「マイク」カテゴリーアーカイブ

歌をアライブに

手足口病って知ってる?
赤ん坊がかかる病気で、手足に斑点みたいなのがめっちゃ出て、痺れて動けなくなっちゃうんだけど。まれに抗体を持たない大人が発症する事もあるらしいんだよね。
まぁ、放っておけば治るんだけどさ。
21歳の時に俺の姉貴がその病気になって。暫くしたら俺まで感染したんだよ。
いやぁ……足が痺れて牛角の面接に行けなくなっちゃってさwwwwwwwベッドから1ミリも動けないっていう。せっかく牛角で活き活きと働くバラ色のアルバイト生活に期待を膨らましていたのに、台無しじゃねえか。

それからノロウィルス。婆ちゃんが買ってきた生牡蠣で一家全員罹病するっていう……。ゲロと人糞にまみれ「神よ、私は何か悪いことをしましたか?」と、己の人生を振り返っていたね。まぁ思い当たる節がありすぎて分からなかったんだが。
これは23歳くらいの時。云わばパンデミック。
しかもダウンした次の日、バイト先に無理矢理出勤させられたからね。そんな状態で「いらっしゃいませ」なんて言える訳ねぇだろ!ゼリーしか食ってねぇんだぞ!こっちは!

俺がいくら危機管理をしていても、実家で暮らしてると他の家族が病原菌を運んでくる訳で。何だろう。「俺が病気になる」という未来に向かって必ず収束するというか。
どんなに病気を回避しようとしても、予定調和で誰かに病気をうつされ、病床に伏す、みたいな。呪われてると言ってもいい。

あと、話が少し変わるけど、大学生の時農業を専攻してて、そこに「ニコニコおばけ」っていうあだ名の同級生が居たんだよ。いつもニコニコしてて、出来た人間だなぁなんて思ってたんだけど。
農作業の時、俺の横でソイツがしゃがんで雑草を抜いてて。俺はというと、地面にスコップが全然入らないから、スコップに乗っかって体重を載せて耕してたのよ。そしたら汗で手が滑っちゃって。
足を中心に弧を描いて、ニコニコおばけの痩せ細った背中に、金属製スコップが思い切りぶち当たったのよ。あれは俺の全体重が掛かってた。
……修羅みたいな顔してたね、あいつ。

何が言いたいかって言うと、どれも全部「アライブ」じゃないって事だな。
※あっ、コミックアライブ好きです。一番好きなのはディーふらぐ!です。

心身の健康と言いますか、安寧と言いますか。そういった要素はやはり大事にしていかなければならない。
歌も同じで、気持ちよく歌いたい、なるべく歌いやすい状態で歌いたい。これはボーカリストであれば、皆そうだと思う。

そんな訳で、今回は歌をアライブにする素晴らしいアイテムをご紹介したいと思います。
マイクや歌の話なので、興味の無い方は過去ログでも読んでいてほしい。申し遅れました、ロイドです。

Sennheiser e935」のレビューでござい。値段は18,000円くらいだったかな。
レコーディング用のコンデンサーマイクは幾つか持ってんだけど、スタジオやライブで使うダイナミックマイクは持ってなかった。で、スタジオで歌う時に「58」の限界を感じていて。ライブの時も大体「58」じゃん。
知らない方の為に説明すると、「58」っていうのはスタジオやライブハウスでほぼ必ずと言って良い程使われているマイクで、SHUREという会社の奴だな。
ダイナミックマイク(ようは現場用のマイク)で、まぁ別に「これ使っとけば問題ないっしょ?」みたいな汎用的なマイクだと思う。耐久性も高いからブン投げてもいいし、可愛い女性ボーカルが歌ったあとはグリル(先端の丸い部分)をべろべろ舐め回してもいい。そんなんだから世界中で愛用されてるらしい。

俺はマイクを選ばない主義だったんだけど、前述したように最近アライブじゃなかったのよ。バンマスとして荷物が増え、作業が増え、負担が増え……いえ、いいんです。
ただ、少しでも歌いやすい状況になれば、と。そう思ってマイクの導入を考えてた矢先の事。

この前セッションに参加した時、KUNIさん(HELL FIRE)から良いマイクを教えてもらって、試しに買ってみたのよ。――目からウロコ、いや……目からカウパーだね。
劇的に変化があった。特にウチみたいな、やってるジャンルがメタルで、父の仇と言わんばかりに爆音で演奏するメンバーが居るバンド。あとはキーボードが居たり同期が流れてたりで音数が多いバンドには革命をもたらします。素直に射精ですよ
58って少しシャリシャリしてる印象がある。それをミキサーのEQで下げようとすると、ほら……一般的なスタジオなんて「HIGH、MID、LOW」ぐらいしか付いてないじゃない。
HIGHを下げてもいいんだけど、全体的に音がこもる。MIDは上げるけど、そもそも細かな設定なんか無理なんすよ。
で、指向性が案外広くて周りの音も拾っちゃうから、マイクを近づけたり遠ざけたりで「手動コンプ」みたいなマネは出来ないのよね。(マイキングにも限界がある)

結局58は「歌にもギターにも使えます」みたいな製品だから、歌に特化してないワケ。
だけどe935は違う。
簡単な話、「何にでも使えますよ」って言ってるマイクと、「これはボーカル用マイクです」って言ってるマイク。歌に適しているのはどっちかって……答えは明白じゃないっすか。それくらいの差があった。
まず、中域が抜ける。58だと聞こえづらかった帯域が、聞こえてくる。特定の帯域をブーストしてくれてるからだろう。

ハイトーンだったり声を前に飛ばしたりすれば、そりゃあどんなマイクでも歌が聞こえてきます。でもさ、メタルでスタジオ練習に何時間も入って、ずっと声を飛ばしっぱなし……死ぬじゃん。そりゃあね、「でもプロの声楽家は凄い声量出せるからお前の力不足」とか「肺活量や筋力が足りてないからお前の力不足」とか
歌の技術でカバーできるからお前の力不足」とか、そういう意見はあるでしょう。
いや「うるせぇ」と。正論かもしれないが、今回は黙りなさい、と。そう、今回は「なるべく歌いやすい環境に」というテーマで謳ってるんだ、バーロー!

やってるジャンルも違うし、歌のスタイルや拘りも違う。当然発声法も違うし、性別も違う場合がある。
そんな中で、(特に専門的なPAミキサーもなく、色々と弄れないし時間も費やせないスタジオ練習の場合)声が埋もれたり、抜けなかったりするバンドは絶対居る。
技量でカバーできる事も多いけど、もっと簡単に歌を抜けさせる方法がある。それが、やっぱボーカル用マイクの導入だと思ったね。
「今までの苦労は何だったんだ?」ってなる筈。イヤモニを導入した時もそうだったけど。

それからe935の特徴として、指向性が狭い事が挙げられる。このお陰で、歌以外の音声を拾いにくくなってる。だから、さっき言ってた「マイキングによる手動コンプ」も効きやすいと感じた。

あと、このマイクだと歌詞が聞こえやすい。どういう事かと言うと、五十音のサ行とかタ行とか。ミキシングする人は分かると思うんだけど、子音って特定の周波数帯に限られるじゃん。
「サ行の子音だと〇kHz」とか。そういう帯域をピンポイントで持ち上げてくれているっぽい。だから聞こえてくる。
よく歌のレッスンで習うみたいに「子音は強く、力強く!」なんて、もう……いいんだ。無理しなくていいんだ!お前は頑張った!

っちゅうワケで、ミキサーと睨めっこをする必要もない。(そもそも、簡易的なスタジオのミキサーじゃ無理な場合が多い。補足として、ウチはMTRとかイヤモニとかもミキサーに繋げるから、グラフィックイコライザとか設定できないのよ。全部のパートに反映されちゃうから)

すげぇ雑だけど、比較してみたので下記動画でも見てほしい。場所はバズーカというスタジオだな。
全く同じ状況での比較は出来なかったんだけど、たぶんこれが分かりやすいかな。歌の技術やバンドの棲み分け、ミキサー……で、色々補填は出来るけども、
さっきも言ったとおり、リハという現場で、パートが多かったり、爆音だったり、限界はある。
なんだか歌いづらいだよなぁ。聞こえづらいんだよなぁ。気持ちよく歌えないんだよなぁ」って人はボーカルマイクの導入を検討するといいと思う。俺が買ったのはゼンハイザーe935でした。
歌モノ系のメタルはこれが良いのかもなぁ。現場で使ってる人ちょくちょく見かけるし。

◆導入前↓(マイクがこもりがち。他のパートを抑えれば聞こえるけど…)

◆導入後↓
マイクが抜けるので、他のパートの音量も上げられる。(それでも歌が一応聞こえてくる)

(↑これは高田馬場ノアFst。少し広め。同期の音量がちょっと小さいのと、スピーカーまん前だから歌がデカイとは思うが)

そういや、今月発売したバンドのCD。ディスクユニオンに委託させてもらってたんだけど、発売から二週間経たずに売り切れたっぽいんだよね。
お世話になっている営業部のNさんから追加のオーダーが来てたし……。
いや、本当ありがとうございます。再入荷したようなので、買えなかった方は是非、ネットでもお店でも、購入なさってください。

んで。次はフルアルバムをリリースしようとしてる訳ですが。これは現在鋭意制作中です。レコーディングしたり、作曲したり、メンバー同士で議論したり。
良い作品になる匂いがプンプンしてますねぇ。これはくんかくんかです。
ハァハァ、クンカクンカ!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!クンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!

チャーハンの玉子をフワッとさせるには、火を掛けすぎないのがポイント

もす。

前回宣告した通り、今日はコンデンサーマイクのお話です。
「え?コンデンサーマイクって何?」って人は知りません。置いてきます。ハイさようなら

……ん、ま、まぁちょっとだけ、知らないアンタの為にも説明してやるんだから。
んーとね、スンゴイ雑に説明すると、普段スタジオやライブハウスにあるのがダイナミックマイクというマイクで、衝撃に強い種類です。現場用みたいな感じです。
コンデンサーマイクは主にレコーディング用で衝撃や湿気に弱い種類です。お値段も高めです。はい説明終わり!

本題。長年NEUMANNのTLM102を使用してきて、特に不満などなかった。TLM102は2本目に購入したコンデンサーマイクで、最初に買ったのはRODEのNT3というマイク。
恐らく「RODE」と聞いただけで何人かは「あぁ~w」という絶妙な表情をしているのではなかろうか。
初心者でマイクのキャラクタを分かっていなかったという点と、スタジオでRODEのNT1やNT-2Aを使用した経験があった事から、購入に至ったんだけど。
ちなみにこれ、べろんべろんマイクをしゃぶり回していた所、お釈迦になった

――コンデンサーは湿気に弱いじゃん。職場で拾ってきたシリカゲルを箱にブチ込んでマイクを保管してたけど、いかんせんオレの部屋は湿度が異様に高い。
んで度重なるローションプレイも相まって、こいつとは死別してしまったんだよね。
※現在はデシケーターを設置し、コンデンサー等はその中で保管している。デシケーターはオススメです。

TLM102は良いマイクだけど、若干高音にキャラクタがある。良い意味でボーカルを際立たせる細工なんだろうが、ハイトーンでマイク乗り重視の発声をすると耳に付く、聞こえが悪い印象を受ける時がある。無論オレの声質に非が無いとは言い切れないけど。
そこら辺はEQで誤魔化していたのだけど、良いDAWやプラグインを購入して「音」の解像度が上がると(特にアナライザーの功績が大きい)、存外気になってきたんだよね。4年も同じマイク使ってるんだから新しいのを買ってもいいんじゃないか?と。色々な物を取り込んだほうが良いだろうと。エントリークラスとは言え値段はそこそこするが、姓名判断で「金の心配は不要」と書いてあったじゃないかと。それなら湯水の如く使ってやろうじゃないかと。

そこで、買うならキャラクタが無いか、薄いものを探してて。というか随分昔から欲しいマイクが2つあった。オーテクのAT40シリーズとAKGのC214だな。後者は少しキャラクタがある……ぶっちゃけ自分の声を通してみないと分からないが、「キャラクタありのマイクを持っているから、じゃあキャラクタ無しのマイクを購入してみた方が良いのでは?」という点でAT4040を選択した。

買うと、大仰な箱に丁寧に梱包された状態で届く。外箱を引っぺがすとこんな感じ。マイクとサスペンションホルダーと、ポーチ、あとマイクスタンドに装着する時の変換用ネジが同梱されている。あのね、ポーチは恐らく専用の入れ物として使ってください!って事なんだろうけど、
マイクを入れれば良いのかサスペンションを入れれば良いのか、分かんないんだよね。以前もオーテクのイヤホン(だったと思う)を買った時、専用のポーチが付属してきたんだけど……薄い布袋みたいなので、「え?これに入れるの?」って思った事がある。コンドームで言ったら「001」よ?破れますよ?中のチンコが怪我したらどうすんですか!……俺童貞だけど!
まぁ、なんでもかんでもポーチを付けてくるオーテクだが、SHUREのイヤホンを買った時は”頑丈な”ポーチに入ってきた。布製ではなく。ちょっと見習ってほしいと思ったのは内緒。

使用してみて
使ってみて、そうね……まずサウンドハウスとかのレビューで「付属のショックマウントが糞」って書かれてて、その意見に賛同する人達も多い事が唯一心配だったが、杞憂だった。型番が変わってますので、今後買う皆さんは安心してください。ただ逆さ吊りで収録する場合は分からない、マイクが引っこ抜けて落っこちるかもしれない。
でも逆さ吊りって確か、真空管の温度の都合とかで逆さにして録ってるマイクでしょ?AT4040なら逆さにする意味が無いと思うのだが……違うのかな。(見た目がカッコイイから逆さにしたい、というなら何も言わないケド)

こんな感じですね。次に性能、特性ですが。
非常にフラットに録れる」のが売りのマイクですが、付属の説明書の記事と実際に録ってみて、キャラクタは若干あります、実は。他のマイク同様10K辺りがブーストされてます。但し若干です。恐らく最低限の味付け……って感じだろうか。まるで町の慣れ親しんだ大衆食堂の婆さんが作るチャーハン、決して濃い味付けではないが程よい塩気とコショウ、そして固くなり過ぎないタマゴと優しさを感じる甘み。トレイで運んでくる時「味付けが薄かったら自分で足してね」と、テーブル脇にあるトッピングを勧めてくるのだが、いやこれが良いんだと。食べログのレビューを調べて味を分かっていて注文する俺達は、このマイルドな味付けが良いんだと、そう思った。

ある時、ふとその料理屋を訪れてチャーハンを頼んだ時、いつもより味が濃かった。
――婆ちゃん、今日の味付けは少し濃いね。
俺はそんな事を口にした。婆さんは特に何も言わなかった。
気にもせずチャーハンを平らげて会計をしている時、俺は、店主の爺さんが今日は居ない事に気付いた。いつもならこの時間、夕方の下ごしらえを整えている筈だ。厨房にもトイレにも、何処にもその影は無い。80歳過ぎであろう爺さんだったと思う。決して愛想は良くないが鼻につかず、嫌な感じはしない店主だった。皺の刻まれた額に頭巾を被りながら、細い腕で調理をしている姿が印象的で、チャーハンを注文すると「母さん」と妻の老婆に一任する。婆さんは一つ返事をすると、いつものあのチャーハンを拵えるのだ。
数日後、店はシャッターで閉ざされていて、入り口には貼紙が貼られていた。――”長年、ありがとうございました”と。年期を覗わせる達筆で、そう書かれていた。

商店街の食堂 – 了

えっと、

あれ?なんだっけ。何の話だっけ?
《どうしたら合法的に女子校生とセクロス出来るか》……についてだっけ。あっいや、風俗嬢が性病にかかった時それは職業病と呼ぶのか否かについての議論の最中でしたね!失敬

えーと。フラットに録れているという印象も分かるんだけど……フラットって言うと、若干マイナスのイメージを帯びていると思うんですよ。粗が目立つよとか、歌唱力に自信があるなら使いなよとか、ミックスで自分で弄れるならいいんじゃない?とか。
そんな評価があると思うんですけど、使えば分かります。超良いマイクですよ全然。ノイマンが高すぎるんじゃないか?TLM102に限ってもあと5,000円から10,000円くらい安くしてもいいんじゃないか、と思ってしまった。

確かに他と比べると高音の成分とかがナチュラルに聞こえてくるだろうから、ミキシングも殆ど出来ない人がミックスしてオケに突っ込んだら埋もれたり、なんか違うなぁ、なんて思ったりするかもしれません。(むしろそれを何とかするのがミキシングエンジニアの仕事ですからねw)
でもRODEは言わずもがな、TLM102ですら良くも悪くも「声が目立つ」んですね。ハイトーンでギャンギャン出すような人は悪い意味で目立つのかもしれません。AT4040はそんな事ありません。

じゃあ……ね、
ここまで読んでくれた方、しょうもない短編小説を読まされてご立腹の方、それから関係者の方、よく分からずこの文章を飛ばし読みしている方々の為に

9割出来上がりましたの!
フリアズ最新作、Poisonous Wonderland 1。クロスフェードですけどね!発売はまだずっと先だけど……
この後半のボーカルはAT4040で録り直しました。悪い印象を吹き飛ばすレベルだと思うけど。
あっ、前半の声優さんは狛茉璃奈さんです。俺じゃないです。

Kamelotは好きでよく参考にするんだけど、ボーカル交代前も交代後も、歌のミキシングが中々再現できなかった。それはボーカルトラックの8,000Hz以降に大きな違いがあったんだと思う。だいぶ近いでしょ?(まぁ選曲はさておき、大体こんな感じ)
メタルサウンドの中では別にTLM102でもいいんだけど、アコースティックやバラード、そういった楽曲に使うとなんか目立ちすぎる。歌唱法がフラットじゃないので、マイクのキャラクタも強いとなんか歌が妙に目立っちゃうんですね。だから高域がブーストされ過ぎず、ポップスやロック、バンドサウンドからするとちょっと控えめな音作りにしたかったんです。いや~良いですね。