Lloyd のすべての投稿

Our life should be free as a bird. I think so.

NO MONEY, NO LIFE

コンチワ、ロイドです。今回は色々お知らせがあります。

えーと、まず初めに、pixivFANBOXを始めました。

これは俗に言うパトロンサービスですね。支援サイト、ファンコミュニティサイトとも言うんでしょうか。
今では殆どライブをしなくなったゴーストバンド、オンラインバンドみたいなフリアズですが、個人的には色んなものを発信したくてウズウズしてるんです。
で、お誂え向きのコンテンツもたくさんあるもんですから「よし、やろう」と。現場猫ばりの杜撰さと見切り発車っぷりで40秒でアカウントを作ったところ

これ……投稿するとマズくね?

みたいなコンテンツが、結構ある事に気付いたんです。
例えば第一線で活躍しているアーティストの裏話とか。
例えば口に出すのも憚られる、闇に葬られたバンドフェス○○2018の事故映像とか。これを無料で公開するのは如何なものか、と。自身に問うた訳ですよ。
で、まぁアーティストやクリエイターのマネタイズの一つとして使われるパトロンサービスですが、pixivFANBOXやってるバンドって少ないと思うんですね。
ライバルも居ないし、やってみるか……と言う事で始めたんですが、パトロンなのでお金を払ってコンテンツを楽しむ形式になります。

「金取るのかよ!」という意見はすげぇ理解出来るんですが……ぶっちゃけ小銭です。数百円でバンドの音源とかスタジオ練習の様子とか裏話とか、そういった限定コンテンツが視聴・閲覧出来ますので、ええ……気になる方は何卒よろしくお願いします。

あと、月額のコースは幾つか用意しますので、お好きな料金のを選んでください。モチロン、飽きたら退会も出来ます。
※頂いたお金はスタジオ代などに費やさせていただきます

・音源
・バンドのスタジオの様子
・裏話、面白?話
・未公開映像

……などを予定。毎月1日(頃)に更新していきマス。

ちなみにFanbeatsというサービスも始めたんですが、それもpixivFANBOXと同じです。
同様に限定コンテンツを配信予定です。

それから、noteも始めました。これはフリアズ名義ではなく、僕の個人名義で、ですね。

noteは……何て言うんですかね。ブログサービスみたいなもんですかね?
知っている方も多いと思うので省きますが。音楽や画像も投稿できるブログ型のSNSみたいなもんで、投稿するコンテンツを無料で公開するか、有料で公開するか選べるんですね。(まぁ!すごい!)

実はnote。結構前から知ってたんです。
その時は「くるりしかやってねぇじゃん!」とかバカにしてたんですけど、
いつの間にか大きなサービスになりましたね……!(まぁ!)

で、その内容ですが。
言うても、書きたい事は普段からここで書けてるんすよね。どうでもいい超個人的な事。引くレベルの下ネタ。罵詈雑言。特定の人物への誹謗中傷。えぐいジャンルの記事など。(半分冗談です)
これからも、このフリアズのブログにはめちゃくちゃな事を書いてやろうと思っているので、そうするとnoteで書く内容をどうしようかと悩んでいたんですが、noteにはボイストレーニングや歌に関する雑記を書く事にしました。
高校生の時から記録し続けているノートがあって、ボーカル教室で習った事、実際に歌って分かった事、調べた情報、知識、経験……10年以上書き続けてきました。その内容を順々に追っていこうと思っていますので、気になる方は是非。

これ、オススメですよ。僕自身、歌がすげぇ上手いワケではないですが、長くやっているから知っている事は多いです。
そういった情報を、教室やレッスンに通わずとも知れるっていうのは、良いですよ。金も掛からないし、教室選びに失敗する事もないし。
師事した先生が若い女性でボディタッチが多い上におっぱいがデカくて気になっちゃって、レッスンに集中できなくて半年で退会するという悲しい出来事もないし、ね!

一応、暫くは無料で記事を公開していく予定です。毎月1日に、これも更新します。(投稿遅れたらすみません)


まぁそんな訳で。pixivFANBOX、Fanbeats、noteを新たに始めました。
全部マネタイズが掛かってくるサービスです。「おいおい、金集めに必死か?」とか言われそうですが……いやー。

「今年はMVを撮る」っていうのは、昨年から吹聴してるので知ってる方も居るかと思います。
で、パイロをやるぜ! って企画してたんです。
ちなみにその件に関しては前回の記事を(http://www.freeasbirds.biz/?p=2776

それでテロ、もとい……爆破・炎上できる所を探して幾星霜。まぁ結果に関しては今後、どっかで発表すると思います。
これがまた……色々と大がかりな企画なので、制作費で総額40万くらい掛かるんですね。

そりゃ必死になるでしょ! 金が無いんですもん!
パトロンも手、出しますよ!
ここだけの話、財団に助成金も申請しましたよ!

申請、すんげぇ大変でした。説明会で千代田区の市ヶ谷まで行き、熱心に勉強し、ワードとエクセルで20枚近く書類を作りました。
フリアズをちゃんとした団体として申請する訳ですから、そうすると杜撰な運営体制が露わになるんですよ。(まずトップが、ゴミ)
「メタルをよろしくお願いします」という意味不明な会則。一ミリも分からない財務状況。空白の決算書……。
この記事を見ている任意団体の方がもし居たら言っておきます。

――帳簿は付けておいた方がいいです。てへぺろ!

特効(特殊効果、パイロ)を検討しているのだが

演出の一環として、ライブのステージで火柱が上がったり、火花が飛んだりする奴。あれは「パイロ」とか「特殊効果(特効)」と呼ばれる奴らしい。
海外アーティストのMVなんかでもたまに見かけるが、うちもミュージックビデオでアレがやりたくて検討していた。んで、色々と調査したので参考にして貰えればと思う。
で、もしこの記事が役に立ったらコメントでも貰えれば嬉しいです。
遅れましたがこんばんは。ロイドです。

えっと。
色々と調べ、あちこち電話して分かったのは「そりゃあ日本でパイロは中々出来ないね……」という悲しい現実だったんだけど。
問題は予算場所。この二つが大きい。貧乏人にはまず無理(どれくらい掛かるかは後述)で、最低でも数十万は必須。

火をブッ放していい所だって世の中そう多くない。許可を取れないと業者は呼べないから河川敷で勝手に燃やすのは却下だし。
公園だって花火禁止が多いし、やっと花火OKな公園を見つけたと思ったら「打ち上げ花火以外なら許可」って……
おま、火柱なんか到底無理じゃねぇか!

ちなみに屋内は火気禁止が多い。これは火災予防条例、火薬類取締法なんかが関係してくる。
若干省くけど、東京都では屋内での火気使用は条例で禁止されてるので、使いたい場合は消防に申請をしなきゃならない。
……でもこれって危ないから禁止されているんだよね。
「火、使います」って言って、もし快諾してくれる奴が居たら……多分、そいつはどうかしてる。

逆に、屋外は火薬の量の規定はあれど、火気の使用自体は届け出を出せば問題ない。だけど許可してくれる人や場所が見つからない。
そう。この記述を読んでいる人はきっと、炎上・爆破を検討中の人、それからパイロをやりたいけど場所が見つからない、って人が大半だと思う。
まぁ……コネクションがあればね。知り合いが経営してるとか管理してるとか。そうなると話は別だけど。
前置きが長くなったが、その辺を詳しく書いていきます。


場所

演出で火を使う。つまりこの場合「爆破、火気使用がOK」と言う場所になる。撮影に使える私有地がある(もしくは知っている)なら話は別だが、
都内にはまず無かった。簡潔に言うと、見つけたのはこの2つだ。

■千葉(長生郡)のロングウッドステーション
http://www.longwood.jp/index.html
■茨城(常陸大宮)の松井建設
https://kantounoarizona.jimdofree.com/%E7%81%AB%E6%B0%97%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

レンタルスペースなんかと同じで、当たり前だが敷地を借りるのにお金が掛かります。こういう場所はガチなので1時間数万円掛かるみたい。
両方ともそれなりに値段は掛かるけど、近場の人は良いんじゃないだろうか。

ちょっと話が逸れるけど、キャンプ場なんかも地面に直火はNGの所が多い。キャンプ場、BBQ場を虱潰しに当たればパイロがOKな所があるかもしれないけど、
じゃあ「火気、OKです」ってなったとして、ここで問題が一個増えるんだよね。何かって言うと、撮影がナイターだってこと。

夜に撮影したいのよ。今回、ウチはミュージックビデオの撮影で火を使いたいんだけど、海外のメタル系のMVとかでよく見かけるとおり暗闇とか薄明かりの中での
フラッシュ、ファイアがやりたいのよね。屋内じゃないから、そうすると必然的に日没以降になる。
……BBQ場って、その時間やってなくね?
キャンプ場の場合は多分宿泊費が追加で必要だったり、宿泊客が使うのでBBQ場は一般の方は使用できません! ……とかね。

ちなみに俺が子供の頃「SASUKE」っていうテレビ番組がやってて、めっちゃ火を使いまくってた。だけど、その撮影場所である緑山スタジオ。
ここも電話したけど断られました。今は火を使った撮影とかは断ってるんだと。
ちなみに公式サイトに広場の使用料金がいくらか書いてないけど、聞いたら1時間25,000円だそうです。


業者

特殊効果をやってくれる業者さんは、調べた感じ幾つかある様子。
GIMMICKさん。SPARKさん。酸京クラウドさん。他にもあるみたい。東京都が殆どなので、ロケ場所が遠いとそれだけ移動費・運搬費がかかるので注意。


費用

皆気になるのはここだろう。どっかのブログでケツメイシのライブに関する手記があって、“パイロは一発で2~3万”とか書いてあった。
風俗みたいなもんか……とか思いつつ業者さんに聞いた結果、まず人件費は一人数万円らしく、最低二人は必要な様子。移動費は……場所による。
炎・煙火の特効にも色々種類があるんだけど、それなりに撮影でちゃんとしたクオリティの物ができるレベルだと、まぁやっぱ30万~は欲しい印象だった。
勿論、ディズ〇ーランドのような馬鹿みたいに花火をぶっ放す演出は無理よ?

ここだけの話、予算「20~30万で考えているのですが……」と話したのよ。そうしたら「頑張ってフレイムボール4から6かなぁ……」らしい。
この数字は4発じゃなくて4台だとは思うんだが……うん、そう。やべーのよ。値段が。
他の業者さんに聞いてみた感じでも、種類は違えど機材が一台15,000円~25,000円って印象だったなぁ……。
だから特効業者代で括ると人件費+運搬&移動費+機材費=…………ってことだよね。
そこに撮影費、ロケ地のレンタル費、ギャラ等が掛かる場合もある。
あと映像編集にかかる部分も忘れちゃイカンな。

In Flamesの上の動画だと……俺の見立てでは制作に80万円以上は掛かってるとみた。
(ちなみに俺は観覧車で撮ってるDeliver Usが好き。これもバックで盛大に花火が上がってんだよなぁ……)

こんだけ爆破爆破言ってるとテロリストだと思われそうだけど。
こういう情報ってあまり出回ってない割には需要があると思う。

そんな訳で、あと一箇所交渉して、ダメなら一時撤退を考えています。

幾つか追加!

オッス。ロイドです!

今回はただの告知です。
まず一個目。HPにLYRICSのページを作りました。フリアズの代表的な曲だけなんですけど、英語と日本語、両方で歌詞が見られるようになりました。
今までに作った曲、アルバムだけでも相当あるんですよ。なので省略する感じになってしまいましたが、「この曲の歌詞も知りたい」とかあればジャンジャン言ってください。更新しておきます。
……ま、多分そんなメッセージ、来ないんでしょうけど……!

次。BASEを始めました。アレです、誰でもネットショップを開設できるサービスですね。以前から気になってたんですけど「BOOTHやってるし必要ないかな」と、放置してました。
グッズやノベルティはずっと作りたいと思ってたんですけど、元手も掛かるし需要もないんだからやめろ、と自らに言い聞かせ……。
ですが、BASEだと受注生産で販売できるみたいですね。つまり、デザインを決めて専用サイトに商品イメージを登録しておくだけで、コストは掛からないんです。
あとは注文が入ってから生産されて、お客さんの所へ届く仕組み。で、デザインはブラウザ画面で制作するので、超ラクなんです。
何で気付かなかったんだろ?(サービスが新しくなっていたのか?)

BASE

運とウ〇コとファ〇リーマート

前回、ブログで「アーティストが売れるには運とコネだ!」って言った。ぶっちゃけ暴言だと思う。
まぁ勿論、これは技術や楽曲、ビジュアル、個性、人間性、エトセトラの必要なもの全てが揃っていても売れないのなら……という条件付きの話なのだが。
コネクションに関しては前回少し述べたので、今回は「」について書きたい。

あ、初めに言っておきます。今回超長いです。
そして大した話は一切しません。ゴメンナサイ。

……さて、突然だが俺は運が良い方だろうか。
一年に4度の風邪をお召しになり、数々の奇病にかかり、ウンコを漏らした、この俺。
Windowsがクラッシュし、部屋にカビが生え、ブラックバイトで心と体を蹂躙され、
フリーアズバーズというバンドを結成しようものなら曰く付きの錚々たるメンバー(クレイジー界の重鎮たち)が集まり……
エアーバンドで、ギターソロの最中にローションを顔面から被るという最高の初ライブを終えたのが5年前。
繰り返し問うが、運は良い方だろうか……?

話が逸れるが、子供の頃から、俺は多汗症だった。
で、握手とかすると「うわー!お前の手、ベトベトで気持ちわるい!!」とかよく言われてた。
まぁ、確かに気持ち悪いと思う。何でこんな汗出てんの?ってくらい手から汗が出る。
真冬でもメッチャ出るから季節とか関係ないし。テストの答案が湿ってビリビリィ!って破けるし、
鉛筆で書いたそばから文字が滲んで消えてゆくという……。
「あれ?なんかお前のキャンパスノート、和紙みたいになってねぇ?」とかザラだった。

でも深刻に悩んだ事は無かったような。理解のある奴等ばっかだし、何か多汗症のヤツ結構居たし。
あとラグビー部に「キム」って呼ばれてる巨漢が居たんだけど、そいつは運動すると全身から蒸気をあげててルフィのギアセカンドみたいだったし、とにかく汗で差別的な扱いは受けた事がなかった。

一応説明すると、緊張したり運動したりすると汗は出るもんだけど、その度合いが強い人……みたいなのが多汗症で。
個人差があって、俺みたいにヌチャ……ってしてるヤツも居れば、コイツ、この後死ぬのかな?っていうレベルで
手から滝のように出してるヤツも居る。ちなみに後者は同級生に居た。(掌をグッと握ると、水溜まりが出来るレベル)

ニュースで性犯罪がたまに取り上げられてて。「男が体液を女性のコートにかけた」とか「体液の入ったビンを投げつけた」とか。そういう話を聞くじゃない。それでまぁ「体液」ってアレなんだろうけど……。
この場合の罪状は器物損壊になるらしくて。汚した結果修復というか、クリーニングなのか捨てるのかは分からないけど、
「汚破損」って言葉があるくらいだから、この罪状で合ってるんだと思う。

例えばの話、だ。俺がめっちゃ汗ばんだ手で女性のコートに触ったとするじゃないですか。体液が付着しますよね。
……これって器物損壊になるの?

休日の深夜、デトックスを過信して全身から水蒸気を上げてマラソンしてて、辺り一帯が霧に包まれるレベルで悪臭を漂わせていたとするじゃないですか。
その状態でたまたま入ったコンビニで棚から商品を取ろうとしたら触ってしまって。「あ、すみませ――」「きゃあああああああ!!!」みたいな。
従業員が駆けつけて「今、セコム呼びました!!」

テンテン♪、テンテン♪、テンテン♪
《こちら、警備会社のセコムです。現在、遠隔監視システム作動中です》

プルルルル……プルルルル……!

……みたいな可能性はあるよね?
体液、汚す、精神的ダメージを負わせる……ここまで一致してるわけですよ。これは……無罪なんですかね?

仮に。じゃあ仮に真冬の空の下……ツイッターで二次エロ画像をいいねしながら歩いてたとして。
近所の幼稚園の曲がり角でケータイでシャミモモの百合画像を見てニヤニヤしながら、出会い頭に女性とぶつかりそうになって
コートに触れてしまったとするじゃないですか。
……まぁ冗談はさておき、スマホの画面を見られなかったとしてもアウトではなかろうか。
染みになってたら「うわ!何これ!染みになってる!!さっき幼稚園の角で女児を目で舐め回していたタイ人みたいな顔した不潔でダサい服のロン毛の仕業ね!?」
みたいになるわけじゃん。
そう考えると、器物損壊が成り立つんじゃないかなって。

触れるだけで損壊させる力。イマジンブレイカー。科学と魔術が交差する時、物語が始まって俺は電気を操る美少女やベクトルを操る白髪頭のヤベェ奴に絡まれながら
壮大なストーリーに巻き込まれていく事になるのかな……。

そう、中ニ病の始まりですよ。あと精神鑑定も……。

ちなみに多汗症のヤツって多いし、芸能人でも居るし、ね?いや俺はそこまで気にしてないんだけど、例えばクラスで一番の美少女とフォークダンスで手を握ろうものなら、恐らく次の日殺されてるわけじゃん。
そう考えると、運が良かったな、と。俺は運が良い方かもしれない。

頭のネジがぶっ飛んだメンバーが居たからこそ「まずい……俺が何とかしなきゃ!」と頑張れたし、出来る事から優先して実行した。
今の俺があるのは過去の経験のお陰だし、捉え方で運が良いとも悪いとも言える訳だが、ポジティブに考えていきたい所だ。
うん、きっと俺は運がそこそこ良い。

話を戻すが、運ってのは巡り合わせ。幸運、不運、そして運命。そういった物の事を指す。
大多数の人の意見としては「人間の力では左右できない、非科学的な力・はたらき。でも運が良い方が嬉しい」だと思う。
まぁ深く掘り下げると、只でさえ長い文章が更に長くなるので……ある程度割愛させて貰う。

運ってのは確率であり、日頃の行いを良くしたからといって確率が上昇する事は無い。
ただし、敬虔な信仰者やその筋の人達からすると「意志(気持ち)の力で運は変えられる」らしい。うちの母親もそうなんだが。

まぁ、俺はそう思わない。とは言え、だ。
直接の関係はないと思うんだが、意志や気の持ちようで結果が変わってくる事はある。何かって言うと、善行が後々響いてくる可能性があるって事だ。
誰がどこで見ているか分からない。良い行動を取った結果人に好かれるとか、良い話が回ってくるとか、「ちゃんとしよう!」と心がける。そういった言動の積み重ねが運、すなわち結果に繋がってくる事はあるんじゃないだろうか。
それを信仰者は直接のイコールで結び付けているから「意志の力で運は変えられる。信仰の結果だ!」と捉えているに過ぎない。
……異端だろうか?まぁ日本は神様いっぱい居るし、何がしかを(ほぼ無意識レベルで)信仰している人は多い。
体・環境の変化が起きやすい時期に何かトラブルが起きやすいけど、昔の人は原因がよく分からないから「厄年」って言ってたんだろう。ずっとそう思ってたけど、やっぱそうらしいじゃんね。結局、突き詰めれば理由はあるって事だな。

つまり、だ。すげぇ雑にまとめるけど、運を良くする方法。それは「良い行いをする」のと「ポジティブに考える」だろう。
風邪を四度引くのは運が悪いからではない。体が弱っているから。
ウンコを漏らすのは……まぁ肛門括約筋の衰えか体調不良か「ん?おならかな?ああッ!行っちゃったァァァ!!!!」だ。俺は後者だ。
あと、悪い事が続く事も普通にある。「嫌な事があったら次、良い事があるさ」なんて無責任なことは俺は言わない。どちらかと言うと「やまない雨は無い」理論に近い。
確率も綺麗に良い事→悪い事→良い事→悪い事……と交互には起きない。
実際は偏りが生じるのが普通らしい。言ってしまえば、これが「運の流れ」の正体とも言える。良い事が続く時がある。
逆に、悪い事が続く事もあるんだが、これを「ああ、俺は運が悪い」と錯覚してしまう。これらはクラスター錯覚って呼ばれる奴で、実際は均等なのに偏りがあるように感じられ、規則性を見出してしまうらしい。
ともかく、そこで心が折れてしまったり、やらかしてしまったりすると……どん底へと落ちていくのではないだろうか。

「運はどうしようもない」と俺はよく言うし、言葉の通りではあると思うんだけど。
それが出来ないから、間接的に関係するであろう努力と善意を蔑ろにしてはいけない、と思う。

そして、そんな善意を蔑ろにして早10年。
笑顔、やる気、職能。3つの大事なファクターをドブにかなぐり捨てて、ファ〇リーマートで勤続10年を迎えました。
だってコンビになれないような頭のおかしい客がいっぱい来るんだもの。
え?でもクソ客が来る確率は変わらないからどうしようもないって?
しかもそれは善行を怠った結果、お前に降り掛かってきた結果(運)だって?

ぐうの音も出ねぇじゃんよ。
クッソ!勤続10年のミュージシャンはファミラジに出演とか、ないのかよ!
俺はまだファミリーじゃないのか!?
ファミリーってなんだ!?

思うに、これは運ってより「コネクション」なんだろうなぁ……。
ちなみにファミラジってのは店内で流れてるラジオ放送の事ね。

餅は餅屋。広報はパブリシスト、メタルは北欧。CDはディスクユニオンで

歳なのかな。
いや、まだ耄碌するような年齢じゃないし、二十代。性の乱れと共に若年化しつつある人間の精神年齢を鑑みると、言わばまだ思春期。青春まっしぐらの筈なんだけど。
これTwitterでもちょっと呟いたんだけど企業さんからのメールをやり取りしてたら、ふとした瞬間
ピチャピチャ…チュル、ジュバ!ジュババ!っていう音が聞こえてくるのよ?
え、何?ネズミ…?とか思ってドアを開けてみたり窓を開けてみたり。隣の部屋かと思って聞き耳を立てたり……
そしたらさ、ヘッドホンから漏れ出たASMR、耳舐めボイスの音だったんだよね。

聴いてる途中で放置して、そのまま垂れ流しになってたようで……奇行、というか怖くね?
ASMRを聞き漁る無職童貞28歳の行く末も恐ろしいけど、ネズミだと思ってその辺を軽く索敵し始める俺の駄目人間っぷりが。
歳、とは思いたくない。

あと、この前バイトの休憩中にケータイ弄りながらシュークリームを食べてて。食ってる途中で後輩に呼び出されて、一旦離れて、また戻ってきたのね。
そしたら「ケータイなくした!?」と思って。
ポケットにいつもケータイを入れてるんだけど、帰ってきたら無くなってるのよ。
え、そんな短期間で?どこで?レジ行って戻ってきて…、まさかポケットに穴空いた?とか思ってゴミ箱見たら、ケータイが捨ててあんの。
何かシュークリームと一緒に捨てたみたいなんだよね。そんな事ある?って思ったけど、様子から見るにそうらしいんだよね。

スタジオで「あれ!?マイクから音出ない!!」とか思ったらミキサーのボリュームがゼロになってたり。
何なの?いや、分かってる。分かってるんだ。言わないでくれ……バカは馬鹿って言われるの気にしてるんだ。あっ、バカって言っちゃった!!

まぁ、そんなワケで本題に移ります。パブリシストの導入案でしたね。
(前回の記事に関してはこちらhttp://www.freeasbirds.biz/?p=2495
前回、ちゃんと説明しなかったので軽く触れますけど「パブリシスト」ってのは広報のエキスパートみたいな人材の事を言います。
広報担当みたいなイメージなんだけど、具体的にどう売り出すか、戦略的なプロデュースも含めて、メディアに向けてPRを行う人達だ。
そして、ここが一番大事なんだけど、この人達は独自の人脈をメディア業界に持っている。そのコネクションを活かして広報やプレスリリースを行う……と俺は勝手に思ってるんだけど、当たらずとも遠からずなんじゃないかな。

今、フリアズが欲しいのは運とコネなのよ。自論ではあるけど。音楽良し、見た目良し、人間性良し、個性良し……それでも売れないアーティストは星の数ほど居る。運はどうしようも無いから、じゃあコネクションをどうにか出来ないかな、と。
実際、ここ数年「ああ、やっぱこの業界コネクションだな」と思う事がたくさんあった。
誤解がないように言うと、決して「俺はイケメンだから、あとはコネクションだけだな」って言ってるワケではない。それに技術やサウンドだってまだ良く出来る部分はある。でも、売れるように日々努力しているアーティストの諸兄らは思う時がある筈だ。
え?こんなヤツが売れたの……?」って。僻んでる訳でもないし、貶めるつもりもないし、実例を挙げるつもりもないけど、そういう事例ってあると思う。
アーティスト然り、アイドル然り、どの界隈でもある筈だし、その人達も別にコネだけでのし上がってきた訳ではない。ただ、コネがあった結果……という事だ。
まぁそんな訳でコネクションが欲しかった。偉い人に媚びを売ってゴマを擂って、靴を舐め回して俺はWACKENに行くぜ!……そう考えた。ハハッ、冗談だよ。

まぁパブリシストに関して、詳しくは前回の渡辺謙さんの動画見て欲しい。長いけど、タメに成る筈。ようはそういう担当を、海外では売り出したい個人につけて戦略を手伝わせているという事だ。
で、以前からウチもパブリシストを雇おうという動きがあったんだけど、探しても探しても見つからない。そう、日本にそもそもパブリシストが殆ど居なかったのよ。
ならば自分で体当たりだ!と思って博報堂などのPR会社に自らメールを飛ばしてみたりしたけど、掠りもしない。総スカンという……。
一応今、某有名メタル雑誌にコンタクトを図ってはいるけど、恐らく無理だろうなぁ……。

ちなみに、得体の知れない零細PR会社(広報会社)に依頼したとして……まぁそれも試してみてもいいんだが、本当に効果が得られるのか心配だったのと、案外高くつくという事がネックで毎度お馴染の得意技「問題の先送り」となっていた。

ちょっと話が逸れるけどフリーペーパー、海外のレビューサイト、日本のレビューサイト、それから海外のメタル版ウィキみたいなサイト、動画サイト。そういう所でフリアズが載りつつはあった。最近で言うと悶絶メタルのページにレビューが載ったようで、地味に嬉しい。(出来ればラスト・カンパネラをレビューして頂きたかった……!)
あとはNAVERにまとめて頂いたり、宣伝ツイートをして貰ったり。この二つは、お金を払ってそれぞれ別の方々に依頼したのだけど、
今回はプレスリリースの代行をcoconalaで依頼させてもらった。〇万円で、約1,000社に広報を行ってくれたそうだ。
数日後、エゴサしてたらネットニュースに掲載されていた。財経新聞さん、デイリーニュースさん、マピオンさん等々……。
どれくらいの人に(そしてメタルファンに)届いているかは分からないが、それなりに良い結果を生んだのではないかと思う。これはありがたい。

そう考えると、「パブリシスト導入」という当初の予定とは違えど、プレスリリースの代行を依頼したことで同様の結果を得られたのではないかと言える。今後も、こういった方々にお世話になっていくべきかもしれない。

本題はここまで。実は映画を見てきた。これもね、宣伝活動の一環なんですよ。
どういう事?って人。Twitterで著名人にリツイートやいいねして貰えれば売名になるのは、皆もご存知の通りだと思う。
で、ヘヴィ・トリップっていう北欧メタルバンドが題材のコメディ映画があるんだけど、映画に関する内容を呟くと公式アカウントが引用リツイートをしてくれるという……いや!
本当に見たかったんです!10年振りよ!? 映画館に行くなんて。これは後付けの理由で、ずっと見たかった。ただブログの今回のネタに合わせるにあたって、やや強引に内容を統一したかっただけ!

ちなみにあらすじをサラっと。12年もやってるのにライブを一回もした事がないデスメタルバンドが、ノーザンダムネーションというノルウェーのメタルフェスに出るまでのストーリー。
コメディに寄った内容だって事と、音楽はストラトヴァリウスのベース「ラウリ」がやってて映画館の大音量で聴くと良いって事。
それからゲロ、クソ、クリ〇リス……俺の大好きな下ネタを散りばめた挙句、「え!?死んでんじゃん!!これハッピーエンドじゃないよね!?」という、まさかの人死にが出るブラックジョーク満載の作品だって事ですね。
トナカイの畜殺場から物語が始まって血まみれの肉がいっぱい出てくるのはさておき、ユンキのバン奪還から頭のイカれた国境防衛隊のやり取り、あとはやっぱアー写がスピードカメラっていうのは……面白かった。
まぁ「実際、こう上手くは行かないよね」という展開はあったが、メタルバンドは犯罪者くらいの方が箔がつくよねってのは、恐らく俺だけではなく(一部の)北欧の意見なのかもしれない。

余談だが、池袋シネマロサは2020年1月16日で上映終了。終映していく映画館も多い(というか上映してない所が多い)ので、見る方はお早めに。


P.S.

「ラスト・カンパネラ」
ディスクユニオンでの委託販売、開始しました!!

https://diskunion.net/portal/ct/detail/HMHR200115-200

今作も置いていただきました。大事な告知だけどページの最後に少しだけになってしまった……。
本日1/16(木)からですね。新宿に置いてあるみたいです。あとはオンラインでも勿論購入できます!

独断と偏見が織り成す、町田市でオススメのラーメン集②

こんにちは。29歳無職童貞です。

唐突だけど、俺カップ麺が好きなんだよね。で、前にも書いた通り日清食品のカップヌードルどん兵衛がフェイバリットなんだけども。何故これらが好きかと言うと麺の食感であり、他社とは違う企業努力とサティスファクションを得られるからなんだよね。まぁ詳細は割愛します。
例えるなら日清は美少女の華奢な腕。しゃんなりとした柔らかさとツルツルとした食感。
他社の商品は例えるとババァの膝みたいな感じかな……。子供を育て上げて幾星霜。今では年金暮らしで、心も体も疲れ果てました、みたいな。なんかバサバサしてる上、内部のゼラチン質が極限まで減った結果パージする寸前なんだよね。
まぁさておき、コンビニの自社ブランドカップ麺も捨てがたい訳よ。何の話かって言うと、ファミマの自社ブランドのカップ蕎麦。なんと日清食品と提携して作ってるのよね。食ってみたら「あれ?どん兵衛の蕎麦の味がする」とか思ったらドンピシャ。ビビった。
で、セブンの自社ブランドのカップ蕎麦。こっちはサッポロフードだったと思うんだけど、やっぱカサついている、かな……。まぁあくまで一意見なんだけども。

高級料理とかを色々食べた事があって「〇〇の所の××が美味い」とか「〇〇なら△△(店名)だよな」とか知ってるのは凄いと思う。博識だなと思うし、なんというか大人っていうか、味の違いがわかるんだなと思う。
でもね、俺は弁えている。俺は29歳無職童貞ピーターパン、ジャンク、町田市の腐ったミカン……いや腐ったチンポですよ。

身の丈に合った料理、店……美味い物は歳相応には食ってきたつもりだけど、それって皆同じじゃん。その結果、「いや!俺のほうが美味い物を知っている!」とか「〇〇なら××が美味い!異論は認めん」みたいな、そんな驕りが生じる場合がある。そんな人間になるのはイヤだなと。
そこであえて高級料理とは逆方向の位置にあるであろう身近でリーズナブルのコンビニ商品で「俺はこれが好き!」と声を大にして唱えている訳だけども……。前置きが超長ぇ。さて。

今回は町田の美味しい食事処(9割ラーメン)レビューです。
そうです。前にも書いたんです。(http://www.freeasbirds.biz/?p=1750
なので今回はパート②ですね。バンド?宣伝?面白ブログ?そんなもの知りません。

……そんな訳で、相当ハードル下げたよ?
気付いたかもしれないけど、この記事を書くにあたって「鼻につく」とか「さぞ色々なモン食って来たんだろうなぁ?」とか言われないように、冒頭でハードルをオモックソ下げましたよ。なんなら地面にめり込むくらい。いやマントルまで行ったわ。
カップ麺食って「おいしいよ、おいしいよ」って言ってるような味覚のヤベェ奴が書いたレビューですからね。そこは真に受けずに「へぇ、そうなんだ~」程度に思って貰えれば丁度良いかと思います。(とは言え、日清食品の麺はマジで違うからな!)

そんじゃ早速書きます。あ、そうそう。
前回レビューを書いたラーメン屋。3割くらい潰れてたんだよねwwww
これが何を意味するか分かりますか?そう、俺の味覚がヤベェって事ですよ。だって、美味しいと思ったラーメン屋軒並み潰れてるんでしょう?
行ってみたら「無い!」って事があるかも。では。


横浜家系ラーメン 森野屋
久々に行こうとしたら「なべすけ」が潰れてた。良い煮干しラーメンで、店主の人柄も最高だったんだが。
これはマジで普通…かな。

七面
仲見世商店街の中にある。
乾燥エノキが乗ってる塩ラーメン。普通かな。いや、美味しいけどね?
量が少ないかも。

ど・みそ
味噌ラーメンでは有名らしい(コンビニのカップ麺でもリリースされてるくらいだし)
確か味噌ラーメンの中ではかなり美味かった。

辛麺 真空
看板メニュー“狼煙”を食べた。辛さは控えめで注文。
炙りチャーシューと香辛料を使った魚介スープは濃いのだが、チーズと卵のお陰でマイルドな仕上がりだった。
そして水もレモンが入ってて、飲めばサッパリ。
新たな独創性を追及しながら、チャレンジで終わらずバランスを取っていた一品。白飯が進む。店の入り口だけ分かりづらい。
“海”は魚介系ベースの塩ラーメン。アサリ、アオサ等。これも美味い。

パパパパパイン
バンジョーとカズーイの大冒険に出てくるステージのような内装と狂気の店名、そしてBGMでアロハが流れているというお店。
パインがラーメンに入っている。味付け玉子は不自然な黄色をしており、パイン臭がする。
スープが仄かにフルーティで甘く、同時に酸っぱい(というか独特の刺激がある)。
あとミキサーを使って店主が笑顔でパインを粉々に粉砕しているが、謎。

以上がラーメンレビューです。


それから、前回(http://www.freeasbirds.biz/?p=2443)もさらりと触れたんだけど、
町田のいまがわ食堂。ここはうめぇ……。

海鮮料理のお店なんだけど、食った瞬間、バットで頭をぶん殴られたみたいなショックを受けた。
……いや確実にこれは過言なんだけど、家庭で作るような焼き魚と缶詰でしかサバを食った事が無かった俺に、サバの本当の美味さを教えてくれた。普段は歌モノに合わせて簡単なパターンを叩いてるけど「本当は俺はこれだけ叩けるんだぜ!」と言わんばかりにクリニックで難解なフレーズを叩くケイシー・グレロとか。
「俺は後からキャメロットに入ったし、メロディはこう決まってるし、前のボーカリストに合わせる部分もあるから」と普通に歌っていたと思ったトミー・カレヴィックが、Seventh WonderのWelcome to Mercy fallsで誰にもマネできないようなボーカルフェイクを見せつけた時のような……。まるで「本当はもっとスゲェんだぜ?」と語りかけてくるような、そういうショックを受けた。

町田にしかない店のようで、三浦から直接魚を仕入れてるらしい。定番メニューは「炙りさば定食」。上の写真の奴か。盛り合わせはイカ、タコ、マグロ、スズキだったかな。(忘れた)

んで、写真右のこれは「ごまさば丼」。これもまた……美味いっす。

今回は無駄な文章が多くて内容は少なめでしたが、こんな感じです。
ちなみに第二回まで来て、俺のラーメンランキングが更新されましてね。
それも踏まえての雑なまとめになりますが、今回の一押しは辛麺 真空です。何でこんなうめぇんだ?どうした?っていうレベル。
前回の記事と合わせても、この店の味が一番……あぁ、いや、でも一番いちばんはうめぇな。優劣はつけられない。
海鮮料理では無論、いまがわ食堂です。

始めよければ終わりよし

ロイドです。
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
月並みな挨拶ですが、ある意味適切だとも思ってます。……最初ですし。

いや~快眠でした。最近はちゃんと夜に寝て朝起きてくる生活をしております。大人になったんですかね?
あと5ヶ月程で29歳になりますが……ようやくネバーランドから脱却出来たようです。
20代、童貞で過ごす最後の一年というわけで。感慨深いな……。
一つだけ言うと、童貞で悩んでいる後輩諸君。別にこの歳まで童貞で居ても、大して変化はありません。
周りから爪弾きにされたり、チンチンが腐ったり、女性との会話でテンパったり……一切ありません。
そしてセクロスがしたくてしょうがなかった中学生の時の俺。
女の子と接点がなさ過ぎて、休日の学校に忍び込み女子の体操着を漁る最低の変態野郎のお前の成れ果てが、今の俺だ。
その後あらゆる性に目覚め、友達が減り、様々なトラブルを引き起こし、旋風とザーメン臭を巻き起こしながら人生という名のファンタスティックな群像劇を織り成していく訳だけれど、心配しなくていい。童貞で居ても大して変わらない。

えっと、コミックマーケット97、ありがとうございました。今回はその話です。
案外多くの方に手に取っていただき喜ばしい限りです。
案外……っていうのは、コミケやコミティアなんかはやはり、音楽CDを買いに来てる人は少ないという事。それから大晦日という参戦しづらい日時。四日間に分散され、来場者が分散するという可能性。
更にメロスピという、ファンが絞られたジャンル。値段がやや高めの新譜。
……これらを鑑みて「まぁ、そこまでは捌けないだろうな」と思っていた割りには案外買っていただいた、という事なんです。
恒例ですが、いつも通り謝辞の方を……と思います。

で、すみません。まず初めにお詫びを。
新譜の件なんですが、CDを読み込んでもiTunesにトラック名が表示されないかもしれません。…申し訳ない。
何度もトラック名を送信したんですが、何故か反映されなかったんです。
家にあるパソコン(windows7)3台でも送信し、それでも駄目だったのでネカフェに行きwindows10で送信し……
だけどCDDBに登録されなかったようです。これ、呪われてるんですかね?
メディアプレイヤーが2019年初期辺りからCDDBに登録できなかったようですが、iTunesも……?
(年末でGracenoteが更新されてない説、もある)

ともあれ、そんな訳で登録できませんでした。
なので、誰か登録しておいてください。それからついでに登録方法も教えて下されば凄く嬉しいです。ええ、すみません。靴舐めますんで。ハヒィ

話を戻しますが、こうやって活動していると「皆、優しくね?」と思う事が多々ある訳で。
「出展してます。是非来てください」って言うと、まぁ当然と言えば当然ですが……皆さん足を運んできてくれるんです。
欲しい物があって来て下さっている……と考えるのが普通ですが、先輩や同業者が来てくれると
気にかけて貰っているのではないかと、こう……お恥ずかしいというか申し訳ないというか、何と言いますか。嬉しいですしありがたいんですけど……まさかの俺のケツの穴を狙って!? 工藤新一もビックリの好感度アップを狙った巧妙なトリック!? 

とにかく、感謝しても感謝し切れません……。サークルさん、バンドの先輩、茶割りフレンズ、お知り合いの方々、それから手伝いを快諾してくれたヒガキシ。
皆さん、昨日はありがとうございました。

今、頂いた物や買った物を聴きながら文章を書いております。
ささやか(で且つ自己満足)な御礼ではありますが、頂いたCD(や同人誌)のレビュー……いやレビューなんて大層なモンじゃないですが。書かせて貰おうと思います。


オタクとメタルと私
メタルやEDM系のCD、ライブのレビュー雑誌でした。事細かに調べられてるなぁと。
膨大な数のCDを漁った知識量を窺わせる内容でした。同人音楽とバンドの境界線に関しても
納得できる事が多く、その辺り色々議論出来れば面白そうです。

The Grand Tour dE mizgaRzr
ロイド名義で参加させていただいたドラマCDです。収録時間70分超えの大作!
インストの一部と、主題歌、それから歌唱を少しやらせていただきました。
ドラマCDってあまり普段聞かないんですが、皆さん演技上手すぎません……?
出来上がった物を聴くのは初だったので、「成程こうなったか」と。感慨深いです。
付属のブックレットも凝ってて、凄いなぁ。ジェンキンスが個人的に好きです。

METAL HELIX 1stアルバム
Rebirth The Shineと Rain in the heartが良いですね。
オールジャンル……成程な、と。ボーカル目線的に、デスボも出せて多彩だな、と思いました。
今年の秋にリリースしたばかりという事で、当方のアルバムと交換させていただきました。

attic[]garden
【新しい名前「」を入力してください】という革新的な命名。
曲のダークさとカオス感が、サウンドとジャケットと相まってよく出てますよね。
僕には無い引き出しなので、毎度感心させられています。

クレジットカード決済に対応しました

時代はキャッシュレス。フリーアズバーズにもカード決済の波が来ました。
という事で、クレジットカードによる商品のお支払いが可能です。この記事を書いている現在、えっとVISA、Mastercard、アメックスに対応しています。他のJCBとかは現在審査中で、審査を通過すればこちらも対応可能になります。

注意点というか、残念な点は……これイベントの物販限定のハナシなんですね。つまり即売会やイベントではクレジットに対応しているんですけど、オンラインで――例えばホームページで商品を購入する時にカードで支払い――は現在無理なんです。すみません。
まぁ幾つか方法はあるんですけど、システム構築が面倒くs……少々大変だったり、お客さんのカード番号とセキュリティコードをこちらで手動で入力するという、ちょっと道徳的にどうなんだ?という問題があったりしたので、オンラインでのクレジット決済は見送りとしました。

ぶっちゃけ、即売会って皆現金持って来るじゃないですか。サークルさんに迷惑が掛からないよう一万円札は崩して小銭を用意して……とか、やるじゃないですか。
そんな中、クレジット決済の必要性とは……と思うのですが、私、折に触れて言葉にしていますが見切り発車のプロなんです。ええ、してやりました。今回も。
正確に言うと、「あれ?みんな現金持って来るんだからクレジットカード決済に対応する意味ないよな?」とか「実店舗があるなら便利かもしれないけど、フリアズは即売会とオンラインでの販売が主流だからな……あれ、必要ないよな?」とか考えた上で発車しました。流石ですねぇ。

と言うのも、いつだったかコミケで電子マネー決済を導入したサークルさんが居りまして、俺もあれずっとやりたかったんです。ピ!ってやるだけで巻き起こる感動。さながらワールドカップ日本代表が得点を入れた時のような熱狂と歓声……。まぁそれはさておき、便利だなと思ってました。
で、当時AirPAYというサービスが台頭し始めていて、注目してはいたんです。これは決済代行サービスって奴でして、メーカーから独自の端末をレンタルし、それを用いると電子マネーやクレジットカード、ありとあらゆる森羅万象の決済方法が可能となる夢のような機械だったんですね。これがあればお客さんがSuicaでピッとやるだけで買える。革命やで!とか一人興奮していたんですが……当時Androidに対応してなかったんです。スマホと接続して使うデバイスなんですね。(今は確か対応済み)
後は何かが気に入らなくて導入を先送りしたんですが、時は変わって令和。今、AirPAY以外にも決済代行サービスが増えていて、今年秋から始まった消費税アップ、キャッシュレス還元キャンペーン等に便乗する形で、「導入費、維持費、無料!」みたいな事を各社がこぞって実施しているんですよ。しかもAirPAYに至ってはiPadも貸すとか言ってんですよ。正気じゃない。
確かにフリアズには現状必要ないかもしれないけど、無料だったらやってみるか……という事で、今回導入に至った訳ですね。

ちなみにAirPAYじゃないんです。Squareという会社を選択しました。こちらも、来年四月くらいまでは無料キャンペーンやってるみたいです。
何でこっちを選んだかと言うと、この会社は申込してから実際にクレカ決済が可能になるまでの期間が早く、最短で翌日みたいなんですね。コミケが逼迫する今、AirPAYだと間に合わないようなので、こちらを選択しました。
あとはその……一応熟読はしましたがiPad無料っていう狂気っぷり。タダより怖い物は無いってわけじゃないですけど、ちょっと怖いんです。

Square公式サイトでアカウント登録して申請し、注文するとデバイスが届きます。
こんな感じでカードリーダー(本体)と充電用ケーブル、アダプターが届きました。頼めばステッカーとかも送ってくれます。全部無料です。
使い方としてはまず、ネットの方で商品とかを設定しておくと便利かもです。公式サイトのブラウザで、商品の登録とか値段、割引、顧客の登録、データ分析……まぁ言ってしまえばEC事業に必要な感じのあれこれが弄れるようになってるんです。
で、そのあとアプリをインストール(スマホと接続して決済処理を行うので)します。次にBluetoothでスマホとカードリーダーを接続、同期。会計の際は商品を選択して、カードをカードリーダーに差し込む。お客さんのサインを画面で書いてもらう。必要に応じて電子レシートを送る、かな。
別売りでレシートの発券機とかドック?とかも売ってるんだけど、これらは無料ではないのでご注意。

あ、ちなみにですが決済代行サービスは各社でメリット・デメリットがあるので、自分に合ったものを導入するといいみたいです。決済手数料とか月額の維持費とか、電子マネーが使えるかとか、あとは審査の通りやすさとかね。

一番難しい事は、継続させる事

さて、そろそろ年の瀬の挨拶を書こうと思う。
ちなみに、過去の年の瀬の挨拶を抜き出してみた。毎回ちゃんと書いてたんだな……

2014年度
http://www.freeasbirds.biz/?p=110

2015年度
http://www.freeasbirds.biz/?p=374

2016年度
http://www.freeasbirds.biz/?p=732

2017年度
http://www.freeasbirds.biz/?p=1255

2018年度
http://www.freeasbirds.biz/?p=2045

読んでみると分かるのだが、2014年の文章は、今読んでも心にグッとくるものがあって、自分で書いたクセして(しかも2015年にも同様に読んでいるのに)少し感動してしまう。
そこから2015年、2016年……と続くにつれて段々とテンションというか、知性が欠落している気はする。
バンド内で災難や騒動があると一旦冷静になり、今一度感謝の念を思い起こすのだろう。つまりフザけられているって事は安定しているとも言えるから……良いのかな?

で、ちょっと真面目に本題。
フリアズは発足してから今年で5年目を迎えた。振り返ってみて悪い事も少なからずあったが、良い事もあったと思う。
当初の予定では「10年」を目処に考えていた。10年経った頃には有名になっている、とか。満足の行く結果が出せている、とか。

曖昧なゴールを設定し、適当にコースを進み、達成する為にとりあえず一個ずつタスクを消化していった気がする。
それから時折後ろを振り返りつつ、今日まで歩いてきて。そして昔の文章を読み直して、俺は思う。
――やる気の炎はまだ燃えているのだろうか? と。
色々と失ったあの頃、再出発したあの時、万感の思いを胸に秘めて一歩一歩進んでいった。
だけど、歳月を重ねるにつれ、その思いは薄れ、蔑ろにしてしまっているのではないだろうか。易きに流され、堕落した生活を送り、逃げてはいないだろうか。
過去の自分に面と向かって「ああ、俺はまだ頑張れているぞ!」と、言えるだろうか。

ふと振り返った今、ハッキリとは答えられない自分が居る。
考えたつもりになって、適当な理由をつけて……。口触りの良い言葉で誤魔化し、責任を転嫁し、人には色々と物を言うクセに、自分では実行できていない。
そんな口だけの屑になっているのではないかと不安になる。いいや、きっともう、成りかけているんだと思う。

繰り返し言う。五年が経過した。これは決して小さくない。
結果が出せているのかは分からない。
きっと音源が少し売れて、小さな実績が出来て、浮かれていたんだ。
このままで良い筈なんてない。そんなんじゃ、これからの五年後だって簡単に想像がつく。
10年で行けるだろうか。メジャーデビュー、テレビ主題歌のタイアップ、壮大なステージでのライブ演奏……。どれか一つでいい。道は同じ方向の筈なんだ。初めは自分一人だった。自分の為に夢を叶えられれば良かった。だけど、いつの間にか周りに人が増えて、協力してくれる人が現れ始めた。
支えてくれる人達、応援してくれる人達の為にも、俺は高みへと登りたい。そしてその景色をメンバーに見せてあげたい。
自分勝手だ、上から目線だ、と冷笑されるかもしれないけど。
あの時と違ってフリーアズバーズは一人じゃない。俺の自己満足だけじゃなくて、折り返し地点、これからの後半戦は懸命に(賢明に)歩んで行きたい。

それから、やっぱりこれは言いたい。
普段も言ってるけど、皆ありがとう(ありがとうございます)。皆のお陰でフリアズは存続できている。
この「皆」ってのはバンドメンバーも勿論そうなんだけど、先輩後輩、友人知人、お客さん、関係を持った全員の事を指している。
身内にはいつも感謝の念を述べているつもりなので、残りの文章はCDを買って頂いた方、そして音源などを購入して頂いた方に向けて書きたい。

本当に、お買い上げありがとうございます。
即売会に初めて参加した2015年。(その時はソロプロジェクトとはいえ)自分で作ったCDが初めて売れた時の驚き、戸惑い、そして喜び。
こういう感情は有名になって行くと段々薄れていくのかな、なんて思ってますが、現状では一切薄れていません。
購入通知メールが届くたび毎回ビビるし、歓喜しながら心の中で御礼を申し上げています。
五年という節目で、どんな文章を書いたらいいか悩んでたんだけど……
らしくないな。ぶっちゃけ、いつも書きたい事はココで書いてるし。

同人方面、バンド方面、それ以外の方面、多角的に今後とも活動していく所存です。
今年もありがとうございました。そして、来年もFree As Birdsをよろしくお願い致します!

……と、まぁお会いする方は一先ずコミケで!


2019年12月22日 坂倉(兼、ロイド)

三秒ルールを過信してはいるが、流石に砂とかついたら食わない

うわぁ、下痢だ……。
下痢が止まらねぇ。今、ケツが痛いのでフレディ・マーキュリーみたいな体勢でブログ書いてます。こんばんは、ロイドです。

にしても何かヘンな物でも食べたかな……。冬場は毎年下痢してる気がするけど、そう考えるとデフォ……?
いや!アレだ!忘年会の時、駅のホームに落ちたグミ拾って食べたぞ!アレか!やべぇ……数日続いてるんだけど、これアレか。メーカーにクレーム入れるしかねぇか。
「落ちたグミ拾ったら腹壊したぞ! どうしてくれんだ!!」って。

ええと、「ラスト・カンパネラ」届きました。今回は気合入ってます。CDも帯付き。トレイもクリアで裏側の印刷が透けて見えるというセクシー具合。どうです?
まぁそれだけ以前より経費は掛かってるんですがね。

フリアズは言わば自主レーベル(個人レーベル)ですから、こういうのいつも計算してるんですよ。「どれだけ掛かったか」って。
で、以前も結構このブログで紹介してたんですけど、久々に今回もCD制作にいくら掛かったか、書いていきましょうかねぇ。
ちなみに今までは、自主制作の名に恥じぬようプレス以外は全部手作りだったんです。印刷からカッティング、封入まで全部ね。
例として、4thミニの「ポイゾナス・ワンダーランド」は

①プレス代 ¥22,680 →100枚プレスしたので単価 ¥226
②電気代(REC代含む) ¥5?
③用紙代
 Elecom SRAA450(50枚入り) ¥1,000 → ¥20
 KOKUYO LBP-F1310(100枚入り) ¥780 → ¥3.9
  ※一枚に2つ印刷できるので、780÷100÷2
④インク代 推定一枚¥100以下とし、1+0.5枚印刷 → ¥150
⑤ジュエルケース ¥43.3
⑥OPP包装紙 ¥4.7
⑦歌REC代 ¥1,980 × 2曲分 ÷ 100 = ¥39.6
小計 ¥491.6

こんな感じ。売値は500円。一個売って9円って、駄菓子か!とか言わない。
確かにギリだけど。いや、同人サークルっすから!いいんです!
で……実は声優さんへのギャラがあるので経費は上記以上に掛かってるんだけど、それは僕のポケットマネーです。いいんです!いいじゃないっすか!

さておき、前作の「ニュー・エラ」からは全部外注になりまして。電気代とか印刷代、そういうの無くなりました!
確かに自作なら安く済むけど、時間と手間が掛かりますからね。結構安かったので試しに外注にしたんです。
※余談ですが「ニュー・エラ」は演奏陣のギャラ〇〇〇円、プレス費31,000円(印刷、封入など全部込み)。ジャケットは(ここだけの話CC0で)無料なので、約70,000円。
100枚プレスなので、100で割って、ざっくり単価700円以下。売値は1,000円。REC代も単価で数十円だからバッチOK!

蛇足だけど、1stの時は(俺がよく分かってなかったのが悪いんだけど)地雷業者に引っ掛かって、計12万円掛かりました。ハハハ、笑っちゃいますねぇ。
100で割って1,200円。でもね、これ5曲入りのミニアルバムで500円で売ってたから、どう頑張っても回収できない焦げ付きが……。経営難?火の車?
……いや、これ社長がバカなだけだ。やっちゃったぜ!!

で、今回の「ラスト・カンパネラ」はと言うと、まぁ初回限定とはいえ売値1,700円なんだが
①ギャラ〇〇〇円
②REC代(歌)1,500×7曲÷100=単価¥105
③ジャケットイラスト外注〇〇〇円
④プレス費51,000
小計 ¥189,500

おや? 妙ですね……

それからガイドブック届きました!

……いや、大丈夫っす。何心配してんですか。マネーポケットがあるんですよ。藤子不二夫の、あの何でも願いを叶えてくれる……
もしくは聖杯戦争において歪な形で人々の願いを叶える、あの、アレです。
というか、通常価格は2,200円予定ですから、大丈夫です。でも買うのならコミケかM3ですね。

閑話休題。無事BIRRDS!も納品しました。これ、前にも言いましたが歌詞カード……ではないんですけど、歌詞カード的な側面も強いと言いますか、なんと言いますか。
一つ言えるのは、「ラスト・カンパネラ」を買う際は、こちらも是非貰っていって下さい。無料ですから。