わくわく人間ドック~後編~

どうも。ASMRを聞き漁る31歳、限界人間。
ミュージシャンを志した人間の悲しき末路と言えば私、ロイドです。

とうとう人間ドックに行ってきました。
……のだけど、話がスゲェ長くなったから前編はコチラ

前日の夜、日課の二次エロ画像収集をしようと思った所、検査項目に尿検査って書いてあ
って「まさか、当日やるのか?検査キットを渡されてないぞ。いや、しかし……」と思い
泣く泣く息子を黙らせました。

日頃の自堕落っぷりは是非、過去のブログを読んでほしい所だけど。(朝昼晩パスタ食っ
てたりとか、エブリデイ・チートデイだったりとか)
何で人間ドックへ行ったのか、という話をしておきたい。

事の発端は先月。バイトの昼休憩の時、食パンを食ったら失神してしまうという謎の奇病
に蝕まれて、生命の危機を感じた
事に起因する。
今年の三月にも胃炎を発症しており、過去には逆流性食道炎、腸炎など……大抵の病気は
フルコンプしているわけだけど、「アレ、これヤバイ病気なんじゃね?」と思い始めた。
クリエイターが若くして死ぬ例もままあるし。不安になったんだよね。
後は大槻ケンヂが「ミュージシャンは人間ドック行った方がいい」って言ってたから、俺
も行ってみようという好奇心が理由だ。本当は30歳の時に行くつもりだったんだけど、昨
年はすんごい体調良かったからね……いくら暴飲暴食しても大丈夫だったし。

先に言っておくと、人間ドックってのは、何らかの病気を特定するのが目的ではなくて。
現在の体の状態を把握して、生活習慣の乱れなどによる病気を予防するのが主な目的らし
いね。
これに関しては電話とかでも散々言われて……食パンで失神したって言うと「消化器内科
を受診してください」って至極真っ当な意見を言われた。当日受付でも診察でも言われた。

で、本題なのだが……留意事項がある。
色々写真を撮りたかったのだが、衣服を着替えさせられて、財布もケータイも所持禁止で
あった為、画像が少なめなのはご了承いただきたい。レントゲン撮ったりするから当然だ
し、検診服にポケットすら無かった。
また、今回記載する内容は町田市の多摩丘陵病院のものであり、病院や診療コース、それ
から診察次期などによって異なるので注意してくれ。――それじゃ!


俺がやったコースは朝8時からで、他の参加者が20人くらい居た。
時間までロビーで待機させられて、順番に名前を呼ばれていく。基本的には、普通に病院
で受ける診察と同じだったね。身長とか体重、視力とか測定して~みたいな。

ちなみに測ったら身長169.7cmだった。……大学一年生の時から2mm縮んでんだよね。
体重は51kgというシンデレラ体重。美少女にすれば身長高めで良い感じのBMIだと脳内で
想像した事は……置いておく。前日から食事制限があったから、減少していて当然だけど。

その後は本格的な事をやっていった。超音波(エコー)って初めてやったんだけど、イメ
ージが違ったわ。
ローションみたいなのを体に塗られた後、ドラえもんの手を引きちぎったみたいな形状の
突起物をぐりぐり腹に押し当てられるという……。よく分からんが、異常が検知できるな
ら別にいいと思う。女の先生にやってほしかったんだけど、男性医師がやっていたのは俺
みたいなDTが発情しないよう対策しているのだと思われる。

あと、心電図。これもイメージが違った。冷たい吸盤みたいなヤツを体中に付けられて、
一瞬で終わったんだよね。
これは担当してくれた人が女性医師で、にじさんじの健屋花那さんに声が似てるなぁとか
思ってたんだけど……まさか本人じゃないよな?
(医療従事者だから可能性はゼロではないけど)

という事で俺が一番好きな動画のリンク貼っておく。ASMR好きです!
あと医療もVも頑張ってください応援してます!!!(オタク特有の早口)

後は採血してくれた婆さんが下手糞だったという事は……あんまし言いたくないけど正直
に書いておこう。
痛すぎて「肘から針貫通してんじゃねぇの?」ってレベルだったんだけど、逆に目が覚め
たし、良かったかもしれない。失神グセがある俺は、注射してもぶっ倒れちゃうんだけど
痛さで目が覚めるっていうね。

えーと。こんな感じかな。
基本的には健康診断みたいな感じで、大人数で一気に受けて、終了した人から解散って感
じでした。
特筆すべきは終わった後、お昼ごはんが付いてくるという点で、院内食堂が人間ドック参
加者で貸し切りになっていた事か。

最初これだけ運ばれてきて、すげぇ質素だなと思った
毎週食いたい。毎週行くか、人間ドック!

食堂に入ったら「ドックのお客様ァ、ご来店~!」って、おばちゃんがデケェ声で厨房に
知らせるっていう。シソンヌの中華料理屋のものまねが頭をよぎって笑いそうだったぜ。

結構贅沢な和食で、天ぷらは揚げたてだし、デザートも付いている。多分、ごま豆腐の上
から抹茶を掛けたんだろうけど、仄かにカカオが香る謎のテイストだった。流石病院って
感じで健康的なメニューでありつつ、オレンジは剥きやすいようにちゃんと切れ込みが入
っているという。細かい部分にクオリティを感じた。
まぁ……高い金を払ってるからね。

というわけで、最初から最後まで貴重な体験で面白かったです。

上の画像、領収書の説明だけしておくと、俺は今回消化器の調子が悪いから人間ドックを
受診してみたんだけど。

コースの内容に胃のバリウム検査が含まれていたんだけど、胃の影を映すだけだから内部
の詳細は胃カメラじゃないと分からないらしいのよね。だけど胃カメラは準備も掛かるし
急には出来ないので、バリウム検査だけ特別にキャンセルした、という塩梅だ。
(写真の「胃部X線検査中止」っていう項目がソレ)

「一日ドック」は日帰りのちょっといいコースを選択した。
「CEA」ってのは、大腸癌が心配だったからオプションで検査を依頼した項目だ。
大体、メシも含めて2時間くらいで終わったかな。

結果は一ヶ月後に郵送されるので、そこで審判が下る事だろう。
胃カメラの必要性を感じるのであれば、後日別の病院で胃カメラだけ受けるつもりだ。

まぁ、恐らく一か月後にブログを更新するだろう。色々と心配だぜ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です