わくわく人間ドック~前編~

ちわ、ロイドです。
人間ドックへ行ってきました。

その全容をブログで書いていきたいんだけど、どうやら話が長くなりそうな予感がしてい
る。なので前編と後編に分けると思うので、よろしくお願いしたい。

まず、「人間ドックって何」って所から始めると。人間ドックは色んな病院で受け付けて
いて、幾つかコースもある。簡易的なものから体の隅々まで調べるものまで、色々ね。
呼吸器とか消化器とか、あとよく分からん内臓を調べたり、脳を調べたり。アレルギー検
査したりとか。色々あるけど、大体費用は3万円~10万円くらいになるのかな。
オプションを付ければそれだけ料金は跳ね上がるし、逆に、保険組合とか会社が負担して
くれる場合は安くなるらしい。

で、受診を予約すると封筒が送られてきて、中に注意事項とか問診票とかが入っているん
だけど。見てほしいのはコレ。

検尿はあった。学校でやった。だけどウンコは初めてでさ。自分でウンコ採集して持って
いくって中々面倒だし、イヤじゃんか。しかも採便した後は、冷暗所に保存って……冷蔵
庫に入れとけって事かよ。
ウチのマンション、今の時期クソ暑いんだぞ!

冷蔵庫にウンコなんか入れたくねぇけど、人間ドックに行く代償として、牛乳とか野菜と
かと一緒にウンコをキンキンに冷やしておかなきゃいけないって事だ。

正しい大便のとり方? ふざけるなよ。俺だってすき好んで人間ドックを受けているわけ
じゃねぇ。体に異常が合って「このままだとヤベーかな」って、泣いて馬謖を斬る思いで
自分のウンコほじくってんだ。(ちなみに俺のブログでは些細な事で馬謖が斬られる)

まぁ……旧姓排泄の騎士<スカトロイド>と呼ばれ、畏怖された私ですよ。当時やってい
たバンドのリーダーに「お前だけ、メンバー紹介ができない」と言われ、散々辛酸をふん
だんに舐め続けて(韻を踏んだ)。歳月は流れ……今では格好良い宣材写真で自らの心の
ドス黒さを誤魔化し、歪んだ性癖に蓋をして、生きてきました。

だけど言わせてください。こういう作業はね、俺の為にあるようなものだ、と。
さっきはああ言ったけど、採便、検便をする仕事があるなら今すぐ私の所に来なさい、と。
涼宮ハルヒどころか登場人物全員が憂鬱になる程の性癖を持った私にとっては天職じゃあ
ないですか。


さて……こっからは受診の流れから当日の様子なんかを書いていく。

当日は人間ドックに行く訳だけど、朝が早い。コースにも因るんだけど、朝6時以降は水
すらも飲んではいけない。サプリも駄目。前日の食べ物、飲み物にも注意が必要なんだけ
ど、そこは省略させてもらう。
余談だけど、コースによっては昼から検査とか、一泊二日、メシとホテル付きとかもある。
凄いよね。

というわけで、余計な事を書いてたら長文になった。
次回へ続く。

郵送されてくる紙には、問診票なんかがあるので先に書いておく。
緑色の袋に入っているのが、うんこ採集ツールだ。俺はプロだから難なくできたぜ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です