「雑談」カテゴリーアーカイブ

謙遜と卑下の境界――ホライゾンとウンコ

こんばんは、ウンコです。喋れます。喋る野糞です。人型で、音楽をやってるウンコです。
異世界に転生してもスライムにも美麗なアバターにもなれない――きっとウンコかアンデッド系モンスターになるのだな、と朧げながらも感じております。
あっ、最初に断わっておきますけど、今回の内容はなんも無いんです。申し訳ナイトウィッシュ

火の無い所に煙は立たぬ、と言う言葉がありますね。「煙が出てるって事は、そこに火がある筈だ」と。つまり根拠がある筈だ、という言葉ですが……

俺が痴漢冤罪で捕まったとして、周囲の人間は皆口を揃えて言うでしょう。
ロイド君? いつかやると思ってましたね~」と。
怖いですね。その信頼感は。

まぁ俺の場合、着火した”歴”がもしかしたらあるかもしれないけど、いや!痴漢なんかしてませんよマジで、マジで!
歴って、ようはそういう、良い意味で”性的に面白いエピソード”が盛り沢山なので、疑われる道理はあるじゃん。
それって「火の無い所には~」に例えると着火点は別、もしくは無いけど、煙が出てるって事なのかなって。

そう。
俺の周りは煙だらけなんです。何にもしてないです。何にもしてないのに煙まみれなんです。
バイトから帰宅する道中、近所の小学校の近くを、スマートフォンを見てニヤニヤしながら歩いてたらパトカーが後ろからゆっくりと近づいてきて
スミマセーン、お兄さんこの辺の人かな?〇〇って場所分かる?
「俺:いや、分からないですね……
そうかぁ。ゴメンネー。(と言って窓を閉めて去っていく)」
なんて事があって。小学校の方を見たら、児童と保護者?の方がジロリとこちらを睨んでいるじゃあありませんか。
オイオイ、何もしてねえだろ?ただ、この”二次元エロ画像ブログ”の今日の分のエロ画像を見てただけだろう?

まぁこれは半分冗談ですが、職質は多く受けました。最近はめっきり受けませんが。
そんな感じで、実際は無実だったとしても、煙まみれですから即座に捕まりますね? 最高ですね!!

冒頭の転生してもウンコか醜悪なアバターという”煙”も、ようは火(根拠)があるだろうという事。
今回の場合はまぁ、俺のこの現世がこれだけ小汚く歪んでいる事が火になる、のかな?
あれ、合ってる?まぁいいや。へッ!今日もOLの椅子のニオイを嗅いでトリップしてきたぜ!ヒーハーッ!!!
そんな!wwゴミを見るような目で見ないでください!wwデュフフ!デュフフフ!!興奮するでござるwwwwww

えっと、

お知らせ。

Poisonous Wonderlandの特設ページはまた準備中(パスワードでロック)とさせていただきました
出来上がっていく様子を見れるようにしたら面白いかな、とも考えたんだけど、SNSと連動して告知するにあたって非公開のものが先に出たり、タイミングが崩れたりするのを避けようと判断しました。一旦情報を伏せた事もあって。
現在公開されている情報はジャケットがcoa.さん。そしてアリア役は狛茉璃奈さん。セラ役はまだ未公開!んで、冒頭ナレーションもまだ未公開!ですね。いつ公開しようか……?いつがベストなんだ?すげぇ悩む。
発売は来年の4月ですが、作品の公開は12月には行われます。作曲コンテストにこの曲を応募するので。

それで今、声優さんの音声トラックを弄ってるんですけど。
笑っている状態から、表情が真顔になっていく現象ってあるじゃん。
例えば友人と凄い楽しく昨日見たアニメの話をしてたら急に実家から電話がかかってきて、受話器ごしに「助けてェ!ッ殺される!助けッ…ツーツー」ってなったら段々、笑顔から真顔になっていくでしょ?表情筋がキレ~イに左右両方、脱力してくでしょ?
その現象が起きました。
いやぁ~ww幾ら声優さんとはいえね?サンプル音源を聞いてて実力を知ってるとしてもさww
俺の脳内のアリアちゃんのイメージを超え……られるとは、限らない……
……、…………
…………やべぇなこれ。

みたいなwwwwwwそれくらい現実から物語の世界に引き込まれました。
まぁ公開をご期待ください!マジで!是非聞いて、あらすじを読んで、色々と作品への想像を膨らませてもらえたら嬉しいっすね!

あと、
私事ですが、新しいDAW”REAPER”を導入しました。感想としては「やるなコイツ」です。
日本語化パッチを入れたので使い勝手も悪くはありません。まだ弄りきれては無いですけど。
そしてプラグインを弄りまくりたい人向けという認識も、なんとなく実感しました。ようは色んなエフェクトが入ってる訳じゃなくて、外枠だけ用意して、あとは自分でカスタマイズしていくDAWという感じなんですね。住宅の建設で言ったら、骨組だけです。
でもだから動作は軽いです。今まではAudacity、Domino、SONAR、Abletonを主に使ってたんですけど後半二つはライトエディションという事もあり(そしてバージョンも古く)、充分な機能は足りてなかったと思います。それでも今までそこそこのクオリティのミックスで作って来ましたが。
――というのも、DAWは古いけど、プラグインは市販のちゃんとした奴を入れているからね。

REAPERを入れたらアナライザーは普通に付いてるし、リバーブの残響だけPanを振れるし。この二つが超ビックリ。
今の普通のDAWだったらデフォルトで搭載されてて当然なのかもしれないけどね。捗る。
そしてWavesのHorizon(知らない人の為にカンタンに言うと”ミックスに大活躍するプロユースのエフェクト集”みたいなもん……の上から二番目に良い奴)も買いました。
――もういっそ買ってしまおうと。12月から俺はニートだ、だったらあわよくば、勉強してHorizonを使いこなして仕事として受注できるようになろうと。そういう魂胆もありつつ、購入。
なんで最上位のMercuryじゃないかって?色々調べてみて、Mercuryは必要ないという判断に至ったのと、内容物一覧表を見てこれくらいあれば充分だろうと思ったのと、あとは名前がカッコ良かったから!ホライゾン……Sound Horizon、Lost Horizon、ログ・ホライズン……最後は”ズン”だけど、何となく良さげだったので。(適当)

でも既にミックスが一つ上の次元へと昇華したのを体感しています。弄りまくりたい!ああバイト行きたくない!

夜勤やってた頃のあだ名は”ギャング”

おっざまぁーっす!おざぁっす!おざっ……

ああこれ相当ウザイな……。おはようございます、ロイドです。
昔、バイト先の店長に「挨拶しないのは人間じゃねぇ」と言われました。どうもこんばんは人外です。ええ、挨拶は苦手です。
「おはようございます」と言おうとすると「お、おぁ、おはっ、おは よ…うございます」ってなっちゃう。あら~病気かしら。「オス!!」なら言えるんだけど。
現在ガリガリなのに中学のときに毎日筋トレし過ぎて脳みそだけ脳筋になったか、小学生の時ちょっとだけ空手を習ってたけど師範の蹴りが頭に入りすぎたのか。言語中枢をやられちゃったのかな? ハハッ!

考えてみたら頭に重傷を三度負ってるんですよ。(一度目は幼稚園に入る前。姉貴のタックルでぶっ飛び、室内の角に頭をぶつけ重傷。正月で病院に行けず)
これも関係あるかもしれないし、あとはさ、接客バイトで一日に百回、何百回って「いらっしゃいませ、こんにちは」って言ってるとさ、段々「いぃ……っせぇー、knにちわー」になってくるじゃん!しょうがないじゃん!そういうのを揶揄したのが「しゃあせ~」っていう表現な訳じゃん!バカにするなよ!俺なんか「せー」と「ちゃー」しか言わねえぞ!!セーチャーセーチャー言ってたら客に「あっ今日の店員”チャー”じゃんww」とか言われてんだぞこの野郎!!あ、あの野郎!!畜生!!

畜生ッ!!

ええ冗談です。(冗談ですよ?)
苦手ですが挨拶はします。してます。唐突ですが、先日銀座に行って来ました。すんごい唐突ですがハナシこっから本題です。
えーっと。と言うのも、DLsiteさんとJNCA協会さんが共催するネットクリエイター交流会に参加していたからですね!
時系列的には楽器フェアの前週なんですが。銀座のとあるビルの貸し部屋に入ると、

こんな感じのお食事も用意されており。素晴らしいですね。ビュッフェ!
ともかく酒と食いもんと美人ウェイターでドンジャラホイ!でした。(え?)

いや、ウェイターさんは美人でしたよ。え?どうでもいい?
あ、ちなみにちゃんと撮影の許可撮ってます。

イラスト、漫画、プログラム、作曲、音声、ゲーム、シナリオ、小説などあらゆる各方面のクリエイターがこの交流会に参加していました。何をするかと言うとまぁ交流な訳ですけど。一歩踏み込んで営業する人も居れば、同業者としてアドバイスを請うたり相談したり。世間話に花を咲かせるも良し、みたいな感じでしょうか?
主催側の意図としても、「皆さんの繋がりや交流のお役に立てれば幸いです」との事でした。これで確か参加費2000円だったかな。

クリエイター交流会というもの自体は、企業や団体以外にも企画・開催していて、個人でやっている所も多いと思う。箔付きの団体様が主催してくださっているので企画への不安は無かったんですが、今回交流会に初参加で、しかも知り合いも居らず緊張してました。でも色んな方と名刺を交換し、お話し、繋がり――結果的に、色々学べて良かったです。ただリクエストを一つ出すなら、乾杯の音頭だけ取ってあとは放置、皆さん勝手にどうぞ!……というよりも、もうちょっと企画側が「じゃあサウンドクリエイターの方はこちらで一旦集まってみましょうか」とか「アナタさっきから独りぼっちですね。あっちにもぼっちが居るんで私が仲介して一緒に話しましょう(超失礼)」とか、何がしかの企画側のエスコートがあっても良かったなぁと。え?甘えるなって?www
でもネットクリエイターのような、ネットで活躍する人ってクラスで言ったら大人しい、目立つタイプではない人が多いじゃない。「今日初めて銀座に来て、右も左も分からないけど、何か自分の為になると思って参加しました!えっ、何したらいいんすか…?てゆうか何があるんですか?!」みたいな……。それぞれの軽い自己紹介みたいなのがあれば、それはまた話のキッカケになりますしねぇ。
勿論、自由時間はあって良いと思いますが。
まぁそんなこんなで、良い時間と人に巡りあえました。今後に活かしたいですね。

それからPoisonous Wonderland(略:PW)の件、シナリオや細かい仕様の変更まで出来上がって来ています。ワクワクしてます。
今回のイラストはCoa.さんにお願いしてます。ラフはもう出来て、色塗りに入ってらっしゃるようです。Tシャツも作ります。うん、製作理由の半分は俺が着たいっていう、自らの欲を満たす為だけにお願いしました。
声優さんも凄い多くの方々からメッセージを頂いてビックリしています。それに伴い仕様も若干変更しました(特設ぺージは再びパスをかけてます。【fab008】で見れますが、工事中ですのでご了承をば)

アリア・フィオーレとセラ・リュシオス。そう、アリアはメインの女の子ですが、セラ――登場人物が1人増えました。さてこの物語はどう進んで行くのか。
私の想像したシナリオ(云わば正規ルート?)はあるんですが、あえて物語の結末は濁して終わろうと思います。その方がリスナーの想像を掻き立てるじゃないっすか。なので声優さんの語りも、それだけでは物語の全容を掴めないようにしています。
死んじゃったのか。生きてるのか。どうなったのか。そういうのが気になるような、興奮していただけるような作品になるよう努める次第です。

勿論、シナリオに矛盾が生じないようには作られてます。作品を応募して結果も出て全てが終わった後は、どうなったのか聞きたい方とかには恐らく「実はこういうオチでね?」みたいなのをコッソリ話すかもしれないw
いやぁ~正規ルートって言ってもそもそもが悲壮感MAXだからなぁ。。ただただ何というか。。。てゆうかアニメ化したい。

~タイ丸、小岩へ行く~ の巻

Loudnessとかを歌ってきた件
小岩のスタジオMで行われるセッション(?)のようなものにお誘いいただいたので、私ロイドがボーカルとして参加してきました。

Vo.俺
Gt.岡見さん(リットーミュージック)
Ba.東出さん(青戸ミュージックスクール)
Dr.アキラさん(UNITED)

動画や写真をリョウさん(6ft.down)にまた撮っていただき、モモさんも交え計6人、個人的には今月からスタジオの回数が減っていた憂慮もあり、
偉大な方々と現場に入る事が出来て良い経験・勉強となりましたし、終わった後の居酒屋で色々(色々…w)な話も聞けました。
感じた事は…やっぱベテランの人は演奏中の余力が違いますよね。これはいつも本当思うんですけど。俺もそうなりたい

曲はIn the mirror、Crazy Doctor、Speed、他にSHOW-YAの限界LOVERS等を合わせました。こういうハイトーン系を歌うのは久々でしたが、
後述の「カフェイン」のお陰で声帯の調子は良かったように思います。音は外しましたが。

ちゃんとウォーミングアップしてから歌うようになって思った事。
歌唱時の声帯の調子、喉を気をつけている人はその日のコンディションで
「今日ガサガサしてる」とか「声が抜けない」とか「ヘッドボイスに上手く切り替わらない」とか色々あると思う。
最高の声帯の状態を100%として、それにはどんな要因が影響してくるか、何が関係しているかをパーセンテージで内訳にしてみた。
ちなみに回避できる状況(風邪を引いたとか)や、要因(例えば緑茶を飲んだとか)は別に記した。


35% ウォーミングアップ
20% 疲労度(喉以外)
15% 何時間前に食事を取ったか
15% 睡眠
10% 水分状況(潤い度)
5% 栄養度(ビタミンや糖分の他、炭水化物)

かなぁ~と。最近思った印象ではだけど。これでも一応10年くらい歌い、学び、バンドでは未熟だけどクラシックやロックの他、第一線の歌手に師事し、それなりに学んできた人間であると思うんだけども。その私的なパーセンテージはこれ。
で、さっき少し書いた「回避できる状況や要因」はゲーム風に表すと以下となる。バッドステータス状態。こういうのは避けられるから内訳に含めなかった。

:風邪で腫れている

マヒ:緊張している
   摂取した食料・飲料(緑茶・アルコールなど。コンポタージュ、チョコとか)

即死:声帯の疲労度(喉)さっき歌ったばかり、とか
   ポリープとか結節とかの病気

こんな所か。大事なのは、【ウォーミングアップで三分の一はなんとかなる】という事。これは昔からそうだった。
バンドで、歌のルーティングがしっかり決まり出したのもここ一年くらいだと思う。アップの大切さは知ってたけど、実戦で使えるルーティングは持ってなかった。
だからCD音源だけ良くて、ライブでボロボロになったりするんですね。RECは失敗しても録り直せるから。

アップはそんな訳で大事で。夜勤明けで声が出ない時も、アップしている内にまぁ、まぁ何とか歌えるようになってくる。勿論全快とは行かないけど。
そしてもう一つ書きたかった事。最近歌唱前にコーヒーを飲んでまして、【カフェインで約10%ブーストできる】という事。エアロスミスのボーカル、タイラーが全く声が出なくなった後一度、見事に復活してるのね。この時指導していたマーク・バクスターという先生の本が家にあって、意訳すると
「カフェインはビタミンを奪う。ビタミンは体力に関係する。
それに体は弱アルカリ性で、酸性の飲料は中和に水を使う。つまり水分を奪うんだ。体の中で真っ先に水分を失われる場所は喉。
人間の体にとって声帯は手足や内臓より重要じゃないからね。つまり酸性でカフェイン含有のコーヒーは控える事」
って言ってた。そうなんだろうけど……同時にこれは俺の意見で、カフェインは筋肉の収縮を助けるし、疲労感の軽減、なんせ脳と体の覚醒が望める。
特にバンドマンなんて夜歌うじゃない?眠いのよね。
摂取に伴い、胃腸の弱い俺は緩くなってしまうんだけど。コーヒーじゃなくていいし、ほうじ茶や紅茶でもいいけどね

こんな所でしょうか!セッション楽しかったです。ありがとうございました!
近日中にブログはまた更新となります。10月はイベントがいっぱいです。流石、秋!

酒が入ってる時に電波ソングを聞くとヘヴン状態

おざます。

最近「早くWackenに連れて行け」という新手の脅迫を立て続けに受けている、どうも改めましてこんばんは、ロイドです。
はい、行きますんでお待ちください。(でもすぐには無理だよなぁ……)

9月でバンドが大きく動きましたが。まぁやれる事にそこまで変化は無く、今まで口頭や文章でネチネチと記してきたような事柄を消化していく……という形になりますが、
うーん。差し当たって大きなイベントはクリエイター交流会やM3になるのかな?それに続いて新作の制作やら多方面に顔を出すやら、そんな感じかな。
当日の様子はこちらでも書いていこうと思います。

じゃあ今日は何を書くのかな?何か用があるから書いているんでしょ?とお思いの方。

すんません、何も無いんです……

ってゆうのもたまーにお酒を飲みたくなるんですけど、酒は弱いんです。んで飲んじゃったんすね。飲んだら作業効率、パフォーマンス性が低下し、脳の回転も遅くなる。それに眠くなる。――俺にとって素晴らしい効果が満載なんですけど、月桂冠……あぁ^~度数が強いんじゃあぁ^~。

アア、そういえば個人的な報告なんですけど。あの~、あれです。11月末で会社を退職します。「梱包作業・軽作業のみ」とハローワークに紹介され、いざ出勤したらExcellで取引先のデータ表を作らされ、管理ソフトとクラウドサービスを弄らされ、二日目の生理よりも重い60kgを超えるような建設資材を運ばされ、電話対応と営業の相手と近所のジジイのお守り(言い方ひでぇなww)

言われた仕事はちゃんとやってきました。
周囲からは真面目な人間だという評価ですが、スリッパでチンコをしごく悪鬼と成り果てた今、本当にそう言えるのでしょうか?
会社から帰宅する前、女性が座っていたイスの匂いを嗅いで大きく深呼吸して「素晴らしい!」などと頭のイカれたソムリエのような感想を述べると恍惚とした表情で帰路に着くような男です。
女性社員の口紅の着いたティッシュをゴミ箱から拾い上げ、とりあえず匂いを嗅ぐような男です……アァ、なんてこった……きっと人間じゃない。妖怪です。百鬼夜行の後続の方、見てください。たぶん俺が居ます。
これ以上は……言えない。深淵へと続くエピソードが多すぎる。

真面目かどうかはさておき、まぁそんな職場だったんですが、大きく金銭的負担のかかるイベント(ライブ)が減った今、勤務時間を減らして音楽活動の時間を増やすべきだと思うんです。

ここが勝負所かなと思うんです。
このまま慢性的に遅々として進めるよりも、動ける今、一旦でも大きく動いてみるべきでは無いでしょうか。周りからの助言もありますが、生活環境の変化、病気、自他問わずの事故や不幸、不確定要素が今後増えていく一方ならそれを避けるべきだし、使える時間とお金が今あるなら、いつやるか?――今でしょ!いや林修さん関係ないっすよ!ww
確かにと思う。この前バイト中、酔っ払いのジジイにも言われました。うるせぇタコ!!!!んな事ぁ分かってらぁ!!!!
逆に、ここで勝負して駄目だったら「ああ、あれが不足してたのかな」とか「こうすれば次はいけそうだな」と次回勝負するときの算段が打てるじゃない。別に今回勝負して駄目だったら引退、なんて考えてませんけど、そしたら自分のペースでまた進めばいいと思うんですね。偶然が重なった結果でもありましょうが、どうやら時間やお金、生活環境に恵まれているようなので、ね。

あとはまぁ~同僚のBBAが気に食わないし。「男手が必要だから」という都合の良い解釈で通常よりも多くの業務を俺に押し付けてるようにしか思えないし、アレをやれコレをやれだ、そのくせ自分らは談笑してるしスマホでLINE弄ってるし、足の不自由な五十路の婆さんや女子高生と明らかに労働量、作業スピードに差があるのに賃金の是正が図られないし、ねぇ。あらヤダ、愚痴こぼしちゃった。

あとは音楽活動に限った話じゃあないですけど、日曜日ってイベントが多いでしょ?我々は参加するし、体も脳も使って精根尽き果てるじゃん。んで翌日の月曜日ッ!……死んでるじゃん。
これまぁ皆そうだろうし普遍的だと思うんだけど、作業の効率とパフォーマンス性を考えた時に、月曜日に死んでて作業が出来ない、もしくはその疲労を火曜日、水曜日と引き摺る。――これって良くないよね。これはずっと思ってた!マジで。ああ!月桂冠から醒めてきた!よっしゃ!

まぁ森羅万象の事由としてもそうなんですが「1個」じゃないんですよ。これもまた、複数の退職希望の理由があるんですね。まぁ……あとはバイトから得られる知識や経験というメリットを鑑みると、もうあそこから得られる物はあまり……と思うし。

何か話したかった内容とは違うんですが、まぁそんな訳で10月を過ごしています。新しいアニメが始まってます。程ほどに視聴します。

で見てると思うのが、アニソンのジャンルや趣向も段々と変化してると思うんですね。
今から言う考察は、アニオタみんなの意見って訳じゃなく、アニメや漫画、サブカルもそれなりに理解しているけどミュージシャン兼一般オタの意見ですが
20年前は昭和感丸出しの歌と平成初期って感じの曲調でした。カードキャプターさくらとか、ポケモンとかデジモンとか、魔法陣グルグルとか。
10年前はザ・アニソンって感じじゃないですかね。電波ソングも増え、多様性も生まれつつあった。灼眼のシャナ、魔法少女リリカルなのは……日本のアニソン(特筆して俺の好きなアニソンの時代)っていうのと、この辺の時代がまず代表的なイメージです。エロゲやラノベ。その辺の普及や進化も大きく伸び、サブカルの飽和という臨界点まで急激に成長しているような?
じゃあ最近はと言うと、アニソン界も恐らくネタ切れなんです。飽和しているのは間違いないでしょうね。具体的にどうなるかと言うと、曲の複雑化、プログレ化するんですね。キャッチーなモノ、ストレートなモノもありますけどね。じゃあとりあえず最近視聴した中で実例を紹介してみると。。。

邪神ちゃんドロップキック

OVERLORD 1期

ガヴリールドロップアウト

ひなこのーと

アニソンプログレッシヴランキングだと上から5位、4位、3位……と、個人的にはね。あれ?でもキャピキャピしてるのばっかだな。見てるジャンルが偏ってるな!

もっと「なんじゃこれは!」って曲があると思います。知ってる方、是非教えて下さい。
1位はね、Youtubeになかったんだけどドラゴンクライシス!っていうラノベ原作のアニメのImmoralistって曲。これが間違いなく首位。ほっちゃんが歌ってるんだけど超カオス。好きです。
時系列的にサンホラの台頭とか関係してるのかな。ドラクラの曲は。俺は好きだけど、そんなに評価されてる印象は無い。
え、オマエSound Horizon聞くの?って方、答えは「いや、全然聞きません」です。大学一年生の時、まだメタルバンドに入る前、作曲もしていなかった時、シンフォニック・メロディックも一切知り得なかった時。女友達にサンホラのCDを強く奨められて、貸してもらって聞いてたぐらいです。
でもやっぱ当時の印象は強かったなぁ。「こんな音楽があるんだ!」っていう。物語形式もいいよね。

Sound Horizon宵闇の唄

神は居ない。だけど人々の信仰心の中には居る。

ええ、どうもこんばんは。先日港区で展覧会に参加してきたんですけど、その時に高価な絵を数万円で買ってからですね、神がお見えになるんですね。いや嘘じゃないです、ええ。購入した時に言われた通り、毎朝絵画にお祈りを捧げているだけなんですけどええ、そうするとこの愚昧な私めに神様がお導きをくださるんです。現在お友達紹介キャンペーンというのを実施してまして、入会料が通常価格59,800円なのが特別に無料になるそうなので是非この際にあなたも絵画を購入して――

いや、この始まり方は駄目だな。こんばんは!どうもす。
いやいやいやいやいや……いいですねぇ。全然話違うんだけどアニメの話で、良い作品っていうのはやっぱ格別の時間を与えてくれる。ヒーローアカデミアも確か最近観ててウルっと来たけど、今はオーバーロード三期を観てました。「あぁ、また村人皆死んじゃうのかな」と思ったら、まさかの……いいですね。
この作品は割りとどんどん人が死んじゃうから、生き延びてくれると何だかホッとします。ラノベ版欲しくなっちゃうなぁ……内容も間違いないんだろうけど、あの表紙絵の美麗さ。浅薄な知識ではありますが俺が知ってる「この人スゲェうまいなぁ…」と思ったイラストレーターでは、この人とワンパンマンの漫画版の絵描いている人、がまず挙げられます。他にも居らっしゃいますが、絵にもジャンルがありますからね。メタラーとしてもあのジャケは「当たり」でしょう。兎に角、欲しくなってしまう。

さて、フリアズというモノが立ち上がり、早4年が経ったそうです。参加したイベントや仕事などはさておき、物凄いザックリと振り返ってみると

2014年は黎明期
 知識の吸収、勉強。機材購入など?準備だった。
 真剣に今後の動き・段取りを考えて実行してたけど、もう忘れた…
 7月に前に組んでたバンドSleepingChildを脱退、9月にHP設立だった。

2015年は黎明期
 未熟ながらもアルバムは出来たけど、M3に2回出たくらいで終わり。
 年末頃、バンドメンバーが入り始める。

2016年は揺籃期
 バンドが動き始めた、けどライブが月に1回あるか無いか。
 即売会に何回か出た程度

2017年は揺籃期
 バンド建て直しに半年かかり…特に何も無く。
 下半期は「普通のバンド~」みたいなログ

2018年は成長期
 各方面から声がちょこちょこ掛かる
 参加イベント、仕事量が中々。現在ココ
 

前半分は全部準備っすね。お前どんだけ準備してんだよと。まぁ…「ほぼ個人サークル」みたいな部分はありますし。まぁどんな活動履歴だったかはWORKSを見てもらえれば一目瞭然でしょう。
そう、最近はありがたい事に多方面からお声掛けいただいてるようなんですね。ライブハウス、イベンター、プロダクション等、ようは外部の方から。それだけリアルでもネットでも少しずつ目に留まる様になったのかなと。潜伏期間が長いとは言え、数年やってると徐々にこうなるようです。知名度は大丈夫そうだと。時間が解決してくれる良い例ですね。でもやり取りが増えるとメール担当、マネージャーが欲しいです。たまにマジでヒイヒイ言ってます。

人でも企画でも、「繋がり」が一つ増えるとそこからまた更に繋がっていくのは、まぁ当たり前ですが……最近では個人的に顔を出したいイベント等も増え、ネズミ算式に分岐が増えていくんだなぁと実感しております。そしてその細かな枝葉、分岐を数十、数百と増やしていくと何かにヒットするんじゃないか?という感覚を朧げながらに感じている次第です。
まぁ~やる事がたくさんあるんですが、1週間くらいバイト全部オフにしたいですね!そうすれば大体片付けられる。あ、やればいいのか……。いや、うーん。やはりバイトを一つ辞めて……。

今やろうとしてる事の一つでタイ王国の国歌のメタルカバーというものがあるんですが。著作権的には作曲者が没後50年となる為、消滅しますので問題はありません。ただ、「国歌」でしょ……?「王国」でしょ……?
実際にお詳しそうな方に問い合わせてみたら「タイ国歌は、タイ国民にとって非常に大切なもので、敬愛するものだ。原曲のイメージを損なわないなら大丈夫なんじゃないかなぁ…ゴクリンコ」という返答が返ってきました。
日本で考えたら「君が代」をクサメタルアレンジする訳で。俺は(あとは若い世代や、音楽やってるような人達は恐らく)なんとも思わないけど、「てめぇこの曲の意味分かってんのか?」とか「国に対する冒涜だ。許してはおけない」とか。過激派が居れば十中八九殺されるでしょうね。ましてや外国だと宗教や法律も違うし、思想も違う。よく思わない人は居るだろうし、ユーチューバーが海外の社会事情を軽んじて殺された例もある。軽率な行動の結果、死亡なんてのは真っ平御免だし、危ない橋だと思う。炎上商法という手はありますが、ね。一応今、大使館に問い合わせはしています……^^;
やれたらいいなぁとは願っています。なんせ随分とカッコよく仕上がっちゃったものでw

んでそれに伴い、5thミニアルバム、あ、嘘。4thミニアルバムか!を制作してます。3トラック程、俺の思う「カッコイイ」を詰め込んだパラダイスがそこにはあります。アニソンっぽさと海外メロディックパワーメタルっぽさと、個性と、聞きやすさと、あとなんだ!色々!
そう。
考えてみたら安価版のCD、無いんだよね。1stと2ndミニは廃盤になっちゃったので。3rdミニはミニっつってるけど実質フルアルバムくらいあるし、1000円するし。リーズナブルで、ずっと温めてたジャケットの構想と曲名なので、お手に取っていただけたらなぁ。

んでその中身の話で、蛇足かもしれないんだけど曲はさ。
良いねって言ってくれる人も居るし、良い部分もある(俺もそう思う)けど、プログレは流行らないとか無駄に長いとか自己満足だとか、意味が分からないフレーズだとか、アドバイスも駄目出しもお世辞も、色んな人に色々言われるんだよね。
勿論それを理解した上で今は作ってる。「確かにここ余計かなぁ」とか「過去の曲を参考に、初見っつうか客観性を鑑みるとあぁ、ここはこうしてみるかぁ」とかね。でもやりたい音楽、俺の思う音楽ってあると思う。売れる音楽に寄せるか、自分のやりたい事を貫き通すか、意見は分かれると思う。クリエイターってその柵に常々縛られてる生き物だと思う。ていうか、いつの間にかクリエイター・作曲家なんだよなぁ俺。。。実感無いわ。

楽しく無かったら音楽じゃない、なんて言葉は割りと聞く。「そうだな」と思うし、「いや何言ってんの楽しくても楽しくなくても音楽は音楽や」とも思う。でもやっぱさっき少し書いたけど、俺の思う格好良さってのは誰にもある。それに共感してほしい。着いて来て欲しい。認めて欲しい。ワガママで子供だろうけど、売れる音楽?もし今の日本のあちこちで流れてる曲の事を言ってるならクソ喰らえだね。信じた道を歩んだ結果死が待ち受けているのなら俺は喜んで受け入れる。

――とまでは言・わ・な・い・ケド!売れてから、やりたい音楽をやるっていう手もあるしね!でもそこまで器用じゃないなぁ。

後はフリアズで報告する事、
次回のライブを持って、暫くの間ライブ演奏は行いません。恐らく年内にはもう、しないかも?
ライブ演奏の回数を年に4回以下くらいにします。理由はサポートメンバーの増加による金銭的負担。稀少性を利用した動員増加を見込んで。それからバンドでライブ演奏という行為自体が人気や火種に直結する訳ではない為。です。3つ目は決して、やらない方が良いって訳じゃなくて。対バンの繋がりも増えるし、ライブハウスでお客さんの前で演奏する事自体は経験(≒練習)にもなるし、小さくとも宣伝効果はあるし……。見てるとやりたくなるし、バンドはライブするもんだろう!という固定観念もあるケド。
ただ、うんこれ何回かあちこちで触れ回ってるけど、ライブをやる意味(何の為にライブをしてるのか)を真剣に考えると、人気が無くて誰の為にライブやってんだか分からないならば、他にしなきゃいけない事、問題が山ほどあるだろうとね。フリアズはサークルでもありますが、上を目指すバンドでもある以上、この問題は蔑ろに出来ませんでした。
まぁ正直、客観的に見たフリアズの表面上の活動状況は然程変わらないと思います。「ライブそんなにやってないなぁ」くらいでしょう。水面下で、ね。
後は俺次第、ですなぁ。嬉しい事に応援してくれている人は居ますが、人気というのはまた別の要素で、それを獲得する為に打開していかないと凡百の「どこぞの馬の骨バンド(サークル)」として埋没するだけでしょう。
準備期間は掛かっちゃいますからしゃーないとして、実質2年弱の活動。ここからがムズそうだ。ハンドリングとアクセルの踏み込み具合をしっかり考えないと、事故を起こすかガソリン切れになる。既にその兆しというか、見切り発車の弊害として何回か事故が起きてるからなぁ……。ドライバーは俺だけど、助手席に座る誰か(道連れww)が欲しいね。

歌のチューニングが狂う原因

島村HOTLINEには初めて出たのですが、何か緩いですね。てっきり「天辺取るぞおっしゃあああああ!!!!」みたいなガチ勢のバンドやアーティストで溢れているものだと思っていましたが、そんな事は無く、そんな中でメタルをやろうものなら視聴者はどういう反応をするか、想像に難くない事だったんですかね?結論だけ述べると、超アウェイでした。やったぜッ!☆
女子高生とか居て拙者、デュフフフフフ!!!!!!!!wwwwwwwコポォ!!!!!!wwwwwwwwwww

まぁ問題は正直そこではなく、もう個人的な事バリッバリに書きますけど生演奏だと歌のピッチを外すんですね、俺。ピッチを外すっていうか、的確に言うと演奏が始まってから「あれ?Cってどんな音だっけ?(どれぐらいの高さだっけ?)」という風に、ピッチが分からなくなる(迷子になる)んですね。歌で俗に言う「チューニングが狂う」って奴ですが……音痴ではなく、相対音感も決してゴミという訳でもありません。そりゃ勿論今まで散々歌ってますから!いや、音感は良いほうでは無いな……

歌は10年以上歌ってても、バンドという爆音の中で歌うというのは正直ここ2年くらいのものです。ギターと二人で個人練に入ったら歌えるし、カラオケは勿論歌えるし、レコーディングも勿論。フリアズの音源を聞いてもらえればそれは間違い無い事かと思います。このような症状、同じ悩みを抱えてる人間が多々居るのは、Yahoo知恵袋の質問コーナーの様子などからも窺えるのですが、根本的な解決策のようなものは見つかりません。この問題は以前からメンバーには言われていたし、流石に探してます。まぁでも一旦整理してみましょう。

音痴でもないのにピッチを外す原因はこんな所か?

①高さが出ない(声帯のレベル的に)
②自分の声が聞こえてない
③音の高さを分かってない/ピッチを何となく把握してる
④周りの音を聞きすぎてる

高さが出ない
これは、例えばhiAが出せない。周りの状況に関わらず、単に高い声が出せない人。声帯の筋肉自体が未発達で、薄く声帯を伸長して高さを表現できない人、ですが……俺は出せる!出せてるぞ!たぶん同じ悩みを抱えている人達も同じの筈。演奏の中だと「ドレミファソラシドが分からなくなり、迷子になる」タイプだと思う。もし①に当てはまる場合は練習や知識を増やして、高い声を出せるようにする所からスタートですよね

自分の声が聞こえてない
まぁこれは多いですけど。昨日のHOTLINEはどういう事かイヤモニから声が返って来なくて。こうなったら片耳だけ、耳栓代わりにイヤフォンを入れてた方が、自分の体の中から聞こえてくる音を頼りにしやすい!と思って(そういう時はあった。それを狙ってイヤープラグを使っていた、昔)……、
バカですね、スピーカーの返しだけ聞いてればもうちょっとマシになってただろうに。自分の愚かさにウンザリですよ。頭が痛い。(終わった後に酒飲んでたのもあるケド)
この場合はやっぱ、返しを大きく出来るならするし、イヤモニに返すなら返すし。で解決。他の奏者に音量を下げてもらうっていうのはアリだけど、ライブではちゃんと自分のモニター環境が整えられてる筈だから、ライブでピッチが狂うっていうのは(音量が整ってて自分の声が聞こえてて狂うっていうのは)そもそもオカシイんですよ、俺。ああぁぁあ!!!!
だから②じゃないんす。根底にある問題というのは。

音の高さを分かってない/ピッチを何となく把握してる
こういう人は居ると思う。何となく原曲を把握してて、ピッチを確認してない人。でたぶん俺も少なからずある。それだったらピアノで音を一音ずつ確認して、歌って、曲を自分にフィットさせていけばいい。
でも、これもまぁやってる。ハミングでもアカペラでも、一応歌えてる。

俺の場合、演奏が始まると、あの大音量の中で「C」つまり「基盤となる音」が分からなくなるんですね……。
例えばCの音で「ド~♪」と一音だけ貰えれば、そこから曲のメロディは思い出せます。Cの単音を貰って、EやGなどを表現=歌う事はできます。それが出来ない場合は相対音感が不足してるんだろうけども。(エイベックスのボイトレなんかはそういう練習方法があるらしい)

じゃあどうすれば良いか。音程を記憶すればいいのかなと、ふと思いました。ようは例えばD#から始まる曲の場合、演奏が始まる前にD#の音を確認してみるんですね。D#の音を聞いて、相対音感があるならF#もA#も、歌のピッチを把握できる筈ですから。次のリハから実践してみたい。
※思えばバンドのライブの場合、自分らの演奏の直前まで違うバンドさん方が、自分らとは違うピッチの演奏をしているから、練習で記憶してきた自分の曲のピッチが思い出しづらくなるんじゃないかな、と思いました。音程を記憶してきても、だから迷子になるんじゃないかなぁ。

周りの音を聞きすぎてる
よく学校の授業や音楽教室でピッチがずれてると「オケをちゃんと聞いて!!」という台詞を吐く先生の姿を容易に想像できる。まぁそういう静かな環境の場合だと、オケを聞いてもピッチが取れない人が歌ってる気がするので、善良な指導としては相対音感をトレーニングさせてから、オケを聞いてもピッチが取れるようにするのが良いと思いました。こういうペーパードライバーみたいな先生は居ました。しかも実際に自分で歌えてねえ。(俺か!?)今から10年くらい前ですね。

でも逆に、周りの音を聞きすぎてもダメっていう意見も見かけるんですよ。
音量で言うとドラムが一番でかくて、それがまず耳を通して頭にいっぱい入り込んでくる。色んな楽器の色んな倍音もいっぱい入って来る。
俺の場合、音源のミックスも自分でやる今、仕事で請け負ったり委託販売の審査があったりで小さなクリックノイズの除去に耳を研ぎ澄ませたりするのが日常的になってると、「色んな音をこぼさず聞かなきゃ」みたいになってるのでしょうか。聞かなくてもいい音まで過剰に聞きすぎてるかな、とも思いました。

まとめると、自分の声が聞こえる状態で、ドレミファが分かった状態で、且つ自分の声に集中できれば大丈夫なんですかね。まぁでも、確かにそれが揃ったカラオケでは、自己表現もアドリブも、色々出来ている人間です。その状態にバンドでもしなければ……。

余談ですが小生の浅薄な知識を披露するとビートルズの人達は一切自分の声が聞こえない状態で、奇麗にコーラスを歌ってのけていたらしい。そんなん化け物ですよ。今の時代、有名なメタルボーカルの先輩方、御方々だって歌えなくて散々悩んで、イヤモニという文明の利器を使用しているぐらいですから、今の時代そこまでの技能っていうのは必要ないと思うんですよね、個人的には。
「自分の声が全く聞こえない状態でも歌えなきゃダメだよ」ってこの前とあるシンガーの先輩に言われたんですが、マジっすか……うーん。まぁそれ程のレベルがあれば間違いなく国内トップでしょうけど、求められてないのでは?とも思います。現に第一線のアーティストが口パクだったり、ライブDVDなのにトラックを後録りしていたり。噂の域は出ませんがあのマイケルジャクソンもピッチ補正しなければ聞けないぐらい酷かったらしいですからね。まぁ流石のビッグネームですから、もしかしたら初期だけだったのかもしれませんけど。

歌の下手なヤツはいつまで経っても下手糞、という言葉を見かけた事があります。上達しないって事はやり方が間違ってるんですよね。色々ああだこうだやってるのに悉く失敗に終わってるのを顧みると、もしかしたら呪われてるんじゃないかって思ってしまいます。でも楽しさは絶対に、薄れてきてるとしても絶対に忘れてしまわないように今後も邁進して行きたい。

不甲斐ないですね。切り札を出したのに一発ブン殴られて終わったワンピースのドン・クリークぐらい不甲斐ない。キャプテン・クロでもいいです。なんでもいい。(ネタが古い)

C94あとがき

交通機関の遅延を予想出来なかったが故に、コミックマーケットのサークル入場のタイムリミットである「9時」に間に合わなくなってしまい、炎天下の中走り続けました。結果、ブーツの底は剥がれ、パタンパタンという珍妙な音を鳴らしながらドラゴンのTシャツを着たロン毛の年齢不詳、国籍不詳が走っていく姿はさぞ滑稽だったことでしょうけど、何とか準備をし、ガムテープでブーツを補強し、汗と男のフェロモンと愛と勇気と悪臭とチラシを撒き散らしながら販売をしておりました、どうもこんばんはロイドです。

本日はコミックマーケット94にサークル参加しておりました。その感想と、謝辞を……珍しく真面目に書かせていただきます。
まずお越しいただいた方々、買っていただいた方々、それから長谷川さん、Roaさん、RisingFallさん、ウィナさん、ノベルティのイラストを描いていただきました白峰かなさん、それから準備会やスタッフの方々ありがとうございました。お疲れ様です!
ちなみに現在、交換したCDを拝聴しながら文章を書いております。Ark of phantasmさんは以前にも面識がありまして、進撃の社畜シリーズの第四弾をいただきました。ミックスが進化しました?もしかして。そして何よりメロディ、フレーズがいいですねぇ。。。メタルの中で仄かに香るゲームBGMっぽさ、好きです。こういうセンスってどこから引っ張ってくるんですかね。引き出しゼロの私は教えてほしいです。

RisingFallさんは実際にお会いするのは初めてでした。「Prologue」「Far Britannia」を拝聴したところ、ツインギターの正統派メタルですね。コミケ終わった後にライブだと仰ってました。スタミナがヤバイ。曲にもそのパワーが表れてます。歌上手いなぁ。換声点のチェンジが上手い。

さて、…色々やる事がありまして。書きたい雑記もあるんですが、ダメだ!優先順位が!些末な内容でしたが、ここで終わりたいと思います!
次回即売会はM3ですね!東京流通センターの第一展示場【F-04】でリードソロを演奏予定です。新譜は無いと思いますけど、遊びにきてくださいっす!

あ、そうだ。

ロイド宅にある4thアルバムの在庫が売り切れました。入荷まで暫く時間かかります。

パッと撮れて、パッと投稿できちゃう♪――簡便は敷居の低下を招き、過多を誘発する

割と毎日、しなければならない課題や作業があったり、もしくは後々のスケジュールに組み込まれているけど、先に片付けてしまおうと発起したりで
悠々とした時間があるのは珍しい。でもそれは良い事だと思うし「時間は自分で作るものだ!」とシュタインズゲートの鈴羽が言ってるし、最低限の時間はある。今日はこの後、町へ買い物に出かける予定だ。購買予定はメイドインアビスの7巻――つくし先生、俺は続きが気になって、病気になってしまいそうです。ナナチやファプタは性的なエロさは無い筈なのに、何故でしょう。なぜか艶やか……いや、ケモノ系少女に艶やかという表現が適切かどうかはまた後日議論を展開させるとして、なんでしょうあの魅力は。先生、俺が童貞だからですか!クソッ!クソッ!!

え?シュタゲ?「アニメを観る時間はあるんじゃないか」って? デュ……デュフッ

F-ZEROのビッグブルー。環境は、これはVOXのミニアンプからシンセの音を出して、音声と動画をスマホで拾ってます。背景で流れてるBGMはMIDIをパソコンから流してますね。それを、撮影後に編集して合わせてます。

Soundbox Mini ポータブルアンプ
http://www.voxamps.com/soundboxmini

度々フリアズではこのアンプが使用されてますが、かなり長く使ってて故障とかはありません。ジャック部分とか埃まみれですが。
で、チャンネルが2chついてるんですね、これ。なので片方は楽器の音、もう片方はオケ、という使い方も出来ます。

これが何を意味するかというと、まぁつまりM3などの「音出しがOK」な即売会やイベント、路上で演奏する準備が整ったと言う訳ですね。このアンプは電池駆動も可能なので電源は不要です。路上での演奏は警察に申請するようなので今度やってみたい所。まぁこの曲の場合著作権がアウトなので出来ませんが。SNSでの掲載も本来はアウト……ハイ、ですよね。すみません。引用元はこちら↓

F-ZERO(スーパーファミコン用ソフト、1990年発売)
曲名:bigblue
音楽:神吉由美子、石田尚人

余談だが、このホームページはWORDPRESSというシステムを使ってて、(俺が知る限りでは)容量の大きい動画や音声を直接アップロードする事は出来ない。
だがホームページ内にYoutubeやサウンドクラウドのURLを貼り付けると、自動でページに埋め込みをしてくれるので、そういうモノをアップしたい時はこの手法を使っている。
Twitterの動画も、URLを貼り付けると自動で埋め込みしてくれるようなので、今回その機能紹介も兼ねてブログ(?)を書いてみました。

んで、本題は終わり。以降雑記。

タイトルを回収すると、まぁ音楽業界でも多々言われてることでしょうけど。――お金が絡んできますからねぇ。成るようにして成った結果、予定調和みたいなモノだと思いますけど。
それに対して「これは由々しき事態だ!」と警鐘を鳴らし(いや、鳴らすのが遅いと思うのだが……)、是正する為に何か打開策を案じている人は多いです。ライブハウスは半分くらい潰れたほうがいい、なんて記事さえどこかで見ました。

ただまぁ俺に関して言うと、思う所は殆ど無く、危機的意識もありません。っていうのも……
たぶんね、まぁちょっとwwwメイドインアビス早く買いに行きたいので適当に書きますけどwwwww流れがある訳じゃないですか。敷居の低下が生み出したバンドや音楽、ライブハウス、事業の過多、飽和状態。これはたぶん今後、覆る事ってあんまり無いと思うんですね。ようはバンドが減る事態、音楽の敷居が高くなる状態など。戦争や大災害を除くと、起こり得る可能性はそこまで高くないのでは?と。

端折りますけど、この場合つまり敷居が低くなる、バンドが増える方向に徐々に進行して行く流れがありますよね。スピードはさておき。
だとすると、上記のような流れに逆らう考えではなく(僕個人としては)その流れを利用する、流れてく方向に進む、ぐらいの方がいいと思うんです。
「何でも利用してやる」って考えた時、「敷居が下がって物事が利用しやすい」という事はプラスに働きますから。たぶん

まぁバンド、ここで言うライバルが増えるのはデメリットと捉えるのが一般的ですが、バンドマンは人間ですから、利用できる人間が増え、多くのアイデアが生まれる(筈)のでそれらは参考にでき。

ようは先人が増えれば参考に出来る事、事前に把握できる事が増えるんですよね。前を走っているランナーが小石に躓いたら「ああ、あそこは行かないほうがいいな」と。年上の兄弟が居る人は分かりやすいんじゃないですかね。兄貴が吹奏楽部に入部して、顧問がブチ切れる人間だと分かり、夏休みは強化合宿だ!と休みを貰えず……、よし、じゃあ俺は吹奏楽部はやめよう!みたいな。つまりは判断材料が増えるってこと、未来の選択肢に具体性が出てくると思います。

それから、注釈。流れに身を任せるみたいに書きましたが、それは音楽性の話ではないですよ。(流行の音楽をやろう!という話ではなく。それも一つの手だけど)
雑~にまとめると、利用しやすくなったモノはよっしゃ!利用してやろう、って事で。まぁ「ミスター器用貧乏」の言ってる言葉なので、これも先人として参考にして、反面教師とするのも良いかと。

よし、漫画買って来る。敷居の低くなった世界、逆に敷居の上がってるものって何だろう。無いんじゃないか?
そうすると器用貧乏な人間ってのは、社会情勢を体現しているようなものなのかもしれない。どうもこんにちは、典型的な現代日本人こと、ロイドでした。

挨拶を最後に持ってくる――今気付いたが、これは中々面白い。一つまみのアイデア、だな。

暑さでパフォーマンス性が下がる結果、更に忙しくなる。のじゃ!

のじゃ!ってなんじゃ!
ジジイ言葉のロリババァの狐娘とか獣娘とか人外が好きです。いや、そんな話をしに来た訳ではないのじゃ

一寸先は闇って言葉、度々使う程には好きなんですけどね。実際に堕ちるとね、
――いいですよねwwwww闇というか、渾沌の渦中におります。どうもこんばんは。これブログ書いてる場合じゃなくて、寝ないとマズイんです。いつぞやも嘯いたように、精神の安寧の為に書いているのかな?俺にも分かりません。今日、バイト行って帰ってきた後、色々ありんした(錯乱)

・お誘いいただいたメタルセッション参加のやり取り(Facebookがよく分からん!時代錯誤!)
・島村HOT LINEの電話確認(間延びした声のお姉さんが出て和む!デュフ)
・次回スタジオの確認事項、今後の流れなどを思索。書き出す。(これはいつも通り)
・スタジオ練習の音源をPCに取り込み、上の事柄を踏まえつつ音源の選別及びアップロード(呆けておった!幾つか音源を消してしまったのじゃ!!)
・コミケ用イラストをお願いしていた絵師の方が熱中症で倒れた!新しく公募かけ、人選!メール!メール!(業者の発注期日が切迫!!FOOOOOOOO)

なん、……だとッ?

(致死)

イラストは……いや、本当熱中症は死ぬ可能性もありますから、体をお大事になさってください。
でもね、テンパリました。不測の事態。テン・パリ……?なんだろう、ワインの銘柄かな?

まぁリハの予約とか普段の練習とかバイトとか、そんなのはまぁ余裕ですよ。全然楽勝。チンコチンコ
毎度の事なんですけど、繁忙と過疎が交互にやってくるのは良いとして。二つの事を同時にやるくらいがギリなんです。俺は。
でもね、暇をもて余してるミュージシャンなんて、口にするだけ恐ろしい事でしょう。もうヴォルデモート、ハリーポッターで言ったらヴォルデモート級ですよ。あれヴォルデモー「ド」?ヴォルテ?ヴォルデ?ホオオオオオオオオオオオアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!!!
ましてや「小人閑居して不善をなす」なんて言いますからね。下らない事してますよ、きっと暇になってたら。だからこれも都度言ってますけど、良い事なんです。で俺も半ば楽しんでは居る。てゆうか、結局アニメは観た。時間あるのよね。嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたいっていうアニメ観ました。いいですね、最高です。俺にも誰かパンツ見せてください。今期はオーバーロード、邪神ちゃん、ヒロアカ、異世界魔王、シュタゲ、ああいけない。話が脱線してる。レムっていう豹人族の女の子の乳首が、ああ!!!

8月上旬までで、色々ある。
セッションでHelloweenを歌わせてもらえるようなので歌詞を思い出し、
危険物取扱免許の試験が迫っているので勉強をし、
グッズを業者に発注し、ライブのフライヤーを作成し、MTRの同期音源を入れ直し、コミケとリハとHOT LINEか。マグナカートも買わないと。
ああ、そうです。まだ詳細分かってないんですけど、ライブも決まってます。ライブは後日正式に告知すると思いますが、メロスピの大先輩UNDHIFEAT、それからラウパにも出てたFury of Fearが対バンに居ます!凄いですね!場所は柏Thumb Upで、9月22日予定です。フリアズは新体制、新曲、凄いですね!(凄いですね!)

多分ね、天才って奴はこの一見たくさんあるように見える事柄を、簡単に考えるんだろうね(凄いですね!)。
うん無理。(と言いつつ頑張る)

頑張る努力の天才、ロック・リーを目指してみようか。

裏蓮華ッッッ!!!!

リードギタリストは依然募集してます

デュフフ~~、あぁ^~心がぴょんぴょんするんじゃぁ^~

あ、どうもこんばんは。汚物です。

自己紹介って難しいですね。自分がどんな人間なのかを、どれくらいの質量で伝えれば良いのかを案じてしまいます。自らを紹介するという事は相手と初対面のケースが殆どであり、距離と言いますか、度量と言いますか、そう言った要素をまだ推し量れてないと思うんです。そう言った状況では当たり障りのないように、失礼の無いように――ただし、ひと味加えられた何かを発言できると望ましいですね。
今日筆を執るにあたって、エンターテイナーとして、また屈指のストーリーテラー(主に汚れ話)として、瞬時に億万のフレーズが脳裏を駆け巡りました。

中学の時、女子の体操着をトイレで穿いていた男、どうもこんばんはロイドスカーレットです。

お漏らしとおしっこの違いが分かる男、どうもこんばんはロイドスカーレットです。

いやぁ暑いですね。キャミソールっていいですよね、どうもこんばんはロイドスカーレットです。

てゆうかパンツください言い値で買いますロイドスカーレットです。

惨憺たる連日の猛暑、輝々と照り注ぐ文月の陽光。スリッパに擦り付けていたチンコビンビン、
太陽燦々、どうもこんばんはロイドスカーレット……

どんな人なのか、ある程度認知している間柄ならば許されるでしょうけど、難しいですね。暑さを和らげるような、愉快で小気味の良いフレーズというのは……引き出しの中にはありませんでした。改めましてどうもこんばんは、ロイドです。

以前にもHPで書いた気がしますが、ボーカルを歌専任にしたいので、リードギターを募集してます。ソロを弾いてください。原曲になるべく近いメロディで!バッキングは要りません!ソロ担当です。ギターでもいいんですけど、キーボーディストでソロ弾きたいという稀有な方もウェルカムです。居ましたらどうかご助力の程お願いできないでしょうか。
スタジオ練習は月1~3回くらい、新宿です。ライブが月に0~2程、です。正規加入が一番望ましいんですけどサポートでもOK。バンドの志は高いです。
スタジオ代、ノルマ代タダとかで全然やるよって人居たら嬉しいです。(でもギャラも応相談)

とまぁ、本題はそういう事でした。
「たまに」なんですけど、この小汚いブログを読んでいる方々が居るんですよね。酔狂です。終始大した話をしないどころか、「HPの更新」と謳って「少年サンデーの乳首描写について」長々と考察を書いていたり、というかそもそもブログなのか更新、報告なのか俺にもわかんねwwwブログのタイトルすら無いんですよ?ええ、そのまま4年が経とうとしています。
もうね、惨事ですよ、惨事。あじゃあタイトル「惨事のブログ」で行きましょうかね。

なんか母親のPCのお気に入りだかブックマークだかにも登録されてるらしくてね、いやダメでしょ。自分の息子がバンドやってるのは気になるだろうけど、知らなくてもよかった情報がこのホームページには累々と蓄積されています。息子の頭がオカシイのは百も承知の上だろうけど、たぶんソファに寝転がってテレビを観ていたほうが余程有益だと、俺は思う。パンドラの箱だよ、母さん。

ブログを読んでくれている人へ、何か提供できればいいなぁなんて考えている訳ですが、現在告知できる事も無く、パッと思い浮かぶお役立ち情報も無く、使えないっすね~www

そういや、ローランドアンバサダーという団体?に加入しました。Roland製品をアピールして、広く知らしめる事を目的とした個人、まぁサポーターみたいな感じでしょうか?
ネットで手続きしてにゅるっと入った訳ですが、まぁ~!僕の場合は下心満載ですね!wwwwwRolandに媚びようという魂胆を包み隠さずアピールしております。その内エンドース契約の話とか出てきたり……は無い可能性がすこぶる高いですけど!まぁ例え小さな宝くじ券でも、目的地への道中で安易に入手できるなら拾いながら進んでいった方が利口だと思います。「どこから有名になるか分からない」という事は、すなわち「利用できるものは何でも利用する」という精神に繋がって来ると思います。一つの手だと思っています。

でもケースとかESPだからダメだな。
なんだかんだずっとRoland製品を使って…クソ、部屋に虫が居るな。明日は掃除しよう。バンドのボーカルという花形の部屋に虫が湧いてるぜ!超、エキサイティン!!!
を使ってきてますからね。ずっと使ってきたのもあるけど、Rolandの製品って系統が似てる場合は操作性が似てたり、同じ機能があったり(もしくは類似性が見られたり)使いやすいんですよね。フラッグシップモデルになってもそれは同じで、まぁ正直サードパーティでも上位機種になれば全部使いやすいんだろうけど(MOTIFとかKRONOSだっけ?実際に触ってみた事はある)
ようは今となって他社に移るのは、それなりに大変なんですよ。

でもKORGとか他からそんなオイシイ話が来たらコロッと寝返るんだろうな。Rolandは勿論一番俺のスタイルに合ってるし好きだけどねw