自粛という名の事実上自由、即ちフリーアズバーズを自粛しなければならない

えーと……一昨日はライブでした。
この時期にライブをやった事について、色々な意見があると思いますし、言及すると長くなってしまうので今回は触れないでおきます。

いつも通りではありますが、まずは謝辞を言わせていただきます。来ていただいた方、配信で見てくださった方、CDを買ってくださった方、手伝ってくださった方。
それから諸先輩方、対バンの方、下北沢BREATHさん。そしてバンドメンバー ……!
皆さんありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

半年に一度という、まるで運動会のようなスパンですが結果的に良いライブを終える事が出来たと思います。
ずっと対バンしたかったAllegiance Reignとも合間見え、4年前に交わした「いつか鎧同士で対バンしましょう!」という武義さんとの約束も果たす事が出来ました。そう、ボーカルがプロテクターを着けていたのにはワケがあったんですね。(あのツーショットが撮りたかった……)
アクシデントは数回ありましたが、その度に(主に茶割りフレンズの)優しき先輩方に助けられ……久々に会う人達にも会え、ライブがやれて本当良かったと思います。
これで二週間経過して誰にもコロナウィルスの感染が確認されなければ、一件落着だと言えるでしょう。

あと東出さんとリョウさん全面協力の下、ツイキャスでも試験的に配信を行ってみたのですが、こちらも何人かの方に見ていただけたようです。ありがとうございました!

というワケで……遅くなりましたが、こんばんは、ロイドです。一週間前から下腹部の異常(妊娠……?)があり、一日三回下痢という攻撃的なスタイルを取っていたのですが、ようやく落ち着いて来ました。どうやら菌が腹に入っていたのかも。(最近は鼻や喉風邪を引かない代わりに、こういった症状に陥ることがある)

そういえばライブの日、夕飯でピル佐藤とヒガキシからキャットフードを貰いました。シーチキンの味がしました。良いですね。素晴らしいメンバーです。きっと間違えて買ってしまったんでしょうね。
性犯罪者、不審者、変態と今まで散々罵られ続けてきましたが、どうやら今度はペットに降格したようです。

……おっと、イジメだとか動物虐待だとか、そういうのじゃあ無いので保健所には連絡しないようお願いしますよ?
ペット……刹那、“性奴隷ロイド”という単語とイメージが頭をよぎりましたが、掘り下げるのは今回はやめておきます。

本番中、実は何回か僕がトチったんです……が、それに動揺することも無くクールに演奏を続ける僕以外のメンバー。本当頼もしいなぁと思いました。アクシデントすら利用できる……立派なミュージシャンである条件の一つでしょう。
いつぞやに提唱した「バンドが売れるために必要な要素」における技術、パフォーマンス、見た目、ビジュアル、曲の良さ、エトセトラ……いつの間にかこれもう充分揃ってるんじゃね?とか思ってます。ビデオを見ながら、ええ。

まぁ、もっとボーカルの歌が安定しても罰は当たらない(というか安定した方がより良い)とは思いますけど……。言い訳はしません。

また秋頃にライブをやれたらなぁと思ってます。その時にウィルスが終息していれば、ですが。
……亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

フリアズはライブが無事終わりましたので、これにて暫く活動自粛します。
タイトルの通り我々も、そして国民も自由に振舞う事を自粛しなければなりません。自主性に問うような抽象的段階ではありますが、人権やら経済やら混乱の回避で閉鎖、禁止に出来ないのなら最低限俺達が協力しなきゃと……アウトローな俺ですら思うんです。勿論微妙な空気を醸しだす、曖昧な表現で濁されてる政府の方針にも思う所はあります。だけど……!
「中止(禁止)にしろ!」は分かる。してくれれば俺も従うし。だけど、「中止(禁止)にしないから出歩く!」は……違う筈ですよ。メッセージの意味を読み違えてはいけない。「自粛をお願いします」を都合の良いように解釈してはいけない。
それは免罪符でもなければ傍若無人に振舞っていい道理でも無いんだから。

……まあ半分ブーメランなんですけどね。今後はもっと控えます。
とは言え、自粛してもウチは今までと然程変わらないんですが……ライブや即売会への参加は当面控えさせていただきます。
CD購入はネットで、演奏やライブ動画もネットで。

そう。ありがたい事にインターネットに殆どのコンテンツが揃っている。丁度ディスクユニオンの委託期間も終わります。ですがホームページでも買えますからね。
オンラインで会いましょう!

どちらも幅広く対応中

相模原町田経済新聞さんの取材を受けた、と以前報告しましたが
その波及でYahoo!ニュースにも掲載されました。

ブライトニュース、goo、ドコモでも何だか載ってた様子……。
これは相模原経済新聞さんマジ相模原経済新聞さんですね。誠にありがとうございます。

※大元はこちらの記事https://machida.keizai.biz/headline/3038/

で、その話題(?)の新譜のディスク版は現在ディスクユニオンさん、S.A.MUSICさんで販売してますが、新たにアリスブックスさんでも取扱を開始しました。
こちらは海外発送が可能です。前々から知ってましたが、この機会に委託してみました。
海外の方でフリアズが案外取り上げられるので。でも海外発送は高いっすからね……。

Overseas shipping available (only now…?).
So if you buy LAST CAMPANELLA (CD disc), would you consider buying at Alicebooks.

あと、今週からSpotifyやAmazon(Music Unlimited)で、デジタル版がリリースされました。
dミュージック、レコチョク、iTunes、Google Play Musicなど……大体のサービスは網羅してる筈です。


さて、こっからは一切バンドと関係ないんだけど……、暇と繁忙を繰り返すのが俺のライフスタイルだ、と常々言っております。
M3が終わった先週までは忙しかったんですが、今は過疎期。コロナウィルスの影響も相まって超ヒマなんですね。

この前たまたまYouTubeでみつどもえ(少年チャンピオン)がレコメンドに上がってて。久々に見たらドはまりしてしまった訳で。
今から10年前に観てた時は「ひとは一択」でした。でもアニメをまた観てて、みつばもイケるな……と気付きました。
勿論ひとはの可愛さを再確認しながらワンシーンずつ舐めるように見てましたよ!これはガチで尊い!ですけども!
俺の中の溢れる父性と母性と思しき感情が、性欲という名のリビドーと渾然一体になってさざ波のように押し寄せてくるんですよ!!
29歳童貞、父性と加齢臭だけでなく母性が芽生え……そう。これはきっと母性。最近職場の男子高校生とかちょっと可愛いなって思ってみています。自粛?すみません、ブレーキ壊れてるんです。

まず……そもそも、俺がアニメをリピートするってそうそう無い。一期一会をモットーにしてますから。(ってゆうか、作品が多すぎて他の物に飛びついてしまう)
だから相当気に入った作品じゃないと見ません。つまりこの時点でロイズ・アカデミー賞を受賞な訳で、
受賞作品で言ったらカールじいさん、トイ・ストーリー、みつどもえですけど、前半二つはジジィとポルターガイストの話でしょう?

前者は顔の四角い老人の話で、後者は心霊現象、それに対しての「美少女がたくさん出てくる上に面白い、ヒューマンギャグドラマ:みつどもえ」……ね? もはや出来レースじゃないっすか。
ピクサーはスゲェっすけど、俺は桜井のりお先生にスタンディングオベーションを送りたい……。一人でも。

で、ヒマなので単行本を買いました。
読んでるとですね……髪を下ろしたふたば、寝巻きのふたばが可愛いんです。丸井家三姉妹は全員が可愛かったんです。
そうして僕はニヤニヤと微笑み、喜び、勇みながらページをめくるんです。そしたら今度は吉岡……吉岡が可愛い。これは思わぬ伏兵ですよ。(巻数が進むにつれ眉毛が太くなってるのも可愛い)
それから宮下、おがちん、詩織ちゃん……この作品に登場する女の子は皆可愛い上に、杉崎ママも可愛し、しんちゃんママも可愛い。ほっ……ホーヒーッ!!

ところでのりお先生、下半身の描き方エロくないですか?
あとキャラの服装!女性作者ならではの視点がそこにはあるんですよ!リアリティであり萌えであると!これは毎度提唱していきたい!
服フェチのわたくし、恥ずかしながら興奮して参りました。

中でもしんちゃんママ、佐藤あかりさん(36)。これは……素晴らしい。エロに対する反応がホ、ホホッヒ!ホホホーイ!
いかんいかん……。

ガチロリ、そして若妻。俺は大体のジャンルには対応しているオールラウンダーですが、
この漫画は世に潜む変態達に密かな安らぎを与えてるのだと思います。そして俺のような人間に、一つの理想郷を示唆している。
生まれ変わったら美少女になりたいと妄言を吐き続けてきましたが、今、その明確な美少女人物像を挙げるなら――
宮下あたりのポジションになってクラスメイトと戯れつつ、女子小学生としての日々を謳歌したい。

次回ライブのお知らせ

こんにちは、ロイドです。
……唐突ですが、ライブをやる事になりました。

日時は3月29日(日曜日)、オープンは18時からですね。下北沢BREATHという、ビートルズの企画で有名なライブハウス(バー)で行います。
会場アクセスはこちら

しかもイベント名が「Free as a bird」って、まるでウチが主役のような素敵な名称になってますが、主催ライブでもありませんし、ワンマンライブでもありませんのでご注意ください。「なんだよ、コロナウィルスが蔓延る中こっちは来てやったのに……とんだ期待外れだよ!」とか言われても謝罪と狼狽しか出来ませんので……。普通にブッキングのライブで、対バン形式のイベントですね。

そう、コロナウィルス……。ただでさえイベント自粛が相次ぐ中、そしてライブハウスが槍玉にあげられる最中での決行になるん……ですかね。勿論政府からの方針やライブハウス側からの判断によっては中止になります。が、現在は開催の方向で進んでいます。「ライブするぜ」って言ったらウチの母親と冷戦状態になりました。

これ、言っておきます。
確かに、ですよ? 確かに、ライブをやるよりも、家で自粛していた方が感染リスクは低いです。
色んな人がライブハウスを敵視し、それに対しての反論や意見もたくさん出ていますので多くは私から言いませんが(と言いつつ長文ですが)……
確かに密閉された空間であったり、人が多く集まったりすれば感染の可能性は上がります。
でも、見てください。自粛や休校、フレックスタイム出勤を取り入れたにも関わらず、毎日街中や電車、バスで大勢の人を見かけます。無論、建物の中という閉鎖的空間で、大勢の人達が未だに居ますよね。

――それなのに、ライブをやっちゃダメ? 何で? だって、中止じゃなくて自粛でしょ? 勿論こっちだって防除は徹底するよ?
確率の問題であって、どこに居たって大して変わらないでしょ? 勿論、さっきも言った通り「やるよりもやらない方が、確かに感染の可能性は低い」けど。どこで感染したかだって、結局分からないじゃないですか。

ショッピングや仕事が許されて、不必要な外出も許されてるのに。メディアではライブ演奏やライブハウスだけが袋叩きにされてるように見える……というか叩かれている。それを鵜呑みにした人間が、ウチの母親も含めて盲目的な意見を述べてはいませんか?(だからトイレットペーパーのデマに騙される。目先の情報に飛びついて、真偽も確かめずに行動してしまう)

大物や売れてる人間はそりゃ自粛すると思います。色んな企業やスポンサーも付いてるし。今回の機会を逃しても次がありますから。
でも、ですよ。そうじゃない奴等、必死な奴等、そういう人達も居る。ウチみたいに1年に2回しかライブをやらないただの集団が、良いイベントに出るっていう機会はそうそう無いんです。私だって矢鱈にライブやるぜ!って言ってる訳じゃないんです。
そんな人達の思いだけが踏みにじられる世の中ではあって欲しくないですね。
……批判などもあると思います。でも4月12日以降まで待っていただきたい。もしフリーアズバーズの誰かが、この二週間の間で発症したなら、ライブで感染した可能性もありますから。

という訳でライブをやります。鳥のように自由に
そんな我々を応援、賛同して下さる方々、チケットご予約は……今回はあまりお待ちしておりません。何故かと言うと、外出する事で感染リスクは上がるからです。
私はそれでもライブをやりたいと、歌いたいと思っています。その根本には、バンドをやりたい、上を目指したいという我が儘もあります。
でも、それを押し付ける訳にも行きませんからね。

ただ、ロックの精神、ひいてはバンドやってる人間らしいんじゃないかなとも思っています。
最後に……無法者と思われるとマズいので補足ですが、鳥達にもルールはあります。ルールを守って、我々はライブをやるって事を忘れないでください。
自由と無秩序は違うんです。

Postscript
相模原町田経済新聞さんの取材を受けました!
3月9日に掲載されるようです。ありがとうございました。

無題

この記事は読んで欲しくない。俺が普段、如何にメッキで外面を良くしているか、どういう思想の持ち主なのかが垣間見えてしまう。
それでも記事を公開する理由――

言いたい事が言えない世の中になった。萎縮するようになった。普段、記事に出来ない色々な思いを抱えるようになった。皆、そうだ。
これを投稿するのも、絶対に良くないと思うし、理解しているつもりだ。テロや革命を推進・助長するつもりも一切ない。

だけど、何故かな。これだけは投稿したいと思う。俺の本音。秩序のある世界において、恐らくは間違ってる。だけど知って欲しい、聞いて欲しいと思った。Free As Birdsの皆は関係ない。これは俺一人の勝手な考えだ。

……3月末にライブが決まった。それを話したらすげぇ批判された。
まず初めに。「こんな時期にライブをやるなんてどうかしてる」というのは、正しい。凄く真っ当な意見だと思う。
でも予てからやりたかった対バン相手だ。それにウチみたいな諸事情でライブをやらないバンドに、いつ次の好機があるかも分からない。売れないアーティストは、実になる良質なイベントを取捨選択してやらなければならない。そもそも良いイベントってのは少ない。
出演をずっと断り続けていた箱でようやく、という理由もある。

言っておくけど、売れる為には何でもするタイプだよ俺は。この際だから言っておく。炎上商法だってドンと来いだよ。
そして、根本的には「有名になりたい」という俺の自己満足が行動理念だって事も言っておく。

有名なアーティストが軒並み公演をキャンセルし、イベントや企業は自粛・縮小。休校になっている世の中で、
皆が感染防止に努めようとしている時に「ライブする」って言ってんだから、そりゃ非難囂々だし、物議を醸すのは分かる。
大阪のライブハウスもそうだが、下北沢の「ろくでもない夜」がメディアに取り上げられて「ライブハウス=感染の危険」と叩かれてさえいる。そんな中でのライブ声明だし。

バカだ? 子供だ? だからバンドやってんだよ。覚えとけ!

普通はやらない。皆やらない。だからやるんだよ。

売れないアーティストが成り上がっていくには幾つか方法があると思う。
音楽なんて飽和してんだよ。だから皆がやらない事をやるんだよ。
皆が右を行くなら俺は左を行く。

皆が正しいのは分かる。真っ当な考えだ。だけどそんなのロック、メタルじゃねぇよ。
萎縮してていいのかよ? やりたい事、やりたかった事はデケェ事なんじゃねぇのかよ?
考え方が違う。さっきも言ったけど俺は利己的な人間だ。

炎上商法にもなるし、もし罹病しようものならバンドでパンデミックで話題沸騰だ。罹病はしたくないけど。
無事、罹患。どっちに転んでもメリットは得られるんだよ、今回。
「もし罹ったらお前だけの問題じゃないだろ」って言う奴等。俺はクソ野郎だから言うけど、それで誰かに感染したりしてボコボコに叩かれるなら有名人だぜ!ありがとうよ!

それに、だ。3月2日から二週間、小学校から高校まで休校になり、不要不出の外出は避けるようになった。
この期間にやるんだったら、俺もさすがに「オイオイ、大丈夫かよ」と思った。でもその二週間後だろ?
それにインディーズ界隈ではライブを決行している様子をよく見かける。

この誤った判断で感染して、大切な人を失うかもしれない。その可能性があるから、自粛すべきなんだという意見は正しい。
確かにそれは尤もだ。だからそうならないよう、当日は最大限の感染予防、ウィルスの防除をさせて貰おうと思う。

……俺はアウトローな人間だよ。知ってる人は居るだろうけど。結果的に誰かが傷つく事になっても、後悔したとしても、有名になれるならいいと思っている。クソ野郎だ。
勿論、開催が中止になったらそりゃやらないし、国の方針で何か大きな動きがあったらやらないけど。

ぶっちゃけ、後付の理由が大半です。
でも、やりたい事を否定されるのは俺だって好きじゃねぇ。やらせて貰うよ、鳥のように自由に……

どこかで書きたかった。申し訳ない。

侵略のコロナ~ゼッタイに負けないんだから!~

「進撃」と迷ったんですが、「侵略」って言ったらイカ娘ですかね。ちなみに今、YouTubeのテレビ東京公式チャンネルで二期が見放題のようです。(なんで一期じゃないんだ……!)
一期の9話だったと思うんですが、三バカが発明品で店を消してしまう話が好きです。

こんばんは。ロイドです。今回もM3に参加しました。今年で5年連続の参加です。
※前回のM3(2019年秋)以前の記事はコチラ

目下、我らがニッポンを侵略し続けているウィルス、新型コロナ
それに伴う、マスクとトイレットペーパーの消失。休校、休業、フレックスタイム制の導入……世間で騒ぎになっている中でのイベント開催でした。

……ご存知の方も多いと思いますが、ワタクシ、お腹が弱くてですね……。東京流通センター行く前にウ〇コしようと思って
SEIYUのトイレに入ったらケツを拭く紙が無いという。……誰だ盗んだのは!
これぞ本当の神隠し(紙隠し)ってか、この野郎!
千と千尋の次はトイレットペーパーですよ。トンネルの向こうは中国でした?……ただの台湾海峡トンネルじゃねぇか!

とにかく盗むのはダメ!犯罪ですよ!
その後、捻り出す寸前でキャンセルしてあばばば……と壊れたファービーのように新宿に向かったんですが、いつもだったら漏らしてたかもしれません……。ええ、前科がありますから……

ところが今回はコロナウィルスの影響で交通がスムーズだったんです。お陰で今回もウ〇コの流通を回避することができました。
それもあり、振り返ってみて、M3運営も参加者も感染予防に尽力して良い一日だったのではないかと勝手に思っています。
流石に、サークル参加者は半分以下って感じでしたが。一般参加者も例年よりは明らかに少なかったんですけどね。

ただ、ね。……思ったよりは人が来てました。恐らく千人以上、数千人って所でしょうか。分かりませんが。
隣のサークルが居ないとかはザラで、ぽつりぽつりと点在してる感じですね。
誕生日席や壁サーも……なんというかちょっと人気のあるフリーマーケットみたいな感じ。通常なら行列が出来てて暫くは動かないんですが。

思うに、来られない人や自粛した人……YOSHIKIも言ってるように、それは正しい判断だったと思います。
「じゃあ来た人達は間違ってたのか」と問うと、それはそれで間違って無かったんだと思います。
「正しい行いをするのと、間違いを正す事は違うんだよ」と終物語で言っていたように、参加と欠席、二つの判断はどちらも決して間違いではなかったんだと思いますね。

ちなみに、メタラーは案外来てました。何でだろうと考えたんですけど、
メタラーってそもそもメジャーなジャンルと比べて人口が少ないんですね。だから減っていたとしても影響が数字に表れにくいんじゃないかな、と。一人納得してました。
あとはマスクしてないメタラーが散見されたので、きっと豪快なんです。

当方はコロナ対策でノベルティ無料配布。

蛇足ですが、物販のディスプレイを以前と少し変えました。
「種類が多すぎると選びづらいのかも」と思って、机の上の商品の種類を減らし、段ボールで高さをつけるのもやめました。(嵩張るし)
選びやすく、見やすく。推しが分かりやすいように。効果があったのか。それはまだ……混沌の中。それが……ドロヘドロ!不明です

あと、クレジットカード支払いの方が初めて現れました!!
感動です!クレカ対応してますとか言っておきながら、支払い完了の画面を見て「あ、ちゃんと出来るんだ~!」とか漏らしてしまいました、すみません!
しかもこれ……Bluetoothが中々接続されなくて、支払いに数分掛かってしまいました。すみませんでした……。
Squareという決済サービスです。
※クレカ決済サービス導入の話はコチラ

最近ココナラとかSKIMAで音楽の仕事を頂く事があり、サイトを使ってみた感想や体験してみた感じを書けたらなぁ……なんて思ってるんですが、毎回乱文なので……ほらね、文字数がヤバいんです。
なのでいつもの謝辞に移り、終わりたいと思います。今回もCDを頂きました。
最後に、感謝の言葉を。来ていただいた方々、そして買って下さった方々、誠にありがとうございました!

次回のイベントは未定です。そして、タイトルがフラグにならない事を祈っています……。


Confront Brave – First Story!!

仲良くしてもらってるサークルさんの新譜。
1曲目がイントロでガッツポーズ系のクサメタルで、2曲目がポップな萌えソング(のメタル)。
ヲタクでメタル好きの人間にとって、この二つのチョイスは正しい。キャッチーで聴きやすくて良いです!
女性ボーカルとメタルの親和性はやはり高い……そして何より上手い。ウチもまたこういうの作りたい。

Ark of phantasm – Flagments Vol.1

ウィナさんのサークル。社畜シリーズの続編ナンバリングです。
これは超大作ですね……!でも何だろう、ずっと聴ける上に、安定感を感じます。
ゲームサウンドから音楽を始めた僕にとって、とても通じるものがあるように思います。
移動中とかに聞こうと思います。トランスもいいですね。