FURIAZU FANTASY 1 – 遥かなる旅 –

あばばばば忙しいよ漫画読みたいよアニメ観たいよ一日10時間は寝たいよさて始まりました。撮ってきましたミュージックビデオ。死んできましたプロユーススタジオ。まだ他にも撮らなければならないシーンがあるんですが、ハードディスク開放という使命を元に、静止画は早く捨てたいんです。なので迅速に記事を書き下ろし、前日から当日まで何が起きて行ったかを記述したいと思います。撮るMVが2作目ですから、命名するとしたら「スーパーフリーアズバーズ2」、決戦はキングクルール、もといキャプテンクルールですね。

題してFF1。「1」と冠しているのはシリーズが続くからです。今日書くのは序章前日の用意から、当日スタジオに入るまでを書きます。次回、スタジオでの設営、撮影について書きます。長いね!

じゃあ前日の準備を。

今回はレコーディングでしか使ってないJupiter-80持って行きます。重いし死ねる。なのに何故持って行くかって言うと、「見映え」かな。


ケースに入れるとこう。柴犬が並列で3匹くらい入ります。JP-80が20kgくらいで、ハードケースが10kg。計30kg。ケースはGATOR?だっけ。忘れちゃったけど1~2万円くらいしたかな?
これを昔は電車乗り継いで転がしてライブしてた俺、頑張ってたなぁ。。。


んで機材。これに映ってないのも多数あるけど、んーと列挙すると
・衣装
・MTR
・クロマキー布(6×3m) ×2
・カメラ ×3
・三脚 ×2
・ガムテ(バミる、補修用)
・進行表、ボールペン
・ポールスタンド ×3
・専用クリップ(布を留める)
・キーボード
・PC(不測の事態に備え)
・延長ケーブル(予備)
・投光器 ×3
・電工ドラム(予備)
・ドラムマット(予備)

ですな!MTRは同期演奏用にね。後説明が必要なのは…投光器っていうのはこれ↓

建設会社で働いてる特権で借りてきた。ちなみに電工ドラムっていうのは工事現場で使う「コンセント付きの、長い延長ケーブルが巻いてあるヤツ」ってイメージでいいと思う。今回出番は無かったけど。巻いたまま使用すると発火するから、スタジオが火事になるね!

で日付が変わって当日。
これらを機材車に載せて行きました。撮影場所はスタジオノア学芸大店。都内屈指の広さの60帖、80帖のスタジオがある。

環七通りから直結。地下が駐車場(予約制、1時間400円。スタジオ利用者でも有料なんだな……)で、1Fがスタジオ2Fが受付。3Fから上は演劇用スタジオかな?そう、受付とスタジオが別のフロアなんだよね。エレベーターは設置されてるけど環七通りから見えるガラス張りが「1Fロビー」に繋がってる。あ、2Fにもロビーというか座れる空間はあります。


1Fロビー内。トイレ、喫煙所完備。それから後述になるけど、キッチンもあるのよ。後、あのね、トイレがすげぇ奇麗。手を乾かすあのブィィィィン!ってヤツもある。(どうでもいい)

で、1Bスタジオだったっけ…?何も覚えてないなwwwwww確か1Bスタジオ。そう、入りますとこんな感じ。

まずね、マイクとスタンドが柱の裏に置いてあるんだけど、量が半端じゃない。剣山みたいになってた。で、スタジオ内部には別の扉が幾つかあって、開けると1Bスタジオ専用の倉庫だったり、サブルームだったりに繋がっている。サブルームは、つまるところミーティングルームとか休憩所だな。

サブルーム内部。そう、キッチンもあるし、出前が取れるようにリストフォルダもある。それからスタジオをモニターできる画面もある。やべぇ!えっ、1時間10,000円!? ヤベェ!!

やべぇ!全然書き切れねえ! – 続く

続きはこちらでhttp://www.freeasbirds.biz/?p=1356

「FURIAZU FANTASY 1 – 遥かなる旅 –」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>