Lloyd のすべての投稿

Our life should be free as a bird. I think so.

ドラマCD「グランツアー」にて楽曲制作を担当しました

いやぁ、実りの秋ですかね。
努力していた物事が結実する頃合なのかもしれません。という訳で……今回も告知です。

サークル「Gungnir over rev」様で制作中のドラマCD「グランツアー」にて、楽曲制作を担当させていただきました。BGMと主題歌の担当、ですね。
コミックマーケット97にて頒布される模様です。四日目(12/31火曜日)です!で、スペース番号は

西地区“B”ブロック58a

だそうです。

気になる内容については……ん、はっ、ああッ!ほげぇ!
げほげほ、ちょっと言えないんですけど……壮大なストーリーのファンタジーという事は間違いありません。

どういう事かと言うと、数分聞いてハイ、終了というシナリオではなく、じっくりと物語の世界観や設定、キャストによる演技を楽しむタイプのドラマという事です。

ドラマCDって言うと、若干インスタントな作りの作品が多いじゃないですか。それはそれで良いんですが、こちらは全く異なる種類ですね。例えるなら小五の家庭科の授業で作った児戯に等しいクリームシチューとクレアおばさんが作った本格派クリームシチュー。それくらい違うんです。
アニメ、ラノベ、漫画を好む俺としても「すげぇ。作り込まれてる。しかも、ちゃんとしている」と思う作品だと思います。ざっくりで申し訳ないですが、「ファンタジー作品でシリーズ物のラノベを、耳で読む」って印象ですかね。しかも市販の。
その作中のBGMと主題歌、それから歌の男声パートもロイド(このオレだ!)が担当させていただきましたので、是非チェックしていただければ幸甚でございます。
サークルさん自体も2000年代初期から活動している老舗であり、そこに集っている方々もまた、やはり熟練され、そしてウチと違って若いながらも素質と技量を兼ね備えた人が居り……ええ、凄いです。よろしくお願いします。

C97にて、ゲキアツの新アルバムをリリース

こんにちは、ロイドです。
今回は純然たる告知です。来る12/31(火)コミックマーケット97(C97、冬コミ)に出展致します。

今回のコミケは四日間の開催なので12/28(土)から12/31(火)まで。
つまり我々は四日目、大晦日という事になります。ちなみに音楽系のサークルは大体この日に集約されているようですね。
で、スペース番号は【西地区“H”ブロック20a】。……なので

12/31(火)西H20a!!

で、覚えておいてください!いいですね!?
覚悟しておいてください!!(ジョルノ・ジョバァーナの声で)

さて、そして重要なお知らせが二つ程。まずはその一。


大晦日のこの日、ニュー・アルバム「LAST CAMPANELLA」をリリースします!

lc gazou

 →詳しくはhttp://www.freeasbirds.biz/?page_id=2528(特設ページ)

5枚目のフルアルバムにして、実質ベストアルバム。そして、なんたってバンドメンバーによるスタジオアルバムでございます。
超かっけぇし、激アツだし、値段も素晴らしいし!(※後述)
昨今の日本の若手メロスピバンドにおいて圧倒的に一位だ!マジで!!
まず見てみろ!このジャケ!オレは素晴らしすぎて失禁した!!ああそうだ、サイコパスだ!!オレは!!
(イラストは函丞蒸汽さんに描いていただきました。本当にありがとうございます)

勿論、収録内容も充実。至極のメロスピアルバムだ。海外のメロスピ&メロパワ、シンフォニックメタルなんかを聞く人は是非聞いてほしい。
ヘヴィメタル色は抑えているからロックバンドを聞く人にもオススメだ。
試聴動画は暫しお待ちを。後日、アップロード&告知させていただきます。
……さて、紹介はこの辺にしておき、次の告知。


ニュー・アルバム、過去の作品をお持ちの方は割引します。

フリーアズバーズ、実は今年で5周年なんです。だから何かやりたかった。俺(ロイド)のブロマイド写真(略してブロイド)のエアドロップ無差別テロ。
バンドTシャツの押し売r、もとい訪問販売。それからCDによる洗脳。……いや、冗談ですからね?

えっと、なので<5周年ありがとうキャンペーン>と銘打って、フリアズの過去作をお持ちの方はニューアルバム「LAST CAMPANELLA」を500円引きにさせていただく事にしました。
アルバムの写真か実物をお見せ頂ければ割引します。デジタル版をお持ちの方は、音源ファイルをご持参ください。
ちなみに、過去作をその場で買う場合も割引となります。ただ、補足として過去のは僕のソロアルバム(つまりバンド演奏ではない)という事、収録されている曲がニューアルバムと重複する可能性がある事を記しておきます。
それから、割引が適用されるのは今回の冬コミと、来春のM3だけです。他のイベントや委託販売では適用されない事をご注意ください。



告知は以上です。
ここからは俺の勝手な後書き。↑の告知とは一切関係ありません。
このアルバムは、バンドメンバーと創り上げた最強のパワーメタルだと思っている。フリアズはライブバンドではないから、作品の発表っていうこの機会を大切にしたい。
アルバム名は直訳で「ラストカンパネラ(=最後の鐘)」って意味なんだけど、それはつまり最後かもしれないって事なんだ。
次はこのクオリティを超えられないかもしれない。それくらい十全な打ち合わせ、ブラッシュアップをし、何度も何度も意見を交わし、より良い物が完成するよう励んだ。
制作は勿論、それ以外の広報や根回しも現在奔走中だ。決して自己満足や、一人の主観で終わらないよう、時間と手間を掛けて臨めていると思う。

で、……ライナーノーツなんて気取ったものを書くつもりはないけど、まずは御礼を忘れずここに書きたい。まだ完成はしてないけどね。
最初にドラムのピル佐藤。初期からフリアズを手伝って貰ってました。気心の知れた仲だけど、感謝は述べたい。
音源を作りたい気持ちはずっとあったけど、ようやく作れたよ。演奏だけじゃなくて良い曲も作って貰った。本当にありがとう。
それからギターのヒガキシ、長年に渡って支えて貰ってます。君と同じバンドでまたやれて良かった。ありがとう。これからもよろしく。体には気をつけてください。
最後に東出さん。ホームページには載ってないけど、去年の夏からずっとお世話になりっぱなしです。立場上俺がメンバーに言いづらい事や、何かを迷ってる時、あなたのお陰で
このチームは円滑に回って行ってます。ありがとうございます。
そして、フリアズメンバーではないけど、気にかけて下さった先輩方、いつもありがとうございます。

全員に言いたい事だけど、俺は普段から皆にたくさん迷惑を掛けている筈だ。制作中も色々あったと思う。だから「ゴメン」とも言いたいけど、許してくれるその寛大さに、ありがとうと言いたい。
でもゴメン(すみません)。そしてこれからも一緒にやって行きたい。重ね重ねになるけど、ありがとうございます。

かなり長くなった。次に……。
話を戻すけど、4thアルバムまでは自分一人で作っていて、ゲストをお招きしたり、ゲームに収録されたり、自分が納得できるクオリティの物は出来たと思う。だけど、違う。
俺の中ではずっとあった。技巧が求められるメタルだからこそ、生演奏でやりたい、と。そう思っていた。
大きな物を作るという事は、大きな波を巻き込んでいく事。個々の人間が合わさっていく事で、素晴らしい物が出来上がる。それ故、出来たときの喜びも大きい。
同時に、チームで作る難しさも痛感した。全員に妥協がなく、真剣に考えているから。それぞれの思いがあったと思う。

評価されるかは分からないし、もしかしたら全然売れないかもしれない。でも、俺の目には最高傑作に映ってる。俺は自分のやりたい事を捻じ曲げてまで夢を叶えようとするほど、生き方の上手い人間じゃない。
だからこそ……手に取っていただけたらこれに勝る幸せはありません。何卒、よろしくお願い致します。
「LAST CAMPANELLA」、12月31日に発売予定です。

P.S.
そういえば丁度「除夜の鐘」が鳴る日に発売なんだな。

食欲の秋、スポーツの秋、脱糞の秋

以前対バンしたバンドのギターがM3に向かう途中で脱糞したらしい。ツイッターでそんな情報が流れてきた。
当然、スカトロネタには定評のある俺だ。勿論脱糞した経験も、ある。だから「ハハハ、あるある。あるよね」なんて思っていた。

http://www.freeasbirds.biz/?p=702で書いた事があるように、俺もM3に向かう途中で猛烈な便意に襲われて原宿で途中下車したことがある。
あの時は、朦朧としながら改札に向かうと……あると思っていたトイレが無かった。
絶望を感じながら駅員に尋ねると「反対側の改札まで行かないと無い」との事。
駅のホームにでっかく書いとけ、この野郎!とか思いながら、憎憎しげに駅前の坂を上っていった。ちなみに、改札は出ちゃってたし、外のルートを案内されたし、どの道が最短か、構内を通ったほうが早いか、その場合のルートは……などを聞く余裕なんてなかった。

結果、ウンコを漏らすのが先か、坂を上りきるのが先か。そんなギリギリのチキンレースを楽しみながらオシャレの町、原宿には到底そぐわない表情のロン毛が敗北兵のような様相でよちよち歩いていた。
――あれはマジで危なかった。高校一年生の時、数学の期末テストの最中にバチクソの便意を催してしまい、
勇気を胸に「先生、出ます」と何が出るんだか訳の分からない声明を選手宣誓のポーズで発表した時くらいヤバかった。
テストを途中で切り上げて離脱したまでは良かったが、トイレの個室に駆け込むとケツから真っ赤な血便が噴射された。家に帰ってから、泣いた。

診察結果はストレス性腸炎。ゼルダの伝説トワイライト・プリンセスのやり過ぎだったんだよね。夢中でプレイしていた所トイレに行くのを忘れ、宿便が猛威を振るった瞬間だった。
まぁそれはさておき、その脱糞ツイートを見た数時間後に、俺は乾いた笑いを漏らす事になる。

……超トイレに行きたくなったのね。
原因はコーラだ。まんがタイムきららのニューホープ、伊藤いづもさん作のまちカドまぞくを延々とループして読んでいた所、無性に飲みたくなってしまったからだ。
膀胱と肛門括約筋が人体の限界を超越し始めた頃、駄目元で隣のサークルさんに留守番をお願いしたら快諾してくれた。本当、あとで書くけど人は優しさに触れると心が豊かになるというか。ありがとうございました。

さて、本題に入ります。
はい? 今までの長文は何か、ですって?
パンチの効いた挨拶です。キンモクセイの香りが漂いはじめましたが、いかがお過ごしでしょうかみたいな。こんばんは、ロイドです。

なんか冒頭の文章でやたらと長くなってしまったので、軽くまとめます。
段々、参加者が増えていってるような気がします。メタル系も。ちなみに春M3の様子はコチラ→http://www.freeasbirds.biz/?p=2349

特に大きなトラブルもなく、終えられたかなと。今回でどうやらM3に参加するのは10回目みたいなので、常連と言っても良い頃合なのではと勝手に思ってます。
俺からしたら当たり前の事も、馴染みの無い人からしたら「え、そうなの?」みたいな事はあると思う。マナーやモラルみたいなもの、かな。
例えば壁や柱に自分のスペースのチラシ貼っちゃったり電源勝手に使っちゃったりはNGです。申請してるなら別だけど、一応自分のスペースはここ!と決まっているので、そこ以外を使用、頒布するのはアウトなんですよ。
まぁ暗黙の了解で成り立っている部分は少なくないから、難しいんだけどね。
基本、過度な客引きや大きな声での呼び込みもアウトだと思う。M3で規制してたかは忘れたけど、即売会の案内・しおりを読むと、注記されている場合がある。
まず、周りを見て欲しい。大きな声で呼び込んでいるサークルが他にもあるのなら…まぁいいんじゃないだろうか。(まず、無い)。
そういうのって、俺がそれとなく注意したとして、気分を悪くさせてしまったらアレだし、運営に言うのも何かアレだし。
通信や説明書を読むのは当然だけど、(池袋SCとか)細かい事を書いてない場合もあるし。もし分からない事があるなら勝手に判断せず、運営とかに聞くのが良いよね。

まぁ、俺は別に……大して気にしてないです。俺も楽しくなると周りが見えなくなるし、どちらかと言うとアウトローなタイプだと言われています。多分。
ただ、善意でもって社会は成り立っているという事と、退場させられるサークルは居る(というか見ました)という事、それからこんな事書いている俺は気難しくてクソだなという事に思いを馳せながら……今回は終わりたいと思います。

そして毎度の事ですが、謝辞とささやかなレビューに移りたいと思います。
いや、ね。こうして参加していると、M3においても色んな人に支えられてフリアズは活動しているんだなと、毎回感謝してしまうんです。
一人で参加しているから余計に、そういった温情に敏感になれると思ってる。
でも次回はやっぱ誰かスタッフで来てくれ!次、俺がクソを漏らさない保証もないワケだし!
最悪の場合「流通センター、異臭騒ぎ」というタイトルでテレビ朝日あたりで報道される事になる。
え? 何、流通センターってウンコも流通してんの?」みたいな。夕方のニュースでも流れるだろうな。そらジロー助けてくれ!
俺、そんな有名になるやり方は嫌だ……。

まず、お隣のサークル様、TRCの歴史において初となるであろう人糞の流通を回避させていただきました。ありがとうございました。
それからArk of Phantasmさん、消灯現象さん、Confront Braveさん、Risingfallさん、ありがとうございました。いつも話しかけてくれるだけで僕はテンションがガリアーです。中々自分から行けず、いつもすみません。
GhostCries先輩、当日はお世話になりました。あとお酒はやっぱり会場内禁止みたいです。鍋で会いましょう。
それからTwitterでリツイートなどしてくださった方々、ありがとうございます。助かりました。

そして……買っていただいた方々、本当にありがとうございます。試聴して「滅茶苦茶カッコイイじゃないですか!」と言いつつ買って下さった方、そうなんです。滅茶苦茶カッコイイんです。(バンドメンバーのお陰です)
「春のM3でデモ貰ったんです」と言って買って下さった外国の方もいらっしゃいました。嬉しいですね。

当団体、フリアズの「NEW ERA」、発売から2ヶ月半ほど経ちますが、在庫の半分がなくなりました。
実はこれを制作した段階で、まだアラが結構残ってたんです……。鋭い方はお気づきだと思いますが、若干、ね……。
ただ、その辺りも改善されて他の曲も鋭意制作中。現在アルバム作りに励んでおります。NEW ERAがカッコイイなら、次のこのアルバムは何だ?神か?そういうレベルに達するのではないかと思っています。「謹製」という言葉がありますが、まさにソレかと。
ではまた。(今回は普通のブログだったなぁ……)


レビュー敬称略です、すみません。

Ark of Phantasm
ウィナさんお久しぶりです。進撃の社畜シリーズも好きでしたが、コンピもいいですね。
色んな作品とアーティストが楽しめました。そしてこの外装、紙ジャケよりも滑らかで且つ耐水といいますか…
素材的な部分で勉強になりました。

Circle of Tentacle
消灯現象さん経由でCD頂きました。普段こういうジャンルは聞かないんですけど、何でこんなに聞けるんでしょう?
トランペットも良いですが1、2、8曲目辺りがファボです。そしていつも思うのは、これどこでプレス発注してるんですかね…?
というか皆さんそうですが……12pのカラー歌詞カード、ジャケやインレイも毎度キレイ。そしてMV見ましたクオリティが高い!凄い。

Ghost Cries
今作はSHADOW BRINGER。Holy Grail Sagaも好きでしたが聞きやすくカッコイイ。そしてサビが良いですね。
個人的な歌目線でいうと、ファルセットを混ぜてくる辺り、やー、上手いなぁと。
あとピアノが良いですね!チルボドみたいにキーボードのミックス埋もれてもいないですし。

PureCrystal
タイトルで調べたのですが、間違っていたらすみません。お隣のサークルさんでした。
ボーカルに味がありますね!(そしてこの難しい曲を歌い上げるの凄いな、と)何故か一瞬、ローゼンメイデンが浮かびました。
哀愁や悲壮感がありつつ、1トラック目のサビみたいにキャッチーさがあって良いですね。独自の世界観が素敵です。

ルーティング大全

オッス!オラ――――、
事件や災害が起きると、無神経に発言するのは控えた方がいいんじゃねぇか、とはいつも思う。
でもよ、オラが力になれる事はすっけど、出来ねえ事は出来ねえ。
義侠心が無いってワケではなくって、萎縮したこの世界で怯えながら過ごすよりは失敗は覚悟で平常運転した方がいいんじゃねぇかって思ったんだ。
と言うわけで、普段通りにやんぞ。――ロイドです、こんばんは。

歌を歌い始めて10年以上。レコーディング、ソロ活動、バンド……
流石にそろそろ「生意気な事を書いてもいんじゃね?」と少しばかり思うワケですよ。
いや、そりゃあ「下手糞」とか「まだ素人に毛が生えた程度だろ」とか、思う人は居るかもしれない。
だけど、経験として得た確証と結果があって、それを悩んでいる同業や初心者が知った結果、あっさり解決するかもしれない。
俺がしてきた苦労はせずに、ラクに進めるかもしれない。だったら、書くぐらいイイんじゃないかと。ましてや自らのブログなんだし。

と言うわけで、今回俺が長年悩んでいた歌のルーティングに関して、みっちりと書き綴っていきたいと思います。
……分かっている、すげぇ文章長ぇんだ。だから「悩んでいる人、興味がある人だけどうぞ」と、至極当然のことを言わせていただく。
名づけてルーティング大全。

※ちなみに前回の記事
歌のルーティング

この前は喉の調子良かった(うまく歌えた)のに、今日は全然ダメだわ

いつもは高い声が出るけど、この前は出なかった(出にくかった)んだよね。でも今日歌ったら大丈夫だった

コンディションに注意して、前回と全く同じように一日過ごしたのに、喉の調子ヘンだった。何でさ?

等など。ボーカリスト、シンガーは歌のクオリティが日によってコンディションに左右されてしまうと思う。
そんな時、その原因が分かっているのなら、このブログは読まなくて全然良い。さっきも言ったけど。
少年サンデーの乳首描写に関する考察」とか、「深夜アニメに登場する美少女キャラの服装に欲情して自らのフェティシズムを延々と語り続ける回」とか、読んでてください。後はアレ、町田市のオススメのラーメンとか。

最初に言っておくけど、今から書くのはあくまで俺の場合。人によって変わってくるし、必要ない人も居るだろうね。
では早速行こう。まずは前日の過ごし方から。
そう、戦いは既に始まっているのだよ。どんなに慎重に朝起きてから喉に気を配っていたとしても、既に戦いは終了している可能性はあるって事だ。
簡単な例で言えば、前日にボロボロになるまで疲労していたり、酒を飲みまくって酒場で格闘ドンジャラホイ!をしていたり。
そんな事をしたら影響が出るのは明らかじゃん。
それと同様に、前日に一日何もせず、家でパソコンをずっとやっていたり、喉を使ってあげなかったりすると、翌日に影響が出るんだよね。
そう、当日のコンディションを極めるには、前日から始めなければならない。ガルネリの小野さんなんかは一週間前から気をつけるらしいけど。俺は一先ず1日前から。
それで、どうするか。


ルーティング①【前日にバイトをする】

酷使はダメだけど、軽く疲れる程度に体を使ってあげる。特に「喉を」だ。声を出す。喋る。歌わなくてもいいから、「いらっしゃいませ」を言い続ける。
バイトがない場合は、前日に歌うこと。磨耗しない程度に割と歌い込んでいいと思う。


ルーティング② 【起床と、軽い慣らし】

夜は寝よう。ようやく当日のルーティングに入る。「睡眠時間はたっぷり取っていい」とよく言われるけど、ようは起きた時に体の調子が良い時間、寝ればいい。
前日に疲れてなければ6時間でも大丈夫だろうし、結構体力を使った意識があるなら10時間以上寝ても問題ない。(経験上)
どちらかと言うと、ルーティングに大事なのは「起床時刻」だ。起床してから声帯も(筋肉なので)徐々に起き始める。
人によって異なり2時間~5時間で起きると言われてるけど、これは前日に喋った量、起きてから喋った量に関係していると俺は思う。
起きてからずっと無言だと、5時間でも喉は起きない。
目安として、閉鎖感が強めのヘッドボイスを出した時、ジリジリする。換声点付近が出しづらい。これは起きてないね。
起きてから日常会話程度を人と話すとして、最低5時間は欲しい。できれば6時間~7時間。俺は最近歌う7時間前に起床するようにしてる。
補足として、一人暮らしで「起きても誰とも話さないけど、どうしたらいい?」という人。オススメはお笑い番組です。YouTubeで少し見てから出掛けましょう。
※笑う結果声帯が温まる。「ハ(HA)」と発声するのはアイソメトリック効果があって、最適らしいね。

あともう一個、起床から時間が経ちすぎると、今度は声帯が疲労してくる。(ガサガサ、バリバリといった感覚)
その場合、ミドルボイスは出しやすくなるんだけど、ヘッドボイスが出にくくなる事が(経験上)ある。
なので「ライブハウスが遠くで、朝早くに出発しなければならない」という時、具体的に歌う10時間前に出発せざるを得なかった時、
俺は電車で仮眠を取った。仮眠すると声帯の調子がまた変化する(大まかに、声帯が冷める)ので注意。

あと余談だけど、喉のコンディションを整えても、ピッチを外すのは別問題だよね。
なので、朝出発する前に、柔らかい裏声で音程の復習をしとくといい。例えばCの音を鍵盤で鳴らし、Gの音を出してみる。
※歌のチューニングを合わせておくって事。日によって、自分の思うピッチと実際のピッチがズレていたりするので、確認しておくと良いと思う。
あとは道中、音源をイヤホンで聞きながら向かうとか。
蛇足かもしれないけど、「声が出しづらい」のではなく「歌いづらい」という時。喉の調子は悪くないんだと思う。
原因は環境だろうね。返しが聞こえづらい、精神的に歌いやすい状況じゃない、とか。それは今回、ルーティングという趣旨から外れるので割愛します。


ルーティング③ 【食事と、そのタイミング】

①と②はかなり重要。それから後述だけど④も要訣だったりする。今から書く部分は、根幹には影響を及ぼさない。
ぶっちゃけ本当に喉の調子が良い場合、これらを無視しても結構歌えたりする。だけど……知っておいた方がいいと思う。
えっと、食事の注意です。何を食べるべきか、避けるべきか。そういう項目ですな。当たり前の所もあるけど、列挙していく。

まず摂取しておきたいもの。ビタミン・蛋白質・炭水化物・カフェイン・油・水分

避けたいもの。砂糖(あからさまな糖分)・緑茶・熱い物

酒は少量なら筋肉が弛緩するので悪くはないと思ってる。ラーメンを食べる人も居る。で、俺も悪くないと思う。上記の項目も結構含まれているし。
ただ、腹が膨れるのと、俺が胃腸弱くて不調になる可能性があるのと、スープが熱くて声帯に影響が出るので、俺はちょっと避けてる。
(ただ、温めるのは良い事だし、冷ますのにフーフーするのがドッグブレスの役割を果たしている可能性があるので…やはり良いのかもしれない。それにB’zの稲葉さんは熱そうなハーブティーとか飲んでるんだよなぁ…。温度加減はありそうだが、えっと……割愛!)

逆に冷たい物は……避けるのが定石と言われている。(ボイストレーナー然り、小野さん然り)
何でかって、冷たい物が通ると、喉の筋肉が収縮しちゃうのよね。結果、筋肉の自由度が失われるという原理なんだけど……。
冷たいと意識が覚醒するので、気力的な面では良いのでは?と思ってる。常温が良いと言われてる水だけど、うーん、声帯の調子が良ければ冷たくても全然関係ない印象かなぁ。(キンキンに冷やすのは駄目だろうけど)

で、だ。簡潔に述べると、ようは「体に良い物、優しい物を食べ、体に悪そうな物は避ける」なんだよね。
今書いているのは経験によるものもあるけど、スティーヴン・タイラーのトレーナー、マーク・バクスターという人が書いた著書や、インディーズやメジャー問わず色々な歌手と話をして得た知識がたくさん混ざっているので、是非参考にしてほしい。
それから当たり前だけど、この項目は前日にも適用するべき。体に影響が出るのだから、なるべく避けるべきである。
生活習慣の結果、スタミナに影響が出る。普段から体に悪いものを食べ続けていれば、体力も落ちるだろう。だから一週間前から気をつける人が居たり、ライブ前になるとササミばかり食べるようになる人が居るんだろうね。

既に冗長になっている気がするが、軽く説明する。ビタミンはまぁ…半分気休めだったりするんだが、体の維持に必要な物質で、他の栄養素を機能させる為の役割がある。
これが無いと人体の維持がうまく出来なくなり、弱ったり病気になったりする。ビタミンが歌に直接影響するワケじゃないけど、健康維持の為に(毎日)摂りたい。
俺はマルチビタミン剤を摂取してて、ここ数年殆ど風邪を引かないからね。(健康に気を付けてない以前は、年に2~4回引いてた)
説得力あるし、風邪引くと歌えないから歌わない日にも摂るようにしてます。

それから蛋白質、炭水化物。「歌う事はスポーツだ」ってのは通説だと思う。声帯や、歌うのに使う部分は筋肉が多いから、その為に摂る。
A.B.C-Zの塚ちゃんが言っていた言葉を引用すると「炭水化物は動くのに必要」って事だ。歌いながら踊るようなハードな人達は、自己管理のプロでもあるんだろうな。

で、喉には油分がある。緑茶を飲むと流されてしまうと言われてる。確かに緑茶を飲んでから歌うと、ジリジリする。逆に、オリーブオイルなんかを舐め回した日は
調子が良かったりする。大仰には摂取しなくていいと思うけど、やっぱ必要なんだと思う。で、水分は当たり前だがマスト。目安として、トイレに行きたくなるくらい飲んでおくと大丈夫っぽい。

砂糖が駄目って言ってるのは、糖分の分解にエネルギーを使うから。結果、バテやすくなる。で、糖分自体は他の食物から摂れるから、甘い物とかをわざわざ食べるのはナンセンスだって事だな。ただ……調子が良い時はちょっとクッキーを食べたからって、大した影響は感じないんだよね。だから多少は問題ないと思う。エネルギーにはなるし。本番直前はNGだろうけど。

……ここまで読んで思うのは「じゃあ、具体的に何を食えばいいのよ?」だろう。
俺のオススメは……朝食は割りと何でも食べる。炭水化物メインかな。
で、歌うのが夜なら、昼は軽く食べても良いと思う。
まぁザックリと、パンとかご飯を食うって事だ。後はサラダとか納豆。で、要訣は次の二つ……カレーパンオロナミンCだ。
この二つを、歌う1時間前に食べる。
イチローも、TKOの木下さんもやってるけど……俺も色々試した中で一番しっくり来るのがカレーだった。なんか調子が良いのよ。
スパイスの効能に関しては勝手に調べてほしい。いや、なんか元気になるのよ、本当。
前述の油分、炭水化物……その辺も考慮されてるのでオススメ。オロナミンCはカフェインとハチミツ、ローヤルゼリー(とあと水分)が目的です。「効かない」って意見はあるだろう。俺も別に、これに頼っている訳ではない。ただ、製薬会社が「一定の効能がある」と判断して販売している製品が、何の効果も無いとは思い難い。ポカリスウェット、カロリーメイト然りね。安価で手に入るし、俺みたいにカフェインに弱い人間はこれくらいが丁度良い。
前に、ハチミツのボトルを持ち歩いているボーカリストが対バンで居たんだけど……さておき、そういった「元気成分」が出るのならば、他でも代用可能かね。

食べるタイミングも大事だ。俺は1時間前です。小野さんは著書で「2時間前がベスト」って言ってたね。人によっては歌う前は腹に入れない人も居る。
何故意見が分かれるかって言うと、消化液と胃腸の様子、あと何を食ったか、だろうな。
カレーパンとオロナミンCだけ、なら1時間前に食うのが今はベストだと感じてます。


ルーティング④ 【ウォーミングアップ】

主眼はこの項目だろう。裏サンデーの「ダンベル何キロ持てる?」でも解説されてたが、その辺も踏まえて記述する。
ウォームアップ次第では、前日や当日の不調を(ある程度)ひっくり返せると思っていい。面倒なので以降「ウォームアップ=WU」と略させてもらおう。
WUに時間を掛けられるなら絶対かける。で、焦らない。機材のセッティングで時間が無かったりするけど、何とか折り合いをつけて、専念する時間を用意したい。

それと、重要な事を一つ。歌う前に疲れさせない事! WUのやり過ぎもそうだが、例えば遅刻しそうで走ってきたとか、重い機材を運んできたとか、その後にすぐ歌唱もしくはWUとなると「あれ…調子が出ない。何だか高音も出ないし、スタミナも死んでる」となる。
そう、バテちゃってるのよ。これを回避するために、「重い物を運ぶなら、余裕をもって運んでおく」、「ゆっくりと出発し、遅刻しないよう早めに到着しておく」
という事態に持って行きたい。人によって回復にどれだけ時間が必要かは分からないが、WUを開始する40分前にはフリーの時間になって欲しい。俺みたいにヒョロヒョロの人は特に。

で、ここでも注意なのだが、そのフリータイムで寝ない事。それから、椅子に深く座ったりしない。経験上なのだが、ダラリとしていると、起床してから徐々に温まっていった体が、休息モードに入り始めてしまうんだよね。そうすると、ルーティングがパーになる。一旦休むとフルスロットルに戻るまでにまた時間を要してしまうので、歌う前は暫く立っているのがベストっぽい。座ってていざWUへ……!と立ち上がると、腰から下に力が入りにくくなっていると思う。
「どっこいしょ」って言ってしまうのも納得ってもんだ。なので、休息状態に陥らず、ニュートラルのスタミナを維持する為にも、気をつけたい。
背もたれに預けず、浅く座ってるとまだマシかな。そういや家入レオも「歌う前は眠くても絶対寝ない」って言ってたっけ。

ここまで書いてようやく本項に入る。WUでやる事は大別して二つ。ストレッチと、発声
ストレッチでは屈伸・開脚・アキレス腱・股割・前屈&後屈・脇腹を伸ばす・腿上げ・首回す・肩回す・腕回す・ジャンプ
それから表情筋をほぐす・舌をベッと出す・喉頭を下げる等。
人によっては「その動きは寧ろやらない方がいい」という意見もある。
なので……「ほぐす事」と「筋肉を温める事」に注意して、息が上がらない程度で、1~3分でいい。軽くやってみるのがいい。
ポイントは、胸郭や腹筋・背筋の柔軟性を上げる事だ。歌唱に使う喉の筋肉と上半身をウォームアップするという事だ。準備運動が必要なのはスポーツと同じ。

次に実際に発声。人によって大きく変わる項目だと思う。TNT、B’z、LOUDNESS……ハイトーン系で共通する点は
柔らかい裏声で慣らすリップロール&タンロールだろう。これを人によっては「数十分から1時間くらい」やるらしい。
車の中とかトイレとか楽屋とか……まぁ場所はさておき、この時間の違いは…バクスターさんによると
「短いステージの時は、たくさんWUする」
「長いステージの時は軽くWUを済ませ、歌唱中に徐々に練り上げていく」
らしい。まぁ理に適っているな、と。
結局(特筆してハイトーンは)人が歌える時間なんて限られてるのよ。そこは大きくは変えられないからなぁ。
バンドのリハーサルなんか悠長な時間は無いと思う。裏声やリップロールは効果的(声帯に負荷が掛かりにくいのと、息の流れがキレイに声帯を通過してないと
リップロールは出来ないからその辺の確認もできるし、筋肉のリラックス効果もある)だけど、どれくらいやるかは臨機応変に決めるしかないね。

で、俺の場合だけど、裏声と地声を行ったり来たりするのと、上記のロール。ボーカルフライ……
あっ、今更だけど分からない単語があったら自分で調べてみてください。一応言うと「ピッチを出さずに声帯を震わせる」貞子みたいなのがボーカルフライです。
――をやります。あとは、温まってない時はちょっとドッグブレスを追加。十秒くらい?
起床してから体がちゃんと起きてればそこまでやらなくても大丈夫な感じ。
その後、WUの時間短縮の為、実践的な意味合いで「ピッチが高すぎないけど、高音もちょっと出てくる曲」を1曲~2曲歌います。
具体的に、どんな曲か。俺(バリトン辺りの人間だと思う。換声点が基本的にはmid2E~hiA辺り)の場合は、KamelotのDon’t you cryという曲を歌います。
WUではどんな声が出ても、失敗しても気にしてはいけません。……受け売りだけど。
周りのバンドメンバーにからかわれても、めげません。サビに入って周りで「ドンチュ~クラ~~」という揶揄が聞こえても、集中します。
時間が許すのであれば、単音とかで「アー」ってやって、換声点付近なんかも重点的に発声して、仕上げていくといいと思う。

以上が、ルーティングでした。誤解が無いように言うと「俺の場合は」って事と、筋肉のルーティングだって事。
正確なピッチで歌うにはまた別のルーティングや精神的なルーティングが必要になってくるし、例えば「保湿の為、マスクして寝る」とか、「エアコンは付けない」とかもある。色々あったけど、生活に染み付いてしまって、単体で思い出す事が出来ないな……。
それに、歌の上手い人間なんてもっと上に居るし、最初から声が高くて苦労せずともキレイに歌えちゃうヤツも居る。
俺は10年前はメタルなんて以ての外、J-POPですら歌えなかった。mid2G#以上の声が出なかったんだ……。サザンオールスターズはキーが低いからと、頑張って練習してたけど、それでも数曲歌ったらもう轟沈。そんな声帯だった。今はまぁ…そこそこスタミナもついて、上手にもなったと思ってるんです。

こんな歌を歌ってます。換声点がFからA付近なんですけど、ミドルボイスに持って行ってます。
勿論、ヘッドボイスで全部出してしまうという手もあるんだけど、俺、ソナタ・アークティカとかキャメロットみたいな声質で歌いたいんだよね。ミドル寄りのさ。ハイトーン自体は然程難しくなくて、理想の声質を出せるかという問題を長らく抱えていた。今でも勉強中だが……。

ともあれ、色んなルーティング、注意点がある。
俺の中でもそれらはコロコロ変わったりしてて、ルーティングで片道数キロ歩いたり、ウィダーを買ったり、ステージドリンクをあれこれ試したりしてた。
あ、歌唱時はやっぱ真水が良いと思う。味付きだとヨダレ(とか消化液)が出て、声帯の滑らかさが無くなると思う。あと、やっぱバテたりする。
炭酸水は、クラシックの先生に師事してた時に勧められた。スカっとして気持ち的にはリフレッシュできるな。影響は謎。

これも付け加えなんだけど、書籍によっては避けるべき飲料で牛乳とかコーヒーとかも言われてる。牛乳は膜を張るからで、コーヒーのカフェインはビタミンを奪うから、という理由だったかな。でも、歌う直前じゃなければ牛乳も脅威にはならない気がするし、カフェインは覚醒効果があるから良いんじゃないか……と思う。
ただ、酸性の物を口にすると、人間の身体は弱塩基性だから中和現象が起きる。その際に水分を使うってのと、喉の水分ってのは体の中で優先順位が低く、水分補給しても別の所に使われてしまうらしいのよね。色々加味すると、避けたほうが無難なのかもしれない。
タバコも酒も駄目だという意見もあるし、「いや大丈夫だ」という人も居る。ぶっちゃけ、必要だと思うなら止めればいい。本当、人体が楽器だから、個体差が大きいし、不調の原因も様々だし……。

でも最近のレコーディングやボーカル専任など、力が発揮できる環境であれば間違いなく自分の想像通りのコンディション(この声で歌いたい!という声質で)で歌えるようになったので、今回書いてみました。

最後に、すんげぇ長くなった。7,800字だってよ。誰が読むんだ、これ。
読んでくれた方、ありがとうございます。

もしもバンドをやっていなかったら、クラシアンで働いていたかもしれない

10月です。増税しましたね。
フリアズでもCDやらグッズやらを販売しておりますが、同じ料金でやらせて貰います。

……という報告です。送料もひとまず同額です。
よろしくお願いします。

これだけだと味気ない報告になっちゃうね。

と言うわけで、ゴメン。今日はどうでも良い事……いや、どうでもよくねぇ!どうでもよくはないけど、音楽一切関係ない話をして終わります。

トイレのトラブル8,000円」ってフレーズ、あんじゃん。「暮らし安心クラ~シアン♪」でお馴染みの。
増税して、どうなってんだろうと思ってホームページを調べたけど、流石に税抜き表示で「8,000円」って書いてあるのね。

でも、色々と部品だって高騰しているわけじゃん。トイレの配管パーツとかパッキンとか。出張費も見積もりも無料でやってるみたいだけどさ。
それでいて、未だに8,000円でやってるのって本当か……とかちょっと思っちゃうのよね。
勿論、必ずしも8,000円で全部やってます、という訳じゃないんだろうけど。それよりも気になったのがクラシアンの年間受注件数で。

年間100万件以上、らしいのよ。

――そんなに、トイレって壊れるもんなの?
100万って日本の人口の約1%な訳で。他のトイレ業者も合わせると、相当な数のトイレがトラブルに見舞われている計算になる。
学校の1クラスで例えると「え?お前んちのトイレも壊れたの? いや奇遇だね、ウチもなんだよ」という
ソフトな「スカトロあるある」で昼休みに同級生と盛り上がり、青春の1ページを謳歌する経験を誰もがしている事になる。いや、そんな同級生は一人も居なかったよ。
そんなの、明らかにトイレ会社の陰謀説じゃん。
「よし、数年後に壊れるよう……ここ、ネジ緩めといたろ……」みたいな。
(だから、たぶん毎回同じヤツなんだろうな。「すみません!また便座割っちゃいました!」みたいな。あとは毎回大量にウンコしていくヤツとか)

トイレってそんなにヤワじゃないと思う。前に働いてた会社でトイレの部品も扱ってたから分かるんだけど、硬いし頑丈だし。
あと超重い。便器って。
TOTOの商品でピュアレストEXってのがあるんだけど、45kgとかあるのよ。
もはや人間じゃん。それを軽々と「これ2階っすか?」とか言いながら持ち上げて運んでいく神奈川管材の兄ちゃん。俺にとってはヒーローだったね。

ちなみに今の最新機種はネオレストっていう種類。炊飯器みたいなフォルムのヤツ。タンクが無くて、汚れにくくて、オートセンサー。値段はまぁ30万……ぐらいするけど。
今でこそ、ちょっとした音声案内みたいな機能あるじゃん。
そのうちAIを搭載して「うーん、今日のはちょっと硬いですねぇ。野菜食べてます?」とか言うようになるんじゃないだろうか。

まぁそれはともかく。
クラシアンって夜中もやってんのね。24時間365日営業してんのよ。凄いよね。経営難でコンビニだって続々と夜中閉店するような時代なのに。
これなら夜中、大量に大便して「小」の方のレバーで流そうとしたら詰まっちゃった時、安心できる。

……今書いてて気付いたんだけど、電話貰って、クラシアンの作業員がそうやって駆けつけたとするじゃん。
トイレにあがったらもりもりのウンコがそのままになってる事もあると思うんだよ。故障だから仕方ないけど。
そんな時、作業員はどういう思いなんだろう。

で、だ。
旧姓<排泄の騎士スカトロイド>こと、この俺。
その昔、その歪んだ性癖に人々(同級生)は畏怖と敬意を込めてハーケンクロイツを贈呈した、あのレジェンド。ファンタスティックプープフレンズ。
伝説のロイドさんですよ。黄色いアイツはくまのプーさんと呼ばれていたけど、くそのプープさんって呼ばれていた、あの……!

美人な奥さんのお宅か、独り暮らしの女性の家だったとするじゃん。
いや欲を言えば独り暮らしを始めた女子高生が古いマンションで生活しているんだけど、古いから詰まっちゃうのよ。
もう、最高じゃん。ハレルヤじゃん。ジーザスクライスト・スーパースターじゃん。劇団四季よりもクールなヤツをトイレでワンコーラス歌っちゃうじゃんよ。

そんな事をさ、
ブログで書けないじゃん……。

吉祥寺クレッシェンドと柏サンブアップ界隈ではもしかしたら……もしかしたらだけど、俺の事を許容してくれる心優しいファンタスティックプープフレンズが居るかもしれないけど。
広大なネットの海に……いや、いい。たまにトンでもない事普通に書いているからな、このブログ。大丈夫だ。

P.S.
ちなみに今、フルアルバム制作中です。良い感じに仕上がって来ております。
これね、正直言う。「買い」だよ。こんなサイテーのブログ書いている奴がやってるバンドなんて「どうせウンコと同じでひん曲がってんだろ!?」と思うかもしれない。違うんだ。ウンコと同じでクサイけど、曲がってなんかいない!ストレートだって事を、ここに誓う!

日本のメロスピメロパワって、(まぁビジュアル系はいいんだけど)女性ボーカルが多かったりするじゃん。特に、シーンで活躍してて売れてて、それなりに長くやっているとなると。欧州みたいにハイトーン男性ボーカルで臭くてキラキラしててカッコイイ。そういうのは少ないと思う。
でも、ここに居る。フリアズももう5年目。やっぱメタルは(バンドは)生演奏で聞きたいもんだ。欧州のメロスピを聞き漁って「日本は全然だな」という方。
マ・ジ・で・乞うご期待。

それまではEP「NEW ERA」をどうぞよろしくお願い致します。

とか言って1日8時間は平均寝ている

久々の更新です。こうやって更新の頻度が減ると「あれ?こいつら活動休止するんじゃね?」とか悪い方向に予想するかもしれません。
あえて断言します。超元気です
ヤフオクで中古の女性用下着を買い漁って奇声を上げながら42.195km走れるくらい元気です。そのあと筋力と性欲でトライアスロンを

ただ、一ヶ月ぐらい前からまた繁忙期に入りまして。毎日何かしらのスケジュールがあり、今までのように
YouTubeでお気に入りの耳舐めボイスを聞きながらヘヴン状態で悪質なブログを書く、という合わせ技が実行できなくなりました。

アニメも全然見れてないですね。えーっと、今期だと
①ありふれた職業で世界最強、②ダンベル何キロ持てる?、③まちカドまぞく、
④女子高生の無駄遣い、⑤Dr.STONE、⑥鬼滅の刃……
全然見れてないですねぇ。

「何言ってんだコイツ」って方。いやいや、アニメを観ることは大事なのよ。
アニメで使われる楽曲やBGMなんてものは(大体が)プロが作ったもので、云わば一個一個がリスナーを感動させる必殺技みたいなものじゃん。
支持されるもの、一流のもの、「こうしたら悲しくなる」とか「こうしたらアツくなる」みたいな味付けをちゃんと考慮して作ってあって、
そういったものが流れているから勉強になるんです。

あとはゲームも同じ。今でこそ色んなゲーム音楽があるけど、初期のファミコンやゲームボーイなんて、音色が「アレ」しかない。歌も入れられないし、オーケストラも無理だ。
その縛りの中で「盛り上がり」や「感動」といったものを表現しなければならない。
今みたいにゲームに組み込める情報量が多くなくて、データ容量が確立されてない。
だからゴミみたいなサイズ容量という制限の中、数十秒の曲を作ってプレイヤーを感動させなければならない。
……となると、当たり前だけど一級のプロが匠の技で注ぎ込んでくるのよ。最小限のルート音とメロディで。
勿論、幾つかの音源が組み込めるようになったスーファミ以降のサウンドなんかは、更に勉強になるよね。

脱線した。
実は作曲の仕事を戴きまして。なので、アニメ視聴は音楽の勉強や情報収集も兼ねているんです。
決して遊んでいる訳ではないのよ。オーザックを頬張りながら時折高笑いをしては、唾液や色んな体液をモニターに迸らせている訳だけど……
ゆとり教育? いいえ、働き方改革です。

で……。

えっと、本題です。9月14日に行われた柏Thumb Upでのライブ
皆様ありがとうございました!

……うん、分かってる。レスポンスが超遅ぇってのは。だって開催日からもう2週間近く経ってるんだもの。さっき解説した通りちょっと忙しかったッス……。
謝辞が遅れましたが、年に数回しかやらない我々にとって、とても良い一日でした。(その割りに、演奏力とステージはかなり良かったと思う)

良いステージ、お客さん、対バン、先輩方……。楽屋は酒とつまみで荒れ果て、一人だけ性犯罪者のような扱いを受けていましたが、僕は元気です。
本当にありがとうございました。
今後のライブは未定ですが「行ってみたかったなぁ」と言う方は是非、次回お越しください。

ちなみに、次回のイベントは10月27日(日)の秋M3ですね。
サークル番号は第一展示場B-10bです。
夏に発売した、バンドの3曲入りCD「NEW ERA」を持っていきます。1枚1,000円です。
(「M3って何?」って人は……→http://www.freeasbirds.biz/?p=2153

今色々なプロジェクトが進行中で、腹案も結構あるんだけど……。
とりあえず今回はここらで終わっておこう。
バンドで取り組んでいるアルバム制作はお楽しみに!

バカとフグとホテルオークス

ちっす。ロイドです☆
インテックス大阪で行われた即売会「こみっくトレジャー34」に参加するため、単身で大阪まで遠征してきました。
あ、今日はテンション高いっす。
大阪に行くのは2回目になるんだけど、今回は程ほどに楽しめたと思う。観光も兼ねて行って来ました。

前回は新天地への期待と不安、鳴り止まぬ興奮、そして空回った熱意から見事に腹を下し、行きの新幹線からすでに瀕死の状態で旅路が始まった。
まず、一人で新幹線に乗って旅行するという経験がなかったからね。相当な緊張はあったと思う。
関西の食文化を堪能しようと思っていたが、食えたのは新大阪の串カツのみ。それも帰りの新幹線を待っている間……。

そんなんだったから今回は食事を堪能してきましたよ、ええ。
まずはフグです。

一枚目は「てっさ」。断じてフルメタルパニックに出てくる女の子の愛称ではなく、ふぐの刺身だ。食感は「ちゅるん」「ぷりん」って感じ。
二枚目は「てっちり」。ふぐの鍋だな。アラっていう部分は先に入れて3分くらい放置するらしい。薄い切り身はしゃぶしゃぶで、サラッと通すだけで食える。
最後は雑炊にして頂きました。やべーね。味が。料金もだけどwwwwwwwww

それから次に行ったのは「ガスト」だ。日本を代表するファミリーレストラン、頭の足りないクソガキでも読めるようにカタカナで「ガスト」と書いてある、鮮血色に彩られた看板のあのガストだ。
識字率3%以下の町田市では文字の読み書きは出来ないけどガストは読める、そういう孤児がたくさん居る。

え? 何ですか? 関西に来てガストに入っちゃいけませんか?ハハ、分かってないなぁ~!
フリーアズバーズではスタジオ練習のあとにガストを利用する事が多い。
いっそすかいらーくグループに入れてくれねぇかなってくらい。そのくらい応援してるんだけど。
関東と関西でメニューや中の様子か違うかもしれないじゃないですか!これは調査の必要がある!

……という訳で入りました。まぁ、実際は朝8時からやってる店が無かっただけ、なんだけど。
ざっと見た感じ、メニューは同じだったね……。
ただ、注文したモーニングセットのパンケーキ。これは間違いなくヤバいもんが入ってる。
端っこがカリカリサクサク、メープルシロップが染み染みで中がフワフワ。今まで食したパンケーキの中で一番ウマイ。気付いたらガストのソファで失禁してた。ウソだけど。
パートのおばちゃんの腕が神掛かってただけかもしれない。海上レストランで泣きながらピラフ食ってる首領クリークの部下みたいな。それくらいのイメージで食ってた。
ただ、気付いた事が他にもあって。

値段がヤバい。目玉焼き2つ、飾らない味付けのドレッシングをかけたレタスとキャベツのサラダ、肉汁が迸るソーセージとベーコン、ドリンクバーとスープおかわり自由。
これで640円? ウソだろ?
人件費が払われているのか甚だ疑問になってしまうというもんだ。俺が入ったとき、パートのおばさんが3人しか居なかったけど、
もしかしたら女囚なのかもしれない。
社会復帰を図るための刑務所労働。言わばボランティアみたいな。
もしくは強大な国家権力に弱味を握られた哀れな主婦の末路……。
いずれにせよ、マジで美味かった。

で、忘れてたが……。
即売会の様子。こみトレ参加は2回目なんだけど、やっぱりジャンクフード売ってたりハチミツ売ってたり変な物売ってたりで面白い。
基本即売会っていうと紙媒体、ディスク媒体の商品だと思う。だけどこみトレは食品とかも売ってるから面白いよね。関西特有と言うか。
近場の人は是非行ってみると良いと思う。勿論、同人誌やイラストも多数あります。

……逆に言うと音楽作品は全然売れないんだよね。分かってたんだけどさ……。でも9月のイベント、フリアズで何も無かったら寂しいじゃん。応募しちゃうじゃん……。
けど、関西の人(や案外近くにお住まいの人)達と交流できて楽しかったです。いつも思うけど、関西人って話すの上手いし面白い人が多い。
これも関西ならではのメリットではある。それに全くCDが売れなかった訳でもないし、ノベルティは品切れになる程だった。たまに関東から来てもいいんじゃないかと思う。

ただ、一個だけ。実は帰りの新幹線が台風で止まっちゃってさ。そういうのが起こらなければ尚良いよね。

軽く顛末を話すと、台風15号が来てるのは知ってた。だからその憂いはあったんだけど、当日の朝の時点で、まだ動いてたのよ。
で、会場を撤収した頃に運行状況を確認してみたら「運休」の二文字。言うのがおせぇよ!
その段階で俺の脳内ではこの素晴らしい世界に祝福を2の主題歌「おうちに帰りたい」が無限ループしてたね。

泣きながらホテルオークスまで歌って帰るか!?とか思ってた。

だって、新幹線に乗った事もほぼないヤツが、運休になった時の対応なんか出来るワケないじゃんよ。だからひとまず新大阪まで戻って駅員さんに「俺、早く東京に帰りたいっす」って言ったら
「次発車する新幹線までは動いてますけど。乗りますか?」って。え?マジで?そのチケットくださいいいいいいいい!

……。発車する数分前だったね。台風の影響で臨時列車とか言ってて。自由席は人が溢れかえってた。今は無事帰宅して、チケットの払い戻しの申請中です。
まぁ、貴重な体験だった、と思っている。
行こうと思っていた店やグルメ、お土産は諦めざるを得なかったワケだけども。

歌をアライブに

手足口病って知ってる?
赤ん坊がかかる病気で、手足に斑点みたいなのがめっちゃ出て、痺れて動けなくなっちゃうんだけど。まれに抗体を持たない大人が発症する事もあるらしいんだよね。
まぁ、放っておけば治るんだけどさ。
21歳の時に俺の姉貴がその病気になって。暫くしたら俺まで感染したんだよ。
いやぁ……足が痺れて牛角の面接に行けなくなっちゃってさwwwwwwwベッドから1ミリも動けないっていう。せっかく牛角で活き活きと働くバラ色のアルバイト生活に期待を膨らましていたのに、台無しじゃねえか。

それからノロウィルス。婆ちゃんが買ってきた生牡蠣で一家全員罹病するっていう……。ゲロと人糞にまみれ「神よ、私は何か悪いことをしましたか?」と、己の人生を振り返っていたね。まぁ思い当たる節がありすぎて分からなかったんだが。
これは23歳くらいの時。云わばパンデミック。
しかもダウンした次の日、バイト先に無理矢理出勤させられたからね。そんな状態で「いらっしゃいませ」なんて言える訳ねぇだろ!ゼリーしか食ってねぇんだぞ!こっちは!

俺がいくら危機管理をしていても、実家で暮らしてると他の家族が病原菌を運んでくる訳で。何だろう。「俺が病気になる」という未来に向かって必ず収束するというか。
どんなに病気を回避しようとしても、予定調和で誰かに病気をうつされ、病床に伏す、みたいな。呪われてると言ってもいい。

あと、話が少し変わるけど、大学生の時農業を専攻してて、そこに「ニコニコおばけ」っていうあだ名の同級生が居たんだよ。いつもニコニコしてて、出来た人間だなぁなんて思ってたんだけど。
農作業の時、俺の横でソイツがしゃがんで雑草を抜いてて。俺はというと、地面にスコップが全然入らないから、スコップに乗っかって体重を載せて耕してたのよ。そしたら汗で手が滑っちゃって。
足を中心に弧を描いて、ニコニコおばけの痩せ細った背中に、金属製スコップが思い切りぶち当たったのよ。あれは俺の全体重が掛かってた。
……修羅みたいな顔してたね、あいつ。

何が言いたいかって言うと、どれも全部「アライブ」じゃないって事だな。
※あっ、コミックアライブ好きです。一番好きなのはディーふらぐ!です。

心身の健康と言いますか、安寧と言いますか。そういった要素はやはり大事にしていかなければならない。
歌も同じで、気持ちよく歌いたい、なるべく歌いやすい状態で歌いたい。これはボーカリストであれば、皆そうだと思う。

そんな訳で、今回は歌をアライブにする素晴らしいアイテムをご紹介したいと思います。
マイクや歌の話なので、興味の無い方は過去ログでも読んでいてほしい。申し遅れました、ロイドです。

Sennheiser e935」のレビューでござい。値段は18,000円くらいだったかな。
レコーディング用のコンデンサーマイクは幾つか持ってんだけど、スタジオやライブで使うダイナミックマイクは持ってなかった。で、スタジオで歌う時に「58」の限界を感じていて。ライブの時も大体「58」じゃん。
知らない方の為に説明すると、「58」っていうのはスタジオやライブハウスでほぼ必ずと言って良い程使われているマイクで、SHUREという会社の奴だな。
ダイナミックマイク(ようは現場用のマイク)で、まぁ別に「これ使っとけば問題ないっしょ?」みたいな汎用的なマイクだと思う。耐久性も高いからブン投げてもいいし、可愛い女性ボーカルが歌ったあとはグリル(先端の丸い部分)をべろべろ舐め回してもいい。そんなんだから世界中で愛用されてるらしい。

俺はマイクを選ばない主義だったんだけど、前述したように最近アライブじゃなかったのよ。バンマスとして荷物が増え、作業が増え、負担が増え……いえ、いいんです。
ただ、少しでも歌いやすい状況になれば、と。そう思ってマイクの導入を考えてた矢先の事。

この前セッションに参加した時、KUNIさん(HELL FIRE)から良いマイクを教えてもらって、試しに買ってみたのよ。――目からウロコ、いや……目からカウパーだね。
劇的に変化があった。特にウチみたいな、やってるジャンルがメタルで、父の仇と言わんばかりに爆音で演奏するメンバーが居るバンド。あとはキーボードが居たり同期が流れてたりで音数が多いバンドには革命をもたらします。素直に射精ですよ
58って少しシャリシャリしてる印象がある。それをミキサーのEQで下げようとすると、ほら……一般的なスタジオなんて「HIGH、MID、LOW」ぐらいしか付いてないじゃない。
HIGHを下げてもいいんだけど、全体的に音がこもる。MIDは上げるけど、そもそも細かな設定なんか無理なんすよ。
で、指向性が案外広くて周りの音も拾っちゃうから、マイクを近づけたり遠ざけたりで「手動コンプ」みたいなマネは出来ないのよね。(マイキングにも限界がある)

結局58は「歌にもギターにも使えます」みたいな製品だから、歌に特化してないワケ。
だけどe935は違う。
簡単な話、「何にでも使えますよ」って言ってるマイクと、「これはボーカル用マイクです」って言ってるマイク。歌に適しているのはどっちかって……答えは明白じゃないっすか。それくらいの差があった。
まず、中域が抜ける。58だと聞こえづらかった帯域が、聞こえてくる。特定の帯域をブーストしてくれてるからだろう。

ハイトーンだったり声を前に飛ばしたりすれば、そりゃあどんなマイクでも歌が聞こえてきます。でもさ、メタルでスタジオ練習に何時間も入って、ずっと声を飛ばしっぱなし……死ぬじゃん。そりゃあね、「でもプロの声楽家は凄い声量出せるからお前の力不足」とか「肺活量や筋力が足りてないからお前の力不足」とか
歌の技術でカバーできるからお前の力不足」とか、そういう意見はあるでしょう。
いや「うるせぇ」と。正論かもしれないが、今回は黙りなさい、と。そう、今回は「なるべく歌いやすい環境に」というテーマで謳ってるんだ、バーロー!

やってるジャンルも違うし、歌のスタイルや拘りも違う。当然発声法も違うし、性別も違う場合がある。
そんな中で、(特に専門的なPAミキサーもなく、色々と弄れないし時間も費やせないスタジオ練習の場合)声が埋もれたり、抜けなかったりするバンドは絶対居る。
技量でカバーできる事も多いけど、もっと簡単に歌を抜けさせる方法がある。それが、やっぱボーカル用マイクの導入だと思ったね。
「今までの苦労は何だったんだ?」ってなる筈。イヤモニを導入した時もそうだったけど。

それからe935の特徴として、指向性が狭い事が挙げられる。このお陰で、歌以外の音声を拾いにくくなってる。だから、さっき言ってた「マイキングによる手動コンプ」も効きやすいと感じた。

あと、このマイクだと歌詞が聞こえやすい。どういう事かと言うと、五十音のサ行とかタ行とか。ミキシングする人は分かると思うんだけど、子音って特定の周波数帯に限られるじゃん。
「サ行の子音だと〇kHz」とか。そういう帯域をピンポイントで持ち上げてくれているっぽい。だから聞こえてくる。
よく歌のレッスンで習うみたいに「子音は強く、力強く!」なんて、もう……いいんだ。無理しなくていいんだ!お前は頑張った!

っちゅうワケで、ミキサーと睨めっこをする必要もない。(そもそも、簡易的なスタジオのミキサーじゃ無理な場合が多い。補足として、ウチはMTRとかイヤモニとかもミキサーに繋げるから、グラフィックイコライザとか設定できないのよ。全部のパートに反映されちゃうから)

すげぇ雑だけど、比較してみたので下記動画でも見てほしい。場所はバズーカというスタジオだな。
全く同じ状況での比較は出来なかったんだけど、たぶんこれが分かりやすいかな。歌の技術やバンドの棲み分け、ミキサー……で、色々補填は出来るけども、
さっきも言ったとおり、リハという現場で、パートが多かったり、爆音だったり、限界はある。
なんだか歌いづらいだよなぁ。聞こえづらいんだよなぁ。気持ちよく歌えないんだよなぁ」って人はボーカルマイクの導入を検討するといいと思う。俺が買ったのはゼンハイザーe935でした。
歌モノ系のメタルはこれが良いのかもなぁ。現場で使ってる人ちょくちょく見かけるし。

◆導入前↓(マイクがこもりがち。他のパートを抑えれば聞こえるけど…)

◆導入後↓
マイクが抜けるので、他のパートの音量も上げられる。(それでも歌が一応聞こえてくる)

(↑これは高田馬場ノアFst。少し広め。同期の音量がちょっと小さいのと、スピーカーまん前だから歌がデカイとは思うが)

そういや、今月発売したバンドのCD。ディスクユニオンに委託させてもらってたんだけど、発売から二週間経たずに売り切れたっぽいんだよね。
お世話になっている営業部のNさんから追加のオーダーが来てたし……。
いや、本当ありがとうございます。再入荷したようなので、買えなかった方は是非、ネットでもお店でも、購入なさってください。

んで。次はフルアルバムをリリースしようとしてる訳ですが。これは現在鋭意制作中です。レコーディングしたり、作曲したり、メンバー同士で議論したり。
良い作品になる匂いがプンプンしてますねぇ。これはくんかくんかです。
ハァハァ、クンカクンカ!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!クンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!

恐らく俺らは何かを勘違いしている(だから皆売れない)

こんばんは、落語家の人糞亭クソ丸です。
さて、いきなり宣伝をかまして恐縮ですが、Free As Birdsのニューリリースは聞いてもらえたかな?

メロパワ&メロスピが好きな人。それで洋楽メタルばかりを聞く人。どうよ?
HPでも販売してますけど、ディスクユニオンでも購入可能となる予定ですので、何かを買うついでで良いんです。
〇〇〇の新譜買おうっと。……そういやフリーアズバーズってのが何か出してたな。すみません!NEW ERAっていうタイトルなんですけど、置いてますか?」と。無ければきっと仕入れてくれる筈です。
置いてなければ……HPからどうぞご購入してください。カーッコイイですよ。あとはM3とかの即売会でも販売してますから、何かの機会にお立ち寄りください。いつでもウェルカムです。

で……。挨拶はこの辺で。度々このブログで扱っている「バンドが売れる為にはどうしたらいいか?」という戦略。
今回はその話をちょろっとしましょうか。

これ、自分の事ないし自分のバンドを客観的に見れている事が前提条件になるんだけど。
最近、「バンドメンバーすり替えゲーム」っていう遊びを思いついて、実践してた。これを実践すると、自分のバンドが売れる為には何が足りないかを発見できるという……
ツクダオリジナルから発売されている超エキサイティングなゲームなんだけど。
※注 個人差があります

どういうゲームかと言うと、売れている特定のバンドに所属してるメンバーを一人、自分のバンドメンバーと入れ替えてみるというものだ。
特定のバンドっていうのは自分のバンドとジャンルや音楽性が似ているものがいいだろう。

具体例はそうだな……皆大好き、Sonata Arcticaでやってみよう。つまり…
・売れているバンドをソナタ・アークティカとする
・自分のバンドはフリーアズバーズ(うちのバンド)とする

sonata

まぁこれ、ある程度フリアズの事情(特にライブなどの生演奏)を知っていないと分かりにくい内容だとは思うんだけど、早速行きます。

フリーアズバーズのキーボード「ロイド」をクビにして
 代わりにソナタのヘンカが加入しました。

想像してみてください。売れると思いますか?
……俺はそうは思わない。尚、演奏している曲はフリアズの曲だ。確かにあのヘンカがキーボードで弾いているのだけど、
キーボーディストが代わった所でこのバンドが売れるとは思えない。まぁこんな感じで、現メンバーの技術やルックス、何がしかの因子をひっくるめて「売れるのに関係しているか、していないか」をチェックできると思って貰えればいい…のかな。
つまり今回の場合、「ロイドのキーボードが原因で売れていない訳ではない」と言える。
(逆に、最初からソナタ・アークティカにロイドが居たなら、馴染んでいて問題なくデビューしていたように思える)

では次に

■フリーアズバーズのボーカルである俺をクビにして
 代わりにソナタのトニー・カッコを加入させてみたら

想像してみよう。あの声質とルックスを。それで、フリアズの曲を歌っている訳だ。
……ひょっとすると人気出るんじゃないか?
おいおい、って事はフリーアズバーズはボーカルが駄目ってことじゃねえか。だ、だって、俺……色々あれなんだもん。いや、言い訳はとりあえず置いておこう。こんな感じでバンドの「何がイマイチか?」を探ることが出来るのよね。
※補足すると、ボーカルが上位クラスにチェンジすると格段に良くなるって事。つまり、演奏や曲自体は良いとも言える。

で、逆パターンもやってみると。

■フリーアズバーズのボーカルである俺をソナタに加入させ、
 トニー・カッコを脱退させてみたら

今度は俺をソナタに加入させたバージョンだな。尚、やっている曲はソナタの曲だ。
……なーんか微妙じゃね?パッとしないと言うか、いや先入観はあるかもしれないけどさ。
こう考えると、やはりフリーアズバーズが売れるにはボーカルの質の向上が課題とも言える。
もう少し具体的に言うとキャラクター性と、(欲を言えば)声質の良さとかだな。

うーん。声質はなぁ……。トニーのように、少し鼻にかかってるけどかっこよくて聞きやすい声は出ないからなぁ。
それに色々な手法は取れるけど、なるべく正統派メロディックメタル路線で行きたいんだよなぁ……
とか言いつつ、生粋のエンターテイナーであるせいか色物っぽさ、コミック感が滲み出ているのは否めない。


だが、問題なのはここでは無くて。ここから本題。
物が良いのは当たり前。曲良し、演奏良し、パフォーマンス良し、人間良し……エトセトラ。そんなの当たり前の世界なんです。あっでも俺はクソ野郎だ駄目だ。恥の多い人生を送ってきました。
それでも売れていないバンドが居て。多くはマーケティングの失敗ではないか?……と昨今は思う次第なのよね。本当に良いモノは見てもらえるとは思うけど、良いモノはいっぱいあるのよ。
それに、本当に、本当に本当に本当にとびきり良かったらさ、とっくにデビューしてんじゃん
隣のアイツだって良いモノだし、売れてないあの先輩バンドだって良いモノを持っているし、メジャーデビューしてるアイツは当然良いモノを売っている。良くて当たり前ってのはそういう事。
じゃあどうしたらいいか。ここだ。売り出し方。マーケティングに関しては多くのバンドも(俺達も)皆考えている。だけど、自分のことを棚に上げてあえて言わせてもらう。絶対に上っ面しか理解してねえ、と。
まず、俺も含め多くのバンドマンは音源を売るとき(売り出すとき)に「良い曲なんです」とか「カッコイイ曲なんです」と絶対に売り出すと思う。
それは間違ってないけど、さっきも言ったけど当たり前の事なのよね。俺、冒頭で言っちゃったけど。
肉屋さんが「この肉おいしいんです」って言ってたとして……いや、不味かったら買わんがな。こっちも他に買う物、買いたい物あんだよ、みたいな。(まぁでも必死に売ってたら買うかもしれないけどね)
買ってくれて美味かったとして、また買うとは限らない。つまり、この時点で売り出す方法を間違ってると言っても過言じゃない。
曲を売り出すのか、人間性を売り出すのか、社会的側面を取り上げて売り出すのか。ほら、この時点で「社会的側面って?」ってなる訳よ。
どの層にみてもらうか、ターゲットはどこなのか?
その作品はどういう価値を持っているのか?
良い商品だけど、どうやって売ったらいいか?
どうやって推すか?どうやって客にフックをかけるか?
商品であれば、全部一緒。音楽、イラスト、小説。クリエイティブだけじゃない。食品、サービス、全部そうなんだ。そこには売り出し方がある。この言葉を、俺達は理解した気になっているんだ。絶対に。
マネージャーや事務所が頼れないなら、そういうのを専門的に扱う人達にお願いするべきなのかもしれない。
そのマーケティングの一環としてPR(Public Relation)がある訳だが……

んまぁ、これ以上は「売れてから言えよ」ってなるし、俺も勉強中だ。最後に動画のリンク貼って終わろう。

京都大学で行われた渡辺謙の講義の動画なんだが、パブリシストという概念(人物)について語られている。再確認のような部分は多いが、渡辺謙が海外で映画を製作して売り出す時の話である。最初の30分くらいがそれについて、ね。
今後、こういった人材を起用して…………

青海と付け焼刃のノスタルジア

こんばんは、ロイドです。今日は真面目にブログを書きたいと思います。
……初めてこの記事を読む方は「そんな事言って、普段はマジメじゃないみたいな言い方してるけど、いつも割りとマジメなんでしょ?」と思う事でしょう。気になった方はブログのアーカイブを是非読んでみてください。引くぐらいのインパクトは保証します(そんな保証はいらねえw)

さておき、今日はデザインフェスタという即売会に参加して来ました。

「即売会とは?デザフェスとは何なのか?」は軽く割愛して、まぁこのデザフェスは皆アクセサリーとか衣服・雑貨を売っているんですね。雰囲気はコミケみたいな感じですが、大抵の即売会がイラスト、漫画、同人誌をメインに扱っているのに対し、こちらは云わばファッション系です。
特徴としては開催時間が夜7時までやってたり、参加するのに必要な料金が結構高かったりします。
んで、あとはざっと見た感じ、来場者の9割が女性でしたね。そりゃあファッションがメインだもの。そうなりますよ。コミケ、M3、その他の即売会と比べ女性の比率が高かったですね。

そんな中、徹夜と迷子でボディへの深刻なダメージを負った結果「コイツ、薬やってんじゃね?」みたいな只者ならぬ雰囲気のロン毛が、青白い顔で「無料でお配りしてます……」とか言って怪しげな物品をバラ撒いてるんですよ。
それを見越して、ですかね。フリアズのスペース。一番奥の一番端っこなんですよ。トイレの前。……ハハハ、分かってらっしゃる。汚いものは一箇所にまとめようって事ですね?(臭いものには蓋をしないといけませんからね)

まぁ設営はこんな感じでした。
結局。人は来ないだろう。CDも(ここに来た人は皆、音楽を求めてないから)売れないだろう。そう思っていましたが、存外多くの方に来ていただきまして、ノベルティは持っていった在庫がゼロになる程でした。
ウェットティッシュ(メンソール)を保冷剤でキンキンに冷やして配布していたのですが、これが中々好評で……。Vell’zFireのマイキーさんのアイデアですが、多くの方に喜んでもらえたようで何より。お隣のサークルさんにも良くしていただき、良い一日になりました。

それからもう一個。

応募していたコンテストで、優秀賞を受賞しました。
うん……、あのね……付け焼刃で見切り発車して応募したから、俺自身よく分かってないんだけど、お世話になっているローランドさんのコンテストが開催されてて、その中に「パフォーマンス・ステージ」部門っていうのがあったのね。で、「やったろ」とか思ったわけよ。

使用する楽器はRoland製品なら何でもよくて、それを演奏した動画を送って見事勝ち抜くと、京都の大きいステージで演奏する権利が貰えるっていうイベント(コンテスト?)だったんだけど。
審査基準は楽器を弾く楽しさが伝わってくるか。パフォーマンスは良いか。技術はあるか。楽器の特性を活かしてナイスなプレイをしているか。……って所か。個人的に「ああ、落ちただろうな……」と思ってたから、ビビったよね。
AX-Synth(ショルキー)で演奏してて、まずショルキーなのに背負わないっていう。
しかもイスに鎮座してパフォーマンスを放棄した上、唯一の動きと言ったら「表情」っていうあの動画がまさか受賞するとはね……。結構プレイも荒かったんだけど、俺のパッシブでナイーブな思いが審査員に伝わったのか……それとも俺の顔がそもそも面白かったのか……。社長のハンコが押してあったから、少なくとも「坂倉という小汚い男が居る」という事は認知されたって事なのかな?

ともかく、やっぱりこういうのって嬉しいよね。これからも頑張ります!