おいでよ!どうぶつの森

投稿グループ

不穏なタイトルのまま長期間更新が滞ってると「アイツ、本当はバンド辞めたんじゃね?」という誤
解を招く事に気付いたので、急遽更新する。

……こんばんは、ロイドです。もしもボーカルを降板する事になったら、知人のバンドでキーボード
を弾かせてもらえるよう、靴を舐めてでも懇願する事でしょう。
ロイドと掛けて、激安賃貸マンションと解きます。その心は――どちらも汚い。

限界人間の楽園(エデン)、相模原
知らない人の為に言うと、神奈川県の北部。東京都との境にあり、町田や横浜なんかと近い。
そして土地の値段が異様に安い。栄えているかと言うと微妙だけど、生活に必要なものは徒歩圏内で
手に入る。
俺の住んでいる淵野辺駅からだと、横浜、八王子まではまぁまぁアクセス良好で、新宿までも一時間
以内で行ける。我らが町田までは10分以内だ。
町田、小岩、川崎……こういう辺境の地には共通点がある。交通の便が良くて土地の値段が安いと、
相応の人間が集まるという事だ。
噛み砕いて言うと、治安が悪い

一人暮らしが始まって一か月。――じゃあ相模原市はどうなのかと言うと、だ。
淵野辺では青山学院、麻布大学、桜美林大学と少なくないキャンパスを網羅している。そこの下宿生
や、俺のような限界人間、チンピラ、モンスター、それから「ヤ」から始まる三文字の職業の人達。
(断じて八百屋さんではない)
最後に関しては同じマンション内で見た事はないが、俺の住んでいるような激安賃貸マンションには
総じて輩が集まる。日付が変わった深夜にダンドンダンドン!という轟音を響かせる者。野外で鬨の
声をあげる者。……空襲かよ。米軍による航空機爆撃が始まったのかと錯覚するほどだ。エントラン
スの真ん前だから分かるけど、住人の爺さんが「一体、何が起こっているんだ……」ってボヤきなが
ら出て行っちまったぞ。
あとは乱暴者の若い兄ちゃんに、生活様式の一切が異なる在日……それから部屋で歌おうとか考えて
るロン毛で三十路の厄介オタク。……もはや魔窟だ。

しかも毎朝目の前の小学校からはリコーダーの音が聞こえてきて、寝付きの悪かった日には呪いの魔
笛が如く、俺の精神を蝕んでいく。
ちなみによく聞くと平原綾香のジュピターの三拍子アレンジという、まさかの驚異的なセンスなのだ
が…他にも真っ昼間から一人で怒声を発しているヤツ、目がイっちゃってるヤツ、顔面ピアスだらけ
でマスクしてないモヒカンのヤツ……さながら珍獣達の見本市だ。

どうだい、タイトルは中々皮肉が効いてるだろ?
そんな相模原市だが、今のところ大きなトラブルはないし、昼間はのどかで良い。……昼間はね。

さておき、家賃の安さに納得する事はあれど、精神的にも肉体的にも元気に暮らせているようだ。
時折ご馳走になりつつ、栄養的にも問題ない。業務スーパーもあるし、24時間営業のスーパーもあ
る。

しかしバイトが肉体労働になり、たんぱく質を過剰に摂取する事で生き永らえているに等しい。
いつ木っ端微塵に爆発するか分からない爆弾を腰に抱え、職場でバタバタと倒れていくおっさん達を
尻目に見ながら、自らの身を案じている。

そう、明日は我が身。散りゆく前に、為すべき事を成し遂げるのだ。


というわけで、
一昨日はドラムのレコーディングでした。メロディックパワーメタルとして全盛期だった頃の
Kamelotを超えた(と勝手に俺が思っている)曲もあり、出来上がるのがとても楽しみですね。
スマホで撮ったら爆音すぎて音が割れてしまった。以前はこんな音しなかったんだが……。

ドラムのRECはいつも町田のクラウドナインで録ってるんだけど、パソコンがブッコしたらしく、今
回はピル佐藤の根城、本厚木まで飛んだ。厚木市は、俺から見ると相模原市より落ち着いてる印象だ
ったね。
クラウドナイン、お亡くなりになった向ヶ丘遊園店時代からお世話になってます。

あ、ここまでが前置きです。長い。


実はこの動画の曲、J-POPなんだ。「そんなバカな……」と思うだろう。
まぁ、リリースしたら聞いてみてくれ。

さて、今日は歌について話したい。
声帯の大きさが違う。体格が違う。性別が違う。
国が違う。言語が違う。生活が違う。つまり、人によって歌い方が違う
発声に関してはポップスやロック、クラシック……大別するとこんな所だろうか。街中のスクールで
習えるようなものは粗方この程度だろう。あとはジャズとか……?

思うに、メタルの発声っていう根本的なジャンルはない。語弊はあるかもしれない。
ただ、メタルっていうとハイトーンだし、それはミックスボイスだヘッドボイスだなんだ、と説明す
る事は出来る。だけどこれらの発声法はメタルに限らず、クラシックでもポップスでも使われるんだ
よね。だからメタルっていうジャンルを歌うなら、これじゃなきゃダメ!なんて決まりはない。無
論、どんな歌い方をしてもいい。自由だ。だけど、セオリーはある

J-POPの歌に関して述べよう。

……J-POPの歌い方は好きじゃないんだよね。唐突だけどさw
昔、町田のスクールで習ってた時に担当の講師が嫌いだったのと、知識や教え方に疑問を抱いていた
っていうのと……あと、口角をひたすら上げるでしょ?俺、歯並びが悪いから口角を上げたくないの
よ!すきっ歯なんだよ!
(すきっ歯ハラスメントだ!)

とにかく、J-POPは口角を上げる。口を大きく開け、前に出す。ブライトに母音を発音する。
顎が外れるくらい大きく開けて、声帯の伸展が抑圧されて「先生、苦しいです」って言ってるのに
「よし、その調子!」とか言われる。何がヨシだ。クソ食らえだ。現場猫と一緒のパターンじゃねぇ
か。
ちなみに「前に出すって何?」という人は置いていく。すまん。字数がヤバイんだ。

詰まるところ、大衆的なJ-POPの発声を準えると、男性の場合はミスチルやheidi.、FLOW、milktubで
もいい。よく聞くああいう声になる。
メタルで例えればDragonlandやDragonforceみたいな声質って所か。口角は上がってないけどね。

ほらね。
ちなみにこの日はひたすらheidi.だけ聞きまくって「俺は義彦、ボーカルの義彦」と思ってレコーデ
ィングに臨んだ。
別に普段の俺の発声はダメだってわけじゃない。(RESET MEGAMIのVersusって曲を聞いてくれ)
ただ、口を大きく開ける発声じゃないとこの曲には合わなかっただけ。この曲はJ-POPで、日本語
で、ストレートだから。繊細なボーカルワークも感情表現もないし、ブライトに歌うべきなんだろ
う。

話を戻すが、学校の音楽の先生もボーカルスクールの先生も「口を大きく開けて!」ってすぐ言う。
それさ、「高い声が出したいです!」って習いに来た生徒に、効果ないから
そういう先生ってのは、何故口を大きく開ける必要があるのか。そして開けるとどういう効果がある
のか。俺が今何故「高音開発には意味ない」って言ったのか。説明できるのだろうか。
現に、さっき上げたDragonlandもDragonforceのマー君も、口角を上げ続けて歌っているわけじゃな
い。

最近の日本で例を出すと米津玄師、星野源。口を大きく開けないで歌ってる曲も多い。amazarashiは
良い例だ。あと、椎名林檎が最たる例だと昔先生に告げたら「あの人は下手糞だよ」って言われた。
仮にもあんだけ有名で人気で、今でもメジャーの第一線に居る歌手が、か。
例えアンタから見て下手糞でも、世界が熱狂しているのは真実だ。味であり個性であり……待て、長
くなる。やめとこう。ともかく、昔はタブーだった歌い方も、今はタブーではなくなった。当時の俺
は間違ってなかった事が証明されたのだと言いたい。

勿論、大きく開ける時もあるけど。口角を上げずに歌うのはニュアンスの為であり、曲調の為でもあ
る。だけどちゃんと高い声は出てる。逆説的に、口角を上げる事で響きや発音、ニュアンスに味を付
ける事が出来る。
大きく開ける事と高音の発声は直結しないんだけど、当時は間違った知識が蔓延していて、よく先生
に言われたんだよね。冒頭でも述べたように人によって歌い方が異なる。だから相手に対して、個々
で別のメソッドを紹介していくべきだと常々思う。

色々分かってくると、「口を大きく開けなくても出来るじゃん」ってなるんだけど……
ポップスの歌い方が嫌いだとしても、オリジナルで歌った結果曲に合わない事はある。日本語を歌う
にあたって、やはりセオリーはあるなと思った。普段英語ばかり、しかも自由に歌っていると忘れて
しまうけどね。

ピッチに関しても、メロに関してまっすぐ入ってまっすぐ抜けていく感じの方が、よりJ-POPらしく
聞こえる。しゃくったりフェイクを入れたりしないストレートな歌い方がしっくり来るのよ。
几帳面な日本人の性だろうか。
歌詞の英語の部分も、日本語英語で「フォーザデイ」で歌った方が、何故かそれっぽくなる。
って事は、この曲の歌い方に関してはそれが正解なんだろうね。