BAND FES. TSURUKAWA 2018の詳細!

先に告知を。フェスの詳細です

■TSURUKAWA BAND FES.2018
日時:4/21(土)、22日(日)
場所:和光大学ポプリホール ※最寄駅:小田急線鶴川駅
開場:OPEN 16:30 / START 17:00
料金:¥500(前日も当日も同じ料金)

コンサートホールですので、全館禁煙、酒もご遠慮…とのこと。飲み物も客席で…まぁつまりはアレだ。ライブハウスみたいにドリンク買ったりは無い、ですね。カフェは附属してますけど、営業時間は10時~20時までなのかな。ホールから出たフロアは広々としててくつろげるスペースがあります。市民ホールですからね!

我々の出番は21日、土曜日の20:00から。トリです。ソロの方とかサックスバンドとか、色々あるんですけど……決して悪く言うつもりは無く、角が立たないか心配ですけど「一番バンドっぽい」かなとは思ってます。ある意味一日目にして妥当なトリ、かも。。トリ=Birdsだし!
っていうのも、まぁ若い人的な視点から見ると、「バンド」と想像して思い浮かべる体制に一番近いかなっていうのと、後は今回の条件で「プロアマ問わず!」と掲げている訳で、バンドらしさ、アマチュアらしさ(超絶クソ上手いバンドよりは、少し荒い方がバンドっぽい?リアリティ=その辺で活動してるバンドらしさ)が合った方がいいと思うんです。ウチにはそれがあります……あまり誇れないけど。ましてや500円ですからね。これで、もしもDream Theaterクラスがトリで出てきてみてくださいよ。500円なら僕は失禁します。感動に声を震わせながら失禁します。

ただ、打ち合わせの際に思った事が幾つかあったんですけど、一つだけ書きますとね。担当者の方、「何故くじで出順を決められたんですかね?」
持ち込みの機材やステージの内容、その辺りを考慮してブッキングしていくのが定石なんじゃないかなぁ…と、あ、いや僕はブッキングなんかした事ないですけど、も。
なんと言いますか、例えば普通にフェスでもライブでも、開場から色んなバンドが演奏して「じゃあ次が最後!最後の大トリです!どんなバンドだ?!」って順繰りで最後に「ソロです、歌います!」だったら拍子抜けしてしまうと思うんです。決して!ソロを悪く言ってるのでなく、技術や一人でやる力量、バンドよりも凄いんですよカッコイイですよ!ただ!ただこの場合、BAND FESと銘打っている中、抽選で出番を決めて下手したら――と、ね
……あわわわ誰か見てて炎上しないかしら?怖いわねぇ……。
何かこう…事前の説明においても不思議な所が。恐らくお忙しいんだと思います。担当者が前任のギターに似てたのはさておき、顔色も若干悪かったし。。。
というのも「ドラムセットの型番しか載ってない※しかも検索しても出てこない…?」とか「アンプの場所やゲストパス、スタッフの可否、肝心な事が書いてない」とか――あれ?これ悪口になってます?(すみません。)
あ、一言ではありませんでしたね。
もしも「手伝って!」なんて言っていただければね、勿論我々はそういった準備から手伝いますし、対バンの方々見た感じ、人の良さそうな方々も多そうでした。頼っていただければ嬉しい限りですね。人助けは趣味です。

なんか後半滅茶苦茶なこと書いてる気がしますけど。こう気分が濁っているのはですね、朝、打ち合わせの前に小田急マルシェでう〇こしたくなりまして、トイレ借りようとしたんですよ。
で、個室が埋まってて、ようやく出てきたと思ったらね、便器の中にエロDVDがジャケットごと捨ててあるんですよ。
――兄ちゃん、君か?もしかしたらその前の人かもしれないけど。トイレで「擦るな」とは言わない。けど、便器の中に物を捨てるな!脱糞しそうな俺がどれだけの憎しみを抱きながらDVDをサルベージしたか、お前には分からないだろうけど!あのな、流れていく穴に平面で張り付くからな、指が引っ掛からねえんだぞ。この野郎。陰惨たる思いで日曜の朝からマルシェで排便する羽目になったじゃねえか。
しかもその余計な作業のせいで打ち合わせに遅刻しそうになるからいつもより多く肛門括約筋に力を入れて、「まずい間に合わない」と、春風がそよぐ晴天の下を汗かきながら走った。どうなると思う?気持ち悪くなったんだ。この野郎。
会議室の最前列で萎れていて、きっと対バンの奴等からマナーの悪いロン毛だと思われたに違いない。最悪のファーストコンタクトだ。

ログホライズン9巻だったかな?ようやく読み終わって、ああやっぱ「全力」っていうのは気持ちがいいな、と、そう思う今日でございます。万年帰宅部でしたが。
バンドフェス当日、相応しいステージになるよう全力で挑むのみです。よろしくお願いいたします。

DOWNLOADページを追加!

発売予定の4thアルバムには付録ブックレットが付属する予定でしたが、経費削減と需要を考え、本体には付属させない事にしました。HPのDOWNLOADからダウンロードできます。
サイトのホームからDOWNLOADページに移動できますので、欲しい人は落としてみてください。
無料です。その代わり安っぽいです。

なお、Zip形式で圧縮してますので、解凍が必要です。

FURIAZU FANTASY III – さらば友よ、伝説へ –

~前回までのあらすじ~

ペンダントに導かれて訪れた妖精の森、そこで行き倒れていたタケルの仇を取るべく、ジロウは単独で暗黒街へと乗り込む。しかし卑劣な敵の術中に掛かり、地下牢に幽閉されてしまった。その事実を知ったジロウの父、国王バルバドスは王国最強と謳われる騎兵団を暗黒街へと送り込む事を決意するが、その一方で、帰還したティアーナ王女達に不穏な影が…
(前回の話→http://www.freeasbirds.biz/?p=1356

えっと、出来ました。MV(ミュージックビデオ)が出来ました。もう一度言いますね、出来ました。(やかましい)

2月15日にMVの撮影を行ってから、およそ一ヶ月近く経ちました。ようやく出来上がったんです。この馬鹿馬鹿しいフリアズファンタジーも最終章です。
なんで一ヶ月も空いたかと言うと、ドラマシーン撮影の日程調整と動画編集に苦戦したからです。

目下アマチュアバンドが跋扈し、映像機器や編集ソフトの普及に伴い、自らの動画制作ですら容易になった浮世ではございますが、贔屓目なしで評価しても恐らくこれは中々にして、素晴らしい作品なのではないかと信じて疑いません。一度ご覧になっていただければ幸いです。

細工は流々ですので、ここではその裏話を書きましょうかね。動画編集について主に。俺は素人ですが!

感想とか

大雑把な流れですが、まず、今回撮影した動画の総数、20~30本。

それらを楽器のパートごとにプロジェクトを作成、Vo動画、Gt動画、Ba動画……という風に個別で書き出してまとめていく。上記画像の右半分が個別の動画シーンです。

で「〇〇分〇〇秒、ギター。××分××秒、ドラム」みたいにシナリオを書いて行き、それに沿ってカットを編集していきます。

こんな感じ。これに時間が掛かった!

動画数20以上……は、余計なものが映り込んじゃってて使えない動画とか、そういうのを削除してこの数ですからね。うん、実際もっとスマートに、必要な部分の尺だけ撮ったりとか出来たんだろうけど。多くなってしまったのは否めない。

監督が居れば、撮影してるその場で「そこの人、足動かさないで!」とか、「間奏でお茶飲まないで!映ってるよ!」とか指示を出せるんだけど、監督が演者なので確認が行き届かなかったりとか、(文句ではありませんw皆マジでありがとう)
どういうアングルを撮るのか全員が把握していれば効率よく動けるのに、絵コンテが俺の頭の中にしか無いので手間が掛かったりとか
いやぁ、アマチュアでそこまでやる必要がある?」と問われると、途端に瑣末な事柄に聞こえてきますが、小さな問題を生じさせ、それが積もると、結構なダメージになるものです。具体的にどうなるかと言うと、「編集が大変になる」んですね。当たり前だけどwwww
つまり、撮ったそのテイクが全く使えない訳じゃないんだけど、部分的に、予期せず使えないシーンが出てきて、「じゃあここの代わりはどうしようか」という問題が出てくるので、シナリオの構想、書き変えに時間がかかる。でも何とかなりました。アクシデントをカバーできるほどの撮り高でしたから!
でも次回があるなら、当日前に絵コンテを配布したり、監督役を募ったりしてもいいかもしれない。

前回と変えた事

■満足行くまで何回もリテイク。
MV制作は第二段になるのですが、前作はお試し感覚でした。初手で様子見、二手目で……!って感じですね。撮影の注意事項はどっかで述べた気がするので、何を注意したか、変えたかと言えば…
編集して出来上がった動画の意見を求めました。「へ?当たり前だろ?」って思うけど、うん当たり前なんだけども。
編集して制作して、出来上がった時って達成感も強い。で、且つ自分の嗜好に基づいて出来上がってるから色眼鏡が入っちゃうじゃん。一応何回か見直したけど「いや、いいじゃん!オッケー!」でそのまま動画投稿。――ありますよね?
音源制作でも同じ現象が起きる。だから作品が出来上がったら時間を置いて、熱を冷ます必要性があるよね。そうすると見えてくるものも多い。だからこそ、今回1ヶ月というやけに長い期間を設けたのもある。はっきり言う。今回はガチ。一切の妥協はありません。※キャストの不細工さなどは除く

特に案外やりがちなのがワンマン運転。バンドのリーダーらしき人が超中心になって、というかワンマンで編集して出来上がって、他のメンバーは出来上がってから知る、みたいな。
悪いとは言わないけど、本当に人間は盲目的だから「絶対これカッコイイと思うけど、一応他の人はどうかな?」っていう慎重さ、それから客観的な意見は、絶対に価値があると思うんです。クレームだっていいですよ、ガチでやるならそれは貴重な意見になりますから。現に色々意見が出ました。そう、つまり今回はガチなんです。(雑なまとめ方)

■動画の画質向上。

動画編集ソフトはかれこれ8年ほどAviUtlを使ってるんです。だから「編集」はそれなりに出来るけど、「コーデックやエンコード」の知識は付随しなかったんです。で、ちょっと復習してました。知ってる人からすると当然の内容になりますが。

今まで使ってたコーデックは最良画質だと思ってたんですが、それはそのコーデックの中での話。本当に無圧縮で書き出すと、1分で4Gとか普通に行くんですね……。今までのは無圧縮じゃなかったんだなぁ……。無圧縮で書き出せば画質が劣化しないのなら、もう全部無圧縮で!ってことで書き出し。PCの容量が400GB減りましたw

で、その無圧縮で書き出したものをシナリオに沿って合成して行き、最後も無圧縮で書き出します。5分の動画だけど25GBくらいあったかな?
そしたらここで変換です。MP4(MP4内にも様々なコーデックがあり、一番良い画質になるのを選ぶ!)に変換して、ようやく500MBくらいの動画に。
そう、ようは無圧縮で書き出しを中継しました。前回は「圧縮するけど画質は最強」でしたが、今回は「非圧縮→非圧縮→最後に圧縮」ってな訳で。

まとめ

この曲は悲しい曲なんです。

友よ、君にサヨナラを言うだろう
そうしたらこの時ともおさらばだ

友よ、どんなに悲しくても
また会う時まで泣かないさ

だから愛する友よ、また会おう
僕はその日を待っている
自由になる為空へ飛びながら
一歩一歩前へ進め

いつか別れが来ます。だから後悔の無いよう生きて行きたい。動画を通して、そんな思いが伝えられたら。

オンリーイベント「Conly」を覗いてみて

以前、西日本最大規模であるこみっく☆トレジャーにサークル参加してみて、西側での即売会の盛り上がり具合は如何程なものなのか、身をもって一泊二日でレポートしました(記事はこちら→http://www.freeasbirds.biz/?p=1080)が、
今回はオンリーイベントの規模、というものを知ろうと狐系オンリーイベント「コンカイノウタゲ/Con Con Confederation」を見学して参りました。
後学のため、というか我々も一サークルである手前、認知しておくべきだと思うんです。何かって言えば世間のニーズ、すなわち需要と供給に基づいたマーケティングを遂行するために知悉する必要があると思うのです。(やりたい事はさておき、ね)
しかし、実際の所「けもみみフェチ、狐っ娘フェチ」なので行きたかった……というのが半分本音ですかね。デュフフ

川崎駅から徒歩10分くらい?にある川崎市産業振興会館の4Fで開催されておりました。
区画はビルの一室と、規模はかなり小さいですが、売られている物はグッズ、同人誌、イラスト、CDなど多様性がありました。
CDを売っているサークルの人相というか様相だけ、M3などの同業者よろしく見慣れた雰囲気がありましたね。

さて。それで盛況さはどうかと言うと……うーむ。参加したこと無いが、コミックマーケットの初回とか、こんな感じだったのではなかろうか。思うに、この企画が2回目、3回目と回数を重ねていけば参加サークルや一般来場者数が増えるような気はする。サークル数は80ほど。以前企画しようとした時は会場が確保できなかったのだとか。
川崎市という場所柄。人は多いが、集まりやすいかは別の話ですし、オンリーイベントというニッチさ。いや、恐らくこのような系列では大体こういうものなんだと思うけど、狐耳美少女が好きな人ってもしかしたらそんなに居ないのか?

本当はサークル参加したかったんですけど、残念な事にFree As Birdsに「狐要素」が無い、いや、ある!名前の由来がスターフォックスから来てる!……んだけど、強引だし、恐らくそれでCDを買ってくれる人も居ないし!やるんなら、「狐耳美少女のドラマCD」とかね。それなら分かる。
兎も角、サークル参加は出来ませんでした。でも何か力になれる事があればやりますよ!ウチは!

やはりね。
ALLジャンルでもオンリーでも、売られてる商品で、主に需要と供給がマッチしているんって「同人誌」なんですよね。
で、じゃあ音系の即売会ならCDが売れるかって言うと、今度は狭い領域の中で更に需要と供給が生まれてくる。
メタルを売るならメタルのイベントだろうなぁ。で、更に言えば……

さて、そろそろ動画編集を再開しますか。来週は池袋サンシャインシティでCD売ってますので、……買わなくてもいいです!せめて!世間話でもしにサークルへ来てみてほしいです。