そしてメタルファンに)届いているかは分からないが、それなりに良い結果を生んだのではないかと思う。これはありがたい。

そう考えると、「パブリシスト導入」という当初の予定とは違えど、プレスリリースの代行を依頼したことで同様の結果を得られたのではないかと言える。今後も、こういった方々にお世話になっていくべきかもしれない。

本題はここまで。実は映画を見てきた。これもね、宣伝活動の一環なんですよ。
どういう事?って人。Twitterで著名人にリツイートやいいねして貰えれば売名になるのは、皆もご存知の通りだと思う。
で、ヘヴィ・トリップっていう北欧メタルバンドが題材のコメディ映画があるんだけど、映画に関する内容を呟くと公式アカウントが引用リツイートをしてくれるという……いや!
本当に見たかったんです!10年振りよ!? 映画館に行くなんて。これは後付けの理由で、ずっと見たかった。ただブログの今回のネタに合わせるにあたって、やや強引に内容を統一したかっただけ!

ちなみにあらすじをサラっと。12年もやってるのにライブを一回もした事がないデスメタルバンドが、ノーザンダムネーションというノルウェーのメタルフェスに出るまでのストーリー。
コメディに寄った内容だって事と、音楽はストラトヴァリウスのベース「ラウリ」がやってて映画館の大音量で聴くと良いって事。
それからゲロ、クソ、クリ〇リス……俺の大好きな下ネタを散りばめた挙句、「え!?死んでんじゃん!!これハッピーエンドじゃないよね!?」という、まさかの人死にが出るブラックジョーク満載の作品だって事ですね。
トナカイの畜殺場から物語が始まって血まみれの肉がいっぱい出てくるのはさておき、ユンキのバン奪還から頭のイカれた国境防衛隊のやり取り、あとはやっぱアー写がスピードカメラっていうのは……面白かった。
まぁ「実際、こう上手くは行かないよね」という展開はあったが、メタルバンドは犯罪者くらいの方が箔がつくよねってのは、恐らく俺だけではなく(一部の)北欧の意見なのかもしれない。

余談だが、池袋シネマロサは2020年1月16日で上映終了。終映していく映画館も多い(というか上映してない所が多い)ので、見る方はお早めに。


P.S.

「ラスト・カンパネラ」
ディスクユニオンでの委託販売、開始しました!!

https://diskunion.net/portal/ct/detail/HMHR200115-200

今作も置いていただきました。大事な告知だけどページの最後に少しだけになってしまった……。
本日1/16(木)からですね。新宿に置いてあるみたいです。あとはオンラインでも勿論購入できます!

クレジットカード決済に対応しました

時代はキャッシュレス。フリーアズバーズにもカード決済の波が来ました。
という事で、クレジットカードによる商品のお支払いが可能です。この記事を書いている現在、えっとVISA、Mastercard、アメックスに対応しています。他のJCBとかは現在審査中で、審査を通過すればこちらも対応可能になります。

注意点というか、残念な点は……これイベントの物販限定のハナシなんですね。つまり即売会やイベントではクレジットに対応しているんですけど、オンラインで――例えばホームページで商品を購入する時にカードで支払い――は現在無理なんです。すみません。
まぁ幾つか方法はあるんですけど、システム構築が面倒くs……少々大変だったり、お客さんのカード番号とセキュリティコードをこちらで手動で入力するという、ちょっと道徳的にどうなんだ?という問題があったりしたので、オンラインでのクレジット決済は見送りとしました。

ぶっちゃけ、即売会って皆現金持って来るじゃないですか。サークルさんに迷惑が掛からないよう一万円札は崩して小銭を用意して……とか、やるじゃないですか。
そんな中、クレジット決済の必要性とは……と思うのですが、私、折に触れて言葉にしていますが見切り発車のプロなんです。ええ、してやりました。今回も。
正確に言うと、「あれ?みんな現金持って来るんだからクレジットカード決済に対応する意味ないよな?」とか「実店舗があるなら便利かもしれないけど、フリアズは即売会とオンラインでの販売が主流だからな……あれ、必要ないよな?」とか考えた上で発車しました。流石ですねぇ。

と言うのも、いつだったかコミケで電子マネー決済を導入したサークルさんが居りまして、俺もあれずっとやりたかったんです。ピ!ってやるだけで巻き起こる感動。さながらワールドカップ日本代表が得点を入れた時のような熱狂と歓声……。まぁそれはさておき、便利だなと思ってました。
で、当時AirPAYというサービスが台頭し始めていて、注目してはいたんです。これは決済代行サービスって奴でして、メーカーから独自の端末をレンタルし、それを用いると電子マネーやクレジットカード、ありとあらゆる森羅万象の決済方法が可能となる夢のような機械だったんですね。これがあればお客さんがSuicaでピッとやるだけで買える。革命やで!とか一人興奮していたんですが……当時Androidに対応してなかったんです。スマホと接続して使うデバイスなんですね。(今は確か対応済み)
後は何かが気に入らなくて導入を先送りしたんですが、時は変わって令和。今、AirPAY以外にも決済代行サービスが増えていて、今年秋から始まった消費税アップ、キャッシュレス還元キャンペーン等に便乗する形で、「導入費、維持費、無料!」みたいな事を各社がこぞって実施しているんですよ。しかもAirPAYに至ってはiPadも貸すとか言ってんですよ。正気じゃない。
確かにフリアズには現状必要ないかもしれないけど、無料だったらやってみるか……という事で、今回導入に至った訳ですね。

ちなみにAirPAYじゃないんです。Squareという会社を選択しました。こちらも、来年四月くらいまでは無料キャンペーンやってるみたいです。
何でこっちを選んだかと言うと、この会社は申込してから実際にクレカ決済が可能になるまでの期間が早く、最短で翌日みたいなんですね。コミケが逼迫する今、AirPAYだと間に合わないようなので、こちらを選択しました。
あとはその……一応熟読はしましたがiPad無料っていう狂気っぷり。タダより怖い物は無いってわけじゃないですけど、ちょっと怖いんです。

Square公式サイトでアカウント登録して申請し、注文するとデバイスが届きます。
こんな感じでカードリーダー(本体)と充電用ケーブル、アダプターが届きました。頼めばステッカーとかも送ってくれます。全部無料です。
使い方としてはまず、ネットの方で商品とかを設定しておくと便利かもです。公式サイトのブラウザで、商品の登録とか値段、割引、顧客の登録、データ分析……まぁ言ってしまえばEC事業に必要な感じのあれこれが弄れるようになってるんです。
で、そのあとアプリをインストール(スマホと接続して決済処理を行うので)します。次にBluetoothでスマホとカードリーダーを接続、同期。会計の際は商品を選択して、カードをカードリーダーに差し込む。お客さんのサインを画面で書いてもらう。必要に応じて電子レシートを送る、かな。
別売りでレシートの発券機とかドック?とかも売ってるんだけど、これらは無料ではないのでご注意。

あ、ちなみにですが決済代行サービスは各社でメリット・デメリットがあるので、自分に合ったものを導入するといいみたいです。決済手数料とか月額の維持費とか、電子マネーが使えるかとか、あとは審査の通りやすさとかね。

三秒ルールを過信してはいるが、流石に砂とかついたら食わない

うわぁ、下痢だ……。
下痢が止まらねぇ。今、ケツが痛いのでフレディ・マーキュリーみたいな体勢でブログ書いてます。こんばんは、ロイドです。

にしても何かヘンな物でも食べたかな……。冬場は毎年下痢してる気がするけど、そう考えるとデフォ……?
いや!アレだ!忘年会の時、駅のホームに落ちたグミ拾って食べたぞ!アレか!やべぇ……数日続いてるんだけど、これアレか。メーカーにクレーム入れるしかねぇか。
「落ちたグミ拾ったら腹壊したぞ! どうしてくれんだ!!」って。

ええと、「ラスト・カンパネラ」届きました。今回は気合入ってます。CDも帯付き。トレイもクリアで裏側の印刷が透けて見えるというセクシー具合。どうです?
まぁそれだけ以前より経費は掛かってるんですがね。

フリアズは言わば自主レーベル(個人レーベル)ですから、こういうのいつも計算してるんですよ。「どれだけ掛かったか」って。
で、以前も結構このブログで紹介してたんですけど、久々に今回もCD制作にいくら掛かったか、書いていきましょうかねぇ。
ちなみに今までは、自主制作の名に恥じぬようプレス以外は全部手作りだったんです。印刷からカッティング、封入まで全部ね。
例として、4thミニの「ポイゾナス・ワンダーランド」は

①プレス代 ¥22,680 →100枚プレスしたので単価 ¥226
②電気代(REC代含む) ¥5?
③用紙代
 Elecom SRAA450(50枚入り) ¥1,000 → ¥20
 KOKUYO LBP-F1310(100枚入り) ¥780 → ¥3.9
  ※一枚に2つ印刷できるので、780÷100÷2
④インク代 推定一枚¥100以下とし、1+0.5枚印刷 → ¥150
⑤ジュエルケース ¥43.3
⑥OPP包装紙 ¥4.7
⑦歌REC代 ¥1,980 × 2曲分 ÷ 100 = ¥39.6
小計 ¥491.6

こんな感じ。売値は500円。一個売って9円って、駄菓子か!とか言わない。
確かにギリだけど。いや、同人サークルっすから!いいんです!
で……実は声優さんへのギャラがあるので経費は上記以上に掛かってるんだけど、それは僕のポケットマネーです。いいんです!いいじゃないっすか!

さておき、前作の「ニュー・エラ」からは全部外注になりまして。電気代とか印刷代、そういうの無くなりました!
確かに自作なら安く済むけど、時間と手間が掛かりますからね。結構安かったので試しに外注にしたんです。
※余談ですが「ニュー・エラ」は演奏陣のギャラ〇〇〇円、プレス費31,000円(印刷、封入など全部込み)。ジャケットは(ここだけの話CC0で)無料なので、約70,000円。
100枚プレスなので、100で割って、ざっくり単価700円以下。売値は1,000円。REC代も単価で数十円だからバッチOK!

蛇足だけど、1stの時は(俺がよく分かってなかったのが悪いんだけど)地雷業者に引っ掛かって、計12万円掛かりました。ハハハ、笑っちゃいますねぇ。
100で割って1,200円。でもね、これ5曲入りのミニアルバムで500円で売ってたから、どう頑張っても回収できない焦げ付きが……。経営難?火の車?
……いや、これ社長がバカなだけだ。やっちゃったぜ!!

で、今回の「ラスト・カンパネラ」はと言うと、まぁ初回限定とはいえ売値1,700円なんだが
①ギャラ〇〇〇円
②REC代(歌)1,500×7曲÷100=単価¥105
③ジャケットイラスト外注〇〇〇円
④プレス費51,000
小計 ¥189,500

おや? 妙ですね……

それからガイドブック届きました!

……いや、大丈夫っす。何心配してんですか。マネーポケットがあるんですよ。藤子不二夫の、あの何でも願いを叶えてくれる……
もしくは聖杯戦争において歪な形で人々の願いを叶える、あの、アレです。
というか、通常価格は2,200円予定ですから、大丈夫です。でも買うのならコミケかM3ですね。

閑話休題。無事BIRRDS!も納品しました。これ、前にも言いましたが歌詞カード……ではないんですけど、歌詞カード的な側面も強いと言いますか、なんと言いますか。
一つ言えるのは、「ラスト・カンパネラ」を買う際は、こちらも是非貰っていって下さい。無料ですから。

レア社も俺も、ブラックジョークがお好き

12月ですね。寒いからなのか、私の周りには風邪を引いてる人がいっぱい居ます。でも私は全然引きません。
「バカは風邪を引かない」とか「バカは自己管理が出来ないから風邪を引く」とか諸説ありますが、個人的な結論を述べますとバカは風邪引きます。でもバカだから気付かないで、知らないうちにいつの間にか治ってるんです。バカですね。
で……じゃあ風邪を引かない私はバカなのか天才なのか、それとも……というワケですが、私もバカです。ただし、自己管理が出来るバカです。

という訳で……どうもこんばんは、バカです。
鼻うがいと栄養管理、それから適度な休息と気合があれば風邪は引きません。
最後の方は精神論ですが、これマジの話なんですね。ボーカリストたる者、一発でも風邪を引いたら終わりなんで……。
で、それを皆一度は経験して知ってる筈なんです。「スタジオで歌えなかったなぁ」とか「レコーディング出来ないなぁ」とか。
だから凄い気をつけるようになるし、引きそうになると全力でそれを阻止します。(風邪を引く一歩手前って、感覚で分かりますよね?)
栄養ドリンクを飲み、スポーツドリンクをがぶ飲み。ハチミツを舐めまくり、体に良さそうな食材をありったけ喰らう。そして寝る。
――確率は半々ですかね。これで快復してる時と、次の日死んでる時があります。

まぁ、そりゃ人間ですから風邪は引きます。対策としては、菌はどんなに頑張っても体内に入っちゃうので、鼻をかむ。すすらない。
それからビタミンを摂取し、栄養バランスに気をつける。体を冷やさない。月並みですがね。
それでもね、疲れたりして免疫力が落ちると危ないですから、休みます。これが大事!
俺を見習ってください!一日平均10時間は寝てますよ!毎日がハッピーホリデーですよ!誰か仕事をくださいよォ!

……本題に移ります。今回はお知らせです。フリーアズバーズ5周年企画。新アルバムの発売に割引キャンペーン。これについてはお知らせしましたが、まだまだあります。12月31日、この日、5周年と称して

よくわかるフリーアズバーズ入門BIRRDS!」を発行します!!

え、何それ?って方。
奇遇ですね。俺もよく分かってないんです。ひとまず「ガイドブック」と言っておきます。

2015年に「月刊誌を作ろう!」という企画が持ち上がって。バンドで自費出版してるヤツなんて当時たぶん居なかったし、やってやろうと思ってたんです。
中身は単純に機材レビューやバンドのインタビューとか。ただ、これ字面を見て分かる通り「BURRN!」から苦情が来るんじゃね?っていう不安と、ブラックジョークをふんだんに散りばめたエキサイティングなレビューに当時居たメンバーは恐れ戦き、そして極めつけはバンド界隈の先輩JUNさんが「月間なまら」っていうのを数ヵ月後にリリースしちゃったんですね。
先を越され、やる気を失くし……そもそもシリーズ化できる程のコネが無かったので、結局お蔵入りになったんです。
このBIRR……もとい、ガイドブックは、それを改良して出版されるというワケですね。先ほど入稿を終えました。色々とギリギリな部分があるので少々冷や汗をかいているのですが、大丈夫。土下座の練習はしてあります。

それから、新譜「ラスト・カンパネラ」のプレス発注も無事終えました。めでたし、めでたし……って感じでもないんですね。
実は新譜にブックレットを付けたかったんです。
だけどJASRACに申請したとき(あ、今回聖飢魔Ⅱのカバーありますからね?)に、付属のブックレットの有無を問われて「無い」って言っちゃったんですね。
……ええ、そうですよ!声を大にして言ってやりましたよ。「ないです!」ってね!当時の俺に一言言いたい。――死ね!

まぁそんなワケで、ブックレット付けられなくなっちゃったんですよ~。ハハッ!
いやね? だって「やっぱりブックレット付けます」って言ったら申請し直してくれ、って言われるじゃん。そうすると間に合わねーのよ、コミケに。
そうすると如何にしてブックレット的な物をCDに捻じ込むかの戦いじゃん。ブックレットと悟られずにお客様の下へブックレットをお渡し……え?いや違いますよ!!これブックレットじゃないんです!!
ともあれ、そこは騙くらかすしかねぇ、と。安心しろ、俺はどうやったら女子高生と合法的にセ〇クス出来るかを考え続けた男「ロイド・スカーレット」だ、と自らを鼓舞して――
いや、チガウんです。抜け穴と言いますか、合法的な解決策をですね?決して悪い事をしようとしてるワケではないんです。あと女子高生と合法的にセ〇クスするのは不可能です。(いや不可能ではないケド)

つまり、そういう禍根を残しつつリリースした「よくわかるフリーアズバーズ入門BIRRDS!」はブックレットにすごい近い存在のブックレット的な役割で歌詞カードも載っちゃってるけど、ガイドブックなんです。
いいですか? “ガイドブック”です。でもラスト・カンパネラを購入する方は是非貰っていってください。無料ですので。
で、勿論“ガイドブック”なので、これ単体でも楽しめます。読んでみたい方、CDを買わなくてもテイクフリー予定ですので、コミケの四日目は西地区H20aまでお気軽に足を運んでみてください。

P.S.
今回のCDには仕掛けがあるんです。コミックバンドとかコメディアン・メタルとか言われ……てはいませんが!面白い物が好きな人には是非見てほしい仕掛けが、ね。
ただ、普通に買っても「それ」には気付かないと思います。
任天堂64の名作『バンジョーとカズーイの大冒険』の隠し要素よろしく、「え! そんな所にハニカムが!? わかんねーよ!!」とか「あのジグソーどうやって取んだよ、クソ! わかんねぇよ!」って言いたくなるような。
気付いた人だけがニヤリと出来る遊び心があります。
その為にも……。“ガイドブック”を読めば、何かヒントが分かると思います。

ってゆうか文章長ぇな!スミマセン!
たまにブログ書くとこれだよ!!

ドラマCD「グランツアー」にて楽曲制作を担当しました

いやぁ、実りの秋ですかね。
努力していた物事が結実する頃合なのかもしれません。という訳で……今回も告知です。

サークル「Gungnir over rev」様で制作中のドラマCD「グランツアー」にて、楽曲制作を担当させていただきました。BGMと主題歌の担当、ですね。
コミックマーケット97にて頒布される模様です。四日目(12/31火曜日)です!で、スペース番号は

西地区“B”ブロック58a

だそうです。

気になる内容については……ん、はっ、ああッ!ほげぇ!
げほげほ、ちょっと言えないんですけど……壮大なストーリーのファンタジーという事は間違いありません。

どういう事かと言うと、数分聞いてハイ、終了というシナリオではなく、じっくりと物語の世界観や設定、キャストによる演技を楽しむタイプのドラマという事です。

ドラマCDって言うと、若干インスタントな作りの作品が多いじゃないですか。それはそれで良いんですが、こちらは全く異なる種類ですね。例えるなら小五の家庭科の授業で作った児戯に等しいクリームシチューとクレアおばさんが作った本格派クリームシチュー。それくらい違うんです。
アニメ、ラノベ、漫画を好む俺としても「すげぇ。作り込まれてる。しかも、ちゃんとしている」と思う作品だと思います。ざっくりで申し訳ないですが、「ファンタジー作品でシリーズ物のラノベを、耳で読む」って印象ですかね。しかも市販の。
その作中のBGMと主題歌、それから歌の男声パートもロイド(このオレだ!)が担当させていただきましたので、是非チェックしていただければ幸甚でございます。
サークルさん自体も2000年代初期から活動している老舗であり、そこに集っている方々もまた、やはり熟練され、そしてウチと違って若いながらも素質と技量を兼ね備えた人が居り……ええ、凄いです。よろしくお願いします。

C97にて、ゲキアツの新アルバムをリリース

こんにちは、ロイドです。
今回は純然たる告知です。来る12/31(火)コミックマーケット97(C97、冬コミ)に出展致します。

今回のコミケは四日間の開催なので12/28(土)から12/31(火)まで。
つまり我々は四日目、大晦日という事になります。ちなみに音楽系のサークルは大体この日に集約されているようですね。
で、スペース番号は【西地区“H”ブロック20a】。……なので

12/31(火)西H20a!!

で、覚えておいてください!いいですね!?
覚悟しておいてください!!(ジョルノ・ジョバァーナの声で)

さて、そして重要なお知らせが二つ程。まずはその一。


大晦日のこの日、ニュー・アルバム「LAST CAMPANELLA」をリリースします!

lc gazou

 →詳しくはhttp://www.freeasbirds.biz/?page_id=2528(特設ページ)

5枚目のフルアルバムにして、実質ベストアルバム。そして、なんたってバンドメンバーによるスタジオアルバムでございます。
超かっけぇし、激アツだし、値段も素晴らしいし!(※後述)
昨今の日本の若手メロスピバンドにおいて圧倒的に一位だ!マジで!!
まず見てみろ!このジャケ!オレは素晴らしすぎて失禁した!!ああそうだ、サイコパスだ!!オレは!!
(イラストは函丞蒸汽さんに描いていただきました。本当にありがとうございます)

勿論、収録内容も充実。至極のメロスピアルバムだ。海外のメロスピ&メロパワ、シンフォニックメタルなんかを聞く人は是非聞いてほしい。
ヘヴィメタル色は抑えているからロックバンドを聞く人にもオススメだ。
試聴動画は暫しお待ちを。後日、アップロード&告知させていただきます。
……さて、紹介はこの辺にしておき、次の告知。


ニュー・アルバム、過去の作品をお持ちの方は割引します。

フリーアズバーズ、実は今年で5周年なんです。だから何かやりたかった。俺(ロイド)のブロマイド写真(略してブロイド)のエアドロップ無差別テロ。
バンドTシャツの押し売r、もとい訪問販売。それからCDによる洗脳。……いや、冗談ですからね?

えっと、なので<5周年ありがとうキャンペーン>と銘打って、フリアズの過去作をお持ちの方はニューアルバム「LAST CAMPANELLA」を500円引きにさせていただく事にしました。
アルバムの写真か実物をお見せ頂ければ割引します。デジタル版をお持ちの方は、音源ファイルをご持参ください。
ちなみに、過去作をその場で買う場合も割引となります。ただ、補足として過去のは僕のソロアルバム(つまりバンド演奏ではない)という事、収録されている曲がニューアルバムと重複する可能性がある事を記しておきます。
それから、割引が適用されるのは今回の冬コミと、来春のM3だけです。他のイベントや委託販売では適用されない事をご注意ください。



告知は以上です。
ここからは俺の勝手な後書き。↑の告知とは一切関係ありません。
このアルバムは、バンドメンバーと創り上げた最強のパワーメタルだと思っている。フリアズはライブバンドではないから、作品の発表っていうこの機会を大切にしたい。
アルバム名は直訳で「ラストカンパネラ(=最後の鐘)」って意味なんだけど、それはつまり最後かもしれないって事なんだ。
次はこのクオリティを超えられないかもしれない。それくらい十全な打ち合わせ、ブラッシュアップをし、何度も何度も意見を交わし、より良い物が完成するよう励んだ。
制作は勿論、それ以外の広報や根回しも現在奔走中だ。決して自己満足や、一人の主観で終わらないよう、時間と手間を掛けて臨めていると思う。

で、……ライナーノーツなんて気取ったものを書くつもりはないけど、まずは御礼を忘れずここに書きたい。まだ完成はしてないけどね。
最初にドラムのピル佐藤。初期からフリアズを手伝って貰ってました。気心の知れた仲だけど、感謝は述べたい。
音源を作りたい気持ちはずっとあったけど、ようやく作れたよ。演奏だけじゃなくて良い曲も作って貰った。本当にありがとう。
それからギターのヒガキシ、長年に渡って支えて貰ってます。君と同じバンドでまたやれて良かった。ありがとう。これからもよろしく。体には気をつけてください。
最後に東出さん。ホームページには載ってないけど、去年の夏からずっとお世話になりっぱなしです。立場上俺がメンバーに言いづらい事や、何かを迷ってる時、あなたのお陰で
このチームは円滑に回って行ってます。ありがとうございます。
そして、フリアズメンバーではないけど、気にかけて下さった先輩方、いつもありがとうございます。

全員に言いたい事だけど、俺は普段から皆にたくさん迷惑を掛けている筈だ。制作中も色々あったと思う。だから「ゴメン」とも言いたいけど、許してくれるその寛大さに、ありがとうと言いたい。
でもゴメン(すみません)。そしてこれからも一緒にやって行きたい。重ね重ねになるけど、ありがとうございます。

かなり長くなった。次に……。
話を戻すけど、4thアルバムまでは自分一人で作っていて、ゲストをお招きしたり、ゲームに収録されたり、自分が納得できるクオリティの物は出来たと思う。だけど、違う。
俺の中ではずっとあった。技巧が求められるメタルだからこそ、生演奏でやりたい、と。そう思っていた。
大きな物を作るという事は、大きな波を巻き込んでいく事。個々の人間が合わさっていく事で、素晴らしい物が出来上がる。それ故、出来たときの喜びも大きい。
同時に、チームで作る難しさも痛感した。全員に妥協がなく、真剣に考えているから。それぞれの思いがあったと思う。

評価されるかは分からないし、もしかしたら全然売れないかもしれない。でも、俺の目には最高傑作に映ってる。俺は自分のやりたい事を捻じ曲げてまで夢を叶えようとするほど、生き方の上手い人間じゃない。
だからこそ……手に取っていただけたらこれに勝る幸せはありません。何卒、よろしくお願い致します。
「LAST CAMPANELLA」、12月31日に発売予定です。

P.S.
そういえば丁度「除夜の鐘」が鳴る日に発売なんだな。

もしもバンドをやっていなかったら、クラシアンで働いていたかもしれない

10月です。増税しましたね。
フリアズでもCDやらグッズやらを販売しておりますが、同じ料金でやらせて貰います。

……という報告です。送料もひとまず同額です。
よろしくお願いします。

これだけだと味気ない報告になっちゃうね。

と言うわけで、ゴメン。今日はどうでも良い事……いや、どうでもよくねぇ!どうでもよくはないけど、音楽一切関係ない話をして終わります。

トイレのトラブル8,000円」ってフレーズ、あんじゃん。「暮らし安心クラ~シアン♪」でお馴染みの。
増税して、どうなってんだろうと思ってホームページを調べたけど、流石に税抜き表示で「8,000円」って書いてあるのね。

でも、色々と部品だって高騰しているわけじゃん。トイレの配管パーツとかパッキンとか。出張費も見積もりも無料でやってるみたいだけどさ。
それでいて、未だに8,000円でやってるのって本当か……とかちょっと思っちゃうのよね。
勿論、必ずしも8,000円で全部やってます、という訳じゃないんだろうけど。それよりも気になったのがクラシアンの年間受注件数で。

年間100万件以上、らしいのよ。

――そんなに、トイレって壊れるもんなの?
100万って日本の人口の約1%な訳で。他のトイレ業者も合わせると、相当な数のトイレがトラブルに見舞われている計算になる。
学校の1クラスで例えると「え?お前んちのトイレも壊れたの? いや奇遇だね、ウチもなんだよ」という
ソフトな「スカトロあるある」で昼休みに同級生と盛り上がり、青春の1ページを謳歌する経験を誰もがしている事になる。いや、そんな同級生は一人も居なかったよ。
そんなの、明らかにトイレ会社の陰謀説じゃん。
「よし、数年後に壊れるよう……ここ、ネジ緩めといたろ……」みたいな。
(だから、たぶん毎回同じヤツなんだろうな。「すみません!また便座割っちゃいました!」みたいな。あとは毎回大量にウンコしていくヤツとか)

トイレってそんなにヤワじゃないと思う。前に働いてた会社でトイレの部品も扱ってたから分かるんだけど、硬いし頑丈だし。
あと超重い。便器って。
TOTOの商品でピュアレストEXってのがあるんだけど、45kgとかあるのよ。
もはや人間じゃん。それを軽々と「これ2階っすか?」とか言いながら持ち上げて運んでいく神奈川管材の兄ちゃん。俺にとってはヒーローだったね。

ちなみに今の最新機種はネオレストっていう種類。炊飯器みたいなフォルムのヤツ。タンクが無くて、汚れにくくて、オートセンサー。値段はまぁ30万……ぐらいするけど。
今でこそ、ちょっとした音声案内みたいな機能あるじゃん。
そのうちAIを搭載して「うーん、今日のはちょっと硬いですねぇ。野菜食べてます?」とか言うようになるんじゃないだろうか。

まぁそれはともかく。
クラシアンって夜中もやってんのね。24時間365日営業してんのよ。凄いよね。経営難でコンビニだって続々と夜中閉店するような時代なのに。
これなら夜中、大量に大便して「小」の方のレバーで流そうとしたら詰まっちゃった時、安心できる。

……今書いてて気付いたんだけど、電話貰って、クラシアンの作業員がそうやって駆けつけたとするじゃん。
トイレにあがったらもりもりのウンコがそのままになってる事もあると思うんだよ。故障だから仕方ないけど。
そんな時、作業員はどういう思いなんだろう。

で、だ。
旧姓<排泄の騎士スカトロイド>こと、この俺。
その昔、その歪んだ性癖に人々(同級生)は畏怖と敬意を込めてハーケンクロイツを贈呈した、あのレジェンド。ファンタスティックプープフレンズ。
伝説のロイドさんですよ。黄色いアイツはくまのプーさんと呼ばれていたけど、くそのプープさんって呼ばれていた、あの……!

美人な奥さんのお宅か、独り暮らしの女性の家だったとするじゃん。
いや欲を言えば独り暮らしを始めた女子高生が古いマンションで生活しているんだけど、古いから詰まっちゃうのよ。
もう、最高じゃん。ハレルヤじゃん。ジーザスクライスト・スーパースターじゃん。劇団四季よりもクールなヤツをトイレでワンコーラス歌っちゃうじゃんよ。

そんな事をさ、
ブログで書けないじゃん……。

吉祥寺クレッシェンドと柏サンブアップ界隈ではもしかしたら……もしかしたらだけど、俺の事を許容してくれる心優しいファンタスティックプープフレンズが居るかもしれないけど。
広大なネットの海に……いや、いい。たまにトンでもない事普通に書いているからな、このブログ。大丈夫だ。

P.S.
ちなみに今、フルアルバム制作中です。良い感じに仕上がって来ております。
これね、正直言う。「買い」だよ。こんなサイテーのブログ書いている奴がやってるバンドなんて「どうせウンコと同じでひん曲がってんだろ!?」と思うかもしれない。違うんだ。ウンコと同じでクサイけど、曲がってなんかいない!ストレートだって事を、ここに誓う!

日本のメロスピメロパワって、(まぁビジュアル系はいいんだけど)女性ボーカルが多かったりするじゃん。特に、シーンで活躍してて売れてて、それなりに長くやっているとなると。欧州みたいにハイトーン男性ボーカルで臭くてキラキラしててカッコイイ。そういうのは少ないと思う。
でも、ここに居る。フリアズももう5年目。やっぱメタルは(バンドは)生演奏で聞きたいもんだ。欧州のメロスピを聞き漁って「日本は全然だな」という方。
マ・ジ・で・乞うご期待。

それまではEP「NEW ERA」をどうぞよろしくお願い致します。

とか言って1日8時間は平均寝ている

久々の更新です。こうやって更新の頻度が減ると「あれ?こいつら活動休止するんじゃね?」とか悪い方向に予想するかもしれません。
あえて断言します。超元気です
ヤフオクで中古の女性用下着を買い漁って奇声を上げながら42.195km走れるくらい元気です。そのあと筋力と性欲でトライアスロンを

ただ、一ヶ月ぐらい前からまた繁忙期に入りまして。毎日何かしらのスケジュールがあり、今までのように
YouTubeでお気に入りの耳舐めボイスを聞きながらヘヴン状態で悪質なブログを書く、という合わせ技が実行できなくなりました。

アニメも全然見れてないですね。えーっと、今期だと
①ありふれた職業で世界最強、②ダンベル何キロ持てる?、③まちカドまぞく、
④女子高生の無駄遣い、⑤Dr.STONE、⑥鬼滅の刃……
全然見れてないですねぇ。

「何言ってんだコイツ」って方。いやいや、アニメを観ることは大事なのよ。
アニメで使われる楽曲やBGMなんてものは(大体が)プロが作ったもので、云わば一個一個がリスナーを感動させる必殺技みたいなものじゃん。
支持されるもの、一流のもの、「こうしたら悲しくなる」とか「こうしたらアツくなる」みたいな味付けをちゃんと考慮して作ってあって、
そういったものが流れているから勉強になるんです。

あとはゲームも同じ。今でこそ色んなゲーム音楽があるけど、初期のファミコンやゲームボーイなんて、音色が「アレ」しかない。歌も入れられないし、オーケストラも無理だ。
その縛りの中で「盛り上がり」や「感動」といったものを表現しなければならない。
今みたいにゲームに組み込める情報量が多くなくて、データ容量が確立されてない。
だからゴミみたいなサイズ容量という制限の中、数十秒の曲を作ってプレイヤーを感動させなければならない。
……となると、当たり前だけど一級のプロが匠の技で注ぎ込んでくるのよ。最小限のルート音とメロディで。
勿論、幾つかの音源が組み込めるようになったスーファミ以降のサウンドなんかは、更に勉強になるよね。

脱線した。
実は作曲の仕事を戴きまして。なので、アニメ視聴は音楽の勉強や情報収集も兼ねているんです。
決して遊んでいる訳ではないのよ。オーザックを頬張りながら時折高笑いをしては、唾液や色んな体液をモニターに迸らせている訳だけど……
ゆとり教育? いいえ、働き方改革です。

で……。

えっと、本題です。9月14日に行われた柏Thumb Upでのライブ
皆様ありがとうございました!

……うん、分かってる。レスポンスが超遅ぇってのは。だって開催日からもう2週間近く経ってるんだもの。さっき解説した通りちょっと忙しかったッス……。
謝辞が遅れましたが、年に数回しかやらない我々にとって、とても良い一日でした。(その割りに、演奏力とステージはかなり良かったと思う)

良いステージ、お客さん、対バン、先輩方……。楽屋は酒とつまみで荒れ果て、一人だけ性犯罪者のような扱いを受けていましたが、僕は元気です。
本当にありがとうございました。
今後のライブは未定ですが「行ってみたかったなぁ」と言う方は是非、次回お越しください。

ちなみに、次回のイベントは10月27日(日)の秋M3ですね。
サークル番号は第一展示場B-10bです。
夏に発売した、バンドの3曲入りCD「NEW ERA」を持っていきます。1枚1,000円です。
(「M3って何?」って人は……→http://www.freeasbirds.biz/?p=2153

今色々なプロジェクトが進行中で、腹案も結構あるんだけど……。
とりあえず今回はここらで終わっておこう。
バンドで取り組んでいるアルバム制作はお楽しみに!

仕入れる

オレオレ、俺だよ。
実は女学院に忍び込んでプールの水を持ち帰って「聖水」として販売してたら足がついちまって……示談金が今すぐ必要なんだ。口座に振り込んでほしい。口座番号は

ちわ。ロイドです。久々の投稿だな……。忙しかった?いいえ、アニメをずっと見てました。
そういや最近、美味い魚介にありつける機会が増えている。

これは町田のいまがわ食堂というお店。行ってみたかったのでこの前食べに行った。超絶うまし。サバってこんなウマイの?と思った。
写真は炙りサバ定食と刺身の盛り合わせで、知る人ぞ知る町田の海鮮料理店、なのかな?

で、こちらはAllegiance reignの葉瀬川さんにご馳走になった鰻。登亭というお店だ。空前絶後のうまし。(ありがとうございます)

……ちょくちょくこういう感じで先輩や仲間と会う機会があって、意見や情報を交換したり議論したり。今までもあったけど、そんな機会が徐々に増えている気がする。――ピル佐藤経由で、ね。
なんだ……神か?最近の俺の周り、あいつの作ったパイプラインしかねぇぞ。

まぁ、いつも思うのは「俺の周りには凄い人間がいっぱい居る」って事で。何が凄いって技術やコネクション、経歴、まぁ何でも。何かに長けている人達がたくさん居て、そのお陰で俺も手札が増え、戦略を練ったり実行したりする事が出来る。
なんだろうね、俺は器用貧乏で犯罪者予備軍の自称音楽家なだけなのに。俺を中心として集まってくるなら人徳だろうけど、俺の周りを中心に集まっているこの状態は、どう表現したら良いのか分からないな。
さておき。それで色々な情報をインプットして、思う所も色々ある訳だが。文章がまた散らかるのでやめておく。

一昨日はセッションに参加してた。セッション自体は何回か経験があるけど、毎回勉強になる。普段やってるメンバーとは違う人と演奏するから、変な話「やり辛い」のよね。勿論、スタジオも違う。
これは悪い意味ではなくて、上達するという意味で経験した方がいい。ドラマーが違えばリズムも違うし、ギタリストが違えば音作りも違う。環境が違えば「返し」も違う。しかもセッションなんて(場合によるけど)ちゃんとしたリハーサルも無いし、転換も短いからね。よく分からんまま曲がスタートして、「あ!ちょっと待っておかしい!なんかおかしいよ!? 一旦曲を――」というまま、気付いたら曲が終了してる事もあると思う。

それから上手い人の演奏やセッティングはタメになるし、話を聞く事も出来る。ここでもまた、情報を仕入れたり交換できたりする訳だな。
一つ直近の例を出すと、ボーカルとして変な意地がずっとあって「ボーカリストだったら、どんなマイクでも歌えなければならないだろ」と思ってた。だから自分のマイクを買ってスタジオに持って行くなんて事は絶対しなかったんだけど、セッションで皆「あれ?皆マイマイク持ってきてんじゃん。え?……ゼンハイザー多くね?……え?なんかクリアじゃね?」とか思った日には「ゼンハイザー良いですか?」と聞かない訳には行かんのだよ。(で、結局ネットで買った)

ネットで多くの情報が得られるけど、「インディーズに居たあのバンドがどのようにして売れたか」とか、具体的に「CDが売れないと呼ばれる昨今、メジャーデビューするには何枚CDが売れれば良いか」とか。そういうヤラしい話はネットには出回りにくい。
そういや去年エイベックスのワークショップに参加した時も、具体的な数字とか例を挙げて話をしていたっけね。
※ちなみにその時の記事はこちら(http://www.freeasbirds.biz/?p=1797

まぁ、そういった情報を整理し、上手くこちらに取り込めれば……或いは。
いや、ムズイよ。やるだけはやってみるけど。
という訳で、俺が思いつく簡単な広報活動!それはイベント参加!

次回イベントは↓

デザインフェスタ公式HP
https://designfesta.com/

間に合えば新譜を持っていきます。バンドメンバーによるデモ、3曲入りです。バックで鳴っているストリングスとかピアノとかのキーボードは勿論、この俺ッ!俺が弾いているZE!!☆
ミックスも俺だぜ!

Vo. Lloyd Scarlet
Gt. Higaxi
Ba. Hiroki Higashide
Dr. Pill Sato

という訳で、蛇足ですが作曲や楽曲制作、キーボード関連のお仕事も募集中です。
キーボードは……MIDIが頂ければなんとかなるような気はします。お気軽にご連絡ください。

スタドリをプレイしてみた感想と、即売会出展のお知らせ

報告①
こちらでまだ詳細を書いていなかったので、改めてご報告させて頂こうと思います。

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.zooa.stardream

楽曲提供させていただいた音楽ゲームアプリ「スタードリーム~Love&Dance~」のAndroid版が、先月の下旬にリリースされました。
ええ、何で報告がこんなに遅れたのかと言うと、プレイして感想を述べようと思っていたところ、ウチのGoogle Playが死んだんですね。何度ボタンを押しても画面が真っ白になってしまう。消したい黒歴史やパンツの黄ばみはどんなに頑張っても白くならないのに……そして、あの日脱糞してしまった記憶は一切色褪せないのに、サムスンのスマートフォンはいとも簡単にページを白くする。

そういやサムスンのスマホは「地雷」なんて呼ばれてて、爆発事件や発火事件が起きているけどウチのは大丈夫だろうか。購入して随分経つ。電池パックが臨月を迎えた妊婦のようにパンパンに膨らんで得体の知れない何かを産み出そうとしていたので、昨年DOCOMOショップに行って相談してきた。
「これは、どういう状態ですかね。男の子ですか?女の子ですか?」
「いや、普通にバッテリー交換をすれば元に戻りますよ?」
「えっ、中絶ですか?」
みたいな。電池はその時交換してもらったけど。

……いかん。今回は真面目に報告しようと誓ったのに、このザマだ。許して欲しい。
ともかくGoogle Playが開けず、アプリがインストール出来ない……そんな状態が続いておりました。が、ようやく復活(正確に言うと復活はしてないが、インストールには成功)したので、報告に参った次第です。

プレイしました。最高ですね。元ゲーマーとして、音ゲーも割りと嗜んでおりました私ですが、スマートフォンアプリがまさかここまでのクオリティとは思っておらず(失礼)、ヘドバンしながら夜中にプレイしてました。――気付くと、朝でした。
というのも、今までスマホのゲームを幾つかプレイした事はあるのですが……本格的に楽しめるもの、というのは少ないような気がしました。しかしスタドリは違います。音ゲーとしての要素は言わずもがな、衣装を変えたり、他のプレイヤーとの交流したり、そう言った要素が掘り下げられており、やりこみ要素満載です。
これは危ないですよ。やり始めると止まらなくなってしまうんです。学生は宿題を、会社員は仕事を終わらせてから、プレイするのが望ましいでしょうね。
ヘッドフォンすると、大音量で楽しめて更にエキサイティングでした。
フリアズの曲も勿論、存分に楽しめます。本当にありがとうございます。

報告②
今週末、池袋のサンシャインシティで行われる即売会「サンシャインクリエイション、2019Summer」に出展します。
サークル番号は【N-24a】です。

イベント公式サイト→http://www.creation.gr.jp/

日時:6/16(日) 11:00~15:30
会場:池袋サンシャインシティ ワールドインポートマート4階
 A1ホール、A23ホール

バンドの無料デモ、それから過去のアルバム作品を持って行きます。サンクリは音楽系サークルが少なめですが、ご興味のある方はどうぞ居らっしゃってください。お待ちしています。