初、目黒鹿鳴館でした

こんにちは。去る12月7日。目黒鹿鳴館でライブでした。企画は先輩バンド「VELL’z FIRE」の方々だったのですが、本当にありがとうございました。親切で優しい先輩にお世話になりっぱなしでした。そして店長のペペさんすみません、トラブル続きはおろか、ド緊張してちゃんとしたご挨拶を出来ませんでした。ごめんなさい。それからYASさん、同じ町田市出身ということで、またお話しできれば嬉しいです。

【VELL’z FIRE MIKEY生誕記念】
出演:YAS33、VELL’z FIRE (Special guest 百合 from Rakshasa)、FAB
開場18:30/開演19:00
前売2500/当日3000 +1D

という訳でしたが。悔しいですね。。。俺も歌の実力を出し切れなかった。原因は夕飯(ガストのコンポタージュかなぁwwwやっぱ1時間前は駄目だ)と、トラブルで失われた勢いを取り戻そうと結構に煽ってしまった事。その結果、声帯が磨耗してああああああああ!!!!!
……かなり注意してるんですけど、食事も睡眠も、湿度も、ウォーミングアップも。でも、なんだかなぁ。
鼻風邪気味だったのは、2日前に辛いラーメンを食べに行ったからですね。もう1週間前からラーメンは食べません。絶対にラーメンなんて食べてやらないんだから!!!!
後は、歌のソロがあったんだけど、スタジオリハと全然違い、同期の音が聞こえなくてピッチ、テンポが探り探りになってしまったんです。あー。そこまでは予想できなかったなぁ。悔しいなぁ。
まぁ満足しちゃったらそこで成長が一瞬止まりますからね。悔しいと思い続ける事で、ふと気付いたら山頂……そんな展開が望ましいですね。(え?


目黒鹿鳴館は入り口に入ると、超有名バンドのサインがいっぱいあります。歴史も感じます。(確か1980年くらいからやってる)
この場所でライブ出来た事は光栄ですね。


楽屋に続く地下の廊下。あのね、元々劇場だったらしいんですけど、楽屋の広さ。キレイさ。今までのどの箱よりも感動ですよ。新宿Wildside Tokyoは「一室が広い」ってイメージですけど、ここ鹿鳴館は「小ざっぱりとした程よい広さの、一バンドずつの部屋、スペースが確保されてる」んです。普通ライブハウスの楽屋って言うと「物置」って感じじゃないですか。言い方悪いですけど……。鹿鳴館は「楽屋」です。テレビとかで見るあの「楽屋」なんです。ミーハー気質なのでそこにとてつもない興奮を覚えました。



ほら、楽屋でしょ!漫画とテレビも付属してます。いや、本当ありがとうございました。次回鹿鳴館に誘っていただけるかは分かりませんが、機会を頂けたら幸甚です。

メンバーに後厄と本厄が居るからなぁww来年は期待できるのではなかろうか。ここで余談だが、俺が厄年だった時の、輝かしい遍歴を書き記しておく。後に続く者の参考になれば良いのだが。

前厄(2014~2015初期):バンド脱退。ノロウィルス罹病。パソコンが壊れ数ヶ月活動できず。夏には部屋に大量のカビが生える。後に「呪われた2014年」と呼ばれる。同年9月頃、復旧してFree As Birdsが始動。

本厄(2015~2016初期):風邪は年に何回も弾く。ライブをするが、メンバーは集まらずエアーバンドとなる。(後に語られる「ゼロ回目ライブの惨事」)。確かこの年、風邪をこじらせ重度の気管支炎となる。音楽活動は徐々にスタート。夜勤生活を続けており、体が刻々と壊れ始める。酒が飲めなくなり始める。

後厄(2016~2017初期):2月、逆流性食道炎となる。一ヶ月間、離乳食しか食べられなくなり、常に重度の吐き気を伴いながら生活する。3月に入院。翌年2017年、ギタリスト脱退。および1月5日の木曜日からたった3ヶ月間で4回風邪を引くという、自己ベストを更新。

…とまぁ、こんな感じだろうか。

話は戻りますけど、今回やってみて、個人的に箱の造りが(音とか、広さとかではなく)好きなライブハウスを3つ上げるとすると、1個は鹿鳴館が加わりますね。そうだなぁ、新宿Wild Side Tokyo善行Z目黒鹿鳴館ですかね。ワイサイは楽屋広いんだけど、基本対バンの荷物も多い(ジャンル的にも)から、スペースが埋まってる場合もある。善行Zは…アジトって感じかな。面白い。後は鶴見TOPSはステージが好き。ちょっと遠いけどw

ちなみに鹿鳴館のフロア。普通のライブハウスと違って高さが凄いあるというか、広いんだよね。だから音が拡散してくというか、ホールに近い「鳴り」って感じでした。個人的にこういう音の方が好きですけど。低音が出すぎてる(低音を出せば迫力が出るのは尤もだけど)よりはね。2階席もあるのよ。(お客さんは入れないけど)。

次回は12月26日。新宿ANTIKNOCKです!

「初、目黒鹿鳴館でした」への3件のフィードバック

  1. 忘れてた!鹿鳴館の凄いところ。

    自販機に硬水と軟水、両方置いてあるんです!!!!これ、凄いよ。ボーカリストにしか分からないだろうけども、俺は軟水じゃないと駄目だから。選べるように置いてあるのは感動した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>