タネを蒔くのは得意。元農大生なんでね。

ニーハオ、シェイシェイ、チンコチンコ。

やあ、どうも。俺だよ。皆このブログの更新を待ち侘びていた事だろう。え? そうでもない?
最近ツイッターも投稿頻度が減少してた訳だけど、やる事があったのよね。まぁでもたまには書かないとね。時間が出来たから、尿漏れしたまま鎮座してブログを書く事にしたぜ。

えっと、近況……そうだなぁ。歯医者に行きました。虫歯が三本もあったぜ! やったゼッ!!

さて。
バンドで売れる為には……これは誰しもが悩む表題ではある。フリアズは会議したり、あと主に俺一人で……になるが、思いついた事を実践してみたりしている。
またいつか、バンド会議は開きたい所だ。自分たちが置かれている状況を再認識して、何が足りないか、どうしたらいいか、効果的な策を弄する為に、それから自分には無い他者の貴重な意見を聞きまとめる為に、ね。
そんな“バンドで売れてやろう戦略”、今は待機状態なのよね。データの納品待ちだったり、スタジオの最終調整待ちだったり。

そんな訳で、月ごとのタスク――裏広報活動(と称して、同ジャンルのプレイリストを作って、さりげなく自分の音源を混ぜておく活動。数年前より毎月更新。ちなみに偽名でアップロードしてるのでバレない。……まぁ今、暴露した事で足が着きそうだけど。暫くは様子見かな。内緒だよ!)も終え、Poisonous WonderlandのTシャツも作製し、一月の予定はほぼ完遂したと言っていい。
歌の練習に関しては、生演奏でピッチがズレる理由も分かり、ただ、良い解決策はあまり思い浮かばず、だが試してみたい項目も増えてきた。
……これはね、例えばCのパワーコードが鳴っている状態で、ボーカルのメロディがDだったりするのね。これが歌いにくい原因。それから、モニター環境。オケ、生演奏で言えば楽器隊の音を、スタジオの爆音と違って小さな音量で聞いて練習しているので、本番で対応できない。立ってる場所を変えたり、声をモニターで返さず、ただ単に耳栓として使ってみたりすれば、もしかしたら……かな。後は、演奏が始まる前に、曲ごとにピッチを予習しとく。暗記力には定評があるのだし、ね。

まぁそんな訳で待機状態なのよ。他にやる事が無いので……転生したらスライムだった件の書籍版を読み漁って、「グフゥ……巻頭のシュナちゃんの可愛さ。これ殺人的だろ、グフゥ」と生命の神秘を敬服しながら、同時に自らの矮小さを思い知らされて恥じている訳よ。リムル様はアレですね。やはり美しいというか愛くるしいですね。アニメ版もまた、俺がブヒるのには充分なクオリティであった。

脱線したが、ただ待機しているのも宜しくない。時間は大切に活用しないとね。
で、俺の予てよりの方案として「何にでも手を出してみる」というものがあって、音楽的には直接関係の無い事柄であっても、そこで有名(ないし人気)になってしまえば、そこから音楽に収束させる事は可能だって事だな。やや範囲を狭めて考えてみると「売れる為に、やりたい音楽とは違う事をやって、売れてから自分のやりたかった音楽に路線変更する」なんてのが近いかな。
要は、人気をまず出す事を念頭において行動するっていう。まぁそれは昨年の後半から主眼を置いて取り組んでいる。これもぶっちゃけるが、フリアズにとってあと必要なのはコネ、営業、人気。これだけじゃないか?
まぁ“だけ”と言っても、これが凄まじく得難いのだがwwww

で、具体的に何してるのかって言うと、“なろう”に小説を投稿し始めたんだよね。――素人が一朝一夕に小説なんて書けるものかよ、と思うかも知れない。だが安心して欲しい。書いたのは10年前だ。バンド始める前から、俺は自作小説を書いていた。どこに発表するでもなく、長年に渡り眠っていたのだが。久しぶりに古いパソコンを開いたら、マイクロソフト“WORD”においてページ数196、文字数166,985……。加筆修正したら更に増えたぞ……。これ、使えるんじゃね? と。勿体無かったから、何かに使えないかと考えていたんだよね。まぁこれは、芽が出りゃラッキー程度ではあるけど。
三章くらいまでプロット状態の原稿があるんだけど、とりあえず一章まで投稿する事にした。リアクションがあれば続編を書きたいなと思っている。書籍化したら……まさかの展開で面白いなwwww
ちなみにタイトルもURLも貼りません。様子見だ。小説に精通していないので、よく分からんからな。――と言い訳してみる。

そういやバンドで売れるのと、小説で売れるの、どっちが簡単かね?その界隈でのクオリティがどちらも等しかったら、俺は後は「分母の小さい方」だと思う。運要素やコネを除けば、ね。

もっと考えを簡易化する為、“小説家になろう”で有名になる事を目標とすると、掲載作品は62万。ライバルの数だな。まぁ言い方が悪いが、ドイヒーな作品もある。後は同一作者のスピンオフなんかもある。どんぶり勘定だけど、十分の一がライバルになる最低ラインの作品数だとする。約6万。いや、5万としよう。
これは全国での数だと思う。全国で5万のライバル
……んで、俺が書いているファンタジー物。これは、総数10万が掲載されている様子。十分の一で1万。ジャンルを絞れば、全国で1万。そのウチの少なくない作品は既に書籍化したり、メディアミックスされてるんじゃないかな。

今度はバンドで考える。バンドってどれくらい居るんだろう?分かんないけど、全国で……案外1万くらいだったりして。更に言えば、海外バンドや、音楽団体、アーティスト、そう一緒くたに考えるとさ、軽く1万なんか超えるよね

アレ? そうすると……。察しがイイ人は分かると思う。
更に言えば、今やサブカル戦国時代。こぞって多くの企業や団体が書籍化やアニメ化を争っている。これはひょっとしないだろうか。それに、音楽と違って、文章とシナリオのみが大事なのだ(ちょっと浅慮か?)。対して音楽はビジュアル、曲、ステージング……そもそも“なろう”のような投稿サイトが乱立してしまい飽和している。耳目が分散してしまうのは良くないと思うね。ライブという、生の技術が試されるようなシビアな現場も無い。
バンドの強みの一つに「数」ってのはある。所属するメンバーが多いほど、広報も拡散される。けどウチの正規メンバーは俺1人で、能動的に活動してくれるのは一人なんだよね。

ここまでタネを蒔いたフリアズに、数が備わったら良いとは思わないだろうか。広報、別名義、小説……ようはそれぞれの畑を管理してくれる人が居ればなぁ。
まぁ、そんな訳で、小説を書いてみている。内容? 俺はラノベばかりなので小説への理解が乏しいけど、そこそこ楽しめると思う。10年前に書いたので内容なんて忘れてたけど、改めて読んだら「あれ? 面白いぞ……」って思った。う~ん、色眼鏡!

とは言っても人間なんだよなぁ。そりゃ争いも起きる

コンチャッ!!!!稀代のワイルドスティンガー、絶望を小さな光に変える男!
英雄?いいえ、ロイドです。

残念ながらこの世界には、どうしても分かり合えない人間というものは居る。ダークヒーローたる俺を持ってしてもだ。話が通じる通じないという問題(言語が違うという意味だけではなく)もそうだが、自分の意見を固定してしまって捻じ曲げようとしないヤツ。図星を言われて後に退けなくなってるだけなのか、それとも自らを信じ切って盲目になってるのかはさておき、だ。まぁ……相手からしたら逆に、こちらがそう思われてるのかもしれないけど。

理解できない人間。――あっ、大見得を切っておいてなんだけど、大した話はしないからねw

ちなみにちょっと脱線するけど《飲食はご遠慮ください》って貼紙があるのに、路線バスの中で隣の席に座ってクチャクチャなんか食ってるヤツ。特筆してたまごサンド食ってるようなヤツは……理解できなくはない。腹が減ってるんだろう。だから理解は出来る。納得は出来ないけど(クサイしクチャクチャうるさいからやめてくれ。)

じゃあ俺が理解できない人間はどんなヤツかと言うと、おでんやクリームシチューをおかずに白米を食ってる奴等だ。――今恐らく、軽率な発言で少なくない数の日本人を敵に回しただろう。はっはっは、たまには過激に行かないとね。え?

決してディスって終わりって訳じゃなくて、説明しよう。今回はテーマを食について限定するけど、理解できないんだよね。おでんの汁が濃い目の魚介だったらまだ分かるんだけど、冷蔵のおでん、アレは味が結構薄いと思う。アレで飯は食えない。俺はね。
クリームシチューに至っては頭がおかしい。だって仄かに甘いだろ?甘い物と白飯の融合は俺にとってはタブーだ!甘い物はお菓子、デザートという固定観念に捉われているからな!ハンッ!――おはぎ?殺す気か!!のりたまと桜でんぶしか認めんぞ。

それからドリア。人間じゃない。ドリアを嬉々として食べてる奴等、人間じゃない。ドリアを嬉しそうに頬張る少女、きっと人外。精神生命体とかそんな感じのアレだろ。ポケモンのタケシが「お前ら人間じゃねえ!!」と叫んでたけど、俺も等しくそう思う。

自らの凝り固まった考えを押し付けて、ディスった上に人間じゃないと罵倒し、食文化を冒涜……そんな人間がどんな音楽を作っているのか、気になる人も居ると思う。随分と長い期間このブログを書いている訳だが、そうするとブログの子ページに直接飛んでくる人達も多い。一見無駄にしか見えないこの雑多な記事群だが、実はHPにアクセスする人を増やしているという巧妙なトリック、そう、そんな俺は見た目は中東、素顔は中二、名探偵コーマン

まぁ、そうすると俺がどんな人間か分からない人も多いだろう。とは言っても自己紹介したら長くなるので(というか冒頭でワイルドスティンガー・ロイドと説明してしまったから、もういいや)、代わりに音源を載せておく。アップロードするにあたって、誠に遺憾ではあるが2Mbまでしかアップできなかったので音質は極限まで劣化させておいた。

マイクも変わり、DAWも変わり、当然プラグインも変わり……紆余曲折あったが、何とか形になったと思う。Poisonous Wonderland2。もうちょいで完成、かな。

アレね。「ビットレートを落としたり拡張子を変換したりすると音質が劣化するけど、実際聞いてみても何処が劣化したのか分からないや」って人。俺もそんなに良い耳を持っている訳じゃないけど、分かりやすい判断ポイントがあるんだよね。例えばハイハットの輪郭が消えて薄くなっていたり、歌の英語の子音が聞こえづらくなっていたり……、音量が小さく細かい部分からぼやけ始めるのかね。

アブラムシのような大量に発生する個体では偶然による進化の確率が顕著。

ざす。まずは近況を報告したい。その上で、今の俺の考えや雑談を書きます。えっ?暇なのかって?
へへッ、まぁな!

①キラーチューンの制作状況
ちょっとオサライになるけど、趣味を口外している奴等以外は、バンドで売れる為にはどうしたらいいか?という作戦を考えたり、実行したりしている事だと思う。フリアズも例に漏れず、折に触れてそういう議題はよく上がっていて、2017年は年末会議と称して少し規模を大きくしたミーティングを開いた程だ。んで必要になる要素――例えば曲の良さやビジュアル、演奏力、ステージやパフォーマンス、個性等々……――まぁ挙げればキリが無いが、そういったものをアツく議論して、現状の俺たちには何が足りないか、どうしたらいいか等を相談していた訳だ。
その中でやはり、曲の良さというのは超が付くほどの必須要素なのは間違いなく、昨年2018年の夏ごろから予てより、キラーチューンを制作しようという動きがあったのよね。で、年の瀬には草案が完成し、次回のスタジオ練習ではバンドで合わせようという話だったと思う。
先日、スタジオで演奏するにあたっての同期の制作が完成したのよ。ストリングスとベルパッド、ピアノをレコーディングして、クワイアはSymphonic Choirs GoldというちょっとイイDTM音源を使い。(ちなみに件のクワイア音源のレビューはコチラ。http://www.freeasbirds.biz/?p=1046)
勿論、ハモリも取ってきて無事収録したので、次回がとても楽しみなんだよね。メロパワ、メロスピ、ネオクラ辺りが好きな人間は間違いなく頷いてくれるであろう仕上がりとなってます。メロデス聞く人なんかも、好いてくれるかもしれない。

というのがまず、キラーチューンの進捗状況。

②EPの制作状況
次に、現在制作中のEP、Poisonous Wonderlandの件。ホームページの《ALBUM》から飛べる、専用ページまで大仰に作っている企画の話だ。ジャンルは物語音楽を含んだ、メタル……?2トラック目まで公表されてるけど、双方共にメタルではないな。けど安心してください。3トラック目はバッチリのメタルだから!
で、3トラック目のラフミックスまでは完成した。後はボーカルを入れて微調整するだけ。これはスンゴイ控えめに言っても65点以上。ストレートではないけどキャッチーに寄せて作った、ドラマチック要素を含んだ曲なんだけど、トラック1と2からの流れを汲んで作っているのよね。少女の運命や物語の背景を臭わせるサウンド、メロディ。4月28日に浜松町の東京流通センターで開催される《春のM3》で頒布予定だけど、500円というリーズナブルな価格を予定してるから是非買って欲しい。

……ってのが、Poisonous Wonderlandの塩梅。今後も色々告知予定なのでたまにチェックして欲しい。

③雑多な話(俺の)
最後は俺の話。いや、大した話は一切無いんだけど……。まずバイトの方は、年末年始は時給が上がるのでこの身をバイトに捧げてしまった感はある。だが時給1500円には逆らえないのだ。
年が明けた最近はバイトを週3日ほどに減らし、音楽活動や練習に費やせる時間を積極的に設けている。娯楽や趣味は控えめにし、アニメの視聴も減らし……ただね、人間って、娯楽を求める欲望は常に一定なんじゃないかと。俺はそう思う。例えば趣味が漫画だったとして、漫画を封印すると今度はテレビをずっと観るようになるとか。要は一つを封じ込めるとどこか違う、別の所で同じ熱量が燃え上がるものなんじゃないかな、と。趣味に限った話じゃないけど、熱量は失われず、再熱するんだと。
「じゃないかな」と、推測に留めて断定しないのは、欲望を封印してそのままマイナスの状態で暮らせる人も居るだろうからね。でも大多数の人は、俺は、いや甘いだけだなw
と言うのも最近はアニメの視聴時間を減らした所、美少女を拝顔したいという下卑た欲求が封印される事になった訳だが、結果別の場所でエネルギーの発散不足を補おうとしている次第なんだよね。――そう、ライトノベルだ。バイトから夜に帰宅して、気付くと朝だったりする訳よ。イカン。
そう思い、ラノベ読書の時間を減らす事にした。そうしたら今度はこのブログだ。書きたくて書きたくて仕方が無い。吐き出したくてしょうがない。もうね、駄目だね。いっぺん死んだ方がいいね。死ななくても、キャンタマを足で潰されるくらいの懲罰を受けた方がいいね。大学生の時に、学友とキャンパスでキャンタマの話になって、サイズが大きめのジーパンをいつも着用している結果、余った面積が股間の辺りで緩くカーブを描いていた事から「玉城君ってキンタマでかいよね?」という誤解を招き、暫くすると《タマキャンの玉城》という二つ名で呼ばれるようになって熱を出して休んでしまった玉城君は元気だろうか?僕は元気です。キャンパス、キャンタマ、……それはさておき、俺は大学で一応理系を習っていた。生物や自然などについてだ。重要な部位や器官というのは片方を喪失しても生存を続けられるように2つずつあると言うが、果たしてキンタマも……。いや、そう考えると乳首も?いや、乳首は一つしかなかった場合、損傷を受けてしまった時に授乳が出来ず、子育てが出来ない。全てには理由がある。だから二つあるのだろう。今の俺らに備わっているものは全て必然で、生物種の進化の結果なのだ。(ああ、この辺話すと長くなるね)
じゃあやはりキンタマは……、一つしか無いチ〇コよりも重要だという事になる。ふむ、興味深いな。

ああ、やはり脱線した。最後はこうなるのね。タイトルだけでも回収しよう。まぁ標榜した通りで、例えば「この農薬を使えばアブラムシは死滅します」という農薬を開発して、使ったとする。まさかの出来事で、何匹かは生き残る可能性があるのよ。俗に言う《農薬耐性》ってヤツ。多く生まれるって事は、染色体の異常とか理由はさておき突然変異体が生まれる確率も高いって訳で、そいつがもし農薬耐性を得ていた場合、生き残る。更に面白い事に、アブラムシって単為生殖する昆虫なんだよ。何かって言うと、一匹で子供を産める生物って事だ。雌雄による交尾を必要としない。するとどうだろう、後は爆発的にその個体が増えてゆく……という感じかな。

昆虫などの弱い生物は多く生まれる。逆に強い生物は子供を多く生まない。これは地球においては間違いない。食物連鎖の図を高校くらいで皆さん習ったのでは無いだろうか。弱い種は多く生むことで、子孫を残そうとする。多く生んでも、成長の過程で多くが死ぬけど。
現代の人間社会においては医療の発達により間引かれる(っていうと批難囂々か)筈の個体も生存出来るようになった。死ぬはずの人間が生きられる――それは良い事だと思う。これと並行して、政治改革のお陰で現在は誰しもが住みやすい時代、誰にとっても優しい時代に移り変わって来ていると思う。これらの結果、副次的に悪行を働く人間や、性格や思考に重度の問題がある人間にとっても過ごしやすく、生き易くなったと思うんだよね。より良い社会を目指した結果、俺の主観ではあるが悪いものも助長するような結果になったと。これが良い事なのかは俺には分からない。人間という生物が進化した結果の必然ではあるんだけど、最善だったのかなぁ。そう思う。まぁそんな百年先年単位で未来を見据えて政が出来るような人は居ないだろうし、無理難題吹っ掛けてるようなものだけど。

ふと気付いたんだけど、音楽でも同じなんだよね。通用するような強い曲を一発出すか、弱い曲をいっぱい出すか。生き残るには二択だと思う。勿論、弱い曲ってのはゴミみたいなクオリティではなく、ごく小さなリアクションを残せるレベルが前提だけどね?
後は突然変異体の例だ。偶発による成功例。為し得なかった筈だったけど、たまたまその日、折りしも大手レーベル会社の人とコネが出来て……みたいな。でもこれはベターではなさそうだなぁ。

まぁそんな訳で(どんな訳で)、考えている案が色々あって、それらが正しく評価されればフリアズも良い感じになるのが近いですね。後は本当メンバー、協力者。数が少ないよりは多いほうがいい。

2019年もよろしくお願い申し上げます

ガキのつかいを見る人、紅白歌合戦を見る人、仕事がある人、神社に行っている人。
大切な人と過ごす人、どこかのイベントに出掛けている人、寝ている人、
それからフルチンで片膝を着きながら風呂場で死に掛けている人、大晦日っていう一日に限っても色んな人が居ると思う。最後の一文は俺のことだ。
(元来お酒に弱いのだが)久々に深酒をしてみた所、亡国の英雄の最期といった様相で、息も絶え絶えに右手で浴室のドアハンガーに掴まりながら、己の罪を懺悔していたのである。――いやぁ、数年ぶりに危なかったぜ。この屈強な戦士、町田のクー・フーリンと称えられし俺だけど、アルコールとカフェインに対して極端に弱いんだよね。その内悪いヘビに唆されて禁断の果実(コーヒー豆)に手を出し、楽園を追放される事だろう……。おっと、脱線した。
今だいぶ良くなって活動を再開した所。こういう時、ベッドで横になってしまうと逆流した胃酸が食道を傷つける心配があるから、暫くラノベを読んで過ごしていたんだけど。もう大丈夫、どうもこんばんは、ロイドです。

年が明けました。今年もよろしくお願い致します。フリーアズバーズ……色々と企んでます。スケジュール表を見る度に、ちゃんと全うできるのかと不安になりますが、どうか応援を、お力添えを。それから温かい目で見守っていただければ幸いです。

まぁやっている事は色々あるのですが、それらの一環として現在、普段サークルで制作しているフルアルバムとは別件で、バンドメンバーによるデモCDを制作中です。キラーチューンがどうのこうの言ってたと思います。その曲も歌詞も出来上がりました。後は一旦スタジオで合わせてみて、レコーディングに移るのかな。曲名は……歌詞や込められた思いを斟酌すると「March On」なんてどうかなぁ~なんて考えている次第です。

実はね、こうやって告知ともブログとも取れない半端な文章を書いている暇があったら一曲分、歌詞を書かなきゃいけないのよww機械のように実直に、目標に向かって進めたら望ましいのかね。どうなのかね。人間だからなんて言い訳するつもりじゃあないんだけど、優先順位をつけているのに、娯楽を求めてしまう。
「平成最後」なんて正直どうでもいいんですよ。皆もそうだと思う。そんなものにプレミアは感じないし、何にだって終わりはある。俺にとっちゃ「だから何よ?」ぐらいな話な訳で、年号が変わろうが、30年に一度だろうが何でもいい。俺たちは目標を如何に達成するかを考えなければならないのだと思う。この辺の思考は機械的なんだろうね。今年の干支はイノシシらしい。イノシシのように真っ直ぐに、寄り道せずに進みたい所だ。(木にぶつかってケガしないように)

そんなこんなで、お楽しみを。