「レコーディング」カテゴリーアーカイブ

スティーブ・ジョブズは悪くない

ういおー。

さっき、テレビでアンパンマンが放送されてた。たまには見てみるかと、昼飯を食べながら「これって知育を目的にしてるのかなぁ。ってゆうか、勧善懲悪の元祖みたいなもんだよなぁ」とか思ってた訳ですよ。まぁ百歩譲って、自らをあんパンだのカレーパンだの名乗る人型の生命体が、どういうエネルギー構造で駆動してその辺を闊歩しているのかはさておき。
物語の舞台って、背景で山とか森とかめっちゃ出てくるじゃない。そんな秘境の大地にパン工場とか作っちゃう?とか思ったんだよね。だって絶対ムシとかやべぇぞ。
異物混入っていうか。入っててデフォですけど、なにか?みたいなレベルじゃない。いやそういう描写が無い(描くかよ)から、防虫は完璧なんだと思うケド、さ。
例えばの話。防虫効果のあるマリーゴールドを、汗水を垂らし、ジャムおじさんが身を粉にして工場の周りに植えてたり。ホームセンターまで行って業務用の殺虫剤を購入して、修羅の形相で敷地内にぶん撒いていたり。だけど、それでも次の日出勤したら雑草にアブラムシがいっぱい付いているのを発見しちゃって……切歯扼腕、鬼神のような表情のジャムおじさん、腸が煮えくり返ってしょうがねぇ!ぶち殺す!!――みたいな。そういうサイコティックでセンシティブな描写が描かれていたら俺はもっと感情移入できると思う。あの人達の役職も不明瞭だしね。

まぁ長くなったが、スマン。これどうでもいいんだわ。

今回は私的なブログに見せかけて、ドラムのレコーディングに使用したスタジオの感想をつらつら書きます。あくまで、個人的な見解なので妄信しないようにお願いします。ただ、一ユーザーとしての心中を吐露しますので、シビアな内容になるかも。なのでちょっと、ホラ。こんな感じでカモフラージュを、ね。じゃあまず私的なブログから。

①本棚を整理しました。

蔵書の数は……600冊~800冊程だろうか。溢れかえっていたのを整頓した。ワンピースとかナルト、ドラゴンボール、ボボボーボ・ボーボボ、銀魂、それから星のカービィなんかも持っていたんだけど、以前引っ越した時に売っちゃったので無い。
読み直す事って殆ど無いんだけど、コレクター要素っていうかね、ホラ。眺めて自己満足に浸りたい訳よ。あるでしょ、遊戯王カードとか集めてファイリングしたりとか、ポケモンの指人形集めたりとか。何もしないもの! 集めるだけだもの! 美少女フィギュアだってそうでしょ。眺めて我々紳士は喜ぶ訳ですよ! フィギュアを掃除してあげて「グフフフッ…」とかキモイ声を出したりフィギュアを眺めながらおちんちんをシゴいたりとかそういう! そういう、バッ……! ちげーんだよ! 存在を楽しむものなんだよ!
同じです、カードや漫画、コレクションであるならば!
あれ、俺なに言ってんだろ?

まぁそんな訳で図書館みたいになってきました。誰に見せる訳でも無いけど。有名になって必要なくなったら寄付してもいいと思う。今の俺には必要だ。心の拠り所……ママのおっぱいみたいなものなんだお、デュ。許してほしいデュフ……

マジメな本に混じって変な本が入ってる、ですって?
違います、教科書です。このコーナーは教科書類です。ほら、国語辞典だってある。

え? 「真説 触手学入門」がダブってるですって? それはですね。誕生日プレゼントで渡された翌年、今度は別の人間から同じ本をプレゼントされたからです。なんなんです? あなた達。「女子高生のおしっこの匂いがする香水」も二つダブってるんですよ? なんなんです? なんどす?

②ドラムをレコーディングしてきたが

オイオイ、すげぇ文章なげぇじゃん。書く余裕がねえぞ……という訳で端折ります。
レコーディングはお世話になっているクラウドナインさんを利用させていただきました。クラウドは町田店が出来たときからのヘビーユーザー。お亡くなりになられた向ヶ丘遊園店からのお付き合いです。ああ、大丈夫です。ここはネット。メチャクチャな事は書きませんよ。というか別に、今回大層な内容を書くつもりは毛頭ないのだが……

いつも利用させて頂いてるのですが、以前ドラムのレコーディングに使用していた「即レコ」っていうサービスがお陀仏になったんですね。んで、替わりに始まったサービスが……「セルフレコーディングサービス」というもの。これ、大元はYAMAHAな気がするんだけど、たぶんこのサービスはクラウドナイン専用のサービスなのかな。
まあ、そちらを利用しました。今回利用したのはそのサービスで、更にオプションで「インターフェイス&PCセット」というものを注文しました。
それらの個人的な見解に基づいたメリットとデメリットを書いてザックリ終わろうかな。

メリットとしては。

◆既にマイクが立ててあるのでセッティングが不要。PCのセッティング(DAWの接続、ルーティングなど)も済んだ状態から始められます。

◆持ってくるのはUSBメモリだけ。RECしたファイルを、USBに移し変えて、後は家でミックスすりゃあOKって算段ですね。そんな訳でラクチンです。

◆忘れたけど、ハイレゾ対応みたい。書き出す時に48kHz、24bitで書き出されてた。(その分、ファイルは重くなるけどね)

 ‐

デメリットとしては。いや、別に苦言を呈する訳ではなくてですね。俺の勉強不足が招いた結果ではあるのですが一応。参考になる人も居ると思います。気になる人も居ると思いますので。

◆貸し出されるPCはMacなのよね。普段ウィンドウズ使ってるし、マックを使うのは小学生以来だけど。平成生まれのパソコン世代の俺なら余裕だぜ、ヒャッハー!からの爆死。
なんなんです?マック。直感的操作が売りなのか分からないけど、ボリュームアイコンを点灯させたら音が逆に消えるってどういう理屈なんです。ピル佐藤がマックユーザーじゃなかったらコロンブスビルの6階で憤死してたぞ?
……ともあれ、普段マック使っている人なら何も問題は無いだろうね。ちなみにDAWはCubaseです。いや、Cubaseか。さっき言ったボリュームアイコンとかの操作はDAW上の話だったか。一応俺、複数のDAW弄ってるくらいの人間なんだけどな、Cubaseはダメだったよ。あいつ翻弄してきますよ、気をつけてください。わけワカメ酒。

◆料金は高い。個人練習の料金が適用されないみたいで、平日の昼間に3時間入って
7,000円くらいしました。自分でやれるんだったらその方が良いかもね。

◆マイクは最大16ch使用できるんだけど、その中のトップ(トップス)マイクは天吊り状態なんだよね。何かって言うと、トップスって多分シンバルとかタムを集音するマイクだと思うんだけど、スネアとかキックとか全部が入っちゃってる……アンビエントマイクみたいになってるのよね。まぁそんなモンかもしれないケド。

つまりだ。普段DAWを使い慣れている人でも、MacとCubaseには注意するべき、と思った。俺の慢心が原因ではあるのだが。偶然ドラマーがマックユーザーでCubaseを使った事もあったから無事録り終えられたけど、経口避妊薬佐藤、謝謝!!

あ、あとファイルの書き出しやメモリに移すのに時間が掛かるので注意だな。
(録音時、DAWのプロジェクトファイルが多量に作られちゃうのよね。すぐにどのファイルがRECのデータか分かればいいけど、初見で見抜くのは無理だった。結果、全部移すことになったから時間が掛かったのよ)

チャーハンの玉子をフワッとさせるには、火を掛けすぎないのがポイント

もす。

前回宣告した通り、今日はコンデンサーマイクのお話です。
「え?コンデンサーマイクって何?」って人は知りません。置いてきます。ハイさようなら

……ん、ま、まぁちょっとだけ、知らないアンタの為にも説明してやるんだから。
んーとね、スンゴイ雑に説明すると、普段スタジオやライブハウスにあるのがダイナミックマイクというマイクで、衝撃に強い種類です。現場用みたいな感じです。
コンデンサーマイクは主にレコーディング用で衝撃や湿気に弱い種類です。お値段も高めです。はい説明終わり!

本題。長年NEUMANNのTLM102を使用してきて、特に不満などなかった。TLM102は2本目に購入したコンデンサーマイクで、最初に買ったのはRODEのNT3というマイク。
恐らく「RODE」と聞いただけで何人かは「あぁ~w」という絶妙な表情をしているのではなかろうか。
初心者でマイクのキャラクタを分かっていなかったという点と、スタジオでRODEのNT1やNT-2Aを使用した経験があった事から、購入に至ったんだけど。
ちなみにこれ、べろんべろんマイクをしゃぶり回していた所、お釈迦になった

――コンデンサーは湿気に弱いじゃん。職場で拾ってきたシリカゲルを箱にブチ込んでマイクを保管してたけど、いかんせんオレの部屋は湿度が異様に高い。
んで度重なるローションプレイも相まって、こいつとは死別してしまったんだよね。
※現在はデシケーターを設置し、コンデンサー等はその中で保管している。デシケーターはオススメです。

TLM102は良いマイクだけど、若干高音にキャラクタがある。良い意味でボーカルを際立たせる細工なんだろうが、ハイトーンでマイク乗り重視の発声をすると耳に付く、聞こえが悪い印象を受ける時がある。無論オレの声質に非が無いとは言い切れないけど。
そこら辺はEQで誤魔化していたのだけど、良いDAWやプラグインを購入して「音」の解像度が上がると(特にアナライザーの功績が大きい)、存外気になってきたんだよね。4年も同じマイク使ってるんだから新しいのを買ってもいいんじゃないか?と。色々な物を取り込んだほうが良いだろうと。エントリークラスとは言え値段はそこそこするが、姓名判断で「金の心配は不要」と書いてあったじゃないかと。それなら湯水の如く使ってやろうじゃないかと。

そこで、買うならキャラクタが無いか、薄いものを探してて。というか随分昔から欲しいマイクが2つあった。オーテクのAT40シリーズとAKGのC214だな。後者は少しキャラクタがある……ぶっちゃけ自分の声を通してみないと分からないが、「キャラクタありのマイクを持っているから、じゃあキャラクタ無しのマイクを購入してみた方が良いのでは?」という点でAT4040を選択した。

買うと、大仰な箱に丁寧に梱包された状態で届く。外箱を引っぺがすとこんな感じ。マイクとサスペンションホルダーと、ポーチ、あとマイクスタンドに装着する時の変換用ネジが同梱されている。あのね、ポーチは恐らく専用の入れ物として使ってください!って事なんだろうけど、
マイクを入れれば良いのかサスペンションを入れれば良いのか、分かんないんだよね。以前もオーテクのイヤホン(だったと思う)を買った時、専用のポーチが付属してきたんだけど……薄い布袋みたいなので、「え?これに入れるの?」って思った事がある。コンドームで言ったら「001」よ?破れますよ?中のチンコが怪我したらどうすんですか!……俺童貞だけど!
まぁ、なんでもかんでもポーチを付けてくるオーテクだが、SHUREのイヤホンを買った時は”頑丈な”ポーチに入ってきた。布製ではなく。ちょっと見習ってほしいと思ったのは内緒。

使用してみて
使ってみて、そうね……まずサウンドハウスとかのレビューで「付属のショックマウントが糞」って書かれてて、その意見に賛同する人達も多い事が唯一心配だったが、杞憂だった。型番が変わってますので、今後買う皆さんは安心してください。ただ逆さ吊りで収録する場合は分からない、マイクが引っこ抜けて落っこちるかもしれない。
でも逆さ吊りって確か、真空管の温度の都合とかで逆さにして録ってるマイクでしょ?AT4040なら逆さにする意味が無いと思うのだが……違うのかな。(見た目がカッコイイから逆さにしたい、というなら何も言わないケド)

こんな感じですね。次に性能、特性ですが。
非常にフラットに録れる」のが売りのマイクですが、付属の説明書の記事と実際に録ってみて、キャラクタは若干あります、実は。他のマイク同様10K辺りがブーストされてます。但し若干です。恐らく最低限の味付け……って感じだろうか。まるで町の慣れ親しんだ大衆食堂の婆さんが作るチャーハン、決して濃い味付けではないが程よい塩気とコショウ、そして固くなり過ぎないタマゴと優しさを感じる甘み。トレイで運んでくる時「味付けが薄かったら自分で足してね」と、テーブル脇にあるトッピングを勧めてくるのだが、いやこれが良いんだと。食べログのレビューを調べて味を分かっていて注文する俺達は、このマイルドな味付けが良いんだと、そう思った。

ある時、ふとその料理屋を訪れてチャーハンを頼んだ時、いつもより味が濃かった。
――婆ちゃん、今日の味付けは少し濃いね。
俺はそんな事を口にした。婆さんは特に何も言わなかった。
気にもせずチャーハンを平らげて会計をしている時、俺は、店主の爺さんが今日は居ない事に気付いた。いつもならこの時間、夕方の下ごしらえを整えている筈だ。厨房にもトイレにも、何処にもその影は無い。80歳過ぎであろう爺さんだったと思う。決して愛想は良くないが鼻につかず、嫌な感じはしない店主だった。皺の刻まれた額に頭巾を被りながら、細い腕で調理をしている姿が印象的で、チャーハンを注文すると「母さん」と妻の老婆に一任する。婆さんは一つ返事をすると、いつものあのチャーハンを拵えるのだ。
数日後、店はシャッターで閉ざされていて、入り口には貼紙が貼られていた。――”長年、ありがとうございました”と。年期を覗わせる達筆で、そう書かれていた。

商店街の食堂 – 了

えっと、

あれ?なんだっけ。何の話だっけ?
《どうしたら合法的に女子校生とセクロス出来るか》……についてだっけ。あっいや、風俗嬢が性病にかかった時それは職業病と呼ぶのか否かについての議論の最中でしたね!失敬

えーと。フラットに録れているという印象も分かるんだけど……フラットって言うと、若干マイナスのイメージを帯びていると思うんですよ。粗が目立つよとか、歌唱力に自信があるなら使いなよとか、ミックスで自分で弄れるならいいんじゃない?とか。
そんな評価があると思うんですけど、使えば分かります。超良いマイクですよ全然。ノイマンが高すぎるんじゃないか?TLM102に限ってもあと5,000円から10,000円くらい安くしてもいいんじゃないか、と思ってしまった。

確かに他と比べると高音の成分とかがナチュラルに聞こえてくるだろうから、ミキシングも殆ど出来ない人がミックスしてオケに突っ込んだら埋もれたり、なんか違うなぁ、なんて思ったりするかもしれません。(むしろそれを何とかするのがミキシングエンジニアの仕事ですからねw)
でもRODEは言わずもがな、TLM102ですら良くも悪くも「声が目立つ」んですね。ハイトーンでギャンギャン出すような人は悪い意味で目立つのかもしれません。AT4040はそんな事ありません。

じゃあ……ね、
ここまで読んでくれた方、しょうもない短編小説を読まされてご立腹の方、それから関係者の方、よく分からずこの文章を飛ばし読みしている方々の為に

9割出来上がりましたの!
フリアズ最新作、Poisonous Wonderland 1。クロスフェードですけどね!発売はまだずっと先だけど……
この後半のボーカルはAT4040で録り直しました。悪い印象を吹き飛ばすレベルだと思うけど。
あっ、前半の声優さんは狛茉璃奈さんです。俺じゃないです。

Kamelotは好きでよく参考にするんだけど、ボーカル交代前も交代後も、歌のミキシングが中々再現できなかった。それはボーカルトラックの8,000Hz以降に大きな違いがあったんだと思う。だいぶ近いでしょ?(まぁ選曲はさておき、大体こんな感じ)
メタルサウンドの中では別にTLM102でもいいんだけど、アコースティックやバラード、そういった楽曲に使うとなんか目立ちすぎる。歌唱法がフラットじゃないので、マイクのキャラクタも強いとなんか歌が妙に目立っちゃうんですね。だから高域がブーストされ過ぎず、ポップスやロック、バンドサウンドからするとちょっと控えめな音作りにしたかったんです。いや~良いですね。

バレンタインに社会人DTがチョコを貰える確率は天文学的に低い

どうもこんばんは。ロイドです。

バレンタインの前後の日にちって絶対皆騒いでるから、鎮火した今になって敢えてタイトルに掲げてみたけど、そもそも出会いとか無いし繋がりも無いし、ファンも居ないだろうし、職場はババァしか居ねえし。彼女居ない歴がね、「彼女居ない歴」というチャチな言葉で表現するには恐れ多いと思えるくらい壮絶な期間になりつつあるんだけど、逆に考えるんだ。この歳まで貫くという凄さを。人間のみに与えられた「自制」という能力、その人間の中でも群を抜く高さ。克己心がある。そう、俺はニュータイプのヒーローだ。
ぶっちゃけもう節分と混合して「2月14日に大豆をひたすら女性に投げつけられる」でもいいわ! 全部拾って食うわ! そんで腹壊すわ!

まぁガヴリールドロップアウトの喫茶店バイトの話よろしく「櫓三年に棹八年」とも言いまスーシネ!恋愛ともなればまぁ死ぬまで使いこなすことなんて出来ないだろうね。墓場まで貞操を持ってくしかないでしょ。

まぁ今日はたまの休日を(勿論一人で)エンジョイしてたんだけど、最後にHPでも更新しとくかなって所だ。で、話す内容は特にないけど、ミュージシャンとかアーティストとかがたまにこのサイトを見てる可能性があるから、ちょっとベタだけど機材紹介でもします!

ということで、ウチの売りと思われるキーボードサウンドの良さを紹介します

そういえば

バンドリ!を見てキーボード始めた人とか居るのかね。オジサンが教えてあげるよ、女性限定でね……デュフフ。
あぁ後質問で「キーボードとシンセって何が違うの?電子ピアノは?」とかそんなん知らん!!!!!!!自分で調べろ!!!!!!

ぶっちゃけほぼ一緒じゃそんなモンは。とは言えないけど……それを細かく分類したがるのってキーボード弾かない人間な気がする。
昔言われてたっぽいのは「シンセはスピーカーが無いと音出ないよ。キーボードはスピーカー内臓してるからアンプ持って無くても大丈夫だよ」とかだけど、今の時代もうその定説は通用しないと思う。色んなのが出てるから。
だけど一応、適当に言うならシンセは「音を作る(synthesize合成する)」的な役割なのかな。音をいじったり(エフェクトをかけたり幾つかの音を混ぜたり。まぁ機種による)っていうのがシンセサイザーかねぇ。単に幾つかの音色があってそれを弾きたい、鳴らしたいってだけならキーボード……か? 後はシールドとか持って無くてもスピーカーが本体に付いてるから一台買っただけですぐに練習できます、みたいな。
今はMIDIキーボードとかショルキー(英語圏ではKeytarキーター)とか、呼び名がミュージックワークステーション(訳分からん)とか色々あるからな。初めて買う人とかは注意が必要だろうな。まぁその辺の話を広げるとキリが無い上にマニアとかオーディオオタクの論争の渦中に巻き込まれる可能性があるから却下!

キーボードのREC方法(フリアズ式)

で、本題。お待たせしました。バンドマンにとっては常識だけどレコーディングするには幾つか方法があって(音屋じゃないので詳しくは知らん。)、大体の人が自宅で録れる環境を持ってると思う。オーディオインターフェースのジャック部分(これいつも思うけどインターフェイス?インターフェース?)にシールドをブッ挿して、インターフェイスを経由してPCに録音したデータを取り込む。だよね普通。ミキサーの人も居るのかな。
後はドラムとか、多くのマイクが必要な場合はスタジオ付属のレコーディングソフトだったり、天吊りマイクを使ったり。或いはチャンネルがいっぱい付いているインターフェイスかミキサーを経由したり、みたいな感じだと思う!

これで充分良質な音が録れてる、とは思うけどウチは違うんだよね。今説明されたのは恐らく「アナログ録音」って奴。ですよね?詳しい人。
これとは別に「デジタル録音」ってのがあって、ウチはそれでキーボードをレコーディングしてる。イメージを簡単に説明すると、アナログはREC最中にシールドなどを伝わる間に音質が劣化して、デジタルは理論上は音質が劣化しないというもの。だった筈。もう調べたの5年くらい前だから覚えてないわwww(その上、町田駅周辺の楽器屋全て回って尋ねたが誰も分からなかったしなwwwww)
ようは通ってきた音声信号(音源)を0と1に変換してデータ化するから、劣化しないんだと。高性能なものを使ってればアナログ入力で録音したとしても、音質に劣化が生じてるなんて聴感上は思いもしないんだけど、理論的には劣化してるらしいのよね。そんなもんかね。

で、これが重要なんだけど、殆どのキーボードにはデジタル出力の端子が付いてないんだよね。RolandのJupiter-80には付いてるけど。最初見た時「なんだこの端子」って思ったわ。只でさえ筐体の裏面にメインとサブ、フォン、ペダル、さらにその他の端子が付いてるっていうのに。たぶんどのメーカーもハイエンドモデルには端子いっぱい付いてるんだろうなぁ。

b
JP-80裏側。暗くてすまん。赤で囲ったところ。

えーと、
アニメが観たくなっちゃったので足早に説明します。デジタル録音に使うのはS/PDIFっていう規格があって、専用の端子が必要。オプティカル(光)とコアキシャル(同軸)の二種類があって、ちなみにJupiter-80の出力端子はコアキシャル。良く知らないけどオーディオマニアの間ではコアキシャルの方が音質がいいらしい。で、重要なのが、デジタルでシンセから出力するじゃん。そしたら当然デジタルで入力できるインターフェイスが必要なんだよね。メーカーの商品ページで「デジタル入力、S/PDIF」とか書いてあれば出来るんじゃないかな。ちなみにFocusriteのScarlet6i6には付いてます。
ああああとこれも大事だけど、専用のケーブルが必要! デジタル用のケーブル。名前は忘れた!ウチで使ってるのはZAOLLA(ザオラ)から出てるのだよ!高いよ!コアキシャル用のケーブル!

a
FocusriteのScarlet6i6の裏側。デジタル専用のケーブルとデジタル専用の出入り口。

後たぶん、初めてデジタル入出力でパソコンに取り込んでみると、音が出ない……なんて問題があると思う。俺は原因が解明できずメーカーに質問して「いやー、分かんないっすね。ただ音は来てるみたいなのでパソコン側の設定だと思います。」で轟沈。その後長年お世話になってる町田のクラウドナインでもう藁にすがる思いので泣きつき、家に帰って設定をいじる事数日ようやく録音が出来た記憶がある。

そんな人が偶然このページを見てるとは思わないけど、ドライバはASIOじゃなきゃ駄目だったり、入力に設定してるチャンネルが別だったり(コレ本当分かりづらい。SONARさん!)ってのが俺の時の問題だった。なんせFocusriteが海外のメーカーだからさ、説明文とか外国語で理解できなくて、しかもデジタル入出力なんて楽器でやる人はそうそう居ないから誰にも聞けなくてねww接続状態が正しくて音が出ない、録音されないってのは十中八九パソコン側の設定なんだと思う。

あと一つ、ケーブルの性能も大事だけど、インターフェイスのほうが音質には大きな影響を与える気がする。以前使ってたのはUSBバスパワーのモノだったんだけど、電源がちゃんと必要なタイプに変えた事が音質向上に一役買ってる気がする。高いインターフェイスってのもあるけど、「電源がUSBで賄えます」ってそりゃショボイ証拠だよな。電源が必要な種類もあるっていうのにさ。――便利だとは思うけど。

そんな訳でフリアズ式キーボード録音方法はデジタル。使用してる機材は説明中出てきたけど、それもまとめて下に載せるよ。ではまた。
質問とかあればください。暇なんで(爆)

c/></p>

<div class=