「役立つアイテム」カテゴリーアーカイブ

FURIAZU FANTASY II – 優雅な大地 –

前回のあらすじ。不老不死となった竜王ドラグーン・エグゾダスとの大決戦。瀕死に追い込まれたティアーナ王女をかばい、「滅竜吐息<ドラグーン・ブレス>」を受けてしまうリュウイチ。ペンダントの本当の秘密をジロウに託すと、静かに息を引き取った――
http://www.freeasbirds.biz/?p=1350

で、スタジオノア学芸大店でMVの撮影でしたね。前回の記事(上記URL)は、前日の用意からスタジオに入るまででした。今回は、スタジオの設営、撮影の様子を書いて行きます。
余談だが、こういう撮影を行う時は絶対に進行表を書いていく事。当たり前だろうけど、大まかなスケジューリングを定めて、〇〇時に設営開始、××時に撮影終了、△△時に片付け開始……など見積もっておかないとグダリます。当たり前だけどねw
それも踏まえて今回のタイムテーブルの見本をざっくりと説明すると下記みたいな感じじゃ。

11:00 0.吟味する時間。イレギュラーがある場合、それを踏まえた上で
     修正する段取りやシーンがある場合、ペンで加筆していく
    1.撮影にジャマなものはどかす。(アンプはそのままでいい)
    2.布をクリップしてから立てようとすると同時に6箇所上げられないので、
     先にスタンドとポール組み立て、椅子か何か乗って端から布留めていく。
     ずり落ちないよう裾を誰か持ってる。
     椅子とか6個あって高さを上げられるなら上げる。無理なら垂れた布を裏へ捲っておく
     (しわがあるとクロマキー合成に支障)
    3.楽器セッティング。ドラムは布から十分離す。
     アンプは布近くでOK。全員はなるべく密集。必要なら延長ケーブル使って
     照明があるならライティングを。布の左右からドラムへ向かってがベスト
    4.立ち位置にガムテでバミる。
11:45 流れ確認。暗転とか説明
12:00 撮影開始 
14:20 片付け。楽器を先に出し、布、ポールを外へ。動かした機材は戻す。
15:00 完全撤収

イレギュラーは付き物です。町田市で人身事故が起きて小田急線がほぼ運休になったり、想像以上に機材のセッティングに手間取ったり。。。実は撮影開始が20分ほど遅れました。
だけど今回、MV撮影が皆2回目なのでテキパキと個々人で動いて、スムーズに進められたなと。ある程度余裕を持ったスケジューリングになってるからね。最後は5分前に完全撤収。完璧よ!
あとは、暇を持て余してる人間(バイトのやる気の無い新人みたいに、何か言われるまでボーっとしてるみたいな)が居らず、全員が作業している様を見てちょっと感動したっていう。全員がエリート!
で、写真付きで説明してくと


グリーンバック設営。今回はポールスタンドを買ったので、スタンドをマックスまで伸ばして、更にイスに乗せて高さを調整しました。布はクリップで留めていきます。
お値段とかは以前、どこかで書いた記事を参照してください!(投げ槍)


グリーンバックやったら、今度は楽器のセッティングですね。アンプとかもこちらのスタジオはレンタル料掛かります。で、PAデッキは端にあるんですが、挿しこまれているケーブルの都合上、あまり遠くへは動かせません。なので長いシールドは多少自分で持っておくといいですね。延長ケーブルはスタジオにいっぱいあったよ!
なお、広いから楽器隊の音量調整若干ムズイ。左右のモニターが遠いから聞こえづらかったり。

で、撮影開始ですよ。アングル決めるのも、当日決めるのではなく、事前に絵コンテ描いておくとスムーズですよ。

で、今回暗転させるシーンがある。それも撮った。投光器の出番。こんな感じで光る。光るっていうか眩しい。

こんな感じですね。
カメラの種類によって雰囲気も変わる。

今回は写真が多くなったけど、こんな撮影でした。残すはドラマシーンの撮影だな。ブログで書くとしたらFURIAZU FANTASYⅢ……来るか。分からないけど!

FURIAZU FANTASY 1 – 遥かなる旅 –

あばばばば忙しいよ漫画読みたいよアニメ観たいよ一日10時間は寝たいよさて始まりました。撮ってきましたミュージックビデオ。死んできましたプロユーススタジオ。まだ他にも撮らなければならないシーンがあるんですが、ハードディスク開放という使命を元に、静止画は早く捨てたいんです。なので迅速に記事を書き下ろし、前日から当日まで何が起きて行ったかを記述したいと思います。撮るMVが2作目ですから、命名するとしたら「スーパーフリーアズバーズ2」、決戦はキングクルール、もといキャプテンクルールですね。

題してFF1。「1」と冠しているのはシリーズが続くからです。今日書くのは序章前日の用意から、当日スタジオに入るまでを書きます。次回、スタジオでの設営、撮影について書きます。長いね!

じゃあ前日の準備を。

今回はレコーディングでしか使ってないJupiter-80持って行きます。重いし死ねる。なのに何故持って行くかって言うと、「見映え」かな。


ケースに入れるとこう。柴犬が並列で3匹くらい入ります。JP-80が20kgくらいで、ハードケースが10kg。計30kg。ケースはGATOR?だっけ。忘れちゃったけど1~2万円くらいしたかな?
これを昔は電車乗り継いで転がしてライブしてた俺、頑張ってたなぁ。。。


んで機材。これに映ってないのも多数あるけど、んーと列挙すると
・衣装
・MTR
・クロマキー布(6×3m) ×2
・カメラ ×3
・三脚 ×2
・ガムテ(バミる、補修用)
・進行表、ボールペン
・ポールスタンド ×3
・専用クリップ(布を留める)
・キーボード
・PC(不測の事態に備え)
・延長ケーブル(予備)
・投光器 ×3
・電工ドラム(予備)
・ドラムマット(予備)

ですな!MTRは同期演奏用にね。後説明が必要なのは…投光器っていうのはこれ↓

建設会社で働いてる特権で借りてきた。ちなみに電工ドラムっていうのは工事現場で使う「コンセント付きの、長い延長ケーブルが巻いてあるヤツ」ってイメージでいいと思う。今回出番は無かったけど。巻いたまま使用すると発火するから、スタジオが火事になるね!

で日付が変わって当日。
これらを機材車に載せて行きました。撮影場所はスタジオノア学芸大店。都内屈指の広さの60帖、80帖のスタジオがある。

環七通りから直結。地下が駐車場(予約制、1時間400円。スタジオ利用者でも有料なんだな……)で、1Fがスタジオ2Fが受付。3Fから上は演劇用スタジオかな?そう、受付とスタジオが別のフロアなんだよね。エレベーターは設置されてるけど環七通りから見えるガラス張りが「1Fロビー」に繋がってる。あ、2Fにもロビーというか座れる空間はあります。


1Fロビー内。トイレ、喫煙所完備。それから後述になるけど、キッチンもあるのよ。後、あのね、トイレがすげぇ奇麗。手を乾かすあのブィィィィン!ってヤツもある。(どうでもいい)

で、1Bスタジオだったっけ…?何も覚えてないなwwwwww確か1Bスタジオ。そう、入りますとこんな感じ。

まずね、マイクとスタンドが柱の裏に置いてあるんだけど、量が半端じゃない。剣山みたいになってた。で、スタジオ内部には別の扉が幾つかあって、開けると1Bスタジオ専用の倉庫だったり、サブルームだったりに繋がっている。サブルームは、つまるところミーティングルームとか休憩所だな。

サブルーム内部。そう、キッチンもあるし、出前が取れるようにリストフォルダもある。それからスタジオをモニターできる画面もある。やべぇ!えっ、1時間10,000円!? ヤベェ!!

やべぇ!全然書き切れねえ! – 続く

続きはこちらでhttp://www.freeasbirds.biz/?p=1356

心を亡くすと書いて「忙しい」だけど適度な忙しさは割りと好き

とか何とか言ってますが、ね!
さて……12月に年末バンド会議を開いて様々な議案が出て……あれをやる、これをやる、幾つか決まりました。んで目下我々が直面しているイベント事は。。。あっ、サークルとバンド両方混ぜて書きますけど

・スタジオアルバムの制作
・MV→動画編集
・BGM作曲ご依頼(もうすぐ終わる)
・4thアルバム(サークル)制作
・吉祥寺クレッシェンドに行く準備

こんな所でしょう。MV今度また撮ります。昨年の7月にMV第一弾撮りましたが、その時の失敗を活かして今度は更に良いものを撮りたいですね。前回の失敗は…前にも書いたけどシンバルスタンドに布の緑色が映り込んで、クロマキー合成するとドラムが消える遠距離のアングルが26帖でも撮れない。ポール代が捻出できなかった為、ガムテで布を固定したから生地が弛み、動画で合成時に不具合が生じる、など。
そう、クロマキー合成用の布3×6mを2セット用意して計12,000~14,000円でした。スタジオはいつもより広い部屋に入ったのでそれも少し値段はつきましたね。そこに更にポール代……いや、資金もないっすから……。ファンティアやったって1銭も入らないでしょうよ。

だがしかし!(あ、アニメ今二期やってるね)

0
買いました。

1
大きさの目安として、A4クリアファイルを置いてみた。これを3対買った。一対で4,000円します。

……俺はこういう時、こういう時にね。小さい声で言いたい。「あいつは金を使いたがらない」とか、「付き合いが悪い」とか言われますけど、こういう時の為に溜めてるのだ、と。いいんです、例え美味しい物を食べるお金が無くても、遊びに行くお金が無くても、欲しいおもちゃが買えなくても。遠くを見据えているのに、眼前の幸せに満足する為に苦しい思いで集めた金を……いや、単に物欲が無いのもあるし、付き合いは悪いなwwwww学生の頃は何でも買うし、すぐ遊ぶし、マジのウェーイ系だったけど。働いてきた環境からか、ガメつくなってる。
お菓子が食えれば嬉しいし、漫画とアニメがあれば幸せだ。まぁ今後者の時間はあまり無いのだが……。ああイカン脱線した。

で、ポール買ったよ、と。後はスタジオですね。通常練習スタジオは30帖超えてくると「大型」らしいのかな。で、そのクラスならば中野サンプラザにあるなんだっけ…なんとかスタジオとか、スタジオノアの野方店、高田馬場店、池袋とか三軒茶屋店もそうだったかな……。が在る。
で視察に行ったんだけど存外狭小に感じるんだよね。何でかって考えると間取りがさ。例えば関東の通常の「36帖」って確か9×9mぐらい…(微妙に違うかも)なんだけど、間取りとか建物の造りの都合上、部屋が台形だったり三角形だったりする訳よ。そうすると引きのアングルが撮れなかったり、撮りたい絵が撮れなかったりしちゃうじゃん。
なので更に大規模……今回は60帖のスタジオノア学芸大店を借りました。値段も高いっすねぇ(平日昼間、4時間で4万円ほど。ライブのノルマ一回分くらいと考えるとまぁリーズナブルではある)。
まずギターアンプとか常設じゃなくて、オプションとして金をむしり取られるのが普通のスタジオとは違うな、と。後、電話したらそのお店ノイズがすげぇ!!ちゃんと予約できてるかすげぇ不安!!地下にあるのかな……

都内のスタジオ色々ありますけど、レンタルスタジオとか撮影スタジオとか。音出し不可なんてのもあるけど、ちゃんとした所…もしくは中堅~大御所バンドがよくやってる「業者」を介入しての撮影。例えばメタル界隈がよくMV撮ってる埼玉の加須市とかで展開してる業者さん。後は、大槻ケンヂがPV撮ってたプロのレコーディングスタジオとか。クラシック系のスタジオとか。。。ネットで探すと色々出てくるんだけど、値段が高い。ただ金はまぁいい。
勿論そこは守銭奴の私、カードで払ってやりますよ!溜めてますから!ようはさ……、今その業者を使う必要性って何?と思うのよね。それってもうちょっと有名になってからでも良くない?と。色々な要素が噛み合って「今やろう!」っていうタイミングがあると思うんだよね。いや、分からん。正確に言うと、一度に動く金が大きすぎて、考えちゃう。って感じか。でかい買い物する時もそうじゃん。「あー、今買わなくてもいいか」みたいな。
あとは、俺が色々自分でやりたいフェチだからかな。DIYとか防音室製作とか、エアコンの分解清掃とかもそうだけど、自分でやりたいんだよね。完全に専門的で、職人や業者じゃないと無理なら預けるけど。

そう、で、下記の話に繋がって来るんだけど、鍵盤ぶっ壊れました

2
「ソ」が死んだ。2/1、木曜日のライブで
ステージが終わって片付けてる最中パージした。

3
寿命もある。
買ったのが7、8年前で、前に組んでたバンドで破天荒なギターが、立てかけてあったショルキーを事故で張り倒しちゃって、その時からヒビが入ってた。

で、すぐにメーカーに電話すればよかったんだけど、土日で営業日終わっちゃったんだよね。参った、リハも来週あるし、MVも控えてるぞ…、てゆうか今修理出して、返って来るのはいつだよ?という事で

5
何でも自分でやってみたい。師匠が昔言ってた。「なんでも問い合わせようという甘えが自らの怠惰に繋がり、知識経験の育成を阻むのだ」と。もっと言いたいが、い、言わない!
防音室を自作した時も世話になった強力接着剤。

本来なら割と良い金額を払って鍵盤だけを取り替えるか、そもそも「この機種は生産完了品で部品が無いから直せません」とか、そんな感じだったと思う。セメダインでとりあえず接着できたわ。打鍵しても大丈夫だったけど、ダメージが蓄積したら分からないけどね。

★やり方
1.セメダインを薄く塗布する。接着剤の種類は自分で調べてね(何でも問い合わせようという甘えがry)
2.10分~15分放置し、接着面に粘り気が出てきたらすぐ貼り合せ、強く押さえる
3.24時間~48時間放置して完成。

ですな。接着剤の正しい使い方、子供の頃なんて全く分かってなかったんだよな。塗ってすぐ貼るもんだと思ってたけど、種類によって違う。数日放置するのも知らなかったし。
ていうか使おうとしたら大体チューブが固まってて出てこないとかザラだったな。この類は湿気で固まるらしいから、ちゃんと箱に入れて、ビニールか何かで包んで、乾燥した所に入れておけばいいみたい。ウチのは機材用にオートドライ(自動乾燥機)があるのでそこに突っ込んでおいたけど、1年経った今でも使える。

タイトルが見にくいです!タイトルで内容が分かるようにしてください!

そうだよね。。。そう思ってた。【ゆゆ式のおっぱいが~】とか【恵方巻×素股】とか。記事の内容が全然わからねえww
あ、でも【少年サンデーの乳首描写について】はいいんだよ。タイトルと中身が一致してるもん。

まぁ、そう。HPの記事、カテゴリーで分けて整理してたんだけど、たまーに役に立つ情報があるんだよね。
そうすると何か調べモノをしようとして記事を探してる時、「えー?このタイトルじゃ中身何書いてんだか分かんないよ」って自分でも思う。なのでちょっと整理しましたって話で、今日はお役立ち情報を書きます。

――今問題がおきましたね。そう、またタイトルと内容が一致しなくなったんです、今この瞬間に。まぁいっか!今日は夜光塗料について書きます!

ライブ演奏時、暗いステージで手元見えないじゃん。楽器演奏はまぁ手元見えなくても弾けるくらいだとして、問題ないけど。
真っ暗の中MTRを操作する人は機械のボタンが見えないと困るよね。そこで光る塗料を塗ろうって話。

光る塗料には幾つかあって、蛍光塗料反射塗料夜光(蓄光)塗料。らしいよ。

素人目線で掻い摘んで話すけど(専門的なのはわからんww)、蛍光塗料は基本的には光らない。光るっていうか、明るい。学校とかでノートによく使ってた蛍光ペンと同じ。目立つし、明度?が通常よりも高いから光ってるように感じるけど、光を出してる訳ではない。だから完全に真っ暗になると、光りません

で次、反射塗料。これは光を反射するらしい。だから光を照射すれば光るけど、それ自体は光っていない。(厳密に言うと光ってはいないのか?光を反射してペカー!ってなるだけだと思う)
靴とか自転車についてるアレとかだな。光源があれば目立つけど、真っ暗の中では光らない。

で、夜光塗料。蓄光塗料とも言うらしい。難しい事は良く分からんが、放射性物質が入っていて、明るい所に置いておくと光を溜め込むらしい。で、暗くなると、溜め込んだ光を一定時間、持続して放出。つまり光る。時計の針とかリモコンとか、部屋の電気を消すと光るヤツ無い?あれと同じだ。

201801092

塗った。雑イけど

放射性物質と聞くと危険なイメージがあるんだけど、最近の塗料は比較的安全な物質が使われてるらしい。でも指で触ったり、匂いを吸い込んだりはしないように(と言いつつ俺は結構吸ってしまった)。換気しながらやろう。

201801091

アサヒペンの夜光塗料。キャップに刷毛がついてる。値段は4mLで600~800円くらい。カラーバリエーションは他に赤、青とか。プラスチックや鉄、アクリル、コンクリート、硬質塩ビなんかは全然行けるらしい。
で、使い方なんだけど、塗布と乾燥を繰り返します!(最低でも二度塗り以上?)ちょろっと塗っただけでは光らないみたいだよ!
あと塗る部分が白くないと効果は半減らしい。もし可能なら先に白く塗ってからという手もある。
①まずは薄く塗る。
②で乾燥させる。(乾燥時間は割愛)
③塗布した上から、また重ねて塗る
④乾燥させる
⑤繰り返し。数回重ねていくと光ってくる。

ようは皮膜を作って、その上からまた塗って厚くしていく事で、光をより多く溜め込めるようにする……といった所だろうか。実際にやってみて、そりゃすげえ光るって訳じゃないけど、暗闇でボヤーっと青白く光ってるね。まぁこんなものだろう!

AX-synthを入れるケースあったのかよ!

RolandからAX-synthを購入して早7年。そんなに経つのか!そりゃあ生産終了にもなるよ!
まぁね、ずっと問題視されてたのがこのショルキー、専用のケースと呼べるものが無かったのよね。一応言うとメーカーからは「AXも入るケースがこれです」という事で、
CB-61RLhttps://www.roland.com/jp/products/cb-61rl/
という品番のがある。これは普通のキーボードケースで、手で持つか肩に掛けて運搬するというタイプ。勿論背負う事はできないし、キーボード弾く人は皆知ってると思うけど、ケース自体が存外重いんだよね。しかも嵩張る。61鍵用というありふれたケースでさえ、電車でスタジオやライブハウスへ向かう人には結構しんどい。
じゃあ何に入れてるかと言うと、たぶん皆…と言っても最近ショルキー使ってる人があまり居ないし、KorgのRK-100sとかだったり、そもそも生産終了品の話なんだけど、そう、たぶん皆76鍵用か、61鍵盤用に入れてると思う。購入当時、楽器屋の禿げた壮年男性の店員さんに「これは76鍵用のケースじゃないと入りませんね…」って言われてハードケースを6000円くらいで買わされたんだけど、そんな事は無い。てめっ、ソフトケース、セミハードなら普通に61鍵用でも入るじゃねえか。ちょっとキツイけど。なんてのは随分初期段階で気付いて使ってた。

で最近は機材が増えて、軽量なショルキーでさえ運搬がダルイ、嫌だ、疲れる……そう思い、また入りそうなケースを探してた。あわよくば背負えるタイプがいいな、なんて。ずっとだよ!何年も探してたよ!オーダーメイドも考えてたよ!で、この前ベース用のケースを見てた時、商品サイズを見てて思った。「あれ?このケースなら入るんじゃね?」と。でペイントソフトで合成すると
1

ああ、これ入るわ……。7年前に気付きたかったわ。

2

3

こんな感じで入る。EF-100BというESPのケース。ちなみに前後反対で入れようとすると、入りません。ケースの幅と、AXの厚みの関係なのかな。(ようはAXの鍵盤側を手前に持ってこないとチャックが閉まらないのよ)

あと気になるのが背負った感じどう?って所ですが

4

全然不快じゃない。どっかのサードパーティ製品よろしく、無駄に縦に長いケースが歩く度に膝裏にボンボンぶつかって歩けないとか、背負うとキーボードの重みでケースが後ろに反って行って不愉快とか、全然ありません!何これ本当……。今までの俺のヒットポイント全部返せよ、そしてESPありがとう。流石バンドリでも推してるだけあるわ。いや、Rolandは好きだよ。Jupiter-80もJunoもウチにあるからね。有咲ちゃんも使ってたな、そういや。べ、別にバンドリ!が好きな訳じゃないからね!てゆうか写真キメ顔みたいになっちゃったな。だってどういう顔したらいいか分からないじゃない。あっ、170cmの痩せ型の人間で写真みたいな塩梅になります。

そりゃあね、Rolandさんも恐らく知らなかったんだろうけど、例え知ってても「ああ、ESPのケースに入りますよそれ。他社のですけど、ハハ!」なんて言えないからね。それに楽器屋もそこまで詳しくは無いだろうし。

自動車持ってる人も居るだろうけど。そうじゃない人の苦労を俺は凄い知っている。渋谷サイクロン運搬ストレス爆発事件という歴史が……。今は軽量のキーボードもあるし、KorgのRK-100sとかYAMAHAのMX49とか。専用ケースがスリムで最高じゃん。まぁ両方とも試奏したし、使ってみたけど、なんだかんだAX-synth使ってるんだよね。オモチャだ何だって皆言うけど

それにしても本当歩きやすい。キーボードケース特有の無駄な厚み(ほら、厚揚げみたいな形してんじゃん。もっとシュッとしてくれないと歩きづらいんだよね。)が無いからね。ベース用だし。

まぁ以上、たまにはタメになるレビューでした。

冷え性に悩むバンドマンにオススメのアイテム

なんつうか、タイトルがすげえ……宣伝クサイが、ええとですね。今日は…ていうかブログの更新頻度高いな!やる事がある時に限って何でだろう……でもこの記事は近いうちに書こうと思ってたから良しとしよう。
今日は冷え性に悩むバンドマンを救済できるかもしれない、そんなアイテムをご紹介します。

練習ではそれなりに弾けるけど、家から出てスタジオに行ったり、ライブでステージに立つと手が冷たくなっていって演奏ができなくなる。指の関節が痛くなっていく。

ゆっくりのフレーズなら冷えててもある程度出来る。でも速弾きとかは(自宅の練習ではまぁ弾けるけど)出来なくなる。ようは冷えて手が動かなくなる

こんな人、多いと思います。居るでしょう。俺は知っている。なぜなら俺もその一人で、散々Yahoo知恵袋とかで調べてたからです。
これね、緊張から手先が冷たくなるのが原因なんだよね。分かってはいたけど、「緊張なんてどうしようもないじゃん!人を簡単に変えられると思うなよ!」ってのは良くある話で、でも精神はどうしようもないけど肉体を温めることは出来るんだよね。で、これを使う。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00VWGZLFU/
リストウォーマー。シルク製の、値段がある程度するちゃんとしたヤツがいいね。俺はこれ使ってる。(リンク切れてたらゴメン)
リストバンド…ではないのかな。「ウォーマー」です。温めるんです。リストバンドは汗で滑るのを防いだり、手首を痛めるのを防いだり。あとは単にファッションってのもあるのかな。冷え性に必要なのはそれらではなく、首、手首、足首。「三つの首」を温めるんです。太い血管がある所を温めましょう。勿論、体を冷やさないようにするのは前提ですけど。(厚着をするとか、足先も冷やさないよう注意。あとは適度に体を動かして温める)

あともう一つ。プレイ前にやると良いのは、ツボ押し。これも効くな!ツボってのはオカルトじゃあないからね、本当。知ってる人も多いかもしれないけど、知らない人は是非覚えて行ってほしい。まっ……この文章読んでいる人なんて殆ど居ないんだろうけど……さ。
手の平の真ん中。丁度、中指の延長線上になると思う。その少し隣「人差し指の延長線上」。ここに合谷というツボがあります。思い切りグリグリすると血行がよくなります。血流を良くする事で、体が温まります。両手やるといいね。

冷え性の人で、同時に多汗症の人も居ると思う。それって結局汗で熱が放出されて、緊張と相まって冷えが加速されるんだろうな。オレがそう。そんな俺が半年使ってみての結果であり、個人差はあると思うけど。でも鍵盤楽器を始めて10年…長年悩んでたのが解消されたし(真冬はまだ未使用なので分からんけど、でも室内は暖かいよね?)、「シルクって被れないかしら?」という方、ワタクシ敏感肌ですが被れません。まぁこれも個人差はあると思うけどね。
ある人は汗でギターの弦が錆び、ある人は汗で鍵盤がツルツル滑りまくる。ハルチカっていうアニメでちょっとそういうネタ、というか話が出てきてたな。汗を止める手術があって、施術すると今度は違う部位から汗が滝のように溢れ出てくるって言うからな。難儀してるよ俺らは。

まぁそんな訳で、今回は役に立つ事を言ってみた。あ、あと

11/16(木)。新宿ANTIKNOCKでライブ

です。冷え性、多汗症の俺が温まってホットで滝のように汗を流しながら速弾きをしてる姿が見たいというフェチズム界の皆様、変態という名の貴公子、それからファン。居ねぇか……。もしご興味ございましたらどうぞ。

ライブのお知らせ、その他

こんばんは。最近、夕方に帰宅したら数十分ほど自宅の防音室で発声練習。そして夕飯のあとに2時間ほど仮眠を取って、夜中にのそのそと起き出してきては練習したり、アニメを観たりしている者です。2時頃に本格的な睡眠を取っています。
まぁもともと夜は強いんです。夜勤やってましたし。あと暑さにも強いです。農業やってた頃ビニールハウスの中普通に48度とかありましたから。――但しね、今年の夏は暑いよ!一昨年までは夜勤だったから夜中は比較的涼しいんだよね。で去年は今年より暑くなかったと思う。
さておき、今日はお知らせがあります。

LIVE 8/26(土)新宿club SCIENCE

半年振りのライブです。新しいメンバー、新しい楽器体制、新しい曲。ありきたりに「観に来て下さい!」なんて台詞は言いません。オレが美少女だったら言うけど。でも曲とかが気になって観に来て貰えたら嬉しい、そんな感じです!
HETEROGENEOUS ANDEADさんとMOHANAKさんの企画です。メロディック系が全般なのかな。

今回ソロ&ボーカルとなりました(キーボードでソロを弾く)。メタル系のセンターボーカルで何が良いかって、「歌唱力の安定」だと思うんです。ハイトーンは幅広いレンジの音階をうまく裏声にチェンジしながら歌わなきゃならないじゃん。集中力と技術力を要するんだよね。デスボ…は専門外だけど、これもセンターボーカルと楽器弾きながらとでは大違いだと思う。無論ギタボ、ベスボは悪いなんて言うつもりはないけど、やってらっしゃる方々も常々「歌だけだったらもっと上手いよ」と思ってるんじゃない?
ストラップで胸郭が圧迫されて呼気、吸気が阻害されるんだよなー。やれば分かるけど。それに3kgの重りを背負って歌うのと同じだろ、あれは。歌い辛いったらありゃせん。まぁその辺も含めて練習してはおりますが、ボーカル兼ソロ――CD音源の音楽性の再現にあたって、現状これ以上の最善の体制は有り得ないな、と。今のメンバーに出来ること、出来ないこと。それらを明確にして、導き出した答えが8月26日には在ります。

お知らせは以上です。此処からは適当に書きたい事を書きます

■週6で働くということ

何かやりたい事、やらねばならない事を始めた当初って熱意に溢れてると思う。人によると思うけど、その熱情が3日しか続かない人、6ヶ月続く人、3年続く人。様々だと思う。Free As Birdsが発足された頃はまさにヤル気の塊で、毎日何かに取り組んで、バイト中も(勿論仕事を終わらせた上で)携帯で調べモノ、勉強。そんな感じだった。
そして約3年、早いな。優先して出来る事を消化していって、新たに出来る事が減り、同じような中身のイベントをこなすような日常になってくる。そうすると「今やるんだ」「時間は有限なんだ、進められる所まで終わらせよう」ウオオオ!!みたいなモチベーションは絶対に3年前当初と同じようには行かない。これは恐らく人間の性質上、そうなんだと思う。
週4日、一日長時間働いて、音楽活動に注ぐ時間が3日あるとする。すると今のモチベーションでその3日間を全て無駄なく有意義に過ごせるだろうか。いや、難しいだろう。そもそも毎週3日空けてまで優先的にやれる事が無いし、発足当初のアツい時期でも3日のオフがあったら、自分の趣味に時間を浪費してしまうであろう人間なのをオレは知っている。最も常套なのが「寝る時間の増加」。昼頃まで寝ているに違いない。
しかし「出勤する」という半強制的なイベントがあると、朝決まった時間に起きてくる。惰眠を貪って時間を食いつぶす心配は無い。
重要なのは、そうして働いて帰ってきた後、音楽活動の時間が取れる状態にあるということ。そう考えると毎日5~6時間前後、毎日ちょっとずつ働くの好ましい。

16時間/1日(睡眠8時間)
10時間/1日(睡眠8時間、労働6時間)

人間は1日単位で起床から就寝までの周期を持って動くので、一日で物事を見やすい。使える時間が16時間ある、と思うと恐らく無駄な時間や集中できずに居る時間も増えると思う。10時間だったら……まぁ16時間よりは少ないからマシに行動出来るのではなかろうか。そう考えると、小出しに「時間」を与えられた方が、有意義に使える。人間は怠惰で愚かだからね……オレも。
この「小出しに与えられた方が大切に扱える」というのは時間に限った話ではなく、お金もそうでしょ。沢山あったら使っちゃう人。大人もまぁ居るけど、子供がお小遣いを少しずつ親から与えられるのは、一辺に金額を与えてしまうと無駄に使ってしまうのを防ぐ意味合いがある。
食べ物もそうだ。いっぱいあったら全部食っちゃう人。小出しに与えられていればその心配は無い。タバコもそうか。カートンで買っておいたらいっぱい吸っちゃってまた買う……みたいになるから、毎日コンビニで小出しにして買ってますって人居るでしょう。

以前は「長時間労働バンザイ、週休4日だぜ!」な人間だったんだけど、休暇がたくさんある結果、時間を無駄にしてしまうより、今の週休1日で一日の労働時間少なめの方が、今のオレには合ってるのではないかなと思う。考え方は人それぞれだけど、オレの場合二度寝しちゃうから……。何より「時間は有限」という意識は変わらず持っていられるので、帰宅後の時間が貴重だと感じられる。
週6と限定したのは、やはり丸1日はオフがあったほうがイイという考えから。週休2日にしなかったのも、自由時間を蔑ろにしてしまう可能性があるから。だったら3時間だけでも出勤した方が良い気がする。(今こうして乱文を書き、時間を無駄にしているとも言えるが、HPは生き物だ!更新しているのを見れるから面白い!そのためだ!とでも弁解しておこう)

■クロマキー合成で使った資材リスト

前に書こうと思ってたので書いてみる。目下午前2時。寝た方が良いのだが、中途半端にここで更新を終えるのはイヤなので書きます。
撮影したとき、どうやってやったのか気になる人が居る、……いや居ない!だろうけど!まぁネットで検索したらこのページに着いたって人も居るだろうから、書いてみるぞい!
・グリーンバック2セット(Amazonとかで買える6.0×3.0mの大判)
・カメラ2台(ZoomのQ2, SonyのMV1使用)
・ガムテープ(布を貼り付けて固定する用に)
・進行表(こういうイベントは企画してスケジュール組まないとぐだるからね)
・三脚2つ(ベルボン、フォトプロ)
・衣装(あと楽器もね)

下記は必要ではないけど在った方がいいもの。もしくは当日ウチが持っていったもの
・SDカード、およびSDカードの変換アダプタ
動画の容量がいっぱいになったら移す
・MTR
音源を聞きながらじゃないとテンポがずれる為

こうやってリストに書き出すと結構簡単に撮れるのが分かる。ちなみに場所はお世話になっているクラウドナイン町田店、Aスタジオ26帖で撮りました。動画の編集は長年愛用しているフリーソフトAviutlでしたよ、と。26帖あるんだな、あそこ。でも撮影には少し狭いと感じた。