「即売会/イベント」カテゴリーアーカイブ

M3フリースペース~自由は渾沌を招く~

こんばんは。”満員電車で不可抗力エクスタシー先生”こと、ロイドです。
ちなみに言いますが触ってないぜ、何もしていないぜ、と股間を押し付けるのも歴とした痴漢ですからね。私はそんな事はしません。ただ、勝手にその辺で絶頂してるだけです。プロです。
今日出かけてて、帰りの電車での話なんだけど。ああえっと、詳しくは後述なんですけどちょっと思う所があって虫の居所が悪かったんですね。そうだなぁ……時刻にして15時45分くらいかな。若いお母さんと息子二人が電車に乗ってたんだけどお兄ちゃんの方がたぶん小学生くらいなんだけど、甘えん坊なのかお母さんの胸にずっと顔面をスリッスリスリッスリしてるのね。――甘やかすな、と。そうやって甘やかすような家庭環境だからな、こうやって次男が俺の足を踏んだり体当たりして迷惑をかけてるのに気付かないんだ。手すりにぶら下がろうとして結果、俺の髪の毛を手の平に巻き込んでこの野郎イテェなこの野郎。お母さんスマホ弄ってる場合じゃないですよ。畜生俺も顔面スリスリさせろこの野郎。

10月は色々ありましたが、ラストのイベントとして例の即売会M3がありました。もう常連とも呼べるくらいには参加してるんでしょうけど、参加を続ければファンが増えるなんて事はありません。――もし即売会でファンを増やそうとしてるなら、やり方が間違ってるんでしょうね。曲を聞いてもらって「ああ、カッコイイ」となっても、そこで止まる……という事はその程度って事ですから。ネームバリューがあれば寄って来る人も居るでしょうけど。
やりたい事をやるのは楽しいですが、やはり少しは大衆の好みに寄せないと、、、リアクションが薄いというのは悲しいものですし。

歌や演奏のクオリティに関して、CD音源の場合はまぁこんなもんだと思っております。一番は音楽性を取っ付き易くてカッコイイのに変えた方がいいでしょうね。特に4thはプログレだったりするので。でもやりたい音楽もやりたいので――新たにバンドデモを制作予定なんですけど、それはおもっくそキャッチーにします。んで、やりたいのはサークルで制作しようかなと。つまり分けるんですね。

歌もね。やっぱ皆、声を前に飛ばすようなロックボーカル、メタルです、って感じのがウケるんだよね…。個人的には歌手目線なので、そういうのは気にしない(純粋に上手いか、下手か。そういった部分で大別している)んですけどねぇ。そう思って、自分の過去の曲を聞いてみると、うんやっぱカッコイイと思う。いや!これ色眼鏡入ってるかもしれないけどさ、曲でも何でも作ると大抵鮮度みたいのがあって、作ってから時間が経つと薄れてくというか冷めてくじゃない。作った直後は「やっべウッヒョー!!超カッコイイの出来た!やっべ、マジやっべ」とか思ってても、数週間経ってテンションが下がると「ああ、案外普通だな」って冷めてくるじゃない。何回も出来上がったラフミックス聞いているウチに慣れてくるじゃない。でも半年、一年経っても4thの曲はカッコイイと思う。――まぁミックスで今更ながらに気付く修正点、改善点みたいのは出てきてはいるんだけど。

さておき、偶々YouTubeのオススメに上がってたのか、どこからアクセスしたのか分からないんですけど動画はKilling TouchのThe Touchという曲。最初誰が歌ってるのか知らなくて、で俺が割りと最近歌う事に対して(10年前のような昔ほど)そこまで楽しくテンションが上がらなくなってて「おいおい、まだこんな化け物みたいなボーカル居んのかよ……」と凹み、そんな一杯化け物が居るって、もしかしたら発声のメソッドが世界でも確立され始めてるんじゃないの?俺はなぜそれを知り得ないの?と、なんだか訳の分からぬ事を考えてたんですけど、ボーカルはミケーレ・ルッピだったんですね。Vision Divineの元ボーカルです。超クリアに中高音~高音を出す、換声点を一切感じさせない上、声も太く色っぽい。云わば化け物です。随分昔から知ってたんですけど、知名度的にはハイトーン好きの間くらいでしか認知されてないかも。ココに居たのか。ちなみに今はまた脱退したっぽい。
Rhapsodyのファビオもそうだけど、この人もイタリア人なんだよね。うめぇな…って、、、

ちがああああああああああうううううッッッッ!!!!

今日話す内容のメインはこれじゃなくて。M3のフリースペースで演奏してきた件ですね。忘れてた。
フリースペースっていうのは簡単に言うと、楽器やマイクを持ち込んで演奏していいですよ~っていう専用のサークルスペース。勿論制限があってドラムは駄目とか、アンプのワット数は5Wまでとか、音量の規制などなどがあるんだけど。そこで演奏してきました。
俺のセッティングはミニアンプからオケを流しつつ、キーボードでリードソロを弾いて、同じくそのミニアンプから出してました。何回かやった事もあり、音量や音質の問題は最低限クリアしていたと言えます、が最悪でした。

まずね、言っていいですか?――話が違う、と。
郵送で届く、開催や参加にあたっての注意事項の冊子ありますよね?――まぁ流し読みの方も多いと思いますけど、フリースペースは初参加なのでトラブルは避ける為にも読むじゃないですか。で読んだら「音量は、隣のサークルのヘッドホン試聴を妨げない程度とする」みたいに書いてあるんですよ。お前らッ!爆音じゃねーか!wwww話が違うぞ!!!wwwwしかも揃いも揃って「あっちが爆音ならこっちもやってやるぜ!」みたいに張り合っちゃって。もうさ……いやもう言わない。楽しいのは分かるけどここはお前の家でも無ければ、スタジオでも無いしライブハウスでも無い。周囲への配慮を失くしちゃあダメだと思う。退場させられたのか、途中から消えたサークルさんも居ましたが。。。

まぁそんな訳で全員爆音なんですよ。中には俺と同じで「え?こんなに無秩序だなんて聞いてない。」みたいに呆然としている方もいらっしゃいましたが。
その中で演奏?出来るかバッキャロウ!ましてや悪辣な環境でこっちはやっとるんじゃ。音源はミックスしたのを流してるからこっちはドラムのスネアぐらいしか聞こえないんじゃ。弾けるか!いや弾いたけど!てゆうか弾いても爆音に掻き消されて誰にも届かんわ!

まぁね、事前にちゃんと下見とかして調べておかなかったからさ。「誰のせい?」って言うなら俺の責任ですよ。あのメタルもアンビエントもカルテットもカラオケもパーカスも全部がごちゃ混ぜで一斉に演奏されて、不協和音でいっぱいの空間が運営に認可されているのなら、ルール上は問題ないんだろうよ。俺が知らなかっただけ。
ただ自由すぎるのはどうかなと。演奏スペースっていうのは、自らの音楽の表現の場として開放されている筈だと思うんです。――表現できなくね?と。いや……うん、それで良いならいいんです。ただ、もう二度とフリースペースでは参加しないかなぁ。お考え中の方は一度下見してみるのを強くオススメします。今回はちょっとプンスカした内容でお送りしました。

こんな文章ですが…最後に、CDをご購入してくださった方々本当にありがとうございました。

2018楽器フェア、Rolandレポーターとして参加!

さて……色々やる事、やりたい事があるのですが、忘れないうちに。今日あった出来事は今日の内に。
真面目すぎてこいつサイコパスなんじゃないかと思われ始めているどうもこんばんは!ロイドです。
本日は、東京ビッグサイトで行われた楽器フェア2018年度に参加して来ました。というのも、出展しているRolandさんのブースで、”ローランドアンバサダー”というSNSでのレポーターを担当させていただく事になったからですね!

東ホールはまた別の催し物があったようですが…
楽器フェアは今年で50周年の大規模フェアで。ようは”楽器市”みたいな感じでしょうか。色々な楽器店やメーカーが自社の製品を出展しており、それに伴いデモ演奏やワークショップを開いたり。勿論試奏が出来ます。
他にフードコート、アウトレットモールが併設されておりイベントが盛り沢山なんですね。高校生以下は無料でした。ちなみに私は招待券(!)を頂いたのでそれでスッと。ええ。いいですねww
来場者数は……どうだろう。コミケ程では無いだろうけど、一日数万人くらいは来てそうな印象を受けました。だってすんごい会場アツいもの!
で、中の様子は

こんな感じですね。休憩所も各所に用意され、配慮が窺えます。客層…と言いますか来場者は、本当に老若男女なんですね!親子も居ますし、年配の方も大勢居ました。逆にバンドマンっぽい人は全体の割合で言えばそこまで多くは無いようでしたね。あ、メタラーはチラホラ居ましたよ。
それで、で…


Rolandでレポートしてたんですが、ブースはこんな感じでした。ブースがまず広い。隣がBOSSで複合してるのかローランドボスブースで統一されてたみたいです。もうこの写真で分かると思いますけど

えぇ? 人多ッ!! 人気すぎるだろ!!(受付です↑)
お昼過ぎなのもありますが、正直このブログだから言いますけど……他のブースよりも断然人は多かったです。じゃあどんな商品を扱ってたのか?と言うと

主には人気のシンセサイザーや、電子ドラムだったり

豪奢な展示品だったり。(あ、でも後半はBOSSか)


それからアネモネさんによる、新作ショルキーAX-EDGEのデモ演奏だったり。

で、極めつけはこれですよ。にゃんごすたー登場。

【にゃんごすたーがドラム叩きますよ~】という30分以上前からなんかブースに人だかりが出来始めるんですよ。
あれ?チビッ子もおばちゃんも集まって、、何やるんだろ?」とか思ってる内にすぐ人で溢れ返っちゃって、Rolandのスタッフの方々が通路の確保と誘導でバタバタ……。僕がレポートしている間、2回ドラムのパフォーマンスをやってたんですけど、2周目は凄い。戦々恐々ですよwwざっと100人以上居らっしゃったんじゃないですかね?人気・動員数にもビビりますけど、一切ブレない8ビート。流石です。

目玉商品というか、今回最も耳目を集めていたのはにゃんごさんが叩いてるV-drumsのPortable TD-1KPX2と、新作ショルキー(キーター)のAX-EDGE、それからAerophoneでしょうか。終始誰かが試奏し、行列が……みたいな感じでした。AX-EDGEカッコイイなぁ。。。良いなぁ……。フォルムもいいんだけど、黒い鍵盤とかあんまり出て無いタイプだからねぇ。(でもライブのステージとかだと暗くて鍵盤が見えないんだけどねww初心者は白いモデルがいいですね!)

そんな訳で今日一日Twitterの方でお送りしていました!
終わった後は、着用していたRolandアンバサダーTシャツ(と、ティッシュ!)を頂きました!やったぜ!
これからもよろしくお願いします!

C94あとがき

交通機関の遅延を予想出来なかったが故に、コミックマーケットのサークル入場のタイムリミットである「9時」に間に合わなくなってしまい、炎天下の中走り続けました。結果、ブーツの底は剥がれ、パタンパタンという珍妙な音を鳴らしながらドラゴンのTシャツを着たロン毛の年齢不詳、国籍不詳が走っていく姿はさぞ滑稽だったことでしょうけど、何とか準備をし、ガムテープでブーツを補強し、汗と男のフェロモンと愛と勇気と悪臭とチラシを撒き散らしながら販売をしておりました、どうもこんばんはロイドです。

本日はコミックマーケット94にサークル参加しておりました。その感想と、謝辞を……珍しく真面目に書かせていただきます。
まずお越しいただいた方々、買っていただいた方々、それから長谷川さん、Roaさん、RisingFallさん、ウィナさん、ノベルティのイラストを描いていただきました白峰かなさん、それから準備会やスタッフの方々ありがとうございました。お疲れ様です!
ちなみに現在、交換したCDを拝聴しながら文章を書いております。Ark of phantasmさんは以前にも面識がありまして、進撃の社畜シリーズの第四弾をいただきました。ミックスが進化しました?もしかして。そして何よりメロディ、フレーズがいいですねぇ。。。メタルの中で仄かに香るゲームBGMっぽさ、好きです。こういうセンスってどこから引っ張ってくるんですかね。引き出しゼロの私は教えてほしいです。

RisingFallさんは実際にお会いするのは初めてでした。「Prologue」「Far Britannia」を拝聴したところ、ツインギターの正統派メタルですね。コミケ終わった後にライブだと仰ってました。スタミナがヤバイ。曲にもそのパワーが表れてます。歌上手いなぁ。換声点のチェンジが上手い。

さて、…色々やる事がありまして。書きたい雑記もあるんですが、ダメだ!優先順位が!些末な内容でしたが、ここで終わりたいと思います!
次回即売会はM3ですね!東京流通センターの第一展示場【F-04】でリードソロを演奏予定です。新譜は無いと思いますけど、遊びにきてくださいっす!

あ、そうだ。

ロイド宅にある4thアルバムの在庫が売り切れました。入荷まで暫く時間かかります。

夏コミ出ます。メタル系に限り、サークル委託を承ります。

6/15(金)、7/1(土)のライブの後は……ひとまず決定済みのイベントはコミックマーケット94です。出ます。

1日目(金曜日) 西地区ひ-12b

で出展予定です。8/10(金)ですね。
で、あれです。委託販売を承ります。落選したサークルや出てみたいサークル、バンド。小部数でよければスペースに置かせてください。但しメタルに限ります。出来ればメロディックパワーメタル…いや正直言うと、ネームバリューをお互い利用しましょ?って魂胆です。アナタにもメリットがあるし、我々にもメリットがある!
で、代表で1人は当日来てください。詳細は連絡ください。(結構緩くやります。必要事項、伝え漏らしたらすみませんwwwww)

夏コミのサークル参加は初めてです。2016年の冬以来、久々のコミケですが……、M3を超す大型の即売会イベント。規模が縮小したとはいえ、一日に10万人以上は来るだろう。そこでやはり、立ち寄ってもらう人を増やすべくノベルティなどは充実させてみたい。例えば購入者特典でクリアファイルとか、もしくは無料音源でもいい。うちわを配ってもいい。大勢にアピールできるこの機会を有効に活用したい所だ。前回のコミケはあまりその辺、力を入れられず、まぁ…確かに多くの人に買って、見てもらえたけど何というか……販促など、もっと出来た事は多いだろうし。

実の所、アルバム次回作のメドは一切立ってない。先ほどM3から、次回参加の案内がメールで届いていた。
M3は好きだし、良い空間で、よく出来た即売会だと思う。けど、7回出展した今、一度参加すると「まぁこれぐらい売れる(=これぐらいの人に見てもらえる)」というボーダーが見え始めた。そうすると、バンドを、サークルを前へ進めるにはもっと良いイベントがあるのではないかと思案してしまう。
M3自体、というか即売会というもの自体「趣味」でやっているサークルが殆どだし、好きでやっているというのが前提だろう。それを多くの人に見て欲しい、知って欲しいという理念の下に集まり活動して、それに対する需要や興味、時には広報を胸に、一般参加者が集っているもんだと思う。
だけど、ウチみたいに志を高く持ち、戦略の一環として参加しているサークルも勿論居る。そういう人達にとって、やはり参加するのであればそれなりの意義を見出し、参加した結果を反響や数字(売れ高)で見たいところだ。
闇雲に出るのも良いとは言えないし、惰性で続けるのも良くない。――M3は次回出るかは分からない、というのが現状だ。出るのは悪くないけど、同じアルバムを毎回出しても多くの反響は得られないのは経験済みだし、かといって新作や、アイデア性に富んだ方法が浮かぶ訳でもない。保留である。。。自分のスペースでCDが売れるのを待つより、「こんな事やってまーす」とビラを片手に街中を練り歩いたほうが余程宣伝にはなるだろうし。後は、開催される10月頃、英会話が始まり、海外流通がスタートしてから暫く経つ頃でもある。何か見えてくるモノもあるかもしれないから、参加を決定することができない。

だからこそ、夏コミでしっかり宣伝、販売したいね。なので、コミケ落ちたサークルとか、バンドでメタルやっててCD出展したいって人、声かけてみてください。委託しますよ。でも当日できれば来てね!サークル証渡すので!(金銭の受け渡しや在庫の管理が発生するので)

夏コミのあの感じ、暑くて臭い感じ……正直言って俺はキライじゃない。

委託要項というか、メモ

小部数。CDでもなんでも。ただしメタル
当日来れる(なるべく)
新作なら見本誌で提出するので、一部ずつ提出用もらいます

2018春M3あとがき

こんばんは。本日は毎度参加させていただいております即売会「M3」に参加しておりました。
そして明日は東京ビッグサイトで行われるCOMIC1に参加予定です。3時間睡眠→朝6時起床、M3→朝6時起床、COMIC1――少々過酷ですね。学校の合宿やバンドのロケを思い出します。(でもショートスリーパー体質なので3時間寝ればまぁ行ける)
最近は「暇」と「忙しい」が交互に、本当交互に来るような生活でして……。時間の配分が下手なのは否定しませんが、「このタスクはどうしてもこの日じゃないと駄目」とか、もしくは「この日以降にやる。だからそれまでは手を着けられない」と言った、制約の下動かざるを得ない事もままあります。時間を操るのは無理なので、この問題に関しては素直に諦める事も時には必要でしょう。

今回のM3はVerzweiflung(4thアルバム、フェアツヴァイフルング)をリリースするに当たって、待ちに待った日であり、色々事前に準備を進めて迎えた日でもあります。ゲストにお二人ほど協力していただき、素晴らしい作品となる事が出来ました。
今回のM3は来場者数が多かったと思います。と言うのも、帰り際、いつもは最寄り駅から(人混みに揉まれるけど)何とか来た電車に乗って、浜松町まで帰れるんですけど、今回久々に電車を見送った事、流通センター駅の改札までスシ詰めになり(一瞬ではあるが)規制が敷かれた事など……。少なくとも、昨年の春よりは多いのは間違いないかと。

そんな事も影響してか、結果で言うと、今回初めて持込の分は全て完売しました。2015年秋の「激安という暴力でもって捌いた回」と2016年の冬コミ「超がつくほどの大規模イベントの底力を利用して、売れにくいものを捌いた回」に匹敵するレベル。
大手サークルや企業と比べれば決して販売本数は多くありませんが、海外風メロディックパワーメタルというニッチなジャンルであること、その需要、ほぼ個人サークルだということ、これらを踏まえると、上々の出来だったと思います。勿論、音源には自信がありますけどね!主観的な好みで、ですけどw

でも、何がどうであれ買ってくれる人が居る事。そこに感謝したいです。本当にありがとうございました!!!!

あとは、ゲストでナレーション(楽曲中の語り)をしていただいた藤堂れんげさんが、まさかのご挨拶にいらっしゃったのも嬉しかったです。お会い出来て光栄です。お奇麗な方がフラッとこちらに来られたのでテンパりました。差し入れをありがとうございます!※「だしの素」は帰宅後、スープで頂きました。


ちなみに頂いた差し入れは画像の右部。左のCDは「消灯現象」さんのCD。いつもお世話になってる女性Vo.ロックのサークルさんです。(偏見ですが、ずばりアニソンで例えると、岸田教団を爽やか且つポップにして曲調のレンジを広げたバンドサウンド、、、みたいな。)
2曲目の銀河鉄道の日々いいですね。バッキングの刻み(リズム)、それから倍テンになる辺りが殊更に曲のイメージを強くしてくれますね。ボーカルのクリアさ、演奏なども安定して聞けるし、ミックスも良い。。。いっすねぇ。。。ジャケットもいつも良いんですよねぇ。。。

皆様本当にありがとうございました。良い一日だったと思います。サークル側の今後の活動はマイペースに、と思っていますが、Free As Birdsは明日からも頑張っていきますので、どうか応援していただければ幸いです。

良い一日でしたb

オンリーイベント「Conly」を覗いてみて

以前、西日本最大規模であるこみっく☆トレジャーにサークル参加してみて、西側での即売会の盛り上がり具合は如何程なものなのか、身をもって一泊二日でレポートしました(記事はこちら→http://www.freeasbirds.biz/?p=1080)が、
今回はオンリーイベントの規模、というものを知ろうと狐系オンリーイベント「コンカイノウタゲ/Con Con Confederation」を見学して参りました。
後学のため、というか我々も一サークルである手前、認知しておくべきだと思うんです。何かって言えば世間のニーズ、すなわち需要と供給に基づいたマーケティングを遂行するために知悉する必要があると思うのです。(やりたい事はさておき、ね)
しかし、実際の所「けもみみフェチ、狐っ娘フェチ」なので行きたかった……というのが半分本音ですかね。デュフフ

川崎駅から徒歩10分くらい?にある川崎市産業振興会館の4Fで開催されておりました。
区画はビルの一室と、規模はかなり小さいですが、売られている物はグッズ、同人誌、イラスト、CDなど多様性がありました。
CDを売っているサークルの人相というか様相だけ、M3などの同業者よろしく見慣れた雰囲気がありましたね。

さて。それで盛況さはどうかと言うと……うーむ。参加したこと無いが、コミックマーケットの初回とか、こんな感じだったのではなかろうか。思うに、この企画が2回目、3回目と回数を重ねていけば参加サークルや一般来場者数が増えるような気はする。サークル数は80ほど。以前企画しようとした時は会場が確保できなかったのだとか。
川崎市という場所柄。人は多いが、集まりやすいかは別の話ですし、オンリーイベントというニッチさ。いや、恐らくこのような系列では大体こういうものなんだと思うけど、狐耳美少女が好きな人ってもしかしたらそんなに居ないのか?

本当はサークル参加したかったんですけど、残念な事にFree As Birdsに「狐要素」が無い、いや、ある!名前の由来がスターフォックスから来てる!……んだけど、強引だし、恐らくそれでCDを買ってくれる人も居ないし!やるんなら、「狐耳美少女のドラマCD」とかね。それなら分かる。
兎も角、サークル参加は出来ませんでした。でも何か力になれる事があればやりますよ!ウチは!

やはりね。
ALLジャンルでもオンリーでも、売られてる商品で、主に需要と供給がマッチしているんって「同人誌」なんですよね。
で、じゃあ音系の即売会ならCDが売れるかって言うと、今度は狭い領域の中で更に需要と供給が生まれてくる。
メタルを売るならメタルのイベントだろうなぁ。で、更に言えば……

さて、そろそろ動画編集を再開しますか。来週は池袋サンシャインシティでCD売ってますので、……買わなくてもいいです!せめて!世間話でもしにサークルへ来てみてほしいです。

パーセンテージは変わらない

秋M3、一年ぶりとなる新アルバム「Demonic force」の発売だった訳ですが……。売れ行きはいつもと殆ど変わりませんでした。その理由は……
この世界にはメロディックパワーメタルが好きな人がそれなりに居ます。何百万人?何千万人?分かりませんが、ただそれって世界の人口70億人の内の話なんですよね。
音楽が好きな人100人居たとすると、メロパワが好きな人なんて、もしかしたら居ないかもしれない。いや、居ないと思う。そうすると、M3の一日で何千人何万人来る内の何人が自分のCDを気に入って買ってくれるかと言うと……最早これ以上は言わない。
今まで色々ブースの見た目を工夫したり、宣伝したり、値段を落としてみたりしてきた訳ですが、そう考えると、今まで売れた量(他サークルと比べると少ない?)ってのは、妥当な量なんだな、と思います。現に、ボカロや女性ボーカルがメインで、台頭してるように感じる。決して悪く言うつもりは毛頭なく、それらもとても魅力的なのですが……なんでメロパワ人気無いん。
これ以上書くと「じゃあ具体的にどうしたらいいと思う?」とか「現状を変える努力はしてるのか?」とか言われそうなので。うわああああああああ!!!!!!!!!(誤魔化す)

まぁあれですよ、人気が出たりネームバリューが付与されたりしてくればまた少し、売れ行きは伸びますでしょうけど。「現状で参加したらこの程度売れます」というのは、数枚~10枚弱というのが完全に統計が取れてきましたね。売り方にも色々作戦はあるんだけど、そうじゃなくて一番の問題点は需要。M3における我々の需要というものがあまり無い。でも、購入された方なのか分かりませんがツイッターで「お、これはいいクサメタルじゃん」とか、呟かれているのを見ると、やはり救われますね。先ほどの例えで言う「音楽が好きな人100人の中に居ない、メロパワが好きな人」達ですねwwww古い知り合い、新たな知り合い。それから買ってくれた人々。皆さんありがとうございました。台風の中で!
後はね、そんな極狭のジャンルだからこそ、オンリーイベントもしくはメタル限定の同人音楽即売会を開催するべきだと思うんです。でも全然無いよね?ええ、分かってるんです。無いならお前が作ればいい、と。ええ……誰か開催してください。マジで

そういや今回初の試みで、会場の映像上映コーナーで、フリーアズバーズのMVが流れました。スクリーン間近で見てきましたが、カッコいいよ?(何かは分からないけどふーん、って感じでMVを見てる参加者はいっぱい居た)
メロディックパワーメタル好きな人、もっと繋がっていきたいですね。

で、今日買ったCD、いただいたCDをチェックしたい所なのですが……なのですが!11月の中旬まで優先事項がたっぷりと。そう、さながらマルハニチロのゼリー「大満足みかん」のようにたっぷりと詰まっています。その後だろうなぁ。。。でもオレ、忙しいの大好き。

https://www.maruha-nichiro.co.jp/products/product.php?j=4901901544616

大阪の即売会に参加してみて②

~続き~
※その①はこちらhttp://www.freeasbirds.biz/?p=1080

コミケは参加者が一日10万人、20万人って所。M3はその何分の一だろうか。
こみトレはと言うと、たぶんM3よりは多い。過疎気味のコミケ、ぐらいだろうか
敷地自体はコミケの半分くらい(ホールで2棟)だけど、建物内部がかなり広いので、十分に賑わってると感じました。
名古屋とか神戸とか、大阪の周囲から人が集まってきてるのは、ナンバープレート確認したので間違いないです。西日本随一は伊達ではありません。
来る人の客層はと言えば、コミケと一緒でした。そういうのが好きな人は日本全国に生息してるんだなぁ。
コミケは圧巻だけど、オリンピックに向けて展示スペースが削られて縮小してる。だからもしもコミケ行ったことなくて大阪近辺に住んでる人は、
まずはこみっく★トレジャーに参加してみる
事からオススメしたいですね。

それから他のイベントと異なる部分。上でも少し書きましたが、やってる内容が斬新なんですよね。
シールラリー、生放送(希望サークルを紹介してくれる)、掲示板、自衛隊の来訪、それからどう考えても同人じゃあない
オバチャンが売ってるドライフルーツ販売サークル」、それからジャンボフランク、ポテトなどのホットスナックの充実した販売
メイド達によるドリンクの無料配布。アイスクリームもある。他色々……。
大阪というローカル独特で発展してきた様子が伺える。もしも俺が一人参加でなければ、あちこち寄っていたんですけどねwww

今回そちらに参加して、同人メタルは他のジャンル勢力と比べやはり勢いの劣る所を感じました。そもそも同時音楽を扱っている周囲のサークルスペースを見ても、どうも客足というか、足を運んで来た人が少ない……。
SNSなんかでも言われておりますが、昔から活動していたような「中堅の同人メタル」は殆ど淘汰されて、今やIRON ATTACK!やUnlucky Morpheus、六弦アリスなどの大御所同人メタル。
それからアニソン系嬢メタルなど。それらが生き残り、新たに(詳しくないですが)Imperial Circus Dead Decadence、Thousand leaves、
などが注目され始めているように感じます。が、衰退しているのは多分本当でしょう。
その上、デスボイスで、「ディープなメタルファンが喜ぶ」ようなギターサウンドやリフ……コアな人に受けるようなモノが増えて
我々のようなメロディックパワーメタルは比較的人気が無いのも事実かな、と。音作りは確かにドンシャリでは無いですし、リフもギターキッズが
喜びそうなものではありません。歌モノであり、男ボーカル。そして分かりやすい展開やキャッチーなサウンド……。北欧受けしないのも
知っています。今の北欧のメタラーはもっとジャンルの奥に切り込んだ楽曲が好きな人が多いんだと思います。これは決して
推測で語っている訳ではなく、Youtubeの分析サービスや、北欧の若手バンドの楽曲を聞いてみての意見です。個人の感想ですけどね。

ちなみに新しくFABが発売する3rdフルアルバム「Demonic Force」はコンセプトアルバムで、タイトル曲「Demonic Forceⅱ」をコンセプトに主軸としながら、
その中で、裏のタイトル曲「Unchained Chronicle」という組曲を合体させた、云わばハイブリッドな?アルバム
となっております。
上で述べたように、確かにコアなメタラーが喜ぶ曲では無いかもしれないですが。個人的なポイントとしては
・ボーカルはhihiA~声域を突破(2トラック目のコーラス部分では自分でも驚きのhihiC#)
・高音だけではなく男らしさ、アダルティというか落ち着いた低音で魅せる部分もある
・微弱なプログレっぽさを醸しながら、楽曲のキャッチーさは残す

……でしょうか。言うならば良い意味でも、悪い意味でも安定したアルバムです。
「悪い意味で」というのは、自分の中では良いアルバムだと思ってますが、少し他人の目線からアルバムを、曲を聞いてみると
弱い部分」も内包してるのが色々見えまして。ただ、リリース当時では間違いなく最高の出来、そう思ったから制作したのは
間違いないです。なので安定して、落ち着いて聞いて貰えたら、と思います。(やはり3rdミニは楽曲的に粒が揃ってたんだなぁ)
その「弱い部分」が見えた今、練習に時間を取られる中で少しずつ制作中の4thミニアルバム……になるのか?これは
必見というか必聴、必殺のアルバムになりそうです。――音作りが弱い部分。ミックスが弱い部分。展開が弱い部分。歌が弱い部分。
表現が弱い部分。打ち込みで弱い部分。そう言ったあらゆる点
を、現状に満足せずに厳しく見つけて、強くしていく予定です。

色々絡めてお送りしたので長くなりましたが、こみっく★トレジャー参加レポートは終わりです。
買っていただいた方、運営の方、それから「旅行会社からのクーポン券もパンフレットも封筒も全部捨てたのに泊めさせていただいた」ホテルの方々、道を聞いて懇切丁寧に教えてくれた方、大阪の方々、ありがとうございました!

こみトレ、良い即売会でした!

大阪の即売会に参加してみて①

お久しぶりです.初めに断っておきます。文章エライ長いです!
なので2ページに分けました。こみっく★トレジャー30という同人即売会に参加したレポートについて書いておりますので、同人に興味のない方や
イベントの様子、市場(メタル含む)、活気に興味のない方はUターンでお願いします。

今までは即売会と言うとM3やコミケぐらいにしか参加していなかったのですが,去る9月3日,
インテックス大阪で行われた「こみっく☆トレジャー30」に参加してきました.
住んでいる東京都町田市から新幹線(各駅)で約3時間半,前日の夕方に現地入りしてホテルに一泊して参りました。

都内で行われることが多い即売会ですが,地方でも行われております.コミケと比べればその規模は小さいですが,
小さな即売会が年に何回も開催されているんです.こみっく☆トレジャー、略して「こみトレ」は年に2度行われており、
西日本では「最も大きな規模」の即売会らしいです。運営は有限会社ケイ・コーポレーション。そして青ブーブー通信社。

今回,何故大阪まで出向いたのかと言うと
①関東圏外で行われている「同人メタル」市場の様子
②関東圏外に遠征した時にかかる大体の経費,時間
これらを把握したいという思案がありました.勿論,普段の東京の即売会以外にも出てみたいという
興味もあったんですが.この2つを絡めながら書いていきたいと思いマス。

まず先に②から。かかる資金.これは高い…….新幹線代,宿泊代,これが強すぎる.
今回は小旅行を兼ねてたので,ラーメンや串カツなど,お土産、美味しい物を買うなど,諸費が膨らみましたが,
それらを除いても高いですね.
それから時間,新横浜から新大阪まで3時間~4時間.まぁ,妥当?な気がしますね.
ただ,前日からイベントに時間を割いて,帰って来るのは翌日の深夜…….即売会の内容が都内と同じだとしたら,
じゃあ都内のイベントでいいんじゃない?」と思います.その空いた時間分,音楽活動に時間を費やせる訳ですから.
尤も,大阪が近い人にはメリットも多いですし,決して参加するのはデメリットばかりだと暴論で潰えるつもりは毛頭無くて,
そこでしか生まれない交流などはあると思います.まぁ今回は社会科見学の意味合いが強いですね!

さて、長い前置きとなりましたが、当日の様子を書いて行きましょう。会場となるインテックス大阪までは、新大阪駅から電車で地下鉄を乗り継いで
30分くらい。コスモスクエア駅もしくはトレードセンター辺りで下車して徒歩で行きます。徒歩の時間含めて合計40分弱、ってところですかね。
会場はまさに東京ビッグサイトみたいなカンジでした。あれを少し縮小した広さです。棟も幾つかに分かれており、今回は4号館と5号館の2棟が
会場だったのかな。開催時間は11時から15時。M3は15時30分までだっけ?(うろ覚え)
コミケは17時まで(最終日は確か早く終了。エリアによっては、この時間に限らず終わる……だよね?)だったと思うが、
大まかな流れは全て、他の即売会と一緒でした。なのでその辺りの流れや雰囲気は割愛して、「他と異なる部分」や「俺が思ったこと」をね、
乱文で綴ります。

こみっく☆トレジャーではシールラリーを開催しており、例えば「サークルの品を購入した方には5ポイントのシールをプレゼント!」
など、販売促進効果が望める。ラリーに参加するかどうか、またシールの配布の仕方はサークル側に委ねられており、
どのように配るかは自由。つまり、「2つ商品を買ってくれたら5ポイント」でも「1つ買うだけならシールなし、2つ以上買ったらシール1ポイント」
でも何でも良い。ラリー参加を断っても良いんです。
なので、11時の開催の後、参加者は恐らく目ぼしいサークルを回ったあと、シール目当てでウチに買いに来る人が居るかな?と思ったけど、
考えが甘かった。だってそういう「目ぼしくないサークル」がいっぱい居る訳で。じゃあウチには来なくね?
それにこみトレ参加して分かったのですが、やはり展示の主たるジャンルが同人誌、グッズがメインなんです。
(後は屋台や、小さい催し物が充実してます。コミケと比べても)
そうすると尚更、同人音楽に興味を示す人は少なく、来ない。シール目当てでも来ません。更に加えて「メタル」だってのも苦しい。
ジャンル的にまだまだマイナーだし、良いと思ってくれる人が少ないですから。
けれど何人か買ってくれた人、「メタル好きです」って人、居らっしゃいました。嬉しいですね。
顧客ってのは常に着いてきてくれる訳ではないから、新規顧客を増やし続けていかなければ……。

②に続きます。→http://www.freeasbirds.biz/?p=1082

叶姉妹に支えられるコミケ

ごめんあそばせ、ロイドです。

山の日、祝日なので本日は会社が休日となり、強制的に食いっぱぐれた為、アルバイトをしておりました。
山の日は昨年2016年からできた祝日で、由来は「海の日があるし、山の日も作ろうか」みたいな。至極曖昧ですが、それで「じゃあいつにする?」って流れになり、夏で山シーズンだし企業への影響が少ないのはこの辺だしってことで8月11日に決定したのだとか。
コミケ真っ最中の現在ですが、明日8/12は……これについては書けない……。だがもし見ている、聞いているのだとしたら力を貸してほしい。一緒に、頑張って欲しい。その為の力を俺も貸すので、貸して欲しい。

お知らせ1

さて、お知らせです。9/3(日)インテックス大阪で行われるコミックトレジャー30に参加いたします。FAB初の大阪です。と言っても行くのは私一人だけですが。当日はシールラリーや様々な催し物が行われる予定で、ざっと確認しただけでも普通の即売会とは違い面白そうです。近隣の方は是非とも参加してみてほしいですね。
※シールには5ポイント、2ポイントなどの種類があります。それを溜めると、当日行われるくじ引きに参加が出来て、豪華賞品が当たる可能性もあります。当方は、先着順で5ptシールを購入者限定で配布します。購入する対象はどのCDであっても構いません。5ptシールが無くなったら、2ptシールを配布します。

即売会名:こみっく★トレジャー30
https://www.aoboo.jp/neo/item/p0082.html

日時:9月3日

場所:インテックス大阪、4号館キ34b

アクセス:(コスモスクエア駅から徒歩9分)
http://www.intex-osaka.com/jp/access/

当日、体調の悪そうな中東風の男がCDを売っていたら、それは俺です。黒ヒゲ海賊団で言ったらドクQです。リンゴ持ってるアイツです。
前日から大阪入りするので、軽い小旅行でもあるのですが、情緒不安定さに定評のある俺……緊張と不安で恐らく当日は下痢します。神よ、白波の立つコバルトブルーの大阪湾が、どうか茶色に染まりませんように。

お知らせ2

もう一つ。9/18月曜日(祝日)。新宿ANTIKNOCKでメタルライブです。アンチノック初めてだわー。バンド数が8組と多いので、早く始まります。我々は……中盤?くらい。見に来て欲しいなぁ。8/26のライブで、再始動後のライブ感覚を知る。何が必要だとか、何処を良くするべきか、良かった所、反省点、などなど。まずは第一手、ですよね。
そしてその9/18は、第二手となる。そう。スーパードンキーコングで行ったら「1」は勿論完成形だが、あくまで想定した枠内での完成。完成した後に見えてくるものもあるでしょう。それ故レア社は「2」で飛べたんです。あの神曲揃いのBGM。美麗なグラフィック、世界観。囚われた前作の主人公――続編となることで出た、シナリオの深み。それから操作性の向上。DKコインなどのやりこみ要素、ショートカットなどの隠し要素。難易度の絶妙な難しさ!これですよキタコレ。

他に、ポケモンで例えれば、アニメ版の一番最初はサトシ、タケシ、カスミのメンバーでアニメを放送してました。オレンジ諸島編からタケシ消えます。これは製作側が「タケシって見た目がバリバリ東洋人じゃん?海外で人気出なくね」という意見を出したからです。
ゲームがヒット、アニメがヒットし、海外でも有名になった頃、製作側はそう考えたのです。最初は最初で完成してました。でも、製作サイドは気付いたんです。それ故の二回目の「タケシOUT、ケンジIN」なんです。

ただコレには誤算がありました。それは、タケシが海外でも人気だったことです。初期のゲーム「赤、緑、青」を思い出してください。最初に戦うジムリーダーってだけでも印象強いのに、半裸ですよ?なにこいつ、格ゲーキャラ?みたいな。半裸で腕をクロス。X-MENのウルヴァリンですよ。
まぁ兎も角人気でした。それが分かり、アドバンスジェネレーションからサトシ、ハルカ、タケシ、あと何かショタ(名前忘れた)にパーティ変更したんです。
場数を踏まないと見えてこないものってあるよね。

話変わるがあれだ、ベン・トーの作者アサウラさんが言ってた事だったと思うんだけど(違ったかもww)、コミケはその内、開催を終える日が来ると、俺も思う。コミケが抱える問題――様々な事件や、参加者の持つ問題、会場の問題。まぁ詳しくはウィキペディアに載ってるけど、いつか中止になる気がしてならない。いつか、大きな何かが起きてしまって、開催中止、自粛となる日が来る。今までも既に何度かその危機を迎えているが「それを参加者の皆で守っていこう!」とか「事前に防ぐために取り締まりやボランティア、チェックなどを強化しよう!」とやっているが、限界がある。
歪んだ正義感、低俗な自己顕示欲。変革をもたらそうとする者やパニッシャー気取りの頭のイカレた野郎っていうのは、案外多い。俺の周りにだっていっぱいだ(悪い人間とつるんでいますという意味ではなく、跋扈していますよ、と)。
社会的地位や人間関係、失うモノが何も無いヤツ程、危ない奴等は居ないね。ドンキーコングもポケモンも、コミケットにもオナニーにさえも共通することだろうけど、「上昇途中が一番なんだ」と思う。コミックマーケットはその中間地点を超えた。既に多くの人間は動き出しているだろう。