Wavesプラグインを新しく入れたら古いバージョンが消されて使えなくなった件

全然関係ない話だけどLiSAはTwitterで、ファンにフォローを返す事もあるみたい。七分の一くらいは返してる様子で。

――実はこないだTwitterでLiSAにフォローされました。総合アカウントじゃなくて、冒険王アカウントの方ね。
実際に冒険王をフォローするか過去のタイムラインを遡ってもらえれば分かるが……あのアカウントは碌な事を呟かない。隙あらば下ネタを捻じ込んでくる。
思うに、下ネタにも等級があって「ウンコウンコ」とか「チンポ!」とか……これくらいならまぁ、許容してくれる人も多いと思う。バカだなって思われる位で済むと思う。

でも例えば「下腹部を触らせてください」とか「起床、着床。今日も頑張りましょう」とか、いやこれ普通にただ気持ち悪いだけじゃない!!
悪い意味でA5ランクでしょ!ドラクエで言ったらバラモス級だぞ!!そんなアカウントをよくフォローしてくれたなッ!!と。何かの間違いだよな!?と知人に即座にラインを送った程でした。だってプロフィール欄に《女子中学生が好きです》とか書いてあって、加えてあのアイコンだろ?どっからどう見てもヤベェ奴だろ。それをフォローしてくれるって……
いや本当に何がなんだか……でもありがとうございます!

よくこんなのをフォローされましたね……。

とか言ってるけど、もしかしたらこれを書いている時にはリムられてるかもしれないんだよね。どういう事かと言うと、実はこれ、投稿予約っていう機能を使ってて。
例えば、書いたのは11月18日だけどブログが投稿・表示されるのは11月20日に!とかに設定できる事に気付いたんだよね。なのでこれを書いている時、もしかしたら俺はもうこの世に……って縁起でもねえ!!

今回は関係ない人にはなんのこっちゃですが、どうしても書いておきたい。
Wavesのプラグイン(V10)を新しく入れたら、古いプラグイン(V9)が使えなくなった、という人への情報提供です。
Wavesのプラグインを購入して、管理ソフトのWaves Centralを新しくインストールして、買った製品をアクティベート・インストールはしたものの、そしたら元々入っていた古いプラグインが消去されて使えなくなってしまった……という方の中で、有志の方々がネットで提供している記事や情報を試したけどダメだった、復旧できなかった方に、もしかしたら役立つ情報です。ここ1週間粘ってようやく解決したぐらいなので、一から説明はすんません……厳しいっす。他のサイトを見て試行錯誤して、それで解決するなら良いと思うんですけど、
でも一応まとめられているサイトさん貼っておきます。無断転載ゴメンなさい。

Waves製品を追加購入した場合のインストール方法

Waves V9 旧バージョンのインストール手順

WAVES CENTRALトラブル解決方法。プラグイン問題解決!

Waves Centralにバージョンアップしてプラグインが読み込めなくなったとき【私の場合】

【Logic】waves V10 インストール後にV9に戻す方法【失敗談】

はじめてのWavesのインストール

Waves (WaveShell-VST 9.91_x64.dll)が読み込めない時の対策

はっきり言いますがサポートセンターの方も詳しく把握できていないみたいです。(自分でなんとかするしかない!)
詳しくは後述ですが原因はライセンスか、インストールか、DAWのプラグイン検索か、どこかで死んでる可能性があります。

筆者のログを辿るので、近い人は参考になるかも。
①2014年にVocal Nativeを購入(V9.2)。同時にWaves License Centerを導入。使用を継続。WUPはせず。

②2018年に新たなバンドルHorizonを購入(V10)。Media Integration社のサイトに記載されている通りに進めて行ったら、古いVocalが消える。
しかもWaves License Centerは”パスが見つかりません”との事で開けなくなった。
Horizonは使える。よく分からず、CentralからV10のVocalを入れてみるが使えず(V10のVocalはライセンス無し。俺のはV9なので)。
DAW上では”そのプラグインはパスが見つかりません。エラー”と出る。(消されてるからそりゃそうだ)
なのでMedia Integrationでも公表されてるやり方に準じて、Waves公式サイトのレガシーなんちゃらからV9.92を落とし、オフラインでCentralからV9のVocalを入れてみる。が動かず。

③Waves公式サイトで自分のライセンスを確認したら、有効ではある様子。Centralを起動して確認すると「Untitled – Disconnected」との表示。ようはライセンスは有効なんだけど、Centralが認識できずに居る状態。だから使えない。
調べると、どうやら以前Wavesを使用していた時のネットワーク状態(NIC)から別のものに変えてしまうと、ライセンスが認識されなくなってしまうらしい。これはインターネット回線だったり、ネットワークアダプタ関連(Bluetoothとか)を変更すると、それを元にライセンスIDを判別している為、別のPCだと認識されてしまうのが原因らしい。
変更したかも覚えてないし、ネットワークアダプタを無効にしたりしたが直らないので、ライセンスをリカバーする。

④ライセンスはOSに戻ったが、まだ使えない。前にV9のVocalを入れたときはライセンス復活する前だったから反応してないのかも(しかもライセンスの持ってないV10のVocalも入れちゃってたな)と思い、Central起動してV9製品を全てアンインストール(アンインストールしてもライセンスは消えないです)。そして再度、レガシーなんちゃらを落とし、V9のVocalを入れ直す。が使えず。

⑤ディレクトリ内に一応プラグインは入ってはいたので、インストールは出来ている。今度はDAWか?と考え、Plug-Ins V9フォルダをプラグイン検索に指定し、検索。使用可能となった。

俺が思うに、原因はライセンスかインストールか、DAW検索。3つのどれかです。

■ライセンス状況に問題がある
→PCを変えたり、ネットワークアダプタ(NIC)をインストール前とで変わってると、違うPCだと認識されて「Disconnected(切断状態)」となるので、元の状態に戻せるなら戻す(アダプターを無効にするらしい)。元に戻せない場合はライセンスをリカバーする(一年に一回のアレ)

■インストールに問題がある
→古いプラグインや間違ってインストールした違うバージョンのプラグインと、新しく入れたものが干渉しているので、Centralを開いて一度プラグインをアンインストールして、入れなおす。

■DAWのプラグイン検索に引っ掛かってない
→俺の場合Program files(x86)、Waves、Plug-Ins V9を指定
最終的に、使えなくなったプラグインが収納されてるディレクトリを検索するよう指定し、検索のキャッシュをリセット後、再度検索。(キャッシュリセットはREAPERでのやり方。)

※V9.2やV9.92などありますが、”9”が合ってれば大丈夫なようです。
※アクティベート段階でエラーとなってる人が居らっしゃるみたいですが、そこは経験してないので分かりません。
※インストールするとProgram File(X86), Waves, Plug-Ins V9に入っています(32bitの場合か?)。
64bitならProgram Files, Vstplugins……かも。分からん。
備忘録と半ば推測の記事です。ある程度は自己責任でお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です