ねぶり回すように

こんにちは。今回記事を書くにあたって、注意事項というか注意喚起をしておきたい。後半、エグめの下ネタを投球する予定なので、そういった内容が苦手な人はご注意願いたい。例えるなら、蒙古タンメンの注意書き。「辛いのが苦手な方はご注意ください」って書いてあるけど、食ってみたら「え、俺辛いの好きだけどコレ食えねえんだけど?なにコレ?」くらいのレベルだと思ってもらえれば。もうね、そこから先は海千山千の覇者のみが辿り着ける領域、ワンピースで言ったらとりあえず“偉大なる航路”後半以降なんで、気をつけてください。

です。

えっと、まずは告知です。HPの各メニューを弄りました。どう変わったかと言うと、
・VIDEO, MUSIC, GALLERYを【MEDIA】として統合しました
・WORKS(経歴)をメニュー【ABOUT】内に移動しました
・メニュー【GOODS】を追加しました
・ALBUMを【DISCOGRAPHY】に変更しました

それから、YouTubeにライブの動画を載せました。前回のライブで、6ft.downのryoさんに撮影して貰った動画ですね。

Twitterからでも少し見れます。あとHPのVIDEO / MUSICからも動画の全編が見れるようになってます。

んで……告知は終了。ライブハウスでバンドを見てきた話っす。

昨日、吉祥寺クレッシェンドにお邪魔してたのね。その日はバンドが4つ出演してて、その中の一つ、シンフォニック嬢メタル(と勝手に呼称するが…)の先輩バンドAncient Mythを見に、お邪魔してました。エンシェント先輩はベテランバンドで、海外でも勿論人気でね。以前ライブを見た事があったので、今回は二回目の観戦という事になる。
バンドが有名になって行くには色んな要素が必要だ、とは自明の理だと思う。幾つか書き出してみるとビジュアル、演奏力、人気、知名度、個人のネームバリュー、楽曲の良さ、コネ、個性……こんな所だろうか。ザックリだけど。Ancient Mythを見て、聞いてみて、やっぱり思ったけど「全部あった」ね。話も聞いた事があるのでコネクションもあるらしいのだが。全て持っていたから有名になれたんだなぁ、と得心した。
……それに比べ、フリアズはどうだろうか?ライブハウスの入口付近で「おしっこを飲んだ事があるか否か」というトークで、自らの見解を雄弁に語っているだけではないか?
しょっぱいなんてレベルじゃないぞ!? あれは海水……母なる海だ!!」、「――そう考えると、人間の中の塩分って凄いよなぁ」とか。
――こいつら何言ってんの? とうとう生命の神秘について言及しだしたぞ? みたいな。傍から見れば「人間は小便について、これ程までにアツく語れるものなのか?」という問いが沸々と湧いてくるのだろうが……、そもそも酒が入ってたし、
いや、だってさ! 小水についてアツく語れる人間と久しぶりに出会ったんだもの! そう、前回会ったのは二十歳の頃、“にぃに”っていうあだ名のブッ飛んだ奴が居て、そいつと居酒屋でアツく語り合った覚えがある。ボテ腹と腹ボコの違いについて、触手というジャンルの良さについて、初めての性の目覚めについて、……それから多くの人間がタブーとする禁断の領域、“スカトロジー”についてなァ! おぉ……ッ! 選ばれし者よ!!
まぁ自論を言わせてもらうけど、あれは海水だ。少年サンデーの国民的漫画作品になぞらえると「ペロッ……これは青酸カリ!?」なんてもんじゃない。
ペロッ、あんぎゃああぁあぁぁあああ!!??」っていうレベル。スゲェしょっぱい。

ヤベェ、話が脱線したが、そう見てきたんだよね。エンシェントさんは勝ち取ってきた栄光(というか、経歴というか)もあるし、俺が口に出せる事はもう無い。堂々たる貫禄を見せてもらった。ああなりたいものだ。
んで、その後、吉祥寺を中心とするインディーズメタル界隈で、さながら1940年代のナチスドイツのフランス侵攻のような破竹の勢いを見せるガールズバンド、絶対倶楽部を見てきた。もうね、どうせ……こんな、個人的なブログの末端まで目を通してないでしょうから言いますけど、「ハン、またアイドル被れが出てきたか……」、「フッ、くだらぬ……このオレが敬愛するのは二次元の女性のみッ!笑止!!」とか思ってました。――ライブを見るまではね。
見て分かった。このバンドも「持っている」。Dの意志を……ッ!!そう、先ほど言った通り、ビジュアルや演奏力、バンドが有名になっていく上で必要なものを、だ。演奏が始まる前まで、泰然と仁王立ちしていた俺だが、始まってふと気付くと「なに……ッ!? 足が、か、勝手に、リズムを取り始めているだと……ッ!?

あ…ありのまま今起こった事を話すぜ! 階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた。何を言っているのかわからねーと思うが、、、みたいな。いや、そこまでは言わないけどさwwww
ようは乗らされていた。俺の好きなアニソンっぽさがあるんだよね。危なかったぜ、もう少しで“ゼックラおじさん”と呼ばれる彼らと同じように最前列でサイリウムを振り回していたかもしれない。演奏も上手いし、ステージングも練られている、曲も良い。そ、そそそれにギターソロの時にギターの女の子のおっぱいが揺れ
ガールズバンド、ガールズメタルのブームに後押しされ、問題が起きなければ(問題が起きなければ、だけど)早ければ来年までに大きなステージへと移り、零細ではない大きな事務所から声が掛かる事だろう。
逆に、だ。例えばではあるが、メンバー脱退や事故、そういったイレギュラーを除いて、このレベルでデビュー出来ないのだとしたら……この、いや「あの」界隈に未来は無い。

さて、ここらで止めておくとしよう。ライバルは少ない方がいい。フ……フン! 敵に塩を送るのもこれくらいにしておいてやろう!!
んまぁ、最後に一つ言うと、ジャンルが違いますよね。ゼックラはメタルだけど、何というか日本という市場で、ガールズバンドがやるにあたって丁度良い具合のメタルなんですね。それこそアニソンっぽさ、聞きやすさがあるというか。これで本格的になっちゃってたら、今のようには行かないかもしれない。ゴリッゴリくらいじゃダメなんだ。逆にあのメンバーでFleshgod Apocalypseばりの超人的サウンドだったら、またそれはそれで人気が出るだろうけど。
フリアズは、と言えば日本市場よりは海外っぽさがあるんですね。そりゃ、そうだもの。俺たち海外のメタル凄い好きで、そういう音楽がやりたいんだもの。
だから、というワケじゃないけど。日本のガールズメタルはなんか性に合わないとか、BABYMETALとかよりは海外勢が好きだとか、あとはやっぱりソナタ・アークティカやストラトヴァリウス、キャメロットが好きな人なんかは俺たちの事も応援してほしい。
ええ、最後にこじ付けましたが、Twitterでフォローしたり、音源を聞いてみて「いいかも」と思ったらイイネ!ボタンを押したり。ご友人に
「海外のメロスピ、メロパワはカッコイイの多いよなぁ。日本だとガルネリがトップかな。あとはAzraelやBalflare、Skywings、Jupiter、Valthus、摩天楼オペラ辺りかな」
「他には?」
「吉祥寺界隈だとCellebellar rondo、Baskerville、Undhifeatとかも有名だな……。同人も含めるとIron Attackとかアンキモとかドラゴンガーディアンとか?」
「ふーん、ベテランが多いね。新しい世代は無いんだね……」
「いや、そんな事はないぞ。ちょっと特殊な立ち位置だけどFree as birdsなんてバンドもある」
みたいに、ちょっと話してみたりね。

応援してほしい、なんて大層な言い方したけど、結局の所はリスナーやファンを惹き付ける要因があってこそのアクションですからね。良いと思ったら、そう、良いなと思ったら海外のメタルバンドと同じように、扱って欲しい。

ギロッポン・ノスタルジア

生まれ変わったらけもみみ美少女になりたい。しっぽモフモフで毛量も多めの超絶美少女に。それは間違いない、揺るぎない。B’zの41作目のシングルに誓ってもいい。
最近バイト先で、女の子の後輩が食事休憩に入るときに、売れ残りの弁当を抱えながら嬉しそうに「いってきます!」とか言う訳ですよ。ああ、もし俺に娘が居たら、朝こんな感じでお父さんである俺に挨拶をして学校に行くのだろうか、フフ……フフッヒ
それからアレですね。一応こう見えて、信じがたい事実ではありますが私はバンマスなので、サポートメンバーの方にギャラをお支払いしたりするんですが、「ギャラください」って言われればああ、ハイって渡すんですけど
ロイさんお金ちょうだい (※最近はロイドではなく“ロイさん”、と呼ばれる事が多い)」
とか言われるとね、全ッッッッッ然関係無いけど、小さな女の子に「おじちゃん、お金ちょうだい?」と言われるシチュエーションを瞬時に連想する訳ですよ。駆け寄って来て上目遣いで俺を見ながらお小遣いを無心する少女、グフッ、いくら欲しいんだい? お嬢ちゃん……グフフ、プヒュー……ああ、いけないいけない。
こうやって夢想してはその度に現実へと戻って来る訳ですが、そうすると大体ちょっとだけ股間がフィーバーしてるんですね。あれ? なにこれ。何の話だっけ。バイト中に俺のチ〇コが立ってる話?

こんばんは、ロイドです。3月10日は、六本木のライブハウス「新世界」でライブ演奏でした。当日お世話になった方々、本当にありがとうございました。
感想としては「え、これがフリーアズバーズ……? か、かっこよすぎ……」でしたね。自分で言うのもなんだけどさ。
え!? これが、あのずっとボロボロだったフリーアズバーズ!? これは……ッ、時代が来るでえ!! みたいな感じですよマジで。語彙力すんません。

このライブハウスではスラッシュメタルで有名なALICE IN HELLのハマダイさんが働いてまして、店長さんやPAさん、皆が親切でした。
え、「何、その月並みの感想は」って? いやいや、確かにライブハウス界隈は良い方々で溢れてますけどね、ずっとTバックがパンチラしてるフロアスタッフとか、開演から終演まで終始「ハァ~」って溜め息ついているコンサートスタッフとか。あとなんか知らんがずっとカリカリしてる人とかね……意外と、いや何でもないっす。改めて人の優しさに触れられて感動したんです。結構マジで。
ってゆうのも、そもそもライブ自体が半年振り以上なんですよね。だから小さな事の一つずつにセンシティブに反応しちゃって。あ、勿論音響も良いし、ステージがカッコイイ。

ゲスト(というかスタッフ)で6ft.downのリョウさんがまた来てくれまして、当日カメラで撮影をしてくれました。画像の4枚目とか見ると、このライブハウスのステージの格好良さがよく分かると思う。リョウさん本当にいつもありがとうございます。

見てくださいコレ。国際文化賞取りましたッ!!みたいな風体じゃないっすか。全然そんな事ないっていうね。客観的に(まぁ色目はあるけど)見て、全てが格段に良くなったフリアズですが、こういう有名になる雰囲気というか大御所オーラというか、そんな感じのが漂っているような気がするんです。

まだ良く出来る部分はあるけど、演奏は上手い。曲も良い。音も良い。見た目も良い。ようやく手札が揃ったように感じるライブでした。何より、演者として楽しめました。そんな楽しめたライブは今まで――もしかしたら無かったのでは? と思う程楽しめました。出演者も楽しむ、というのは大事な要素でしょうね。それに終わった後、見ていた方に「かっこよかったよ!」なんて言って貰えれば演者冥利に尽きるってもんですよ(すんごい久々に言われた気がする)。これからも頑張ろう、そう思います。
楽しめた要因の一つに歌のルーティングがありますが……これは文章が長くなりそうだし、機会があれば書き出したい。

ちなみに今回、ライブ会場限定でノベルティ(メンソール成分配合のウェットティッシュ)を無料でお配りしてました。入場料やドリンク代もなんだかんだ高くつきますから、ライブへご来場頂いた方にはサービスしてもいいのでは? と思って、そうさせて貰いました。

ともあれ、良いライブだった! そう思う!

次回のイベントは即売会、M3への参加です。
詳細は以前書いたコチラの記事→http://www.freeasbirds.biz/?p=2153

スティーブ・ジョブズは悪くない

ういおー。

さっき、テレビでアンパンマンが放送されてた。たまには見てみるかと、昼飯を食べながら「これって知育を目的にしてるのかなぁ。ってゆうか、勧善懲悪の元祖みたいなもんだよなぁ」とか思ってた訳ですよ。まぁ百歩譲って、自らをあんパンだのカレーパンだの名乗る人型の生命体が、どういうエネルギー構造で駆動してその辺を闊歩しているのかはさておき。
物語の舞台って、背景で山とか森とかめっちゃ出てくるじゃない。そんな秘境の大地にパン工場とか作っちゃう?とか思ったんだよね。だって絶対ムシとかやべぇぞ。
異物混入っていうか。入っててデフォですけど、なにか?みたいなレベルじゃない。いやそういう描写が無い(描くかよ)から、防虫は完璧なんだと思うケド、さ。
例えばの話。防虫効果のあるマリーゴールドを、汗水を垂らし、ジャムおじさんが身を粉にして工場の周りに植えてたり。ホームセンターまで行って業務用の殺虫剤を購入して、修羅の形相で敷地内にぶん撒いていたり。だけど、それでも次の日出勤したら雑草にアブラムシがいっぱい付いているのを発見しちゃって……切歯扼腕、鬼神のような表情のジャムおじさん、腸が煮えくり返ってしょうがねぇ!ぶち殺す!!――みたいな。そういうサイコティックでセンシティブな描写が描かれていたら俺はもっと感情移入できると思う。あの人達の役職も不明瞭だしね。

まぁ長くなったが、スマン。これどうでもいいんだわ。

今回は私的なブログに見せかけて、ドラムのレコーディングに使用したスタジオの感想をつらつら書きます。あくまで、個人的な見解なので妄信しないようにお願いします。ただ、一ユーザーとしての心中を吐露しますので、シビアな内容になるかも。なのでちょっと、ホラ。こんな感じでカモフラージュを、ね。じゃあまず私的なブログから。

①本棚を整理しました。

蔵書の数は……600冊~800冊程だろうか。溢れかえっていたのを整頓した。ワンピースとかナルト、ドラゴンボール、ボボボーボ・ボーボボ、銀魂、それから星のカービィなんかも持っていたんだけど、以前引っ越した時に売っちゃったので無い。
読み直す事って殆ど無いんだけど、コレクター要素っていうかね、ホラ。眺めて自己満足に浸りたい訳よ。あるでしょ、遊戯王カードとか集めてファイリングしたりとか、ポケモンの指人形集めたりとか。何もしないもの! 集めるだけだもの! 美少女フィギュアだってそうでしょ。眺めて我々紳士は喜ぶ訳ですよ! フィギュアを掃除してあげて「グフフフッ…」とかキモイ声を出したりフィギュアを眺めながらおちんちんをシゴいたりとかそういう! そういう、バッ……! ちげーんだよ! 存在を楽しむものなんだよ!
同じです、カードや漫画、コレクションであるならば!
あれ、俺なに言ってんだろ?

まぁそんな訳で図書館みたいになってきました。誰に見せる訳でも無いけど。有名になって必要なくなったら寄付してもいいと思う。今の俺には必要だ。心の拠り所……ママのおっぱいみたいなものなんだお、デュ。許してほしいデュフ……

マジメな本に混じって変な本が入ってる、ですって?
違います、教科書です。このコーナーは教科書類です。ほら、国語辞典だってある。

え? 「真説 触手学入門」がダブってるですって? それはですね。誕生日プレゼントで渡された翌年、今度は別の人間から同じ本をプレゼントされたからです。なんなんです? あなた達。「女子高生のおしっこの匂いがする香水」も二つダブってるんですよ? なんなんです? なんどす?

②ドラムをレコーディングしてきたが

オイオイ、すげぇ文章なげぇじゃん。書く余裕がねえぞ……という訳で端折ります。
レコーディングはお世話になっているクラウドナインさんを利用させていただきました。クラウドは町田店が出来たときからのヘビーユーザー。お亡くなりになられた向ヶ丘遊園店からのお付き合いです。ああ、大丈夫です。ここはネット。メチャクチャな事は書きませんよ。というか別に、今回大層な内容を書くつもりは毛頭ないのだが……

いつも利用させて頂いてるのですが、以前ドラムのレコーディングに使用していた「即レコ」っていうサービスがお陀仏になったんですね。んで、替わりに始まったサービスが……「セルフレコーディングサービス」というもの。これ、大元はYAMAHAな気がするんだけど、たぶんこのサービスはクラウドナイン専用のサービスなのかな。
まあ、そちらを利用しました。今回利用したのはそのサービスで、更にオプションで「インターフェイス&PCセット」というものを注文しました。
それらの個人的な見解に基づいたメリットとデメリットを書いてザックリ終わろうかな。

メリットとしては。

◆既にマイクが立ててあるのでセッティングが不要。PCのセッティング(DAWの接続、ルーティングなど)も済んだ状態から始められます。

◆持ってくるのはUSBメモリだけ。RECしたファイルを、USBに移し変えて、後は家でミックスすりゃあOKって算段ですね。そんな訳でラクチンです。

◆忘れたけど、ハイレゾ対応みたい。書き出す時に48kHz、24bitで書き出されてた。(その分、ファイルは重くなるけどね)

 ‐

デメリットとしては。いや、別に苦言を呈する訳ではなくてですね。俺の勉強不足が招いた結果ではあるのですが一応。参考になる人も居ると思います。気になる人も居ると思いますので。

◆貸し出されるPCはMacなのよね。普段ウィンドウズ使ってるし、マックを使うのは小学生以来だけど。平成生まれのパソコン世代の俺なら余裕だぜ、ヒャッハー!からの爆死。
なんなんです?マック。直感的操作が売りなのか分からないけど、ボリュームアイコンを点灯させたら音が逆に消えるってどういう理屈なんです。ピル佐藤がマックユーザーじゃなかったらコロンブスビルの6階で憤死してたぞ?
……ともあれ、普段マック使っている人なら何も問題は無いだろうね。ちなみにDAWはCubaseです。いや、Cubaseか。さっき言ったボリュームアイコンとかの操作はDAW上の話だったか。一応俺、複数のDAW弄ってるくらいの人間なんだけどな、Cubaseはダメだったよ。あいつ翻弄してきますよ、気をつけてください。わけワカメ酒。

◆料金は高い。個人練習の料金が適用されないみたいで、平日の昼間に3時間入って
7,000円くらいしました。自分でやれるんだったらその方が良いかもね。

◆マイクは最大16ch使用できるんだけど、その中のトップ(トップス)マイクは天吊り状態なんだよね。何かって言うと、トップスって多分シンバルとかタムを集音するマイクだと思うんだけど、スネアとかキックとか全部が入っちゃってる……アンビエントマイクみたいになってるのよね。まぁそんなモンかもしれないケド。

つまりだ。普段DAWを使い慣れている人でも、MacとCubaseには注意するべき、と思った。俺の慢心が原因ではあるのだが。偶然ドラマーがマックユーザーでCubaseを使った事もあったから無事録り終えられたけど、経口避妊薬佐藤、謝謝!!

あ、あとファイルの書き出しやメモリに移すのに時間が掛かるので注意だな。
(録音時、DAWのプロジェクトファイルが多量に作られちゃうのよね。すぐにどのファイルがRECのデータか分かればいいけど、初見で見抜くのは無理だった。結果、全部移すことになったから時間が掛かったのよ)