~ニート始めました~

チャオ。愛なんか要らない、右腕とチンコがあればいい。
――そんな不健全青年の代表、ロイドです。

今日からニートだ!イヤッフゥゥゥゥウウウウウウ!!!!
え?いや漫画のタイトルのパロディって訳じゃなくてガチニート、リアルニートですよ。
晴れてニート生活の幕開けとなりました、が……。あまり軽やかな心情ではないんですよね。

まず、まぁ半年振りのカバーはHPの方でもあちこち動画投稿サイトでも見れると思うんで
割愛して(雑だなオイ)、まぁそう。時間が出来た訳です。時間が出来たのでカバーとかやってた訳ですが。

えっと、次回のスタジオ練習はセンターボーカルなんです。
つまりリード兼用だった今までとは変わり、ボーカルオンリーになるんです。これが暫定的なのが永続的なのかは分かりませんが、暫時、ようは楽器練習に要していた時間が無くなり、余剰分が出たんですな、これは。

んで、何が起きるかと言うと……時間が出来るって事は、精神的な余裕、安堵に繋がるんですよね。悪い意味で言うと「油断」ですよ。ええ、油断しました。風邪引いちゃいました。畜生
美少女は体が弱いんです。俺も心は清廉潔白な乙女だから……やだ、風邪引いちゃったわ。
美人薄命なんて言いますが、どうなんですかね?実際の所。まぁそれは置いといて、

裏方の職場を辞め、まぁ音楽の仕事は継続的に募集&請負つつ、収入が足りないので以前からやっていた接客業のバイトをするハメになるじゃないですか。
……働くのは嫌いじゃないし人と話すのが嫌いでもないんだけど、俺の基本的な理念って良くも悪くも「目には目を、歯には歯を」なんですよね。優しくされたら優しくする。丁寧に接されたら丁寧に接し返す。
前にどこかで「来るもの拒まず去るもの追わず、な人間です」って言ってた気がするけど、この語句だって決して「来たきゃ来い。気に入らないならどっか行け。好きにしろよ」みたいな突き放した考えでは無いんです、俺にとって。内側に入った人間は手厚くもてなし歓迎します。身内に優しく、外の人間には塩対応、もといビジネスライクな対応が基本的な行動基準のようです。

だからこそ、納得できないことで怒られたら反論するし、殴られたらきっと殴り返します。そういう人間です、俺は。
接客をある程度長くやってれば分かると思うんだけど、話し合いで解決できる人も多いですが、この世界、自分が正しいと思って(もしくは後に退けなくなって)相手の意見を聞き入れない人間が居ます。中年以降に多いです。理不尽な事でキレたり、相手の意見を聞かずにまくし立てたり、ぶっちゃけ思うんだけどそれで良く働けてるな、アンタら?
まぁ店と店員を下に見てるからなんだろうけど、お前が話してるのは人だぞ?だったら話し方ってもんがあるでしょう。
客だったら何やっても良いわけじゃないし、クレームだっつうんなら本来名前も電話番号も店側に伝えなきゃならない。そこまでの覚悟と意識があって言ってるのかよ?違うだろう?怒りを撒き散らしたいだけだろう?

幸い、今まで殴り合いの喧嘩になった事はありません。暴力……って言うと聞こえが悪いけど、中学生くらいまではまぁ、取るに足りないレベルでの乱暴はありました。それ以降ありません。でもねぇ、その内起こると思う。決定的な何かが。そう思い2年前、回避すべく一度接客を離れました。しかし現在また戻る事になりました。――勤続8年目。大きな事件は今の所ありません。(小さな事件は腐るほどあったが)

バンドをやってるような人間だからとか、大学中退してるフリーターだからとか、建設会社で働いてた人間だからとか。万が一事件が起きた際、俺は色目で見られるんだろうけど、そこじゃない。まるで俺が傲慢で短気な人間に映るかもしれない。知らない人からしたら、もしかしたらね?
でも屈しては駄目だ。抗っていいんだと。そう思う。勿論相手を尊重し、理解した上でだ。それでも納得できないなら俺はそうしていいと思ってる。
それに、肝の小ささは俺にとって欠点でもあるし。大物になっていくのだとしたらメンタルの太さも必要だと思う。

去年の暮れぐらいからかなぁ。そんな事を胸に行動するようにしてます。人は子供だと笑うだろうか?
でもだとしたら貴方達の言う「大人」を5年続けてみた。少なくとも。このまま演じ続けてもいいんだけど、辟易としてきた。ただ日々の生活の為、仕事に勤しみ休日は趣味に費やし、もしくは結婚して、永遠と繰り返される人々の営みに身を置くというなら、この辟易も受け入れるけど。考えてみたら「全部オレ」だし。ハーゲンダッツ食べて嬉しそうな俺も、ガストでブチ切れ寸前の俺も全て俺、そういう人間なんだと。自分を偽ったり飾ろうとしたりするとボロが出る。変に着飾ったり猫を被ったりして失敗してきた。分かってた事だけど、

だから……
いつかそんな日が来るかもしれない。その時の為に、ここに俺の考えを記しておきたい。願わくば安寧があらんことを。
でもその時は、周りに迷惑が掛かる事を決して忘れてはいけないね。それに言い返す、殴り返すという事はつまり、相手と同じ土俵に立つという事。そいつが自分と同じ人間だと認めるって事だから。そんな事しなくていい。

頭では分かってるんだけどなぁ。

11/28追記
①HPのブログのカテゴリーを整理しました。分類しづらいがこんなもんかと。
②業務請負の料金設定を見直しました。更に細分化が進みましたので、「ピッチ補正だけお願いしたい」とか「簡単でいいからマスタリングしてほしい」などお気軽にどうぞ!

Wavesプラグインを新しく入れたら古いバージョンが消されて使えなくなった件

全然関係ない話だけどLiSAはTwitterで、ファンにフォローを返す事もあるみたい。七分の一くらいは返してる様子で。

――実はこないだTwitterでLiSAにフォローされました。総合アカウントじゃなくて、冒険王アカウントの方ね。
実際に冒険王をフォローするか過去のタイムラインを遡ってもらえれば分かるが……あのアカウントは碌な事を呟かない。隙あらば下ネタを捻じ込んでくる。
思うに、下ネタにも等級があって「ウンコウンコ」とか「チンポ!」とか……これくらいならまぁ、許容してくれる人も多いと思う。バカだなって思われる位で済むと思う。

でも例えば「下腹部を触らせてください」とか「起床、着床。今日も頑張りましょう」とか、いやこれ普通にただ気持ち悪いだけじゃない!!
悪い意味でA5ランクでしょ!ドラクエで言ったらバラモス級だぞ!!そんなアカウントをよくフォローしてくれたなッ!!と。何かの間違いだよな!?と知人に即座にラインを送った程でした。だってプロフィール欄に《女子中学生が好きです》とか書いてあって、加えてあのアイコンだろ?どっからどう見てもヤベェ奴だろ。それをフォローしてくれるって……
いや本当に何がなんだか……でもありがとうございます!

よくこんなのをフォローされましたね……。

とか言ってるけど、もしかしたらこれを書いている時にはリムられてるかもしれないんだよね。どういう事かと言うと、実はこれ、投稿予約っていう機能を使ってて。
例えば、書いたのは11月18日だけどブログが投稿・表示されるのは11月20日に!とかに設定できる事に気付いたんだよね。なのでこれを書いている時、もしかしたら俺はもうこの世に……って縁起でもねえ!!

今回は関係ない人にはなんのこっちゃですが、どうしても書いておきたい。
Wavesのプラグイン(V10)を新しく入れたら、古いプラグイン(V9)が使えなくなった、という人への情報提供です。
Wavesのプラグインを購入して、管理ソフトのWaves Centralを新しくインストールして、買った製品をアクティベート・インストールはしたものの、そしたら元々入っていた古いプラグインが消去されて使えなくなってしまった……という方の中で、有志の方々がネットで提供している記事や情報を試したけどダメだった、復旧できなかった方に、もしかしたら役立つ情報です。ここ1週間粘ってようやく解決したぐらいなので、一から説明はすんません……厳しいっす。他のサイトを見て試行錯誤して、それで解決するなら良いと思うんですけど、
でも一応まとめられているサイトさん貼っておきます。無断転載ゴメンなさい。

Waves製品を追加購入した場合のインストール方法

Waves V9 旧バージョンのインストール手順

WAVES CENTRALトラブル解決方法。プラグイン問題解決!

Waves Centralにバージョンアップしてプラグインが読み込めなくなったとき【私の場合】

【Logic】waves V10 インストール後にV9に戻す方法【失敗談】

はじめてのWavesのインストール

Waves (WaveShell-VST 9.91_x64.dll)が読み込めない時の対策

はっきり言いますがサポートセンターの方も詳しく把握できていないみたいです。(自分でなんとかするしかない!)
詳しくは後述ですが原因はライセンスか、インストールか、DAWのプラグイン検索か、どこかで死んでる可能性があります。

筆者のログを辿るので、近い人は参考になるかも。
①2014年にVocal Nativeを購入(V9.2)。同時にWaves License Centerを導入。使用を継続。WUPはせず。

②2018年に新たなバンドルHorizonを購入(V10)。Media Integration社のサイトに記載されている通りに進めて行ったら、古いVocalが消える。
しかもWaves License Centerは”パスが見つかりません”との事で開けなくなった。
Horizonは使える。よく分からず、CentralからV10のVocalを入れてみるが使えず(V10のVocalはライセンス無し。俺のはV9なので)。
DAW上では”そのプラグインはパスが見つかりません。エラー”と出る。(消されてるからそりゃそうだ)
なのでMedia Integrationでも公表されてるやり方に準じて、Waves公式サイトのレガシーなんちゃらからV9.92を落とし、オフラインでCentralからV9のVocalを入れてみる。が動かず。

③Waves公式サイトで自分のライセンスを確認したら、有効ではある様子。Centralを起動して確認すると「Untitled – Disconnected」との表示。ようはライセンスは有効なんだけど、Centralが認識できずに居る状態。だから使えない。
調べると、どうやら以前Wavesを使用していた時のネットワーク状態(NIC)から別のものに変えてしまうと、ライセンスが認識されなくなってしまうらしい。これはインターネット回線だったり、ネットワークアダプタ関連(Bluetoothとか)を変更すると、それを元にライセンスIDを判別している為、別のPCだと認識されてしまうのが原因らしい。
変更したかも覚えてないし、ネットワークアダプタを無効にしたりしたが直らないので、ライセンスをリカバーする。

④ライセンスはOSに戻ったが、まだ使えない。前にV9のVocalを入れたときはライセンス復活する前だったから反応してないのかも(しかもライセンスの持ってないV10のVocalも入れちゃってたな)と思い、Central起動してV9製品を全てアンインストール(アンインストールしてもライセンスは消えないです)。そして再度、レガシーなんちゃらを落とし、V9のVocalを入れ直す。が使えず。

⑤ディレクトリ内に一応プラグインは入ってはいたので、インストールは出来ている。今度はDAWか?と考え、Plug-Ins V9フォルダをプラグイン検索に指定し、検索。使用可能となった。

俺が思うに、原因はライセンスかインストールか、DAW検索。3つのどれかです。

■ライセンス状況に問題がある
→PCを変えたり、ネットワークアダプタ(NIC)をインストール前とで変わってると、違うPCだと認識されて「Disconnected(切断状態)」となるので、元の状態に戻せるなら戻す(アダプターを無効にするらしい)。元に戻せない場合はライセンスをリカバーする(一年に一回のアレ)

■インストールに問題がある
→古いプラグインや間違ってインストールした違うバージョンのプラグインと、新しく入れたものが干渉しているので、Centralを開いて一度プラグインをアンインストールして、入れなおす。

■DAWのプラグイン検索に引っ掛かってない
→俺の場合Program files(x86)、Waves、Plug-Ins V9を指定
最終的に、使えなくなったプラグインが収納されてるディレクトリを検索するよう指定し、検索のキャッシュをリセット後、再度検索。(キャッシュリセットはREAPERでのやり方。)

※V9.2やV9.92などありますが、”9”が合ってれば大丈夫なようです。
※アクティベート段階でエラーとなってる人が居らっしゃるみたいですが、そこは経験してないので分かりません。
※インストールするとProgram File(X86), Waves, Plug-Ins V9に入っています(32bitの場合か?)。
64bitならProgram Files, Vstplugins……かも。分からん。
備忘録と半ば推測の記事です。ある程度は自己責任でお願いします

チャーハンの玉子をフワッとさせるには、火を掛けすぎないのがポイント

もす。

前回宣告した通り、今日はコンデンサーマイクのお話です。
「え?コンデンサーマイクって何?」って人は知りません。置いてきます。ハイさようなら

……ん、ま、まぁちょっとだけ、知らないアンタの為にも説明してやるんだから。
んーとね、スンゴイ雑に説明すると、普段スタジオやライブハウスにあるのがダイナミックマイクというマイクで、衝撃に強い種類です。現場用みたいな感じです。
コンデンサーマイクは主にレコーディング用で衝撃や湿気に弱い種類です。お値段も高めです。はい説明終わり!

本題。長年NEUMANNのTLM102を使用してきて、特に不満などなかった。TLM102は2本目に購入したコンデンサーマイクで、最初に買ったのはRODEのNT3というマイク。
恐らく「RODE」と聞いただけで何人かは「あぁ~w」という絶妙な表情をしているのではなかろうか。
初心者でマイクのキャラクタを分かっていなかったという点と、スタジオでRODEのNT1やNT-2Aを使用した経験があった事から、購入に至ったんだけど。
ちなみにこれ、べろんべろんマイクをしゃぶり回していた所、お釈迦になった

――コンデンサーは湿気に弱いじゃん。職場で拾ってきたシリカゲルを箱にブチ込んでマイクを保管してたけど、いかんせんオレの部屋は湿度が異様に高い。
んで度重なるローションプレイも相まって、こいつとは死別してしまったんだよね。
※現在はデシケーターを設置し、コンデンサー等はその中で保管している。デシケーターはオススメです。

TLM102は良いマイクだけど、若干高音にキャラクタがある。良い意味でボーカルを際立たせる細工なんだろうが、ハイトーンでマイク乗り重視の発声をすると耳に付く、聞こえが悪い印象を受ける時がある。無論オレの声質に非が無いとは言い切れないけど。
そこら辺はEQで誤魔化していたのだけど、良いDAWやプラグインを購入して「音」の解像度が上がると(特にアナライザーの功績が大きい)、存外気になってきたんだよね。4年も同じマイク使ってるんだから新しいのを買ってもいいんじゃないか?と。色々な物を取り込んだほうが良いだろうと。エントリークラスとは言え値段はそこそこするが、姓名判断で「金の心配は不要」と書いてあったじゃないかと。それなら湯水の如く使ってやろうじゃないかと。

そこで、買うならキャラクタが無いか、薄いものを探してて。というか随分昔から欲しいマイクが2つあった。オーテクのAT40シリーズとAKGのC214だな。後者は少しキャラクタがある……ぶっちゃけ自分の声を通してみないと分からないが、「キャラクタありのマイクを持っているから、じゃあキャラクタ無しのマイクを購入してみた方が良いのでは?」という点でAT4040を選択した。

買うと、大仰な箱に丁寧に梱包された状態で届く。外箱を引っぺがすとこんな感じ。マイクとサスペンションホルダーと、ポーチ、あとマイクスタンドに装着する時の変換用ネジが同梱されている。あのね、ポーチは恐らく専用の入れ物として使ってください!って事なんだろうけど、
マイクを入れれば良いのかサスペンションを入れれば良いのか、分かんないんだよね。以前もオーテクのイヤホン(だったと思う)を買った時、専用のポーチが付属してきたんだけど……薄い布袋みたいなので、「え?これに入れるの?」って思った事がある。コンドームで言ったら「001」よ?破れますよ?中のチンコが怪我したらどうすんですか!……俺童貞だけど!
まぁ、なんでもかんでもポーチを付けてくるオーテクだが、SHUREのイヤホンを買った時は”頑丈な”ポーチに入ってきた。布製ではなく。ちょっと見習ってほしいと思ったのは内緒。

使用してみて
使ってみて、そうね……まずサウンドハウスとかのレビューで「付属のショックマウントが糞」って書かれてて、その意見に賛同する人達も多い事が唯一心配だったが、杞憂だった。型番が変わってますので、今後買う皆さんは安心してください。ただ逆さ吊りで収録する場合は分からない、マイクが引っこ抜けて落っこちるかもしれない。
でも逆さ吊りって確か、真空管の温度の都合とかで逆さにして録ってるマイクでしょ?AT4040なら逆さにする意味が無いと思うのだが……違うのかな。(見た目がカッコイイから逆さにしたい、というなら何も言わないケド)

こんな感じですね。次に性能、特性ですが。
非常にフラットに録れる」のが売りのマイクですが、付属の説明書の記事と実際に録ってみて、キャラクタは若干あります、実は。他のマイク同様10K辺りがブーストされてます。但し若干です。恐らく最低限の味付け……って感じだろうか。まるで町の慣れ親しんだ大衆食堂の婆さんが作るチャーハン、決して濃い味付けではないが程よい塩気とコショウ、そして固くなり過ぎないタマゴと優しさを感じる甘み。トレイで運んでくる時「味付けが薄かったら自分で足してね」と、テーブル脇にあるトッピングを勧めてくるのだが、いやこれが良いんだと。食べログのレビューを調べて味を分かっていて注文する俺達は、このマイルドな味付けが良いんだと、そう思った。

ある時、ふとその料理屋を訪れてチャーハンを頼んだ時、いつもより味が濃かった。
――婆ちゃん、今日の味付けは少し濃いね。
俺はそんな事を口にした。婆さんは特に何も言わなかった。
気にもせずチャーハンを平らげて会計をしている時、俺は、店主の爺さんが今日は居ない事に気付いた。いつもならこの時間、夕方の下ごしらえを整えている筈だ。厨房にもトイレにも、何処にもその影は無い。80歳過ぎであろう爺さんだったと思う。決して愛想は良くないが鼻につかず、嫌な感じはしない店主だった。皺の刻まれた額に頭巾を被りながら、細い腕で調理をしている姿が印象的で、チャーハンを注文すると「母さん」と妻の老婆に一任する。婆さんは一つ返事をすると、いつものあのチャーハンを拵えるのだ。
数日後、店はシャッターで閉ざされていて、入り口には貼紙が貼られていた。――”長年、ありがとうございました”と。年期を覗わせる達筆で、そう書かれていた。

商店街の食堂 – 了

えっと、

あれ?なんだっけ。何の話だっけ?
《どうしたら合法的に女子校生とセクロス出来るか》……についてだっけ。あっいや、風俗嬢が性病にかかった時それは職業病と呼ぶのか否かについての議論の最中でしたね!失敬

えーと。フラットに録れているという印象も分かるんだけど……フラットって言うと、若干マイナスのイメージを帯びていると思うんですよ。粗が目立つよとか、歌唱力に自信があるなら使いなよとか、ミックスで自分で弄れるならいいんじゃない?とか。
そんな評価があると思うんですけど、使えば分かります。超良いマイクですよ全然。ノイマンが高すぎるんじゃないか?TLM102に限ってもあと5,000円から10,000円くらい安くしてもいいんじゃないか、と思ってしまった。

確かに他と比べると高音の成分とかがナチュラルに聞こえてくるだろうから、ミキシングも殆ど出来ない人がミックスしてオケに突っ込んだら埋もれたり、なんか違うなぁ、なんて思ったりするかもしれません。(むしろそれを何とかするのがミキシングエンジニアの仕事ですからねw)
でもRODEは言わずもがな、TLM102ですら良くも悪くも「声が目立つ」んですね。ハイトーンでギャンギャン出すような人は悪い意味で目立つのかもしれません。AT4040はそんな事ありません。

じゃあ……ね、
ここまで読んでくれた方、しょうもない短編小説を読まされてご立腹の方、それから関係者の方、よく分からずこの文章を飛ばし読みしている方々の為に

9割出来上がりましたの!
フリアズ最新作、Poisonous Wonderland 1。クロスフェードですけどね!発売はまだずっと先だけど……
この後半のボーカルはAT4040で録り直しました。悪い印象を吹き飛ばすレベルだと思うけど。
あっ、前半の声優さんは狛茉璃奈さんです。俺じゃないです。

Kamelotは好きでよく参考にするんだけど、ボーカル交代前も交代後も、歌のミキシングが中々再現できなかった。それはボーカルトラックの8,000Hz以降に大きな違いがあったんだと思う。だいぶ近いでしょ?(まぁ選曲はさておき、大体こんな感じ)
メタルサウンドの中では別にTLM102でもいいんだけど、アコースティックやバラード、そういった楽曲に使うとなんか目立ちすぎる。歌唱法がフラットじゃないので、マイクのキャラクタも強いとなんか歌が妙に目立っちゃうんですね。だから高域がブーストされ過ぎず、ポップスやロック、バンドサウンドからするとちょっと控えめな音作りにしたかったんです。いや~良いですね。

パン切り包丁と刺身包丁。野菜用にマグロ解体用……

最近屁が止まりません。
劣悪な食生活の影響か、はたまた茶目っ気を出した神々のイタズラか、放屁が止まりません。
……えぇ。

前回の続き。こんな感じで今、DAW「REAPER」を使用しています。数週間使用してみての感想は…

優秀で、既存のプリセットなんかは「最低限しか入ってなくてクソ」なんて言われてるみたいですけど、
どれも使いやすいです。で動作が軽い。デメリットは作業時に、このDAWはREAPER用の読み込みファイルを作成するんですね。
どういう事かと言うと、メディアファイルをDAWに読み込む度に「reaper peaks file」という新たなデータが作成され、読み込んだディレクトリ内に保存されるんです。
誤って削除したり移動すると「ファイルが見つかりません」と表示が出て、そのプロジェクト内のデータはオフライン状態(データは残ってるけど灰色の表示になる。ファイルを見つけてくれば復活する)になってしまうんです。
SONARは専用のディレクトリ内に保存されてたっけ。で、愛用するAudacityはプロジェクトファイルが作成されると、全部その中に保存してくれる。
ようはデスクトップとかiTunesフォルダとか、マイフォルダとか、プロジェクトと関係ない場所に保存されると邪魔なんです。
もしかしたら設定で変えられるのかもしれないけど、何せ海外製品ですから……。一応日本語パッチは入れてあるけど、謎仕様。

で、WavesのHorizonバンドル買いましたけど。ぶっちゃけ言う。超エキサイティングだと思う。友達の家に遊びに行った時、バトルドームが置いてあって初めて遊んだ並にエキサイティングなバンドルだと思う。
先にデメリットを述べてしまおう↓
使わない、使いどころが限られるプラグインが結構ある。
プラグインがいっぱいで訳が分からん

①に関しては2つの意味合いがあって、まずはバージョンの問題。例えばリバーブ1というプラグインがあって、その後継にリバーブ2が開発されたとする。――両方入ってるんですね。このバンドル。前のバージョン要らなくね?
勿論バージョンで微妙にキャラクタが違ったりするのもあるんだろうけど、ダブリング1からダブリング4まで収録されてるのを見ると無駄じゃね、とか思った。

で、もう一つの意味は……そうだなぁ。プラグインは調理用具、台所用品、食器なんかに例えると、リバーブやEQなんかのマストアイテムは「箸やフォーク」とする。絶対必要じゃん?
んで
あ~、この鍋のアクをすくう道具(=プラグイン)があったらなぁ…」という時「ありますよ」と鷹揚にオタマを差し伸べてくれるのがWaves。
今まで手でやってたけど、うわっ。オタマ超ラクだわ~」みたいな。
無くても何とか手でアクをすくってたけど、、、出来上がった料理に腕の毛とか入っちゃうけどまぁ~、、、みたいな。テクニックで補えるけど大変な時、そんな時に役立つプラグインも収録されてるのは事実。

ただ「え?これ、いつ使うの?」みたいなプラグインも多く入ってる。
え?何これ。パン切り包丁じゃん。」とか
え、ピザカッター?……えぇ?」みたいな。
具体例で言えばエイリアンボイスにするエフェクターとか、ドップラー効果を生み出すプラグインとか。いや……まぁ他のプラグインが優秀なんで全然いいんですけど、正直ビビった。

十徳ナイフって10個だから「ああ便利だな」って思える訳じゃん。考えてみ?「64徳ナイフ」なんて開発しても、誰が使うのよ。
という事は分かりきってて買いました。Mercuryじゃなくて一つ下のグレードであるHorizonにしたのは、前者が64徳ナイフに見えたからってのと、あとはオレの力量不足で使いこなせないだろうと踏んだからである。
そんな感じがデメリット。②は言うまでもない。マイナスって程でもないし。

逆にメリットは、まぁこれも言うまでも無いけど
今まで苦労してた作業が、プラグイン挿すだけで終了
かゆい所にも手が届く
音楽の理解度、解像度が上がり、ミックスも一段上のステージに上がる

簡潔にまとめるとこんな所だろうか。あ、あともう一個デメリットあった。
今回買ったWavesプラグインの管理は「Waves Central」という専用のソフトを用いて管理していて、このソフトをまずダウンロードしたあと製品のダウンロードやアクティベートを行う。
つまり購入したら、この管理ソフトと連動してプラグインを使える状態に設定しなければならない。
ただ、欠陥とも言える超絶的な問題点が一つあって、それは
新しいバージョンのソフトを入れると、古いバージョンのプラグインは全て消去される」というものだ。
これを聞いただけで磯野マスオばりのディストーションボイスで驚嘆の声を上げたい所だったが、俺はそれを知らなかった。(え”ぇ”ッ!?)
いやもしくはケロロ軍曹のタママ二等兵でもいい。俺はアクティベートさせる際に、画面に見知らぬダイアログが表示されたが「YES」と押してしまった。
結果、以前購入したVocal Nativeのプラグインが円環の理に導かれて亜空間へと旅立ってしまった。
――現在多くのユーザーを悩ませているようで、オレも勿論サポートセンターに問い合わせている。解決方法も一応色々提示されているようだが、俺は復活できなかった。そういう人もチラホラ居る様子。
エライ事をしてくれましたね、Waves先生。

サポセンの返信を待っている間、出来る範囲でやれる事をやってる訳だが
ちなみに「このプラグインすげぇな」っていう個人的フェイバリットは「PAZ-Analyzer」というもの。
これはスゲェよ。ステレオイメージって言うのかな……今鳴っている音の左右への広がりや奥行きを視覚化してくれるプラグインで、さっき載せた画像の右下のがそう。
周波数帯域もアナライズして表示してくれる。

次回は新しく買ったマイクと、新譜の話を少しします。

謙遜と卑下の境界――ホライゾンとウンコ

こんばんは、ウンコです。喋れます。喋る野糞です。人型で、音楽をやってるウンコです。
異世界に転生してもスライムにも美麗なアバターにもなれない――きっとウンコかアンデッド系モンスターになるのだな、と朧げながらも感じております。
あっ、最初に断わっておきますけど、今回の内容はなんも無いんです。申し訳ナイトウィッシュ

火の無い所に煙は立たぬ、と言う言葉がありますね。「煙が出てるって事は、そこに火がある筈だ」と。つまり根拠がある筈だ、という言葉ですが……

俺が痴漢冤罪で捕まったとして、周囲の人間は皆口を揃えて言うでしょう。
ロイド君? いつかやると思ってましたね~」と。
怖いですね。その信頼感は。

まぁ俺の場合、着火した”歴”がもしかしたらあるかもしれないけど、いや!痴漢なんかしてませんよマジで、マジで!
歴って、ようはそういう、良い意味で”性的に面白いエピソード”が盛り沢山なので、疑われる道理はあるじゃん。
それって「火の無い所には~」に例えると着火点は別、もしくは無いけど、煙が出てるって事なのかなって。

そう。
俺の周りは煙だらけなんです。何にもしてないです。何にもしてないのに煙まみれなんです。
バイトから帰宅する道中、近所の小学校の近くを、スマートフォンを見てニヤニヤしながら歩いてたらパトカーが後ろからゆっくりと近づいてきて
スミマセーン、お兄さんこの辺の人かな?〇〇って場所分かる?
「俺:いや、分からないですね……
そうかぁ。ゴメンネー。(と言って窓を閉めて去っていく)」
なんて事があって。小学校の方を見たら、児童と保護者?の方がジロリとこちらを睨んでいるじゃあありませんか。
オイオイ、何もしてねえだろ?ただ、この”二次元エロ画像ブログ”の今日の分のエロ画像を見てただけだろう?

まぁこれは半分冗談ですが、職質は多く受けました。最近はめっきり受けませんが。
そんな感じで、実際は無実だったとしても、煙まみれですから即座に捕まりますね? 最高ですね!!

冒頭の転生してもウンコか醜悪なアバターという”煙”も、ようは火(根拠)があるだろうという事。
今回の場合はまぁ、俺のこの現世がこれだけ小汚く歪んでいる事が火になる、のかな?
あれ、合ってる?まぁいいや。へッ!今日もOLの椅子のニオイを嗅いでトリップしてきたぜ!ヒーハーッ!!!
そんな!wwゴミを見るような目で見ないでください!wwデュフフ!デュフフフ!!興奮するでござるwwwwww

えっと、

お知らせ。

Poisonous Wonderlandの特設ページはまた準備中(パスワードでロック)とさせていただきました
出来上がっていく様子を見れるようにしたら面白いかな、とも考えたんだけど、SNSと連動して告知するにあたって非公開のものが先に出たり、タイミングが崩れたりするのを避けようと判断しました。一旦情報を伏せた事もあって。
現在公開されている情報はジャケットがcoa.さん。そしてアリア役は狛茉璃奈さん。セラ役はまだ未公開!んで、冒頭ナレーションもまだ未公開!ですね。いつ公開しようか……?いつがベストなんだ?すげぇ悩む。
発売は来年の4月ですが、作品の公開は12月には行われます。作曲コンテストにこの曲を応募するので。

それで今、声優さんの音声トラックを弄ってるんですけど。
笑っている状態から、表情が真顔になっていく現象ってあるじゃん。
例えば友人と凄い楽しく昨日見たアニメの話をしてたら急に実家から電話がかかってきて、受話器ごしに「助けてェ!ッ殺される!助けッ…ツーツー」ってなったら段々、笑顔から真顔になっていくでしょ?表情筋がキレ~イに左右両方、脱力してくでしょ?
その現象が起きました。
いやぁ~ww幾ら声優さんとはいえね?サンプル音源を聞いてて実力を知ってるとしてもさww
俺の脳内のアリアちゃんのイメージを超え……られるとは、限らない……
……、…………
…………やべぇなこれ。

みたいなwwwwwwそれくらい現実から物語の世界に引き込まれました。
まぁ公開をご期待ください!マジで!是非聞いて、あらすじを読んで、色々と作品への想像を膨らませてもらえたら嬉しいっすね!

あと、
私事ですが、新しいDAW”REAPER”を導入しました。感想としては「やるなコイツ」です。
日本語化パッチを入れたので使い勝手も悪くはありません。まだ弄りきれては無いですけど。
そしてプラグインを弄りまくりたい人向けという認識も、なんとなく実感しました。ようは色んなエフェクトが入ってる訳じゃなくて、外枠だけ用意して、あとは自分でカスタマイズしていくDAWという感じなんですね。住宅の建設で言ったら、骨組だけです。
でもだから動作は軽いです。今まではAudacity、Domino、SONAR、Abletonを主に使ってたんですけど後半二つはライトエディションという事もあり(そしてバージョンも古く)、充分な機能は足りてなかったと思います。それでも今までそこそこのクオリティのミックスで作って来ましたが。
――というのも、DAWは古いけど、プラグインは市販のちゃんとした奴を入れているからね。

REAPERを入れたらアナライザーは普通に付いてるし、リバーブの残響だけPanを振れるし。この二つが超ビックリ。
今の普通のDAWだったらデフォルトで搭載されてて当然なのかもしれないけどね。捗る。
そしてWavesのHorizon(知らない人の為にカンタンに言うと”ミックスに大活躍するプロユースのエフェクト集”みたいなもん……の上から二番目に良い奴)も買いました。
――もういっそ買ってしまおうと。12月から俺はニートだ、だったらあわよくば、勉強してHorizonを使いこなして仕事として受注できるようになろうと。そういう魂胆もありつつ、購入。
なんで最上位のMercuryじゃないかって?色々調べてみて、Mercuryは必要ないという判断に至ったのと、内容物一覧表を見てこれくらいあれば充分だろうと思ったのと、あとは名前がカッコ良かったから!ホライゾン……Sound Horizon、Lost Horizon、ログ・ホライズン……最後は”ズン”だけど、何となく良さげだったので。(適当)

でも既にミックスが一つ上の次元へと昇華したのを体感しています。弄りまくりたい!ああバイト行きたくない!