Behringer XM8500とマイクスタンド

投稿グループ

休憩がてらブログを書くぜ!!

最近色々と買い物が続いている。前回はヘッドホンハンガー、デスクアームスタンド。
そして今回はトラックボールのマウスに、USBのハブ……。

それだけではない。「あったらいいな」の品の数々を無数に購入している。
で、「常設のマイクもあったら便利だな」と思って、behringerのXM8500も買った。
通称、地雷マイク。(俺がそう勝手に呼んでいる)

CLASSIC PROシリーズCM5と並んでよく比較されているみたい。同じく激安マイクなんだけど、値段
までは知らなかったんだよね。CM5はサウンドハウスで見てみたら1,000円なのよ。……マイク1本
で。
流石にそれは怖すぎると思って、今回、ちょっと高い2,000円のXM8500にしたという経緯なんだ
が……。(もしかしたらCLASSIC PROの方が良かったのかもしれない。分からん)

ぶっちゃけ使い慣れているSHUREの58にしとけば間違いはない。でも「あったらいいな」に一万円
は高いのよ。それに持ってるのよ。マイク4本くらい。
ようは無くても代替えが利くもんだから、最悪使えなくてもいいという基準で購入した。失敗したら
社会勉強のつもりで「ああ、そりゃあそうですよね」って吹っ切れるし。

良からぬレビューも多かったので早速開封して、地雷原を散歩してみると……外側は大丈夫。
問題は中だよ。

グリルの中を開けてみたらね……なんか基盤が傾いてんだよね。ユニット部分っていうのかな。今ま
で、こんな作りになっているマイクは見たことがない。
……ドイツの科学力は世界一なんじゃないのかよ?曲がってんぞ。

で、一応使ってみたんだけど……うん、まぁ使えるっていう。
逆に心配なんだよ。「ユニットが傾いてます、破損してました」だったら初期不良で交換できるんだ
けど。
一応使えちゃうんだもんね。で、保証期間が過ぎたあたりで壊れられたら……
まぁ、大丈夫なのかな?

勿論これはスタジオ用でもなく、レコーディング用でもない。
「じゃあなんで買ったの?」というアナタ。
あったら便利であって、必需品ではないのよ。ちょっとした瞬間、使う予定なんですよ無駄使いじゃ
ないんですよ

あと付属でキャリングケース(↑画像)と、マイクホルダーが付いてくる。
キャリングケースはすげぇしっかりしている。頑丈だし、内部はウレタンが敷いてあるし。人を殴れ
そうな外観だし。
その辺を出歩く時のバッグの代わりにはなるぐらいの勢いで、悪漢に襲われた時は鈍器にもなるし、
とても良い質感なんじゃないか?
(実質これが2,000円で、端数がマイクなんじゃないか?)

で、ホルダーはね……正直言う。硬ぇ。俺の中で割と本気を出さないと、ホルダーにマイクが入らな
い。
ドイツ人が無理やり捻じ込んで「入りました」って言っているだけで、多分これ、本来は入らない型なんだと思う。
鼻の穴に単一電池は入らないのと一緒でせいぜいエネループぐらいなのよ。それをお前……。

何が言いたいかというと、力でねじ伏せるなという事。なので、下の画像では別のホルダーを使って
ます。

そうそう、マイクスタンドも1本あると便利だなと思って……買った。
CLASSIC PROシリーズ。1,780円だったか。これはね、音楽施設ではギリアウトな気がするけど、個
人使用なら全然問題ない。所々のプラスチック部品が恐らく、パワープレイすると壊れると思う。
写真の赤丸で囲った部分だな。

音楽施設でギリアウトって言うのは、ライブを意識した動きをすると壊れそうだなという話で。
丁寧に扱えば一切問題がない作りだと思う。買ってよかった。

というわけで、今回は役に立つレビューでした。

P.S.

ハブは便利だね。