一番難しい事は、継続させる事

さて、そろそろ年の瀬の挨拶を書こうと思う。
ちなみに、過去の年の瀬の挨拶を抜き出してみた。毎回ちゃんと書いてたんだな……

2014年度
http://www.freeasbirds.biz/?p=110

2015年度
http://www.freeasbirds.biz/?p=374

2016年度
http://www.freeasbirds.biz/?p=732

2017年度
http://www.freeasbirds.biz/?p=1255

2018年度
http://www.freeasbirds.biz/?p=2045

読んでみると分かるのだが、2014年の文章は、今読んでも心にグッとくるものがあって、自分で書いたクセして(しかも2015年にも同様に読んでいるのに)少し感動してしまう。
そこから2015年、2016年……と続くにつれて段々とテンションというか、知性が欠落している気はする。
バンド内で災難や騒動があると一旦冷静になり、今一度感謝の念を思い起こすのだろう。つまりフザけられているって事は安定しているとも言えるから……良いのかな?

で、ちょっと真面目に本題。
フリアズは発足してから今年で5年目を迎えた。振り返ってみて悪い事も少なからずあったが、良い事もあったと思う。
当初の予定では「10年」を目処に考えていた。10年経った頃には有名になっている、とか。満足の行く結果が出せている、とか。

曖昧なゴールを設定し、適当にコースを進み、達成する為にとりあえず一個ずつタスクを消化していった気がする。
それから時折後ろを振り返りつつ、今日まで歩いてきて。そして昔の文章を読み直して、俺は思う。
――やる気の炎はまだ燃えているのだろうか? と。
色々と失ったあの頃、再出発したあの時、万感の思いを胸に秘めて一歩一歩進んでいった。
だけど、歳月を重ねるにつれ、その思いは薄れ、蔑ろにしてしまっているのではないだろうか。易きに流され、堕落した生活を送り、逃げてはいないだろうか。
過去の自分に面と向かって「ああ、俺はまだ頑張れているぞ!」と、言えるだろうか。

ふと振り返った今、ハッキリとは答えられない自分が居る。
考えたつもりになって、適当な理由をつけて……。口触りの良い言葉で誤魔化し、責任を転嫁し、人には色々と物を言うクセに、自分では実行できていない。
そんな口だけの屑になっているのではないかと不安になる。いいや、きっともう、成りかけているんだと思う。

繰り返し言う。五年が経過した。これは決して小さくない。
結果が出せているのかは分からない。
きっと音源が少し売れて、小さな実績が出来て、浮かれていたんだ。
このままで良い筈なんてない。そんなんじゃ、これからの五年後だって簡単に想像がつく。
10年で行けるだろうか。メジャーデビュー、テレビ主題歌のタイアップ、壮大なステージでのライブ演奏……。どれか一つでいい。道は同じ方向の筈なんだ。初めは自分一人だった。自分の為に夢を叶えられれば良かった。だけど、いつの間にか周りに人が増えて、協力してくれる人が現れ始めた。
支えてくれる人達、応援してくれる人達の為にも、俺は高みへと登りたい。そしてその景色をメンバーに見せてあげたい。
自分勝手だ、上から目線だ、と冷笑されるかもしれないけど。
あの時と違ってフリーアズバーズは一人じゃない。俺の自己満足だけじゃなくて、折り返し地点、これからの後半戦は懸命に(賢明に)歩んで行きたい。

それから、やっぱりこれは言いたい。
普段も言ってるけど、皆ありがとう(ありがとうございます)。皆のお陰でフリアズは存続できている。
この「皆」ってのはバンドメンバーも勿論そうなんだけど、先輩後輩、友人知人、お客さん、関係を持った全員の事を指している。
身内にはいつも感謝の念を述べているつもりなので、残りの文章はCDを買って頂いた方、そして音源などを購入して頂いた方に向けて書きたい。

本当に、お買い上げありがとうございます。
即売会に初めて参加した2015年。(その時はソロプロジェクトとはいえ)自分で作ったCDが初めて売れた時の驚き、戸惑い、そして喜び。
こういう感情は有名になって行くと段々薄れていくのかな、なんて思ってますが、現状では一切薄れていません。
購入通知メールが届くたび毎回ビビるし、歓喜しながら心の中で御礼を申し上げています。
五年という節目で、どんな文章を書いたらいいか悩んでたんだけど……
らしくないな。ぶっちゃけ、いつも書きたい事はココで書いてるし。

同人方面、バンド方面、それ以外の方面、多角的に今後とも活動していく所存です。
今年もありがとうございました。そして、来年もFree As Birdsをよろしくお願い致します!

……と、まぁお会いする方は一先ずコミケで!


2019年12月22日 坂倉(兼、ロイド)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です